久
美
子
は
消
え
入
り
そ
う
な
声
で
つ
ぶ
や
い
た
 °
  
  
 
う
 
ウ
ン
 
 
 
 
  
  
 
だ
っ
て
結
局
ま
だ
告
白
し
て
∧
コ
ク
ッ
っ
て
∨
無
い
ん
で
し
ょ
?
 
  
  
さ
な
声
で
久
美
子
は
言
っ
た
 °
  
顔
を
真
っ
赤
に
し
な
が
ら
 
他
の
誰
か
に
聞
か
れ
な
い
よ
う
に
小
  
  
 
っ
け
ほ
 °
け
っ
ほ
っ
 
 
 
い
 
い
き
な
り
何
言
い
出
す
の
 °
 
  
  
せ
た
 °
  
美
子
は
い
き
な
り
の
質
問
に
 
飲
ん
で
い
た
フ
ル
|
ツ
牛
乳
で
咽
  
い
つ
も
の
よ
う
に
 
美
紀
と
机
を
付
け
て
お
昼
を
食
べ
て
い
た
久
  
  
よ
?
 
  
 
 
 
 
そ
れ
で
 
和
史
く
ん
と
は
あ
れ
か
ら
ど
う
な
っ
て
る
の
  
  
ロ
イ
ヤ
ル
み
る
く
 
作
  
ホ
ワ
イ
ト
デ
|




















≪ <  

  
 
彼
に
彼
女
が
で
き
ち
ゃ
っ
た
時
 
一
緒
に
泣
い
て
あ
げ
た
事
も
  
 
う
 °
う
ん
 
 
 
 
 
  
た
よ
ね
 °
 
  
 
思
え
ば
 
も
う
2
年
に
も
な
る
ん
だ
 
 
 
い
ろ
ん
な
事
あ
っ
  
  
終
わ
っ
て
し
ま
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
強
攻
策
も
用
い
て
き
た
彼
女
だ
っ
た
が
 
そ
の
す
べ
て
が
失
敗
に
  
史
に
ぶ
つ
け
て
プ
|
ル
に
落
と
す
作
戦
 
 
 
な
ど
 °
か
な
り
の
  
ま
た
ま
出
会
う
作
戦
 
ぼ
っ
と
し
て
る
久
美
子
を
突
き
飛
ば
し
和
  
と
し
て
 
行
事
の
班
決
め
の
く
じ
に
細
工
作
戦
 
休
み
の
日
に
た
  
ろ
ん
な
作
戦
を
試
み
て
み
た
 °
教
室
に
二
人
っ
き
り
作
戦
は
当
然
  
い
つ
ま
で
た
っ
て
も
動
こ
う
と
し
な
い
親
友
の
為
に
 
美
紀
は
い
  
そ
の
よ
う
な
恋
の
異
変
は
 
当
然
親
友
の
美
紀
に
す
ぐ
に
ば
れ
 
  
る
事
は
な
か
っ
た
 °
  
た
の
だ
っ
た
が
久
美
子
の
内
気
な
性
格
が
彼
女
を
陰
か
ら
出
さ
せ
  
そ
れ
以
来
 
彼
女
は
和
史
の
事
を
ず
っ
と
陰
か
ら
想
い
続
け
て
い
  
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
頃
 
た
ま
た
ま
廊
下
で
す
れ
違
っ
た
和
史
に
一
目
惚
れ
を
し
て
し
  
久
美
子
は
ま
だ
入
学
し
た
て
で
 
新
し
い
校
舎
に
も
慣
れ
て
な
い
  


























   

  
  
言
っ
た
 °
  
久
美
子
は
 
ま
だ
少
し
ひ
り
ひ
り
す
る
ほ
っ
ぺ
を
さ
す
り
な
が
ら
  
笑
顔
を
作
っ
て
離
し
た
 °
  
美
紀
は
ほ
っ
ぺ
を
つ
ま
ん
だ
ま
ま
 
上
に
も
ち
あ
げ
て
無
理
矢
理
  
  
に
こ
|
っ
て
笑
っ
て
な
さ
い
 °
 
  
 
い
ち
い
ち
暗
い
顔
し
ち
ゃ
だ
め
!
あ
ん
た
か
わ
い
い
ん
だ
か
ら
 
  
 
ひ
 
ひ
た
い
よ
 °
み
|
ひ
や
ん
 °
 
  
  
美
子
の
ほ
っ
ぺ
を
ぷ
に
|
っ
と
ひ
っ
ぱ
っ
た
 °
  
美
紀
は
い
ろ
ん
な
事
を
思
い
出
し
て
泣
き
出
し
そ
う
に
な
っ
た
久
  
  
 
あ
|
 °
別
に
い
い
よ
|
 °
っ
て
ま
た
し
ん
み
り
し
な
い
!
 
  
 
う
ん
 
 
 
あ
の
時
は
ご
め
ん
ね
 °
 
  
後
ろ
で
ま
た
泣
い
て
た
し
 °
 
  
休
み
の
度
に
ト
イ
レ
で
メ
イ
ク
し
て
あ
げ
て
も
授
業
始
ま
っ
た
ら
 
  
 
あ
の
時
 
す
っ
ご
い
顔
し
て
た
よ
 °
ず
|
っ
と
目
が
腫
れ
て
て
 °
  
 
う
ん
 
 
 
 
 
 
 
  
あ
っ
た
よ
ね
 
 
 


















   

  
  
き
た
く
な
っ
た
わ
よ
 °
 
  
 
バ
レ
ン
タ
イ
ン
デ
|
ま
で
失
敗
し
ち
ゃ
っ
た
時
 
こ
っ
ち
が
泣
  
  
だ
が
 
結
局
今
ま
で
何
ら
成
果
を
上
げ
る
事
も
な
か
っ
た
 °
  
た
今
年
を
最
大
の
勝
負
所
と
し
て
い
た
 °
  
美
紀
は
 
2
年
に
な
っ
て
偶
然
に
も
3
人
が
同
じ
ク
ラ
ス
に
な
っ
  
  
か
も
し
れ
な
い
か
ら
 
も
う
チ
ャ
ン
ス
は
今
し
か
な
い
の
よ
!
 
  
は
3
年
生
に
な
っ
ち
ゃ
う
し
 
ま
た
一
緒
の
ク
ラ
ス
に
な
れ
な
い
  
今
年
せ
っ
か
く
和
史
君
と
一
緒
の
ク
ラ
ス
に
な
れ
た
の
よ
 °
来
年
  
 
と
に
か
く
 
も
う
す
ぐ
三
学
期
も
終
わ
っ
ち
ゃ
う
ん
だ
か
ら
 °
  
  
に
た
め
息
を
つ
い
た
 °
  
美
紀
は
い
ま
さ
ら
な
が
ら
言
っ
て
も
し
ょ
う
が
な
い
親
友
の
性
格
  
  
け
ど
 
 
 
 
 
  
な
の
よ
 °
っ
て
も
う
1
万
回
く
ら
い
言
っ
て
る
よ
う
な
気
が
す
る
  
 
ク
|
は
 
そ
う
や
っ
て
い
っ
つ
も
自
分
に
自
信
な
い
か
ら
だ
め
  
 
わ
た
し
 
か
わ
い
く
な
ん
か
な
い
よ
ぉ
 
 
 
 
 





   

  
  
見
た
 °
  
美
紀
は
ひ
と
し
き
り
笑
っ
た
後
 
急
に
真
顔
に
な
っ
て
久
美
子
を
  
  
 
あ
は
は
は
 °
そ
う
そ
う
 
元
気
じ
ゃ
な
き
ゃ
だ
め
よ
 °
 
  
 
も
う
 
何
す
る
の
 
ミ
|
ち
ゃ
ん
!
 
  
  
怒
っ
た
 °
  
す
ご
く
間
抜
け
な
声
に
さ
れ
て
し
ま
っ
た
久
美
子
は
 
さ
す
が
に
  
を
つ
ま
ん
だ
 °
  
久
美
子
が
ま
た
落
ち
込
む
の
を
察
知
し
た
美
紀
は
 
久
美
子
の
鼻
  
  
 
ご
ふ
ゅ
え
ん
め
|
 °
 
  
  
が
え
っ
た
 °
  
り
タ
イ
ミ
ン
グ
を
逸
し
て
し
ま
っ
た
悪
夢
が
美
紀
の
脳
裏
に
よ
み
  
渡
す
時
に
な
っ
て
 
久
美
子
の
 
不
動
の
構
え
 
の
前
に
す
っ
か
  
ッ
セ
|
ジ
を
何
週
間
も
前
か
ら
考
え
て
決
め
た
の
に
 
い
ざ
当
日
  
一
緒
に
溶
か
し
 
成
形
を
し
て
ラ
ッ
ピ
ン
グ
ま
で
し
 
添
え
る
メ
  
二
人
で
お
小
遣
い
を
貯
め
て
有
名
ブ
ラ
ン
ド
の
チ
ョ
コ
を
買
い
 

   

  
  
さ
せ
な
い
よ
う
に
す
る
他
に
は
手
段
が
な
か
っ
た
 °
  
う
も
な
く
 
美
紀
は
久
美
子
に
な
る
べ
く
小
さ
な
胸
の
事
を
考
え
  
と
は
言
え
 
色
々
試
し
て
み
て
も
成
長
し
な
い
も
の
は
ど
う
し
よ
  
も
あ
る
の
で
は
な
い
か
と
思
っ
て
い
た
 °
  
美
紀
は
親
友
の
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
の
原
因
が
自
分
と
比
べ
る
事
に
  
ど
変
化
を
見
せ
な
か
っ
た
 °
  
は
普
通
の
成
長
を
し
続
け
た
の
に
対
し
 
久
美
子
の
胸
は
ほ
と
ん
  
と
知
り
合
っ
て
か
ら
も
う
何
年
も
経
つ
の
だ
が
 
そ
の
間
 
美
紀
  
そ
れ
は
貧
乳
と
い
う
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
だ
っ
た
 °
美
紀
が
久
美
子
  
た
 °
久
美
子
が
告
白
で
き
な
い
最
大
の
理
由
 °
  
美
紀
は
久
美
子
が
何
を
言
い
た
い
の
か
嫌
と
い
う
ほ
ど
解
っ
て
い
  
  
 
だ
っ
て
 
 
 
わ
た
し
 
 
 
 
  
  
む
い
た
 °
  
親
友
の
真
剣
な
眼
差
し
も
久
美
子
は
下
に
そ
ら
し
 
そ
し
て
う
つ
  
  
こ
そ
ち
ゃ
ん
と
告
白
す
る
の
よ
 °
 
  
 
と
に
か
く
私
た
ち
に
残
さ
れ
た
時
間
は
も
う
少
な
い
の
 °
今
度

   

  
ず
だ
っ
た
の
だ
が
 
そ
の
日
は
部
活
の
急
用
で
呼
び
出
さ
れ
た
美
  
何
事
も
無
く
授
業
が
終
わ
り
 
い
つ
も
の
よ
う
に
二
人
で
帰
る
は
  
  
 
  
攻
策
で
久
美
子
の
胸
を
揉
み
に
い
っ
た
 °
  
こ
の
ま
ま
で
は
ら
ち
が
あ
か
な
い
と
思
っ
た
美
紀
は
捨
て
身
の
強
  
  
い
の
が
嫌
な
ら
今
揉
ん
で
お
お
き
く
し
ち
ゃ
る
!
 
  
 
あ
|
 
も
う
!
あ
ん
た
も
か
わ
い
い
か
ら
!
そ
ん
な
に
胸
小
さ
  
 
彼
女
 
胸
だ
け
じ
ゃ
な
く
て
か
わ
い
 
 
 
 
  
飽
き
ら
れ
ち
ゃ
う
の
よ
 °
 
  
 
だ
か
ら
 
別
れ
た
の
よ
 °
胸
が
大
き
い
だ
け
の
子
な
ん
て
す
ぐ
  
 
だ
っ
て
 
和
史
君
の
前
の
彼
女
 
お
っ
き
か
っ
た
し
 
 
 
 
 
  
  
美
紀
は
な
ん
と
か
勢
い
で
押
し
切
ろ
う
と
し
て
い
た
 °
  
乳
に
も
思
え
る
胸
を
も
つ
彼
女
に
説
得
力
は
あ
ま
り
な
か
っ
た
が
 
  
ふ
つ
う
く
ら
い
の
胸
の
美
紀
だ
っ
た
が
 
久
美
子
か
ら
見
れ
ば
巨
  
  
飾
り
 °
 
  
 
女
の
子
は
胸
だ
け
じ
ゃ
な
い
の
よ
!
こ
ん
な
の
た
だ
の
飾
り
よ
 

   

  
り
ど
り
の
か
わ
い
い
小
物
が
並
べ
ら
れ
て
い
た
 °
す
っ
か
り
魅
了
  
上
に
 
白
い
フ
リ
ル
の
付
い
た
ク
ロ
ス
を
敷
き
 
そ
の
上
に
色
と
  
お
店
の
中
は
店
内
の
作
り
に
合
わ
せ
た
ア
ン
テ
ィ
|
ク
の
家
具
の
  
  
 
う
ゎ
ぁ
 °
結
構
か
わ
い
い
か
も
 
 
 
 °
 
  
  
て
み
た
 °
  
彼
女
は
窓
の
そ
ば
ま
で
近
寄
る
と
 
気
に
な
る
お
店
の
中
を
覗
い
  
し
た
窓
か
ら
中
の
様
子
が
見
れ
る
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
建
物
を
そ
の
ま
ま
使
っ
て
る
み
た
い
で
 
少
し
古
め
の
通
り
に
面
  
お
店
は
ど
う
や
ら
少
し
外
装
に
手
を
加
え
て
あ
る
事
以
外
は
古
い
  
  
 
へ
|
 °
こ
ん
な
と
こ
ろ
に
お
店
あ
っ
た
の
ね
 
 
 
 °
 
  
  
地
に
ち
ょ
っ
と
気
に
な
る
お
店
を
見
つ
け
た
 °
  
よ
う
と
し
て
い
た
時
 
彼
女
は
い
つ
も
は
通
り
す
ぎ
て
し
ま
う
路
  
っ
す
ぐ
通
り
抜
け
よ
う
と
し
て
い
た
 °
心
持
ち
足
早
に
通
り
過
ぎ
  
つ
も
な
ら
二
人
で
寄
り
道
を
し
な
が
ら
帰
る
商
店
街
を
今
日
は
ま
  
す
っ
か
り
顔
な
じ
み
の
お
店
で
イ
チ
ゴ
サ
ン
デ
|
を
食
べ
て
 
  
紀
と
別
れ
 
ひ
さ
し
ぶ
り
に
久
美
子
は
一
人
で
帰
る
事
に
し
た
 °

   

  
彼
女
は
あ
ら
た
め
て
店
内
の
小
物
を
見
て
み
た
 °
小
さ
な
ガ
ラ
ス
  
  
 
え
え
 °
ど
う
ぞ
 °
ゆ
っ
く
り
み
て
い
っ
て
ね
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
見
せ
て
も
ら
っ
て
も
い
い
で
す
か
?
 
  
  
て
 
少
し
う
つ
む
き
な
が
ら
言
っ
た
 °
  
て
言
わ
れ
て
し
ま
っ
て
 
久
美
子
は
ち
ょ
っ
と
照
れ
く
さ
く
な
っ
  
と
て
も
優
し
い
声
と
 
素
敵
な
笑
顔
の
ひ
と
に
 
か
わ
い
い
 
っ
  
  
 
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
せ
 °
あ
ら
 
か
わ
い
い
お
客
様
ね
 °
ふ
ふ
っ
 °
 
  
  
人
が
出
て
き
た
 °
  
か
わ
い
ら
し
い
呼
び
鈴
が
鳴
っ
て
 
奥
か
ら
と
て
も
綺
麗
な
女
の
  
  
カ
ラ
ン
 
か
ら
ぁ
ん
 
 
  
  
を
開
け
て
中
に
入
っ
た
 °
  
や
が
て
も
っ
と
近
く
で
見
て
み
た
い
と
思
っ
た
彼
女
は
お
店
の
扉
  
間
 
外
か
ら
小
物
た
ち
を
眺
め
て
い
た
 °
  
さ
れ
て
し
ま
っ
た
彼
女
は
 
時
が
経
つ
の
も
忘
れ
て
し
ば
ら
く
の

   

  
お
姉
さ
ん
は
 
と
て
も
う
れ
し
そ
う
に
か
わ
い
く
笑
っ
た
 °
  
  
て
 
う
れ
し
い
わ
 °
 
  
 
く
す
く
す
 
 
 
あ
り
が
と
う
 °
そ
ん
な
に
気
に
い
っ
て
く
れ
  
  
え
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
に
あ
る
全
て
の
小
物
が
彼
女
に
と
っ
て
小
さ
な
宝
物
の
よ
う
に
見
  
久
美
子
は
つ
い
興
奮
気
味
に
答
え
て
し
ま
っ
た
 °
そ
れ
ほ
ど
お
店
  
  
 
は
 
は
い
!
全
部
で
す
!
 
  
 
ど
ぉ
?
な
に
か
気
に
い
っ
た
も
の
は
あ
る
か
し
ら
?
 
  
  
員
の
お
姉
さ
ん
が
声
を
か
け
て
き
た
 °
  
し
ば
ら
く
し
て
 
よ
う
や
く
彼
女
が
一
通
り
見
終
わ
っ
た
頃
に
店
  
女
は
す
っ
か
り
お
店
の
世
界
に
夢
中
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
っ
た
 °
  
見
れ
ば
見
る
ほ
ど
ど
れ
も
欲
し
く
な
る
ほ
ど
の
か
わ
い
さ
で
 
  
柄
の
布
で
作
ら
れ
た
3
つ
の
お
手
玉
 
 
 
  
た
お
も
ち
ゃ
の
兵
隊
 °
五
月
兎
の
懐
中
時
計
 °
綺
麗
で
か
わ
い
い
  
|
ト
を
重
ね
た
シ
ル
バ
|
リ
ン
グ
 °
5
つ
の
大
小
の
木
で
作
ら
れ
  
細
工
に
色
鮮
や
か
な
装
飾
の
さ
れ
た
ピ
エ
ロ
の
人
形
 °
小
さ
な
ハ

   

  
し
出
し
た
 °
  
に
 
綺
麗
な
手
で
か
わ
い
ら
し
い
ハ
|
ト
の
形
を
し
た
小
瓶
を
差
  
だ
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
少
し
う
つ
む
き
加
減
の
久
美
子
の
目
の
前
  
そ
う
言
う
と
 
お
姉
さ
ん
は
奥
に
行
っ
て
ま
た
戻
っ
て
来
た
 °
  
  
た
に
ピ
ッ
タ
リ
の
も
の
 
持
っ
て
き
て
あ
げ
る
ね
 °
 
  
見
て
た
ら
何
と
な
く
そ
う
思
え
ち
ゃ
っ
た
か
ら
 °
お
詫
び
に
あ
な
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
い
き
な
り
す
ぎ
ち
ゃ
っ
た
か
な
?
あ
な
た
を
  
  
て
し
ま
っ
た
 °
  
ま
さ
か
の
質
問
に
 
久
美
子
は
急
に
顔
が
熱
く
な
っ
て
下
を
向
い
  
  
 
あ
な
た
 
 
 
今
 
恋
し
て
る
の
か
な
?
 
  
  
 
え
?
あ
 
は
い
 °
何
で
し
ょ
う
か
?
 
  
  
突
然
お
姉
さ
ん
に
質
問
さ
れ
て
久
美
子
は
少
し
驚
い
た
 °
  
  
 
と
こ
ろ
で
 
ひ
と
つ
聞
い
て
も
い
い
か
し
ら
?
 
  


























   

  
た
 °
一
瞬
思
っ
た
金
額
よ
り
も
 
か
な
り
安
か
っ
た
の
で
久
美
子
  
お
姉
さ
ん
は
少
し
真
剣
な
顔
を
し
た
後
 
い
た
ず
ら
っ
ぽ
く
笑
っ
  
  
 
こ
れ
は
高
い
わ
よ
|
 °
2
0
0
円
で
ど
う
か
な
?
 
  
  
い
な
ん
で
し
ょ
う
?
 
  
 
こ
れ
も
す
っ
ご
く
か
わ
い
い
で
す
ね
 °
こ
れ
っ
て
お
幾
ら
く
ら
  
  
聞
い
て
み
た
 °
  
一
目
で
す
っ
か
り
気
に
い
っ
て
し
ま
っ
た
久
美
子
は
お
姉
さ
ん
に
  
ら
と
光
っ
て
い
た
 °
  
い
て
い
て
 
中
に
は
白
っ
ぽ
い
液
体
が
 
光
に
反
射
し
て
き
ら
き
  
ハ
|
ト
の
形
を
し
た
入
れ
物
に
 
金
色
の
小
さ
な
ス
プ
レ
|
が
つ
  
お
姉
さ
ん
は
 
そ
っ
と
コ
ロ
ン
を
久
美
子
に
手
渡
し
た
 °
小
さ
な
  
  
ら
 
あ
な
た
の
恋
を
応
援
し
て
く
れ
る
か
も
 °
 
  
法
の
ア
イ
テ
ム
 °
お
ま
じ
な
い
み
た
い
な
も
の
ね
 °
も
し
か
し
た
  
ン
タ
イ
ン
デ
|
に
想
い
を
伝
え
ら
れ
な
か
っ
た
女
の
子
の
恋
の
魔
  
 
こ
れ
は
ね
 
 
ホ
ワ
イ
ト
デ
|
コ
ロ
ン
 
っ
て
い
う
の
 °
バ
レ
  


























   

  
な
い
校
門
の
前
で
和
史
の
事
を
待
っ
て
い
た
 °
  
そ
し
て
3
月
1
4
日
∧
と
う
じ
つ
∨
 °
美
紀
は
ほ
と
ん
ど
人
の
居
  
  
 
  
つ
む
き
加
減
で
包
み
を
受
け
取
り
 
お
店
を
後
に
し
た
 °
  
応
援
さ
れ
た
久
美
子
は
 
ま
た
顔
を
真
っ
赤
に
す
る
と
 
少
し
う
  
お
姉
さ
ん
は
 
小
さ
く
笑
う
と
ウ
ィ
ン
ク
を
し
た
 °
お
姉
さ
ん
に
  
  
 
は
い
 °
お
ま
た
せ
 °
が
ん
ば
っ
て
ね
っ
 °
 
  
  
手
渡
し
た
 °
  
ク
の
小
さ
な
袋
に
包
み
 
リ
ボ
ン
の
シ
|
ル
を
貼
っ
て
久
美
子
に
  
お
姉
さ
ん
は
奥
に
行
く
と
コ
ロ
ン
を
か
わ
い
ら
し
い
赤
い
チ
ェ
ッ
  
  
待
っ
て
て
ね
 °
 
  
 
ふ
ふ
っ
 °
あ
り
が
と
う
ね
 °
今
包
ん
で
き
て
あ
げ
る
か
ら
少
し
  
 
こ
れ
す
ご
く
気
に
入
り
ま
し
た
の
で
 
い
た
だ
き
ま
す
 °
 
  
  
て
し
ま
っ
た
 °
  
は
拍
子
抜
け
す
る
と
同
時
に
 
お
姉
さ
ん
に
つ
ら
れ
て
少
し
笑
っ

   

  
た
だ
で
さ
え
不
可
解
な
事
な
の
に
 
自
分
が
緊
張
す
る
事
で
さ
ら
  
  
は
久
美
子
の
ほ
う
な
の
 °
 
  
 
あ
 
あ
 
っ
と
 °
じ
 
じ
つ
は
 
私
じ
ゃ
な
く
て
用
が
あ
る
の
  
て
一
体
ど
ん
な
事
?
 
  
 
井
上
さ
ん
 
お
待
た
せ
 °
そ
れ
で
昨
日
言
っ
て
た
 
僕
に
用
っ
  
  
っ
て
き
た
 °
  
て
か
知
ら
ず
か
今
日
の
も
う
一
人
の
主
役
 °
和
史
が
校
門
へ
と
や
  
烈
な
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
を
感
じ
て
い
た
 °
そ
ん
な
彼
女
の
事
を
知
っ
  
ま
く
い
く
か
ど
う
か
が
自
分
か
ら
始
ま
る
事
に
今
ま
で
以
上
の
強
  
親
友
の
最
大
に
し
て
最
後
か
も
し
れ
な
い
チ
ャ
ン
ス
 °
そ
れ
が
う
  
張
し
て
い
た
 °
  
美
紀
は
自
分
の
事
で
は
経
験
し
た
事
も
な
い
く
ら
い
に
か
な
り
緊
  
終
え
 
あ
と
は
幕
が
上
が
る
の
を
待
つ
だ
け
だ
っ
た
 °
  
約
束
し
た
時
間
よ
り
か
な
り
早
め
に
来
て
す
で
に
色
ん
な
準
備
を
  
二
人
は
こ
の
作
戦
の
為
に
 
綿
密
に
打
ち
合
わ
せ
を
し
 
今
日
も
  
が
和
史
を
久
美
子
の
待
つ
屋
上
へ
と
行
か
せ
る
 °
 
  
 
ま
ず
美
紀
が
和
史
と
校
門
で
待
ち
合
わ
せ
を
し
 
そ
し
て
美
紀
  
こ
の
日
の
為
に
久
美
子
と
二
人
で
立
て
た
2
段
階
の
作
戦
 
 
 

   

  
で
久
美
子
に
メ
|
ル
を
送
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
が
見
え
な
く
な
っ
た
の
を
確
認
し
て
 
ま
だ
震
え
る
指
  
一
気
に
体
の
力
が
抜
け
た
 °
  
美
紀
は
諦
め
か
け
て
た
作
戦
が
と
り
あ
え
ず
上
手
く
行
っ
た
の
で
  
  
 
え
?
あ
 
う
ん
!
行
っ
て
く
れ
る
と
助
か
る
|
 °
 
  
 
あ
 
う
 
う
ん
 °
わ
か
っ
た
 °
屋
上
に
行
っ
て
み
る
よ
 °
 
  
  
の
演
技
を
激
し
く
悔
い
た
 °
  
美
紀
は
緊
張
で
さ
ら
に
し
ら
じ
ら
し
さ
が
増
し
て
し
ま
っ
た
自
分
  
  
み
て
く
れ
な
い
か
な
?
た
ぶ
ん
い
る
と
思
う
か
ら
 °
 
  
 
う
 
う
ん
 °
そ
う
な
の
 °
も
し
よ
か
っ
た
ら
 
屋
上
に
行
っ
て
  
  
彼
は
 
突
然
久
美
子
の
名
前
を
聞
き
少
し
ど
き
っ
と
し
た
 °
  
  
 
え
?
片
瀬
さ
ん
が
?
 
  
  
し
た
 °
  
に
彼
を
警
戒
さ
せ
て
ち
ゃ
っ
た
か
も
し
れ
な
い
 °
と
美
紀
は
後
悔

   

  
震
え
る
手
で
携
帯
を
持
つ
と
メ
|
ル
を
確
認
し
た
 °
  
突
然
鳴
っ
た
携
帯
に
彼
女
は
 
び
く
っ
!
 
と
驚
い
た
 °
そ
し
て
  
  
∧
∧
|
♪
 
|
♪
 
|
♪
∨
∨
  
  
の
震
え
が
止
ま
る
事
は
無
か
っ
た
 °
  
彼
女
は
自
分
に
言
い
聞
か
せ
よ
う
と
し
た
が
 
依
然
と
し
て
手
足
  
  
∧
お
 
お
ち
つ
い
て
!
私
!
だ
 
大
丈
夫
だ
か
ら
!
∨
  
  
し
震
え
て
い
た
 °
  
彼
女
は
両
手
を
胸
の
前
あ
た
り
で
握
り
し
め
 
手
足
は
緊
張
で
少
  
た
場
所
の
様
で
あ
っ
た
 °
  
ほ
と
ん
ど
無
く
 
す
べ
て
は
彼
女
の
こ
の
日
の
為
に
と
用
意
さ
れ
  
運
動
部
の
か
け
声
が
た
ま
に
聞
こ
え
て
く
る
く
ら
い
で
風
の
音
も
  
久
美
子
は
休
み
で
誰
も
居
な
い
屋
上
に
一
人
で
い
た
 °
遠
く
か
ら
  
  
∧
い
つ
も
は
騒
が
し
い
く
ら
い
の
校
舎
な
の
に
 
 
 
 
 
  
  
 

























   

  
い
つ
の
間
に
か
久
美
子
の
手
足
の
震
え
は
止
ま
っ
て
い
た
 °
  
  
も
う
後
戻
り
で
き
な
い
 °
う
う
ん
!
後
戻
り
し
た
く
な
い
!
∨
  
て
る
っ
て
事
よ
ね
 °
  
∧
メ
|
ル
が
来
た
っ
て
い
う
事
は
和
史
く
ん
が
こ
っ
ち
に
向
か
っ
  
  
た
 °
  
せ
て
く
れ
て
 
ま
る
で
久
美
子
を
応
援
し
て
く
れ
る
か
の
様
だ
っ
  
あ
ま
い
香
り
の
す
る
コ
ロ
ン
は
 
な
ん
だ
か
気
持
ち
を
落
ち
着
か
  
の
よ
う
に
ゆ
っ
く
り
回
し
な
が
ら
自
分
に
か
け
た
 °
  
な
使
い
方
の
メ
モ
に
書
い
て
あ
っ
た
通
り
紅
茶
を
か
き
混
ぜ
る
時
  
久
美
子
は
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
コ
ロ
ン
の
ビ
ン
を
取
り
出
す
と
 
小
さ
  
  
∧
そ
う
よ
ね
 °
が
ん
ば
ら
な
い
と
い
け
な
い
の
は
 
私
!
∨
  
  
美
子
は
勇
気
づ
け
ら
れ
た
 °
  
親
友
か
ら
の
短
い
け
ど
い
ろ
ん
な
思
い
の
こ
も
っ
た
言
葉
に
 
  
  
 
が
ん
ば
れ
!
 
  


























   

  
彼
女
は
し
っ
か
り
と
前
を
向
き
 
ま
っ
す
ぐ
和
史
の
目
を
見
 
  
  
ん
に
伝
え
た
い
気
持
ち
が
あ
る
の
!
∨
  
∧
で
も
私
に
は
伝
え
な
い
と
い
け
な
い
 
 
 
う
う
ん
 °
和
史
く
  
  
そ
ん
な
弱
い
自
分
に
押
し
流
さ
れ
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
ま
い
た
い
 °
逃
げ
出
し
て
し
ま
い
た
い
 °
  
久
美
子
は
 
ま
た
顔
が
赤
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
下
を
向
い
て
し
  
  
 
か
 
和
史
く
ん
 
あ
 
あ
の
 
 
 
 
  
  
へ
と
ま
っ
す
ぐ
に
来
た
 °
  
和
史
は
そ
ん
な
久
美
子
の
思
い
に
引
か
れ
る
よ
う
に
彼
女
の
そ
ば
  
ぐ
彼
の
事
を
見
つ
め
た
 °
  
久
美
子
は
右
手
を
握
り
 
小
さ
な
胸
の
間
に
置
き
な
が
ら
ま
っ
す
  
少
し
軋
む
様
な
音
が
し
 
和
史
は
屋
上
に
や
っ
て
来
た
 °
  
  
キ
イ
ィ
 
 
 
  
  
 

























   

  
う
心
が
彼
女
の
心
の
殻
を
す
こ
し
づ
つ
取
り
除
い
て
い
っ
た
 °
  
な
い
ま
ま
優
し
い
キ
ス
を
し
 
も
っ
と
彼
の
事
を
感
じ
た
い
と
思
  
色
ん
な
想
い
が
複
雑
に
絡
み
合
い
 
思
う
事
も
考
え
る
事
も
で
き
  
  
く
抱
き
な
が
ら
そ
っ
と
キ
ス
を
し
た
 °
  
和
史
は
彼
女
の
目
尻
を
親
指
で
そ
っ
と
拭
き
 
彼
女
の
肩
を
優
し
  
の
が
浮
か
び
上
が
り
 
彼
女
の
目
か
ら
こ
ぼ
れ
落
ち
た
 °
  
久
美
子
は
和
史
の
言
葉
が
解
ら
な
か
っ
た
 °
な
ぜ
だ
か
色
々
な
も
  
和
史
も
久
美
子
の
気
持
ち
に
真
正
面
か
ら
答
え
た
 °
  
  
 
僕
も
片
瀬
 
い
や
 
久
美
子
ち
ゃ
ん
の
事
が
好
き
だ
よ
 °
 
  
  
す
べ
て
の
思
い
を
こ
め
た
言
葉
を
彼
女
は
彼
に
伝
え
た
 °
  
言
え
な
か
っ
た
言
葉
 °
  
短
い
け
ど
ま
っ
す
ぐ
な
言
葉
 °
い
ま
ま
で
何
回
も
言
い
た
く
て
も
  
  
 
私
 
和
史
く
ん
の
事
が
好
き
で
す
 °
 
  
  
そ
の
刹
那
 
時
が
止
ま
り
 
彼
女
の
時
が
動
き
出
し
た
 °
  
し
て
口
を
開
い
た
 °


















   

  
  
 
ん
っ
 
 
 
う
ん
っ
 
 
 
 
  
  
し
さ
 °
そ
の
全
て
が
彼
女
に
押
し
寄
せ
て
き
た
 °
  
よ
う
な
気
持
ち
よ
さ
 
わ
き
上
が
る
恥
ず
か
し
さ
 
そ
し
て
う
れ
  
彼
の
手
か
ら
胸
を
通
し
て
伝
わ
る
彼
の
想
い
 
そ
し
て
し
び
れ
る
  
っ
白
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
和
史
の
手
が
久
美
子
の
小
さ
な
胸
を
揉
む
度
に
 
彼
女
の
頭
は
真
  
  
自
分
の
手
を
胸
か
ら
離
し
て
い
っ
た
 °
  
愛
し
い
彼
の
手
の
動
き
に
合
わ
せ
る
よ
う
に
 
久
美
子
は
そ
っ
と
  
彼
女
か
ら
わ
き
上
が
る
感
情
の
前
に
次
第
に
消
え
て
い
っ
た
 °
  
じ
た
い
!
∨
  
∧
も
っ
と
彼
に
想
い
を
伝
え
た
い
!
も
っ
と
愛
し
い
彼
の
事
を
信
  
そ
ん
な
彼
女
の
後
ろ
向
き
な
気
持
ち
も
  
の
は
手
で
隠
し
た
い
 °
  
恥
ず
か
し
い
 °
す
ご
く
恥
ず
か
し
い
 °
こ
ん
な
に
恥
ず
か
し
い
も
  
彼
女
は
引
け
目
に
感
じ
る
小
さ
な
胸
を
手
で
隠
し
て
い
た
 °
  
だ
が
 
彼
女
に
は
ま
だ
捨
て
去
る
事
の
で
き
な
い
も
の
が
あ
っ
た
 °
  
女
は
大
好
き
な
彼
の
前
に
生
ま
れ
た
ま
ま
の
姿
を
さ
ら
し
て
い
た
 °

   

  
 
ん
ふ
ぅ
 
 
 
ふ
ぅ
ん
 
 
 
 
  
  
あ
っ
た
 °
  
ま
る
で
彼
女
が
内
に
秘
め
て
い
た
想
い
が
解
放
さ
れ
た
か
の
様
で
  
ら
み
始
め
た
 °
  
彼
女
の
張
り
裂
け
そ
う
な
想
い
に
合
わ
せ
る
様
に
彼
女
の
胸
は
膨
  
  
ぐ
ぐ
っ
 
 
 
ぐ
ぐ
ぐ
っ
 
 
 
  
  
∧
胸
が
熱
い
 °
す
ご
く
熱
い
の
 
 
 
  
  
い
 
け
ど
 
な
に
か
い
っ
ぱ
い
の
も
の
が
あ
ふ
れ
出
し
て
き
た
 °
  
さ
ら
に
色
々
な
も
の
が
彼
女
に
押
し
寄
せ
た
 °
何
も
考
え
ら
れ
な
  
  
 
ん
く
ぅ
 
 
 
ふ
っ
 
 
 
 
 
  
  
て
い
た
 °
  
で
も
彼
女
に
は
小
さ
く
て
も
様
々
な
想
い
で
熱
く
熱
く
感
じ
ら
れ
  
て
上
下
に
揉
ま
れ
る
自
分
の
小
さ
な
胸
 °
  
久
美
子
は
思
わ
ず
声
を
も
ら
し
て
し
ま
っ
た
 °
彼
の
手
に
合
わ
せ

   

  
  
 
ん
く
ぅ
ぅ
ぅ
!
 
ふ
ぁ
ぁ
ぁ
 
 
 
  
  
  
∧
な
に
か
き
て
る
!
 
 
 
胸
か
ら
な
に
か
が
あ
ふ
れ
ち
ゃ
う
!
∨
  
  
出
す
か
の
よ
う
に
胸
の
先
端
へ
と
集
ま
っ
て
き
た
 °
  
っ
た
 °
そ
し
て
彼
の
指
が
上
下
に
動
き
始
め
る
と
 
一
気
に
吹
き
  
指
に
乳
首
を
摘
ま
れ
る
度
に
頭
を
突
き
抜
け
る
よ
う
な
感
覚
が
走
  
久
美
子
は
駆
け
抜
け
る
よ
う
な
新
た
な
刺
激
に
襲
わ
れ
た
 °
彼
の
  
  
 
ん
く
ぅ
ぅ
!
 
 
 
 
ふ
ぅ
く
っ
!
 
 
 
 
 
  
  
乳
首
を
優
し
く
つ
ま
ん
だ
 °
  
和
史
の
指
は
そ
ん
な
彼
女
の
思
い
に
こ
た
え
る
か
の
様
に
彼
女
の
  
な
く
そ
の
頭
を
持
ち
上
げ
た
 °
  
如
く
に
集
ま
っ
て
い
っ
た
 °
彼
女
の
か
わ
い
ら
し
い
乳
首
は
せ
つ
  
て
そ
れ
は
胸
の
先
の
ほ
う
へ
と
出
口
を
求
め
て
押
し
あ
が
る
か
の
  
熱
く
 
し
び
れ
る
様
な
感
覚
に
久
美
子
は
声
を
漏
ら
し
た
 °
そ
し
  
胸
か
ら
伝
わ
る
想
い
が
さ
ら
に
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
さ
ら
に
  


























   

  
そ
し
て
 
久
美
子
は
自
分
の
大
き
な
胸
を
見
た
 °
ず
っ
と
小
さ
く
  
が
え
の
な
い
親
友
に
感
謝
し
た
 °
  
 
あ
り
が
と
う
 
こ
れ
も
美
紀
の
お
か
げ
ね
 °
 
 
彼
女
は
か
け
  
て
た
勇
気
 
 
 
  
今
ま
で
恥
ず
か
し
く
て
表
に
出
せ
な
か
っ
た
の
に
 
よ
う
や
く
持
  
い
 °
 
な
ぜ
か
そ
ん
な
気
持
ち
だ
っ
た
 °
  
彼
女
も
同
じ
気
持
ち
だ
っ
た
 °
 
も
っ
と
彼
の
事
を
感
じ
て
い
た
  
  
 
う
う
ん
 °
い
い
の
 °
そ
れ
は
私
も
同
じ
だ
っ
た
か
ら
 °
 
  
 
そ
の
 
 
 
ご
め
ん
 °
ど
う
し
て
も
 
 
 
 
  
  
向
い
た
 °
  
二
人
は
お
互
い
に
少
し
照
れ
く
さ
そ
う
に
赤
く
な
り
な
が
ら
下
を
  
久
美
子
は
ま
だ
少
し
荒
い
息
を
整
え
な
が
ら
和
史
と
目
が
あ
っ
た
 °
  
  
 
  
れ
出
し
た
 °
  
彼
女
の
体
は
震
え
 
乳
首
か
ら
勢
い
よ
く
二
筋
の
ミ
ル
ク
が
あ
ふ
  
  
ぴ
ゅ
っ
!
ぴ
ゅ
っ
!


















   

  
  
  
  
  
  
プ
レ
ゼ
ン
ト
 °
 
  
 
私
か
ら
大
好
き
な
和
史
く
ん
へ
 °
あ
ま
|
い
ホ
ワ
イ
ト
デ
|
の
  
  
に
い
た
ず
ら
っ
ぽ
く
笑
っ
て
言
っ
た
 °
  
事
に
驚
き
久
美
子
の
ほ
う
を
見
る
と
 
彼
女
は
と
て
も
幸
せ
そ
う
  
さ
そ
う
に
し
て
る
和
史
の
唇
に
優
し
く
乗
せ
た
 °
和
史
が
突
然
の
  
て
い
た
 °
久
美
子
は
ゆ
っ
く
り
と
そ
れ
を
運
ぶ
と
 
ま
だ
照
れ
く
  
よ
う
な
胸
か
ら
あ
ふ
れ
出
た
小
さ
な
白
い
滴
が
彼
女
の
指
に
乗
っ
  
よ
う
や
く
表
に
出
せ
た
大
き
く
て
重
い
 
 
ま
る
で
自
分
の
心
の
  
彼
女
は
ポ
ケ
ッ
ト
の
中
の
小
さ
な
コ
ロ
ン
に
そ
っ
と
触
れ
た
 °
  
と
私
の
心
に
効
く
魔
法
だ
っ
た
の
ね
 
 
 
 
  
 
お
姉
さ
ん
は
恋
の
魔
法
の
コ
ロ
ン
っ
て
言
っ
て
た
け
ど
 
き
っ
  
け
て
い
た
事
な
の
か
も
 
 
 
 
と
彼
女
は
思
っ
た
 °
  
 
も
し
か
し
た
ら
 
嫌
い
だ
っ
た
の
は
自
分
で
自
分
を
押
さ
え
つ
  
て
嫌
い
だ
っ
た
胸
 
 
 
















  > ≫