不思議なゲーム

らぶりん 作
Copyright 2016 by Raburin All rights reserved.

 「上宿さん、本当にやめるのか?」

 「すみません、やりたい仕事が出来ましたから。」

 上宿彩乃は会社に辞表を出した。

 
 数日前、上宿の住んでいるマンションのポストにゲームソフトが入っていた。
ゲーム機に差し込んでお使いください。無料でお試し頂けます。という紙とともに。

 高校生のときは勉強が嫌いで、ゲームで過ごしていたという上宿は徹夜してやり始めた。

 「タダなら、やってみるわ。」と。

 金曜の夜にやり始めた。
画面に現れるモンスターを倒していき、全部倒すと次のステージに行くというものだった。

 ステージ1をクリアすると、ブカブカで仕方なかったAカップのブラがちょうどピッタリになった。

 上宿は身長はそこそこ高いが、細身で、Aカップすらブカブカのまな板なのだ。
顔は普通だ。

 そして、ステージをクリアしていくたびに、ブラからはみ出すようになり、とうとうステージ5をクリアしたところで、ブラのホックが壊れた。

 そこで、上宿は考えた。

 「このゲームはステージをクリアするごとに、サイズが大きくなるのね。
ステージを全部クリアしたらいったいどれぐらいになるのかしら?
サイズを武器にしたお仕事に転職するのも悪くはないかもね。」

 そう考えて、すぐに辞表を出した。


 辞表を出した次の日、またポストに別のゲームソフトが2つ入っていた。
また、「無料でお使いください」という紙とともに。

 早速やってみると1つは、ステージをクリアするごとに、ウエストは細くなり、ヒップは大きくなるというものだ。
2つ目は、顔がどんどん綺麗になるというものだ。


 この3つを少しずつ上宿は進めていった。