変
な
も
の
だ
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
か
 
内
気
で
お
と
な
し
い
生
徒
が
多
く
 
今
回
の
ゴ
シ
ッ
プ
は
大
  
ま
た
躾
や
教
育
に
が
ん
じ
が
ら
め
に
縛
ら
れ
て
育
っ
て
き
た
せ
い
  
男
子
と
の
接
触
に
慣
れ
て
は
い
な
い
 °
  
こ
の
私
立
絶
壁
女
子
高
は
筋
金
入
り
の
お
嬢
様
校
で
あ
り
 
み
な
  
 
  
し
か
も
こ
の
校
則
の
厳
し
い
私
立
絶
壁
女
子
高
で
 
で
あ
る
 °
  
だ
け
に
 
女
生
徒
た
ち
の
驚
き
は
な
お
さ
ら
だ
っ
た
 °
  
で
 
そ
ん
な
大
胆
な
行
為
を
す
る
よ
う
に
は
全
く
見
え
な
か
っ
た
  
そ
の
良
子
と
い
う
生
徒
は
普
段
地
味
で
周
り
に
合
わ
せ
る
タ
イ
プ
  
に
ふ
け
っ
て
い
た
の
だ
と
い
う
 °
  
な
ん
で
も
他
校
の
男
子
生
徒
を
誘
惑
し
て
 
 
い
け
な
い
 
行
為
  
で
持
ち
き
り
だ
っ
た
 °
  
い
さ
っ
き
ま
で
先
生
に
し
ぼ
ら
れ
て
い
た
あ
る
女
子
生
徒
の
こ
と
  
亜
希
が
お
昼
ご
飯
を
持
っ
て
生
徒
会
室
に
来
る
と
 
み
ん
な
は
つ
  
 
  
 
|
|
良
子
ち
ゃ
ん
が
不
純
異
性
交
遊
!
?
 
  
  
に
こ
む
 
作
  
あ
っ
ち
こ
っ
ち
女
神
 
1
話















≪ <  

  
 
  
面
し
て
し
ま
う
よ
う
な
ド
派
手
な
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
で
あ
っ
た
 °
  
亜
希
が
広
げ
て
み
る
と
 
な
ん
と
そ
れ
は
持
っ
て
い
る
ほ
う
が
赤
  
 
  
 
え
?
な
に
こ
れ
:
:
:
:
っ
て
え
え
え
!
!
?
 
  
 
  
と
言
っ
て
な
に
か
を
握
ら
せ
た
 °
  
 
  
 
は
い
 
証
拠
品
 
  
 
  
に
や
に
や
し
な
が
ら
寄
っ
て
き
て
 
  
亜
希
が
み
ん
な
か
ら
の
噂
を
聞
い
て
い
る
と
 
ひ
と
り
の
女
子
が
  
 
  
 
ん
?
 
  
 
  
 
わ
か
ん
な
い
 °
あ
 
ね
え
ね
え
亜
希
 
  
 
な
ん
で
だ
っ
た
ん
だ
ろ
 
  
そ
も
で
き
な
さ
そ
う
な
の
に
ね
|
 
  
 
良
子
ち
ゃ
ん
そ
ん
な
こ
と
し
そ
う
に
な
い
っ
て
い
う
か
 
そ
も
  
 

























   

  
亜
希
は
ブ
ラ
を
広
げ
な
が
ら
疑
問
を
口
に
す
る
 °
  
 
  
る
で
し
ょ
こ
れ
 
  
 
そ
れ
に
:
:
:
:
ど
う
考
え
て
も
良
子
ち
ゃ
ん
に
は
大
き
す
ぎ
  
 
  
放
っ
て
い
る
よ
う
に
思
え
た
 °
  
妖
し
い
赤
色
を
し
た
そ
れ
ら
は
 
さ
な
が
ら
人
を
惑
わ
す
色
香
を
  
 
  
き
つ
け
ら
れ
る
っ
て
い
う
か
:
:
:
:
 
  
 
な
ん
っ
か
気
に
な
る
ん
だ
よ
な
|
こ
れ
 °
ど
こ
か
:
:
:
:
惹
  
て
帰
る
こ
と
が
で
き
た
 
は
ず
で
あ
る
 °
  
も
ち
ろ
ん
 
そ
れ
だ
け
な
ら
亜
希
は
そ
れ
ら
を
適
当
に
放
り
捨
て
  
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
|
を
押
し
付
け
ら
れ
 
今
に
至
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
と
 
そ
ん
な
流
れ
で
亜
希
は
良
子
の
持
っ
て
い
た
い
わ
く
つ
き
の
  
 
  
 
も
|
!
 
  
 
あ
 
じ
ゃ
|
ね
|
 
  
 
え
?
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
ぉ
 
  
希
 
あ
ん
た
そ
れ
持
っ
て
て
よ
 
  
 
良
子
ち
ゃ
ん
が
持
っ
て
た
ん
だ
っ
て
 
ス
|
ゴ
イ
よ
ね
え
 °

   

  
 
  
:
:
:
 
  
ら
私
が
痴
女
だ
と
思
わ
れ
ち
ゃ
う
よ
 °
も
う
か
|
え
ろ
っ
 
と
:
  
 
あ
|
や
め
や
め
 °
生
徒
会
室
で
ラ
ン
ジ
ェ
リ
|
な
ん
か
見
て
た
  
 
  
下
着
を
放
り
投
げ
た
 °
  
そ
こ
ま
で
思
い
出
し
た
と
こ
ろ
で
 
亜
希
は
ば
か
ら
し
く
な
っ
て
  
 
  
 
:
:
:
:
そ
ん
な
馬
鹿
な
こ
と
あ
る
わ
け
な
い
じ
ゃ
ん
ね
 
  
 
  
く
っ
て
 
め
っ
ち
ゃ
エ
ロ
か
っ
た
っ
て
 
  
 
お
っ
ぱ
い
バ
イ
ン
バ
イ
ン
で
 
お
し
り
も
ド
|
ン
っ
て
お
っ
き
  
然
印
象
違
っ
た
ら
し
い
よ
 °
 
  
 
ゲ
|
ム
セ
ン
タ
|
で
男
子
と
い
た
と
き
の
良
子
ち
ゃ
ん
さ
 
  
 
  
最
も
奇
妙
な
言
葉
を
思
い
出
し
た
 °
  
と
 
こ
こ
ま
で
思
い
出
し
た
と
こ
ろ
で
 
亜
希
は
聞
い
た
中
で
も
  
こ
ん
な
大
き
な
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
が
着
ら
れ
る
体
型
で
は
な
い
 °
  
良
子
も
そ
れ
に
あ
て
は
ま
っ
て
い
た
 °
  
私
立
絶
壁
女
子
高
は
そ
の
名
の
と
お
り
絶
壁
貧
乳
し
か
お
ら
ず
 

   

  
 
  
の
ラ
ン
ジ
ェ
リ
|
を
身
に
ま
と
お
う
と
し
て
い
た
 °
  
そ
の
と
き
の
亜
希
は
ど
こ
か
ぼ
う
っ
と
し
た
顔
を
し
な
が
ら
 
  
て
て
逃
げ
た
は
ず
な
の
に
 
  
恐
怖
を
感
じ
て
い
る
の
に
 
い
つ
も
の
亜
希
な
ら
迷
わ
ず
放
り
捨
  
 
  
:
:
 
  
 
な
ん
:
:
:
:
で
だ
ろ
 °
ち
ょ
っ
と
 
着
け
て
 
み
た
い
:
:
  
 
  
う
に
感
じ
ら
れ
た
 °
  
放
た
れ
る
妖
し
い
魅
力
は
 
さ
っ
き
よ
り
も
強
く
な
っ
て
い
る
よ
  
亜
希
が
お
の
の
き
な
が
ら
見
つ
め
る
と
 
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
か
ら
  
ど
う
考
え
て
も
お
か
し
い
 °
  
お
い
た
カ
バ
ン
の
な
か
に
入
っ
て
い
る
 °
  
さ
っ
き
放
り
捨
て
た
は
ず
の
そ
れ
ら
が
 
な
ぜ
か
亜
希
の
置
い
て
  
 
  
 
な
ん
で
 
こ
の
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
私
の
カ
バ
ン
の
中
に
あ
る
の
?
 
  
 
  
と
に
気
が
つ
い
た
 °
  
と
 
カ
バ
ン
を
持
っ
て
立
ち
上
が
っ
た
と
き
 
亜
希
は
奇
妙
な
こ

   

  
亜
希
の
身
体
の
中
か
ら
 
な
に
か
大
き
な
力
が
溢
れ
出
る
感
覚
が
  
 
  
ド
ク
ン
ッ
  
 
  
そ
う
し
て
ラ
ン
ジ
ェ
リ
|
を
脱
ご
う
と
し
た
そ
の
瞬
間
 
  
 
  
う
帰
ら
な
く
ち
ゃ
 
  
 
あ
 
あ
は
は
 
な
に
や
っ
て
ん
だ
ろ
わ
た
し
 
え
 
え
っ
と
も
  
 
  
に
急
に
恥
ず
か
し
く
な
り
 
亜
希
の
顔
は
み
る
み
る
赤
く
な
る
 °
  
た
め
息
を
つ
い
た
と
た
ん
 
自
分
の
や
っ
て
い
る
こ
と
の
滑
稽
さ
  
大
き
す
ぎ
 
全
く
ブ
カ
ブ
カ
で
あ
っ
た
 °
  
絶
壁
女
子
高
の
模
範
的
生
徒
で
あ
る
亜
希
に
は
や
は
り
ど
ち
ら
も
  
 
  
 
デ
カ
:
:
:
:
 
  
 
  
し
 °
  
そ
っ
と
ブ
ラ
を
つ
け
 
パ
ン
テ
ィ
を
引
き
上
げ
る
|
|
が
 
し
か
  
い
こ
と
を
確
認
し
な
が
ら
  
ぱ
さ
り
 
と
制
服
を
脱
い
で
全
裸
に
な
り
 
誰
も
来
る
気
配
の
な

   

  
:
あ
ふ
ぅ
ん
 
  
 
ん
ゃ
ん
:
:
:
:
あ
ふ
ぅ
 °
な
 
何
が
起
き
て
る
の
ぉ
:
:
:
  
 
  
た
 °
  
A
か
ら
B
 
そ
し
て
C
 
D
へ
と
ど
ん
ど
ん
大
き
さ
を
増
し
始
め
  
う
に
ビ
ン
ビ
ン
と
尖
り
 
  
る
よ
う
に
急
激
に
大
き
く
な
り
は
じ
め
 
乳
首
は
荒
く
息
づ
く
よ
  
亜
希
の
A
A
カ
ッ
プ
の
お
っ
ぱ
い
は
 
ブ
ラ
の
サ
イ
ズ
に
合
わ
せ
  
 
  
む
く
っ
 
む
く
む
く
 
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
!
  
 
  
 
ひ
ん
っ
!
!
?
?
 
  
 
  
う
な
感
覚
が
襲
っ
て
き
た
 °
  
き
 
胸
と
尻
の
皮
膚
が
ブ
ラ
と
パ
ン
テ
ィ
に
吸
い
付
け
ら
れ
る
よ
  
そ
れ
と
合
わ
せ
る
よ
う
に
 
亜
希
の
体
が
急
激
に
熱
く
な
っ
て
い
  
 
  
 
え
っ
:
:
:
:
え
っ
!
?
え
っ
!
!
!
?
何
!
!
!
?
?
 
  
 
  
し
た
 °























   

  
 
  
も
:
:
気
持
ち
い
ひ
い
い
い
!
!
 
  
ゃ
な
い
の
に
:
:
:
:
は
じ
め
て
な
の
に
:
:
:
:
:
:
と
っ
て
  
 
え
:
:
:
:
あ
は
 
ぁ
 
ら
め
ぇ
:
:
:
:
こ
ん
な
の
 
私
じ
  
 
  
も
つ
か
な
い
よ
う
な
フ
ェ
ロ
モ
ン
が
発
せ
ら
れ
て
い
た
 °
  
く
ね
ら
せ
る
太
も
も
か
ら
は
 
さ
っ
き
ま
で
の
亜
希
か
ら
は
想
像
  
腰
は
キ
ュ
ッ
と
く
び
れ
 
尻
は
む
っ
ち
り
と
後
ろ
に
せ
り
出
し
 
  
に
転
が
さ
れ
 
谷
間
の
中
へ
と
吸
い
寄
せ
ら
れ
て
い
く
 °
  
額
か
ら
滴
る
汗
は
厚
み
を
増
し
た
唇
を
つ
た
い
 
妖
し
く
動
く
舌
  
き
か
っ
た
は
ず
の
ブ
ラ
を
弾
け
飛
ば
さ
ん
ほ
ど
に
な
っ
て
い
る
 °
  
も
は
や
亜
希
の
胸
は
1
2
0
c
m
近
く
ま
で
大
き
く
膨
ら
み
 
  
 
  
て
い
く
 °
  
全
身
が
内
側
か
ら
ほ
と
ば
し
る
エ
ネ
ル
ギ
|
に
よ
っ
て
変
え
ら
れ
  
腰
は
く
び
れ
 
肌
は
抜
け
る
よ
う
に
透
き
通
り
 
手
足
は
細
長
く
 
  
も
は
汗
を
し
た
た
ら
せ
な
が
ら
む
っ
ち
り
と
肉
を
つ
け
て
ゆ
く
 °
  
た
び
に
ぷ
り
ん
っ
 
ぶ
る
ん
っ
と
大
き
く
な
っ
て
い
き
 
ふ
と
も
  
小
ぶ
り
だ
っ
た
尻
も
 
亜
希
が
よ
が
り
な
が
ら
激
し
く
腰
を
振
る
  
 

























   

  
  
  
  
  
つ
づ
く
  
 
  
 
ぁ
:
:
:
:
ん
 
こ
れ
が
 
私
:
:
:
:
?
 
  
 
  
そ
の
口
か
ら
 
1
6
歳
と
は
思
え
な
い
妖
艶
な
声
が
こ
ぼ
れ
る
 °
  
た
な
亜
希
の
姿
が
あ
っ
た
 °
  
と
の
こ
と
で
止
ま
る
と
 
そ
こ
に
は
誰
も
見
た
こ
と
の
な
い
 
  
ン
を
弾
き
飛
ば
し
 
ほ
こ
り
を
も
う
も
う
と
上
げ
な
が
ら
っ
や
っ
  
竜
巻
が
ガ
ラ
ス
に
ぶ
ち
当
た
り
 
椅
子
を
跳
ね
飛
ば
し
 
カ
|
テ
  
 
  
た
 °
  
ピ
ン
ク
色
の
竜
巻
と
化
し
 
生
徒
会
室
の
な
か
を
跳
ね
回
り
始
め
  
し
始
め
 
  
彼
女
の
身
体
は
び
く
ん
び
く
ん
と
震
え
な
が
ら
 
ぐ
る
ぐ
る
回
転
  
が
叫
ぶ
と
 
  
体
内
か
ら
の
脈
動
か
ら
来
る
快
感
に
耐
え
切
れ
な
く
な
っ
た
亜
希

  > ≫