ふ
あ
っ
 
ん
 °
あ
の
 
ご
は
ん
食
べ
て
か
ら
じ
ゃ
 
だ
め
 
  
の
手
を
重
ね
た
 °
  
く
こ
と
は
せ
ず
鮮
花
は
乳
房
を
握
り
し
め
る
両
手
に
そ
っ
と
自
分
  
男
心
を
く
す
ぐ
る
可
愛
ら
し
い
甘
い
声
を
上
げ
る
も
 
振
り
ほ
ど
  
 
あ
っ
 
ん
:
:
:
:
 
  
め
た
 °
  
そ
れ
を
見
た
貴
方
は
思
わ
ず
両
手
で
震
え
続
け
る
乳
房
を
握
り
し
  
エ
プ
ロ
ン
越
し
に
そ
の
規
格
外
の
超
乳
が
激
し
く
揺
れ
た
 °
  
だ
っ
ぽ
お
ん
 
だ
っ
ぽ
お
ん
と
擬
音
が
聴
こ
え
そ
う
な
ぐ
ら
い
 
  
黒
桐
鮮
花
は
花
の
咲
く
よ
う
な
笑
顔
で
出
迎
え
た
 °
  
バ
ス
ト
1
3
0
p
 
R
カ
ッ
プ
の
超
乳
を
揺
ら
し
な
が
ら
 
少
女
  
 
あ
っ
 
お
帰
り
な
さ
い
 °
今
日
も
お
疲
れ
様
で
し
た
っ
 
  
貴
方
の
帰
宅
を
告
げ
る
声
に
 
ぱ
た
ぱ
た
と
足
音
が
聞
こ
え
た
 °
  
い
た
足
取
り
で
部
屋
の
か
ぎ
を
開
け
た
 °
  
エ
レ
ベ
|
タ
|
に
乗
り
 
自
分
の
部
屋
の
階
へ
辿
り
着
き
ふ
ら
つ
  
ン
シ
ョ
ン
へ
と
帰
路
を
辿
っ
て
い
た
 °
  
貴
方
は
仕
事
で
疲
れ
切
っ
た
身
体
を
引
き
ず
り
 
住
ん
で
い
る
マ
  
  
お
っ
ぱ
い
フ
ェ
チ
 
作
  
超
乳
鮮
花
ち
ゃ
ん
が
お
っ
ぱ
い
飲
ま
せ
て
く
れ
る
だ
け
の
S
S


≪ <  

  
方
を
受
け
止
め
た
 °
  
栄
養
が
た
っ
ぷ
り
詰
ま
っ
た
乳
肉
は
そ
の
極
上
の
柔
ら
か
さ
で
貴
  
貴
方
は
真
正
面
か
ら
そ
の
お
っ
ぱ
い
に
顔
面
か
ら
突
撃
し
た
 °
  
か
し
そ
う
に
舌
を
出
し
て
ウ
ィ
ン
ク
し
た
 °
  
む
に
ゅ
う
 
と
胸
を
両
腕
で
寄
せ
て
強
調
し
な
が
ら
鮮
花
は
恥
ず
  
 
そ
れ
じ
ゃ
 
私
の
お
っ
ぱ
い
で
疲
れ
を
癒
し
て
く
だ
さ
い
ね
 
  
乳
房
が
ふ
る
ふ
る
と
震
え
た
 °
  
ン
を
着
こ
み
な
が
ら
も
今
に
も
窮
屈
な
生
地
を
突
き
破
り
そ
う
な
  
突
き
出
し
た
勢
い
で
 
衣
服
に
覆
わ
れ
そ
の
上
に
花
柄
の
エ
プ
ロ
  
ぱ
い
を
眼
前
へ
と
突
き
出
し
た
 °
  
鮮
花
は
貴
方
の
前
に
正
座
し
て
 
そ
の
グ
ラ
ン
ド
ク
ラ
ス
の
お
っ
  
リ
ビ
ン
グ
へ
と
鮮
花
の
後
を
つ
い
て
行
っ
た
 °
  
既
に
辛
抱
堪
ら
な
か
っ
た
貴
方
は
は
や
る
気
持
ち
を
抑
え
な
が
ら
  
ね
っ
?
と
指
で
優
し
く
髪
を
梳
き
な
が
ら
貴
方
を
促
し
た
 °
  
 
:
:
:
:
玄
関
は
嫌
で
す
か
ら
 
場
所
を
変
え
ま
せ
ん
か
 
  
も
 
乳
房
に
甘
え
る
あ
な
た
の
頭
を
撫
で
な
が
ら
言
っ
た
 °
  
そ
れ
に
鮮
花
は
ち
ょ
っ
と
だ
け
困
っ
た
よ
う
な
顔
に
な
り
な
が
ら
  
が
良
い
と
答
え
た
 °
  
西
瓜
よ
り
も
巨
大
な
乳
房
に
顔
を
埋
め
な
が
ら
貴
方
は
お
っ
ぱ
い
  
す
か
?
や
ん
っ
 



















   

  
た
 °
  
の
部
分
が
伸
び
て
白
い
シ
ャ
ツ
で
覆
わ
れ
て
い
る
横
乳
す
ら
覗
け
  
鮮
花
の
R
カ
ッ
プ
級
の
バ
ス
ト
は
ベ
ス
ト
の
生
地
を
伸
ば
し
 
  
れ
た
乳
房
が
 °
  
エ
プ
ロ
ン
を
剥
ぎ
取
る
と
清
楚
な
マ
ゼ
ン
ダ
色
の
ベ
ス
ト
に
覆
わ
  
ン
を
剥
ぎ
取
る
 °
  
待
っ
て
ま
し
た
と
貴
方
は
ガ
バ
ッ
と
勢
い
よ
く
顔
を
上
げ
エ
プ
ロ
  
 
あ
 
あ
の
:
:
:
:
直
接
 
弄
っ
て
く
だ
さ
い
 
  
引
っ
掻
い
た
 °
  
更
に
其
処
か
ら
徐
々
に
上
の
方
へ
と
移
動
し
乳
首
の
辺
り
を
指
で
  
両
手
は
根
本
か
ら
母
乳
を
搾
る
か
の
よ
う
に
下
乳
を
揉
み
こ
む
 °
  
た
 °
  
ほ
の
か
に
香
る
乳
房
の
香
り
と
乳
肉
の
感
触
が
貴
方
を
高
ぶ
ら
せ
  
甘
っ
た
る
い
声
が
貴
方
の
脳
内
に
突
き
刺
さ
る
 °
  
 
ん
あ
 
ふ
う
っ
 
は
ぁ
ん
・
・
・
・
・
・
 
  
下
乳
辺
り
を
揉
み
し
だ
く
 °
  
谷
間
へ
と
ぐ
り
ぐ
り
と
頭
を
動
か
し
て
感
触
を
味
わ
い
 
両
手
は
  
花
の
よ
う
な
香
り
を
感
じ
た
気
が
し
た
 °
  
衣
服
に
覆
わ
れ
て
い
る
筈
な
の
に
 
乳
房
か
ら
は
甘
い
ミ
ル
ク
と
  
鮮
花
を
優
し
く
床
に
押
し
倒
し
乳
房
を
顔
面
全
体
で
味
わ
う
 °


   

  
早
く
お
っ
ぱ
い
を
見
た
い
貴
方
は
ブ
ラ
に
指
を
賭
け
 
勢
い
よ
く
  
外
し
た
こ
と
で
乳
房
が
波
打
っ
た
 °
  
後
ろ
に
手
を
回
し
 
ホ
ッ
ク
を
は
ず
す
 °
  
そ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
の
ブ
ラ
で
も
 
ぎ
り
ぎ
り
乳
輪
が
は
み
出
  
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
制
の
白
い
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
現
れ
た
 °
  
ツ
を
脱
が
す
 °
  
胸
元
の
隙
間
か
ら
見
え
る
谷
間
と
ブ
ラ
に
興
奮
し
な
が
ら
 
シ
ャ
  
っ
た
 °
  
胸
元
を
留
め
る
ボ
タ
ン
は
今
に
も
弾
け
飛
ば
な
い
の
が
不
思
議
だ
  
露
わ
に
な
る
 °
  
ベ
ス
ト
を
脱
が
し
 
生
地
が
ぱ
つ
ぱ
つ
に
張
り
つ
め
た
シ
ャ
ツ
が
  
唸
っ
た
 °
  
両
手
で
真
っ
赤
に
な
っ
た
顔
を
隠
し
な
が
ら
鮮
花
は
可
愛
ら
し
く
  
 
う
|
っ
:
:
:
:
 °
何
か
 
ず
る
い
で
す
っ
 
  
た
 °
  
そ
れ
に
貴
方
は
鮮
花
の
お
っ
ぱ
い
だ
か
ら
好
き
な
ん
だ
 
と
答
え
  
り
と
赤
く
 
甘
い
吐
息
が
零
れ
て
い
た
 °
  
じ
と
目
で
呆
れ
た
よ
う
に
貴
方
を
見
上
げ
な
が
ら
も
頬
は
ほ
ん
の
  
 
本
当
に
お
っ
ぱ
い
大
好
き
で
す
ね
:
:
:
:
 







   

  
視
界
が
乳
肌
で
埋
め
尽
く
さ
れ
た
 °
  
を
埋
め
て
 
乳
肉
の
奥
へ
と
埋
没
し
て
い
く
乳
首
を
追
い
求
め
る
 °
  
何
処
ま
で
も
深
く
沈
ん
で
い
き
そ
う
な
柔
ら
か
す
ぎ
る
乳
肉
に
顔
  
き
 
舌
で
音
を
立
て
て
舐
め
回
し
た
 °
  
外
気
に
さ
ら
さ
れ
プ
ル
プ
ル
と
震
え
て
い
た
乳
首
に
し
ゃ
ぶ
り
つ
  
 
あ
っ
!
ん
ん
!
ひ
ゃ
あ
ん
!
ひ
ゃ
 
や
ぁ
ん
!
 
  
つ
い
た
 °
  
我
慢
の
限
界
が
来
た
貴
方
は
遠
慮
な
く
そ
の
超
乳
に
む
し
ゃ
ぶ
り
  
ま
さ
に
奇
跡
と
し
か
言
い
よ
う
の
な
い
乳
房
だ
っ
た
 °
  
に
形
は
と
て
も
美
し
く
 
綺
麗
だ
っ
た
 °
  
た
だ
大
き
い
だ
け
で
は
な
く
 
黄
金
比
率
を
体
現
し
た
か
の
よ
う
  
ら
も
決
し
て
垂
れ
る
こ
と
は
無
く
 
重
力
に
反
し
て
い
た
 °
  
そ
の
規
格
外
の
超
乳
は
拘
束
か
ら
解
放
さ
れ
仰
向
け
に
な
り
な
が
  
そ
う
な
桃
色
を
し
て
い
た
 °
  
乳
房
の
大
き
さ
に
見
合
っ
た
乳
首
と
乳
輪
は
 
と
っ
て
も
美
味
し
  
雪
の
よ
う
に
真
っ
白
で
 
シ
ミ
一
つ
な
い
肌
 °
  
そ
し
て
つ
い
に
そ
の
超
乳
が
姿
を
現
し
た
 °
  
ず
り
お
ろ
し
た
生
地
が
乳
首
に
掠
り
甘
い
声
が
出
た
 °
  
 
ふ
あ
ん
:
:
:
:
!
 
  
バ
ッ
と
引
き
ず
り
お
ろ
し
た
 °














   

  
は
思
い
っ
き
り
齧
り
付
い
た
 °
  
勃
起
し
て
大
き
く
な
っ
た
肉
感
あ
ふ
れ
る
二
つ
の
乳
首
に
 
貴
方
  
両
方
の
乳
首
を
く
っ
つ
け
た
 °
  
ち
ゅ
ぽ
ん
っ
 
と
乳
首
か
ら
口
を
離
し
 
乳
房
を
真
ん
中
に
寄
せ
  
:
!
 
  
 
あ
っ
 
あ
っ
あ
っ
あ
っ
あ
っ
!
お
っ
ぱ
い
 
い
っ
ち
ゃ
:
:
:
  
を
立
て
て
吸
引
を
強
め
た
 °
  
美
味
し
い
乳
首
を
夢
中
に
な
っ
て
吸
い
 
わ
ざ
と
い
や
ら
し
い
音
  
乳
首
を
摘
ま
ん
で
弄
り
 
乳
搾
り
の
よ
う
に
扱
き
あ
げ
る
 °
  
覚
し
そ
う
な
ぐ
ら
い
柔
ら
か
い
乳
肉
が
指
か
ら
溢
れ
た
 °
  
圧
倒
的
な
質
量
が
手
を
呑
み
こ
み
 
蕩
け
る
の
で
は
な
い
か
と
錯
  
片
方
の
乳
房
は
片
手
で
揉
み
し
だ
い
た
 °
  
こ
り
こ
り
に
硬
く
な
っ
た
乳
首
を
甘
噛
み
し
 
吸
っ
て
な
い
も
う
  
:
:
:
!
 
  
 
あ
っ
 
い
ぃ
!
や
っ
 
だ
め
ぇ
 °
お
っ
ぱ
い
 
伸
び
ち
ゃ
う
:
  
い
伸
ば
し
た
 °
  
埋
没
し
た
乳
首
を
舐
め
回
し
 
乳
輪
ご
と
咥
え
込
ん
で
乳
肉
を
吸
  
か
っ
た
 °
  
乳
首
は
ま
る
で
砂
糖
を
た
っ
ぷ
り
漬
け
込
ん
だ
果
物
の
よ
う
に
甘
  
ぷ
り
ぷ
り
し
た
感
触
の
弾
力
あ
る
乳
首
を
舐
め
回
し
吸
い
上
げ
た
 °

   

  
:
♥
♥
♥
♥
♥
 
  
 
あ
あ
ん
♥
♥
♥
ら
め
ぇ
 
お
っ
ぱ
い
止
ま
ら
な
い
の
ぉ
:
:
:
  
飲
ん
で
ゆ
く
 °
  
口
内
に
大
量
に
流
れ
込
ん
で
く
る
母
乳
を
貴
方
は
喉
を
鳴
ら
し
て
  
き
出
た
 °
  
ま
る
で
噴
水
の
よ
う
な
勢
い
で
両
乳
首
か
ら
母
乳
が
勢
い
よ
く
噴
  
プ
シ
ャ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
!
  
|
|
|
|
|
♥
♥
♥
♥
♥
!
 
  
 
あ
っ
っ
っ
♥
も
う
 
だ
め
ぇ
♥
♥
♥
お
っ
ぱ
い
 
射
乳
∧
イ
ク
∨
  
液
体
が
微
か
に
流
れ
出
る
両
乳
首
に
噛
み
つ
い
た
 °
  
貴
方
は
思
い
っ
き
り
 
傷
つ
か
な
い
程
度
に
力
を
込
め
て
 
白
い
  
口
内
に
僅
か
に
甘
い
液
体
が
流
れ
込
ん
だ
 °
  
ぱ
い
 
も
う
:
:
:
:
!
 
  
 
や
あ
っ
!
ん
 
ん
 
ん
 
ん
!
あ
あ
!
イ
ク
:
:
:
:
!
お
っ
  
量
感
あ
ふ
れ
る
乳
房
が
ぶ
る
ぶ
る
と
震
え
た
 °
  
先
端
を
舌
で
チ
ロ
チ
ロ
と
舐
め
る
と
く
す
ぐ
た
か
っ
た
の
か
 
  
し
ゃ
ぶ
り
 
吸
い
 
甘
噛
み
し
た
 °
  
卑
猥
な
音
を
立
て
て
貴
方
は
汗
で
甘
じ
ょ
っ
ぱ
く
な
っ
た
乳
首
を
  
じ
ゅ
ぱ
じ
ゅ
ぱ
 
ず
ぢ
ゅ
る
る
る
 
ぢ
ゅ
っ
ぽ
ぢ
ゅ
っ
ぽ
 °
  
 
や
あ
っ
!
?
乳
首
ぃ
 
だ
め
ぇ
:
:
:
:
!
 







   

  
て
ぇ
♥
♥
♥
♥
♥
♥
♥
♥
 
  
♥
♥
私
の
い
や
ら
し
い
お
っ
ぱ
い
思
い
っ
き
り
ち
ゅ
ぱ
ち
ゅ
ぱ
し
  
♥
♥
あ
な
た
専
用
の
ミ
ル
ク
タ
ン
ク
 
も
っ
と
吸
っ
て
ぇ
♥
♥
♥
  
 
飲
ん
で
ぇ
 
も
っ
と
 
も
っ
と
私
の
ミ
ル
ク
飲
ん
で
ぇ
♥
♥
♥
  
優
し
く
頭
を
撫
で
な
が
ら
 
鮮
花
は
甘
っ
た
る
い
声
で
囁
い
た
 °
  
へ
誘
っ
た
 °
  
鮮
花
は
お
っ
ぱ
い
に
夢
中
な
貴
方
の
頭
に
手
を
回
し
 
乳
房
の
奥
  
と
の
で
き
な
い
淫
乱
極
ま
り
な
い
表
情
を
見
せ
た
 °
  
ら
な
蕩
け
た
顔
を
 
で
も
と
て
も
可
愛
ら
し
い
貴
方
し
か
見
る
こ
  
今
の
鮮
花
は
伝
説
の
淫
魔
で
す
ら
遠
く
及
ば
な
い
 
余
り
に
も
淫
  
で
す
か
ら
ぁ
:
:
:
:
♥
♥
♥
 
  
 
も
お
 
幾
つ
に
な
っ
て
も
本
当
に
お
っ
ぱ
い
離
れ
で
き
な
い
ん
  
飲
ん
だ
 °
  
大
好
き
な
鮮
花
の
母
乳
を
貴
方
は
子
供
み
た
い
に
夢
中
に
な
っ
て
  
濃
厚
で
 
と
っ
て
も
美
味
し
か
っ
た
 °
  
母
乳
は
砂
糖
と
は
ち
み
つ
を
た
っ
ぷ
り
入
れ
た
牛
乳
よ
り
も
甘
く
 
  
出
る
よ
う
乳
房
を
揉
み
し
だ
き
な
が
ら
吸
引
を
強
め
た
 °
  
一
滴
も
零
さ
な
い
と
貴
方
は
し
っ
か
り
と
両
腕
で
母
乳
が
も
っ
と
  
ん
と
噴
き
出
て
く
る
 °
  
鮮
花
の
母
乳
は
飲
め
ば
飲
む
ほ
ど
勢
い
が
止
ま
る
事
な
く
ど
ん
ど

   

  
♥
♥
♥
♥
 
  
に
ゅ
ぼ
に
ゅ
い
っ
ぱ
い
ち
ゅ
ぱ
ち
ゅ
ぱ
し
ま
し
ょ
う
ね
♥
♥
♥
♥
  
離
れ
が
出
来
な
い
お
っ
き
な
赤
ち
ゃ
ん
♥
♥
♥
♥
♥
大
好
き
な
ぼ
  
 
お
っ
ぱ
い
が
大
好
き
な
お
っ
き
な
赤
ち
ゃ
ん
♥
♥
♥
お
っ
ぱ
い
  
名
前
の
通
り
 
ま
る
で
甘
い
蜜
で
蝶
を
引
き
寄
せ
る
華
の
よ
う
だ
 °
  
両
乳
首
を
吸
い
上
げ
 
乳
輪
を
舐
め
回
し
乳
肉
を
頬
張
っ
た
 °
  
し
ゃ
ぶ
っ
て
母
乳
を
飲
む
こ
と
が
出
来
る
専
用
の
お
っ
ぱ
い
 °
  
貴
方
だ
け
が
こ
の
乳
房
を
見
て
 
触
れ
て
 
吸
っ
て
 
舐
め
て
 
  
ン
ク
 °
  
超
乳
に
ふ
さ
わ
し
い
 
沢
山
の
母
乳
が
詰
ま
っ
た
特
大
ミ
ル
ク
タ
  
乳
首
を
舐
め
回
し
 
甘
噛
み
し
 
母
乳
と
一
緒
に
吸
い
上
げ
る
 °
  
母
乳
は
ま
だ
ま
だ
噴
き
出
て
い
る
 °
  
♥
♥
 
  
乳
首
た
く
さ
ん
ち
ゅ
ぱ
ち
ゅ
ぱ
し
て
く
だ
さ
い
ね
♥
♥
♥
♥
♥
♥
  
ま
す
か
ら
ね
♥
♥
♥
♥
♥
好
き
な
だ
け
お
っ
ぱ
い
飲
ん
で
 
私
の
  
 
あ
あ
ん
♥
♥
♥
慌
て
な
く
て
も
 
お
っ
ぱ
い
ま
だ
ま
だ
沢
山
出
  
く
揉
み
こ
ん
だ
 °
  
乳
房
を
根
元
か
ら
牛
の
乳
搾
り
で
も
す
る
か
の
よ
う
に
更
に
激
し
  
り
更
に
吸
引
を
強
め
た
 °
  
貴
方
は
余
り
に
も
い
や
ら
し
い
 
淫
乱
雌
乳
牛
の
鳴
き
声
に
昂
ぶ

  > ≫