救世主

らぶりん 作
Copyright 2016 by Raburin All rights reserved.

 麻里は1ヶ月に1回ぐらい変な夢を見る。
女神さまにおっぱいを触られるとまるで風船が膨らむように大きくなり、ぷしゃーと母乳が吹き出す。その母乳を超イケメンに吸われているという夢だ。
そして、その夢を見た翌日にはおっぱいが急成長している。それだけではなく、くびれができ、お尻も大きくなっている。いわゆるどんどんボン・キュッ・ボン体型になるのだ。身長もいくらかは伸びていて、何よりも顔がきれいになったと言われる。

 元々麻里は中学3年生になってもAAAカップだった。中高一貫校に通っていて受験がないため、友達と海にいく約束をしていた。AAAカップでは水着はぜったいに着れない、せめて友達と同じぐらいのCカップまでにならないかなあって思っていたときだった。6月に、初めてその夢を見たのだ。朝起きてびっくりした。日曜だったからあわてて買いに行った。店員さんに「Cカップですね。」と言われて、びっくりする反面、これで海にいけるなと思った。

 結局海に行くまでにもう1回その夢を見たが、一晩でFカップに成長した。Fカップのおっぱいで海へ言ったら友達に驚かれ、パットが入ってるとさんざん聞かれ、チェックされて大変だったのを覚えている。それぐらいで止まって欲しかったが、秋の運動会の頃には、Iカップになり、クリスマスの頃には100cmの大台を超えていた。それからその夢の日にすくすく育ち、今に至るのだけど…

 さっき測ったら250cmと出た。慌てて注文するのだけど…
どうなっちゃうんだろう、私のおっぱい…