た
く
も
ぉ
 °
ま
た
果
物
屋
行
か
ね
ぇ
っ
と
 °
あ
の
ジ
ジ
ィ
小
言
  
林
檎
∧
ひ
び
い
り
∨
が
中
に
浮
い
て
た
 °
  
キ
ン
ガ
ン
A
B
C
 
か
ぁ
は
 
少
女
 
へ
ぇ
?
林
檎
?
 
な
ん
と
  
ぁ
 
ヤ
ク
ザ
は
後
ろ
に
振
り
向
い
た
ら
そ
こ
に
は
:
:
 °
ガ
ン
ガ
  
 
お
い
 
お
前
達
 
ヤ
ク
ザ
の
後
ろ
か
ら
声
が
聞
こ
え
た
 °
 
  
ク
ザ
達
は
少
女
を
蹴
り
始
め
た
  
 
あ
あ
 
そ
れ
も
そ
う
だ
な
 °
よ
し
も
う
一
丁
蹴
る
か
 
ま
た
ヤ
  
い
ん
だ
よ
 °
し
か
も
亜
人
だ
結
局
は
良
く
て
た
だ
の
奴
隷
だ
 
A
  
良
い
で
す
か
?
殴
っ
て
も
 
C
 
こ
ん
な
ヤ
ツ
生
か
し
と
け
ば
良
  
ヤ
ク
ザ
A
 
っ
た
く
 
手
間
を
か
け
や
が
ら
せ
て
 
B
 
兄
貴
|
 
  
は
少
女
を
殴
っ
て
い
た
 °
  
そ
こ
に
は
一
人
の
少
女
と
数
人
の
黒
服
の
人
が
い
て
黒
服
の
人
達
  
町
郊
外
路
地
裏
  
|
一
昨
日
|
  
  
|
  
∧
第
零
・
五
話
∨
 
さ
か
の
ぼ
っ
て
み
て
 
|
二
人
の
出
会
い
は
  
  
来
夢
疑
 
作
  
H
a
l
f
&
Q
u
a
r
t
e
r














≪ <  

  
少
年
は
冷
や
汗
を
か
き
な
が
ら
続
け
て
言
っ
た
 
あ
 
あ
の
君
 °
  
女
は
ガ
ブ
っ
と
少
年
の
手
を
噛
ん
だ
 °
  
っ
と
聞
き
な
が
ら
少
年
は
そ
っ
と
手
を
差
し
出
し
た
 °
だ
け
ど
少
  
女
の
方
へ
向
き
歩
い
て
来
た
 °
 
君
大
丈
夫
だ
っ
た
?
立
て
る
?
 
  
え
て
い
ら
れ
っ
か
つ
ぅ
の
 °
ふ
ぅ
|
よ
く
笑
っ
た
し
 
少
年
は
少
  
 
プ
ゥ
ウ
フ
ゥ
今
の
見
た
 
覚
え
て
ろ
 
だ
っ
て
ぇ
 °
普
通
は
覚
  
な
 
ヤ
ク
ザ
達
は
酷
い
顔
を
し
な
が
ら
走
っ
て
逃
げ
た
 °
  
ヤ
ク
ザ
A
 
く
そ
 
覚
え
て
ろ
な
 °
ゼ
ッ
テ
ェ
仕
返
を
す
る
か
ら
  
ザ
が
喧
嘩
を
始
め
少
年
が
圧
勝
し
た
形
で
終
わ
っ
た
 °
  
コ
ン
 
そ
れ
か
ら
か
れ
こ
れ
三
十
分
後
少
年
と
口
論
の
末
に
ヤ
ク
  
ヤ
ク
ザ
A
 
テ
メ
ェ
俺
達
を
誰
だ
と
思
っ
て
る
 
 
た
だ
の
ロ
リ
  
か
少
年
は
ヤ
ク
ザ
の
後
ろ
に
立
っ
て
い
た
 °
  
 
逃
げ
て
無
い
し
節
穴
で
は
な
い
健
眼
だ
 
な
ん
と
い
つ
の
間
に
  
も
い
な
か
っ
た
 °
そ
し
て
後
ろ
か
ら
:
:
  
穴
か
っ
て
あ
り
ゃ
?
い
な
い
逃
げ
た
か
?
 
ヤ
ク
ザ
の
前
に
は
誰
  
ヤ
|
サ
ン
A
 
ど
こ
を
ど
お
見
た
ら
そ
う
な
る
オ
メ
ェ
の
目
は
節
  
し
た
 °
  
て
は
お
前
達
ロ
リ
コ
ン
か
 
少
年
は
ヤ
ク
ザ
に
向
か
っ
て
指
を
指
  
に
女
の
子
に
手
を
出
し
て
強
姦
を
し
よ
う
と
し
て
い
る
の
だ
 °
  
ウ
セ
ェ
か
ら
な
ぁ
 °
ま
ぁ
そ
ん
な
事
は
置
い
と
い
て
 °
お
前
ら
な

   

  
て
来
た
 °
  
 
い
や
違
い
ま
す
 °
福
神
漬
け
で
す
か
ら
 
少
女
は
慌
て
て
答
え
  
:
福
神
漬
け
 
っ
と
少
女
は
答
え
た
 °
 
ヨ
シ
ャ
 
納
豆
な
 
  
少
女
は
納
豆
を
聞
い
た
瞬
間
首
を
横
に
振
っ
た
 °
そ
れ
か
ら
 
  
と
も
納
豆
?
 
  
め
直
し
て
る
け
ど
な
に
つ
け
る
?
ら
っ
き
ょ
う
?
半
熟
卵
?
そ
れ
  
そ
れ
か
ら
少
年
は
こ
ん
な
質
問
を
し
た
 °
 
君
 
カ
レ
|
を
今
温
  
た
 °
  
だ
か
ら
 
そ
れ
か
ら
少
年
は
台
所
に
あ
っ
た
鍋
に
火
に
か
け
始
め
  
少
年
は
答
え
た
 °
 
あ
あ
そ
う
だ
け
ど
 °
人
に
任
せ
る
の
は
嫌
い
  
か
?
 
  
そ
し
て
台
所
に
行
っ
て
少
女
が
た
ず
ね
た
 °
 
誰
も
い
な
い
で
す
  
豪
華
な
屋
敷
だ
っ
た
 °
  
か
ら
は
 
微
塵
も
 
金
持
ち
オ
|
ラ
が
感
じ
無
か
っ
た
け
ど
家
は
  
少
女
は
と
て
つ
も
な
く
び
っ
く
り
し
た
 °
そ
れ
も
そ
の
は
ず
少
年
  
|
少
年
の
家
|
  
  
し
て
少
年
は
涙
目
で
痛
み
を
堪
え
て
い
た
 °
  
て
上
げ
る
か
ら
 
少
女
は
そ
れ
を
聞
き
大
き
く
縦
に
振
っ
た
 °
  
お
 
お
腹
空
い
て
無
い
 °
良
か
っ
た
ら
ウ
チ
で
ご
飯
を
食
べ
さ
せ

   

  
げ
よ
う
と
し
ま
し
た
が
ヤ
ク
ザ
に
掴
ま
れ
ま
し
た
 °
 
き
さ
ま
 
  
に
は
さ
っ
き
自
分
に
暴
行
し
て
来
た
ヤ
ク
ザ
達
だ
っ
た
少
女
は
逃
  
そ
こ
に
一
台
の
車
が
停
ま
っ
て
来
た
 °
そ
し
て
 
窓
が
開
き
そ
こ
  
っ
た
の
∨
  
少
女
は
少
し
焦
り
の
顔
で
考
え
事
を
し
て
た
 °
∧
白
 
ど
こ
に
行
  
|
橋
の
上
|
  
  
な
∨
奏
は
肩
を
く
す
め
た
 °
  
∧
人
間
な
ん
か
信
用
し
な
い
か
 °
今
の
姿
だ
と
分
か
ら
な
い
か
ら
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
さ
よ
う
な
ら
 
そ
し
て
少
女
は
そ
の
場
を
離
れ
た
 °
  
ん
か
信
用
し
ま
せ
ん
か
ら
 
少
女
は
名
乗
り
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
だ
が
少
女
は
 
私
は
名
乗
ら
な
い
 °
私
は
亜
人
を
見
下
す
人
間
な
  
前
は
?
 
奏
は
名
乗
っ
た
 °
  
な
 
ウ
チ
は
須
浜
奏
っ
て
言
い
ま
す
よ
ろ
し
く
な
 °
っ
で
君
の
名
  
 
そ
う
い
え
ば
ま
だ
 
名
前
言
っ
て
無
か
っ
た
け
 °
じ
ゃ
あ
言
う
  
黙
々
と
食
事
を
し
な
が
ら
少
年
は
話
し
か
け
た
 °
  
た
 °
  
∧
つ
い
て
い
け
な
い
よ
こ
れ
∨
少
女
は
悩
み
な
が
ら
食
事
を
始
め
  
い
食
え
 
少
年
は
カ
レ
|
を
お
い
た
 °
  
 
っ
ち
 
乗
り
悪
い
な
|
 °
ま
ぁ
い
い
か
は
い
カ
レ
|
だ
い
っ
ぱ

   

  
 
さ
て
と
行
く
か
 
そ
し
て
奏
は
一
瞬
で
消
え
た
 °
  
 
え
|
と
刀
だ
け
で
良
い
や
 
そ
し
て
奏
は
中
庭
に
出
た
 °
  
奏
は
自
室
に
戻
っ
た
 °
  
∧
と
ん
だ
悪
ガ
キ
に
捕
ま
っ
た
か
急
が
な
い
と
∨
  
い
 
っ
と
書
か
れ
て
い
た
 °
  
げ
た
 °
 
女
は
捕
ま
え
た
 °
取
り
返
し
て
欲
し
い
な
ら
こ
こ
に
来
  
 
チ
ッ
 
所
の
悪
ガ
キ
だ
ぁ
 °
ん
っ
?
紙
?
 
奏
は
紙
を
拾
い
広
  
パ
リ
|
ン
っ
と
台
所
の
窓
が
割
れ
た
 °
  
ピ
ィ
キ
ィ
|
ン
∧
危
険
レ
ベ
ル
2
後
退
だ
∨
奏
は
少
し
下
が
っ
た
 °
  
怪
し
い
事
を
言
い
な
が
ら
策
を
練
っ
て
た
 °
  
こ
の
上
な
い
楽
し
み
だ
 
  
る
か
 °
い
や
|
し
か
し
あ
の
娘
可
愛
い
か
ら
な
|
楽
し
み
だ
な
|
  
 
さ
ぁ
さ
っ
さ
と
洗
い
物
を
終
わ
ら
し
て
 °
あ
の
娘
を
追
い
掛
け
  
そ
の
頃
奏
は
洗
い
物
を
し
て
た
 °
  
奏
の
家
  
  
そ
し
て
少
女
は
ヤ
ク
ザ
に
連
れ
て
行
か
れ
た
 °
  
け
れ
ば
来
い
 
っ
と
笑
い
な
が
ら
言
い
返
し
た
 °
  
女
は
強
気
で
言
っ
た
だ
が
ヤ
ク
ザ
は
 
妹
さ
ん
が
殺
さ
れ
た
く
な
  
龍
人
を
ナ
メ
る
な
こ
ん
な
手
な
ん
か
切
り
裂
い
て
く
れ
る
わ
 
少

   

  
聞
か
れ
た
奏
は
不
敵
の
笑
み
を
見
せ
な
が
ら
喋
っ
た
 °
  
S
・
K
こ
と
須
浜
奏
だ
 
 
貴
様
か
 °
我
が
社
に
何
用
だ
 
そ
う
  
 
名
前
ぐ
ら
い
知
っ
て
る
だ
ろ
?
洲
浜
創
生
薬
品
の
社
長
の
M
r
 
  
 
貴
様
は
誰
だ
 
  
 
よ
っ
 
助
け
に
来
た
ぜ
 
  
男
は
声
が
す
る
方
を
向
い
た
 °
  
 
何
!
 
  
 
ク
ッ
 
ど
う
し
ら
良
い
の
 
 
何
で
君
は
人
を
頼
ら
な
い
だ
よ
 
  
女
は
我
に
帰
っ
た
 °
  
 
お
嬢
ち
ゃ
ん
待
ち
な
妹
さ
ん
が
ど
う
な
っ
て
も
良
い
の
か
 
少
  
壊
し
て
や
る
 
少
女
の
周
り
に
炎
が
出
て
来
た
 °
  
 
白
!
!
 
だ
が
鎖
の
せ
い
で
動
け
な
か
っ
た
 °
 
こ
ん
な
鎖
 
  
繋
が
れ
た
翼
を
付
け
た
少
女
が
い
た
 °
  
キ
か
な
ら
あ
そ
こ
だ
 
男
は
後
ろ
を
指
し
た
先
に
は
両
腕
に
枷
に
  
少
女
は
言
い
返
し
た
 °
 
白
を
返
せ
 
 
あ
ぁ
 
あ
の
龍
人
の
ガ
  
 
ま
っ
た
く
 
て
こ
ず
ら
せ
や
が
っ
て
 
  
そ
の
中
で
首
領
と
思
わ
れ
る
男
が
喋
り
出
し
た
 °
  
そ
こ
に
は
鎖
で
繋
が
ら
れ
た
少
女
と
三
人
の
ヤ
ク
ザ
が
い
ま
し
た
 °
  
|
ヤ
ク
ザ
の
本
拠
地
|
  


























   

  
奏
は
怒
り
な
が
ら
何
か
口
に
含
ん
だ
 °
含
ん
だ
途
端
に
巨
人
に
殴
  
こ
の
屋
敷
に
来
た
事
を
後
悔
で
も
し
な
 
  
 
ふ
ん
 
そ
れ
が
ど
お
し
た
 °
お
前
を
消
せ
ば
俺
は
捕
ま
ら
な
い
 °
  
身
刑
禁
固
付
き
だ
ぞ
!
 
  
不
法
輸
入
輸
出
は
違
法
だ
ぞ
!
捕
ま
っ
た
ら
ブ
タ
バ
コ
行
き
と
終
  
 
て
め
ぇ
は
わ
か
っ
て
る
の
か
!
生
物
改
造
と
麻
薬
乱
用
と
麻
薬
  
奏
は
男
が
話
し
た
言
葉
に
切
れ
た
  
る
 °
説
得
は
無
理
だ
 °
さ
ぁ
殺
せ
成
功
の
暁
に
は
物
を
や
ろ
う
 
  
 
ち
な
み
に
そ
の
巨
人
族
は
麻
薬
が
切
れ
て
末
期
状
態
に
し
て
あ
  
法
じ
ゃ
な
い
の
か
 
そ
の
呟
き
を
聞
い
た
男
は
補
足
を
し
た
 °
  
て
巨
人
族
だ
け
ど
少
し
違
う
な
ぁ
改
造
品
種
っ
か
 °
お
い
お
い
違
  
だ
け
ど
ヒ
ラ
リ
っ
と
避
け
た
 °
 
う
ぁ
 
危
な
い
な
|
 °
あ
れ
っ
  
た
 °
  
 
ウ
ッ
:
:
ウ
グ
ア
ァ
ァ
ァ
 
巨
大
物
体
は
い
き
な
り
奏
に
襲
っ
  
す
る
と
上
か
ら
巨
大
物
体
落
ち
て
き
た
 °
  
男
は
手
に
持
っ
て
い
た
ス
イ
ッ
チ
を
押
し
た
 °
  
 
そ
れ
は
無
理
な
話
だ
 
  
返
し
て
貰
お
う
や
な
い
か
ぁ
!
 
  
あ
ん
た
ち
が
拉
致
っ
た
龍
人
族
の
少
女
を
連
れ
戻
し
に
来
た
ん
や
!
  
 
何
っ
て
 
こ
こ
に
来
る
理
由
な
ん
て
一
つ
し
か
あ
ら
へ
ん
や
ろ
 °

   

  
 
安
心
し
な
 °
俺
特
製
の
麻
薬
の
中
和
剤
だ
 °
じ
ゃ
あ
次
は
お
前
  
 
貴
様
!
何
を
飲
ま
せ
た
 
  
を
出
し
て
そ
れ
を
巨
人
に
飲
ま
せ
た
 °
  
 
殴
っ
て
悪
か
っ
た
な
 °
こ
れ
で
も
飲
ん
で
 
奏
は
何
だ
か
の
薬
  
人
に
近
づ
い
た
 °
  
巨
人
は
奏
に
襲
っ
て
行
っ
た
が
一
瞬
で
倒
れ
た
 °
そ
し
て
奏
は
巨
  
男
は
嘲
笑
っ
た
 °
  
 
ク
ォ
|
タ
|
と
は
と
ん
だ
化
け
物
が
潜
り
込
ん
だ
な
 °
殺
れ
 
  
|
だ
っ
た
そ
れ
は
人
間
も
悪
魔
も
世
界
も
望
ま
れ
無
い
種
族
 °
  
間
と
魔
族
∧
悪
魔
と
人
間
の
子
∨
の
子
つ
ま
り
悪
魔
の
ク
ォ
|
タ
  
奏
は
応
え
た
 °
 
俺
は
悪
魔
じ
ゃ
な
い
人
間
と
魔
族
の
子
だ
 
人
  
 
貴
様
は
悪
魔
な
の
か
?
 
男
は
と
い
た
 °
  
女
は
身
乗
り
出
し
た
 °
  
∧
あ
の
格
好
ど
こ
で
:
:
そ
う
遠
い
昔
で
あ
っ
た
気
が
す
る
∨
少
  
悪
魔
様
な
姿
だ
っ
た
 °
  
角
 
コ
ウ
モ
リ
み
た
い
な
羽
を
生
や
し
て
い
た
 °
ま
る
で
西
洋
の
  
だ
っ
た
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
奏
の
体
が
変
わ
っ
て
い
た
 °
羊
の
様
な
  
 
リ
ミ
ッ
タ
|
解
除
 °
我
が
内
な
る
力
を
解
き
放
て
 
奏
は
無
傷
  
 
ウ
グ
ァ
?
 
  
ら
れ
た
 °
だ
け
ど



















   

  
っ
ょ
と
話
し
が
:
:
 
 
最
近
さ
|
 
旦
那
が
ま
た
単
身
赴
任
で
  
 
は
ぁ
い
秋
で
す
|
 °
お
久
|
ソ
ウ
君
|
 
 
あ
っ
 
秋
さ
ん
ち
  
ま
す
か
?
 
 
竜
胆
警
視
長
で
す
ね
 °
只
今
繋
げ
ま
す
 
ピ
ッ
  
 
あ
っ
 
奏
で
す
 °
あ
の
|
竜
胆
秋
∧
り
ん
ど
う
あ
き
∨
さ
ん
い
  
察
に
電
話
し
て
い
た
 °
  
 
は
い
 
こ
ち
ら
小
菊
警
察
署
で
す
 °
ご
用
件
は
?
 
な
ん
と
警
  
達
を
助
け
て
携
帯
を
取
り
出
し
て
ど
こ
か
に
か
け
た
 °
  
さ
だ
 °
そ
の
代
償
が
今
来
た
ん
だ
よ
 
奏
は
男
を
縄
で
縛
り
少
女
  
 
あ
ん
た
達
み
た
い
な
底
が
無
い
無
限
の
欲
望
と
執
着
心
 
傲
慢
  
き
り
刺
し
て
こ
う
告
げ
た
 °
  
物
が
い
た
と
し
た
ら
 
奏
は
刀
を
抜
い
て
男
の
頭
上
に
お
も
い
っ
  
滅
ぼ
す
 °
そ
れ
に
俺
は
化
け
物
じ
ゃ
あ
あ
り
ま
せ
ん
 °
も
し
化
け
  
後
に
は
消
え
て
し
ま
う
話
を
 °
つ
ま
り
悪
は
自
ら
の
悪
に
よ
っ
て
  
 
オ
ッ
サ
ン
知
っ
て
い
ま
す
?
ウ
ロ
ボ
ラ
ス
は
自
ら
の
尾
食
べ
最
  
 
う
ぁ
 
来
る
な
化
け
物
 
  
そ
し
て
奏
は
男
に
近
づ
い
た
 °
  
 
え
っ
 
何
か
言
っ
た
か
ぁ
?
 
そ
こ
に
は
も
お
窓
が
な
か
っ
た
 °
  
 
貴
様
!
わ
か
っ
て
い
る
の
か
 °
こ
の
窓
は
強
化
ガ
:
:
 
  
た
 °
  
だ
 
奏
は
ゆ
ら
り
と
立
ち
上
が
り
羽
を
羽
ば
た
か
せ
男
の
前
に
き

   

  
少
女
は
少
し
考
え
た
 °
∧
ち
っ
ょ
と
待
っ
て
今
警
察
に
保
護
さ
れ
  
う
だ
し
安
心
し
な
ウ
チ
が
ち
ゃ
ん
と
守
る
か
ら
 
  
の
 
 
へ
ぇ
 
保
護
?
 
 
そ
っ
 
み
た
感
じ
親
も
家
も
無
さ
そ
  
親
父
の
口
癖
で
俺
は
そ
れ
を
守
る
た
め
に
あ
ん
た
達
を
保
護
し
た
  
 
一
度
助
け
た
不
幸
な
娘
は
最
後
ま
で
助
け
見
守
れ
っ
て
ウ
チ
の
  
 
な
ん
で
私
達
を
助
け
に
来
た
の
で
す
か
?
 
  
達
を
抱
え
て
い
て
黒
髪
の
少
女
が
聞
い
て
き
た
 °
  
奏
は
家
の
屋
根
を
跳
び
移
り
な
が
ら
走
っ
て
い
て
両
脇
に
は
少
女
  
|
帰
路
|
  
  
 
ウ
チ
に
帰
る
ぞ
 
っ
と
言
っ
た
 °
  
て
か
ら
少
女
達
に
向
い
て
に
っ
こ
り
笑
い
 °
  
十
分
で
そ
こ
に
着
く
か
ら
じ
ぁ
ね
ぇ
 
電
話
が
終
わ
り
一
息
つ
い
  
ま
え
た
か
ら
後
か
だ
つ
け
を
頼
み
た
い
ん
だ
け
ど
 
 
わ
か
っ
た
  
麻
薬
の
不
正
売
買
と
密
輸
 
生
体
改
造
を
し
た
の
を
み
つ
け
て
捕
  
出
し
ち
ゃ
う
よ
 
 
い
ら
な
い
 °
土
久
礼
製
薬
の
土
久
礼
星
一
が
  
口
調
で
言
っ
た
 °
 
わ
か
っ
た
で
何
?
武
装
警
察
い
る
?
何
で
も
  
ス
マ
ス
か
晦
日
で
も
聞
い
て
や
り
ま
す
か
ら
さ
ぁ
 
奏
は
呆
れ
た
  
で
こ
ち
ら
の
話
し
を
聞
い
て
く
れ
ま
せ
ん
か
?
そ
の
話
し
は
ク
リ
  
イ
ギ
リ
ス
に
行
っ
ち
ゃ
て
さ
ぁ
|
 
 
秋
さ
ん
公
私
混
合
し
な
い

   

  
  
  
  
  
次
回
 
異
変
 
|
新
た
な
生
活
|
  
続
く
  
な
る
と
は
先
が
不
安
で
す
 °
  
暮
ら
す
事
に
な
っ
た
の
は
良
い
け
ど
ま
さ
か
こ
れ
か
ら
あ
ん
な
事
  
こ
う
し
て
私
 
百
合
ヶ
岬
黒
は
須
浜
奏
と
い
う
人
に
会
い
一
緒
に
  
 
う
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
 
落
ち
ま
し
た
 °
  
後
は
:
:
  
 
へ
ぼ
ぉ
 
∧
こ
れ
っ
て
お
約
束
か
よ
∨
そ
し
て
も
ち
ろ
ん
こ
の
  
:
ビ
ル
が
あ
っ
た
 °
  
い
っ
て
須
浜
さ
ん
前
  
黒
が
慌
て
て
指
を
さ
し
た
さ
き
は
:
  
 
結
構
か
わ
い
い
じ
ゃ
ん
 
 
バ
ァ
 
バ
カ
に
し
な
い
で
く
だ
さ
  
顔
を
見
せ
た
 °
  
こ
れ
か
ら
は
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 
黒
は
そ
の
時
初
め
て
笑
  
:
∨
 
分
か
り
ま
し
た
 °
私
の
名
は
百
合
ヶ
岬
黒
と
言
い
ま
す
 °
  
方
が
良
い
し
何
よ
り
こ
の
人
 
何
か
昔
あ
っ
た
事
が
あ
る
様
な
:
  
た
り
 °
ま
た
白
と
途
方
も
な
い
旅
よ
り
こ
の
人
に
保
護
を
受
け
た

  > ≫