喚
び
方
は
 
窓
を
見
な
い
よ
う
に
 
イ
ア
 
イ
ア
 
ハ
ス
タ
|
!
  
 
  
と
い
う
動
画
の
通
り
に
す
べ
て
を
準
備
し
た
 °
  
 
初
心
者
向
き
 
悪
魔
召
喚
儀
式
の
や
り
方
 
簡
単
!
 
  
彼
は
某
動
画
サ
イ
ト
に
あ
げ
ら
れ
て
た
  
 
  
だ
ろ
 °
 
  
 
今
度
は
動
画
の
通
り
に
や
っ
て
る
か
ら
な
 °
ま
ず
間
違
い
な
い
  
 
  
今
回
は
彼
な
り
に
慎
重
だ
っ
た
 °
  
朝
丘
高
校
オ
カ
ル
ト
研
究
部
部
長
の
彼
は
前
回
の
苦
い
経
験
か
ら
  
机
の
上
に
い
ろ
ん
な
も
の
を
並
べ
て
和
樹
は
一
息
つ
い
た
 °
  
 
  
 
ふ
む
 °
こ
ん
な
も
の
で
い
い
な
 °
 
  
 
  
ら
を
読
ま
れ
な
い
と
ま
っ
た
く
解
ら
な
い
場
面
が
あ
り
ま
す
 °
  
※
こ
の
お
話
し
は
 
適
当
な
召
喚
 
の
後
日
談
で
す
 °
先
に
そ
ち
  
  
ロ
イ
ヤ
ル
み
る
く
 
作
  
い
い
か
げ
ん
な
召
喚


















≪ <  

  
後
か
ら
落
ち
て
き
た
 
何
か
 
は
 
右
に
茶
色
く
て
長
い
も
の
 
  
 
  
 
 
 
 
で
さ
 
そ
の
時
あ
た
し
 
ふ
ぇ
っ
!
!
 
  
 
  
と
し
た
時
 
さ
ら
に
穴
か
ら
何
か
が
落
ち
て
き
た
 °
  
和
樹
が
落
ち
て
き
た
何
か
を
確
か
め
よ
う
と
部
屋
の
隅
へ
行
こ
う
  
 
  
 
な
 
な
ん
だ
?
一
体
何
が
落
ち
て
き
た
ん
だ
?
 
  
 
  
て
き
て
そ
の
ま
ま
部
屋
の
隅
へ
と
転
が
っ
て
い
っ
た
 °
  
り
と
黒
い
穴
が
あ
き
中
か
ら
茶
色
と
白
の
ま
ぁ
る
い
何
か
が
落
ち
  
悪
態
を
つ
き
な
が
ら
片
付
け
よ
う
と
し
た
時
 
目
の
前
に
ぽ
っ
か
  
 
  
 
っ
た
く
!
釣
り
な
ら
ア
ニ
キ
ぐ
ら
い
い
れ
て
お
け
っ
つ
|
の
 °
 
  
 
  
る
様
子
は
無
か
っ
た
 °
  
3
分
ほ
ど
叫
び
 
か
な
り
の
ど
が
辛
く
な
っ
て
き
た
が
何
も
起
こ
  
彼
は
動
画
の
通
り
 
魔
方
陣
ら
し
き
も
の
に
両
手
を
広
げ
叫
ん
だ
 °
  
 
  
と
叫
ぶ
 °
 
か
 



















   

  
 
  
 
え
っ
?
あ
|
 °
和
樹
じ
ゃ
な
い
 °
や
ほ
|
!
元
気
だ
っ
た
|
?
 
  
 
  
を
開
け
そ
の
 
何
か
 
は
お
も
む
ろ
に
顔
を
上
げ
た
 °
  
彼
の
声
に
よ
う
や
く
振
り
回
し
て
た
腕
を
止
め
 
ゆ
っ
く
り
と
目
  
声
を
出
し
た
 °
  
彼
は
地
獄
の
底
か
ら
ひ
び
い
て
き
た
か
の
様
な
低
く
そ
し
て
重
い
  
 
  
 
ま
た
 
お
ま
え
か
 °
 
  
 
  
や
 
ミ
ル
ク
の
滴
な
ど
が
次
々
と
 
べ
ち
っ
 
と
ヒ
ッ
ト
し
た
 °
  
思
わ
れ
る
 
や
き
そ
ば
や
紅
シ
ョ
ウ
ガ
や
 
キ
ャ
ベ
ツ
の
切
れ
端
  
そ
ん
な
彼
の
顔
に
そ
の
叫
び
ま
く
る
 
何
か
 
か
ら
飛
来
し
た
と
  
か
せ
る
様
な
眼
差
し
で
じ
っ
と
見
つ
め
た
 °
  
あ
っ
た
 °
彼
は
そ
の
 
何
か
 
を
ま
る
で
世
界
の
全
て
を
凍
り
付
  
和
樹
は
そ
の
 
何
か
 
に
見
覚
え
が
あ
っ
た
 °
す
ご
く
見
覚
え
が
  
 
  
 
じ
 
じ
し
ん
?
!
き
ゃ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
  
左
に
白
く
て
四
角
い
も
の
を
振
り
回
し
な
が
ら
叫
び
始
め
た
 °


   

  
 
ま
・
た
・
会
っ
た
か
ら
と
言
え
ば
い
い
の
か
?
 
  
 
  
う
の
も
が
な
っ
て
な
さ
す
ぎ
な
い
?
 
  
い
く
ら
彼
女
が
居
な
い
か
ら
っ
て
レ
デ
ィ
に
対
す
る
態
度
っ
て
い
  
ュ
バ
ス
の
キ
ュ
ル
ラ
ち
ゃ
ん
に
ま
た
会
え
た
の
に
 °
  
 
も
う
!
何
よ
そ
の
冷
た
い
態
度
は
?
こ
ん
な
に
か
わ
い
い
サ
キ
  
 
  
告
し
た
 °
  
か
っ
て
 
彼
は
漆
黒
の
穴
を
び
し
っ
!
と
指
さ
し
即
時
退
場
を
宣
  
屈
託
の
な
い
笑
顔
で
や
き
そ
ば
パ
ン
を
ふ
り
ふ
り
す
る
そ
れ
に
向
  
 
  
 
0
秒
以
内
に
 
か
・
え
・
れ
・
!
 
 
  
 
  
に
は
あ
ま
り
に
も
刹
那
す
ぎ
る
時
で
あ
っ
た
 °
  
う
や
く
追
い
払
っ
た
の
が
1
週
間
前
・
・
・
そ
れ
は
彼
が
忘
れ
る
  
を
吸
う
な
ど
暴
虐
非
道
の
行
い
を
一
ヶ
月
に
わ
た
り
繰
り
広
げ
よ
  
部
屋
の
中
の
あ
り
と
あ
ら
ゆ
る
場
所
を
占
拠
し
 
寝
ぼ
け
て
精
気
  
胸
が
腫
れ
た
か
ら
と
言
っ
て
泣
き
落
と
し
 
勝
手
に
住
み
着
き
 
  
こ
の
 
悪
魔
 
を
彼
は
知
っ
て
い
た
 °
  
右
手
に
や
き
そ
ば
パ
ン
を
持
ち
 
左
手
に
パ
ッ
ク
牛
乳
を
持
っ
た

   

  
て
つ
か
せ
 
そ
の
言
動
を
完
全
に
支
配
し
て
い
た
 °
  
彼
の
過
ご
し
た
地
獄
の
日
々
は
 
こ
れ
ほ
ど
ま
で
に
彼
の
心
を
凍
  
 
  
で
ま
っ
す
ぐ
家
へ
帰
れ
 °
 
  
 
言
い
た
い
こ
と
は
済
ん
だ
か
?
お
子
ち
ゃ
ま
は
道
草
し
て
な
い
  
 
  
し
た
 °
  
で
借
り
物
競
走
で
借
り
て
き
た
よ
う
な
セ
ク
シ
|
ド
レ
ス
を
誇
示
  
に
平
ら
な
胸
に
今
に
も
ず
り
落
ち
そ
う
な
ほ
ど
似
合
わ
な
い
ま
る
  
キ
ュ
ル
ラ
は
得
意
げ
な
顔
を
し
上
を
見
上
げ
 
悲
し
い
ほ
ど
ま
で
  
 
  
ね
|
 °
 
  
ま
あ
 
私
は
恋
愛
の
プ
ロ
!
サ
キ
ュ
バ
ス
だ
か
ら
解
っ
て
る
け
ど
  
ン
ば
か
り
じ
ゃ
女
の
子
に
嫌
わ
れ
ち
ゃ
う
の
よ
?
  
 
ほ
ん
っ
と
 
和
樹
っ
て
素
直
じ
ゃ
な
い
わ
ね
 °
ツ
ン
デ
レ
も
ツ
  
 
  
け
た
に
違
い
な
い
 °
 
と
思
っ
て
い
た
 °
  
悪
魔
を
今
こ
こ
で
退
治
し
て
勇
者
に
な
れ
と
神
様
か
ら
啓
示
を
受
  
彼
は
ふ
つ
ふ
つ
と
湧
き
上
が
る
怒
り
の
中
 
 
俺
は
こ
の
邪
悪
な
  
 

























   

  
悪
魔
を
馬
鹿
に
し
す
ぎ
で
し
ょ
 °
う
|
ん
・
・
で
も
い
く
ら
召
還
  
で
し
ょ
・
・
・
 °
っ
て
何
?
こ
の
セ
ン
ス
の
欠
片
も
無
い
の
 °
  
 
ど
う
せ
あ
ん
た
の
事
だ
か
ら
滅
茶
苦
茶
な
や
り
方
で
喚
ん
だ
ん
  
 
  
に
陥
っ
た
 °
  
ん
の
様
な
役
割
に
和
樹
は
す
べ
て
の
気
力
が
奪
わ
れ
る
様
な
感
覚
  
よ
り
 
も
は
や
悪
ガ
キ
の
面
倒
で
ほ
と
ほ
と
疲
れ
果
て
る
保
父
さ
  
ま
た
し
て
も
繰
り
返
さ
れ
よ
う
と
す
る
小
学
生
の
子
守
り
と
い
う
  
 
  
 
お
前
な
ん
か
喚
ん
だ
覚
え
は
少
し
も
な
い
ん
だ
が
 °
 
  
 
  
彼
は
そ
う
心
の
中
で
ぼ
や
く
様
に
思
っ
た
 °
  
き
換
え
だ
ろ
 °
 
  
 
こ
れ
が
お
子
ち
ゃ
ま
じ
ゃ
な
い
な
ら
 
国
語
の
辞
書
は
全
部
書
  
く
ら
ま
せ
て
 
彼
を
き
っ
!
と
睨
ん
だ
 °
  
そ
う
言
う
と
 
お
こ
ち
ゃ
ま
は
両
方
の
ぽ
っ
ぺ
を
ぷ
く
|
っ
と
ふ
  
 
  
て
あ
ん
た
が
ま
た
喚
び
だ
し
た
ん
じ
ゃ
な
い
っ
!
!
 
  
 
ま
 
ま
た
お
こ
ち
ゃ
ま
ゆ
|
た
な
っ
!
大
体
 
帰
れ
 
帰
れ
っ
  
 

























   

  
よ
 °
  
今
回
あ
ん
た
に
喚
ば
れ
ち
ゃ
っ
た
の
は
こ
の
子
の
ほ
う
だ
っ
た
の
  
 
よ
う
や
く
全
部
解
っ
た
わ
 °
ど
う
り
で
変
だ
と
思
っ
た
の
よ
 °
  
 
  
は
少
女
に
招
か
れ
る
ま
ま
部
屋
の
隅
の
ほ
う
へ
と
近
寄
っ
た
 °
  
て
し
ゃ
べ
り
終
え
 
和
樹
の
ほ
う
を
向
い
て
手
招
き
を
し
た
 °
  
少
女
は
何
や
ら
部
屋
の
隅
に
向
か
っ
て
し
ゃ
べ
り
ま
く
る
と
や
が
  
和
樹
は
自
然
と
キ
ュ
ル
ラ
の
向
か
っ
た
先
を
目
で
追
っ
て
い
た
 °
  
 
  
て
き
た
何
か
が
部
屋
の
隅
に
転
が
っ
て
い
っ
て
た
な
?
 
  
 
そ
う
い
え
ば
・
・
・
す
っ
か
り
忘
れ
て
た
け
ど
 
穴
か
ら
落
ち
  
 
  
に
少
女
は
そ
ち
ら
の
ほ
う
に
向
か
っ
て
い
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
と
か
う
な
り
始
め
た
 °
そ
し
て
ふ
と
部
屋
の
隅
に
目
が
い
く
と
急
  
が
ら
不
思
議
そ
う
な
顔
を
し
て
 
う
|
ん
?
 
と
か
 
む
|
 °
 
  
意
さ
れ
た
物
を
見
て
い
く
う
ち
に
 
キ
ュ
ル
ラ
は
首
を
か
し
げ
な
  
最
初
は
ふ
て
く
さ
れ
て
い
た
が
 
や
が
て
儀
式
ら
し
き
も
の
に
用
  
 
  
だ
さ
れ
る
訳
な
い
ん
だ
け
ど
?
?
 
  
事
故
∧
イ
レ
ギ
ュ
ラ
|
∨
で
も
こ
ん
な
の
で
夜
魔
族
の
私
が
喚
び

   

  
 
  
・
・
は
 
は
じ
 
め
ま
し
て
 °
 
  
 
こ
 
こ
 
こ
 
こ
ん
に
ち
は
・
・
・
キ
ャ
 
キ
ャ
ロ
ル
で
す
・
  
 
  
顔
を
覗
か
せ
た
 °
  
の
様
に
構
え
な
が
ら
そ
ろ
|
っ
と
何
か
が
小
刻
み
に
震
え
な
が
ら
  
さ
れ
る
様
に
少
女
の
後
ろ
か
ら
キ
ュ
ル
ラ
の
顔
を
ま
る
で
防
護
盾
  
ろ
に
回
す
と
べ
し
べ
し
っ
と
後
ろ
を
叩
い
た
 °
そ
の
手
に
追
い
出
  
に
ぷ
り
ぷ
り
と
怒
っ
た
 °
広
げ
て
た
左
手
を
そ
の
ま
ま
自
分
の
後
  
キ
ュ
ル
ラ
は
自
分
の
か
っ
こ
い
い
紹
介
が
空
振
り
に
終
わ
っ
た
事
  
 
  
っ
!
 
  
 
っ
て
!
い
つ
ま
で
怖
が
っ
て
る
の
よ
!
ほ
ら
っ
!
自
分
で
出
る
  
 
  
も
な
か
っ
た
 °
  
は
少
女
の
手
を
追
う
よ
う
に
部
屋
の
隅
を
見
た
が
 
そ
こ
に
は
何
  
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
う
い
う
と
手
を
広
げ
部
屋
の
隅
を
指
し
た
 °
和
樹
  
 
  
介
し
て
あ
げ
る
ね
 °
こ
の
子
が
・
・
 
  
あ
た
し
は
・
・
・
何
で
か
な
?
よ
く
わ
か
ん
な
い
け
ど
・
・
・
紹

   

  
キ
ュ
ル
ラ
は
ま
た
し
て
も
自
分
の
影
に
隠
れ
 
必
死
に
し
が
み
つ
  
 
  
ゃ
ん
と
自
分
で
出
る
の
!
 
  
 
ち
ょ
っ
と
!
キ
ャ
ル
!
ま
た
隠
れ
た
ら
だ
め
で
し
ょ
!
ほ
ら
ち
  
 
  
ラ
の
後
ろ
に
隠
れ
て
が
た
が
た
と
激
し
く
震
え
始
め
た
 °
  
だ
が
 
そ
ん
な
彼
の
努
力
も
空
し
く
 
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
た
キ
ュ
ル
  
 
  
 
ひ
っ
!
!
 
  
 
  
め
て
穏
や
か
な
口
調
で
自
己
紹
介
を
し
た
 °
  
和
樹
は
出
来
る
限
り
怖
が
ら
せ
な
い
様
に
 
困
惑
し
な
が
ら
も
努
  
 
  
年
生
 °
と
り
あ
え
ず
よ
ろ
し
く
 °
 
  
 
え
|
っ
と
 °
キ
ュ
ル
ラ
の
友
達
か
な
?
俺
は
和
樹
 °
こ
こ
の
2
  
 
  
拶
だ
け
は
返
し
て
お
こ
う
と
思
っ
た
 °
  
和
樹
は
す
っ
か
り
ど
う
し
て
い
い
の
か
解
ら
ず
 
と
り
あ
え
ず
挨
  
キ
ャ
ロ
ル
と
名
乗
っ
た
 °
そ
の
あ
ま
り
に
も
小
動
物
的
な
何
か
に
  
今
に
も
死
ん
で
し
ま
い
そ
う
な
く
ら
い
 
ひ
ど
く
怯
え
た
何
か
は

   

  
 
や
 
や
|
ね
|
 
和
樹
く
|
ん
 °
そ
ん
な
の
軽
い
冗
談
に
決
ま
  
 
  
き
ぼ
き
っ
と
鳴
ら
し
た
 °
  
勇
者
和
樹
は
邪
悪
な
悪
魔
に
と
ど
め
を
刺
す
べ
く
両
手
を
組
み
ぼ
  
 
  
っ
て
る
の
か
 °
 
  
 
ほ
ぉ
 °
き
さ
ま
は
普
段
 
俺
の
事
を
あ
っ
ち
で
そ
ん
な
風
に
言
  
 
  
和
樹
が
そ
れ
を
聞
き
逃
す
は
ず
も
な
か
っ
た
 °
  
だ
が
 
さ
す
が
に
手
招
き
を
さ
れ
て
充
分
に
間
合
い
の
つ
ま
っ
た
  
キ
ュ
ル
ラ
は
小
声
で
強
く
慌
て
る
様
に
キ
ャ
ロ
ル
に
抗
議
し
た
 °
  
 
  
 
ち
ょ
!
ば
か
っ
!
和
樹
に
聞
か
れ
た
ら
ど
う
す
る
の
よ
?
!
 
  
が
た
ま
り
ま
く
っ
て
る
人
間
っ
て
!
 
  
し
て
る
 
あ
の
和
樹
?
女
の
子
に
ふ
ら
れ
ま
く
っ
て
エ
ッ
チ
な
の
  
 
だ
っ
て
!
和
樹
っ
て
い
っ
た
よ
!
?
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
が
よ
く
話
  
 
  
か
っ
た
 °
  
は
涙
目
に
な
り
な
が
ら
必
死
で
キ
ュ
ル
ラ
か
ら
離
れ
よ
う
と
し
な
  
く
キ
ャ
ロ
ル
を
引
っ
張
り
出
そ
う
と
し
た
が
 
キ
ャ
ロ
ル
は
今
度

   

  
 
  
う
が
だ
ん
だ
ん
と
心
配
に
な
っ
て
き
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
よ
り
も
あ
ま
り
に
も
自
分
を
見
て
怯
え
る
キ
ャ
ロ
ル
の
様
子
の
ほ
  
和
樹
は
キ
ュ
ル
ラ
に
対
し
て
の
怒
り
も
さ
る
こ
と
な
が
ら
 
そ
れ
  
・
・
・
 
  
 
こ
い
つ
に
一
度
ち
ゃ
ん
と
言
っ
て
お
か
な
い
と
だ
め
な
ん
だ
が
  
 
  
な
汗
が
頬
を
伝
っ
た
 °
  
少
女
は
そ
の
親
友
に
よ
っ
て
今
や
最
大
の
危
機
を
む
か
え
 
い
や
  
 
  
て
る
様
に
見
え
る
の
だ
が
?
 
  
 
そ
う
か
 °
俺
に
は
お
前
の
お
友
達
が
冗
談
じ
ゃ
な
い
っ
て
言
っ
  
 
  
て
い
た
 °
  
は
少
女
の
指
を
左
右
に
振
ら
せ
 
笑
顔
を
引
き
つ
っ
た
も
の
に
し
  
笑
っ
て
ご
ま
か
そ
う
と
し
た
 °
だ
が
 
あ
ま
り
に
も
不
利
な
状
況
  
キ
ュ
ル
ラ
は
い
つ
も
の
様
に
右
手
を
く
い
っ
く
い
っ
と
折
り
曲
げ
 
  
 
  
|
 °
 
  
っ
て
る
じ
ゃ
な
い
 °
い
っ
つ
 
あ
 
あ
め
り
か
ん
 
じ
ょ
|
く
よ

   

  
だ
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
手
で
O
K
の
サ
イ
ン
を
作
る
と
 
に
っ
こ
り
微
笑
ん
  
 
  
 
和
樹
 °
も
う
彼
女
大
丈
夫
だ
か
ら
|
 °
 
  
 
  
う
つ
む
き
加
減
で
恥
ず
か
し
そ
う
に
し
な
が
ら
や
っ
て
き
た
 °
  
に
こ
と
立
ち
上
が
る
と
 
続
け
て
キ
ャ
ロ
ル
が
和
樹
の
前
に
少
し
  
し
ば
ら
く
し
て
内
緒
話
し
が
終
わ
っ
た
の
か
 
キ
ュ
ル
ラ
が
に
こ
  
任
せ
る
事
に
し
た
 °
  
和
樹
は
気
に
は
な
っ
た
も
の
と
り
あ
え
ず
こ
の
場
は
キ
ュ
ル
ラ
に
  
何
が
得
意
な
の
か
?
何
か
ま
た
よ
か
ら
ぬ
事
は
話
し
て
な
い
の
か
?
  
方
的
に
内
緒
話
し
を
始
め
た
 °
  
え
る
キ
ャ
ロ
ル
を
ま
た
す
み
っ
こ
に
連
れ
て
い
く
と
 
何
や
ら
一
  
お
も
わ
ぬ
好
機
に
キ
ュ
ル
ラ
は
勢
い
よ
く
食
い
つ
い
て
き
た
 °
  
 
  
 
そ
れ
な
ら
任
せ
と
い
て
!
私
 
得
意
だ
か
ら
!
 
  
 
  
さ
す
が
に
そ
こ
ま
で
怖
が
ら
れ
る
と
こ
っ
ち
ま
で
不
安
に
な
る
 °
 
  
え
ず
 
今
は
お
前
の
友
達
を
何
と
か
し
て
く
れ
な
い
か
?
  
 
お
ま
え
に
は
後
で
た
っ
ぷ
り
言
う
こ
と
あ
る
ん
だ
が
 
と
り
あ

   

  
上
げ
た
 °
  
和
樹
が
ゆ
っ
く
り
手
を
ど
け
る
と
キ
ャ
ロ
ル
は
和
樹
の
ほ
う
を
見
  
し
ば
ら
く
じ
っ
と
し
て
い
た
 °
  
を
の
せ
ら
れ
た
少
女
は
一
瞬
び
く
っ
っ
と
驚
い
た
が
 
そ
の
ま
ま
  
和
樹
は
そ
う
言
う
と
や
さ
し
く
手
を
の
せ
た
 °
い
き
な
り
頭
に
手
  
 
  
 
そ
ん
な
に
怖
が
ら
な
く
て
も
大
丈
夫
だ
か
ら
 °
 
  
 
  
の
せ
た
 °
  
の
前
あ
た
り
に
あ
る
か
わ
い
ら
し
い
栗
毛
の
頭
に
ぽ
ん
っ
と
手
を
  
和
樹
は
ふ
っ
と
笑
う
と
 
う
つ
む
き
加
減
で
 
ち
ょ
う
ど
彼
の
胸
  
た
 °
現
に
少
女
は
未
だ
に
ま
だ
か
す
か
に
震
え
て
る
様
だ
っ
た
 °
  
の
子
か
ら
不
安
を
完
全
に
取
り
除
い
た
と
は
彼
に
は
思
え
な
か
っ
  
い
く
ら
あ
い
つ
が
邪
悪
な
悪
魔
と
い
え
ど
こ
ん
な
に
短
時
間
で
こ
  
り
あ
え
ず
誤
解
は
解
け
た
様
に
は
思
え
た
 °
と
は
い
う
も
の
の
 
  
キ
ュ
ル
ラ
に
何
を
言
わ
れ
た
か
和
樹
に
は
解
ら
な
か
っ
た
が
 
  
 
  
す
・
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
あ
 
あ
の
|
 °
さ
っ
き
は
ご
め
ん
な
さ
い
 °
よ
 
よ
ろ
し
く
で
  
 

























   

  
キ
ャ
ロ
ル
は
に
こ
に
こ
と
答
え
た
 °
和
樹
は
そ
ん
な
少
女
を
ほ
ほ
  
 
  
で
す
・
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
は
い
で
す
・
・
・
・
に
ゃ
 °
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
と
は
同
じ
ク
ラ
ス
  
・
 °
 
  
り
キ
ュ
ル
ラ
の
友
達
か
な
?
そ
っ
か
 
わ
|
き
ゃ
っ
と
か
|
・
・
  
 
そ
う
か
|
 °
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
な
ん
だ
 °
っ
て
い
う
事
は
や
っ
ぱ
  
 
  
た
 °
  
少
女
は
頭
を
ぺ
こ
り
っ
と
下
げ
る
と
よ
う
や
く
自
己
紹
介
を
終
え
  
 
  
ャ
ロ
ル
で
す
 °
よ
ろ
し
く
で
す
・
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
改
め
ま
し
て
 
こ
ん
に
ち
は
で
す
 °
私
は
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
の
キ
  
 
  
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
和
樹
を
見
上
げ
る
様
に
し
て
無
邪
気
に
か
わ
い
く
笑
  
 
  
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
和
樹
く
ん
 
い
い
ひ
と
で
す
ね
 °
わ
た
し
に
は
解
り
ま
す
・
・
  
 

























   

  
減
な
事
を
や
っ
て
い
る
が
 
一
応
オ
カ
ル
ト
部
の
部
長
だ
っ
た
 °
  
和
樹
は
部
員
も
居
な
く
 
召
喚
に
関
し
て
は
こ
と
ご
と
く
い
い
加
  
も
 
だ
ん
だ
ん
と
目
元
や
口
元
が
ひ
く
ひ
く
と
痙
攣
し
は
じ
め
た
 °
  
彼
の
ほ
ほ
え
ま
し
い
顔
は
 
そ
の
表
情
を
な
ん
と
か
保
ち
な
が
ら
  
た
 °
  
と
独
り
言
の
様
に
な
っ
て
い
き
 
つ
ぶ
や
き
へ
と
変
わ
っ
て
い
っ
  
和
樹
は
確
認
す
る
様
に
繰
り
返
し
た
 °
そ
し
て
そ
れ
は
だ
ん
だ
ん
  
 
  
・
・
・
 
  
 
そ
っ
か
|
 °
わ
|
き
ゃ
っ
と
か
|
 °
わ
|
き
ゃ
っ
と
な
ん
だ
|
  
 
  
で
か
わ
い
い
感
じ
だ
っ
た
 °
  
ズ
を
履
い
て
い
て
 
全
体
的
に
よ
く
草
原
が
似
合
い
そ
う
な
清
楚
  
い
ソ
ッ
ク
ス
に
髪
の
毛
と
お
そ
ろ
い
の
様
な
革
の
小
さ
な
シ
ュ
|
  
は
か
わ
い
ら
し
い
首
す
じ
や
手
足
が
ち
ょ
こ
ん
と
出
て
い
て
 
  
っ
し
ろ
で
ふ
ち
に
青
い
ス
ト
ラ
イ
プ
の
入
っ
た
ワ
ン
ピ
|
ス
か
ら
  
に
少
し
ま
ぁ
る
い
鼻
に
 
な
ん
と
な
く
に
こ
っ
と
し
て
る
口
 °
  
か
っ
た
髪
型
に
く
り
っ
と
し
て
す
こ
し
上
向
き
加
減
の
大
き
な
目
  
栗
毛
の
つ
や
つ
や
と
し
た
ロ
ン
グ
で
ナ
チ
ュ
ラ
ル
ウ
ェ
|
ブ
の
か
  
え
ま
し
い
表
情
を
し
な
が
ら
改
め
て
よ
く
見
て
み
た
 °





   

  
 
  
キ
テ
ィ
な
ん
か
じ
ゃ
な
い
も
ん
っ
!
!
 
  
 
ふ
え
え
え
え
え
え
え
え
ん
!
キ
ャ
ル
は
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
も
ん
 °
  
 
  
と
 
火
が
つ
い
た
様
に
泣
き
始
め
て
し
ま
っ
た
 °
  
か
わ
い
ら
し
い
笑
顔
の
大
き
な
目
か
ら
ぽ
ろ
ぽ
ろ
と
涙
を
こ
ぼ
す
  
た
 °
和
樹
の
何
気
な
く
つ
ぶ
や
い
た
一
言
を
聞
い
た
キ
ャ
ロ
ル
は
  
思
わ
ず
和
樹
の
口
か
ら
そ
の
湧
き
あ
が
る
闇
が
漏
れ
出
て
し
ま
っ
  
 
  
 
・
・
・
・
キ
ャ
ッ
ト
と
言
う
よ
り
子
猫
∧
キ
テ
ィ
∨
だ
な
 °
 
  
 
  
闇
が
忍
び
寄
っ
て
き
た
 °
  
ま
た
し
て
も
襲
い
来
る
ア
イ
デ
ン
テ
ィ
テ
ィ
の
崩
壊
に
彼
の
心
に
  
人
で
も
っ
と
セ
ク
シ
|
な
は
ず
な
の
に
・
・
・
  
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
と
い
え
ば
 
も
っ
と
ア
グ
レ
ッ
シ
ブ
で
も
っ
と
大
  
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
で
あ
る
 °
  
様
の
サ
キ
ュ
バ
ス
に
 
今
度
は
と
て
も
お
と
な
し
く
て
か
わ
い
い
  
る
ほ
ど
の
知
識
が
彼
の
自
慢
で
も
あ
っ
た
 °
そ
れ
が
現
実
は
お
子
  
あ
り
 
こ
と
モ
ン
ス
タ
|
の
知
識
に
お
い
て
は
一
冊
の
本
が
出
せ
  
当
然
オ
カ
ル
ト
に
関
し
て
は
一
般
の
高
校
生
な
ど
よ
り
は
拘
り
が

   

  
 
  
 
う
ん
う
ん
 °
キ
ャ
ル
は
せ
く
し
|
な
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
よ
|
 °
 
  
も
ん
 °
キ
ャ
ル
 
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
も
ん
!
 
  
 
ふ
え
え
え
え
え
え
ん
!
ひ
っ
く
 
ひ
っ
く
 
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
  
 
  
と
叫
ぶ
声
も
聞
こ
え
て
い
た
 °
  
謝
っ
た
 °
だ
が
こ
こ
ろ
の
ど
こ
か
で
 
そ
ん
な
事
俺
が
知
る
か
よ
!
 
  
和
樹
は
自
分
の
犯
し
た
罪
に
ば
つ
が
悪
そ
う
に
 
ご
め
ん
 °
 
と
  
 
  
こ
の
子
泣
き
出
し
た
ら
大
変
な
ん
だ
か
ら
っ
!
 
  
ん
で
あ
ん
た
は
毎
回
狙
っ
た
様
に
ひ
ど
い
事
言
う
の
か
し
ら
?
!
  
て
キ
ャ
ル
に
キ
・
・
っ
と
 °
な
ん
て
言
っ
ち
ゃ
だ
め
で
し
ょ
!
な
  
ほ
ん
っ
と
デ
リ
カ
シ
|
の
欠
片
も
な
い
ん
だ
か
ら
!
・
・
・
・
っ
  
 
ち
ょ
っ
と
 
あ
ん
た
!
ど
う
せ
ま
た
何
か
言
っ
た
ん
で
し
ょ
?
!
  
 
  
が
ら
激
し
い
抗
議
を
し
た
 °
  
く
叩
き
な
ぐ
さ
め
な
が
ら
和
樹
の
ほ
う
を
 
き
っ
 
っ
と
睨
み
な
  
騒
ぎ
に
駆
け
つ
け
た
キ
ュ
ル
ラ
隊
員
は
 
キ
ャ
ロ
ル
の
肩
を
優
し
  
は
す
っ
か
り
パ
ニ
ッ
ク
状
態
に
な
っ
て
し
ま
い
 
狼
狽
し
た
 °
  
い
き
な
り
キ
ャ
ロ
ル
が
激
し
い
勢
い
で
泣
き
始
め
た
事
に
 
和
樹

   

  
キ
ュ
ル
ラ
に
ま
た
し
て
も
 
き
っ
 
と
睨
ま
れ
た
和
樹
は
 
と
り
  
 
  
さ
い
よ
!
 
  
 
ば
か
!
そ
ん
な
ん
じ
ゃ
足
り
な
い
わ
よ
!
1
0
0
0
円
出
し
な
  
 
  
渡
そ
う
と
し
た
 °
  
和
樹
は
訳
も
わ
か
ら
ず
と
り
あ
え
ず
5
0
0
円
玉
を
キ
ュ
ル
ラ
に
  
 
  
ん
と
か
し
な
い
と
!
は
や
く
っ
!
!
 
  
 
何
っ
て
 
お
金
に
決
ま
っ
て
る
で
し
ょ
!
ほ
ら
っ
 
こ
の
子
な
  
 
ん
?
な
ん
だ
そ
の
手
は
?
 
  
 
  
ら
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
に
手
を
指
し
だ
し
何
か
を
催
促
す
る
よ
う
に
揺
  
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
私
が
な
ん
と
か
す
る
か
ら
!
ほ
ら
っ
!
 
  
 
  
こ
う
な
る
と
も
は
や
あ
れ
に
頼
る
し
か
な
い
事
を
知
っ
て
い
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
を
キ
ュ
ル
ラ
は
あ
や
し
つ
づ
け
た
 °
だ
が
少
女
は
一
旦
  
依
然
と
し
て
ま
っ
た
く
泣
き
止
む
気
配
す
ら
見
せ
よ
う
と
し
な
い

   

  
キ
ュ
ル
ラ
は
安
堵
の
息
を
も
ら
し
た
 °
  
こ
ろ
か
満
面
の
笑
み
で
幸
せ
を
満
喫
し
て
い
る
キ
ャ
ロ
ル
を
み
て
  
ち
ご
牛
乳
を
飲
み
始
め
た
 °
や
が
て
完
全
に
泣
き
止
み
 
そ
れ
ど
  
ぴ
く
り
っ
と
反
応
さ
せ
 
泣
き
じ
ゃ
く
り
な
が
ら
ス
ト
ロ
|
で
い
  
口
の
所
ま
で
も
っ
て
い
っ
た
 °
キ
ャ
ロ
ル
は
泣
き
な
が
ら
も
鼻
を
  
出
す
と
ス
ト
ロ
|
を
刺
し
 
キ
ャ
ロ
ル
に
握
ら
せ
 
ス
ト
ロ
|
を
  
キ
ュ
ル
ラ
は
 
急
い
で
コ
ン
ビ
ニ
の
袋
か
ら
い
ち
ご
牛
乳
を
取
り
  
し
ば
ら
く
し
て
出
て
行
っ
た
時
と
同
じ
様
に
ダ
ッ
シ
ュ
で
戻
っ
た
  
 
  
乳
だ
よ
|
 °
 
  
 
お
ま
た
せ
|
!
は
い
 
キ
ャ
ル
!
あ
ん
た
の
好
き
な
い
ち
ご
牛
  
 
  
す
す
べ
も
無
く
立
ち
尽
く
す
和
樹
だ
け
が
教
室
に
残
さ
れ
た
 °
  
か
に
行
っ
て
し
ま
っ
た
 °
後
に
は
泣
き
じ
ゃ
く
る
キ
ャ
ロ
ル
と
な
  
キ
ュ
ル
ラ
は
1
0
0
0
円
札
を
受
け
取
る
と
 
ダ
ッ
シ
ュ
で
ど
こ
  
 
  
間
お
ね
が
い
ね
!
 
  
 
ち
ょ
っ
と
こ
の
子
だ
ま
ら
せ
る
も
の
買
っ
て
く
る
か
ら
!
そ
の
  
 
  
あ
え
ず
言
わ
れ
る
ま
ま
に
要
求
を
の
ん
だ
 °









   

  
一
目
瞭
然
で
あ
っ
た
 °
あ
の
様
な
切
羽
詰
ま
っ
た
状
況
下
で
も
ち
  
並
べ
ら
れ
て
い
て
 
少
女
の
言
う
と
お
り
 
お
つ
り
が
無
い
事
は
  
ビ
ニ
の
袋
か
ら
出
さ
れ
た
ジ
ュ
|
ス
と
色
と
り
ど
り
の
お
菓
子
が
  
く
さ
そ
う
に
手
で
和
樹
に
答
え
た
 °
そ
ん
な
彼
女
の
前
に
は
コ
ン
  
け
な
が
ら
ポ
ッ
キ
|
を
食
べ
つ
つ
T
V
の
方
を
見
な
が
ら
め
ん
ど
  
和
樹
は
キ
ュ
ル
ラ
の
ほ
う
を
見
た
 °
彼
女
は
こ
ち
ら
に
背
中
を
向
  
 
  
 
お
つ
り
|
?
そ
ん
な
の
あ
る
わ
け
な
い
じ
ゃ
ん
 °
 
  
 
お
い
 
お
つ
り
は
?
 
  
 
  
の
子
を
ぼ
|
っ
と
見
て
る
と
 
彼
は
ふ
い
に
何
か
に
き
が
つ
い
た
 °
  
目
の
前
で
ま
る
で
別
人
の
様
に
け
ろ
っ
と
幸
せ
オ
|
ラ
満
開
の
女
  
っ
て
く
れ
た
非
常
事
態
に
安
堵
す
る
と
と
も
に
ど
っ
と
疲
れ
た
 °
  
和
樹
は
ど
う
や
ら
キ
ュ
ル
ラ
の
言
う
と
お
り
 
よ
う
や
く
お
さ
ま
  
に
あ
る
テ
|
ブ
ル
に
落
ち
着
く
と
 
T
V
を
つ
け
た
 °
  
そ
う
い
い
な
が
ら
少
女
は
コ
ン
ビ
ニ
の
袋
を
腕
に
ぶ
ら
下
げ
 
  
 
  
ね
|
 °
 
  
 
ふ
|
 °
も
う
大
丈
夫
ね
 °
じ
ゃ
 
ま
た
何
か
あ
っ
た
ら
呼
ん
で
  
 

























   

  
和
樹
は
す
っ
か
り
気
圧
さ
れ
て
し
ま
っ
た
が
 
い
ち
ご
牛
乳
で
こ
  
 
  
か
ら
 °
 
  
 
あ
|
 °
え
|
っ
と
・
・
た
ぶ
ん
 
そ
れ
 
こ
っ
ち
の
飲
み
物
だ
  
 
  
さ
ら
に
ま
ん
ま
る
に
し
な
が
ら
和
樹
に
熱
く
語
り
か
け
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
頭
を
ぺ
こ
り
っ
と
下
げ
る
と
 
興
奮
で
大
き
な
目
を
  
 
  
ま
せ
ん
で
し
た
!
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
れ
て
て
買
え
な
い
の
に
 
こ
っ
ち
で
ま
さ
か
飲
め
る
な
ん
て
思
い
  
 
ご
ち
そ
う
さ
ま
で
し
た
・
・
・
・
に
ゃ
 °
い
つ
も
す
ぐ
売
り
切
  
 
  
け
て
き
た
 °
  
を
最
後
ま
で
飲
み
干
す
と
 
一
点
の
曇
り
も
な
い
表
情
で
話
し
か
  
な
事
に
彼
は
気
が
つ
い
た
の
だ
っ
た
 °
キ
ャ
ロ
ル
は
い
ち
ご
牛
乳
  
幸
福
を
か
み
し
め
て
る
子
と
話
し
て
る
ほ
ど
が
よ
っ
ぽ
ど
有
意
義
  
と
り
あ
え
ず
あ
ん
な
極
悪
非
道
の
外
道
よ
り
は
 
目
の
前
に
い
る
  
た
 °
  
れ
た
悪
魔
に
和
樹
は
も
は
や
何
か
を
言
う
気
力
さ
え
わ
か
な
か
っ
  
ゃ
っ
か
り
自
分
の
事
を
考
え
て
行
動
し
 
い
と
も
簡
単
に
利
用
さ

   

  
 
  
・
・
 
目
の
前
の
少
女
の
場
合
何
か
が
違
う
様
に
感
じ
ら
れ
た
 °
  
語
尾
が
 
に
ゃ
!
 
な
の
は
正
し
い
 °
と
て
も
正
し
い
ん
だ
が
・
  
彼
に
は
腑
に
落
ち
な
い
と
こ
ろ
が
あ
っ
た
 °
 
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
の
  
 
  
に
ゃ
 °
 
っ
て
?
 
  
 
と
こ
ろ
で
 
さ
っ
き
か
ら
気
に
な
っ
て
る
け
ど
・
・
 °
そ
の
 
  
 
  
つ
い
て
何
気
な
く
尋
ね
て
み
た
 °
  
押
さ
れ
る
が
ま
ま
で
あ
っ
た
が
さ
き
ほ
ど
か
ら
ふ
と
感
じ
る
事
に
  
と
振
り
回
し
な
が
ら
熱
く
熱
く
語
っ
た
 °
和
樹
は
少
女
の
熱
意
に
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
す
ま
す
興
奮
し
て
手
を
に
ぎ
り
し
め
て
ぶ
ん
ぶ
ん
  
 
  
に
ゃ
 °
 
  
の
か
も
で
す
!
や
っ
ぱ
り
人
間
界
っ
て
す
ご
い
で
す
!
・
・
・
あ
 
  
た
ら
こ
っ
ち
に
来
た
誰
か
が
魔
界
に
こ
っ
そ
り
持
っ
て
帰
っ
て
る
  
こ
ん
な
美
味
し
い
も
の
が
い
っ
ぱ
い
あ
る
の
で
す
ね
!
も
し
か
し
  
 
あ
 
な
る
ほ
ど
で
す
!
そ
う
だ
っ
た
の
で
す
か
!
人
間
界
に
は
  
 
  
れ
だ
け
幸
せ
に
な
れ
る
少
女
が
少
し
う
ら
や
ま
し
く
も
あ
っ
た
 °

   

  
 
  
は
先
程
の
様
な
惨
劇
が
再
び
繰
り
広
げ
ら
れ
る
事
を
恐
れ
た
 °
  
を
言
っ
て
キ
ュ
ル
ラ
を
怒
ら
せ
て
し
ま
っ
た
事
を
思
い
出
し
 
  
彼
は
言
っ
た
途
端
 
 
し
ま
っ
た
!
 
と
思
っ
た
 °
前
回
同
じ
事
  
 
  
 
そ
れ
で
 
今
日
は
何
し
に
こ
っ
ち
に
来
た
の
?
 
  
 
  
す
っ
か
り
落
ち
込
ん
だ
彼
は
無
意
識
に
少
女
に
聞
い
た
 °
  
も
希
望
も
全
く
と
い
っ
て
い
い
ほ
ど
無
か
っ
た
 °
  
小
学
生
の
女
の
子
に
し
か
見
え
な
い
こ
の
現
状
を
前
に
彼
に
は
夢
  
な
ん
と
な
く
猫
っ
ぽ
い
?
程
度
で
ど
う
み
て
も
キ
ュ
ル
ラ
と
同
じ
  
い
く
少
女
に
和
樹
は
あ
ら
た
め
て
心
の
中
で
落
胆
し
た
 °
そ
し
て
  
意
識
さ
せ
る
事
で
な
ん
だ
か
わ
け
の
わ
か
ら
な
い
も
の
に
な
っ
て
  
 
  
れ
ち
ゃ
っ
た
り
し
ま
す
で
す
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
全
然
慣
れ
な
い
で
す
し
・
・
・
に
ゃ
 °
さ
っ
き
み
た
い
に
つ
い
忘
  
・
・
に
ゃ
 °
  
・
・
・
・
に
ゃ
 °
・
・
・
で
も
 
何
だ
か
恥
ず
か
し
い
で
す
し
・
  
る
の
で
す
・
・
・
に
ゃ
 °
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
の
決
ま
り
み
た
い
で
す
  
 
あ
っ
!
え
|
っ
と
・
・
・
 
に
ゃ
 
っ
て
付
け
な
い
と
怒
ら
れ

   

  
粋
な
男
を
睨
ん
だ
 °
  
ド
ラ
マ
の
再
放
送
に
夢
中
だ
っ
た
少
女
は
突
然
邪
魔
し
て
き
た
無
  
 
  
 
な
 
な
に
よ
|
 °
今
お
も
し
ろ
い
と
こ
な
の
に
|
!
 
  
っ
て
 °
 
  
 
ち
ょ
 
キ
ュ
ル
ラ
さ
ん
 
T
V
な
ん
か
見
て
る
場
合
じ
ゃ
な
い
  
 
  
び
足
で
行
っ
た
 °
  
午
後
の
一
時
を
く
つ
ろ
い
で
い
ら
っ
し
ゃ
る
キ
ュ
ル
ラ
の
所
へ
忍
  
死
に
考
え
事
を
し
て
る
キ
ャ
ロ
ル
を
放
置
し
 
T
V
を
見
な
が
ら
  
彼
は
と
て
も
失
礼
な
事
を
思
い
な
が
ら
冷
や
汗
を
ぬ
ぐ
う
と
 
  
な
の
か
な
?
 
  
と
し
て
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
か
ら
ち
ょ
っ
と
お
つ
む
が
か
わ
い
そ
う
  
 
ふ
|
 
あ
ぶ
な
っ
!
気
が
つ
い
て
な
い
み
た
い
だ
な
 °
ひ
ょ
っ
  
 
  
込
ん
だ
り
し
は
じ
め
た
 °
  
上
を
む
い
た
り
 
下
を
む
い
た
り
 
頬
に
こ
ぶ
し
を
あ
て
て
考
え
  
キ
ャ
ロ
ル
は
和
樹
か
ら
急
に
さ
れ
た
質
問
に
手
を
あ
ご
に
当
て
て
  
 
  
 
え
?
う
|
ん
と
・
・
・
・
そ
う
で
す
ね
|
 °
 







   

  
だ
っ
た
 °
  
だ
が
和
樹
も
な
ん
と
か
逃
さ
ま
い
と
そ
れ
を
力
で
ね
じ
ふ
せ
た
の
  
り
し
て
抵
抗
し
た
 °
  
必
死
に
叫
び
な
が
ら
手
を
振
り
回
し
た
り
 
相
手
の
顎
を
押
し
た
  
突
然
自
分
の
口
を
塞
い
で
き
た
無
礼
者
に
少
女
は
目
で
抗
議
し
 
  
 
  
 
ん
む
|
!
ぶ
っ
・
・
う
|
!
ぷ
っ
・
・
!
!
 
  
 
だ
・
か
・
ら
・
ど
う
し
よ
う
っ
て
言
っ
て
る
ん
だ
よ
 °
 
  
 
  
ぎ
ゅ
っ
と
押
さ
え
た
 °
  
い
き
な
り
興
奮
し
て
叫
び
始
め
た
キ
ュ
ル
ラ
の
口
を
和
樹
が
手
で
  
 
  
 
ば
 
ば
か
!
静
か
に
し
ろ
!
 
  
 
あ
 
あ
ん
た
 
ま
さ
か
!
ま
た
!
用
も
・
・
・
ふ
ぶ
ぶ
ぶ
っ
!
!
 
  
 
  
の
キ
ュ
ル
ラ
の
手
が
ぴ
た
り
っ
と
止
ま
っ
た
 °
  
カ
|
ル
を
し
ゃ
く
し
ゃ
く
食
べ
な
が
ら
す
っ
か
り
ド
ラ
マ
に
夢
中
  
 
  
 
そ
れ
が
 
や
ば
い
っ
て
!
俺
ま
た
喚
ん
だ
ん
だ
け
ど
さ
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
が
ら
小
声
な
が
ら
も
強
い
口
調
で
非
難
を
始
め
た
 °
  
よ
う
や
く
和
樹
の
手
か
ら
開
放
さ
れ
た
キ
ュ
ル
ラ
は
息
を
整
え
な
  
 
  
お
っ
ち
ょ
こ
ち
ょ
い
で
!
変
態
で
!
・
・
・
 
  
無
責
任
で
!
無
計
画
で
!
い
い
か
げ
ん
で
!
あ
ん
ぽ
ん
た
ん
で
!
  
 
は
ぁ
 °
は
ぁ
・
・
・
ど
う
し
よ
う
っ
て
!
だ
い
た
い
あ
ん
た
が
  
 
  
め
た
 °
  
迷
子
に
な
っ
て
る
キ
ャ
ロ
ル
に
聞
こ
え
な
い
様
小
声
で
相
談
を
始
  
キ
ュ
ル
ラ
の
口
か
ら
手
を
ど
け
た
彼
は
あ
ち
ら
で
思
考
の
迷
路
で
  
 
  
 
で
 
ど
う
し
よ
う
?
 
  
 
  
ろ
し
た
 °
  
少
女
は
あ
き
ら
め
た
様
に
う
な
ず
く
と
 
振
り
回
し
て
た
腕
を
お
  
和
樹
は
キ
ュ
ル
ラ
に
目
も
使
っ
て
落
ち
着
く
よ
う
説
得
を
試
み
た
 °
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
 
落
ち
着
け
 °
な
?
な
?
 
  
 

























   

  
 
そ
り
ゃ
あ
 
お
ま
え
の
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
な
ん
だ
か
ら
 
不
思
議
  
変
身
し
て
る
は
ず
な
の
に
・
・
・
 
  
・
・
あ
の
子
は
ほ
ら
 
ま
だ
な
の
よ
 °
本
当
な
ら
も
う
と
っ
く
に
  
 
で
ね
 °
そ
れ
か
ら
は
獣
人
形
態
と
猫
形
態
に
な
る
ん
だ
け
ど
・
  
 
う
っ
さ
い
!
早
く
続
き
話
せ
よ
 °
 
  
 
さ
っ
す
が
和
樹
 °
話
し
が
早
く
て
い
い
わ
ね
 °
変
態
だ
け
ど
 °
 
  
 
あ
あ
 °
問
題
な
い
 °
そ
れ
く
ら
い
は
知
っ
て
る
よ
 °
 
  
口
で
説
明
し
に
く
い
け
ど
・
・
・
 
  
い
な
・
・
・
  
ッ
ト
っ
て
あ
る
時
期
が
来
る
と
人
型
か
ら
変
身
し
て
猫
と
人
み
た
  
 
う
ん
 °
あ
の
子
っ
て
ほ
ら
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
で
し
ょ
?
ワ
|
キ
ャ
  
 
ま
た
あ
れ
か
・
・
・
っ
て
何
か
問
題
で
も
あ
る
の
か
?
 
  
て
だ
め
か
|
 °
 
  
 
そ
だ
っ
!
ほ
ら
!
要
す
る
に
私
の
時
み
た
い
に
魔
力
を
・
・
っ
  
 
  
少
女
は
小
声
で
怒
り
な
が
ら
も
ふ
と
ひ
ら
め
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
ど
う
し
た
ら
っ
て
・
・
・
私
に
も
・
・
・
・
 
  
し
た
ら
い
い
と
思
う
?
 
  
 
あ
あ
 
ご
め
ん
ご
め
ん
 °
そ
れ
は
後
で
聞
く
か
ら
 °
で
 
ど
う

   

  
 
  
り
出
し
て
手
慣
れ
た
感
じ
で
操
作
し
始
め
た
 °
  
目
の
前
の
ボ
ン
ク
ラ
に
呆
れ
る
様
に
言
う
と
 
少
女
は
携
帯
を
取
  
 
  
 
ん
も
う
!
役
に
立
た
な
い
わ
ね
!
 
  
 
い
や
・
・
さ
す
が
に
天
気
は
知
っ
て
て
も
月
齢
ま
で
は
知
ら
ん
 °
 
  
 
そ
う
だ
!
和
樹
ぃ
!
今
日
の
月
齢
い
く
つ
?
!
 
  
 
  
勢
い
で
尋
ね
て
き
た
 °
  
が
次
の
瞬
間
 
少
女
は
が
ば
っ
!
と
顔
を
上
げ
る
と
彼
に
す
ご
い
  
結
局
暗
礁
に
乗
り
上
げ
て
し
ま
っ
た
事
に
二
人
は
落
胆
し
た
 °
  
 
  
 
だ
か
ら
だ
め
っ
て
言
っ
て
る
の
よ
・
・
・
・
 °
 
  
 
な
ん
だ
よ
 °
じ
ゃ
あ
し
ょ
う
が
ね
|
じ
ゃ
ん
 °
 
  
ら
無
理
な
の
 °
 
  
 
だ
か
ら
 
魔
力
を
あ
げ
る
に
も
そ
の
溜
め
る
と
こ
ろ
が
無
い
か
  
 
よ
く
わ
か
ら
ん
が
?
つ
ま
り
ど
う
い
う
事
な
ん
だ
よ
?
 
  
と
魔
族
だ
け
ど
魔
族
じ
ゃ
な
い
み
た
い
な
・
・
・
・
 
  
 
ぶ
っ
こ
ろ
さ
れ
た
い
の
?
で
っ
!
今
の
あ
の
子
は
正
確
に
言
う
  
で
も
何
で
も
な
い
だ
ろ
?
 















   

  
 
  
 
う
ん
 °
大
丈
夫
 °
い
け
そ
う
よ
 °
 
  
 
で
?
結
局
ど
う
な
っ
た
ん
だ
よ
?
 
  
 
  
和
樹
は
少
女
に
尋
ね
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
の
急
激
な
感
情
の
起
伏
に
す
っ
か
り
お
い
て
け
ぼ
り
の
  
だ
 °
  
少
女
は
携
帯
を
持
つ
手
を
が
く
ん
っ
と
下
げ
 
目
一
杯
落
ち
込
ん
  
 
  
は
こ
っ
ち
の
満
月
に
決
ま
っ
て
る
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
 
・
・
・
・
っ
て
 °
よ
く
考
え
た
ら
獣
人
族
の
ゲ
|
ト
が
開
く
の
  
 
  
う
な
く
ら
い
の
偶
然
に
び
っ
く
り
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
携
帯
を
持
ち
上
げ
る
様
に
し
て
今
に
も
踊
り
出
し
そ
  
 
  
 
す
っ
ご
ぉ
い
!
今
日
ち
ょ
う
ど
満
月
じ
ゃ
な
い
!
何
こ
れ
?
!
 
  
 
  
和
樹
が
出
所
不
明
の
携
帯
∧
ブ
ツ
∨
に
つ
い
て
尋
ね
よ
う
と
し
た
 °
  
 
  
 
お
い
 °
そ
の
携
帯
 °
い
つ
の
間
に
・
・
・
 °
 







   

  
う
の
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
 °
あ
の
子
に
は
言
わ
な
い
ほ
う
が
い
い
と
思
  
 
  
た
が
 
キ
ュ
ル
ラ
が
袖
を
ひ
っ
ぱ
っ
て
止
め
た
 °
  
話
し
が
ま
と
ま
っ
た
の
で
和
樹
が
キ
ャ
ロ
ル
の
元
へ
行
こ
う
と
し
  
 
  
 
な
る
ほ
ど
な
 °
じ
ゃ
あ
 
そ
う
言
っ
て
く
る
わ
 °
 
  
た
後
に
魔
力
を
あ
げ
れ
ば
す
べ
て
O
K
!
 
  
 
そ
う
そ
う
 
そ
う
い
う
事
な
の
よ
 °
そ
こ
で
あ
の
子
が
変
身
し
  
 
変
態
じ
ゃ
ね
|
っ
つ
|
の
!
で
 
そ
れ
が
今
夜
と
 °
 
  
ね
 °
 
  
ん
だ
け
ど
 
あ
の
子
み
た
い
に
遅
い
子
に
は
ち
ょ
う
ど
い
い
か
も
  
 
そ
う
そ
う
 
さ
す
が
変
態
和
樹
ね
 °
ま
あ
普
通
は
勝
手
に
す
る
  
す
る
 °
っ
と
 
  
 
・
・
・
あ
あ
 °
そ
う
い
う
事
か
 °
つ
ま
り
満
月
で
獣
人
は
変
身
  
こ
っ
ち
に
そ
れ
を
覚
醒
さ
せ
る
も
の
が
あ
る
の
よ
 °
 
  
 
さ
っ
き
 
あ
の
子
は
ま
だ
変
身
し
て
な
い
っ
て
言
っ
た
け
ど
 
  
 
  
樹
は
目
の
前
の
激
し
す
ぎ
る
気
分
屋
に
呆
れ
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
少
女
は
下
げ
た
頭
を
く
い
っ
と
起
し
 
満
足
そ
う
に
答
え
た
 °

   

  
少
し
長
め
作
戦
会
議
が
終
わ
り
和
樹
は
キ
ャ
ロ
ル
の
元
へ
と
戻
っ
  
 
  
二
匹
の
悪
魔
は
邪
悪
に
そ
し
て
静
か
に
笑
っ
た
 °
  
 
  
 
そ
れ
も
そ
う
だ
な
・
・
・
・
 °
 
  
 
  
黒
く
染
め
上
げ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
み
た
い
 °
 
と
い
う
欲
望
を
彼
の
心
に
ま
き
散
ら
し
 
す
っ
か
り
  
が
満
月
を
見
て
突
然
苦
悩
し
て
変
身
す
る
と
こ
ろ
を
実
際
に
見
て
  
た
が
 
次
第
に
彼
の
奥
底
に
眠
る
オ
カ
ル
ト
の
魔
物
が
 
 
獣
人
  
た
 °
和
樹
は
こ
の
少
女
が
何
を
言
っ
て
る
の
か
理
解
で
き
な
か
っ
  
キ
ュ
ル
ラ
は
本
家
本
元
の
悪
魔
の
様
な
笑
み
で
に
や
り
っ
と
笑
っ
  
 
  
そ
の
ほ
う
が
 
お
も
し
ろ
い
 
で
し
ょ
?
 
  
 
だ
ぁ
か
ぁ
ら
ぁ
!
・
・
・
・
突
然
の
ほ
う
が
あ
の
子
驚
く
し
 
  
な
き
ゃ
だ
め
じ
ゃ
な
い
の
か
?
 
  
 
は
ぁ
?
よ
く
解
ら
ん
が
?
知
ら
な
い
な
ら
余
計
に
言
っ
て
あ
げ
  
う
が
い
い
と
思
う
の
 °
 
  
 
だ
か
ら
 
変
身
の
事
と
か
あ
の
子
知
ら
な
い
か
ら
言
わ
な
い
ほ
  
 
う
ん
?
何
で
だ
?
言
わ
な
き
ゃ
だ
め
だ
ろ
?
 







   

  
い
理
由
を
与
え
ら
れ
た
事
で
か
わ
い
そ
う
な
子
猫
の
少
女
は
す
っ
  
ろ
う
は
ず
も
無
い
も
の
を
探
し
 
そ
し
て
そ
こ
に
も
っ
と
も
ら
し
  
元
々
少
女
に
目
的
な
ど
無
く
和
樹
に
勝
手
に
喚
ば
れ
た
の
に
 
  
 
  
ル
ち
ゃ
ん
か
ら
聞
い
て
ま
し
た
!
 
  
 
そ
う
で
す
!
そ
れ
で
す
!
こ
っ
ち
は
魔
力
い
っ
ぱ
い
っ
て
キ
ュ
  
 
  
差
し
込
ん
だ
様
に
晴
れ
や
か
な
顔
に
な
っ
た
 °
  
和
樹
の
一
言
で
キ
ャ
ロ
ル
は
深
い
深
い
迷
い
の
森
に
一
筋
の
光
が
  
 
  
 
目
的
っ
て
こ
っ
ち
に
来
て
魔
力
を
も
ら
う
事
じ
ゃ
な
い
の
か
な
?
 
  
 
  
い
聞
か
せ
る
様
に
言
っ
た
 °
  
う
な
感
じ
の
キ
ャ
ロ
ル
の
頭
に
ぽ
ん
っ
と
手
を
置
く
と
和
樹
は
言
  
じ
た
 °
そ
ろ
そ
ろ
頭
が
オ
|
バ
|
ヒ
|
ト
し
て
煙
で
も
出
て
き
そ
  
和
樹
は
同
情
を
禁
じ
得
ず
 
お
も
わ
ず
目
頭
が
熱
く
な
る
様
に
感
  
・
 °
 
  
 
あ
ぁ
 °
や
っ
ぱ
り
こ
の
子
 °
頭
が
ち
ょ
っ
と
あ
れ
な
ん
だ
・
・
  
 
  
た
 °
少
女
は
未
だ
に
深
い
迷
路
の
中
を
迷
っ
て
る
最
中
で
あ
っ
た
 °

   

  
で
広
め
の
開
け
た
場
所
っ
て
い
う
と
・
・
・
北
神
山
の
途
中
く
ら
  
 
う
ん
?
場
所
と
か
決
め
な
く
て
い
い
の
か
?
人
目
に
つ
か
な
い
  
 
そ
れ
じ
ゃ
 
決
ま
り
っ
と
!
今
日
の
真
夜
中
っ
て
こ
と
で
っ
!
 
  
私
は
全
然
い
い
け
ど
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
そ
う
な
ん
だ
|
・
・
・
あ
 
に
ゃ
 °
和
樹
く
ん
が
い
い
な
ら
 
  
 
そ
 
そ
う
な
ん
だ
よ
 °
真
夜
中
が
い
い
か
な
|
っ
て
 °
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
に
目
で
話
し
を
合
わ
せ
る
様
に
合
図
を
送
っ
た
 °
  
 
  
 
あ
|
 
え
|
っ
と
 °
今
決
ま
っ
た
の
よ
 °
ね
っ
 °
 
  
 
ほ
へ
|
 °
い
つ
の
間
に
?
 
  
う
か
|
?
っ
て
決
ま
っ
た
の
よ
 °
 
  
 
真
夜
中
に
や
る
の
が
一
番
い
い
か
ら
 
今
日
の
真
夜
中
に
し
よ
  
 
  
続
け
に
話
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
の
横
か
ら
突
然
会
話
に
入
っ
て
き
て
立
て
  
 
  
 
そ
れ
で
ね
 
キ
ャ
ル
 °
そ
の
魔
力
の
事
な
ん
だ
け
ど
 
  
 
  
か
り
そ
れ
を
自
分
の
目
的
と
勘
違
い
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °

   

  
は
い
 °
ば
|
か
!
 
  
キ
ャ
ル
も
一
緒
に
居
れ
ば
い
い
か
ら
余
計
な
お
世
話
で
す
 °
さ
ん
 
  
闇
の
中
か
ら
あ
ん
た
に
つ
い
て
い
け
ば
全
然
問
題
な
い
ん
だ
か
ら
!
  
ま
せ
ん
か
ら
!
  
心
配
さ
れ
な
く
て
も
夜
魔
の
あ
た
し
は
人
間
な
ん
か
に
見
つ
か
り
  
 
だ
れ
が
小
学
生
よ
っ
!
お
あ
い
に
く
さ
ま
!
あ
ん
た
な
ん
か
に
  
 
  
せ
る
こ
と
に
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
出
さ
れ
る
と
困
る
の
で
こ
こ
は
キ
ュ
ル
ラ
さ
ん
一
人
に
汚
名
を
き
  
間
違
い
な
い
ん
だ
が
 
下
手
に
キ
ャ
ロ
ル
を
刺
激
し
て
ま
た
泣
き
  
キ
ュ
ル
ラ
と
キ
ャ
ロ
ル
は
和
樹
か
ら
見
れ
ば
ど
っ
ち
も
小
学
生
に
  
 
  
し
ょ
う
が
な
い
ん
だ
が
?
 
  
キ
ャ
ロ
ル
み
た
い
な
真
っ
白
い
服
着
た
女
の
子
な
ん
か
目
立
っ
て
  
 
で
も
・
・
・
俺
は
と
も
か
く
・
・
・
お
前
み
た
い
な
小
学
生
や
 
  
 
  
ろ
う
場
所
を
思
い
浮
か
べ
た
 °
  
和
樹
は
自
分
の
知
っ
て
い
る
色
々
な
所
を
思
い
出
し
 
最
適
で
あ
  
 
  
い
し
か
な
い
が
・
・
・
 
















   

  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
が
そ
う
言
う
な
ら
無
い
と
思
い
ま
す
・
・
・
に
  
 
な
い
で
|
す
!
 
  
問
題
と
か
あ
る
か
?
 
  
ら
い
に
そ
こ
に
着
く
よ
う
に
俺
が
向
か
え
ば
い
い
っ
て
事
で
他
に
  
 
と
り
あ
え
ず
 
一
時
お
い
と
く
と
し
て
・
・
・
じ
ゃ
あ
0
時
ぐ
  
 
  
う
が
い
い
か
も
し
れ
な
い
 °
 
と
真
剣
に
思
い
始
め
た
 °
  
の
前
の
た
ち
の
悪
い
ス
ト
|
カ
|
を
早
め
に
退
治
し
て
お
い
た
ほ
  
そ
ん
な
得
意
げ
な
お
子
様
の
事
な
ど
お
構
い
な
し
に
和
樹
は
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
怒
り
な
が
ら
も
少
し
自
慢
げ
に
鼻
を
上
に
向
け
た
 °
  
 
  
っ
と
上
の
種
族
な
ん
だ
か
ら
!
 
  
い
い
?
あ
た
し
は
サ
キ
ュ
バ
ス
 °
ス
ト
|
カ
|
な
ん
か
よ
り
ず
ぅ
  
 
ス
ト
|
カ
|
な
ん
て
安
っ
ぽ
い
も
の
と
一
緒
に
し
な
い
で
よ
!
  
|
カ
|
じ
ゃ
ん
!
 
  
 
ほ
|
 °
そ
れ
は
よ
か
っ
た
な
|
 °
っ
て
お
前
そ
れ
た
だ
の
ス
ト
  
 
  
は
和
樹
に
あ
っ
か
ん
べ
|
を
し
た
 °
  
す
っ
か
り
ま
た
お
子
様
ス
イ
ッ
チ
の
入
っ
て
し
ま
っ
た
キ
ュ
ル
ラ
  
 

























   

  
和
樹
は
あ
た
り
を
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
し
な
が
ら
声
を
か
け
て
み
た
 °
  
 
  
ル
ラ
 °
い
る
の
か
?
 
  
 
っ
と
 
着
い
た
ぞ
 °
も
う
大
丈
夫
そ
う
だ
な
 °
お
|
い
 
キ
ュ
  
 
  
く
ら
い
で
あ
っ
た
 °
  
や
こ
ん
な
深
夜
に
来
る
や
つ
な
ど
 
ど
こ
か
の
オ
カ
ル
ト
マ
ニ
ア
  
れ
て
き
た
事
な
ど
な
く
 
た
ま
に
人
が
来
る
く
ら
い
で
 
ま
し
て
  
程
度
の
整
備
は
さ
れ
て
い
る
が
 
今
ま
で
幸
い
に
も
こ
こ
ま
で
崩
  
た
り
に
あ
る
こ
の
場
所
は
一
応
山
崩
れ
な
ど
の
緩
衝
の
為
に
あ
る
  
る
中
和
樹
は
目
的
の
場
所
へ
と
到
着
し
た
 °
北
神
山
の
中
ほ
ど
あ
  
し
 
や
さ
し
い
夜
の
風
が
演
技
を
 
そ
し
て
虫
た
ち
が
歌
を
そ
え
  
煌
々
し
た
月
明
か
り
が
夜
の
帳
の
中
に
木
々
や
草
花
を
照
ら
し
だ
  
 
  
 
  
ず
一
時
解
散
と
な
っ
た
 °
  
一
応
く
さ
っ
て
も
部
長
で
あ
る
和
樹
が
場
を
し
め
て
 
と
り
あ
え
  
 
  
 
よ
し
 
じ
ゃ
あ
 °
真
夜
中
決
行
っ
て
事
で
 
解
散
!
 
  
ゃ
 °
 























   

  
々
と
し
た
雰
囲
気
の
ア
ン
バ
ラ
ン
ス
さ
に
和
樹
は
頭
が
痛
く
な
っ
  
声
は
す
れ
ど
姿
の
見
え
な
い
恐
怖
と
そ
こ
か
ら
聞
こ
え
る
和
気
藹
  
 
  
 
そ
う
で
し
た
 °
え
へ
へ
 °
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
て
る
の
よ
 
あ
ん
た
は
 °
 
  
 
キ
ャ
ル
は
夜
魔
じ
ゃ
な
い
か
ら
あ
た
り
ま
え
で
し
ょ
?
何
言
っ
  
 
私
は
見
え
て
な
い
で
す
 °
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
こ
っ
ち
か
ら
あ
ん
た
の
姿
な
ん
て
ば
っ
ち
り
見
え
て
る
ん
だ
か
ら
 °
 
  
 
い
ま
す
ぐ
あ
ん
た
の
喉
元
か
っ
き
っ
て
さ
し
あ
げ
ま
し
ょ
う
か
?
  
夜
魔
か
 °
 
  
 
ほ
ぉ
 °
本
当
に
い
る
ん
だ
な
 °
さ
す
が
お
子
ち
ゃ
ま
と
は
い
え
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
達
が
い
る
事
を
確
認
し
て
安
心
し
た
 °
  
ど
こ
か
ら
聞
こ
え
て
く
る
か
も
解
ら
な
い
が
と
り
あ
え
ず
和
樹
は
  
 
  
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
 
は
い
 
私
も
ち
ゃ
ん
と
居
ま
す
か
ら
心
配
し
な
い
で
く
だ
さ
い
 °
  
よ
 °
ほ
ら
 
キ
ャ
ル
 °
和
樹
が
居
る
か
っ
て
言
っ
て
る
よ
?
 
  
 
ず
う
っ
と
あ
ん
た
の
側
に
い
る
か
ら
大
丈
夫
 °
キ
ャ
ル
も
一
緒
  
 

























   

  
少
女
は
思
わ
ず
う
っ
と
り
と
つ
ぶ
や
い
た
 °
  
 
  
 
ロ
マ
ン
チ
ッ
ク
ね
ぇ
・
・
・
・
 
  
 
  
は
す
べ
て
を
優
し
く
包
み
込
ん
で
く
れ
る
か
の
様
で
あ
っ
た
 °
  
く
夜
を
彩
り
 
涼
や
か
な
満
天
の
月
明
か
り
照
ら
さ
れ
た
緑
の
野
  
広
が
る
町
並
み
 
そ
し
て
高
速
を
通
る
車
の
ラ
イ
ト
の
帯
が
美
し
  
キ
ュ
ル
ラ
は
目
の
前
の
小
さ
な
草
原
を
見
回
し
た
 °
遠
く
眼
下
に
  
 
  
 
よ
っ
!
と
 °
へ
え
|
 °
な
か
な
か
い
い
と
こ
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
 
  
ら
キ
ュ
ル
ラ
が
す
と
ん
っ
と
現
れ
た
 °
  
和
樹
の
目
の
前
の
空
間
が
溶
け
る
よ
う
に
滲
み
 
黒
い
裂
け
目
か
  
 
  
 
い
っ
て
ら
っ
し
ゃ
い
で
す
 °
・
・
・
に
ゃ
 °
 
  
ら
 
キ
ャ
ル
は
そ
こ
に
居
て
ね
 °
 
  
 
い
ま
そ
っ
ち
行
く
か
ら
 °
・
・
・
ち
ょ
っ
と
様
子
見
て
く
る
か
  
 
で
 
ど
う
す
ん
だ
よ
?
 
  
 
  
て
き
た
 °






















   

  
呼
ん
で
く
る
ね
 °
 
  
 
そ
う
ね
 °
そ
こ
か
ら
な
ら
よ
く
見
え
る
ん
じ
ゃ
な
い
?
じ
ゃ
あ
 
  
 
  
和
樹
は
全
体
が
見
渡
せ
る
少
し
隅
の
ほ
う
に
ス
タ
ン
バ
イ
を
し
た
 °
  
 
  
 
こ
の
あ
た
り
に
居
れ
ば
い
い
の
か
な
?
 
  
 
  
少
女
は
あ
ら
た
め
て
残
酷
な
現
実
に
失
望
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
い
わ
 °
さ
っ
さ
と
始
め
ま
し
ょ
う
 °
 
  
 
な
ん
で
あ
ん
た
は
そ
ん
な
に
無
神
経
な
の
よ
・
・
・
 °
も
う
い
  
 
  
き
な
た
め
息
を
つ
い
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
凍
り
付
く
様
な
冷
や
や
か
な
目
で
一
瞥
す
る
と
 
  
ッ
ク
を
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
和
樹
は
い
つ
も
の
調
子
で
思
わ
ず
少
女
の
幻
想
世
界
に
無
粋
に
ノ
  
 
  
せ
に
 °
 
  
 
お
前
が
ロ
マ
ン
チ
ッ
ク
と
か
・
・
・
 °
お
子
ち
ゃ
ま
夜
魔
の
く
  
 

























   

  
 
  
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
に
上
を
見
上
げ
た
 °
だ
が
そ
の
瞬
間
 
少
女
の
動
き
が
急
に
止
ま
  
キ
ャ
ロ
ル
は
両
手
を
く
る
く
る
ま
わ
し
な
が
ら
気
持
ち
よ
さ
そ
う
  
ろ
が
痛
ん
だ
 °
  
す
っ
か
り
は
し
ゃ
い
で
い
る
無
邪
気
な
少
女
の
姿
に
和
樹
は
こ
こ
  
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 
和
樹
く
ん
 °
こ
こ
気
持
ち
い
い
ね
|
 °
 
  
 
  
を
輝
か
せ
る
と
 
両
手
を
広
げ
な
が
ら
草
原
を
駆
け
回
っ
た
 °
  
運
ば
れ
る
草
の
に
お
い
と
心
惹
か
れ
る
綺
麗
な
光
景
に
ぱ
っ
と
頬
  
目
を
細
め
た
が
 
や
が
て
目
も
慣
れ
て
く
る
と
心
地
よ
い
夜
風
に
  
真
っ
暗
な
場
所
か
ら
急
に
わ
き
出
る
様
な
色
に
キ
ャ
ロ
ル
は
少
し
  
り
立
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
に
手
を
引
か
れ
る
様
に
し
て
 
キ
ャ
ロ
ル
が
草
原
に
降
  
 
  
 
ほ
ら
 
こ
っ
ち
よ
 °
あ
 
足
下
気
を
つ
け
て
ね
 °
 
  
 
  
そ
う
い
う
と
キ
ュ
ル
ラ
は
ま
た
黒
い
歪
み
の
中
に
戻
っ
て
い
っ
た
 °
  
 

























   

  
そ
れ
ら
の
情
報
が
意
味
も
な
く
 
だ
が
強
烈
に
少
女
へ
と
焼
き
付
  
月
か
ら
放
た
れ
る
強
い
光
 °
そ
し
て
影
 °
で
こ
ぼ
こ
と
し
た
模
様
 °
  
月
!
・
・
・
以
外
の
す
べ
て
が
消
え
去
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
少
女
の
思
考
は
す
べ
て
止
ま
り
 
少
女
の
中
に
は
月
 
月
 
月
 
  
に
と
丸
く
大
き
く
開
い
て
い
っ
た
 °
  
っ
て
し
ま
っ
た
 °
そ
し
て
瞳
は
ま
る
で
月
を
す
べ
て
写
し
込
む
様
  
キ
ャ
ロ
ル
の
瞳
に
月
が
映
り
込
む
と
 
少
女
の
刻
は
す
べ
て
止
ま
  
 
  
 
  
刻
が
訪
れ
る
の
を
待
っ
た
 °
  
和
樹
も
ま
た
息
を
殺
す
様
に
一
瞬
た
り
と
も
見
逃
さ
ま
い
と
そ
の
  
 
  
・
す
ご
い
な
 °
 
  
 
あ
あ
 °
獣
人
が
変
身
す
る
と
こ
が
見
ら
れ
る
な
ん
て
・
・
・
・
  
 
  
が
ら
息
を
飲
む
よ
う
に
注
視
し
て
い
た
 °
  
い
つ
の
ま
に
か
和
樹
の
隣
に
来
て
い
た
キ
ュ
ル
ラ
は
声
を
潜
め
な
  
 
  
ん
て
見
た
事
な
い
し
 
し
か
も
そ
れ
が
あ
の
子
な
ん
て
・
・
・
 °
 
  
 
い
よ
い
よ
ね
 °
あ
た
し
も
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
の
変
身
す
る
と
こ
な

   

  
 
あ
 
あ
あ
 °
獣
人
な
ん
だ
か
ら
大
丈
夫
だ
ろ
う
・
・
・
 
  
 
  
の
ど
こ
か
で
頼
っ
た
 °
  
た
 °
そ
れ
と
同
時
に
何
の
力
も
持
た
ぬ
人
間
の
和
樹
の
存
在
を
心
  
キ
ュ
ル
ラ
は
あ
ま
り
の
迫
力
に
恐
怖
を
感
じ
 
親
友
の
身
を
案
じ
  
 
  
 
す
 
す
ご
い
わ
ね
 °
あ
の
子
大
丈
夫
か
し
ら
?
 
  
 
  
し
た
 °
こ
の
恐
怖
か
ら
逃
れ
る
為
に
 °
  
を
 °
そ
し
て
少
女
は
手
を
震
わ
せ
な
が
ら
力
い
っ
ぱ
い
空
へ
伸
ば
  
ら
沸
き
出
す
も
の
が
自
分
自
身
を
吹
き
飛
ば
そ
う
と
し
て
い
る
事
  
よ
っ
て
 °
そ
し
て
少
女
は
初
め
て
意
識
を
し
た
 °
自
分
の
内
側
か
  
何
も
無
い
少
女
は
叫
ん
だ
 °
少
女
自
身
の
意
志
で
は
無
い
何
か
に
  
 
  
 
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
っ
っ
っ
!
!
!
!
  
 
  
え
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
れ
が
突
然
 
  
か
ら
  
へ
と
急
激
に
姿
を
変
  
い
て
い
っ
た
 °




















   

  
少
女
は
襲
い
来
る
業
火
に
両
手
を
頭
に
あ
て
 
そ
れ
に
耐
え
よ
う
  
 
  
 
  
 
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
う
ぐ
ぅ
ぅ
ぅ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
  
 
  
き
尽
く
そ
う
と
し
て
い
る
か
の
様
に
少
女
は
感
じ
た
 °
  
も
新
し
く
生
ま
れ
変
わ
ら
せ
よ
う
と
熱
い
炎
と
な
っ
て
身
体
を
焼
  
が
湧
き
上
が
り
 
ま
る
で
少
女
の
コ
コ
ロ
を
そ
し
て
少
女
自
身
を
  
か
っ
た
 °
殺
意
 
破
壊
 
支
配
・
・
・
あ
ら
ゆ
る
衝
動
的
な
欲
望
  
そ
し
て
喚
び
覚
ま
さ
れ
る
獰
猛
な
獣
が
彼
女
の
意
識
へ
と
襲
い
か
  
完
全
に
少
女
の
戒
め
を
解
き
放
っ
た
 °
  
し
て
露
わ
に
な
っ
た
少
女
の
清
楚
な
下
着
ま
で
も
飲
み
込
む
と
 
  
ン
ピ
|
ス
を
ず
た
ず
た
に
引
き
裂
く
と
そ
の
光
へ
と
溶
か
し
 
  
押
さ
え
き
れ
な
い
力
が
彼
女
か
ら
あ
ふ
れ
出
し
 
ま
っ
し
ろ
な
ワ
  
や
が
て
少
女
の
身
体
は
月
明
か
り
を
浴
び
る
様
に
光
に
包
ま
れ
た
 °
  
 
  
 
  
刻
を
そ
の
心
に
刻
み
込
も
う
と
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
和
樹
は
何
の
根
拠
も
な
い
ま
ま
 
自
分
の
希
望
的
観
測
を
述
べ
 
  
 

























   

  
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
始
め
た
 °
  
め
る
と
 
モ
モ
の
付
け
根
 
下
腹
部
 
そ
し
て
脇
腹
へ
と
広
が
り
  
そ
し
て
脚
や
腕
に
も
螺
旋
状
に
白
い
毛
が
わ
き
た
つ
様
に
生
え
始
  
も
す
る
ど
く
伸
び
始
め
た
 °
  
ら
み
始
め
白
い
毛
に
覆
わ
れ
始
め
る
と
 
手
と
同
じ
様
に
足
の
爪
  
そ
れ
と
同
時
に
必
死
に
耐
え
て
い
る
少
女
の
足
も
む
く
む
く
と
膨
  
る
ど
く
伸
び
始
め
た
 °
  
め
 
手
全
体
が
む
く
む
く
と
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
く
と
 
爪
が
す
  
の
甲
か
ら
も
月
明
か
り
に
照
ら
さ
れ
て
輝
く
純
白
の
毛
が
生
え
始
  
ら
ぐ
ぐ
っ
っ
と
何
か
が
盛
り
上
が
っ
て
き
た
 °
そ
し
て
少
女
の
手
  
必
死
に
自
ら
を
押
さ
え
つ
け
よ
う
と
し
て
い
た
少
女
の
手
の
間
か
  
 
  
・
・
・
・
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぐ
ぅ
ぅ
っ
・
・
・
・
・
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
っ
・
  
 
  
体
は
獣
の
そ
れ
へ
と
変
え
ら
れ
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
と
し
た
 °
だ
が
最
早
少
女
か
ら
は
獣
の
叫
び
が
放
た
れ
 
そ
の
身

   

  
 
  
 
キ
ャ
ル
!
す
っ
ご
ぉ
い
!
つ
い
に
変
身
で
き
た
ん
だ
ね
!
 
  
 
  
 
  
い
人
で
も
な
い
魔
性
の
も
の
が
生
み
出
さ
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
こ
に
は
も
は
や
あ
の
少
女
の
姿
は
ど
こ
に
も
な
く
 
獣
で
も
な
  
た
身
体
 °
お
尻
の
上
か
ら
細
長
く
そ
し
て
左
右
に
ゆ
れ
る
し
っ
ぽ
 °
  
ま
る
で
螺
旋
と
幾
何
学
的
模
様
の
調
和
の
様
な
白
い
毛
で
覆
わ
れ
  
ば
し
た
手
と
足
 °
  
耳
 °
白
く
て
ひ
と
き
わ
大
き
く
肉
球
を
た
た
え
す
る
ど
い
爪
を
伸
  
空
に
突
き
刺
す
程
の
す
る
ど
く
髪
の
毛
の
同
じ
栗
毛
色
の
二
つ
の
  
よ
う
や
く
す
べ
て
の
変
身
を
終
え
 
少
女
は
肩
で
息
を
整
え
た
 °
  
 
  
 
は
ぁ
!
は
ぁ
!
は
ぁ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
っ
た
 °
  
し
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
膝
の
あ
た
り
ま
で
伸
び
細
長
く
垂
れ
下
が
  
細
長
く
 
そ
し
て
左
右
に
揺
れ
な
が
ら
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
っ
っ
と
突
き
出
  
の
真
上
あ
た
り
の
と
こ
ろ
が
盛
り
上
が
り
始
め
 
そ
れ
は
次
第
に
  
お
尻
の
上
の
部
分
に
帯
の
様
に
生
え
た
ち
ょ
う
ど
お
尻
の
ラ
イ
ン

   

  
 
  
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
ず
 
左
手
で
頭
を
か
こ
う
と
し
て
爪
で
新
た
な
耳
を
ひ
っ
か
い
て
  
キ
ャ
ロ
ル
は
す
で
に
制
御
不
能
な
親
友
の
ペ
|
ス
に
つ
い
て
い
け
  
 
  
 
あ
は
は
は
は
・
・
・
・
 ° 
  
 
  
て
 
興
奮
し
て
キ
ャ
ロ
ル
の
右
手
を
振
り
回
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
す
っ
か
り
自
分
が
 
い
じ
わ
る
 
を
し
た
事
も
忘
れ
  
 
  
よ
ぉ
!
こ
れ
で
キ
ャ
ル
も
立
派
な
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
だ
ね
っ
!
 
  
 
獣
人
の
変
身
っ
て
す
ご
い
っ
て
聞
い
て
た
け
ど
 
す
ご
か
っ
た
  
 
  
ま
 
ハ
イ
テ
ン
シ
ョ
ン
の
親
友
に
お
礼
を
言
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
だ
自
分
の
身
に
起
き
た
変
化
も
把
握
で
き
な
い
ま
  
 
  
 
う
 
う
ん
 °
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 
あ
り
が
と
 °
に
ゃ
 °
 
  
 
  
い
大
き
な
右
手
を
つ
か
み
喜
ん
だ
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
駆
け
寄
る
と
ま
だ
息
の
あ
が
っ
て
い
る
親
友
の
新
し

   

  
 
  
ゃ
っ
た
ん
だ
よ
 °
 
  
 
あ
 
う
う
ん
 °
き
っ
と
キ
ャ
ル
の
変
身
が
す
ご
く
て
興
奮
し
ち
  
 
和
樹
く
ん
 
ど
う
か
し
た
?
に
ゃ
 °
 
  
 
  
認
す
る
と
キ
ュ
ル
ラ
は
再
び
キ
ャ
ロ
ル
の
ほ
う
を
向
き
直
っ
た
 °
  
肩
で
大
き
く
息
を
し
な
が
ら
 
目
標
の
魔
物
に
命
中
し
沈
黙
を
確
  
落
ち
て
い
た
何
か
を
思
い
っ
き
り
和
樹
に
ぶ
つ
け
た
 °
  
和
樹
が
叫
び
だ
そ
う
と
し
た
瞬
間
 
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
の
あ
た
り
に
  
 
  
 
そ
ん
な
の
っ
・
・
・
・
が
ふ
っ
!
!
 
  
 
  
ふ
た
り
の
い
る
所
ま
で
忍
び
寄
ろ
う
と
し
て
い
た
 °
  
ま
る
で
呪
詛
の
様
に
地
の
底
か
ら
這
い
出
て
く
る
そ
れ
は
次
第
に
  
 
  
ち
が
う
!
 
  
 
・
・
・
・
・
・
 °
・
・
・
・
・
・
!
・
・
・
・
が
う
!
・
・
・
  
 
  
悪
な
気
が
次
第
に
大
き
く
あ
ふ
れ
出
そ
う
と
し
て
い
た
 °
  
ふ
た
り
が
草
原
の
真
ん
中
で
じ
ゃ
れ
あ
っ
て
る
頃
 
隅
か
ら
は
邪

   

  
こ
に
居
て
ね
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
あ
の
馬
鹿
の
様
子
見
て
く
る
か
ら
 
キ
ャ
ル
は
こ
  
 
  
に
見
え
る
 °
と
い
う
理
論
は
彼
に
は
通
用
し
な
い
様
で
あ
っ
た
 °
  
も
持
ち
合
わ
せ
て
い
る
彼
だ
っ
た
が
 
萌
え
と
獣
が
備
わ
り
最
強
  
に
和
樹
は
深
い
悲
し
み
に
包
ま
れ
た
 °
そ
の
割
に
は
余
計
な
知
識
  
け
に
 
キ
ャ
ロ
ル
の
今
の
ま
す
ま
す
子
猫
化
が
進
ん
だ
だ
け
の
姿
  
オ
カ
ル
ト
マ
ニ
ア
と
し
て
途
中
ま
で
興
奮
が
異
常
に
高
か
っ
た
だ
  
 
  
・
・
・
 °
 
  
・
・
 °
俺
が
見
た
か
っ
た
の
は
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
の
変
身
な
ん
だ
よ
  
原
の
店
の
前
で
よ
く
わ
か
ら
ん
鈴
ぶ
ら
さ
げ
て
る
あ
れ
じ
ゃ
ん
・
  
・
じ
ゃ
あ
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
・
・
・
あ
ん
な
の
秋
○
  
 
途
中
ま
で
は
よ
か
っ
た
 °
よ
か
っ
た
ん
だ
 °
け
ど
 
あ
れ
・
・
  
 
  
を
膝
と
肘
を
つ
き
地
面
に
染
み
こ
ま
せ
る
様
に
彼
は
つ
ぶ
や
い
た
 °
  
心
の
叫
び
を
キ
ュ
ル
ラ
に
妨
害
さ
れ
 
行
き
場
の
失
っ
た
悲
し
み
  
 
  
答
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
あ
さ
っ
て
の
方
向
を
見
な
が
ら
引
き
つ
っ
た
笑
い
で

   

  
 
  
る
の
よ
!
!
 
  
 
な
っ
!
何
言
っ
て
る
の
よ
!
何
し
に
こ
こ
ま
で
来
た
と
思
っ
て
  
 
も
う
・
・
帰
る
・
・
・
 °
 
  
 
ほ
ら
っ
 °
こ
れ
か
ら
が
本
番
で
し
ょ
?
し
っ
か
り
し
な
さ
い
よ
!
 
  
 
  
の
顔
を
キ
ュ
ル
ラ
は
ぐ
い
っ
と
持
ち
上
げ
ゲ
キ
を
飛
ば
し
た
 °
  
も
は
や
余
生
を
地
面
に
呪
い
を
吐
き
続
け
よ
う
と
し
て
い
る
和
樹
  
 
  
キ
ャ
ロ
ル
は
微
笑
み
な
が
ら
大
き
な
右
手
を
ぶ
ん
ぶ
ん
と
振
っ
た
 °
  
 
  
 
は
|
い
 °
ご
ゆ
っ
く
り
 °
に
ゃ
 °
 
  
い
っ
!
 
  
 
ば
か
っ
!
何
言
っ
て
る
の
よ
!
い
い
か
ら
そ
こ
で
待
っ
て
な
さ
  
 
  
う
と
し
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ち
ょ
っ
と
い
じ
わ
る
く
笑
い
な
が
ら
探
り
を
い
れ
よ
  
 
  
に
ゃ
?
 
  
 
え
?
私
も
気
に
な
る
け
ど
・
・
・
ひ
ょ
っ
と
し
て
 
お
邪
魔
か

   

  
 
  
申
し
訳
な
い
と
思
っ
て
る
の
?
騙
し
た
の
よ
?
あ
の
子
の
事
!
 
  
 
あ
ん
た
ね
ぇ
 °
大
体
あ
の
子
を
騙
し
て
変
身
見
よ
う
と
し
た
事
  
 
  
や
だ
だ
っ
子
の
様
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
す
っ
か
り
テ
ン
シ
ョ
ン
が
だ
だ
下
が
り
に
下
が
っ
た
和
樹
は
も
は
  
 
  
 
だ
っ
て
 
別
に
そ
の
為
に
喚
ん
だ
訳
じ
ゃ
な
い
し
・
・
・
 
  
る
約
束
し
た
で
し
ょ
?
 
  
 
ほ
ら
!
キ
ャ
ル
も
待
っ
て
る
ん
だ
か
ら
 °
あ
の
子
に
魔
力
あ
げ
  
 
  
の
声
で
怒
り
始
め
た
 °
  
は
笑
顔
で
答
え
 
和
樹
の
ほ
う
を
向
き
直
る
と
 
彼
に
お
さ
え
め
  
心
配
そ
う
に
遠
く
か
ら
声
を
か
け
て
く
る
キ
ャ
ロ
ル
に
キ
ュ
ル
ラ
  
 
  
 
あ
 
う
|
ん
 °
だ
い
じ
ょ
ぶ
だ
か
ら
|
 °
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
|
ん
 °
だ
い
じ
ょ
|
ぶ
|
?
 
  
 
  
て
し
ま
っ
た
 °
  
和
樹
の
無
気
力
ぶ
り
に
キ
ュ
ル
ラ
は
思
わ
ず
キ
レ
て
大
声
を
あ
げ

   

  
ょ
?
!
 
  
 
あ
 
ほ
ら
っ
!
あ
の
子
 °
胸
の
と
こ
に
毛
が
生
え
て
な
い
で
し
  
 
  
と
思
い
な
が
ら
 
ふ
い
に
あ
る
事
に
き
が
つ
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
少
女
は
心
の
中
で
 
こ
れ
だ
か
ら
オ
カ
ル
ト
マ
ニ
ア
っ
て
・
・
・
 
  
 
  
 
獣
人
な
ん
だ
か
ら
 
別
に
裸
っ
て
訳
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
・
・
・
 °
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
う
い
う
と
和
樹
に
キ
ャ
ロ
ル
の
ほ
う
を
見
さ
せ
た
 °
  
 
  
し
ょ
?
早
く
し
て
あ
げ
な
い
と
風
邪
ひ
い
ち
ゃ
う
よ
?
 
  
 
そ
 
そ
れ
に
 
キ
ャ
ル
も
こ
ん
な
夜
中
に
裸
で
か
わ
い
そ
う
で
  
 
  
た
 °
  
効
果
は
あ
っ
た
が
自
爆
だ
っ
た
事
に
少
女
は
心
の
中
で
頭
を
抱
え
  
 
  
 
お
前
だ
っ
て
 
 
お
も
し
ろ
い
 
と
か
言
っ
て
た
じ
ゃ
ん
 °
 
  
 
  
見
た
少
女
は
い
け
そ
う
な
雰
囲
気
を
感
じ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
の
言
葉
に
和
樹
の
体
が
ぴ
く
り
っ
と
動
い
た
 °
そ
れ
を

   

  
ん
て
弱
い
か
ら
 
あ
ん
た
か
ら
魔
力
も
ら
え
ば
ま
だ
変
身
す
る
わ
  
 
そ
れ
に
 
あ
の
子
 °
ま
だ
月
の
力
で
変
身
し
た
だ
け
で
魔
力
な
  
 
  
た
 °
  
事
に
キ
ュ
ル
ラ
は
い
ら
っ
と
し
て
そ
し
て
無
責
任
に
そ
そ
の
か
し
  
せ
っ
か
く
気
が
つ
い
た
好
機
も
 
和
樹
に
は
全
然
伝
わ
っ
て
な
い
  
 
  
 
ほ
う
 
そ
り
ゃ
よ
か
っ
た
な
 °
 
  
ス
な
の
よ
?
!
 
  
よ
く
取
り
込
ん
で
魔
力
に
で
き
る
っ
て
わ
け
 °
す
っ
ご
く
チ
ャ
ン
  
 
だ
ぁ
か
ぁ
ら
ぁ
 °
発
情
期
っ
て
こ
と
は
あ
ん
た
の
精
力
を
効
率
  
 
  
和
樹
は
少
し
い
ら
っ
と
し
な
が
ら
聞
き
返
し
た
 °
  
 
  
 
だ
か
ら
 
な
ん
だ
っ
て
言
う
ん
だ
よ
 °
 
  
あ
の
子
の
事
だ
か
ら
あ
ん
ま
り
意
識
し
て
無
い
だ
ろ
う
け
ど
 °
 
  
ゃ
っ
た
か
ら
か
も
し
れ
な
い
け
ど
ち
ょ
う
ど
今
が
発
情
期
な
わ
け
 °
  
の
よ
 °
つ
ま
り
あ
の
子
は
 
た
ぶ
ん
月
の
力
で
一
気
に
覚
醒
し
ち
  
 
ワ
|
キ
ャ
ッ
ト
は
ね
 
発
情
期
に
な
る
と
胸
の
毛
が
無
く
な
る
  
 
そ
れ
が
ど
う
か
し
た
の
か
?
 













   

  
も
う
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
て
|
 °
 
  
 
何
言
っ
て
る
の
よ
|
 °
ま
だ
用
事
済
ん
で
な
い
ん
だ
か
ら
|
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
|
ん
 °
そ
ろ
そ
ろ
帰
ら
な
|
い
?
 
  
 
  
の
だ
っ
た
 °
  
も
 
お
し
ゃ
べ
り
に
夢
中
に
な
っ
て
る
キ
ュ
ル
ラ
に
呼
び
か
け
た
  
隠
す
物
が
欲
し
く
な
り
 
お
邪
魔
し
て
は
い
け
な
い
と
思
い
つ
つ
  
両
手
で
隠
し
 
赤
く
な
り
な
が
ら
下
を
向
い
た
 °
そ
し
て
身
体
を
  
自
分
の
小
さ
な
胸
が
晒
さ
れ
て
い
る
事
に
気
が
つ
き
 
あ
わ
て
て
  
そ
ん
な
火
照
っ
た
身
体
を
夜
風
が
通
り
す
ぎ
る
と
 
キ
ャ
ロ
ル
は
  
に
座
り
 
さ
ま
し
て
い
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
だ
熱
っ
ぽ
い
身
体
を
冷
た
く
て
心
地
よ
い
草
の
上
  
何
や
ら
あ
ち
ら
で
二
人
で
話
し
て
る
事
が
気
に
な
り
な
が
ら
も
 
  
 
  
 
  
を
引
き
上
げ
よ
う
と
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
よ
う
や
く
食
い
つ
い
て
来
た
魚
を
逃
す
ま
い
と
少
女
は
さ
ら
に
竿
  
 
  
 
ほ
う
?
!
 
  
よ
?
 























   

  
 
そ
れ
に
・
・
・
そ
り
ゃ
あ
私
も
お
も
し
ろ
が
っ
た
け
ど
 
あ
ん
  
 
う
っ
・
・
・
 °
 
  
の
に
喚
び
だ
さ
れ
ち
ゃ
っ
た
の
よ
?
 
  
 
あ
の
子
 
あ
ん
た
の
何
も
考
え
て
な
い
召
喚
で
来
た
く
も
な
い
  
 
あ
あ
 °
そ
う
い
や
お
ま
え
そ
ん
な
事
言
っ
て
た
な
あ
 °
 
  
き
ち
ゃ
っ
た
ら
 
あ
の
子
す
っ
ご
く
馬
鹿
に
さ
れ
ち
ゃ
う
の
よ
?
 
  
 
だ
め
で
し
ょ
?
前
に
言
っ
た
で
し
ょ
?
何
も
し
な
い
で
帰
っ
て
  
 
帰
り
た
い
な
ら
帰
れ
ば
い
い
ん
じ
ゃ
ね
|
の
?
 
  
と
か
言
い
出
し
ち
ゃ
っ
て
る
よ
?
 
  
 
ほ
ら
 
あ
の
子
 °
わ
か
ん
な
く
な
っ
て
き
ち
ゃ
っ
て
帰
り
た
い
  
 
  
っ
た
 °
  
茶
番
を
一
刻
も
早
く
終
わ
ら
せ
る
為
に
少
女
は
猛
攻
に
で
た
の
だ
  
て
る
事
に
キ
ュ
ル
ラ
は
少
し
腹
が
立
っ
て
き
た
 °
も
は
や
こ
ん
な
  
共
に
い
い
加
減
な
の
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
自
分
一
人
が
が
ん
ば
っ
  
こ
ち
ら
で
は
和
樹
 
あ
ち
ら
で
は
キ
ャ
ロ
ル
と
当
事
者
の
二
人
が
  
 
  
い
つ
け
に
お
と
な
し
く
待
っ
て
る
キ
ャ
ロ
ル
だ
っ
た
 °
  
す
ぐ
に
で
も
帰
り
た
い
気
分
に
な
っ
て
き
た
も
の
の
 
親
友
の
い
  
 

























   

  
 
お
か
え
り
|
 °
じ
ゃ
 
か
え
ろ
っ
か
?
 
  
 
  
の
下
に
駆
け
寄
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ず
|
っ
と
言
わ
れ
た
ま
ま
に
待
っ
て
い
た
キ
ャ
ロ
ル
  
 
  
 
キ
ャ
ル
|
 °
お
ま
た
せ
|
!
 
  
 
  
 
  
叩
く
と
 
キ
ュ
ル
ラ
は
ほ
っ
と
一
息
を
つ
い
た
 °
  
を
か
け
る
事
で
 
よ
う
や
く
落
ち
た
和
樹
の
肩
を
ぽ
ん
ぽ
ん
っ
と
  
人
間
の
最
大
の
弱
点
 
良
心
 
を
呼
び
起
こ
し
そ
こ
に
波
状
攻
撃
  
 
  
 
そ
う
 °
そ
う
 °
解
れ
ば
い
い
の
よ
 °
解
れ
ば
 °
 
  
れ
ば
 °
 
  
 
う
う
う
う
っ
 °
わ
 
わ
か
っ
た
よ
 °
や
れ
ば
い
い
ん
だ
ろ
 °
  
あ
ん
た
悪
魔
以
下
の
最
低
な
外
道
よ
?
 
  
 
そ
ん
な
か
わ
い
そ
う
な
子
を
 
あ
ん
た
 
こ
の
ま
ま
帰
す
気
?
  
 
う
う
っ
・
・
・
 °
 
  
て
騙
し
た
の
よ
?
 
  
た
も
あ
の
子
の
変
身
が
見
た
い
か
ら
あ
の
子
に
そ
れ
を
言
わ
な
く

   

  
キ
ャ
ロ
ル
が
 
に
ゃ
は
は
は
 
と
笑
い
し
そ
う
な
雰
囲
気
な
の
を
  
 
  
 
あ
|
 °
そ
う
だ
っ
た
ね
 °
忘
れ
て
た
に
ゃ
 °
 
  
 
だ
か
ら
 
魔
力
を
も
ら
う
為
で
し
ょ
?
忘
れ
た
の
?
 
  
 
  
ん
と
よ
か
っ
た
 °
 
と
か
と
ん
で
も
な
い
事
を
考
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ほ
っ
と
胸
を
な
で
下
ろ
す
と
 
こ
の
子
が
馬
鹿
で
ほ
  
 
  
ゃ
 °
 
  
 
あ
|
 °
そ
っ
か
|
 °
う
|
ん
と
 
じ
ゃ
あ
 
何
だ
っ
け
か
?
に
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ち
ょ
っ
と
言
葉
に
つ
ま
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
で
・
・
・
 °
 
  
 
ち
 
違
う
で
し
ょ
?
そ
れ
は
あ
ん
た
が
勝
手
に
変
身
し
た
だ
け
  
 
う
|
ん
と
・
・
・
・
 °
変
身
か
に
ゃ
?
 
  
 
ち
ょ
っ
と
!
あ
ん
た
 
こ
こ
に
何
し
に
来
た
と
思
っ
て
る
の
よ
?
 
  
 
  
キ
ャ
ロ
ル
が
帰
ろ
う
と
し
て
る
事
に
キ
ュ
ル
ラ
は
あ
わ
て
た
 °
  
 

























   

  
じ
ら
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
し
て
る
キ
ャ
ロ
ル
に
は
そ
の
本
人
か
ら
の
言
葉
は
す
ご
く
重
く
感
  
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
そ
ん
な
親
友
の
辛
い
姿
を
目
の
あ
た
り
に
  
は
出
来
ず
 
帰
っ
て
か
ら
と
い
う
も
の
さ
ん
ざ
ん
馬
鹿
に
さ
れ
て
  
前
回
 
キ
ュ
ル
ラ
は
結
局
 
魔
力
を
溜
め
た
ま
ま
魔
界
に
帰
る
事
  
 
  
ど
う
な
る
か
知
っ
て
る
よ
ね
?
 
  
 
で
も
 
あ
ん
た
 °
何
も
し
な
い
で
あ
っ
ち
に
帰
っ
た
ら
・
・
・
  
 
  
両
手
の
肉
球
を
見
せ
な
が
ら
左
右
に
何
回
も
振
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
真
っ
赤
に
な
っ
た
顔
を
ぶ
ん
ぶ
ん
っ
と
振
り
回
す
と
 
  
 
  
 
え
え
え
え
え
え
え
え
!
!
そ
ん
な
の
無
理
っ
!
!
 
  
 
  
し
を
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
に
例
の
や
り
方
を
と
が
っ
た
耳
に
内
緒
話
  
 
  
 
そ
れ
で
ね
 °
魔
力
を
も
ら
う
方
法
だ
け
ど
・
・
・
・
 
  
 
  
見
て
 
キ
ュ
ル
ラ
は
 
こ
の
子
変
身
で
よ
り
馬
鹿
∧
以
下
略
∨
 °

   

  
 
  
 
お
|
 °
今
そ
っ
ち
行
く
か
ら
 °
 
  
 
か
ず
き
|
 °
い
い
っ
て
さ
|
 °
 
  
 
  
た
 °
  
苦
労
し
ま
く
っ
て
る
事
に
キ
ュ
ル
ラ
は
少
し
お
も
し
ろ
く
な
か
っ
  
い
く
ら
親
友
の
為
と
は
い
え
 
自
分
に
ま
っ
た
く
関
係
な
い
事
で
  
 
  
わ
よ
 °
 
  
 
は
い
 
じ
ゃ
あ
 °
決
ま
り
ね
 °
さ
っ
!
さ
っ
さ
と
終
わ
ら
せ
る
  
け
な
ら
・
・
・
い
い
か
に
ゃ
 °
 
  
 
和
樹
く
ん
も
 
喜
ん
で
協
力
し
て
く
れ
る
な
ら
 
ち
ょ
っ
と
だ
  
 
  
便
で
少
女
は
押
し
通
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
一
言
も
そ
ん
な
事
は
言
っ
て
な
か
っ
た
が
 
そ
こ
は
嘘
も
方
  
 
  
力
す
る
っ
て
言
っ
て
る
し
 °
 
  
 
だ
っ
た
ら
 
和
樹
に
魔
力
も
ら
い
な
さ
い
 °
和
樹
も
喜
ん
で
協
  
 
う
 
う
ん
・
・
・
 °
そ
れ
は
わ
か
っ
て
る
・
・
・
 °
 
  
 

























   

  
ま
っ
た
 °
だ
が
 
や
が
て
そ
の
力
も
徐
々
に
抜
け
て
い
き
 
二
つ
  
を
ぴ
く
っ
と
動
か
し
 
少
女
の
し
っ
ぽ
は
ぴ
ん
っ
と
上
に
跳
ね
し
  
を
少
し
び
く
り
っ
と
 
そ
し
て
あ
の
時
に
は
無
か
っ
た
二
つ
の
耳
  
ん
っ
と
手
を
お
い
て
頭
を
撫
で
た
 °
少
女
は
あ
の
時
の
よ
う
に
体
  
っ
と
軽
く
笑
う
と
 
優
し
く
う
つ
む
き
か
げ
ん
の
少
女
の
頭
に
ぽ
  
形
は
少
し
変
わ
っ
た
も
の
の
 
あ
の
時
の
少
女
を
思
い
出
し
 
  
下
を
向
き
な
が
ら
小
刻
み
に
し
っ
ぽ
を
揺
ら
す
少
女
を
見
て
 
姿
  
和
樹
は
何
か
声
を
掛
け
よ
う
と
し
て
キ
ャ
ロ
ル
の
ほ
う
を
見
た
 °
  
の
二
人
だ
け
が
取
り
残
さ
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
し
て
月
明
か
り
が
優
し
く
照
ら
す
草
原
に
 
和
樹
と
キ
ャ
ロ
ル
  
 
  
い
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
が
来
る
の
と
同
時
に
元
居
た
場
所
へ
と
帰
っ
て
  
 
  
て
 
帰
る
わ
よ
 °
 
  
 
私
 
あ
っ
ち
で
待
っ
て
る
か
ら
 °
じ
ゃ
 
さ
っ
さ
と
終
わ
ら
せ
  
 
  
の
だ
っ
た
 °
  
と
隠
し
な
が
ら
恥
ず
か
し
そ
う
に
し
て
る
キ
ャ
ロ
ル
の
前
に
来
た
  
キ
ュ
ル
ラ
に
呼
ば
れ
て
和
樹
は
下
を
向
い
て
胸
を
両
手
で
ぎ
ゅ
っ

   

  
 
大
体
 
あ
た
し
関
係
な
い
し
 °
そ
も
そ
も
喚
ば
れ
て
も
い
な
い
  
 
  
た
だ
待
っ
て
い
る
少
女
は
 
次
第
に
イ
ラ
イ
ラ
と
し
始
め
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
最
初
に
居
た
場
所
か
ら
二
人
の
ほ
う
を
見
て
い
た
 °
  
 
  
た
 °
  
い
た
 °
そ
し
て
そ
の
姿
は
次
第
に
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
  
少
女
の
大
き
な
瞳
は
潤
い
 
そ
の
湖
に
は
彼
の
姿
が
映
り
込
ん
で
  
様
に
倒
す
と
 
二
人
は
さ
ら
に
近
い
距
離
で
見
つ
め
合
っ
た
 °
  
そ
の
ま
ま
草
原
の
ベ
ッ
ド
へ
と
少
女
を
優
し
く
エ
ス
コ
|
ト
す
る
  
 
  
見
つ
め
 
は
い
 °
 
と
短
く
答
え
た
 °
  
少
女
は
上
を
向
く
と
ま
だ
紅
潮
す
る
顔
で
彼
の
事
を
ま
っ
す
ぐ
に
  
 
  
な
い
か
ら
 °
 
と
声
を
か
け
た
 °
  
あ
り
き
た
り
だ
が
と
て
も
優
し
い
声
で
 
だ
い
じ
ょ
う
ぶ
 °
怖
く
  
和
樹
は
少
女
の
頭
か
ら
手
を
ど
か
し
 
そ
の
ま
ま
肩
を
抱
く
と
 
  
抜
け
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
左
右
に
揺
ら
し
て
 
よ
う
や
く
少
女
は
少
し
身
体
全
体
か
ら
力
が
  
の
耳
か
ら
も
緊
張
が
無
く
な
り
 
し
っ
ぽ
を
気
持
ち
良
さ
そ
う
に

   

  
る
感
覚
に
 
少
女
は
す
っ
か
り
支
配
さ
れ
て
い
た
 °
  
す
ご
く
不
安
で
怖
い
け
ど
 
な
ぜ
だ
か
自
分
の
体
が
そ
れ
を
求
め
  
も
か
け
ら
れ
た
様
に
 
目
が
と
ろ
ん
と
し
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
ど
ん
ど
ん
頭
の
中
が
ぼ
|
っ
と
し
て
き
て
 
ま
る
で
催
眠
術
に
で
  
ど
ん
激
し
く
な
っ
て
い
き
 
顔
が
火
の
様
に
熱
く
な
り
 
そ
し
て
  
そ
し
て
和
樹
の
顔
が
近
づ
い
て
く
る
度
に
 
心
臓
の
鼓
動
が
ど
ん
  
え
て
い
た
 °
  
わ
っ
と
体
を
寝
か
せ
ら
れ
た
様
に
 
自
然
と
体
を
草
原
へ
と
横
た
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
る
で
柔
ら
か
な
ベ
|
ル
に
包
ま
れ
て
そ
の
ま
ま
ふ
  
 
  
元
へ
と
突
撃
し
た
 °
  
少
女
は
つ
い
に
堪
忍
袋
の
緒
が
切
れ
る
と
 
ダ
ッ
シ
ュ
で
二
人
の
  
 
  
あ
た
し
の
も
の
じ
ゃ
な
い
?
!
!
 
  
ち
ょ
っ
と
!
何
し
て
る
の
よ
?
!
そ
も
そ
も
和
樹
の
精
力
は
全
部
  
よ
!
あ
の
馬
鹿
!
い
つ
の
間
に
あ
ん
な
厭
ら
し
い
事
覚
え
た
の
よ
!
  
な
ん
で
和
樹
は
あ
た
し
の
時
よ
り
ム
|
ド
出
し
ち
ゃ
っ
て
る
わ
け
  
を
あ
た
し
が
こ
こ
で
見
な
け
れ
ば
い
け
な
い
わ
け
?
と
い
う
よ
り
 
  
て
い
う
か
 
何
で
夜
魔
の
あ
た
し
が
除
け
者
に
な
っ
て
て
 
そ
れ
  
し
!
つ
|
か
 
何
で
あ
た
し
こ
ん
な
と
こ
ろ
に
居
る
わ
け
?
!
っ

   

  
ャ
ロ
ル
は
大
き
な
目
を
ぱ
ち
く
り
と
さ
せ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
い
き
な
り
目
の
前
で
起
き
た
惨
劇
に
正
気
に
戻
さ
れ
た
キ
  
 
  
 
な
に
し
や
が
る
っ
!
!
!
 
と
大
声
で
怒
鳴
り
つ
け
た
 °
  
 
  
な
が
ら
  
え
首
に
大
き
な
ダ
メ
|
ジ
を
お
っ
た
和
樹
は
 
首
を
手
で
押
さ
え
  
い
た
犬
に
冷
や
水
を
か
け
る
が
ご
と
く
に
妨
害
を
さ
れ
あ
ま
つ
さ
  
い
き
な
り
い
い
ム
|
ド
を
ぶ
ち
こ
わ
さ
れ
 
ま
る
で
サ
カ
リ
の
つ
  
は
赤
ず
き
ん
ち
ゃ
ん
か
ら
引
き
は
が
さ
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
和
樹
の
首
か
ら
は
 
ご
き
っ
 
と
い
う
鈍
い
音
が
し
 
オ
オ
カ
ミ
  
ん
ず
っ
と
掴
み
 
首
を
ぐ
っ
と
後
ろ
へ
ひ
っ
ぱ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
猛
ス
ピ
|
ド
で
駆
け
寄
る
と
 
和
樹
の
髪
の
毛
を
む
  
 
  
 
は
い
 
ス
ト
|
ッ
プ
!
!
!
 
  
 
  
・
・
・
  
そ
し
て
息
の
か
か
る
ほ
ど
二
人
は
近
づ
く
と
そ
の
く
ち
び
る
が
・
  
じ
 
優
し
い
気
持
ち
で
包
み
込
む
様
に
そ
っ
と
顔
を
近
づ
け
た
 °
  
そ
し
て
和
樹
は
そ
ん
な
女
の
子
の
恥
じ
ら
い
顔
に
 
健
気
さ
を
感

   

  
 
だ
か
ら
 
今
 
考
え
て
る
ん
じ
ゃ
な
い
!
う
|
ん
と
・
・
・
 
  
 
  
は
さ
ら
に
キ
ュ
ル
ラ
を
責
め
立
て
た
 °
  
も
っ
と
も
ら
し
い
理
屈
だ
っ
た
が
 
ま
だ
納
得
の
い
か
な
い
和
樹
  
 
  
 
で
っ
?
今
更
ど
う
す
ん
だ
よ
?
!
今
夜
が
チ
ャ
ン
ス
な
ん
だ
ろ
?
 
  
 
  
始
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
と
こ
ろ
ど
こ
ろ
つ
ま
り
な
が
ら
も
必
死
に
弁
論
を
開
  
 
  
つ
い
キ
ャ
ル
も
夜
魔
っ
て
思
っ
ち
ゃ
っ
て
・
・
・
 °
 
  
 
あ
 
あ
れ
は
 °
そ
う
 
忘
れ
て
た
の
よ
 °
自
分
が
夜
魔
だ
か
ら
  
 
  
た
 °
  
い
ろ
ん
な
意
味
で
怒
り
の
治
ま
ら
な
い
和
樹
は
猛
抗
議
を
開
始
し
  
 
  
 
お
前
 
自
分
で
大
丈
夫
っ
て
言
っ
た
だ
ろ
っ
!
 
  
か
ら
精
力
を
す
っ
て
魔
力
を
も
ら
う
な
ん
て
無
理
よ
 
無
理
 °
 
  
 
や
っ
ぱ
 °
変
更
 °
だ
い
た
い
 
夜
魔
で
も
な
い
キ
ャ
ル
が
和
樹
  
 

























   

  
 
は
あ
?
何
で
俺
が
目
つ
ぶ
る
必
要
が
あ
る
ん
だ
よ
?
 
  
ぶ
り
な
さ
い
よ
 °
 
  
 
い
い
か
ら
!
あ
ん
た
・
・
・
そ
の
 
ち
ょ
っ
と
・
・
目
・
・
つ
  
 
お
い
 
そ
の
方
法
 °
本
当
に
大
丈
夫
か
よ
?
 
  
 
い
 
今
 °
思
い
つ
い
た
わ
よ
 °
じ
ゃ
あ
 
は
 
始
め
る
わ
よ
 °
 
  
 
  
突
然
の
緊
急
事
態
に
 
少
女
は
決
断
を
せ
ま
ら
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
れ
ば
い
い
ん
じ
ゃ
ね
|
の
?
 
  
 
考
え
つ
か
な
い
な
ら
 
と
り
あ
え
ず
さ
っ
き
の
様
に
や
っ
て
み
  
 
  
ら
し
た
か
の
様
に
急
か
せ
た
 °
  
な
か
な
か
考
え
が
で
て
こ
な
い
キ
ュ
ル
ラ
に
和
樹
は
し
び
れ
を
切
  
 
  
く
 
考
え
た
だ
け
で
赤
面
し
て
う
つ
む
く
ほ
ど
で
あ
っ
た
 °
  
い
方
法
 °
だ
が
 
そ
れ
は
今
の
少
女
に
は
あ
ま
り
に
も
恥
ず
か
し
  
そ
し
て
少
女
は
一
つ
の
考
え
に
達
し
た
 °
少
女
に
と
っ
て
最
も
い
  
な
お
か
つ
キ
ャ
ロ
ル
に
魔
力
を
与
え
る
 
方
法
を
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
考
え
た
 °
 
和
樹
の
精
力
を
ひ
と
り
じ
め
に
し
て
 
  
 

























   

  
は
ま
る
で
寝
て
い
る
赤
ち
ゃ
ん
を
起
こ
さ
な
い
よ
う
に
と
・
・
そ
  
弱
く
小
さ
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
唇
か
ら
頬
か
ら
そ
の
感
触
  
い
つ
ま
で
も
そ
の
感
触
を
忘
れ
な
い
で
欲
し
い
と
願
う
か
の
様
に
  
唇
は
ま
た
ゆ
っ
く
り
と
今
度
は
別
れ
を
惜
し
む
よ
う
に
 °
ま
る
で
  
 
  
に
真
実
を
探
求
す
る
事
を
や
め
さ
せ
て
し
ま
っ
た
 °
  
は
そ
っ
と
塞
が
れ
て
い
た
 °
そ
し
て
不
思
議
と
安
ら
ぐ
感
覚
が
彼
  
す
ぎ
る
出
来
事
に
彼
は
声
を
上
げ
よ
う
と
す
る
も
の
の
 
そ
の
唇
  
に
そ
の
感
触
は
よ
り
鮮
明
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
あ
ま
り
に
も
突
然
  
・
・
ま
る
で
よ
り
強
く
そ
し
て
よ
り
深
い
結
び
つ
き
を
求
め
る
様
  
そ
し
て
和
樹
の
唇
の
感
触
を
確
か
め
る
様
に
ゆ
っ
く
り
と
広
く
・
  
優
し
く
そ
っ
と
和
樹
の
唇
に
何
か
が
触
れ
た
 °
  
突
然
 
頬
に
柔
ら
か
く
触
れ
ら
れ
た
か
と
思
う
と
 
そ
れ
よ
り
も
  
 
  
 
!
!
?
 
  
 
  
従
う
様
に
目
を
つ
ぶ
っ
た
 °
  
な
ん
だ
か
訳
の
わ
か
ら
な
い
少
女
の
気
迫
に
と
り
あ
え
ず
和
樹
は
  
 
  
 
い
い
か
ら
っ
!
つ
ぶ
り
な
さ
い
っ
て
言
っ
て
る
で
し
ょ
?
!
!
 

   

  
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 
そ
ん
な
事
で
き
る
の
?
 
  
 
そ
ん
な
事
で
き
る
の
か
?
 
  
ら
精
力
を
も
ら
っ
て
 
そ
れ
を
キ
ャ
ル
に
あ
げ
る
わ
 °
 
  
 
は
ぁ
 °
は
ぁ
 °
・
・
・
こ
れ
で
大
丈
夫
よ
 °
あ
た
し
が
和
樹
か
  
 
  
ろ
か
ら
悪
魔
の
し
っ
ぽ
が
生
え
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
て
叫
ん
だ
 °
す
る
と
少
女
の
背
中
か
ら
悪
魔
の
翼
と
お
尻
の
と
こ
  
突
然
キ
ュ
ル
ラ
は
背
中
を
ま
る
め
る
と
今
度
は
の
け
ぞ
る
様
に
し
  
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ん
!
!
 
  
 
  
だ
下
を
向
き
 
黙
っ
て
い
た
 °
  
彼
は
目
の
前
の
犯
人
に
叫
ん
だ
 °
だ
が
 
少
女
は
何
も
言
わ
ず
た
  
 
  
 
い
 
い
き
な
り
何
す
ん
だ
よ
っ
!
 
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
和
樹
は
そ
し
て
ま
た
望
む
が
ま
ま
の
日
常
の
舞
台
へ
と
戻
っ
た
の
  
っ
と
離
れ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °













   

  
問
い
た
だ
し
た
 °
  
を
言
っ
て
る
の
か
ま
っ
た
く
聞
こ
え
な
か
っ
た
和
樹
は
も
う
一
度
  
キ
ュ
ル
ラ
は
突
然
下
を
向
い
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
少
女
が
何
  
 
  
 
だ
か
ら
 
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
 °
 
  
 
  
樹
は
話
し
を
強
引
に
引
き
戻
し
た
 °
  
放
っ
て
お
く
と
一
晩
中
で
も
漫
才
を
さ
れ
か
ね
な
い
と
思
い
 
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
で
 
ど
う
す
ん
だ
よ
?
 
  
 
  
少
女
は
お
も
わ
ず
つ
っ
こ
み
を
い
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
少
女
の
気
持
ち
を
知
っ
て
か
知
ら
ず
か
 °
天
然
の
親
友
の
ボ
ケ
に
  
 
  
 
あ
ん
た
に
あ
っ
た
っ
て
 
今
は
し
ょ
う
が
な
い
で
し
ょ
?
!
 
  
 
私
に
も
あ
る
け
ど
 
で
き
る
の
か
に
ゃ
?
 
  
 
で
き
る
わ
よ
 °
そ
の
為
に
し
っ
ぽ
を
出
し
た
ん
だ
か
ら
 °
 
  
 
  
ャ
ロ
ル
が
 
体
を
起
こ
し
な
が
ら
聞
い
て
き
た
 °
  
突
然
の
出
来
事
∧
キ
ス
∨
に
目
を
し
っ
か
り
両
手
で
覆
っ
て
た
キ

   

  
極
度
の
興
奮
状
態
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
少
女
は
 
肩
で
大
き
く
息
  
 
  
て
る
で
し
ょ
っ
!
!
!
 
  
 
だ
か
ら
 
わ
た
し
の
し
っ
ぽ
を
に
ぎ
ら
せ
て
あ
げ
る
っ
て
言
っ
  
 
  
涙
を
た
め
な
が
ら
 
た
た
き
つ
け
る
様
に
言
い
放
っ
た
 °
  
は
 
き
っ
 
と
彼
を
睨
む
と
 
赤
面
し
 
そ
の
目
に
う
っ
す
ら
と
  
あ
ま
り
に
も
傲
慢
な
そ
し
て
無
神
経
な
彼
の
言
動
に
 
キ
ュ
ル
ラ
  
 
  
 
だ
か
ら
 
聞
こ
え
な
い
つ
|
の
!
 
  
 
  
い
和
樹
は
少
し
強
め
に
再
び
聞
き
返
し
た
 °
  
い
た
 °
ま
た
し
て
も
肝
心
な
部
分
が
聞
こ
え
な
く
て
全
く
解
ら
な
  
キ
ュ
ル
ラ
は
依
然
下
を
向
き
な
が
ら
何
や
ら
小
さ
な
声
で
つ
ぶ
や
  
 
  
の
よ
 °
 
  
 
だ
か
ら
 
わ
た
し
の
・
・
・
・
を
・
・
・
・
・
っ
て
言
っ
て
る
  
 
  
 
は
あ
?
よ
く
聞
こ
え
な
か
っ
た
ん
だ
が
?
 
  
 

























   

  
 
あ
 
ご
め
ん
 °
何
か
俺
 
悪
い
事
言
っ
た
か
?
 
  
 
  
を
装
っ
た
 °
  
鎮
火
作
業
も
完
了
し
 
キ
ュ
ル
ラ
は
努
め
て
ポ
|
カ
|
フ
ェ
イ
ス
  
出
す
の
は
今
後
不
利
よ
ね
 °
 
  
そ
れ
に
よ
|
く
考
え
た
ら
こ
っ
ち
の
手
の
う
ち
を
今
全
て
さ
ら
け
  
当
然
か
|
 °
ま
あ
 
普
通
じ
ゃ
あ
絶
対
・
・
・
・
な
い
し
 °
  
 
よ
く
よ
く
考
え
て
み
れ
ば
 
一
応
人
間
だ
し
 
知
ら
な
く
て
も
  
て
冷
静
に
さ
せ
た
 °
  
あ
が
っ
た
 °
だ
が
 
あ
ま
り
に
も
激
し
い
怒
り
が
少
女
を
か
え
っ
  
な
く
消
し
去
っ
て
し
ま
っ
て
も
治
ま
ら
な
い
く
ら
い
に
ま
で
膨
れ
  
れ
た
 °
そ
し
て
激
し
い
感
情
の
渦
が
 
目
の
前
の
下
郎
を
跡
形
も
  
彼
の
言
葉
を
聞
い
た
途
端
 
彼
女
の
中
で
音
を
立
て
て
何
か
が
き
  
 
  
 
し
|
っ
 
し
っ
ぽ
か
|
 °
で
す
っ
て
ぇ
ぇ
?
!
 
  
 
  
え
ば
い
い
の
に
 °
 
  
 
あ
あ
 
し
っ
ぽ
か
 °
何
か
と
思
っ
た
よ
 °
最
初
っ
か
ら
そ
う
言
  
 
  
を
し
て
い
た
 °




















   

  
や
る
気
を
そ
が
な
い
程
度
に
キ
ュ
ル
ラ
は
話
し
を
ま
と
め
よ
う
と
  
と
り
あ
え
ず
つ
じ
つ
ま
を
辛
う
じ
て
あ
わ
せ
な
が
ら
も
 
和
樹
の
  
 
  
さ
っ
き
は
和
樹
を
驚
か
せ
よ
う
と
思
っ
て
ね
 °
 
  
 
そ
|
 °
そ
|
 °
こ
ん
な
チ
ャ
ン
ス
2
度
と
無
い
わ
よ
 °
だ
か
ら
  
 
  
思
い
 
忘
れ
る
事
に
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
意
外
に
も
冷
静
な
キ
ュ
ル
ラ
に
和
樹
は
 
気
の
せ
い
か
な
?
 
と
  
 
  
 
そ
う
言
わ
れ
て
み
れ
ば
そ
う
か
も
な
 °
 
  
 
  
少
女
は
努
め
て
平
静
を
保
つ
よ
う
に
心
が
け
た
 °
  
 
  
な
ん
て
珍
し
い
で
し
ょ
|
?
 
  
 
だ
 
だ
い
じ
ょ
う
ぶ
よ
|
 °
ほ
ら
 °
悪
魔
の
し
っ
ぽ
触
れ
る
の
  
 
  
み
た
 °
  
を
感
じ
た
和
樹
は
 
と
り
あ
え
ず
訳
も
分
か
ら
な
い
ま
ま
謝
っ
て
  
キ
ュ
ル
ラ
か
ら
感
じ
る
得
体
の
し
れ
な
い
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
に
危
機
  
 

























   

  
 
  
 
は
い
は
い
 °
今
か
ら
そ
れ
を
説
明
し
て
あ
げ
る
か
ら
 °
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 
私
は
何
す
れ
ば
い
い
の
か
に
ゃ
?
 
  
 
俺
は
何
す
れ
ば
い
い
ん
だ
?
し
っ
ぽ
係
か
?
 
  
 
  
宣
言
を
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
一
つ
大
き
く
息
を
吸
う
と
 
覚
悟
を
決
め
る
よ
う
に
  
 
  
か
 °
 
  
 
・
・
・
・
さ
て
っ
!
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
そ
ろ
そ
ろ
始
め
ま
し
ょ
う
  
 
  
 
  
数
え
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
小
声
で
 
1
・
・
3
・
・
5
・
・
7
・
・
1
1
・
・
 
と
何
か
を
  
も
は
や
天
賦
の
才
能
の
無
礼
者
に
少
女
は
笑
顔
を
浮
か
べ
な
が
ら
 
  
 
  
が
な
|
 °
 
  
 
ふ
|
ん
 °
ま
あ
 
そ
れ
ほ
ど
興
味
が
あ
る
わ
け
じ
ゃ
な
い
ん
だ
  
 
  
し
た
 °























   

  
 
  
っ
て
る
の
?
 
  
 
あ
ん
た
は
 
そ
こ
で
寝
て
れ
ば
い
い
か
ら
・
・
・
ほ
ん
と
に
解
  
に
ゃ
?
 
  
 
は
|
い
 °
解
っ
た
に
ゃ
 °
そ
れ
で
私
は
ど
う
す
れ
ば
い
い
の
か
  
の
か
な
?
 
  
 
そ
こ
っ
!
い
ち
い
ち
茶
々
い
れ
な
い
!
で
 
キ
ャ
ル
 °
解
っ
た
  
 
前
回
 
お
前
が
何
し
た
か
・
・
・
も
う
忘
れ
た
の
か
?
 
  
悪
魔
な
ん
て
そ
う
そ
う
居
な
い
わ
よ
 °
 
  
 
そ
 
そ
り
ゃ
あ
 °
魔
力
の
管
理
に
関
し
て
う
ち
ら
の
右
に
で
る
  
 
へ
え
|
 °
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 °
そ
ん
な
事
で
き
る
の
?
に
ゃ
 °
 
  
し
な
が
ら
 
あ
た
し
が
キ
ャ
ル
に
渡
す
っ
と
 °
 
  
 
そ
こ
っ
!
も
ん
く
い
わ
な
い
の
 °
そ
れ
で
 
そ
の
魔
力
を
増
幅
  
な
ん
だ
か
な
|
 °
 
  
 
結
局
ま
た
あ
れ
か
よ
 °
ま
あ
 
な
ん
と
な
く
解
っ
て
は
い
た
が
 
  
ぎ
っ
て
・
・
・
あ
た
し
に
魔
力
を
渡
す
の
 °
 
  
 
ま
ず
 
和
樹
 °
あ
ん
た
は
あ
た
し
の
・
・
・
し
っ
ぽ
を
・
・
に
  
 
  
し
始
め
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
出
来
の
悪
い
生
徒
達
に
も
よ
く
解
る
よ
う
に
説
明
を

   

  
和
樹
は
何
も
解
ら
ず
無
粋
に
も
自
分
の
役
割
を
確
認
す
る
様
に
尋
  
 
  
 
そ
れ
で
 
俺
は
し
っ
ぽ
を
に
ぎ
れ
ば
い
い
ん
だ
な
 °
 
  
 
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
間
 
少
女
の
心
は
さ
き
ほ
ど
の
様
に
そ
の
瞳
以
外
に
は
何
も
無
く
  
友
?
の
姿
が
あ
り
 
そ
の
妖
艶
に
彩
ら
れ
た
瞳
を
覗
き
込
ん
だ
瞬
  
だ
が
 
そ
こ
に
は
今
ま
で
全
く
み
た
事
も
な
い
様
な
怪
し
げ
な
親
  
い
に
少
女
の
顔
を
見
た
 °
  
そ
し
て
キ
ャ
ロ
ル
は
い
つ
も
の
様
に
ふ
ざ
け
て
話
し
て
る
時
み
た
  
備
す
る
様
に
立
っ
た
 °
  
和
樹
は
二
人
か
ら
少
し
離
れ
て
 
キ
ュ
ル
ラ
の
し
っ
ぽ
の
前
に
準
  
し
て
い
る
キ
ャ
ロ
ル
の
上
に
ま
た
が
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
草
む
ら
で
色
気
と
い
う
よ
り
は
好
奇
心
で
わ
く
わ
く
  
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
 
始
め
ま
し
ょ
・
・
・
 °
 
  
 
  
て
き
た
が
 
気
持
ち
を
サ
キ
ュ
バ
ス
へ
と
切
り
替
え
て
い
っ
た
 °
  
そ
ん
な
ば
・
・
・
親
友
の
姿
に
キ
ュ
ル
ラ
は
軽
く
頭
が
痛
く
な
っ
  
キ
ャ
ロ
ル
は
言
わ
れ
た
通
り
 
わ
く
わ
く
し
な
が
ら
寝
転
が
っ
た
 °

   

  
時
に
 
こ
ん
な
に
仲
良
く
毎
日
し
ゃ
べ
っ
て
い
て
も
 
ま
っ
た
く
  
楽
し
か
っ
た
事
や
辛
か
っ
た
事
が
脳
裏
に
思
い
出
さ
れ
る
の
と
同
  
鮮
明
に
 
そ
し
て
よ
り
強
く
自
分
の
大
切
な
親
友
の
事
を
感
じ
た
 °
  
っ
と
そ
の
大
き
な
瞳
を
閉
じ
た
 °
瞳
を
閉
じ
て
も
な
お
 
少
女
は
 
  
が
て
少
女
は
こ
こ
ろ
で
も
っ
と
は
っ
き
り
感
じ
た
い
と
思
い
 
  
の
存
在
感
を
は
っ
き
り
少
女
に
感
じ
さ
せ
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
や
  
っ
く
り
と
鼓
動
が
早
く
な
っ
て
い
き
 
頬
が
徐
々
に
熱
く
な
り
そ
  
む
様
に
暖
か
く
心
地
よ
い
も
の
だ
っ
た
 °
そ
し
て
 
ゆ
っ
く
り
ゆ
  
で
苦
痛
す
ら
感
じ
る
も
の
で
は
な
く
 
今
回
は
ゆ
っ
く
り
包
み
込
  
な
感
覚
が
し
た
 °
だ
け
ど
 
前
回
の
様
に
そ
れ
が
あ
ま
り
に
急
激
  
な
っ
て
い
く
毎
に
 
再
び
身
体
の
中
か
ら
何
か
が
湧
き
上
が
る
様
  
キ
ャ
ロ
ル
は
う
っ
す
ら
と
妖
艶
に
赤
い
瞳
が
ど
ん
ど
ん
と
大
き
く
  
 
  
ル
に
ゆ
っ
く
り
と
せ
ま
り
は
じ
め
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
優
し
く
お
願
い
す
る
様
に
答
え
る
と
 
再
び
キ
ャ
ロ
  
 
  
・
・
準
備
が
あ
る
か
ら
 °
私
が
言
う
ま
で
・
・
・
待
っ
て
て
ね
 °
 
  
 
あ
・
・
・
 °
ち
ょ
っ
と
ま
っ
て
 °
こ
っ
ち
に
も
色
々
と
そ
の
・
  
 
  
ね
て
き
た
 °





















   

  
 
  
樹
に
そ
れ
を
伝
え
た
 °
  
ラ
を
見
つ
め
て
い
た
 °
す
べ
て
の
用
意
が
整
い
 
キ
ュ
ル
ラ
は
和
  
状
態
に
で
も
あ
る
か
の
如
く
焦
点
も
定
ま
ら
な
い
ま
ま
 
キ
ュ
ル
  
瞳
を
ゆ
っ
く
り
と
開
け
た
 °
そ
の
瞳
は
ま
る
で
ま
だ
少
女
が
催
眠
  
む
様
に
去
っ
て
い
く
事
に
そ
の
あ
ふ
れ
た
想
い
で
濡
れ
た
大
き
な
  
ら
唇
を
離
し
た
 °
キ
ャ
ロ
ル
は
強
い
感
覚
が
徐
々
に
別
れ
を
お
し
  
キ
ュ
ル
ラ
は
優
し
く
さ
さ
や
き
起
こ
す
様
に
そ
っ
と
キ
ャ
ロ
ル
か
  
 
  
み
込
ん
で
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
大
き
な
白
い
光
の
帯
の
様
な
そ
れ
は
 
少
女
の
世
界
の
境
界
を
飲
  
が
頭
の
中
を
か
け
め
ぐ
り
 
少
女
の
頭
は
そ
れ
ら
を
す
べ
て
纏
め
 
  
深
い
結
び
つ
き
を
激
し
く
も
と
め
た
 °
あ
ま
り
に
も
色
々
な
も
の
  
く
少
女
の
頭
の
中
に
像
を
成
し
 
溢
れ
出
る
気
持
ち
は
さ
ら
な
る
  
そ
し
て
 
唇
を
通
し
て
さ
ら
に
強
く
伝
わ
る
想
い
が
 
急
激
に
強
  
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
さ
な
唇
が
動
こ
う
と
し
た
刹
那
 
そ
れ
は
優
し
く
塞
が
れ
て
し
ま
  
様
々
な
想
い
が
湧
き
上
が
り
 
そ
れ
を
言
葉
に
し
よ
う
と
そ
の
小
  
ら
な
る
期
待
と
興
奮
を
 °
そ
し
て
不
安
を
与
え
て
い
っ
た
 °
  
見
る
事
の
で
き
な
か
っ
た
 
ま
る
で
違
う
姿
 °
そ
れ
は
少
女
に
さ

   

  
は
催
眠
状
態
が
と
け
て
し
ま
い
 
心
配
に
な
り
声
を
か
け
た
 °
  
突
然
 
自
分
の
上
で
激
痛
に
苦
し
む
親
友
の
悲
鳴
で
 
キ
ャ
ロ
ル
  
 
  
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
!
大
丈
夫
?
!
!
 
  
ろ
?
 
  
 
そ
 
そ
ん
な
事
言
わ
れ
た
っ
て
 
お
前
握
っ
て
っ
て
い
っ
た
だ
  
く
し
な
さ
い
よ
!
!
 
  
ん
な
に
強
く
に
ぎ
れ
っ
て
い
っ
た
の
よ
!
も
っ
と
 
そ
の
 
優
し
  
 
っ
っ
っ
つ
!
く
う
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
!
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
!
誰
が
そ
  
 
  
苦
し
ま
せ
た
 °
  
何
気
な
い
そ
れ
は
少
女
に
痛
烈
な
激
痛
と
な
っ
て
走
り
 
少
女
を
  
た
 °
  
り
に
少
女
の
小
刻
み
に
震
え
る
し
っ
ぽ
を
ぎ
ゅ
っ
っ
と
握
っ
て
み
  
だ
が
 
全
く
何
も
解
ら
な
い
和
樹
は
と
り
あ
え
ず
 
言
わ
れ
た
通
  
を
邪
魔
す
る
が
如
く
に
一
言
一
言
を
少
女
に
し
ぼ
り
だ
さ
せ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
に
合
わ
せ
る
か
の
様
に
高
ま
る
気
持
ち
が
 
キ
ュ
ル
ラ
  
 
  
・
し
っ
ぽ
を
・
・
・
に
ぎ
っ
て
・
・
・
ち
ょ
う
だ
い
 °
 
  
 
和
樹
 °
そ
の
・
・
・
準
備
で
き
た
か
ら
・
・
・
・
 °
私
の
・
・

   

  
実
際
 
悪
魔
の
と
り
わ
け
夜
魔
族
 
と
く
に
感
受
性
の
豊
か
な
サ
  
 
  
・
・
・
 °
 
  
・
外
か
ら
ふ
わ
っ
と
包
み
込
む
様
な
感
じ
・
・
・
で
 
お
ね
が
い
  
デ
リ
ケ
|
ト
な
ん
だ
か
ら
 
も
っ
と
優
し
く
・
・
・
そ
う
ね
・
・
  
 
そ
ん
な
に
強
く
な
ん
て
言
っ
て
な
い
わ
よ
!
す
っ
ご
く
繊
細
で
 
  
か
ら
わ
か
ん
ね
|
よ
 °
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ど
う
す
れ
ば
い
い
ん
だ
よ
?
俺
し
っ
ぽ
な
ん
か
無
い
  
 
  
し
た
の
だ
っ
た
 °
そ
し
て
急
い
で
そ
の
手
を
離
し
た
 °
  
あ
ま
り
に
も
苦
し
む
少
女
を
見
て
 
和
樹
は
謝
る
ど
こ
ろ
か
狼
狽
  
 
  
い
事
に
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
分
の
為
に
が
ん
ば
っ
て
く
れ
て
る
姿
に
そ
れ
以
上
の
追
求
は
し
な
  
キ
ャ
ロ
ル
は
 
あ
ま
り
大
丈
夫
そ
う
に
見
え
な
い
が
 
親
友
が
自
  
を
浮
か
べ
な
が
ら
笑
顔
を
作
っ
て
懸
命
に
振
る
舞
っ
て
み
せ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
な
ん
と
か
健
気
に
何
で
も
無
い
事
を
 
吹
き
出
た
汗
  
 
  
 
・
・
・
・
だ
 
だ
い
じ
ょ
・
・
・
ぶ
 °
だ
か
ら
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
っ
く
り
ね
 °
 
  
 
は
ぁ
う
ん
 °
そ
う
・
・
・
そ
れ
で
い
い
の
 °
そ
の
ま
ま
・
・
ゆ
  
 
  
ら
キ
ュ
ル
ラ
の
し
っ
ぽ
を
支
え
た
 °
  
和
樹
は
今
度
は
ま
る
で
そ
っ
と
し
ゃ
ぼ
ん
玉
を
の
せ
る
様
に
下
か
  
 
  
 
わ
 
わ
か
っ
た
よ
 °
こ
れ
で
・
・
・
い
い
の
か
?
 
  
 
  
れ
を
伝
え
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
事
自
体
が
希
有
で
あ
り
 
キ
ュ
ル
ラ
は
怒
り
な
が
ら
も
和
樹
に
そ
  
う
事
は
ほ
と
ん
ど
な
か
っ
た
 °
そ
し
て
そ
れ
を
人
間
に
任
せ
て
る
  
だ
か
ら
も
っ
と
も
繊
細
な
場
所
で
あ
り
 
そ
れ
を
精
力
吸
収
に
使
  
脳
へ
と
伝
え
た
 °
  
は
痛
覚
 
時
に
は
触
覚
 
時
に
は
快
感
へ
と
 
複
雑
に
複
合
的
に
  
そ
れ
ゆ
え
に
 
複
雑
な
感
覚
器
は
様
々
な
刺
激
に
対
し
て
 
時
に
  
っ
た
 °
  
の
バ
ラ
ン
ス
を
と
っ
た
り
・
・
と
な
く
て
は
な
ら
な
い
も
の
で
あ
  
身
に
迫
る
危
険
を
様
々
な
変
化
か
ら
察
知
し
た
り
 
様
々
な
身
体
  
ま
さ
れ
た
場
所
で
あ
っ
た
 °
  
キ
ュ
バ
ス
に
と
っ
て
し
っ
ぽ
は
 
あ
る
意
味
一
番
感
覚
の
と
ぎ
す

   

  
そ
の
刺
激
に
合
わ
せ
る
か
の
様
に
少
女
の
押
し
当
て
た
手
は
次
第
  
何
も
無
い
右
胸
に
手
を
あ
て
 
小
さ
な
乳
首
を
指
で
つ
ま
ん
だ
 °
  
そ
う
に
口
を
開
け
た
 °
そ
し
て
さ
ら
に
感
じ
る
様
に
と
ほ
と
ん
ど
  
一
瞬
 
び
く
っ
と
背
中
を
そ
ら
す
と
 
キ
ュ
ル
ラ
は
気
持
ち
よ
さ
  
 
  
 
は
あ
ぅ
ん
!
そ
 
そ
れ
で
い
い
の
!
 
  
 
  
く
入
れ
な
い
様
に
ゆ
っ
く
り
と
さ
す
り
始
め
た
 °
  
げ
た
か
と
思
う
と
今
度
は
求
め
て
揺
れ
る
し
っ
ぽ
を
力
を
な
る
べ
  
和
樹
は
言
わ
れ
た
と
お
り
 
ま
る
で
キ
ュ
ル
ラ
自
身
の
様
に
 
  
 
  
 
こ
 
こ
う
か
・
・
?
 
  
 
  
の
だ
っ
た
 °
  
じ
て
み
た
い
と
い
う
気
持
ち
が
キ
ュ
ル
ラ
に
わ
き
あ
が
っ
て
き
た
  
自
分
が
考
え
て
い
た
以
上
に
気
持
ち
の
い
い
感
触
に
 
も
っ
と
感
  
し
ま
っ
た
 °
  
っ
と
す
る
様
な
感
覚
が
す
る
ど
く
伝
わ
り
 
思
わ
ず
声
を
あ
げ
て
  
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
が
そ
っ
と
優
し
く
し
っ
ぽ
に
ふ
れ
る
と
 
ぞ
く
  
 

























   

  
押
し
寄
せ
る
快
感
に
背
中
を
時
折
び
く
っ
と
さ
せ
な
が
ら
楽
し
む
  
激
し
く
揺
ら
す
様
に
揉
む
胸
か
ら
 
汗
が
飛
ん
だ
 °
キ
ュ
ル
ラ
は
  
 
  
い
い
の
ぉ
!
!
 
  
 
は
あ
あ
う
ぅ
ぅ
ん
 °
お
っ
ぱ
い
が
ぁ
!
膨
ら
ん
で
ぇ
!
き
も
ち
  
 
  
の
大
き
く
重
く
な
っ
た
乳
房
を
上
へ
横
へ
と
激
し
く
揉
ん
だ
 °
  
で
上
か
ら
揉
む
事
を
少
女
に
や
め
さ
せ
 
キ
ュ
ル
ラ
は
下
か
ら
そ
  
上
の
快
感
 °
さ
ら
に
ぐ
ぐ
ぐ
っ
と
膨
れ
あ
が
る
乳
房
は
も
は
や
手
  
揉
め
ば
揉
む
ほ
ど
消
え
ゆ
く
快
感
と
そ
し
て
湧
き
上
が
る
そ
れ
以
  
す
べ
る
お
っ
ぱ
い
を
強
く
揉
ん
だ
 °
  
と
押
し
寄
せ
る
快
感
を
も
っ
と
感
じ
よ
う
と
 
キ
ュ
ル
ラ
は
汗
で
  
そ
の
手
を
さ
ら
に
高
く
遠
く
へ
と
押
し
の
け
て
い
っ
た
 °
次
々
へ
  
し
て
湧
き
上
が
る
欲
望
で
張
り
詰
め
た
表
面
に
は
あ
せ
が
浮
か
び
 
  
ら
し
く
姿
を
変
え
な
が
ら
 
さ
ら
に
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
膨
ら
み
続
け
る
胸
は
 
そ
の
両
手
か
ら
あ
ふ
れ
出
す
乳
房
へ
と
厭
  
み
続
け
る
胸
を
両
手
で
揉
み
始
め
た
 °
少
女
の
手
の
中
で
さ
ら
に
  
ま
み
 
少
女
の
両
手
の
中
で
も
っ
と
多
く
の
快
感
を
求
め
て
膨
ら
  
で
い
っ
た
 °
キ
ュ
ル
ラ
は
刺
激
を
求
め
て
震
え
る
左
の
乳
首
も
つ
  
に
上
へ
と
押
し
上
げ
ら
れ
 
少
女
の
胸
は
む
く
む
く
っ
と
膨
ら
ん

   

  
今
ま
で
キ
ュ
ル
ラ
に
は
何
度
か
精
力
を
吸
い
取
ら
れ
る
事
は
あ
っ
  
も
っ
と
深
い
愛
撫
を
求
め
て
る
様
で
も
あ
っ
た
 °
  
左
に
跳
ね
れ
ば
左
に
と
 °
そ
れ
は
ま
る
で
キ
ュ
ル
ラ
の
こ
こ
ろ
が
  
合
わ
せ
る
様
に
手
を
動
か
し
た
 °
右
に
跳
ね
れ
ば
右
に
 °
  
和
樹
は
手
の
中
で
激
し
く
悶
え
る
キ
ュ
ル
ラ
の
し
っ
ぽ
の
動
き
に
  
 
  
 
あ
・
・
・
あ
あ
・
・
・
・
 °
わ
か
っ
た
・
・
・
・
 °
 
  
 
  
た
 °
  
に
な
る
の
で
 
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
に
そ
の
手
を
止
め
る
様
懇
願
し
  
だ
が
 
こ
の
ま
ま
欲
望
に
身
を
任
せ
て
て
は
目
的
を
見
失
し
そ
う
  
出
口
を
失
っ
た
激
情
は
少
女
の
心
を
責
め
立
て
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ど
ん
ど
ん
あ
ふ
れ
で
る
快
楽
を
そ
の
身
に
止
め
た
 
  
 
  
あ
あ
う
う
う
う
ん
!
と
 
と
め
 
て
ぇ
ぇ
ん
!
!
 
  
 
は
あ
ぁ
う
ん
!
か
 
和
樹
ぃ
ん
!
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
 
は
あ
あ
  
 
  
で
に
大
き
く
そ
し
て
厭
ら
し
く
膨
ら
ん
だ
 °
  
そ
し
て
 
少
女
の
乳
房
は
そ
の
手
に
ず
し
り
っ
と
の
し
か
か
る
ま
  
様
に
喘
い
だ
 °




















   

  
は
確
か
に
自
分
と
仲
の
良
い
キ
ュ
ル
ラ
だ
っ
た
が
 
ど
こ
か
違
う
  
と
輝
く
汗
に
濡
れ
 
と
て
も
美
し
く
も
見
え
た
の
だ
っ
た
 °
そ
れ
  
そ
の
体
も
厭
ら
し
さ
だ
け
で
は
な
く
 
月
光
を
映
し
て
き
ら
き
ら
  
ど
に
気
持
ち
良
さ
そ
う
で
そ
し
て
幸
せ
そ
う
だ
っ
た
 °
そ
し
て
 
  
る
も
の
で
は
あ
っ
た
が
 
同
時
に
そ
の
顔
は
少
女
の
知
ら
な
い
ほ
  
な
か
っ
た
 °
確
か
に
そ
の
変
容
は
今
の
少
女
に
は
刺
激
の
強
す
ぎ
  
く
 
思
わ
ず
目
を
塞
ぎ
た
い
ほ
ど
で
あ
っ
た
が
 
少
女
に
は
で
き
  
だ
見
て
い
た
 °
そ
の
姿
は
今
ま
で
見
た
こ
と
も
無
い
様
に
厭
ら
し
  
キ
ャ
ロ
ル
は
目
の
前
で
ど
ん
ど
ん
変
わ
っ
て
い
く
親
友
の
姿
を
た
  
 
  
は
短
く
喘
い
だ
の
だ
っ
た
 °
  
ま
だ
満
た
さ
れ
な
い
も
の
が
少
女
の
乳
房
を
細
か
く
震
わ
せ
少
女
  
キ
ュ
ル
ラ
は
魔
力
と
し
て
蓄
え
 
そ
し
て
押
さ
え
込
ん
だ
 °
ま
だ
  
に
く
す
ぶ
り
 
さ
ら
な
る
底
へ
と
堕
ち
よ
う
と
す
る
激
し
い
力
を
 
  
し
っ
ぽ
か
ら
の
絶
え
間
な
い
快
楽
は
止
ま
っ
た
も
の
の
 
い
ま
だ
  
 
  
和
樹
は
キ
ュ
ル
ラ
の
望
む
ま
ま
に
そ
の
手
を
休
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
ど
こ
な
く
心
地
い
い
疲
労
感
が
和
樹
を
つ
つ
ん
で
い
た
 °
そ
し
て
  
し
い
感
じ
の
  
た
が
 
今
日
は
そ
れ
と
は
ま
っ
た
く
別
の
 
も
っ
と
緩
や
か
で
優

   

  
キ
ャ
ロ
ル
は
そ
の
次
の
言
葉
が
で
な
か
っ
た
 °
  
 
  
 
そ
 
そ
ん
な
こ
と
・
・
・
・
・
 
  
 
  
い
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
意
地
悪
く
キ
ャ
ロ
ル
に
乳
房
を
見
せ
つ
け
な
が
ら
聞
  
 
  
し
い
?
 
  
 
ふ
ふ
ふ
 °
す
ご
く
卑
猥
で
し
ょ
?
ね
ぇ
 °
キ
ャ
ル
 °
う
ら
や
ま
  
 
  
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
そ
の
艶
め
か
し
い
迫
力
に
た
だ
声
を
の
む
ば
か
り
だ
  
だ
胸
を
キ
ャ
ロ
ル
に
よ
く
見
え
る
様
に
寄
せ
上
げ
た
 °
  
そ
う
い
う
と
 
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ュ
ル
ラ
に
自
分
の
大
き
く
膨
ら
ん
  
 
  
し
く
さ
れ
ち
ゃ
っ
て
 °
こ
れ
 
み
ん
な
 
和
樹
の
せ
い
よ
 °
 
  
 
・
・
・
ど
う
?
ほ
ら
っ
 °
私
の
お
っ
ぱ
い
 
こ
ん
な
に
も
厭
ら
  
 
  
た
 °
  
魅
力
に
あ
ふ
れ
た
姿
に
少
女
は
再
び
胸
が
高
鳴
る
の
を
感
じ
て
い

   

  
か
を
感
じ
て
い
た
 °
そ
れ
は
ま
る
で
こ
の
外
か
ら
の
力
を
待
っ
て
  
だ
が
同
時
に
キ
ャ
ロ
ル
は
自
分
自
身
の
中
か
ら
も
湧
き
上
が
る
何
  
て
自
分
で
は
無
く
な
っ
て
し
ま
う
事
に
恐
怖
を
感
じ
た
 °
  
広
が
っ
て
く
る
感
覚
に
 
少
女
は
ま
た
し
て
も
自
分
が
変
え
ら
れ
  
身
体
中
に
あ
た
か
も
自
分
の
身
体
を
犯
す
か
の
様
に
じ
わ
じ
わ
と
  
た
様
な
強
さ
を
感
じ
た
 °
そ
し
て
胸
か
ら
流
れ
込
む
熱
い
何
か
が
  
の
キ
ス
の
時
よ
り
も
も
っ
と
熱
く
 
ま
る
で
月
を
見
た
時
に
感
じ
  
キ
ャ
ロ
ル
は
突
然
胸
に
熱
い
も
の
を
感
じ
た
 °
そ
れ
は
さ
き
ほ
ど
  
 
  
 
い
・
・
・
・
い
や
ぁ
・
・
・
・
・
・
 °
 
  
 
  
そ
し
て
キ
ャ
ロ
ル
の
小
さ
な
胸
に
触
れ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
暴
走
し
そ
う
に
押
さ
え
込
ん
だ
魔
力
を
手
に
導
き
 
  
 
  
た
も
私
み
た
い
に
厭
ら
し
く
変
え
て
あ
げ
る
 °
 
  
 
だ
い
じ
ょ
う
ぶ
よ
 °
今
 
キ
ャ
ル
に
も
あ
げ
る
か
ら
ね
 °
あ
な
  
 
  
っ
く
り
そ
し
て
色
っ
ぽ
く
さ
さ
や
い
た
 °
  
っ
く
り
と
覆
い
被
さ
る
と
 
大
き
な
耳
に
よ
く
聞
こ
え
る
様
に
ゆ
  
キ
ュ
ル
ラ
は
い
た
ず
ら
っ
ぽ
く
笑
う
と
 
ま
た
キ
ャ
ロ
ル
へ
と
ゆ

   

  
キ
ュ
ル
ラ
は
ま
る
で
精
神
か
ら
も
キ
ャ
ロ
ル
を
堕
と
す
か
の
様
に
  
 
  
 
は
ぁ
ぅ
ん
 °
・
・
・
い
や
ぁ
ん
・
・
・
 
  
て
お
願
い
し
て
る
わ
よ
 °
 
  
気
持
ち
よ
く
な
り
た
い
っ
て
 °
私
に
も
っ
と
厭
ら
し
い
事
し
て
っ
  
 
ほ
ら
 
キ
ャ
ル
 °
見
て
み
て
 °
あ
な
た
の
お
っ
ぱ
い
が
も
っ
と
  
 
  
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
と
い
っ
ぱ
い
に
満
た
そ
う
と
す
る
か
の
如
く
に
む
く
む
く
っ
と
大
  
胸
の
感
覚
が
鋭
利
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
そ
の
欲
望
を
も
っ
  
ま
る
で
外
か
ら
与
え
ら
れ
る
刺
激
を
多
く
求
め
よ
う
と
す
る
様
に
  
少
女
の
身
体
は
そ
の
恐
怖
を
す
っ
か
り
飲
み
込
ん
で
し
ま
う
様
に
 
  
恐
怖
に
緊
張
し
て
い
た
キ
ュ
ル
ラ
か
ら
 
思
わ
ず
吐
息
が
も
れ
た
 °
  
 
  
 
は
ぅ
ん
・
・
・
 °
 
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
に
 
喜
び
 
そ
し
て
気
持
ち
い
い
感
覚
を
少
女
に
も
た
ら
せ
た
の
  
さ
せ
ら
れ
た
苦
痛
で
は
な
く
 
自
ら
が
変
わ
る
事
を
望
ん
で
る
様
  
い
た
か
の
様
に
彼
女
自
身
の
身
体
を
熱
く
さ
せ
 
強
制
的
に
変
異

   

  
キ
ャ
ロ
ル
は
自
分
の
胸
に
重
く
そ
し
て
柔
ら
か
い
キ
ュ
ル
ラ
の
大
  
で
キ
ャ
ロ
ル
の
右
胸
を
揉
ん
だ
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
口
で
キ
ャ
ロ
ル
の
左
の
乳
首
を
す
い
な
が
ら
 
左
手
  
わ
ず
声
を
も
ら
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ま
た
与
え
ら
れ
る
新
し
い
快
感
に
身
を
よ
じ
り
 
  
 
  
 
ひ
ぅ
ぅ
ぅ
う
ん
 °
 
  
 
  
ふ
く
み
舌
で
優
し
く
な
め
あ
げ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
の
ぴ
く
ぴ
く
と
打
ち
震
え
る
乳
首
を
口
に
  
 
  
ね
 °
 
  
乳
首
が
か
わ
い
く
震
え
て
る
わ
よ
 °
い
ま
 
私
が
助
け
て
あ
げ
る
  
 
ふ
ふ
ふ
 °
キ
ャ
ル
の
お
っ
き
く
な
っ
て
く
お
っ
ぱ
い
の
上
で
 
  
 
  
心
が
最
後
の
抵
抗
を
試
み
た
 °
  
す
る
恐
怖
と
み
だ
ら
な
物
に
変
わ
っ
て
し
ま
う
事
に
対
す
る
羞
恥
  
キ
ャ
ロ
ル
は
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
る
快
感
に
飲
み
込
ま
れ
ま
い
と
  
だ
 °
  
言
葉
で
せ
め
 
指
を
使
い
な
が
ら
細
か
く
キ
ャ
ロ
ル
の
胸
を
揉
ん

   

  
キ
ャ
ロ
ル
は
キ
ュ
ル
ラ
か
ら
与
え
ら
れ
る
快
感
に
こ
こ
ろ
も
躯
も
  
 
ふ
に
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ん
っ
!
!
 
  
と
一
緒
に
・
・
・
堕
ち
ま
し
ょ
う
ね
 °
 
  
 
も
う
す
っ
か
り
快
楽
に
溺
れ
ち
ゃ
っ
て
る
の
ね
 °
い
い
わ
 °
  
 
  
キ
ャ
ロ
ル
は
た
だ
激
し
い
喘
ぎ
声
を
あ
げ
る
だ
け
だ
っ
た
 °
  
を
言
葉
で
せ
め
た
 °
し
か
し
 
そ
れ
が
聞
こ
え
て
る
の
か
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ま
る
で
か
ら
み
つ
く
よ
う
に
い
や
ら
し
く
キ
ャ
ロ
ル
  
 
  
 
は
あ
あ
あ
ん
!
あ
ん
っ
!
に
ゃ
ん
っ
!
 
  
よ
 °
 
  
く
な
っ
て
 °
ほ
ら
 °
も
う
両
手
で
揉
め
る
く
ら
い
に
な
っ
て
る
わ
  
 
ね
ぇ
 °
キ
ャ
ル
 °
貴
方
の
お
っ
ぱ
い
も
も
う
こ
ん
な
に
お
っ
き
  
 
  
暴
に
揉
み
始
め
た
 °
  
む
く
と
大
き
く
な
っ
て
く
る
キ
ャ
ロ
ル
の
乳
房
を
両
手
で
少
し
乱
  
そ
し
て
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
の
乳
首
か
ら
口
を
離
す
と
 
む
く
  
分
の
乳
房
か
ら
よ
り
た
く
さ
ん
の
快
感
を
感
じ
て
い
っ
た
 °
  
る
で
キ
ュ
ル
ラ
の
お
っ
ぱ
い
の
様
に
厭
ら
し
く
膨
ら
ん
で
い
く
自
  
き
な
お
っ
ぱ
い
と
 
キ
ュ
ル
ラ
に
揉
ま
れ
る
度
に
 
ど
ん
ど
ん
ま

   

  
 
  
恥
ず
か
し
さ
を
感
じ
 
声
を
だ
す
事
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
そ
し
て
何
だ
か
わ
き
あ
が
る
不
思
議
な
気
持
ち
に
 
キ
ャ
ロ
ル
は
  
卑
猥
な
自
分
の
身
体
 °
  
し
て
そ
れ
に
負
け
な
い
か
の
ご
と
く
に
変
わ
っ
て
し
ま
っ
た
今
の
  
汗
で
ひ
か
っ
て
怪
し
く
そ
し
て
厭
ら
し
く
み
え
る
キ
ュ
ル
ラ
 °
  
目
を
そ
っ
と
開
け
た
 °
自
分
に
ま
た
が
る
か
の
様
に
 
身
体
中
が
  
よ
う
や
く
息
も
整
い
意
識
も
は
っ
き
り
と
し
て
き
た
キ
ャ
ロ
ル
は
  
 
  
魔
が
そ
こ
に
い
る
様
に
キ
ュ
ル
ラ
に
は
感
じ
ら
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
キ
ュ
ル
ラ
の
知
っ
て
る
親
友
と
は
ま
る
で
別
な
妖
艶
な
悪
  
房
を
よ
り
淫
靡
な
も
の
に
し
て
い
た
 °
  
た
汗
が
そ
の
白
い
毛
並
み
を
し
っ
と
り
と
さ
せ
 
張
り
詰
め
た
乳
  
る
少
女
は
 
そ
の
大
き
な
手
を
頭
の
と
こ
ろ
ま
で
上
げ
 
吹
き
出
  
肩
で
大
き
く
 
そ
し
て
膨
ら
ん
だ
胸
で
呼
吸
を
整
え
る
様
に
し
て
  
ロ
ル
を
見
つ
め
た
 °
  
か
る
く
息
を
整
え
て
い
る
キ
ュ
ル
ラ
は
 
自
分
の
下
に
い
る
キ
ャ
  
な
ん
と
か
押
さ
え
つ
け
て
い
た
力
も
よ
う
や
く
全
て
消
え
 
肩
で
  
 
  
堕
ち
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °














   

  
キ
ャ
ロ
ル
は
少
し
苦
し
か
っ
た
 °
  
く
ら
い
の
大
き
な
お
っ
ぱ
い
の
キ
ュ
ル
ラ
が
の
し
か
か
っ
て
い
て
 
  
ぱ
い
も
呼
吸
を
邪
魔
す
る
様
に
横
た
わ
り
 
そ
し
て
そ
れ
に
同
じ
  
た
く
ら
い
で
は
あ
ま
り
問
題
は
な
い
の
だ
が
 
今
や
自
分
の
お
っ
  
較
的
丈
夫
な
獣
人
族
に
ど
ち
ら
か
と
言
え
ば
細
身
の
夜
魔
が
乗
っ
  
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
の
上
に
ま
た
が
っ
て
い
た
 °
普
段
な
ら
比
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
重
い
か
に
ゃ
・
・
・
 
  
 
と
こ
ろ
で
・
・
・
キ
ャ
ル
 °
大
丈
夫
?
重
く
な
い
?
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
少
し
怒
っ
た
様
に
し
な
が
ら
ほ
ほ
え
ん
だ
 °
  
 
  
 
あ
ん
た
ね
 °
あ
た
し
が
サ
キ
ュ
バ
ス
だ
っ
て
忘
れ
て
る
で
し
ょ
?
 
  
ん
て
 
知
ら
な
か
っ
た
に
ゃ
!
 
  
 
キ
ュ
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
こ
そ
!
そ
ん
な
に
厭
ら
し
い
・
・
・
な
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
い
じ
わ
る
く
キ
ャ
ロ
ル
を
か
ら
か
っ
て
み
た
 °
  
 
  
し
い
子
だ
っ
て
思
わ
な
か
っ
た
わ
よ
 °
 
  
 
あ
 
あ
ら
 °
キ
ャ
ル
 °
気
が
つ
い
た
?
あ
ん
た
が
あ
ん
な
に
激

   

  
 
  
 
和
樹
く
ん
っ
て
・
・
・
す
ご
い
エ
ッ
チ
な
ん
だ
 °
 
  
 
そ
う
よ
 °
和
樹
の
精
力
は
ま
だ
こ
ん
な
も
の
じ
ゃ
な
い
よ
 °
 
  
 
え
っ
?
!
こ
れ
で
終
わ
り
じ
ゃ
な
い
の
?
 
  
魔
力
で
あ
ふ
れ
た
厭
ら
し
い
身
体
に
し
て
あ
げ
る
ん
だ
か
ら
 °
 
  
 
そ
う
ね
 °
で
も
・
・
・
ま
だ
こ
れ
か
ら
よ
 °
も
っ
と
あ
ん
た
を
  
 
  
上
げ
た
 °
  
そ
う
い
い
な
が
ら
キ
ャ
ロ
ル
は
自
分
の
お
っ
ぱ
い
を
下
か
ら
支
え
  
 
  
っ
た
ね
 °
ず
っ
し
り
重
く
て
両
手
で
支
え
て
な
い
と
・
・
・
 
  
 
そ
れ
に
し
て
も
 
お
っ
ぱ
い
こ
ぉ
ん
な
に
お
っ
き
く
な
っ
ち
ゃ
  
 
  
た
 °
  
ル
ラ
に
手
を
ひ
っ
ぱ
っ
て
も
ら
い
な
が
ら
な
ん
と
か
起
き
上
が
っ
  
う
と
し
た
が
大
き
く
膨
ら
ん
だ
お
っ
ぱ
い
に
邪
魔
を
さ
れ
 
キ
ュ
  
キ
ュ
ル
ラ
は
キ
ャ
ロ
ル
の
上
か
ら
降
り
た
 °
キ
ャ
ロ
ル
は
起
き
よ
  
 
  
 
あ
 
ご
め
ん
ね
 °
い
ま
 
ど
く
か
ら
ね
っ
 °
 
  
 

























   

  
座
り
込
ん
だ
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
キ
ュ
ル
ラ
の
言
わ
れ
た
通
り
に
目
の
前
に
ぺ
た
り
と
  
 
  
 
こ
 
こ
う
か
に
ゃ
?
 
  
キ
ャ
ル
は
あ
た
し
の
前
に
足
を
折
り
曲
げ
て
座
っ
て
ね
 °
 
  
だ
か
ら
今
度
は
ち
ょ
っ
と
違
う
や
り
か
た
・
・
・
 °
  
 
う
う
ん
 °
さ
っ
き
み
た
い
な
の
は
 
も
う
 
あ
た
し
が
限
界
 °
  
 
う
ん
・
・
・
・
 °
ま
た
続
き
を
す
る
の
・
・
・
?
 
  
ち
て
い
こ
う
ね
 °
 
  
 
奇
遇
ね
 °
あ
た
し
も
よ
 °
今
度
は
一
緒
に
も
っ
と
厭
ら
し
く
堕
  
 
も
っ
と
 
欲
し
い
か
も
・
・
・
 °
 
  
 
  
も
じ
も
じ
と
脚
を
す
り
あ
わ
せ
な
が
ら
悶
え
る
様
に
し
て
言
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
何
や
ら
考
え
る
と
 
ぽ
っ
 
と
ま
た
頬
が
赤
く
な
り
 
  
 
  
う
?
 
  
溜
ま
り
に
溜
ま
っ
て
る
に
違
い
な
い
し
 °
ど
う
?
も
う
や
め
ち
ゃ
  
 
そ
う
よ
 °
あ
い
つ
 
ど
う
せ
あ
た
し
が
魔
界
に
帰
っ
て
る
間
 
  
 
  
キ
ャ
ロ
ル
は
き
ゅ
っ
と
自
分
の
大
き
な
乳
房
を
抱
い
た
 °




   

  
 
・
・
・
・
わ
か
っ
た
 °
俺
に
ま
か
せ
ろ
 °
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
切
な
く
そ
の
一
言
一
言
を
和
樹
に
伝
え
た
 °
  
 
  
の
・
・
・
好
き
に
し
て
・
・
・
・
・
い
い
わ
よ
 °
 
  
・
・
 °
今
度
は
・
・
・
も
っ
と
・
・
・
激
し
く
 
・
・
・
あ
ん
た
  
 
う
ん
 °
最
初
は
さ
っ
き
み
た
く
優
し
く
お
願
い
し
た
い
け
ど
・
  
 
  
お
っ
と
し
て
い
た
 °
  
ふ
た
り
の
激
し
い
か
ら
み
あ
い
と
け
だ
る
さ
で
和
樹
は
す
こ
し
ぼ
  
 
  
ば
い
い
ん
だ
な
?
 
  
 
あ
あ
 °
そ
っ
ち
は
わ
か
っ
た
 °
ま
た
さ
っ
き
と
同
じ
様
に
す
れ
  
 
和
樹
 °
ま
た
 
し
っ
ぽ
お
ね
が
い
・
・
・
ね
 °
 
  
 
  
は
向
か
い
合
っ
た
形
で
座
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
自
分
も
同
じ
様
に
キ
ャ
ロ
ル
の
前
に
座
り
 
ふ
た
り
  
 
  
 
そ
う
そ
う
 °
そ
れ
で
・
・
・
 
  
 

























   

  
激
し
く
 
そ
し
て
深
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
唇
と
通
し
て
交
わ
さ
れ
る
キ
ス
は
次
第
に
最
初
の
時
の
も
の
よ
り
 
  
 
  
房
も
キ
ス
を
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
か
わ
さ
れ
る
口
づ
け
に
 
ふ
た
り
の
大
き
く
膨
ら
ん
だ
乳
  
は
そ
っ
と
優
し
く
キ
ャ
ロ
ル
に
キ
ス
を
し
た
 °
  
も
身
体
を
駆
け
抜
け
る
様
な
刺
激
が
走
り
 
そ
の
ま
ま
キ
ュ
ル
ラ
  
和
樹
は
キ
ュ
ル
ラ
の
し
っ
ぽ
に
再
び
優
し
く
触
れ
た
 °
ま
た
し
て
  
 
  
 
あ
あ
 °
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
始
め
る
ぞ
 °
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
 
お
ね
が
い
!
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
し
っ
ぽ
に
き
ゅ
っ
と
力
を
こ
め
た
 °
  
 
  
ぎ
込
む
わ
 °
 
  
い
か
ら
 
あ
ん
た
か
ら
の
精
力
を
あ
た
し
を
通
し
て
キ
ャ
ル
に
注
  
 
あ
り
が
と
う
 °
和
樹
 °
今
度
は
あ
た
し
も
自
分
を
止
め
ら
れ
な
  
 
  
そ
し
て
和
樹
は
そ
れ
に
し
っ
か
り
と
答
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
 

























   

  
 
  
 
あ
ふ
ぅ
ん
 °
は
ぁ
 °
 
  
 
  
房
か
ら
感
じ
た
い
と
願
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
ど
ん
ど
ん
と
厭
ら
し
い
自
分
を
さ
ら
け
出
す
か
の
様
に
膨
ら
む
乳
  
た
い
と
想
っ
た
 °
そ
し
て
そ
れ
を
キ
ュ
ル
ラ
に
唇
か
ら
 
さ
ら
に
  
変
え
た
い
 °
も
っ
と
自
由
に
 °
そ
し
て
も
っ
と
気
持
ち
良
く
な
り
  
そ
し
て
自
分
も
も
っ
と
一
緒
に
今
ま
で
の
自
分
を
自
分
が
望
ん
で
  
る
胸
か
ら
の
想
い
を
受
け
止
め
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
キ
ュ
ル
ラ
か
ら
唇
 
そ
し
て
ど
ん
ど
ん
と
膨
れ
あ
が
  
 
  
も
の
に
 
喜
び
の
声
を
あ
げ
た
 °
  
そ
し
て
キ
ュ
ル
ラ
は
も
っ
と
自
分
の
体
を
厭
ら
し
く
し
て
く
れ
る
  
の
に
 
す
べ
て
を
開
放
し
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
し
っ
ぽ
か
ら
ど
ん
ど
ん
自
分
の
身
体
に
流
れ
込
む
も
  
っ
ぱ
い
で
感
じ
た
い
!
 
  
 
も
う
誰
に
も
邪
魔
さ
れ
た
く
な
い
 
和
樹
か
ら
の
精
気
を
体
い
  
 
  
へ
と
変
え
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
交
わ
さ
れ
る
想
い
も
そ
の
形
を
淫
靡
に
そ
し
て
愛
お
し
さ

   

  
 
あ
あ
 °
 
  
 
  
も
っ
と
強
く
欲
し
た
 °
  
完
全
に
欲
望
の
制
御
が
効
か
な
く
な
っ
た
キ
ュ
ル
ラ
は
 
和
樹
を
  
 
  
も
っ
と
滅
茶
苦
茶
に
し
て
え
え
え
ぇ
!
!
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
う
う
ぅ
ん
!
和
樹
ぃ
!
も
っ
と
!
も
っ
と
つ
よ
く
!
  
 
  
当
て
た
 °
  
支
え
る
ほ
ど
に
ま
で
膨
ら
ん
だ
乳
房
を
下
か
ら
支
え
 
強
く
押
し
  
に
触
れ
る
だ
け
で
じ
ん
じ
ん
と
疼
き
 
も
は
や
手
を
超
え
て
腕
で
  
二
人
は
お
互
い
の
唇
を
絡
め
合
い
な
が
ら
も
離
し
 
今
度
は
空
気
  
 
  
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
様
に
肥
大
化
し
て
い
き
 
そ
の
存
在
感
を
ど
ん
ど
ん
と
増
し
て
い
  
猥
に
そ
の
姿
を
変
え
て
い
き
 
高
ま
る
欲
望
を
も
っ
と
欲
し
が
る
  
と
激
し
く
愛
撫
す
る
様
に
ふ
た
り
の
乳
房
は
ぐ
ぐ
ぐ
っ
と
よ
り
卑
  
て
ら
れ
そ
の
形
を
ゆ
が
ま
せ
た
 °
も
っ
と
 
深
く
 
そ
し
て
も
っ
  
ふ
れ
で
た
 °
そ
し
て
 
二
人
の
乳
房
も
お
互
い
の
乳
房
に
押
し
当
  
塞
が
れ
た
唇
か
ら
も
 
二
人
の
想
い
は
吐
息
と
な
っ
て
外
へ
と
あ

   

  
 
は
あ
あ
う
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ん
っ
!
!
 
  
 
  
る
ほ
ど
の
快
感
と
な
っ
て
お
し
よ
せ
た
 °
  
や
が
て
そ
れ
は
完
全
に
痛
覚
が
消
え
 
少
女
に
そ
の
気
を
狂
わ
せ
  
ゆ
み
な
り
に
曲
が
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
突
き
抜
け
る
大
き
な
そ
し
て
激
し
い
何
か
に
少
女
の
体
は
反
応
し
 
  
た
く
解
ら
な
く
な
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
に
は
痛
み
な
の
か
快
感
な
の
か
そ
れ
と
も
別
の
中
か
な
の
か
ま
っ
  
な
っ
て
再
び
襲
い
か
か
っ
た
 °
だ
が
 
そ
れ
は
も
は
や
キ
ュ
ル
ラ
  
急
激
に
し
っ
ぽ
の
加
え
ら
れ
た
刺
激
の
束
が
キ
ュ
ル
ラ
に
激
痛
と
  
 
  
 
ひ
ぐ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
 
  
 
  
っ
ぽ
を
乱
暴
に
上
下
に
し
ご
き
は
じ
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
の
通
り
に
し
て
や
れ
ば
い
い
事
を
彼
は
感
じ
 
キ
ュ
ル
ラ
の
し
  
そ
れ
が
も
っ
と
激
し
い
の
を
求
め
る
な
ら
ば
  
彼
の
手
の
中
で
し
っ
ぽ
が
悶
え
る
度
に
伝
わ
る
キ
ュ
ル
ラ
の
感
情
 °
  
て
い
く
体
の
力
 °
そ
れ
は
最
早
ど
う
で
も
よ
か
っ
た
 °
  
和
樹
は
短
く
答
え
た
 °
キ
ュ
ル
ラ
の
し
っ
ぽ
を
触
れ
る
度
に
抜
け
  
 

























   

  
そ
し
て
何
も
考
え
ら
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
染
め
上
げ
て
い
っ
て
る
の
を
感
じ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
あ
ま
り
に
も
大
き
な
快
感
が
自
分
の
頭
を
真
っ
白
く
  
 
  
 
あ
っ
 
あ
た
し
!
も
う
 
だ
め
っ
!
も
う
っ
!
 
  
 
  
押
し
つ
け
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
感
じ
る
様
に
キ
ャ
ロ
ル
も
乳
房
を
ぎ
ゅ
う
う
う
っ
と
キ
ュ
ル
ラ
へ
  
む
快
感
に
大
き
く
喘
い
だ
 °
ま
る
で
そ
の
快
感
の
喜
び
を
一
緒
に
  
す
ら
れ
つ
ぶ
さ
れ
る
様
に
滅
茶
苦
茶
に
さ
れ
る
乳
首
か
ら
流
れ
込
  
キ
ャ
ロ
ル
も
ま
た
ど
ん
ど
ん
と
乳
房
そ
し
て
大
き
な
胸
の
間
で
こ
  
ャ
ロ
ル
に
乱
暴
に
押
し
つ
け
た
 °
  
そ
し
て
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
の
快
楽
を
同
じ
虜
と
な
っ
て
し
ま
っ
た
キ
  
の
に
変
わ
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
さ
せ
そ
し
て
そ
れ
は
下
へ
と
垂
れ
て
い
き
 
ま
す
ま
す
卑
猥
な
も
  
切
れ
ん
ば
か
り
に
張
り
詰
め
た
そ
の
表
面
に
多
く
の
汗
を
噴
き
出
  
う
ほ
ど
巨
大
に
な
っ
た
胸
は
溢
れ
出
る
エ
ネ
ル
ギ
|
が
そ
の
は
ち
  
ぐ
ぐ
っ
と
膨
ら
ん
だ
 °
す
で
に
上
腕
ほ
ど
に
も
達
し
よ
う
か
と
い
  
壊
れ
て
し
ま
い
そ
う
な
快
感
に
 
キ
ュ
ル
ラ
の
乳
房
は
さ
ら
に
ぐ
  
 

























   

  
的
で
 °
特
に
最
後
の
は
今
ま
で
キ
ュ
ル
ラ
が
一
方
的
に
精
力
を
吸
  
う
ま
く
は
言
え
な
い
け
ど
 
も
っ
と
繊
細
だ
け
ど
 
も
っ
と
情
熱
  
の
は
そ
れ
と
は
全
く
違
う
様
な
不
思
議
な
も
の
だ
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
に
は
何
回
か
精
力
を
奪
わ
れ
た
事
は
あ
っ
た
が
 
今
日
  
か
不
思
議
な
感
覚
だ
っ
た
 °
  
和
樹
は
膝
を
つ
い
て
い
た
 °
肩
で
呼
吸
を
整
え
な
が
ら
も
な
ん
だ
  
 
  
 
  
し
て
倒
れ
込
ん
だ
の
だ
っ
た
 °
  
ふ
た
り
は
が
く
っ
と
頭
を
下
げ
る
と
 
お
互
い
を
支
え
合
う
様
に
  
 
  
 
ふ
に
ゃ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ん
!
!
 
  
 
い
っ
く
く
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
う
!
!
 
  
 
  
初
め
て
感
じ
る
快
感
に
少
女
は
何
も
解
ら
な
く
な
っ
て
い
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
も
最
早
何
も
考
え
ら
れ
な
く
な
っ
て
い
た
 °
生
ま
れ
て
  
 
  
ぇ
!
!
 
  
 
は
ぅ
っ
!
あ
っ
!
に
ゃ
ぁ
ん
!
わ
た
し
ぃ
!
も
う
 
だ
め
ぇ
ぇ
  
 

























   

  
な
お
っ
ぱ
い
し
か
見
え
な
い
不
思
議
な
感
覚
 °
そ
れ
と
と
も
に
あ
  
ず
っ
し
り
っ
と
肩
や
首
に
か
か
る
重
量
感
 °
下
を
向
い
て
も
巨
大
  
キ
ュ
ル
ラ
に
聞
か
れ
 
キ
ャ
ロ
ル
は
ゆ
っ
く
り
と
体
を
起
こ
し
た
 °
  
 
  
魔
力
を
も
ら
っ
た
感
じ
は
?
 
  
 
あ
ん
た
が
い
つ
ま
で
も
寝
て
る
か
ら
よ
 °
そ
れ
よ
り
 
ど
う
?
  
い
に
ゃ
!
 
  
 
・
・
・
う
 
う
|
ん
 °
い
 
い
た
い
!
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
 
い
た
  
ば
 °
 
  
 
ほ
ら
 °
キ
ャ
ル
 °
い
つ
ま
で
寝
て
る
の
よ
?
起
き
な
さ
い
っ
て
  
 
  
と
叩
い
た
 °
  
と
ま
だ
も
た
れ
か
か
っ
て
い
る
目
の
前
の
親
友
の
頬
を
ぺ
し
ぺ
し
  
キ
ュ
ル
ラ
は
よ
う
や
く
目
を
覚
ま
し
た
 °
そ
し
て
少
し
頭
を
ふ
る
  
 
  
 
・
・
・
・
う
っ
 °
う
う
|
ん
・
・
・
・
 °
 
  
 
  
も
の
が
あ
る
様
に
彼
に
は
感
じ
た
の
だ
っ
た
 °
  
な
り
疲
れ
て
は
い
る
も
の
の
 
何
か
解
ら
な
い
充
足
感
の
よ
う
な
  
い
取
っ
て
い
た
も
の
と
は
違
っ
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
そ
れ
に
か

   

  
体
を
使
っ
て
支
え
る
様
に
し
て
ゆ
っ
く
り
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
大
き
な
お
っ
ぱ
い
を
下
か
ら
大
き
な
手
と
腕
と
体
全
  
ふ
ら
ふ
ら
と
し
な
が
ら
も
よ
う
や
く
キ
ュ
ル
ラ
の
指
導
の
も
と
 
  
 
  
キ
ュ
ル
ラ
は
辛
う
じ
て
一
命
を
と
り
と
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
ご
 
ご
め
ん
に
ゃ
!
だ
 
大
丈
夫
に
ゃ
?
!
 
  
 
お
 
重
い
ぃ
・
・
・
し
 
し
ん
じ
ゃ
ぅ
・
・
・
 °
 
  
 
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
化
し
た
乳
房
で
急
に
動
く
事
も
で
き
ず
 
あ
わ
れ
に
も
下
敷
き
と
  
キ
ュ
ル
ラ
も
キ
ャ
ロ
ル
よ
り
は
慣
れ
て
る
と
は
い
え
 
そ
の
肥
大
  
ま
重
心
を
崩
し
 
キ
ュ
ル
ラ
へ
と
の
し
か
か
っ
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
興
奮
し
て
勢
い
よ
く
立
ち
上
が
ろ
う
と
し
た
キ
ャ
ロ
ル
は
そ
の
ま
  
 
  
 
す
 
す
ご
ぉ
い
!
何
 
こ
れ
?
本
当
に
私
?
!
 
  
 
  
た
 °
  
ま
れ
変
わ
っ
た
の
で
は
な
い
か
と
思
わ
せ
る
ほ
ど
の
も
の
で
あ
っ
  
ふ
れ
出
す
未
知
の
力
 °
す
べ
て
が
キ
ャ
ロ
ル
に
自
分
が
新
し
く
生

   

  
キ
ュ
ル
ラ
は
和
樹
に
悩
ま
し
げ
な
視
線
を
送
ろ
う
と
し
た
が
 
  
か
け
て
き
た
 °
  
そ
ん
な
和
樹
の
出
鼻
を
く
じ
く
か
の
様
に
キ
ュ
ル
ラ
が
突
然
話
し
  
 
  
 
ね
ぇ
 °
和
樹
ぃ
ん
 °
ど
お
ぉ
ん
?
 
  
 
  
し
た
 °
  
に
付
き
合
う
時
間
も
無
か
っ
た
和
樹
は
二
人
に
声
を
掛
け
よ
う
と
  
て
い
た
が
 
そ
ん
な
女
の
子
の
い
つ
終
わ
る
と
も
解
ら
な
い
話
し
  
何
や
ら
ふ
た
り
は
こ
そ
こ
そ
と
聞
こ
え
な
い
様
な
内
緒
話
し
を
し
  
事
を
提
案
し
よ
う
と
し
た
 °
  
そ
ろ
そ
ろ
時
刻
も
遅
く
な
り
 
目
的
も
達
せ
ら
れ
 
二
人
に
帰
る
  
力
も
家
ま
で
帰
れ
る
ほ
ど
に
は
回
復
し
た
 °
  
和
樹
は
じ
っ
と
気
を
集
中
し
て
い
た
 °
よ
う
や
く
息
も
整
い
 
  
 
  
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
ん
な
キ
ャ
ロ
ル
の
耳
に
ひ
そ
ひ
そ
と
内
緒
話
し
を
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
耳
か
し
な
さ
い
 °
・
・
・
・
・
・
 °
 
  
 

























   

  
の
す
っ
ぱ
さ
と
あ
ん
こ
の
甘
さ
が
絶
妙
の
・
・
 °
 
  
 
む
む
む
 °
な
ら
ば
 
い
ち
ご
大
福
も
つ
け
ち
ゃ
お
う
 °
い
ち
ご
  
ゃ
な
い
!
そ
れ
に
私
 
そ
ん
な
に
安
く
な
い
に
ゃ
 °
 
  
 
私
を
こ
ん
な
に
厭
ら
し
く
し
ち
ゃ
っ
た
の
 
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
じ
  
ゃ
っ
た
の
?
昔
の
あ
ん
た
は
そ
れ
は
・
・
・
 
  
 
あ
ん
た
・
・
・
い
つ
の
間
に
 
そ
ん
な
ず
る
賢
い
子
に
な
っ
ち
  
 
い
 
い
ち
ご
牛
乳
!
う
|
ん
 °
も
う
ち
ょ
っ
と
欲
し
い
な
|
 °
 
  
 
あ
|
 
も
う
!
こ
の
子
は
っ
!
じ
ゃ
あ
 
い
ち
ご
牛
乳
で
ど
う
?
 
  
 
え
|
 °
嫌
よ
 °
だ
っ
て
 
私
・
・
別
に
・
・
い
い
も
ん
 °
に
ゃ
 °
 
  
今
の
あ
ん
た
充
分
エ
ロ
イ
ん
だ
か
ら
 °
 
  
 
な
 
何
言
っ
て
る
の
よ
!
ほ
ら
っ
!
も
っ
と
自
分
に
自
信
も
つ
!
  
 
だ
 
だ
っ
て
!
キ
ュ
ル
ち
ゃ
ん
!
や
っ
ぱ
り
恥
ず
か
し
い
に
ゃ
 °
 
  
 
  
え
て
き
て
い
た
 °
  
も
は
や
和
樹
に
は
内
緒
話
し
で
も
な
い
ほ
ど
に
そ
の
様
子
が
聞
こ
  
 
  
や
ら
な
き
ゃ
だ
め
で
し
ょ
?
!
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
 
キ
ャ
ル
!
ち
ゃ
ん
と
 
打
ち
合
わ
せ
通
り
  
 
  
に
真
顔
に
な
る
と
 
き
っ
!
 
と
キ
ャ
ロ
ル
を
睨
み
付
け
た
 °


   

  
う
う
う
っ
と
私
に
押
し
つ
け
て
!
も
っ
と
和
樹
を
虜
に
す
る
く
ら
  
 
ほ
 
ほ
ら
っ
!
キ
ャ
ル
も
も
っ
と
お
っ
ぱ
い
を
厭
ら
し
く
ぎ
ゅ
  
 
  
っ
た
 °
  
く
な
り
な
が
ら
 
う
つ
む
き
加
減
で
弱
く
胸
を
押
し
当
て
た
の
だ
  
買
収
は
さ
れ
た
も
の
の
 
少
し
ま
だ
恥
ず
か
し
い
キ
ャ
ロ
ル
は
赤
  
う
っ
と
つ
ぶ
す
よ
う
に
押
し
当
て
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
そ
う
言
う
と
大
き
な
胸
を
キ
ャ
ロ
ル
の
胸
に
ぎ
ゅ
う
  
 
  
 
ど
う
で
す
か
?
・
・
・
和
樹
く
ん
?
私
っ
て
・
・
・
 
  
 
ね
ぇ
ん
 °
和
樹
ぃ
ん
 °
ど
お
ぉ
ん
?
あ
た
し
た
ち
ぃ
?
 
  
 
  
和
樹
は
何
や
ら
嫌
な
予
感
が
し
て
身
構
え
た
 °
  
で
和
樹
の
ほ
う
を
見
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
よ
う
や
く
話
し
合
い
も
終
わ
り
 
ふ
た
り
は
向
か
い
合
っ
て
横
目
  
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
 °
わ
か
っ
た
に
ゃ
 °
や
る
に
ゃ
 °
 
  
ぉ
?
 
  
 
そ
れ
は
 
も
う
 °
お
代
官
様
 °
し
て
 
や
っ
て
く
だ
さ
る
か
の
  
 
に
ゃ
 
に
ゃ
に
!
そ
れ
?
!
お
い
し
い
の
?
!
 






   

  
キ
ュ
ル
ラ
は
勝
利
を
確
信
し
た
 °
  
て
言
わ
せ
て
み
せ
る
わ
!
 
  
て
も
今
回
の
シ
チ
ュ
エ
|
シ
ョ
ン
な
ら
充
分
に
和
樹
に
エ
ロ
イ
っ
  
 
今
回
こ
そ
は
完
璧
 °
例
え
あ
た
し
の
身
体
が
前
と
変
わ
ら
な
く
  
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
る
様
に
 
押
し
つ
ぶ
す
様
に
歪
ま
せ
 
和
樹
の
前
に
差
し
出
し
て
  
大
き
く
張
り
詰
め
た
お
っ
ぱ
い
を
さ
ら
に
大
き
く
厭
ら
し
く
見
え
  
成
さ
れ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
事
で
あ
っ
た
 °
  
何
で
も
使
い
 
嫌
が
る
親
友
を
買
収
し
て
で
も
キ
ュ
ル
ラ
に
は
達
  
し
ま
っ
た
事
へ
の
復
讐
だ
っ
た
 °
そ
れ
は
も
は
や
使
え
る
手
段
は
  
敗
れ
 
サ
キ
ュ
バ
ス
と
し
て
の
プ
ラ
イ
ド
を
ズ
タ
ズ
タ
に
さ
れ
て
  
は
以
前
に
完
璧
な
自
信
を
持
っ
て
臨
ん
だ
ア
ピ
|
ル
が
無
残
に
も
  
キ
ュ
ル
ラ
は
必
死
に
和
樹
に
セ
ク
シ
|
ア
ピ
|
ル
を
し
た
 °
そ
れ
  
 
  
 
わ
 
わ
か
っ
た
に
ゃ
・
・
・
こ
う
?
 
  
に
っ
!
も
っ
と
お
っ
ぱ
い
を
上
に
持
ち
上
げ
る
様
に
!
 
  
 
厭
ら
し
い
か
ら
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
!
ほ
ら
 
も
っ
と
悩
ま
し
げ
  
し
い
お
っ
ぱ
い
で
誘
惑
な
ん
て
や
っ
ぱ
り
し
た
く
な
い
よ
ぉ
 °
 
  
 
え
|
 °
も
う
恥
ず
か
し
い
か
ら
や
め
よ
う
よ
ぉ
 °
こ
ん
な
厭
ら
  
い
 
こ
う
!
そ
し
て
熱
い
目
で
 
こ
う
!
 









   

  
と
ん
家
で
T
V
ば
っ
か
見
て
ん
じ
ゃ
ね
|
よ
!
ニ
|
ト
悪
魔
 °
 
  
 
何
が
 
た
た
き
っ
て
あ
げ
る
か
ら
!
!
 
だ
よ
 °
一
日
中
 
  
た
た
っ
き
っ
て
あ
げ
る
か
ら
!
!
 
  
 
な
ん
で
す
っ
て
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
そ
こ
に
な
お
り
な
さ
い
よ
!
今
 
  
カ
|
の
お
っ
ぱ
い
ば
か
 °
 
  
 
お
前
の
ほ
う
が
よ
っ
ぽ
ど
 
変
態
 
だ
っ
て
の
 °
こ
の
ス
ト
|
  
う
だ
か
ら
サ
|
ビ
ス
し
て
あ
げ
る
の
よ
?
!
!
 
  
ん
が
!
あ
ん
た
み
た
い
な
 
変
態
 
な
人
間
の
為
に
!
か
わ
い
そ
  
こ
ん
な
に
淫
靡
で
!
セ
ク
シ
|
な
!
サ
キ
ュ
バ
ス
の
キ
ュ
ル
ラ
さ
  
く
り
ん
 
よ
っ
!
あ
ん
た
 
目
く
さ
っ
て
る
ん
じ
ゃ
な
い
の
?
!
  
 
き
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
い
!
!
だ
ぁ
れ
が
 
ち
ん
ち
  
 
  
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
樹
を
前
に
ま
た
し
て
も
敗
北
を
重
ね
る
だ
け
の
結
果
と
な
っ
て
し
  
残
念
な
が
ら
キ
ュ
ル
ラ
さ
ん
の
挑
戦
は
 
オ
カ
ル
ト
マ
ニ
ア
の
和
  
 
  
 
 
ち
ん
ち
く
り
ん
 
に
 
ぽ
ん
ぽ
こ
り
ん
 
だ
な
 °
 
  
 
  
様
に
し
て
る
少
女
を
前
に
こ
こ
ろ
に
思
っ
た
事
を
正
直
に
述
べ
た
 °
  
和
樹
は
そ
ん
な
必
死
に
が
ん
ば
る
少
女
と
そ
れ
に
ひ
っ
ぱ
ら
れ
る

   

  
そ
し
て
次
の
夕
方
 °
和
樹
は
授
業
後
い
つ
も
の
様
に
部
室
で
ひ
と
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
・
・
・
・
ぽ
ん
ぽ
こ
り
ん
空
間
が
完
全
に
二
人
の
時
を
止
め
た
の
  
 
  
ん
 
な
ん
で
し
ょ
う
か
?
!
 
  
 
ど
っ
ち
が
 
ち
ん
ち
く
り
ん
 
で
 °
ど
っ
ち
が
 
ぽ
ん
ぽ
こ
り
  
 
  
の
ほ
う
を
見
た
の
だ
っ
た
 °
  
を
見
た
 °
そ
し
て
キ
ュ
ル
ラ
も
そ
れ
に
つ
ら
れ
る
様
に
キ
ャ
ロ
ル
  
突
然
呼
ば
れ
た
和
樹
は
ぴ
た
っ
と
争
い
を
や
め
キ
ャ
ロ
ル
の
ほ
う
  
 
  
 
あ
・
・
・
は
い
 °
 
  
 
和
樹
く
ん
!
 
  
 
  
が
 
突
然
上
を
向
き
 
き
っ
と
和
樹
の
ほ
う
を
見
て
言
っ
た
 °
  
が
繰
り
広
げ
ら
れ
る
中
キ
ャ
ロ
ル
は
じ
|
っ
と
う
つ
む
い
て
い
た
  
た
 °
ま
る
で
お
子
様
同
士
の
言
い
争
い
の
様
な
低
レ
ベ
ル
な
戦
い
  
二
人
の
間
で
い
つ
終
わ
る
と
も
し
れ
な
い
不
毛
な
喧
嘩
が
始
ま
っ
  
 

























   

  
お
か
げ
で
満
月
し
か
開
か
な
い
  
で
帰
る
の
恥
ず
か
し
い
に
ゃ
!
 
と
か
駄
々
こ
ね
ち
ゃ
っ
て
さ
 °
  
 
だ
っ
て
 
キ
ャ
ル
が
な
ん
か
 
 
こ
ん
な
お
っ
き
な
お
っ
ぱ
い
  
 
  
と
 
屈
託
の
な
い
笑
顔
で
言
い
放
っ
た
 °
  
そ
れ
は
机
の
上
に
あ
る
お
せ
ん
べ
い
を
取
り
 
ば
り
っ
と
食
べ
る
  
 
  
 
一
応
 
聞
い
て
や
る
が
・
・
・
な
ん
で
 
こ
こ
に
 
い
や
が
る
?
 
  
 
  
刻
み
に
震
え
る
も
一
応
 
和
樹
は
理
由
を
尋
ね
て
み
た
 °
  
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
心
の
底
か
ら
わ
き
あ
が
る
怒
り
に
全
身
が
小
  
そ
こ
に
は
も
う
見
飽
き
た
悪
夢
が
ち
ょ
こ
ん
と
T
V
の
前
に
座
っ
  
 
  
 
あ
っ
 
和
樹
|
 °
お
か
え
り
|
 °
 
  
 
  
何
か
盗
ら
れ
た
も
の
が
な
い
か
調
べ
る
為
に
中
へ
と
入
っ
た
 °
  
 
や
べ
ぇ
!
か
け
忘
れ
て
い
っ
た
か
!
 
と
彼
は
思
い
 
急
い
で
  
鍵
が
か
か
っ
て
な
か
っ
た
事
に
気
が
つ
い
た
 °
  
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
鍵
を
出
し
 
ド
ア
を
開
け
よ
う
と
し
て
よ
う
や
く
  
り
で
過
ご
し
 
そ
し
て
帰
宅
し
た
 °












   

  
向
け
に
ひ
っ
く
り
か
え
っ
て
し
ま
っ
た
 °
キ
ャ
ロ
ル
は
大
き
な
目
  
心
が
傾
き
 
そ
の
ま
ま
キ
ャ
ロ
ル
は
和
樹
の
前
へ
ど
で
|
ん
と
仰
  
あ
ま
り
に
も
勢
い
よ
く
頭
を
下
げ
 
大
き
す
ぎ
る
お
っ
ぱ
い
に
重
  
 
  
 
和
樹
く
ん
 °
し
ば
ら
く
よ
ろ
し
く
お
ね
が
い
し
・
・
・
・
 
  
 
  
と
和
樹
の
前
に
来
て
 
深
々
と
頭
を
下
げ
た
 °
  
キ
ャ
ロ
ル
は
爪
研
ぎ
を
ぴ
た
っ
と
や
め
る
と
 
と
と
と
と
・
・
・
  
し
て
い
る
キ
ャ
ロ
ル
に
言
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
壁
紙
の
上
か
ら
気
持
ち
良
さ
そ
う
に
柱
で
爪
研
ぎ
を
  
 
  
ら
 °
ち
ゃ
ん
と
挨
拶
し
な
い
と
だ
め
よ
?
 
  
 
ほ
ら
っ
!
あ
ん
た
か
ら
も
 °
こ
れ
か
ら
こ
こ
に
泊
ま
る
ん
だ
か
  
 
  
す
す
っ
た
 °
  
キ
ュ
ル
ラ
は
ひ
と
し
き
り
語
り
終
え
る
と
 
ず
ず
ず
っ
と
お
茶
を
  
 
  
ら
・
・
・
困
っ
た
も
の
ね
ぇ
 °
 
  
も
説
得
し
た
の
よ
 
ほ
ん
と
!
そ
れ
な
の
に
・
・
・
あ
の
子
っ
た
  
獣
人
の
ゲ
|
ト
が
閉
じ
ち
ゃ
っ
て
 °
わ
 
私
は
帰
ろ
う
っ
て
何
回

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
和
樹
は
大
き
く
た
め
息
を
一
つ
つ
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
ま
す
に
ゃ
 °
 
  
 
  
て
言
っ
た
 °
  
を
ぱ
ち
く
り
さ
せ
な
が
ら
仰
向
け
に
な
っ
た
ま
ま
に
っ
こ
り
笑
っ

  > ≫