実験小説・カフェ『白い月』

オルガン砲(物語)・たまねぎ(挿し絵) 作
Copyright 2003 by Organ-ho (story)
Copyright 2004 by Tamanegi (picture)

…こんばんは。真夜中にしか開かない秘密のカフェ、『白い月』へようこそ…。
…私がここのオーナー兼ウェイトレス兼シェフ兼食材のフィリア、と申します…。
…ふふふ、私の胸、気になります…? …サイズは…トップが142でアンダーが7
5のXカップです…。
…それでは、本日のメニュー、アイスティーとレアチーズケーキをどうぞ…。
…ごゆっくり、お召し上がり下さい…。

…私の母乳で作ったアイスティーとケーキ、お味はどうですか?
…うふふ、美味しいって言って頂けてうれしいですわ。
…では…本日のスペシャルメニュー、『フィリアの母乳、夜明けまで搾り放題・飲み
放題』をどうぞ…。
…私の乳首、早くお客様にいじってもらいたくて、こんなにビンビンに勃起してます
わ…。
…それに、まだ搾ってないのに、先から母乳がジクジクと滲み出して…。
…さあ、お客様、私の胸を両手で揉んでみてください…。
(ぐにゅ…ぐにゅ…もにゅ…ずりゅ…)
…あぁ…気持ちいいです…。
(ぶりゅ…ぼにゅ…むにゅ…ぶりゅ…)
…乳首も…いじってくださいね…。
(くりゅ…くちゅ…ちゅく…ぴくん!)
…あぁっ!母乳が!母乳が出ますぅ!
(びゅくっ!びゅくっ!びゅぷっ!びゅるるるる…)
…ふうぅ…こんなに勢いよく噴き出したのは…久しぶりです…。
(びゅっ!びゅっ!ぷちゅっ!びゅくっ!)
…ふふふ…濃い母乳が、こんなにたくさん…。
(ぴゅ…ぴゅ…ぷちゅるるるる…)
…さあ、お客様、私の乳首に吸い付いて、たっぷり私の母乳をお飲み下さい…。

(ちゅう…ちゅく…ちゅう…くちゅ…)
…あぁ…。…もっと…。…もっと強く…。…吸って下さい…。
(ぢゅう…ぢゅっ…ぢゅぷ…ぢゅる…)
…乳首の先の…『乳穴』が…母乳が出る度に…気持ちよくって…あぁっ!
(くちゅ…つぷ…つぷ…ちゅぷっ!)
…ち、乳穴に、舌が、入ってくる…。…お客様、テクニシャン…なんですね…。
(つぷ…つぷ…ぐちゅ…ちゅ…)
…ふあぁっ!…ち…乳首の中、舌でかき回されてますぅ…。あっ…ああぁっ!!
(びゅくっ!ぶびゅっ!ぶびゅるるるるる…)
…あふうぅ…ち…乳首だけで…イって…しまいましたぁ…。
(ぷちゅ…ちゅ…ちゅるるる…)
…申し訳ありません…。…一人で気持ちよくなってしまって…。

…そろそろ夜明けです…。…閉店のお時間です…。
本日はお越しいただき、誠にありがとうございました…。
…また…お越し下さいね…。