∧
夢
を
見
て
て
動
く
っ
て
・
・
 °
悠
人
君
 
な
ん
だ
か
ぼ
お
っ
と
  
自
身
で
動
い
て
る
の
よ
 °
  
∧
つ
ま
り
 
彼
は
今
 
夢
の
中
に
居
る
っ
て
思
っ
て
て
 
で
も
彼
  
∧
ど
う
い
う
こ
と
?
∨
  
そ
れ
が
ど
う
い
う
事
か
解
る
?
∨
  
り
 
今
 
私
は
あ
な
た
の
中
に
居
る
の
よ
 °
  
∧
あ
ら
 °
そ
れ
は
も
う
何
回
も
説
明
し
て
る
じ
ゃ
な
い
 °
そ
れ
よ
  
し
て
悠
人
君
の
中
に
居
た
の
?
!
∨
  
∧
ど
う
し
て
帰
っ
て
き
た
の
?
う
う
ん
 °
じ
ゃ
な
く
っ
て
 °
ど
う
  
よ
う
に
自
分
の
心
の
中
に
聞
こ
え
始
め
た
 °
  
急
に
目
の
前
か
ら
聞
こ
え
て
い
た
マ
リ
|
の
声
が
ま
た
い
つ
も
の
  
∧
そ
う
よ
 °
た
だ
い
ま
っ
て
言
っ
た
ほ
う
が
い
い
か
し
ら
 °
  
 
え
っ
?
!
マ
リ
|
?
 
  
∧
さ
あ
 °
彼
は
ど
う
す
る
か
し
ら
ね
?
∨
  
悠
人
を
見
上
げ
た
 °
  
反
射
的
に
頭
を
引
い
て
  
恭
子
は
い
き
な
り
マ
リ
|
に
額
に
手
を
置
か
れ
て
び
っ
く
り
し
て
  
  
ロ
イ
ヤ
ル
み
る
く
 
作
  
ふ
た
り
の
恋





















≪ <  

  
∧
う
|
ん
 °
な
ん
と
な
く
解
っ
た
け
ど
・
・
 °
  
醒
は
・
・
そ
う
ね
 °
寝
ぼ
け
て
る
時
み
た
い
な
感
じ
 °
  
∧
簡
単
に
言
う
と
 
覚
醒
っ
て
い
う
の
が
起
き
て
る
時
で
 
半
覚
  
恭
子
は
思
い
っ
き
り
頭
を
か
し
げ
た
 °
  
∧
な
に
そ
れ
?
?
?
∨
  
ら
?
∨
  
∧
そ
う
ね
・
・
 °
覚
醒
と
か
半
覚
醒
っ
て
な
ん
の
事
か
解
る
か
し
  
引
き
下
が
っ
た
 °
  
恭
子
は
マ
リ
|
に
正
論
を
突
き
つ
け
ら
れ
て
し
ぶ
し
ぶ
こ
の
場
は
  
∧
・
・
・
そ
れ
は
そ
う
だ
け
ど
・
・
・
 °
  
る
ん
じ
ゃ
な
い
の
?
∨
  
∧
も
う
 °
そ
ん
な
の
後
で
い
い
で
し
ょ
?
彼
の
事
が
気
に
な
っ
て
  
∧
そ
れ
い
つ
の
事
?
は
っ
き
り
言
っ
て
 °
  
っ
て
言
っ
た
の
よ
?
∨
  
∧
ほ
ら
 
覚
え
て
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
だ
か
ら
彼
の
ほ
う
が
大
丈
夫
  
∧
わ
た
し
 
そ
ん
な
に
寝
ぼ
け
な
い
し
!
∨
  
り
ず
っ
と
し
っ
か
り
し
て
る
わ
よ
 °
  
∧
あ
ら
 °
彼
な
ら
大
丈
夫
よ
?
恭
子
ち
ゃ
ん
の
寝
ぼ
け
て
る
時
よ
  
恭
子
は
少
し
心
配
そ
う
に
悠
人
を
じ
っ
と
見
つ
め
た
 °
  
し
て
て
大
丈
夫
な
の
?
∨
















   

  
ぶ
つ
け
る
っ
て
・
・
そ
ん
な
事
で
き
る
か
し
ら
?
  
∧
そ
う
よ
 °
だ
っ
て
 
後
ず
さ
り
し
て
る
子
を
捕
ま
え
て
自
分
を
  
∧
悠
人
君
が
遠
慮
?
∨
  
∧
だ
っ
て
い
つ
も
み
た
い
に
彼
 
遠
慮
し
ち
ゃ
う
か
ら
 °
  
∧
ど
う
し
て
?
∨
  
∧
彼
が
起
き
て
る
っ
て
思
っ
て
る
と
困
る
か
ら
よ
 °
  
恭
子
は
再
び
マ
リ
|
に
強
く
抗
議
し
た
 °
  
∧
・
・
じ
ゃ
あ
 °
な
ん
で
悠
人
君
に
そ
ん
な
事
し
た
の
?
!
∨
  
の
よ
 °
そ
の
ほ
う
が
な
ん
と
な
く
解
り
や
す
い
で
し
ょ
?
∨
  
∧
だ
か
ら
 
ち
ょ
っ
と
違
う
け
ど
寝
ぼ
け
て
る
と
か
っ
て
言
っ
た
  
∧
寝
て
る
の
に
動
け
る
訳
な
い
じ
ゃ
な
い
?
!
∨
  
自
分
で
考
え
て
自
分
で
動
く
事
も
で
き
る
の
よ
 °
  
時
ほ
ど
い
ろ
ん
な
事
が
解
っ
て
る
訳
じ
ゃ
な
い
け
ど
 
  
だ
か
ら
起
き
て
る
時
ほ
ど
し
っ
か
り
は
し
て
な
い
し
 
起
き
て
る
  
換
え
る
と
∧
起
き
て
る
っ
て
自
覚
が
無
い
∨
っ
て
事
よ
 °
  
∧
彼
は
・
・
そ
う
ね
∧
寝
て
い
る
っ
て
思
っ
て
る
∨
の
よ
 °
言
い
  
ら
つ
い
た
 °
  
恭
子
は
ま
た
訳
の
解
ら
な
い
事
が
い
っ
ぱ
い
で
て
き
て
 
少
し
い
  
∧
じ
ゃ
あ
 
何
よ
?
!
∨
  
∧
そ
れ
で
今
の
彼
は
・
・
そ
の
ど
ち
ら
で
も
無
い
わ
 °

   

  
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
し
ら
?
∨
  
∧
そ
う
ね
 °
あ
な
た
は
そ
れ
を
知
ら
な
い
わ
 °
だ
か
ら
不
安
に
な
  
 
そ
 
そ
ん
な
事
 
知
っ
て
る
わ
け
・
・
・
な
い
じ
ゃ
な
い
・
・
 °
 
  
う
思
っ
て
る
か
・
・
・
知
っ
て
る
の
か
し
ら
?
∨
  
∧
そ
う
 °
じ
ゃ
あ
 
質
問
を
変
え
る
わ
 °
悠
人
君
が
あ
な
た
を
ど
  
恭
子
は
思
わ
ず
声
を
荒
げ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
ゆ
 
悠
人
君
の
事
を
知
っ
て
る
か
ら
好
き
な
ん
じ
ゃ
な
い
?
!
 
  
の
?
本
当
に
悠
人
君
の
事
を
知
っ
て
る
の
か
し
ら
?
∨
  
∧
そ
う
・
・
 °
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
ど
う
し
て
そ
ん
な
に
不
安
に
な
る
  
君
が
好
き
だ
か
ら
 
そ
れ
で
い
い
じ
ゃ
な
い
 °
  
い
け
な
い
の
?
い
つ
も
悠
人
君
の
事
見
て
る
し
 
い
つ
も
の
悠
人
  
∧
・
・
で
も
 
ど
う
し
て
い
つ
も
と
違
う
悠
人
君
を
知
ら
な
い
と
  
恭
子
は
答
え
る
か
わ
り
に
少
し
う
つ
む
い
た
 °
  
∧
・
・
・
・
・
∨
  
恭
子
ち
ゃ
ん
に
遠
慮
し
ち
ゃ
う
か
ら
ま
ず
い
の
よ
 °
解
っ
た
?
∨
  
∧
だ
か
ら
本
当
の
彼
を
知
る
為
に
 
彼
が
現
実
っ
て
思
っ
て
た
ら
  
∧
べ
つ
に
 
そ
ん
な
こ
と
思
っ
て
な
い
け
ど
・
・
 °
  
マ
リ
|
の
す
る
ど
い
指
摘
に
恭
子
は
虚
を
突
か
れ
た
 °
  
め
て
た
の
か
し
ら
 °
  
ひ
ょ
っ
と
し
て
 
恭
子
ち
ゃ
ん
 
そ
ん
な
事
を
ど
こ
か
で
彼
に
求

   

  
∧
ね
え
 
マ
リ
|
 °
  
り
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
ぎ
ゅ
っ
と
押
さ
え
て
安
定
さ
せ
る
様
に
す
る
と
そ
の
ま
ま
ゆ
っ
く
  
よ
ろ
け
た
 °
彼
女
は
今
度
は
右
腕
で
大
き
な
乳
房
を
  
ぷ
る
ん
っ
と
揺
れ
 
不
意
に
来
た
快
感
と
ア
ン
バ
ラ
ン
ス
さ
で
 
  
た
 °
が
 
す
っ
か
り
忘
れ
て
い
た
豊
か
に
実
っ
た
双
球
が
  
恭
子
は
マ
リ
|
に
言
わ
れ
る
様
に
す
っ
く
と
立
ち
上
が
ろ
う
と
し
  
か
?
∨
  
に
も
い
か
な
い
か
ら
・
・
 °
と
り
あ
え
ず
立
ち
上
が
り
ま
し
ょ
う
  
∧
そ
う
 °
よ
か
っ
た
わ
 °
い
つ
ま
で
も
彼
を
待
た
せ
て
お
く
わ
け
  
言
葉
を
続
け
る
事
が
で
き
な
か
っ
た
 °
  
強
く
知
り
た
い
っ
て
思
う
部
分
も
あ
っ
た
の
で
  
に
も
確
か
に
マ
リ
|
の
言
う
通
り
彼
の
気
持
ち
を
心
の
ど
こ
か
で
  
い
は
ず
だ
っ
た
 
だ
が
マ
リ
|
の
言
葉
を
否
定
し
よ
う
  
恭
子
は
そ
ん
な
卑
怯
と
も
思
え
る
事
は
し
た
い
と
は
思
っ
て
は
な
  
∧
そ
ん
な
の
・
・
・
 °
  
マ
リ
|
は
段
階
を
踏
ん
で
少
し
づ
つ
恭
子
に
説
い
た
 °
  
っ
た
か
し
ら
?
∨
  
∧
だ
か
ら
今
 
彼
に
そ
れ
を
聞
き
ま
し
ょ
っ
て
言
っ
て
る
の
 °
  
 
・
・
・
・
・
 



















   

  
∧
ど
う
し
て
そ
ん
な
に
悠
人
君
を
拒
否
す
る
の
か
し
ら
?
∨
  
ば
さ
れ
て
き
た
悠
人
の
手
を
払
っ
た
 °
  
そ
ん
な
マ
リ
|
の
茶
々
に
お
か
ま
い
な
し
に
恭
子
は
も
う
一
度
伸
  
∧
あ
ら
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
っ
て
冷
た
い
の
ね
 °
  
恭
子
は
身
体
を
ひ
ね
り
な
が
ら
そ
の
手
を
払
い
の
け
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
い
や
っ
!
 
  
ほ
う
へ
伸
ば
し
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
て
か
知
ら
ず
か
 
悠
人
は
左
腕
を
す
う
っ
と
恭
子
の
  
そ
の
異
常
さ
に
恭
子
は
ひ
い
た
 °
そ
ん
な
恭
子
の
気
持
ち
を
知
っ
  
悠
人
だ
っ
て
聞
い
て
い
て
も
 
や
は
り
  
い
く
ら
マ
リ
|
に
説
明
さ
れ
て
そ
れ
が
た
だ
の
寝
ぼ
け
て
る
様
な
  
悠
人
が
ゆ
っ
く
り
と
彼
女
の
ほ
う
へ
と
近
づ
い
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
恭
子
が
ま
だ
言
い
足
り
な
い
文
句
を
マ
リ
|
に
言
お
う
と
し
た
時
 
  
∧
こ
ん
な
こ
と
・
・
・
∨
  
れ
る
か
ら
よ
 °
  
∧
だ
っ
て
 
そ
の
ほ
う
が
悠
人
君
の
気
持
ち
を
た
く
さ
ん
感
じ
ら
  
恭
子
は
不
満
を
全
身
で
ア
ピ
|
ル
し
た
 °
  
れ
に
 
ど
う
し
て
こ
ん
な
に
胸
大
き
い
ま
ま
な
の
?
∨
  
∧
ど
う
し
て
悠
人
君
の
気
持
ち
を
知
る
の
に
 
私
は
裸
な
の
?
そ
  
∧
な
ぁ
に
?
∨




















   

  
∧
仮
に
彼
が
不
安
だ
と
し
た
ら
・
・
・
不
安
な
の
っ
て
彼
か
し
ら
?
∨
  
∧
じ
ゃ
あ
 
わ
か
ん
な
い
じ
ゃ
な
い
?
!
∨
  
し
れ
な
い
け
ど
・
・
 °
  
∧
そ
う
か
も
ね
 °
た
だ
 
彼
 
寝
ぼ
け
て
る
か
ら
そ
の
せ
い
か
も
  
∧
不
安
・
・
な
と
き
?
∨
  
恭
子
は
考
え
た
 °
  
∧
手
が
震
え
て
る
時
っ
て
ど
う
い
う
時
か
し
ら
?
∨
  
∧
・
・
・
そ
う
い
え
ば
 °
ち
ょ
っ
と
震
え
て
た
か
も
・
・
 °
  
た
 °
  
マ
リ
|
に
言
わ
れ
て
改
め
て
触
れ
ら
れ
た
手
の
感
覚
を
思
い
出
し
  
∧
彼
に
触
れ
て
み
て
何
か
感
じ
な
か
っ
た
か
し
ら
?
∨
  
っ
て
逃
れ
た
 °
  
突
然
の
感
覚
に
彼
女
は
驚
き
小
さ
く
悲
鳴
を
あ
げ
て
身
体
を
よ
じ
  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
の
あ
た
り
に
ふ
れ
た
 °
  
マ
リ
|
に
不
意
を
つ
か
れ
た
隙
に
悠
人
の
手
の
ひ
ら
が
恭
子
の
肩
  
∧
え
っ
?
∨
  
の
か
し
ら
?
∨
  
∧
ど
う
し
て
ち
ゃ
ん
と
彼
に
触
れ
て
あ
げ
な
い
で
そ
ん
な
事
言
う
  
∧
だ
っ
て
 
や
っ
ぱ
り
こ
ん
な
の
悠
人
君
じ
ゃ
な
い
も
ん
 °

   

  
感
に
 
彼
女
は
息
を
も
ら
し
た
 °
  
ど
ん
ど
ん
と
高
鳴
る
鼓
動
と
意
識
が
ぼ
お
っ
と
す
る
よ
う
な
充
足
  
 
は
ぁ
ぅ
・
・
・
・
 °
 
  
彼
は
彼
女
を
や
さ
し
く
や
さ
し
く
包
み
込
ん
だ
 °
  
は
彼
女
の
背
中
で
出
会
っ
た
 °
  
き
て
い
た
 °
彼
の
手
は
彼
女
の
腕
を
す
り
ぬ
け
 
彼
の
左
右
の
手
  
悠
人
は
ま
た
恭
子
を
求
め
手
を
さ
し
の
べ
て
  
マ
リ
|
の
言
う
通
り
幾
度
と
な
く
拒
否
を
し
た
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
  
ゃ
あ
 °
あ
な
た
は
ど
う
す
る
の
か
し
ら
?
∨
  
∧
そ
う
よ
 °
今
 
彼
は
あ
な
た
に
歩
み
寄
っ
て
き
て
る
 °
そ
れ
じ
  
∧
お
互
い
が
歩
み
寄
る
・
・
 °
  
し
な
い
か
ぎ
り
決
し
て
縮
ま
ら
な
い
も
の
よ
 °
  
∧
そ
れ
が
今
の
あ
な
た
と
彼
の
距
離
 °
お
互
い
が
歩
み
寄
ろ
う
と
  
マ
リ
|
か
ら
指
摘
さ
れ
た
事
を
恭
子
は
思
い
出
し
た
 °
  
い
さ
っ
き
同
じ
様
な
言
葉
で
  
マ
リ
|
の
指
摘
に
恭
子
は
完
全
に
意
表
を
突
か
れ
た
 °
そ
し
て
つ
  
∧
え
っ
?
∨
  
ら
?
∨
  
∧
じ
ゃ
あ
 
言
い
方
を
変
え
る
わ
 °
不
安
な
の
っ
て
彼
だ
け
か
し
  
∧
え
?
今
 
悠
人
君
が
不
安
っ
て
言
っ
た
じ
ゃ
な
い
?
∨




   

  
で
に
否
定
し
て
い
た
 
彼
女
の
乳
房
を
も
  
彼
女
は
彼
の
胸
に
顔
を
う
ず
め
た
 °
そ
し
て
彼
女
は
あ
れ
ほ
ど
ま
  
い
れ
て
彼
を
ぎ
ゅ
っ
と
抱
き
し
め
 
  
恭
子
は
ま
た
彼
の
名
を
熱
く
呼
ん
だ
 °
彼
女
は
さ
ら
に
腕
に
力
を
  
 
悠
人
く
ぅ
ん
・
・
・
 °
 
  
と
折
り
重
な
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
も
ま
た
そ
ん
な
彼
女
の
気
持
ち
に
応
え
る
様
に
彼
女
へ
  
そ
し
て
大
好
き
な
彼
を
も
っ
と
多
く
感
じ
る
様
に
力
を
こ
め
た
 °
  
手
に
彼
女
の
す
べ
て
を
の
せ
る
様
に
  
す
べ
て
の
力
を
集
め
た
 °
彼
の
背
中
で
ぎ
ゅ
っ
と
合
わ
せ
ら
れ
た
  
は
彼
女
の
腕
 
そ
し
て
手
に
  
大
き
く
な
り
 
頭
の
中
が
幸
福
感
で
満
た
さ
れ
て
い
く
中
 
彼
女
  
か
ら
聞
こ
え
て
き
そ
う
な
位
に
ま
で
  
彼
女
は
吐
息
ま
じ
り
に
思
い
人
の
名
を
呼
ん
だ
 °
心
臓
の
音
が
耳
  
 
悠
人
く
ん
・
・
・
 °
 
  
そ
し
て
そ
の
ま
ま
彼
の
背
中
へ
と
ま
わ
さ
れ
た
 °
  
て
い
た
彼
女
の
腕
は
下
ろ
さ
れ
 
  
彼
女
の
肩
は
次
第
に
穏
や
か
に
な
っ
て
い
き
 
頑
な
に
拒
み
続
け
  
身
体
か
ら
力
が
抜
け
て
い
っ
た
 °
  
彼
の
手
が
次
第
に
内
へ
と
す
べ
る
に
つ
れ
て
 
少
し
づ
つ
彼
女
の

   

  
と
離
さ
な
け
れ
ば
彼
を
も
っ
と
感
じ
て
い
る
事
が
  
彼
が
遠
ざ
か
っ
て
い
っ
て
も
自
分
が
こ
の
手
と
腕
で
彼
を
ぎ
ゅ
っ
  
で
満
ち
た
潮
が
引
く
よ
う
に
遠
ざ
か
っ
て
い
っ
た
 °
  
彼
女
の
時
は
よ
う
や
く
動
き
始
め
た
 °
少
し
づ
つ
彼
の
手
は
ま
る
  
え
去
り
か
か
ろ
う
と
し
た
時
に
 
  
彼
女
の
意
識
に
は
無
か
っ
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
意
識
が
完
全
に
消
  
る
事
も
 
そ
し
て
時
間
の
流
れ
す
ら
も
  
わ
き
上
が
る
幸
福
感
に
高
鳴
る
鼓
動
は
消
え
て
い
き
 
呼
吸
を
す
  
必
要
が
無
か
っ
た
 °
た
だ
た
だ
全
身
か
ら
  
恭
子
は
何
も
考
え
て
は
い
な
か
っ
た
 °
と
い
う
よ
り
何
も
考
え
る
  
く
そ
し
て
厭
ら
し
く
そ
の
形
を
変
え
た
 °
  
感
じ
ら
れ
る
様
に
 
手
に
腕
に
力
を
込
め
 
彼
女
の
乳
房
は
切
な
  
は
も
っ
と
多
く
そ
し
て
も
っ
と
強
く
彼
の
事
を
  
多
く
の
彼
を
感
じ
る
事
に
喜
び
を
感
じ
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
身
体
  
も
彼
に
押
し
当
て
た
大
き
な
二
つ
の
乳
房
か
ら
  
彼
女
は
大
き
く
ま
た
一
つ
熱
い
息
を
も
ら
し
た
 °
彼
女
は
皮
肉
に
  
 
あ
ぁ
・
・
・
 °
 
  
彼
に
押
し
当
て
る
様
に
し
た
 °
  
事
も
お
構
い
な
し
に
 
次
第
に
多
く
を
  
彼
に
寄
せ
る
と
 
乳
首
か
ら
そ
し
て
そ
の
乳
首
が
押
し
つ
ぶ
れ
る

   

  
よ
う
や
く
混
乱
状
態
か
ら
事
態
を
少
し
づ
つ
把
握
し
始
め
た
彼
女
  
 
あ
ぅ
ん
っ
!
ゆ
!
ゆ
う
と
く
ん
!
や
 
や
め
て
ぇ
ぇ
ぇ
 
  
さ
ら
に
彼
女
の
重
く
張
り
詰
め
た
双
球
を
揉
み
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
混
乱
さ
せ
た
 °
そ
ん
な
彼
女
の
事
は
介
さ
な
い
様
に
 
彼
の
手
は
  
か
っ
た
所
か
ら
の
感
覚
は
 
彼
女
を
一
瞬
で
  
彼
の
事
を
熱
く
見
つ
め
て
い
た
彼
女
に
と
っ
て
 
思
い
も
よ
ら
な
  
突
然
 
悠
人
の
手
は
恭
子
の
乳
房
に
触
れ
た
 °
  
ま
る
で
別
れ
を
惜
し
む
彼
女
の
気
持
ち
に
動
か
さ
れ
た
か
の
様
に
  
 
は
ぁ
う
っ
!
 
  
名
前
を
呼
ん
だ
 °
  
彼
女
の
名
残
惜
し
さ
が
愛
し
い
人
の
顔
を
熱
く
見
あ
げ
 
そ
し
て
  
の
時
間
で
も
い
い
か
ら
長
く
続
く
よ
う
に
と
  
い
つ
か
は
終
わ
っ
て
し
ま
う
時
間
で
も
 
そ
れ
が
ど
れ
だ
け
少
し
  
 
ゆ
う
と
・
・
く
ん
・
・
 °
 
  
感
じ
た
 °
  
次
第
に
小
さ
く
な
っ
て
い
く
彼
の
余
韻
に
彼
女
は
少
し
寂
し
さ
を
  
乳
房
を
彼
か
ら
別
れ
を
惜
し
む
よ
う
に
離
し
て
い
っ
た
 °
  
彼
女
は
彼
の
胸
か
ら
顔
を
あ
げ
 
少
し
づ
つ
 
腕
を
手
を
そ
し
て
  
分
す
ぎ
る
ほ
ど
解
っ
て
い
た
 °
  
で
き
る
・
・
・
 °
だ
け
ど
 
そ
れ
が
で
き
な
い
事
は
彼
女
に
も
充

   

  
ま
る
で
マ
リ
|
の
言
葉
通
り
と
で
も
言
う
様
に
彼
女
の
両
方
の
乳
  
 
は
ぁ
ぁ
う
ぅ
・
・
・
 
  
∧
そ
 
そ
ん
な
こ
と
・
・
・
∨
  
な
か
っ
た
の
だ
け
ど
 °
  
∧
あ
ら
 
そ
う
だ
っ
た
か
し
ら
?
私
に
は
そ
ん
な
風
に
は
聞
こ
え
  
恭
子
は
マ
リ
|
を
否
定
し
た
 °
  
∧
マ
リ
|
?
!
や
め
て
!
私
 
そ
ん
な
こ
と
約
束
し
た
覚
え
な
い
!
∨
  
れ
 
彼
女
は
そ
の
場
の
虜
に
さ
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
女
の
逃
げ
だ
そ
う
と
す
る
足
は
悪
魔
に
し
っ
か
り
と
捕
ら
え
ら
  
る
っ
て
約
束
し
た
じ
ゃ
な
い
 °
  
∧
あ
ら
 
逃
げ
ち
ゃ
だ
め
よ
 °
ち
ゃ
ん
と
彼
を
受
け
入
れ
て
あ
げ
  
彼
か
ら
欲
望
に
堕
ち
た
左
右
の
性
器
を
遠
ざ
け
よ
う
と
し
た
 °
  
身
体
を
よ
じ
り
 
後
ろ
に
下
が
る
事
で
  
そ
れ
で
も
彼
女
は
羞
恥
心
を
か
か
げ
 
快
楽
を
振
り
切
ろ
う
と
 
  
 
や
 
や
め
て
ぇ
ぇ
 °
 
  
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
に
甘
え
よ
う
と
 
彼
女
に
快
感
を
伝
え
始
め
て
し
ま
っ
  
う
と
し
て
い
た
彼
女
の
乳
房
は
 
彼
を
受
け
入
れ
 
  
だ
が
 
そ
れ
と
は
逆
に
さ
き
ほ
ど
ま
で
貪
欲
に
彼
の
事
を
感
じ
よ
  
は
 
あ
ま
り
に
も
急
な
事
態
の
変
化
を
拒
絶
し
た
 °






   

  
・
・
・
 °
 
  
 
は
う
ぅ
ぅ
・
・
・
 °
あ
う
ぅ
ぅ
ん
っ
・
・
・
 °
だ
ぁ
め
ぇ
ぇ
ぇ
  
わ
と
染
み
い
り
 
彼
女
の
心
を
犯
し
始
め
た
 °
  
マ
リ
|
の
言
葉
が
ま
る
で
白
い
布
に
こ
ぼ
し
た
墨
の
様
に
じ
わ
じ
  
る
の
っ
て
?
気
持
ち
い
い
で
し
ょ
?
∨
  
∧
ど
う
?
大
好
き
な
彼
の
手
で
そ
の
お
っ
き
な
お
っ
ぱ
い
揉
ま
れ
  
感
覚
を
支
配
し
よ
う
と
し
は
じ
め
た
 °
  
送
り
 
さ
ら
に
多
く
を
求
め
る
様
に
 
彼
女
の
す
べ
て
の
  
そ
し
て
彼
を
誘
っ
た
 °
そ
し
て
形
を
変
え
る
毎
に
彼
女
に
快
楽
を
  
の
手
に
合
わ
せ
 
厭
ら
し
く
そ
の
形
を
変
え
  
悠
人
は
さ
ら
に
強
く
恭
子
の
乳
房
を
揉
ん
だ
 °
彼
女
の
乳
房
は
彼
  
 
は
ぁ
う
う
う
ん
っ
・
・
・
や
め
て
ぇ
ぇ
ん
っ
・
・
 °
 
  
し
ま
っ
た
 °
  
彼
女
の
腕
は
彼
の
腕
に
届
く
前
に
上
に
あ
が
る
事
な
く
止
ま
っ
て
  
∧
あ
ら
 °
お
さ
わ
り
は
禁
止
よ
 °
  
け
よ
う
と
抵
抗
を
試
み
た
 °
  
そ
れ
で
も
彼
女
は
 
腕
を
あ
げ
 
悠
人
の
手
を
乳
房
か
ら
払
い
の
  
ま
り
彼
を
受
け
入
れ
る
事
を
要
求
し
は
じ
め
た
 °
  
力
が
入
ら
な
く
な
っ
て
い
き
 
彼
女
の
身
体
は
彼
女
に
こ
こ
に
留
  
房
は
 
彼
の
手
に
身
を
委
ね
 
彼
女
の
四
肢
は
次
第
に





   

  
∧
え
?
な
ぁ
に
?
∨
  
 
・
・
・
・
・
ぃ
ゃ
・
・
・
 °
 
  
 
・
・
・
・
・
 °
 
  
言
葉
で
恭
子
の
身
体
を
舐
め
る
様
に
マ
リ
|
は
彼
女
を
誘
惑
し
た
 °
  
敵
だ
と
思
わ
な
い
?
∨
  
愛
し
て
も
ら
え
る
・
・
・
 °
ね
ぇ
・
 °
エ
ッ
チ
な
カ
ラ
ダ
っ
て
素
  
い
彼
を
感
じ
る
事
が
で
き
て
 
い
っ
ぱ
い
い
っ
ぱ
い
彼
に
  
∧
お
っ
き
な
お
っ
ぱ
い
気
持
ち
い
い
で
し
ょ
?
い
っ
ぱ
い
い
っ
ぱ
  
わ
ご
と
の
様
に
繰
り
返
す
だ
け
だ
っ
た
 °
  
彼
女
は
答
え
る
事
な
く
 
彼
の
手
に
操
ら
れ
る
様
に
同
じ
事
を
う
  
れ
し
い
?
そ
れ
と
も
・
・
き
も
ち
い
い
の
か
し
ら
?
∨
  
恭
子
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
触
っ
て
る
の
よ
?
ふ
ふ
っ
 °
ど
う
?
う
  
が
  
思
う
け
ど
・
・
 °
で
も
 
今
は
私
じ
ゃ
な
く
っ
て
彼
・
・
悠
人
君
  
∧
さ
っ
き
の
私
の
時
よ
り
 
ぎ
こ
ち
な
く
て
気
持
ち
良
く
な
い
と
  
曲
が
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
こ
ま
か
く
震
え
 
そ
の
膝
は
内
側
へ
と
  
あ
げ
ら
れ
た
腕
は
だ
ら
ん
と
力
な
く
垂
れ
下
が
り
 
彼
女
の
足
は
  
快
楽
と
戦
っ
て
い
た
 °
す
で
に
抵
抗
を
試
み
よ
う
と
  
恭
子
は
マ
リ
|
の
言
葉
に
答
え
る
事
も
な
く
 
た
だ
打
ち
寄
せ
る

   

  
身
の
奥
の
方
に
・
・
 °
  
∧
そ
れ
じ
ゃ
 
も
う
進
ん
で
も
ら
う
し
か
な
い
わ
ね
 °
あ
な
た
自
  
マ
リ
|
は
冷
や
や
か
に
言
い
放
っ
た
 °
  
も
そ
し
て
あ
な
た
も
 °
  
∧
・
・
そ
う
 °
あ
く
ま
で
も
認
め
て
あ
げ
る
気
は
な
い
の
ね
 °
  
繰
り
返
し
否
定
し
続
け
よ
う
と
し
た
 °
  
彼
女
は
快
楽
で
身
体
を
び
く
つ
か
せ
な
が
ら
も
う
わ
ご
と
の
様
に
  
ぁ
ぁ
ぁ
ん
・
・
・
な
い
・
・
・
・
 °
 
  
 
・
・
・
・
は
ぁ
ぅ
ん
っ
・
・
・
ち
が
う
・
・
・
・
わ
た
し
じ
ゃ
  
に
拒
ん
だ
 °
  
身
体
が
そ
れ
に
屈
し
て
も
彼
女
の
中
で
そ
れ
を
認
め
る
事
を
頑
な
  
る
快
感
に
頭
を
支
配
さ
れ
 
声
を
支
配
さ
れ
 
  
恭
子
は
否
定
し
た
 °
二
つ
の
乳
房
か
ら
絶
え
間
な
く
送
ら
れ
て
く
  
マ
リ
|
は
語
気
を
強
め
て
恭
子
に
尋
ね
た
 °
  
∧
あ
ら
・
・
・
 °
ま
だ
 
あ
な
た
は
拒
絶
す
る
の
か
し
ら
・
・
?
∨
  
に
な
り
な
が
ら
も
恭
子
は
答
え
た
 °
  
す
で
に
焦
点
の
合
わ
な
い
目
で
 
吐
息
ま
じ
り
に
と
ぎ
れ
と
ぎ
れ
  
・
・
・
わ
た
し
じ
ゃ
ぁ
ぁ
ぁ
ぅ
っ
・
・
・
な
い
か
ら
・
・
・
 °
 
  
 
・
・
・
・
だ
っ
て
・
・
・
・
・
あ
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
・
こ
ん
な
の
・
  
 
・
・
・
・
は
ぅ
ぅ
・
・
・
い
や
・
・
・
 °
 








   

  
干
に
ぶ
い
感
じ
は
す
る
も
の
の
 
  
だ
け
ど
・
・
・
 °
彼
は
自
分
の
四
肢
を
軽
く
動
か
し
て
み
た
 °
  
不
思
議
な
感
じ
を
彼
に
与
え
て
い
た
 °
  
四
肢
を
主
体
的
に
コ
ン
ト
ロ
|
ル
で
き
る
感
覚
が
な
く
 
そ
れ
が
  
ど
ま
で
は
感
覚
は
あ
る
も
の
の
  
何
か
が
足
り
な
い
感
覚
の
よ
う
に
彼
に
は
感
じ
ら
れ
た
 °
さ
き
ほ
  
感
覚
は
簡
単
に
言
っ
て
し
ま
う
と
  
彼
は
ふ
と
違
和
感
を
感
じ
た
 °
夢
の
中
に
い
る
と
い
う
不
思
議
な
  
∧
片
瀬
さ
ん
 °
無
事
だ
っ
た
ん
だ
・
・
 °
  
彼
女
が
無
事
で
あ
る
事
に
ほ
っ
と
し
た
 °
  
あ
え
ず
マ
リ
|
の
言
う
通
り
  
目
の
前
に
は
マ
ッ
ト
に
腰
を
下
ろ
し
た
恭
子
が
居
て
 
彼
は
と
り
  
の
中
に
居
た
 °
  
悠
人
の
目
の
前
に
光
が
ひ
ろ
が
っ
て
い
く
と
 
ま
た
彼
は
用
具
室
  
 
  
 
  
 
  
 
  
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
マ
リ
|
の
意
識
は
す
う
っ
と
恭
子
の
中
か
ら
消
え
て
い
っ

   

  
だ
ろ
う
・
・
 °
  
∧
ど
う
す
れ
ば
 
僕
の
気
持
ち
を
彼
女
に
伝
え
る
事
が
で
き
る
の
  
彼
は
迷
っ
た
 °
  
何
も
音
の
聞
こ
え
な
い
世
界
が
こ
ん
な
に
も
情
報
に
乏
し
い
事
に
  
す
る
と
約
束
し
た
も
の
の
 
  
彼
は
完
全
に
困
っ
て
し
ま
っ
た
 °
マ
リ
|
に
自
分
が
し
た
い
事
を
  
っ
た
 °
  
何
度
か
呼
び
か
け
て
も
彼
女
が
こ
ち
ら
を
振
り
向
く
こ
と
は
無
か
  
∧
片
瀬
さ
ん
 °
  
恭
子
に
語
り
か
け
て
も
何
も
変
わ
る
事
は
な
か
っ
た
 °
  
∧
片
瀬
さ
ん
 
も
う
大
丈
夫
?
∨
  
く
 
た
だ
下
の
ほ
う
を
向
い
て
い
た
 °
  
目
の
前
の
恭
子
は
座
っ
た
ま
ま
 
何
も
し
ゃ
べ
っ
て
る
様
子
も
無
  
い
事
に
彼
は
少
し
不
安
を
感
じ
た
 °
  
彼
自
身
の
声
は
聞
こ
え
る
も
の
の
 
そ
れ
以
外
の
音
が
全
く
し
な
  
∧
こ
れ
っ
て
一
体
ど
う
い
う
事
な
ん
だ
?
∨
  
こ
の
世
界
に
は
音
が
無
か
っ
た
 °
  
よ
う
や
く
彼
は
そ
れ
に
気
が
つ
い
た
 °
あ
た
り
を
包
む
静
寂
・
・
 °
  
れ
と
は
違
っ
た
違
和
感
・
・
・
 °
  
彼
の
思
う
よ
う
に
動
い
て
く
れ
る
感
覚
は
あ
っ
た
 °
だ
け
ど
 

   

  
て
い
る
彼
に
と
っ
て
彼
女
の
  
だ
が
 
彼
女
は
そ
の
手
を
払
い
の
け
た
 °
音
が
な
く
情
報
の
欠
け
  
そ
し
て
そ
の
手
を
伸
ば
し
た
 °
  
そ
う
言
う
と
彼
は
ゆ
っ
く
り
と
恭
子
の
ほ
う
へ
歩
を
踏
み
出
し
 
  
い
い
だ
け
だ
 °
  
∧
僕
の
し
た
い
事
・
・
 °
僕
の
今
の
気
持
ち
を
彼
女
に
伝
え
れ
ば
  
っ
た
 °
  
彼
は
気
が
つ
い
て
し
ま
え
ば
何
の
こ
と
も
な
い
事
に
 
ふ
っ
と
笑
  
∧
別
に
声
が
伝
わ
ら
な
く
て
も
 
考
え
方
を
伝
え
る
方
法
は
あ
る
 °
  
ん
だ
 °
  
急
に
動
き
出
し
た
彼
女
を
見
て
 
彼
は
急
に
脳
裏
に
考
え
が
浮
か
  
を
取
り
直
し
自
分
で
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
し
か
し
彼
女
は
彼
が
手
を
さ
し
の
べ
る
よ
り
前
に
再
び
バ
ラ
ン
ス
  
た
 °
  
彼
女
の
大
き
な
乳
房
が
上
下
に
揺
れ
 
彼
女
は
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
  
ち
上
が
ろ
う
と
し
た
 °
  
あ
る
の
か
さ
え
今
の
彼
に
は
解
ら
な
か
っ
た
が
 
急
に
彼
女
が
立
  
の
夢
の
世
界
に
時
間
な
ん
て
感
覚
が
  
ど
れ
く
ら
い
の
時
間
が
経
っ
た
の
だ
ろ
う
か
・
・
 °
そ
も
そ
も
こ
  
彼
は
悩
ん
だ
 °




















   

  
し
て
彼
は
左
右
の
手
を
優
し
く
す
べ
ら
せ
た
 °
  
い
つ
ま
で
も
触
っ
て
い
た
ほ
ど
の
心
地
よ
さ
を
彼
に
与
え
た
 °
  
遅
れ
て
触
れ
た
 °
そ
れ
は
と
て
も
細
や
か
で
  
彼
の
右
手
が
や
わ
ら
か
な
も
の
に
触
れ
た
 °
そ
し
て
左
手
も
少
し
  
そ
の
時
の
彼
に
迷
い
は
す
で
に
無
か
っ
た
 °
  
だ
が
 
彼
は
そ
れ
で
も
彼
女
へ
と
そ
の
手
を
伸
ば
し
た
 °
  
ま
た
し
て
も
彼
女
は
彼
を
そ
の
身
を
よ
じ
る
事
で
拒
絶
し
た
 °
  
に
そ
っ
と
触
れ
た
 °
  
彼
の
手
は
彼
女
の
腕
を
す
り
抜
け
 
彼
の
手
が
彼
女
の
華
奢
な
肩
  
悠
人
は
再
び
そ
の
手
を
彼
女
へ
と
伸
ば
し
た
 °
  
∧
・
・
・
そ
れ
で
も
 
僕
は
 °
  
事
が
次
か
ら
次
へ
と
わ
き
上
が
っ
た
 °
  
・
・
 °
今
ま
で
マ
リ
|
と
話
し
て
き
た
  
音
が
聞
こ
え
な
い
の
に
何
が
真
実
か
も
解
ら
な
い
・
・
 °
真
実
は
  
る
必
要
も
な
い
し
 
そ
れ
に
  
去
来
す
る
 °
そ
も
そ
も
自
分
の
夢
な
の
だ
か
ら
そ
ん
な
事
を
考
え
  
な
不
安
や
迷
い
が
彼
の
心
に
  
ま
で
僕
の
し
た
い
事
を
彼
女
に
す
る
べ
き
な
の
だ
ろ
う
か
?
そ
ん
  
事
も
な
く
 
こ
ん
な
に
拒
絶
さ
れ
て
  
拒
否
は
絶
対
に
様
に
も
思
え
た
 °
本
当
に
彼
女
の
気
持
ち
を
聞
く

   

  
て
胸
に
感
じ
る
彼
女
の
熱
い
息
づ
か
い
 °
  
そ
の
彼
女
の
す
べ
て
を
自
分
に
預
け
て
き
て
る
様
な
信
頼
 °
そ
し
  
ず
め
て
き
た
 °
  
彼
女
は
少
し
顔
を
ふ
せ
 
甘
え
る
様
に
顔
を
胸
の
あ
た
り
へ
と
う
  
そ
し
て
彼
女
の
腕
は
そ
れ
に
応
え
る
様
に
彼
を
よ
り
強
く
求
め
た
 °
  
よ
り
近
く
と
求
め
た
 °
  
身
体
を
預
け
る
様
に
な
っ
て
き
た
の
で
 
彼
は
少
し
づ
つ
彼
女
を
  
ら
力
が
抜
け
 
次
第
に
彼
へ
と
  
ま
る
で
彼
の
気
持
ち
が
伝
わ
っ
て
る
か
の
様
に
 
彼
女
の
身
体
か
  
∧
も
っ
と
 
彼
女
を
強
く
感
じ
て
い
た
い
 °
  
的
確
に
身
体
に
伝
え
る
事
が
で
き
た
 °
  
じ
る
も
の
の
 
彼
は
彼
の
意
思
を
  
心
臓
の
高
ま
り
を
感
じ
 
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
に
も
似
た
緊
張
感
を
感
  
そ
の
声
が
伝
わ
ら
な
く
て
も
彼
に
は
何
の
問
題
も
な
か
っ
た
 °
  
い
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
名
を
呼
ん
だ
 °
  
先
ほ
ど
彼
女
を
抱
い
た
時
よ
り
も
 
彼
は
彼
女
を
近
く
に
感
じ
て
  
∧
片
瀬
さ
ん
・
・
・
 °
  
愛
お
し
く
包
ん
だ
 °
  
い
が
彼
に
と
っ
て
と
て
も
大
き
な
ひ
と
を
  
彼
の
腕
は
彼
女
の
細
や
か
な
腕
へ
と
優
し
く
触
れ
 
彼
は
こ
の
儚

   

  
ど
ん
と
大
き
な
感
じ
と
な
っ
て
  
そ
し
て
柔
ら
か
な
彼
女
の
双
球
が
彼
に
触
れ
る
と
 
そ
れ
が
ど
ん
  
い
っ
た
 °
  
彼
の
手
と
腕
は
力
を
増
し
 
さ
ら
に
彼
女
と
の
距
離
が
縮
ま
っ
て
  
に
強
く
押
し
当
て
ら
れ
た
 °
  
彼
女
の
乳
首
が
胸
に
く
に
っ
と
当
て
ら
れ
る
と
 
そ
の
ま
ま
さ
ら
  
る
か
を
敏
感
に
感
じ
て
い
た
 °
  
見
え
な
い
も
の
に
彼
は
驚
い
た
が
 
彼
の
身
体
は
そ
れ
が
何
で
あ
  
∧
こ
 
こ
れ
っ
て
・
・
?
!
∨
  
焦
燥
感
を
与
え
た
 °
  
て
い
く
感
覚
は
彼
に
強
烈
な
  
そ
の
感
覚
は
彼
の
神
経
を
集
中
さ
せ
 
次
第
に
強
く
大
き
く
な
っ
  
感
じ
た
 °
  
そ
し
て
悠
人
は
胸
よ
り
少
し
下
の
あ
た
り
に
 
柔
ら
か
な
感
触
を
  
体
も
ま
た
彼
へ
と
近
づ
い
て
い
っ
た
 °
  
恭
子
と
の
距
離
が
ど
ん
ど
ん
と
近
く
な
る
に
従
っ
て
 
彼
女
の
身
  
悠
人
は
完
全
に
恭
子
の
虜
に
な
っ
て
い
た
 °
  
∧
片
瀬
さ
ん
っ
て
・
・
こ
ん
な
に
か
わ
い
い
ん
だ
・
・
 °
  
覚
を
与
え
て
い
た
 °
  
そ
れ
ら
が
彼
に
ま
る
で
足
元
か
ら
ぞ
く
ぞ
く
っ
と
駆
け
上
が
る
感

   

  
∧
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
を
揉
ん
で
み
た
い
 °
  
た
 °
  
ば
か
り
に
張
り
詰
め
た
乳
房
に
心
を
奪
わ
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
  
そ
し
て
そ
の
は
ち
き
れ
ん
  
彼
は
彼
女
の
顔
を
見
て
 
そ
し
て
彼
女
の
汗
で
よ
り
し
っ
と
り
と
 
  
瞳
で
彼
を
見
つ
め
て
き
た
 °
  
彼
女
の
身
体
が
離
れ
る
と
 
彼
女
は
と
て
も
熱
く
そ
し
て
妖
艶
な
  
ら
離
れ
た
 °
  
彼
は
次
第
に
そ
の
腕
と
手
の
力
を
ゆ
る
め
る
と
 
彼
女
の
身
体
か
  
∧
彼
女
に
も
っ
と
触
れ
て
み
た
い
 °
  
そ
し
て
 
さ
ら
な
る
衝
動
が
彼
に
新
た
な
刺
激
を
求
め
た
 °
  
揺
ら
し
た
 °
  
さ
ら
に
彼
女
に
悟
ら
れ
る
事
の
無
い
ほ
ど
に
わ
ず
か
づ
つ
左
右
に
  
ぎ
ゅ
っ
と
押
し
当
て
さ
せ
 
  
ど
ん
ど
ん
と
大
き
く
な
っ
て
い
く
彼
の
欲
望
は
 
彼
女
の
乳
房
を
  
∧
あ
ぁ
ぁ
っ
・
・
 °
  
た
 °
  
さ
ら
に
彼
女
の
大
き
な
乳
房
を
密
着
さ
せ
る
事
に
な
っ
た
の
だ
っ
  
の
衝
動
を
産
み
 
  
彼
へ
伝
え
ら
れ
た
 °
そ
し
て
彼
の
焦
燥
感
は
極
度
の
緊
張
と
多
く

   

  
揉
み
た
い
と
い
う
欲
望
が
  
揉
め
ば
揉
む
ほ
ど
に
悠
人
の
心
に
は
も
っ
と
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
を
  
∧
こ
れ
が
 
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
?
!
∨
  
ぴ
た
り
と
吸
い
付
い
て
き
た
 °
  
度
に
ま
る
で
彼
の
手
に
絡
ま
せ
る
様
に
  
柔
ら
か
く
そ
し
て
ず
っ
し
り
と
重
い
彼
女
の
乳
房
は
 
彼
が
揉
む
  
動
く
度
に
 
彼
女
は
反
応
を
彼
に
返
し
た
 °
  
彼
が
何
も
し
な
く
て
も
 
彼
に
変
化
を
与
え
 
そ
し
て
彼
の
指
が
  
て
彼
女
が
身
を
よ
じ
る
度
に
  
彼
の
指
先
が
揉
む
度
に
彼
女
の
双
球
は
そ
の
形
を
変
え
た
 °
そ
し
  
た
の
だ
っ
た
 °
  
比
べ
も
の
に
な
ら
な
い
ほ
ど
肉
質
的
な
快
感
を
彼
へ
た
た
き
つ
け
  
感
じ
て
い
た
感
覚
な
ど
と
は
  
そ
の
反
発
が
存
在
感
を
返
し
た
 °
そ
し
て
そ
れ
は
ブ
ラ
の
上
か
ら
  
へ
と
沈
み
 
そ
し
て
  
そ
し
て
そ
れ
が
彼
の
全
身
を
巡
り
 
彼
の
指
は
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
  
な
感
覚
を
返
し
て
き
た
 °
  
彼
の
手
が
彼
女
の
乳
房
に
触
れ
る
と
 
彼
の
手
に
と
て
も
柔
ら
か
  
∧
!
!
?
?
∨
  
彼
の
手
は
躊
躇
う
事
な
く
 
彼
女
の
乳
房
へ
と
伸
び
た
 °




   

  
∧
は
い
 °
も
う
ス
ト
|
ッ
プ
!
や
め
て
ね
 °
  
マ
リ
|
は
少
し
心
配
す
る
様
に
言
っ
た
 °
  
チ
ャ
|
ム
が
効
き
過
ぎ
ち
ゃ
っ
て
る
の
か
し
ら
・
・
 °
  
∧
私
の
声
は
聞
こ
え
て
る
は
ず
な
ん
だ
け
ど
・
・
・
 °
や
っ
ぱ
り
 
  
揉
む
事
を
や
め
よ
う
と
は
し
な
か
っ
た
 °
  
マ
リ
|
の
言
葉
が
ま
る
で
聞
こ
え
て
な
い
か
の
様
に
悠
人
は
胸
を
  
る
か
し
ら
?
∨
  
∧
え
|
っ
と
 
悪
い
ん
だ
け
ど
 
ち
ょ
っ
と
や
め
て
聞
い
て
く
れ
  
マ
リ
|
は
満
足
げ
に
つ
ぶ
や
い
た
 °
  
∧
ふ
ふ
っ
 °
積
極
的
ね
 °
さ
す
が
は
男
の
子
か
し
ら
 °
  
え
て
き
た
 °
  
そ
ん
な
彼
を
よ
そ
に
マ
リ
|
声
が
ま
た
ど
こ
か
ら
と
も
な
く
聞
こ
  
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
い
つ
し
か
呼
吸
も
荒
く
な
っ
て
 
悠
人
は
恭
子
の
お
っ
ぱ
い
の
虜
  
∧
は
ぁ
っ
 °
は
ぁ
っ
 °
  
そ
れ
が
次
か
ら
次
へ
と
彼
に
エ
ロ
を
与
え
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
双
球
の
谷
間
を
作
り
 
  
彼
の
手
に
よ
っ
て
形
を
ゆ
が
ま
せ
た
彼
女
の
乳
房
は
様
々
な
深
い
  
そ
し
て
強
く
な
っ
て
い
き
 
  
心
を
大
き
く
支
配
し
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
そ
の
手
は
次
第
に
早
く
 

   

  
な
っ
て
思
っ
て
た
ん
だ
け
ど
・
・
・
ち
ょ
お
っ
と
お
姉
さ
ん
 
  
∧
別
に
い
じ
わ
る
し
た
わ
け
じ
ゃ
な
い
の
よ
?
こ
れ
で
い
け
る
か
  
悠
人
は
小
さ
く
羞
恥
を
こ
ら
え
て
答
え
た
 °
  
∧
・
・
ぁ
 
ぃ
ぇ
・
・
・
 °
  
て
言
っ
ち
ゃ
っ
て
 °
  
∧
ご
め
ん
な
さ
い
ね
 °
せ
っ
か
く
楽
し
ん
で
た
の
に
 
や
め
て
っ
  
言
い
放
っ
た
 °
  
傷
口
に
塩
を
塗
り
込
む
様
な
攻
撃
を
マ
リ
|
は
あ
っ
け
ら
か
ん
と
  
れ
ぐ
ら
い
の
ほ
う
が
お
姉
さ
ん
は
好
き
よ
 °
  
∧
あ
ら
 °
別
に
恥
ず
か
し
が
ら
な
く
て
い
い
の
よ
 °
男
の
子
は
あ
  
一
気
に
恥
ず
か
し
さ
を
感
じ
た
 °
  
我
を
失
っ
て
い
た
事
に
少
し
づ
つ
 
そ
し
て
  
不
満
が
わ
き
あ
が
っ
た
も
の
の
 
急
に
冷
静
な
心
が
自
分
自
身
が
  
我
に
返
っ
た
 °
そ
し
て
瞬
間
 
マ
リ
|
に
対
し
て
  
悠
人
は
突
然
 
目
の
前
か
ら
恭
子
が
消
え
た
事
に
び
っ
く
り
し
て
  
∧
お
楽
し
み
の
と
こ
ろ
悪
い
ん
だ
け
ど
・
・
ち
ょ
っ
と
聞
い
て
ね
 °
  
に
現
れ
た
 °
  
そ
し
て
マ
リ
|
が
ま
た
何
も
無
い
と
こ
ろ
か
ら
ふ
っ
と
悠
人
の
前
  
て
い
き
 
あ
た
り
は
真
っ
白
な
空
間
に
包
ま
れ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
叫
ぶ
と
 
悠
人
の
目
の
前
か
ら
ま
た
景
色
が
消
え

   

  
∧
・
・
・
そ
う
い
え
ば
・
・
彼
女
の
ほ
う
も
僕
を
抱
き
し
め
て
た
  
∧
な
ん
で
も
い
い
の
よ
?
∨
  
∧
そ
う
で
す
ね
・
・
・
・
 °
  
か
し
ら
?
∨
  
そ
う
じ
ゃ
な
く
っ
て
・
・
そ
の
 
彼
女
か
ら
何
か
感
じ
な
か
っ
た
  
∧
そ
う
ね
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
か
わ
い
か
っ
た
わ
よ
ね
 °
あ
 
で
も
 
  
悠
人
は
素
直
に
答
え
た
 °
  
∧
か
わ
い
か
っ
た
で
す
 °
  
・
 °
あ
な
た
が
抱
き
し
め
た
恭
子
ち
ゃ
ん
は
ど
う
だ
っ
た
か
し
ら
?
∨
  
∧
あ
ら
 °
ま
だ
引
き
ず
っ
て
る
の
ね
 °
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
そ
う
ね
・
  
悠
人
は
ま
た
恥
ず
か
し
さ
が
こ
み
上
げ
て
き
て
し
ま
っ
た
 °
  
∧
え
っ
?
∨
  
を
ど
う
思
っ
た
か
し
ら
?
∨
  
∧
ま
た
同
じ
様
な
質
問
で
悪
い
ん
だ
け
ど
 °
あ
な
た
 
今
の
彼
女
  
マ
リ
|
少
し
頭
を
左
右
に
振
っ
た
 °
  
∧
そ
う
・
・
 °
問
題
な
の
よ
 °
  
し
た
 °
  
悠
人
は
少
し
気
に
な
る
語
句
を
聞
い
て
多
少
の
冷
静
さ
を
取
り
戻
  
∧
・
・
問
題
?
∨
  
甘
か
っ
た
み
た
い
で
 
問
題
が
起
き
ち
ゃ
っ
た
の
よ
 °

   

  
な
ら
む
し
ろ
普
通
よ
 °
  
∧
別
に
気
に
し
な
く
っ
て
い
い
の
に
 °
あ
な
た
ぐ
ら
い
の
男
の
子
  
悠
人
は
だ
ま
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
∧
・
・
・
・
∨
  
感
じ
た
事
は
あ
る
か
し
ら
?
∨
  
先
よ
 °
抱
き
し
め
た
後
 
あ
な
た
は
彼
女
か
ら
何
か
  
∧
そ
れ
で
い
い
わ
よ
 °
感
じ
が
大
切
な
ん
だ
か
ら
 °
問
題
は
そ
の
  
∧
・
・
な
ん
と
な
く
解
る
よ
う
な
気
が
し
ま
す
 °
  
解
を
試
み
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
言
っ
た
言
葉
を
も
う
一
度
振
り
返
り
な
が
ら
理
  
し
て
い
た
っ
て
事
な
の
よ
 °
  
を
受
け
入
れ
て
 
彼
女
は
あ
な
た
に
考
え
を
返
そ
う
と
  
∧
そ
う
 °
ま
だ
難
し
か
っ
た
か
し
ら
 °
つ
ま
り
 
彼
女
は
あ
な
た
  
∧
解
り
ま
せ
ん
・
・
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
問
い
に
驚
き
 
そ
し
て
考
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
∧
え
っ
?
∨
  
∧
そ
れ
っ
て
・
・
つ
ま
り
ど
う
い
う
事
か
解
る
か
し
ら
?
∨
  
悠
人
は
思
い
出
し
て
す
こ
し
胸
が
ド
キ
ド
キ
と
し
は
じ
め
た
 °
  
∧
そ
う
ね
 °
確
か
に
彼
女
も
あ
な
た
を
抱
き
し
め
て
た
わ
ね
 °
  
気
が
し
ま
す
 °

   

  
か
ら
よ
 °
  
∧
そ
し
て
も
う
1
つ
が
・
・
 °
彼
女
が
あ
な
た
を
拒
絶
し
て
い
た
  
∧
は
い
 °
た
し
か
に
声
は
聞
こ
え
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
な
か
っ
た
事
 °
こ
れ
は
解
る
と
思
う
わ
 °
  
∧
そ
う
ね
 °
当
然
よ
 °
だ
っ
て
 
ひ
と
つ
は
彼
女
の
声
が
聞
こ
え
  
∧
僕
に
は
よ
く
解
り
ま
せ
ん
 °
  
∧
あ
な
た
が
何
も
感
じ
な
か
っ
た
原
因
は
他
に
も
あ
る
の
よ
 °
  
マ
リ
|
は
そ
の
場
を
取
り
繕
う
様
に
フ
ォ
ロ
|
を
試
み
た
 °
  
ら
気
に
し
な
く
て
い
い
っ
て
ば
 °
  
∧
私
が
好
き
な
様
に
す
れ
ば
い
い
っ
て
言
っ
た
の
が
悪
い
ん
だ
か
  
ら
れ
た
 °
  
マ
リ
|
の
言
葉
が
ひ
と
つ
ひ
と
つ
悠
人
を
責
め
立
て
る
様
に
感
じ
  
裕
が
無
か
っ
た
の
も
あ
る
け
ど
・
・
・
∨
  
∧
あ
な
た
が
何
も
彼
女
か
ら
感
じ
な
か
っ
た
の
は
 
あ
な
た
に
余
  
悠
人
は
小
さ
く
答
え
た
 °
  
∧
・
・
・
は
い
 °
  
す
す
め
ち
ゃ
う
わ
よ
?
間
違
っ
て
た
ら
言
っ
て
ね
 °
  
い
て
お
い
て
 
特
に
何
も
感
じ
な
か
っ
た
っ
て
事
で
  
∧
い
い
の
に
・
・
 °
じ
ゃ
あ
 
気
持
ち
よ
か
っ
た
・
・
と
か
は
お
  
∧
・
・
・
す
み
ま
せ
ん
 °

   

  
ム
を
縮
め
る
為
に
少
し
づ
つ
で
も
新
し
い
事
に
  
悠
人
に
は
正
直
な
と
こ
ろ
よ
く
解
ら
な
か
っ
た
 °
日
々
目
標
タ
イ
  
よ
う
と
し
ち
ゃ
う
彼
女
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
何
か
新
し
い
事
を
し
よ
う
と
す
る
度
に
そ
れ
を
止
め
  
∧
変
わ
る
事
を
拒
絶
す
る
彼
女
?
∨
  
事
を
拒
絶
す
る
彼
女
な
の
 °
  
∧
あ
な
た
を
頑
な
に
拒
絶
し
た
の
は
・
・
い
ろ
ん
な
所
で
変
わ
る
  
悠
人
に
は
マ
リ
|
の
言
っ
て
る
事
が
ま
だ
よ
く
解
ら
な
か
っ
た
 °
  
∧
ど
う
い
う
こ
と
で
す
か
?
∨
  
・
で
も
あ
な
た
は
拒
絶
さ
れ
た
の
 °
  
∧
あ
な
た
を
受
け
入
れ
て
た
彼
女
も
間
違
い
な
く
居
た
の
よ
 °
  
∧
え
え
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
今
ま
で
い
ろ
ん
な
恭
子
ち
ゃ
ん
を
見
て
き
た
で
し
ょ
?
∨
  
∧
・
・
僕
の
事
を
受
け
入
れ
て
た
彼
女
・
・
?
∨
  
多
か
っ
た
の
よ
 °
  
し
ろ
 
あ
な
た
の
事
を
受
け
入
れ
て
た
彼
女
の
ほ
う
が
  
∧
で
も
 
あ
な
た
に
全
部
責
任
が
あ
る
わ
け
じ
ゃ
な
い
の
よ
 °
  
悠
人
は
大
き
な
シ
ョ
ッ
ク
を
受
け
た
 °
  
・
・
 °
  
∧
彼
女
が
僕
を
拒
絶
し
て
た
な
ん
て
・
・
 °
そ
れ
な
の
に
僕
は
・

   

  
∧
そ
れ
は
ど
う
い
う
こ
と
で
す
か
?
∨
  
∧
そ
う
と
も
言
え
る
し
 
そ
う
じ
ゃ
な
い
と
も
言
え
る
わ
 °
  
か
?
∨
  
∧
・
・
解
り
ま
し
た
 °
僕
は
彼
女
を
待
っ
て
い
れ
ば
い
い
の
で
す
  
∧
そ
う
よ
 °
あ
な
た
と
向
か
い
合
う
の
は
そ
の
後
 °
  
∧
彼
女
自
身
に
?
∨
  
に
し
っ
か
り
向
き
合
う
事
が
必
要
な
の
 °
  
∧
そ
う
よ
・
・
 °
で
も
 
恭
子
ち
ゃ
ん
は
ま
ず
恭
子
ち
ゃ
ん
自
身
  
∧
僕
に
も
?
∨
  
も
ち
ろ
ん
あ
な
た
に
も
ね
 °
  
∧
だ
か
ら
彼
女
は
い
ろ
ん
な
も
の
に
向
か
い
合
う
必
要
が
あ
る
の
 °
  
た
 °
  
マ
リ
|
は
悠
人
に
力
強
く
語
っ
た
 °
そ
し
て
彼
女
は
さ
ら
に
続
け
  
本
当
に
大
切
な
も
の
も
失
っ
て
し
ま
う
か
も
し
れ
な
い
の
 °
  
も
彼
女
は
そ
れ
が
強
す
ぎ
る
の
 °
こ
の
ま
ま
で
は
彼
女
は
  
∧
そ
う
ね
 °
多
か
れ
少
な
か
れ
誰
に
で
も
あ
る
で
し
ょ
う
ね
 °
  
∧
で
も
・
・
 °
そ
れ
っ
て
誰
に
で
も
あ
る
の
で
は
な
い
で
す
か
?
∨
  
彼
女
を
理
解
し
よ
う
と
彼
は
マ
リ
|
に
彼
女
の
弁
護
を
し
て
み
た
 °
  
そ
れ
で
も
彼
に
も
全
く
無
い
と
い
う
訳
で
も
な
く
 
  
挑
戦
し
よ
う
と
し
て
い
る
彼
に
は
あ
ま
り
無
い
考
え
方
だ
っ
た
 °

   

  
っ
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
に
ま
っ
す
ぐ
と
向
き
 
そ
し
て
力
強
い
口
調
で
言
  
そ
れ
で
も
あ
な
た
は
彼
女
に
立
ち
向
か
う
覚
悟
が
あ
る
か
し
ら
?
∨
  
事
も
で
き
な
い
け
ど
 
  
見
守
っ
て
も
ら
う
事
に
な
る
わ
 °
そ
の
間
 
あ
な
た
は
一
切
動
く
  
彼
女
の
事
を
  
∧
た
だ
し
 
今
回
あ
な
た
は
彼
女
か
ら
離
れ
た
場
所
で
 
じ
っ
と
  
マ
リ
|
は
さ
ら
に
続
け
た
 °
  
あ
な
た
は
彼
女
の
事
を
知
り
た
い
か
し
ら
?
∨
  
∧
こ
れ
か
ら
ど
ん
な
彼
女
が
あ
な
た
の
前
に
現
れ
る
と
し
て
も
 
  
て
彼
に
尋
ね
た
 °
  
マ
リ
|
は
少
し
上
を
向
い
て
 
ま
っ
す
ぐ
に
悠
人
の
目
を
見
つ
め
  
る
の
は
今
度
も
一
緒
 °
  
∧
す
べ
て
を
理
解
す
る
必
要
は
な
い
わ
 °
私
か
ら
あ
な
た
に
尋
ね
  
∧
す
み
ま
せ
ん
・
・
 °
よ
く
解
り
ま
せ
ん
 °
  
彼
女
と
向
き
合
う
の
は
あ
な
た
な
の
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
自
分
自
身
と
向
き
合
う
の
は
彼
女
自
身
 °
で
も
そ
の
  
∧
彼
女
と
?
∨
  
あ
る
の
 °
  
∧
あ
な
た
に
は
自
分
自
身
と
向
き
合
う
彼
女
と
向
き
合
う
必
要
が

   

  
よ
う
と
す
る
よ
り
も
早
く
 
彼
は
彼
女
の
頭
の
上
に
  
よ
う
や
く
彼
の
気
配
に
気
が
つ
い
た
彼
女
が
上
を
向
い
て
確
か
め
  
側
ま
で
足
を
進
め
た
 °
  
悠
人
は
背
中
を
少
し
丸
め
た
よ
う
な
格
好
で
座
っ
て
い
る
恭
子
の
  
∧
は
い
 °
  
∧
じ
ゃ
あ
 
彼
女
の
頭
を
優
し
く
叩
い
て
あ
げ
て
ね
 °
  
∧
は
い
 °
  
な
く
な
る
わ
 °
い
い
か
し
ら
?
∨
  
た
だ
そ
こ
で
彼
女
の
事
を
じ
っ
と
見
守
る
し
か
で
き
  
移
動
し
て
も
ら
う
事
に
な
る
わ
 °
そ
し
て
終
わ
る
ま
で
あ
な
た
は
  
ょ
う
 °
始
ま
っ
た
ら
あ
な
た
に
は
彼
女
か
ら
離
れ
た
所
に
  
∧
そ
う
ね
・
・
 °
彼
女
の
頭
で
も
軽
く
叩
い
て
あ
げ
て
始
め
ま
し
  
少
し
う
つ
む
き
加
減
で
座
っ
て
い
た
 °
  
ッ
ト
の
上
に
腰
を
下
ろ
し
 
恭
子
は
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
ま
た
悠
人
の
前
に
景
色
が
広
が
っ
た
 °
  
∧
そ
れ
で
は
 
始
め
ま
し
ょ
う
か
 °
  
マ
リ
|
は
少
し
満
足
気
に
笑
い
な
が
ら
言
っ
た
 °
  
ま
し
ょ
う
 °
  
∧
ふ
ふ
っ
 °
愚
問
だ
っ
た
か
し
ら
 °
い
い
わ
 °
そ
の
言
葉
を
信
じ
  
∧
そ
れ
が
彼
女
に
必
要
な
ら
僕
は
彼
女
を
見
守
り
ま
す
 °

   

  
次
第
に
薄
れ
て
い
き
か
け
て
い
た
時
 
そ
の
感
覚
が
急
に
小
さ
く
  
覚
で
真
っ
白
に
な
っ
て
い
き
 
彼
女
の
意
識
が
  
必
死
に
抵
抗
す
る
も
の
の
 
ど
ん
ど
ん
頭
の
中
が
き
も
ち
い
い
感
  
 
は
あ
ぅ
ぅ
ん
・
・
・
 °
ん
ん
っ
・
・
・
 °
 
  
い
た
 °
  
か
の
様
に
た
だ
た
だ
自
分
の
乳
房
を
揉
ま
れ
る
が
ま
ま
に
さ
れ
て
  
る
事
は
で
き
ず
に
 
ま
る
で
悠
人
の
手
に
操
ら
れ
て
い
る
  
失
っ
た
様
に
感
じ
ら
れ
た
 °
そ
れ
で
も
な
お
悠
人
の
手
か
ら
逃
れ
  
と
同
時
に
 
恭
子
は
急
に
支
え
ら
れ
て
い
た
も
の
を
  
マ
リ
|
の
意
識
が
彼
女
の
中
か
ら
消
え
た
よ
う
に
感
じ
ら
れ
る
の
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
思
わ
ず
彼
女
は
つ
ぶ
や
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
い
た
っ
・
・
 °
 
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
た
彼
女
の
額
の
あ
た
り
を
ぺ
し
っ
と
叩
く
よ
う
な
形
に
  
優
し
く
ぽ
ん
っ
と
手
を
置
こ
う
と
し
た
が
 
彼
の
手
は
上
を
向
い

   

  
た
 °
そ
れ
は
ま
さ
し
く
 
自
分
の
大
好
き
な
  
彼
に
抱
き
し
め
ら
れ
た
時
は
 
彼
女
は
本
当
に
と
て
も
幸
せ
だ
っ
  
る
為
に
過
去
を
振
り
返
り
始
め
た
 °
  
よ
う
や
く
彼
女
も
落
ち
着
き
を
取
り
戻
し
つ
つ
 
状
況
を
整
理
す
  
呼
吸
も
だ
ん
だ
ん
と
落
ち
着
い
て
き
た
 °
  
肩
の
上
下
も
次
第
に
少
な
く
な
っ
て
い
く
の
に
つ
れ
て
 
彼
女
の
  
 
は
ぁ
・
・
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
 °
 
  
た
 °
  
そ
し
て
物
足
り
な
さ
を
彼
女
へ
と
伝
え
 
彼
女
の
呼
吸
を
邪
魔
し
  
続
け
ら
れ
て
い
る
様
な
快
感
と
 
  
彼
女
の
乳
房
は
汗
で
し
っ
と
り
と
し
 
彼
女
に
ま
る
で
ま
だ
揉
み
  
揺
れ
 
彼
女
を
気
持
ち
猫
背
に
さ
せ
て
い
た
 °
  
肩
を
上
下
さ
せ
 
彼
女
か
ら
重
く
ぶ
ら
下
が
っ
た
乳
房
が
上
下
に
  
あ
け
て
呼
吸
を
整
え
よ
う
と
し
た
 °
  
彼
女
は
マ
ッ
ト
の
上
に
足
を
外
に
開
い
て
座
る
と
 
口
を
大
き
く
  
 
は
ぁ
ぅ
!
は
ぁ
ぅ
!
は
ぁ
ぅ
!
・
・
・
 
  
へ
な
へ
な
と
足
か
ら
崩
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
の
呪
縛
か
ら
逃
れ
た
様
に
 
マ
ッ
ト
の
上
へ
と
  
突
然
 
悠
人
は
恭
子
の
胸
を
揉
む
事
を
や
め
て
し
ま
い
 
恭
子
は
  
な
っ
て
い
っ
た
 °



















   

  
ど
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
本
当
の
悠
人
君
っ
て
  
∧
マ
リ
|
は
私
が
本
当
の
悠
人
君
を
知
ら
な
い
っ
て
言
っ
て
た
け
  
て
い
う
の
?
∨
  
∧
自
分
の
知
ら
な
か
っ
た
悠
人
君
を
私
が
ど
こ
か
で
求
め
て
る
っ
  
彼
の
事
を
求
め
続
け
て
い
る
よ
う
に
も
思
え
る
の
だ
っ
た
 °
  
め
て
じ
わ
じ
わ
と
う
ず
く
様
な
こ
の
感
覚
は
  
な
っ
て
じ
ん
じ
ん
と
残
り
 
そ
し
て
乳
房
全
体
が
あ
の
感
覚
を
求
  
彼
に
強
く
も
た
れ
た
所
が
指
の
感
覚
と
  
恭
子
は
ふ
と
自
分
の
大
き
な
乳
房
に
視
線
を
落
と
し
た
 °
未
だ
に
  
い
た
の
か
も
し
れ
な
い
っ
て
思
え
る
ほ
ど
に
・
・
 °
  
で
私
の
こ
の
心
だ
け
が
彼
を
拒
否
し
て
  
揉
ま
れ
る
度
に
 
身
体
は
私
に
も
っ
と
強
く
彼
を
望
ん
だ
 °
ま
る
  
ら
し
な
く
膨
ら
ん
で
し
ま
っ
た
乳
房
を
  
彼
女
は
す
べ
て
を
拒
否
す
る
事
は
で
き
な
か
っ
た
 °
彼
に
こ
の
だ
  
∧
だ
け
ど
・
・
・
 °
  
荒
々
し
さ
で
 
彼
女
は
恐
怖
す
ら
覚
え
る
ほ
ど
で
あ
っ
た
 °
  
い
つ
も
の
彼
と
は
ま
る
で
違
う
  
そ
の
後
の
彼
は
自
分
の
知
っ
て
る
悠
人
で
は
な
か
っ
た
 °
そ
れ
は
  
∧
だ
け
ど
・
・
・
 °
  
悠
人
で
あ
り
 
彼
女
が
望
ん
だ
至
福
の
時
だ
っ
た
 °






   

  
∧
え
え
 °
必
要
よ
 °
  
恭
子
は
疑
わ
し
く
尋
ね
た
 °
  
∧
そ
れ
っ
て
必
要
な
の
?
∨
  
よ
 °
  
∧
自
分
の
奥
の
ほ
う
に
い
る
別
の
あ
な
た
自
身
と
向
き
合
う
準
備
  
∧
な
ん
の
準
備
の
事
?
∨
  
い
い
か
し
ら
?
∨
  
∧
え
え
・
・
ち
ょ
っ
と
・
・
 °
そ
れ
よ
り
恭
子
ち
ゃ
ん
 
準
備
は
  
∧
マ
リ
|
 °
ど
こ
か
へ
行
っ
て
た
の
?
∨
  
唐
突
に
マ
リ
|
の
意
識
が
感
じ
ら
れ
る
様
に
な
っ
た
 °
  
∧
も
う
 
な
に
や
っ
て
る
の
よ
?
∨
  
彼
女
は
思
わ
ず
つ
ぶ
や
い
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
い
た
っ
・
・
・
 °
 
  
う
ち
つ
け
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
様
に
 
彼
女
は
額
を
ぺ
し
っ
と
何
か
に
  
反
射
的
に
顔
を
起
こ
そ
う
と
し
た
 °
だ
が
 
そ
の
出
鼻
を
く
じ
く
  
急
に
何
か
の
気
配
を
感
じ
る
と
  
ど
れ
く
ら
い
の
時
間
そ
う
し
て
い
た
の
だ
ろ
う
か
・
・
 °
恭
子
は
  
恭
子
は
両
手
で
頭
を
支
え
る
様
に
し
て
下
を
う
つ
む
い
た
 °
  
一
体
な
ん
な
の
よ
?
?
∨
















   

  
マ
リ
|
に
ば
か
に
さ
れ
た
様
に
感
じ
恭
子
は
怒
っ
た
 °
  
∧
マ
リ
|
か
ら
ふ
っ
て
お
い
て
ど
う
で
も
い
い
っ
て
・
・
?
!
∨
  
∧
別
に
そ
ん
な
事
は
ど
う
だ
っ
て
い
い
わ
 °
  
∧
え
え
・
・
そ
う
よ
!
∨
  
∧
あ
ら
 
そ
う
な
の
 °
  
た
し
!
∨
  
∧
私
 
気
持
ち
よ
く
な
ん
か
な
か
っ
た
し
!
た
だ
嫌
な
だ
け
だ
っ
  
そ
の
証
拠
を
腕
で
隠
し
 
反
論
し
た
 °
  
っ
と
赤
く
な
り
 
  
マ
リ
|
の
狙
い
澄
ま
し
た
様
に
い
じ
わ
る
な
言
葉
に
恭
子
は
か
ぁ
  
の
・
・
誰
か
し
ら
?
∨
  
∧
悠
人
君
に
お
っ
ぱ
い
揉
ま
れ
て
気
持
ち
よ
く
感
じ
ち
ゃ
っ
て
た
  
マ
リ
|
は
わ
ざ
と
じ
ら
す
よ
う
に
間
を
と
っ
て
言
っ
た
 °
  
・
・
∨
  
∧
あ
ら
 °
自
覚
が
無
か
っ
た
の
ね
 °
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
さ
っ
き
・
・
  
∧
私
 
そ
ん
な
に
拒
絶
ば
か
り
し
て
な
い
と
思
う
け
ど
 °
  
か
ら
 °
  
∧
だ
っ
て
 
恭
子
ち
ゃ
ん
 °
い
ろ
ん
な
と
こ
ろ
で
拒
絶
し
す
ぎ
る
  
∧
ど
う
し
て
?
∨
  
マ
リ
|
は
き
っ
ぱ
り
と
言
い
切
っ
た
 °











   

  
っ
て
た
の
で
し
ょ
う
?
!
∨
  
∧
さ
っ
き
の
変
な
悠
人
君
も
 
マ
リ
|
 °
あ
な
た
が
悠
人
君
を
操
  
恭
子
の
頭
に
突
然
あ
る
疑
惑
が
浮
か
ん
だ
の
だ
っ
た
 °
  
∧
そ
う
・
・
・
 °
じ
ゃ
あ
・
・
・
 °
  
っ
て
る
だ
け
よ
 °
  
∧
彼
は
今
回
は
オ
ブ
ザ
|
バ
|
だ
か
ら
 
離
れ
た
所
に
居
て
も
ら
  
∧
ま
た
悠
人
君
に
何
か
し
た
の
?
!
∨
  
離
れ
て
い
っ
て
 
そ
し
て
こ
ち
ら
を
向
い
て
座
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
ま
で
側
に
居
た
悠
人
が
急
に
  
恭
子
の
口
か
ら
彼
女
が
聞
い
た
事
も
無
い
言
葉
が
発
せ
ら
れ
る
と
 
  
 
в
Ж
д
ц
е
м
У
Б
ц
з
б
ч
・
・
・
・
・
 
  
め
た
 °
  
恭
子
の
事
な
ど
お
か
ま
い
な
し
に
マ
リ
|
は
勝
手
に
話
し
を
す
す
  
に
聞
い
て
み
た
ら
い
い
わ
よ
 °
で
も
 
そ
の
前
に
・
・
 °
  
∧
あ
ら
 
そ
う
・
・
 °
じ
ゃ
あ
 
そ
の
あ
た
り
の
事
も
自
分
自
身
  
て
る
の
よ
!
∨
  
∧
ち
 
違
う
わ
よ
!
そ
ん
な
の
 
じ
 
事
実
じ
ゃ
な
い
っ
て
言
っ
  
マ
リ
|
の
一
言
に
恭
子
は
言
葉
に
つ
ま
っ
た
 °
  
∧
そ
れ
が
拒
絶
で
し
ょ
?
∨
  
∧
だ
っ
て
・
・
・
・
∨

















   

  
私
が
恭
子
ち
ゃ
ん
の
す
べ
て
を
解
放
し
て
あ
げ
る
 °
  
∧
こ
れ
以
上
の
お
し
ゃ
べ
り
は
あ
ま
り
意
味
が
無
い
わ
 °
だ
か
ら
 
  
∧
何
を
言
っ
て
る
の
・
・
・
 °
  
に
 
本
当
の
彼
を
理
解
す
る
事
な
ん
て
で
き
っ
こ
な
い
も
の
 °
  
∧
だ
っ
て
・
・
・
 °
本
当
の
自
分
自
身
に
も
向
き
合
っ
て
な
い
の
  
∧
そ
れ
っ
て
ど
う
い
う
事
?
∨
  
∧
そ
れ
は
今
の
恭
子
ち
ゃ
ん
に
は
解
ら
な
い
わ
 °
  
さ
っ
き
の
エ
ッ
チ
な
彼
が
そ
う
だ
っ
て
い
う
の
?
∨
  
ね
 °
じ
ゃ
あ
 
本
当
の
悠
人
君
っ
て
な
ん
な
の
よ
?
  
∧
ま
た
マ
リ
|
は
私
が
本
当
の
悠
人
君
を
知
ら
な
い
っ
て
い
う
の
  
い
か
ら
 °
  
∧
だ
っ
て
 
恭
子
ち
ゃ
ん
が
本
当
の
悠
人
君
を
見
よ
う
と
し
て
な
  
∧
ど
う
し
て
?
∨
  
も
の
 °
  
い
事
な
ん
だ
け
ど
 
今
の
あ
な
た
に
そ
れ
が
解
る
と
は
思
え
な
い
  
∧
恭
子
ち
ゃ
ん
自
身
が
ど
う
思
う
の
か
っ
て
事
以
外
ど
う
で
も
い
  
∧
そ
れ
っ
て
ど
う
い
う
意
味
?
∨
  
∧
さ
あ
・
・
 °
そ
れ
は
ど
う
か
し
ら
?
∨
  
∧
え
え
 °
そ
う
よ
 °
だ
か
ら
い
つ
も
の
彼
と
違
っ
た
ん
で
し
ょ
?
∨
  
∧
私
が
?
彼
を
?
∨


















   

  
∧
悠
人
君
と
あ
の
映
画
を
観
に
い
き
た
い
∨
  
∧
悠
人
君
と
一
緒
に
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
と
か
し
た
い
∨
  
∧
悠
人
君
の
そ
ば
に
居
た
い
∨
  
∧
悠
人
君
の
事
が
好
き
∨
  
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
れ
は
ど
ん
ど
ん
そ
の
声
を
彼
女
の
中
で
大
き
く
し
て
い
  
に
少
し
づ
つ
彼
女
の
心
の
中
で
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
た
く
さ
ん
の
つ
か
み
ど
こ
ろ
の
無
い
ほ
ど
に
小
さ
な
考
え
が
次
第
  
∧
・
・
な
に
・
・
こ
れ
?
!
∨
  
そ
ん
な
奇
妙
な
感
覚
を
味
わ
っ
て
い
た
 °
  
別
の
何
か
が
浮
か
ん
で
き
て
そ
れ
が
邪
魔
で
考
え
ら
れ
な
い
・
・
 °
  
な
か
っ
た
 °
何
か
を
考
え
よ
う
と
し
て
も
  
恭
子
は
考
え
を
ま
と
め
よ
う
と
し
て
も
ど
う
し
て
も
う
ま
く
い
か
  
∧
い
 
今
の
は
何
だ
っ
た
の
か
し
ら
・
・
・
?
∨
  
さ
え
 
頭
を
軽
く
左
右
に
振
っ
た
 °
  
恭
子
は
急
に
目
の
前
が
ぐ
ら
つ
い
た
様
な
感
覚
に
 
手
で
頭
を
押
  
∧
ち
ょ
っ
と
 
マ
リ
|
!
ま
だ
は
な
し
が
っ
!
?
∨
  
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
マ
リ
|
は
そ
こ
ま
で
言
い
放
つ
と
ま
た
そ
の
存
在
が
完
全
に
消
え
  
そ
こ
で
自
分
で
答
え
を
見
つ
け
て
き
な
さ
い
 °

   

  
そ
し
て
そ
の
一
部
が
脳
を
す
り
抜
け
る
衝
撃
に
  
の
身
体
は
そ
の
波
に
う
ご
か
さ
れ
る
よ
う
に
び
く
っ
と
痙
攣
し
た
 °
  
て
で
き
る
波
紋
の
様
に
彼
女
の
全
身
へ
と
広
が
っ
て
い
き
 
彼
女
  
急
に
 
彼
女
を
苦
し
め
て
い
た
も
の
が
石
が
水
面
に
投
げ
込
ま
れ
  
∧
ど
く
ん
っ
!
!
∨
  
っ
と
耐
え
る
事
し
か
彼
女
に
は
で
き
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
ほ
ど
遠
か
っ
た
が
 
目
に
力
を
い
れ
て
閉
じ
 
そ
う
す
る
事
で
じ
  
に
は
こ
の
苦
し
み
に
手
が
届
く
よ
う
な
感
じ
に
は
  
左
の
乳
房
を
ぎ
ゅ
っ
と
押
さ
え
た
 °
そ
の
様
な
事
を
し
て
も
彼
女
  
左
右
の
乳
房
の
谷
間
あ
た
り
に
置
き
 
指
を
折
り
曲
げ
て
  
胸
が
激
し
く
し
め
つ
け
ら
れ
る
様
な
感
覚
に
 
彼
女
は
右
の
手
を
  
 
・
・
・
っ
!
 
  
し
 
満
た
さ
れ
な
い
想
い
と
な
っ
て
彼
女
を
責
め
立
て
た
 °
  
言
葉
が
彼
女
の
願
望
に
次
か
ら
次
へ
と
取
り
付
き
 
そ
し
て
否
定
  
∧
な
ぜ
?
!
∨
  
∧
ど
う
し
て
?
!
∨
  
そ
し
て
彼
女
の
心
に
強
い
言
葉
が
浮
か
び
あ
が
っ
た
 °
  
女
の
こ
こ
ろ
を
大
き
く
揺
さ
ぶ
り
始
め
た
 °
  
消
え
る
こ
と
無
く
増
え
続
け
る
悠
人
に
対
す
る
彼
女
の
願
望
は
彼
  
∧
悠
人
君
に
告
白
し
た
い
∨















   

  
示
す
る
よ
う
に
大
き
く
揺
れ
た
 °
  
彼
女
の
大
き
な
乳
房
は
上
へ
と
突
き
上
げ
ら
れ
 
そ
の
存
在
を
誇
  
て
し
ま
っ
た
 °
  
彼
女
は
句
を
言
い
切
る
事
も
で
き
ず
 
弧
を
描
く
様
に
の
け
ぞ
っ
  
背
中
か
ら
頭
の
ほ
う
に
す
る
ど
い
感
覚
が
走
り
 
  
恭
子
は
声
の
主
に
語
り
か
け
よ
う
と
し
た
 °
だ
が
 
急
に
彼
女
の
  
∧
あ
な
た
は
っ
・
・
・
∨
 
 
ひ
ぅ
ん
っ
!
!
 
  
す
ぐ
横
で
語
り
か
け
て
く
る
ほ
ど
強
い
も
の
で
あ
っ
た
 °
  
マ
リ
|
に
感
じ
る
存
在
感
よ
り
も
も
っ
と
近
く
 
ま
る
で
彼
女
の
  
う
な
そ
ん
な
感
覚
に
近
い
気
が
し
た
 °
だ
が
 
そ
の
声
は
  
で
は
無
く
 
ち
ょ
う
ど
マ
リ
|
が
彼
女
の
心
に
語
り
か
け
て
る
よ
  
き
そ
し
て
分
析
す
る
事
で
 
彼
女
は
そ
の
声
が
外
か
ら
  
主
が
誰
で
あ
る
の
か
必
死
に
探
そ
う
と
し
た
 °
少
し
づ
つ
落
ち
着
  
彼
女
は
び
っ
く
り
し
た
 °
そ
れ
で
も
彼
女
は
そ
の
声
の
  
事
態
が
全
く
把
握
で
き
な
い
ま
ま
に
 
突
然
聞
こ
え
て
き
た
声
に
  
 
え
っ
?
!
 
  
う
従
わ
な
い
 °
  
∧
こ
ん
な
に
・
・
・
こ
ん
な
に
苦
し
い
の
な
ら
 
あ
な
た
に
は
も
  
ら
な
か
っ
た
 °
  
彼
女
は
一
瞬
気
を
失
っ
た
 °
彼
女
に
は
何
が
起
き
た
の
か
全
く
解

   

  
響
く
よ
う
な
そ
し
て
頭
に
も
直
接
語
り
か
け
て
く
る
よ
う
な
  
突
然
響
く
事
声
に
彼
女
は
必
死
に
語
り
か
け
た
 °
そ
の
声
は
心
に
  
∧
え
?
!
あ
な
た
は
・
・
だ
れ
な
の
?
?
!
!
∨
  
∧
悠
人
く
ん
・
・
・
・
∨
  
あ
っ
た
 °
  
彼
女
の
言
は
再
び
熱
く
そ
し
て
艶
や
か
へ
と
そ
の
姿
を
変
え
つ
つ
  
増
し
 
彼
女
の
乳
首
は
切
な
く
そ
の
首
を
持
ち
上
げ
 
  
徐
々
に
蝕
ま
れ
つ
つ
あ
る
彼
女
の
乳
房
は
し
っ
と
り
と
そ
の
艶
を
  
を
振
り
払
お
う
と
 
小
さ
く
身
体
を
左
右
に
振
っ
た
 °
  
彼
女
は
じ
わ
り
じ
わ
り
と
自
分
の
乳
房
に
広
が
り
つ
つ
あ
る
感
覚
  
 
ま
た
・
・
む
ね
ぇ
ぇ
ぇ
・
・
・
 
  
意
に
構
う
こ
と
な
く
彼
女
へ
伝
え
た
 °
  
な
っ
た
感
覚
が
彼
女
の
二
つ
の
胸
の
輪
郭
と
そ
の
質
量
を
彼
女
の
  
っ
た
 °
彼
女
の
意
識
が
再
び
乳
房
へ
と
集
め
ら
れ
 
鋭
利
に
  
意
識
も
な
く
 
そ
し
て
次
第
に
大
き
く
 
そ
し
て
強
く
な
っ
て
い
  
そ
れ
は
ま
た
じ
わ
じ
わ
と
ど
こ
か
ら
と
い
う
は
っ
き
り
と
し
た
  
な
っ
た
 °
大
き
く
揺
れ
た
事
で
感
じ
た
重
量
感
と
い
う
よ
り
も
 
  
う
と
努
力
し
て
い
た
乳
房
に
ま
た
違
和
感
を
感
じ
る
様
に
  
彼
女
は
少
し
づ
つ
感
覚
が
落
ち
着
い
て
く
る
事
で
存
在
を
忘
れ
よ
  
∧
む
ね
・
・
・
?
∨


















   

  
∧
あ
な
た
の
中
の
別
の
あ
な
た
に
会
う
感
覚
は
ど
う
か
し
ら
?
∨
  
彼
女
は
さ
ら
に
苦
し
ん
だ
 °
  
彼
女
を
苦
し
め
る
感
覚
が
よ
り
一
層
強
く
な
り
 
  
彼
女
は
ま
た
声
の
主
に
語
り
か
け
た
 °
だ
が
 
声
が
聞
こ
え
る
と
  
∧
だ
・
・
だ
れ
な
の
・
・
?
∨
 
 
く
ぅ
っ
!
 
  
∧
悠
人
君
・
・
・
す
き
・
・
 °
  
事
が
彼
女
に
苦
し
さ
を
伝
え
た
 °
  
っ
て
く
る
汗
が
滴
と
な
っ
て
 
表
面
を
伝
い
落
ち
る
  
の
流
れ
を
伝
え
 
そ
の
熱
さ
と
 
表
面
に
じ
わ
っ
と
浮
か
び
上
が
  
で
押
さ
え
た
 °
彼
女
の
双
球
は
彼
女
の
手
に
激
し
い
彼
女
の
血
液
  
彼
女
は
ま
る
で
火
が
付
い
た
様
に
熱
く
感
じ
ら
れ
る
乳
房
を
両
手
  
 
む
ね
が
っ
・
・
・
・
あ
つ
い
ぃ
ぃ
ぃ
・
・
・
 
  
そ
の
乳
房
か
ら
強
く
感
じ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
だ
が
 
そ
れ
ら
の
感
覚
を
全
身
か
ら
感
じ
取
る
事
な
く
 
彼
女
は
  
な
り
 
じ
わ
っ
と
肌
を
湿
ら
せ
る
感
覚
を
彼
女
に
与
え
た
 °
  
そ
し
て
ま
る
で
風
邪
と
ひ
い
た
時
の
様
に
身
体
全
体
が
熱
っ
ぽ
く
  
動
が
急
に
高
ま
り
 
彼
女
は
息
苦
し
さ
を
感
じ
た
 °
  
で
き
な
か
っ
た
 °
ゆ
っ
く
り
と
早
く
な
り
つ
つ
あ
っ
た
彼
女
の
鼓
  
る
事
は
無
か
っ
た
 °
そ
し
て
そ
れ
を
何
度
も
問
う
事
は
彼
女
に
は
  
と
て
も
不
思
議
な
感
覚
だ
っ
た
 °
だ
が
 
声
の
主
は
そ
れ
に
答
え

   

  
マ
リ
|
の
言
葉
も
熱
に
う
な
さ
れ
て
い
る
恭
子
に
は
あ
ま
り
届
か
  
恭
子
ち
ゃ
ん
が
っ
て
言
っ
た
ほ
う
が
正
し
い
の
か
も
 °
  
∧
ず
っ
と
黙
っ
て
た
か
ら
 
彼
女
す
ご
く
情
熱
的
ね
 °
こ
の
場
合
 
  
乳
房
か
ら
離
し
た
 °
  
さ
ら
に
む
ご
く
な
る
胸
の
熱
さ
に
耐
え
ら
れ
ず
 
恭
子
は
両
手
を
  
い
ぃ
ぃ
ぃ
い
・
・
∨
  
∧
そ
ん
な
の
・
・
・
く
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
っ
・
・
・
胸
が
・
・
・
あ
つ
  
を
伝
え
よ
う
と
し
て
る
の
か
し
ら
・
・
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
貴
方
の
中
の
別
の
貴
方
・
・
・
 °
彼
女
は
貴
方
に
何
  
な
の
?
∨
  
∧
・
・
さ
っ
き
か
ら
・
・
・
・
聞
こ
え
て
る
声
っ
て
・
・
・
そ
れ
  
た
 °
  
恭
子
は
そ
ん
な
マ
リ
|
を
無
視
す
る
様
に
別
の
質
問
を
彼
女
に
し
  
を
 
改
め
て
恭
子
に
尋
ね
て
き
た
 °
  
マ
リ
|
は
一
目
見
れ
ば
解
る
ほ
ど
に
明
ら
か
な
恭
子
の
今
の
状
況
  
∧
え
え
 °
別
の
自
分
会
わ
せ
て
あ
げ
た
の
よ
 °
ど
う
か
し
ら
?
∨
  
∧
・
・
・
・
こ
れ
っ
て
・
・
・
マ
リ
|
が
や
っ
た
の
?
∨
  
恭
子
は
親
し
み
の
あ
る
声
を
間
違
え
る
事
な
く
当
て
た
 °
  
∧
え
え
 °
そ
う
よ
 °
  
∧
マ
・
・
リ
・
・
イ
・
・
?
∨














   

  
気
に
触
れ
る
度
に
じ
わ
っ
と
し
た
感
覚
で
  
彼
女
は
ま
た
快
楽
の
捕
ら
わ
れ
た
 °
小
刻
み
に
震
え
る
乳
房
が
空
  
 
胸
に
ぃ
・
・
・
気
持
ち
い
い
の
が
ぁ
ぁ
っ
・
・
 
  
だ
 °
  
彼
女
は
あ
ま
り
に
も
突
然
に
変
わ
っ
た
刺
激
に
思
わ
ず
熱
く
喘
い
  
つ
け
た
 °
彼
女
の
身
体
は
小
刻
み
に
震
え
 
  
乳
房
全
体
へ
と
広
が
る
と
 
彼
女
に
一
斉
に
快
感
と
欲
求
を
叩
き
  
に
そ
の
姿
を
変
え
た
 °
そ
れ
は
く
す
ぶ
る
様
に
  
そ
れ
ま
で
彼
女
の
乳
房
の
中
で
燃
え
る
様
に
熱
か
っ
た
も
の
が
急
  
 
ひ
ぅ
っ
?
!
 
な
・
・
に
・
・
は
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ん
っ
!
?
 
  
の
身
体
が
そ
の
口
を
開
き
始
め
た
 °
  
声
は
そ
れ
以
上
を
語
る
事
は
無
か
っ
た
 °
だ
が
 
代
わ
り
に
彼
女
  
 
え
?
!
な
に
っ
?
?
!
!
 
  
そ
の
言
は
彼
女
の
注
を
集
め
た
 °
  
べ
て
の
感
覚
を
も
遮
断
し
て
し
ま
い
そ
う
な
ほ
ど
強
い
  
そ
の
言
葉
は
戦
っ
て
い
る
恭
子
に
も
は
っ
き
り
と
聞
こ
え
た
 °
  
∧
も
っ
と
・
・
悠
人
君
 °
私
を
み
て
!
∨
  
か
ら
下
へ
と
滑
ら
せ
る
事
で
耐
え
る
し
か
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
わ
き
上
が
る
熱
を
少
し
で
も
逃
が
す
様
に
汗
を
か
き
 
そ
の
谷
間
  
な
か
っ
た
 °
彼
女
は
た
だ
ひ
た
す
ら
両
方
の
乳
房
か
ら





   

  
女
自
身
も
刻
一
刻
と
淫
ら
な
存
在
へ
と
  
そ
し
て
彼
女
の
乳
房
が
よ
り
卑
猥
に
そ
の
姿
を
変
え
て
い
き
 
  
強
く
そ
し
て
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
く
感
覚
を
 °
  
彼
女
は
知
っ
て
い
た
 °
こ
の
乳
房
か
ら
伝
わ
る
快
感
が
ど
ん
ど
ん
  
・
 
  
 
私
の
っ
・
・
・
胸
が
ぁ
・
・
ま
た
・
・
お
っ
き
く
っ
ぅ
ぅ
ぅ
・
  
き
く
強
く
彼
女
を
襲
っ
た
 °
  
恭
子
は
突
然
叫
ん
だ
 °
彼
女
の
双
球
に
渦
巻
く
感
覚
が
さ
ら
に
大
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
!
 
  
∧
そ
う
よ
 °
貴
方
は
そ
れ
と
今
か
ら
向
き
合
う
の
よ
 °
  
∧
わ
・
・
た
・
・
し
・
・
の
・
・
?
∨
  
子
ち
ゃ
ん
の
望
み
 °
  
∧
こ
れ
は
ず
っ
と
満
た
さ
れ
な
か
っ
た
彼
女
の
・
・
う
う
ん
 °
  
∧
じ
ゃ
ぁ
・
・
・
∨
  
∧
あ
ら
?
私
何
も
し
て
な
い
わ
よ
?
∨
  
何
か
し
た
の
っ
?
∨
  
∧
マ
リ
|
・
・
・
 °
あ
な
た
が
ぁ
ぁ
・
・
私
の
か
ら
だ
っ
!
・
・
  
知
っ
て
い
た
 °
  
へ
と
ひ
っ
ぱ
る
・
・
・
 °
こ
の
感
覚
を
彼
女
は
  
乳
房
に
留
ま
り
 
そ
し
て
発
散
し
よ
う
と
し
て
彼
女
の
意
識
を
外

   

  
∧
・
・
・
あ
な
た
が
暴
走
さ
せ
た
の
・
・
?
∨
  
∧
た
し
か
に
言
っ
た
わ
よ
 °
あ
の
時
は
暴
走
っ
て
 °
  
∧
・
・
・
・
・
・
・
∨
  
∧
前
の
時
っ
て
・
・
・
屋
上
の
時
の
事
か
し
ら
?
∨
  
ね
・
・
 °
  
∧
マ
リ
|
・
・
・
前
の
時
・
・
ぼ
う
そ
う
っ
て
・
・
言
っ
て
た
よ
  
ど
う
に
も
な
ら
な
い
感
覚
が
彼
女
に
記
憶
を
思
い
起
こ
さ
せ
た
 °
  
込
ん
で
い
っ
た
 °
そ
し
て
こ
の
自
分
の
身
体
が
  
乳
房
は
彼
女
の
指
の
間
か
ら
む
り
む
り
と
あ
ふ
れ
 
そ
し
て
飲
み
  
な
彼
女
の
願
い
も
む
な
し
く
 
彼
女
の
  
恭
子
は
そ
の
両
方
の
指
に
力
を
込
め
て
懇
願
し
た
 °
だ
が
 
そ
ん
  
 
や
め
て
ぇ
ぇ
・
・
・
も
う
・
・
や
め
て
ぇ
ぇ
ぇ
ん
っ
・
・
 
  
れ
に
応
え
る
様
に
も
っ
と
多
く
感
じ
る
様
に
揺
れ
た
 °
  
こ
こ
ろ
∧
彼
女
∨
は
大
き
く
叫
ん
だ
 °
そ
し
て
彼
女
の
身
体
は
そ
  
ッ
チ
な
お
っ
ぱ
い
を
!
∨
  
∧
も
っ
と
悠
人
君
!
見
て
!
私
を
見
て
!
私
の
身
体
を
!
私
の
エ
  
を
幾
度
と
な
く
経
験
し
て
も
 °
  
ぎ
ゅ
っ
と
そ
の
欲
望
を
抑
え
よ
う
と
し
た
 °
そ
れ
が
叶
わ
な
い
事
  
止
め
よ
う
と
 
彼
女
の
両
手
を
双
球
へ
と
置
き
  
変
わ
っ
て
い
っ
て
し
ま
う
事
も
 °
そ
れ
で
も
彼
女
は
そ
の
変
化
を

   

  
お
っ
ぱ
い
ど
ん
ど
ん
エ
ッ
チ
に
膨
ら
ん
じ
ゃ
う
の
お
!
!
  
∧
悠
人
君
!
も
っ
と
見
て
ぇ
!
悠
人
君
に
見
て
欲
し
く
て
 
私
の
  
マ
リ
|
は
意
地
悪
く
恭
子
を
貶
ん
だ
 °
  
∧
あ
ら
 
そ
う
?
で
も
貴
方
は
望
ん
で
る
じ
ゃ
な
い
?
∨
  
恭
子
は
膨
れ
あ
が
る
快
感
に
耐
え
な
が
ら
も
言
葉
を
続
け
た
 °
  
ん
で
ぇ
・
・
な
い
っ
・
・
・
∨
  
∧
こ
ん
な
・
・
の
・
・
・
は
ぁ
う
ん
っ
!
・
・
わ
た
し
・
・
の
ぞ
  
マ
リ
|
は
完
全
に
観
察
者
の
立
場
で
恭
子
に
語
っ
た
 °
  
ち
ゃ
ん
は
ど
ん
な
結
論
を
出
し
て
く
れ
る
の
か
し
ら
・
・
 °
  
走
っ
て
思
う
か
ど
う
か
は
恭
子
ち
ゃ
ん
次
第
よ
ね
・
・
・
 °
恭
子
  
す
べ
て
彼
を
求
め
て
る
の
よ
 °
で
も
 
た
し
か
に
・
・
こ
れ
を
暴
  
方
の
別
の
意
思
 °
叶
わ
な
か
っ
た
願
望
 °
そ
し
て
欲
望
 °
そ
れ
が
  
∧
あ
の
時
と
今
は
違
う
の
よ
 °
こ
れ
は
彼
女
の
・
・
う
う
ん
 °
  
マ
リ
|
は
さ
ら
に
続
け
た
 °
  
彼
女
を
会
わ
せ
て
あ
げ
た
だ
け
よ
 °
  
を
貸
し
て
あ
げ
た
だ
け
 °
そ
し
て
今
も
私
は
恭
子
ち
ゃ
ん
に
  
∧
で
も
 
確
か
に
あ
の
時
は
暴
走
は
し
て
た
わ
ね
 °
で
も
私
は
力
  
∧
・
・
・
・
・
・
・
・
・
∨
  
ん
な
事
し
て
な
い
わ
よ
 °
  
∧
あ
ら
 
ま
だ
そ
ん
な
事
言
っ
て
る
の
?
私
は
あ
の
時
も
今
も
そ

   

  
た
 °
  
彼
女
自
身
の
声
の
様
に
彼
女
に
は
感
じ
ら
れ
る
様
に
な
っ
て
い
っ
  
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
中
に
響
い
て
い
た
声
が
  
自
分
が
求
め
そ
し
て
身
体
が
求
め
て
る
様
に
彼
女
に
は
思
え
て
き
  
勝
手
に
快
感
を
求
め
始
め
た
様
に
思
え
て
た
も
の
も
 
  
恭
子
は
マ
リ
|
の
言
葉
に
答
え
る
事
は
で
き
な
か
っ
た
 °
身
体
が
  
れ
ち
ゃ
う
の
よ
?
∨
  
で
し
ょ
?
あ
ん
ま
り
我
慢
し
て
る
と
こ
こ
ろ
が
ぱ
ぁ
|
ん
っ
て
壊
  
ね
 °
ど
う
?
気
持
ち
を
解
き
放
つ
の
っ
て
と
っ
て
も
気
持
ち
い
い
  
∧
ふ
ふ
っ
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
の
オ
ナ
ニ
|
っ
て
そ
ん
な
に
激
し
い
の
  
や
ぁ
ぁ
ん
・
・
 
  
 
あ
ん
っ
!
お
っ
ぱ
い
ぃ
・
・
そ
ん
な
に
 
揉
ん
じ
ゃ
ぁ
あ
 
い
  
し
く
揺
ら
し
始
め
た
 °
  
膨
ら
ん
で
い
く
乳
房
を
激
し
く
揉
み
始
め
 
さ
ら
に
上
下
へ
と
激
  
の
動
き
を
変
え
て
い
っ
た
 °
  
大
き
く
な
っ
て
い
く
乳
房
を
押
さ
え
て
い
た
指
が
 
い
つ
し
か
そ
  
強
く
求
め
始
め
た
 °
  
叫
ん
だ
 °
そ
し
て
彼
女
の
身
体
も
同
じ
様
に
彼
を
  
ま
る
で
マ
リ
|
に
見
透
か
さ
れ
て
る
様
に
 
彼
女
の
心
は
大
き
く
  
悠
人
君
!
エ
ッ
チ
な
私
を
見
て
ぇ
!
触
っ
て
ぇ
!
!
悠
人
く
ぅ
ん
!
∨

   

  
に
そ
の
境
が
ど
こ
か
を
意
識
す
る
事
な
く
 
  
そ
れ
は
彼
女
に
わ
き
あ
が
る
大
き
な
声
の
せ
い
で
は
な
く
 
す
で
  
め
る
事
以
外
何
も
で
き
な
か
っ
た
 °
  
恭
子
は
マ
リ
|
の
言
葉
は
聞
こ
え
な
か
っ
た
 °
そ
し
て
悠
人
を
求
  
 
悠
人
君
っ
!
悠
人
君
っ
!
悠
人
君
っ
!
 
  
は
貴
方
な
ん
だ
っ
て
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
も
っ
と
彼
を
求
め
な
さ
い
 °
解
っ
た
で
し
ょ
?
貴
方
  
み
 
腿
を
激
し
く
こ
す
り
合
わ
せ
た
 °
  
恭
子
は
愛
お
し
い
人
の
名
前
を
呼
ぶ
と
 
乳
房
を
よ
り
激
し
く
揉
  
 
悠
人
君
!
は
ぁ
ぅ
ん
!
気
持
ち
い
い
の
っ
!
悠
人
く
ぅ
ん
!
 
  
こ
す
り
合
わ
せ
始
め
た
 °
  
彼
女
の
腿
は
そ
ん
な
彼
女
の
下
腹
部
を
な
だ
め
る
様
に
ぎ
ゅ
っ
と
  
び
 
し
っ
と
り
と
濡
れ
始
め
た
 °
  
彼
女
の
身
体
は
喜
び
に
震
え
 
彼
女
の
下
腹
部
は
次
第
に
熱
を
帯
  
始
め
た
 °
  
彼
女
は
手
に
あ
ま
る
ほ
ど
に
膨
ら
ん
だ
乳
房
を
腕
も
使
っ
て
揉
み
  
は
彼
女
を
よ
り
満
た
そ
う
と
 
む
く
む
く
と
大
き
く
な
っ
て
い
き
 
  
恭
子
は
だ
ら
し
な
く
口
を
開
き
 
快
感
に
溺
れ
た
 °
彼
女
の
乳
房
  
だ
め
ぇ
ぇ
・
・
・
き
も
ち
・
・
い
い
よ
ぉ
・
・
・
 
  
 
あ
ん
っ
!
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
き
く
な
っ
て
く
ぅ
ん
っ
!
・
・
・

   

  
 
は
ぁ
ぁ
う
・
・
・
悠
人
く
ぅ
ん
・
・
 °
 
  
下
が
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
恭
子
の
腕
は
急
に
か
く
ん
っ
と
下
に
垂
れ
  
子
ち
ゃ
ん
 °
  
∧
∧
も
う
そ
ろ
そ
ろ
い
い
か
し
ら
?
∨
そ
れ
以
上
は
だ
め
よ
 °
  
様
に
し
て
大
き
く
喘
ぎ
声
を
あ
げ
た
 °
  
恭
子
は
思
い
人
の
名
前
を
ひ
と
き
わ
強
く
呼
ぶ
と
 
身
を
悶
え
る
  
 
悠
人
く
ぅ
ん
っ
っ
っ
!
は
あ
あ
あ
う
う
う
ぅ
ぅ
ん
!
 
  
い
や
ら
し
く
乳
房
の
形
を
ゆ
が
ま
せ
た
の
だ
っ
た
 °
  
じ
ら
う
ば
か
り
か
む
し
ろ
も
っ
と
望
ん
で
る
か
の
様
に
は
げ
し
く
  
は
激
流
の
様
に
彼
女
を
揺
さ
ぶ
っ
た
 °
だ
が
 
彼
女
は
そ
れ
を
恥
  
彼
女
の
身
体
は
清
流
か
ら
次
第
に
勢
い
を
増
し
て
い
き
 
つ
い
に
  
指
や
腕
は
も
ち
ろ
ん
の
事
 
彼
女
は
身
体
全
体
を
使
い
始
め
た
 °
  
彼
女
で
は
す
で
に
も
て
あ
ま
す
ほ
ど
に
大
き
く
な
り
 
  
恭
子
は
さ
ら
に
乳
房
を
揉
ん
だ
 °
彼
女
の
大
き
く
な
っ
た
乳
房
は
  
さ
い
 °
  
に
い
る
の
 °
だ
か
ら
・
・
今
は
ま
ず
貴
方
の
気
持
ち
を
確
か
め
な
  
ち
を
言
っ
て
は
だ
め
・
・
 °
だ
っ
て
彼
は
夢
の
中
  
∧
そ
う
 °
今
は
彼
を
強
く
求
め
な
さ
い
 °
で
も
彼
に
貴
方
の
気
持
  
彼
女
に
わ
き
上
が
る
唯
一
の
大
き
な
想
い
と
し
て
彼
女
は
叫
ん
だ
 °

   

  
と
び
箱
の
前
ま
で
行
っ
た
 °
そ
し
て
マ
リ
|
の
指
示
通
り
に
飛
び
  
ッ
ト
の
上
を
あ
る
い
て
 
そ
の
横
に
積
み
上
げ
ら
れ
て
い
る
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
恭
子
は
足
元
に
ひ
か
れ
た
歩
き
に
く
い
マ
  
そ
こ
に
手
を
入
れ
て
ぎ
ゅ
っ
と
握
っ
て
つ
か
ま
っ
て
ね
 °
  
手
を
・
・
あ
 
も
う
一
つ
下
が
い
い
わ
ね
 °
そ
う
そ
こ
 °
  
っ
て
言
っ
た
か
し
ら
・
・
そ
の
前
の
箱
み
た
い
な
の
の
 
そ
こ
に
  
・
そ
こ
が
い
い
か
し
ら
 °
じ
ゃ
あ
 
恭
子
ち
ゃ
ん
 °
そ
の
跳
び
箱
  
∧
ほ
ら
 °
倒
れ
な
い
様
に
足
元
に
気
を
つ
け
て
ね
 °
そ
う
ね
・
・
  
な
が
ら
も
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
恭
子
は
巨
大
に
膨
ら
ん
だ
乳
房
に
よ
ろ
け
  
と
触
っ
て
も
ら
い
た
い
ん
で
し
ょ
?
じ
ゃ
あ
 
立
っ
て
 °
  
恭
子
ち
ゃ
ん
 °
彼
に
も
っ
と
見
て
も
ら
い
た
い
ん
で
し
ょ
?
も
っ
  
∧
ち
ょ
っ
と
彼
女
に
身
を
任
せ
過
ぎ
ち
ゃ
っ
た
か
し
ら
 °
ほ
ら
 
  
か
け
た
 °
  
恭
子
は
身
体
を
悶
え
る
様
に
し
て
満
た
さ
れ
な
い
気
持
ち
を
訴
え
  
 
悠
人
く
ん
っ
・
・
・
 °
 
  
な
人
も
い
る
け
ど
 °
  
ち
ょ
っ
と
彼
か
わ
い
そ
う
じ
ゃ
な
い
 °
ま
あ
 
そ
う
い
う
の
好
き
  
∧
彼
が
居
る
の
に
彼
の
事
を
想
っ
て
勝
手
に
イ
ッ
ち
ゃ
う
っ
て
 °
  
恭
子
は
大
好
き
な
彼
の
名
を
熱
く
せ
つ
な
く
呼
ん
だ
 °





   

  
と
 
彼
女
に
さ
さ
や
く
よ
う
に
言
っ
た
 °
  
マ
リ
|
は
そ
う
思
う
と
 
も
う
す
こ
し
彼
女
の
心
を
引
き
戻
そ
う
  
だ
と
 
一
番
大
切
な
こ
れ
か
ら
に
影
響
が
で
か
ね
な
い
 °
  
少
し
安
心
し
た
 °
あ
ま
り
に
も
彼
女
が
快
楽
に
身
を
委
ね
た
ま
ま
  
い
た
恭
子
に
 
少
し
冷
静
さ
な
部
分
が
戻
っ
て
き
た
事
に
  
マ
リ
|
は
欲
望
に
す
べ
て
飲
ま
れ
て
し
ま
っ
た
か
の
様
に
見
え
て
  
∧
そ
う
よ
・
・
・
 °
  
ね
て
き
た
 °
  
よ
う
や
く
少
し
落
ち
着
き
を
取
り
戻
し
た
恭
子
が
マ
リ
|
に
た
ず
  
∧
悠
人
君
が
・
・
・
触
る
・
・
・
の
・
・
?
∨
  
た
り
と
動
か
な
く
な
っ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
い
う
と
恭
子
の
足
は
そ
の
場
に
吸
い
付
く
様
に
ぴ
  
∧
そ
う
そ
う
 °
じ
ゃ
あ
 °
そ
こ
か
ら
動
い
ち
ゃ
だ
め
よ
 °
  
た
ぷ
ん
っ
と
下
へ
垂
れ
下
が
る
様
な
格
好
に
な
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
た
 °
彼
女
の
大
き
な
乳
房
は
彼
女
か
ら
  
恭
子
は
言
わ
れ
た
通
り
に
 
頭
を
少
し
下
げ
 
お
尻
を
突
き
出
し
  
に
突
き
出
す
様
に
 °
そ
う
い
い
わ
 °
そ
ん
な
感
じ
 °
  
∧
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
頭
を
下
げ
て
・
・
そ
う
 °
そ
し
て
お
尻
を
後
ろ
  
と
手
で
握
り
し
め
た
 °
  
箱
の
段
の
間
に
手
を
入
れ
る
と
飛
び
箱
の
段
を
し
っ
か
り




   

  
突
然
 
彼
女
の
細
く
く
び
れ
た
腰
の
あ
た
り
に
彼
の
手
が
あ
た
り
 
  
っ
て
い
っ
た
 °
  
恭
子
は
ま
た
ど
ん
ど
ん
彼
を
激
し
く
求
め
る
声
に
鼓
動
が
早
く
な
  
∧
悠
人
君
が
来
る
の
・
・
・
悠
人
君
・
・
・
 °
  
∧
さ
あ
 
お
待
ち
か
ね
の
彼
が
来
る
わ
よ
 °
  
か
を
伝
え
た
 °
  
恭
子
の
口
は
下
を
向
き
な
が
ら
 
後
ろ
の
彼
に
聞
こ
え
る
様
に
何
  
 
б
е
ц
Б
л
ч
б
ъ
Д
 °
а
в
л
з
ч
к
・
・
・
 °
 
  
を
呼
ん
で
あ
げ
る
か
ら
 °
  
∧
∧
こ
れ
く
ら
い
な
ら
い
い
か
し
ら
?
∨
じ
ゃ
あ
 
今
 
悠
人
君
  
動
か
し
た
 °
  
恭
子
は
顔
を
上
気
さ
せ
た
 °
そ
れ
と
同
時
に
両
足
を
も
じ
も
じ
と
  
し
い
よ
ぉ
・
・
・
 °
  
∧
後
ろ
か
ら
・
・
・
悠
人
君
に
・
・
・
そ
ん
な
の
・
・
・
恥
ず
か
  
る
よ
う
に
恭
子
に
言
っ
た
 °
  
マ
リ
|
は
わ
ざ
と
恭
子
の
羞
恥
心
を
呼
び
起
こ
そ
う
と
 
い
じ
め
  
恭
子
ち
ゃ
ん
に
は
解
ら
な
い
の
よ
・
・
 °
  
恭
子
ち
ゃ
ん
の
い
や
ら
し
い
姿
を
見
て
彼
が
ど
う
思
っ
て
る
の
か
 
  
ろ
か
ら
・
・
・
 °
ふ
ふ
っ
 °
見
え
な
い
の
っ
て
興
奮
す
る
で
し
ょ
?
  
∧
・
・
こ
れ
か
ら
悠
人
君
に
 
い
っ
ぱ
い
触
っ
て
も
ら
う
の
 °

   

  
彼
女
は
こ
ち
ら
を
見
て
い
る
様
で
 
そ
れ
で
い
て
見
て
い
な
い
様
  
と
見
て
み
た
 °
  
そ
ん
な
事
を
彼
は
た
だ
思
っ
て
い
た
 °
悠
人
は
恭
子
の
事
を
じ
っ
  
見
て
れ
ば
い
い
の
だ
ろ
う
か
?
∨
  
∧
僕
は
見
て
る
だ
け
っ
て
・
・
僕
は
こ
こ
に
ず
っ
と
居
て
彼
女
を
  
彼
は
安
心
し
た
 °
彼
は
マ
リ
|
か
ら
言
わ
れ
た
事
を
思
い
出
し
た
 °
  
し
た
事
も
無
い
様
に
見
え
た
の
で
  
彼
女
に
聞
こ
え
て
る
様
子
も
無
か
っ
た
が
 
と
り
あ
え
ず
は
た
い
  
う
に
彼
女
に
語
り
か
け
た
 °
  
思
わ
ず
彼
女
の
額
を
叩
く
事
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
悠
人
は
心
配
そ
  
∧
片
瀬
さ
ん
 
大
丈
夫
?
∨
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
恭
子
の
身
体
は
過
敏
に
目
を
覚
ま
し
た
の
だ
っ
た
 °






   

  
心
し
た
 °
  
彼
は
と
り
あ
え
ず
自
分
の
居
場
所
が
解
っ
た
よ
う
な
気
が
し
て
安
  
∧
こ
こ
に
い
ろ
っ
て
こ
と
な
の
か
な
?
∨
  
彼
は
そ
の
ま
ま
彼
女
の
ほ
う
を
向
く
様
に
座
っ
て
い
た
 °
  
∧
あ
・
・
っ
と
・
・
・
 °
  
彼
の
腰
は
そ
の
場
に
ど
す
ん
と
降
り
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
の
ま
ま
少
し
彼
女
と
の
間
を
作
る
と
  
悠
人
が
そ
う
思
っ
た
刹
那
 
彼
の
身
体
は
後
ろ
へ
と
下
が
っ
た
 °
  
∧
え
?
片
瀬
さ
ん
 
今
 
な
ん
て
・
・
∨
  
 
в
Ж
д
ц
е
м
У
Б
ц
з
б
ч
・
・
・
・
・
 
  
そ
ん
な
不
安
を
感
じ
て
い
た
時
 
唐
突
に
彼
女
の
口
が
動
い
た
 °
  
∧
い
つ
ま
で
 
僕
は
こ
こ
で
彼
女
を
見
て
い
れ
ば
い
い
の
だ
ろ
う
?
∨
  
感
じ
て
い
た
 °
  
そ
れ
で
も
彼
女
が
何
も
語
ろ
う
と
し
な
い
事
に
彼
は
少
し
不
安
を
  
た
 °
  
と
り
あ
え
ず
彼
女
が
何
か
を
考
え
て
い
る
様
に
彼
に
は
感
じ
ら
れ
  
て
る
様
に
見
え
 
  
そ
れ
で
も
彼
女
を
見
て
い
る
と
時
折
そ
の
表
情
が
微
妙
に
変
わ
っ
  
す
く
な
く
と
も
 
彼
女
の
気
は
こ
こ
に
は
無
い
よ
う
に
感
じ
た
 °
  
な
不
思
議
な
感
じ
だ
っ
た
 °















   

  
彼
女
の
体
を
前
の
め
り
に
し
て
し
ま
う
ほ
ど
の
  
も
の
だ
っ
た
 °
は
ち
き
れ
ん
ば
か
り
に
大
き
く
膨
ら
み
 
そ
し
て
  
け
な
い
彼
女
か
ら
は
あ
ま
り
に
も
か
け
離
れ
た
  
だ
け
ど
 
彼
の
目
に
映
っ
て
い
る
も
の
は
違
っ
た
 °
そ
れ
は
あ
ど
  
彼
女
は
ま
さ
し
く
い
つ
も
の
か
わ
い
い
彼
女
で
あ
っ
た
 °
  
脚
を
外
向
き
に
ぺ
た
ん
っ
と
座
り
込
ん
で
い
る
  
彼
は
改
め
て
距
離
を
置
い
て
彼
女
の
事
を
見
た
 °
マ
ッ
ト
の
上
に
  
そ
の
不
思
議
な
光
景
を
た
だ
彼
は
じ
っ
と
見
つ
め
て
い
た
 °
  
何
も
し
ゃ
べ
ろ
う
と
し
な
い
の
だ
ろ
う
?
∨
  
∧
音
は
ち
ゃ
ん
と
聞
こ
え
て
る
の
に
・
・
・
ど
う
し
て
 
彼
女
は
  
し
か
に
あ
っ
た
 °
  
す
る
事
は
な
か
っ
た
が
 
わ
ず
か
に
彼
に
聞
こ
え
て
く
る
音
は
た
  
遮
断
は
感
じ
ら
れ
ず
 
ほ
と
ん
ど
物
音
が
  
情
報
が
彼
に
伝
わ
っ
た
し
 
さ
き
ほ
ど
ま
で
の
不
自
然
な
聴
覚
の
  
動
い
た
時
に
は
間
違
い
な
く
そ
の
音
の
  
遮
断
さ
れ
た
よ
う
な
感
覚
に
な
っ
た
が
 
そ
れ
で
も
彼
が
さ
っ
き
  
動
き
 
ま
る
で
彼
は
再
び
音
と
い
う
情
報
を
  
ど
こ
を
見
て
る
の
か
解
ら
な
か
っ
た
 °
そ
れ
で
も
彼
女
の
表
情
は
  
も
無
く
 
さ
っ
き
と
同
じ
様
に
  
彼
は
ま
た
彼
女
の
ほ
う
を
見
つ
め
た
 °
彼
女
は
こ
ち
ら
を
見
る
事

   

  
情
は
ど
こ
と
な
く
緊
張
し
て
い
て
 
時
折
 
  
彼
女
は
ず
っ
と
だ
ま
っ
た
ま
ま
だ
っ
た
 °
そ
れ
な
の
に
彼
女
の
表
  
∧
・
・
一
体
 
何
を
し
て
る
の
だ
ろ
う
・
・
・
 °
  
じ
っ
と
黙
っ
た
ま
ま
だ
っ
た
 °
  
な
い
と
こ
ろ
を
見
な
が
ら
 
  
あ
い
か
わ
ら
ず
 
な
ぜ
か
彼
女
は
 
ど
こ
を
見
て
る
か
よ
く
解
ら
  
彼
が
 
彼
女
の
お
か
し
な
点
に
気
が
つ
い
た
 °
  
よ
う
や
く
 
ど
こ
か
に
残
っ
て
い
た
羞
恥
の
あ
る
冷
静
な
部
分
の
  
∧
・
・
あ
れ
?
片
瀬
さ
ん
 °
何
を
し
て
る
の
だ
ろ
う
?
∨
  
 
  
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
し
ば
ら
く
の
間
ま
る
で
息
を
の
む
よ
う
に
見
続
け
て
し
ま
っ
  
を
わ
き
上
が
ら
せ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
揉
ん
で
い
た
と
い
う
感
覚
が
彼
に
 
押
さ
え
る
事
の
難
し
い
衝
動
  
そ
の
乳
房
を
自
分
の
こ
の
手
で
  
乳
房
と
い
う
性
器
を
強
く
彼
に
意
識
さ
せ
 
さ
ら
に
先
ほ
ど
ま
で
  
る
で
違
う
ア
ン
バ
ラ
ン
ス
な
姿
が
 
  
そ
し
て
遠
く
か
ら
彼
女
を
見
つ
め
る
事
で
 
普
段
の
彼
女
と
は
ま
  
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
存
在
感
を
誇
示
し
て
い
る
彼
女
の
乳
房
に
彼
の
目
は
惹
き
つ
け
ら

   

  
え
て
い
く
・
・
 °
  
だ
が
 
事
態
は
そ
ん
な
彼
を
あ
ざ
笑
う
か
の
様
に
さ
ら
に
形
を
変
  
女
に
悠
人
は
不
安
を
隠
し
き
れ
な
か
っ
た
 °
  
見
る
か
ら
に
普
通
で
は
な
い
事
態
に
直
面
し
て
る
様
に
見
え
る
彼
  
は
大
き
く
ひ
ら
き
 
ま
た
閉
じ
た
 °
  
さ
ら
に
彼
女
は
時
々
激
高
し
て
る
様
な
表
情
を
し
て
 
彼
女
の
口
  
∧
な
に
か
怒
っ
て
る
様
に
見
え
る
け
ど
 °
大
丈
夫
な
ん
だ
ろ
う
か
?
∨
  
じ
て
い
た
 °
  
眺
め
て
る
事
し
か
で
き
な
い
悠
人
は
 
あ
せ
り
と
い
ら
だ
ち
を
感
  
動
く
事
も
で
き
ず
  
彼
女
が
何
を
し
て
る
か
全
く
見
当
も
つ
か
ず
に
 
た
だ
そ
の
場
で
  
な
行
動
を
続
け
た
 °
  
さ
ら
に
彼
女
は
そ
ん
な
彼
の
事
を
意
に
も
介
さ
な
い
様
に
 
奇
妙
  
て
い
た
 °
そ
の
事
が
彼
に
不
安
を
与
え
た
 °
  
床
を
見
た
り
 
ま
っ
す
ぐ
前
を
見
た
り
と
 
不
安
定
に
さ
ま
よ
っ
  
彼
女
の
目
は
斜
め
下
あ
た
り
の
  
し
か
し
 
彼
女
は
そ
ん
な
彼
の
心
配
を
よ
そ
に
 
あ
い
か
わ
ら
ず
  
∧
片
瀬
さ
ん
 
な
に
を
し
て
る
の
?
∨
  
に
も
不
思
議
な
光
景
が
繰
り
広
げ
ら
れ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
口
が
少
し
ひ
ら
く
の
に
 
ま
た
閉
じ
て
し
ま
う
と
い
っ
た
 
ど
う

   

  
事
は
無
か
っ
た
 °
  
そ
れ
で
も
 
事
態
は
彼
が
変
わ
る
事
を
望
む
願
い
を
受
け
入
れ
る
  
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
に
渡
来
す
る
様
々
な
思
い
が
不
安
と
な
っ
て
彼
を
突
き
動
か
し
  
に
 
彼
は
叫
び
続
け
た
 °
  
悠
人
は
叫
び
続
け
る
し
か
な
か
っ
た
 °
何
回
試
し
て
も
無
駄
な
の
  
∧
片
瀬
さ
ん
!
片
瀬
さ
ん
!
∨
  
彼
女
の
な
な
め
前
あ
た
り
を
見
続
け
た
の
だ
っ
た
 °
  
る
の
か
解
ら
な
い
表
情
で
 
  
彼
女
は
頭
を
抱
え
な
が
ら
 
大
き
く
目
を
見
開
き
ど
こ
を
見
て
い
  
る
事
を
許
さ
な
か
っ
た
 °
  
強
く
吸
い
寄
せ
ら
れ
た
ま
ま
 
彼
を
傍
観
者
の
立
場
か
ら
逸
脱
す
  
そ
し
て
彼
の
身
体
は
そ
の
場
へ
と
  
し
か
し
 
当
然
の
如
く
に
彼
の
叫
び
が
彼
女
に
届
く
事
は
な
く
 
  
と
し
た
 °
  
そ
の
異
常
事
態
に
彼
は
大
き
く
叫
び
 
そ
し
て
身
を
乗
り
出
そ
う
  
∧
か
!
片
瀬
さ
ん
っ
!
!
!
∨
  
両
手
で
つ
か
み
 
そ
し
て
左
右
へ
と
振
っ
た
 °
  
ま
り
 
彼
女
は
頭
を
下
へ
と
た
れ
下
げ
る
と
 
  
そ
れ
ま
で
険
し
い
表
情
を
し
て
い
た
彼
女
の
動
き
が
ぴ
た
っ
と
止

   

  
何
で
も
無
い
事
を
彼
に
伝
え
 
足
早
に
彼
の
元
を
去
っ
て
い
っ
て
  
と
し
た
 °
だ
け
ど
 
あ
の
後
 
彼
女
は
  
彼
は
ど
ん
な
些
細
な
事
で
も
あ
の
時
の
彼
女
の
事
を
思
い
出
そ
う
  
∧
た
し
か
っ
・
・
 °
彼
女
は
あ
の
と
き
・
・
・
 °
  
か
け
続
け
た
 °
  
彼
は
必
死
に
あ
の
時
の
記
憶
を
思
い
出
し
な
が
ら
 
彼
女
に
声
を
  
・
・
 °
  
あ
の
時
も
こ
ん
な
風
に
彼
女
は
苦
し
そ
う
な
表
情
を
し
て
い
た
・
  
面
が
思
い
起
こ
さ
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
の
脳
裏
に
鋭
く
 
あ
る
初
夏
の
日
の
屋
上
で
の
彼
女
と
の
一
場
  
∧
片
瀬
さ
ん
!
ま
た
!
大
丈
夫
?
!
片
瀬
さ
ん
!
!
∨
  
彼
女
が
そ
れ
に
抗
っ
て
い
る
様
に
見
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
時
に
彼
女
の
苦
し
み
を
伝
え
 
そ
し
て
  
そ
れ
は
彼
女
の
事
を
凝
視
し
見
守
る
事
し
か
で
き
な
い
彼
に
 
  
が
ら
 
顔
を
ふ
せ
て
し
ま
っ
た
 °
  
持
っ
て
く
る
と
 
そ
の
大
き
な
左
の
乳
房
を
ぎ
ゅ
っ
と
つ
か
み
な
  
と
共
に
 
彼
女
は
手
を
乳
房
の
真
ん
中
あ
た
り
ま
で
  
突
然
 
彼
女
の
大
き
く
開
か
れ
た
目
が
ぎ
ゅ
っ
と
閉
じ
ら
れ
る
の
  
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
局
面
は
彼
の
望
ま
な
い
ほ
う
へ
と
転
が
り
は
じ

   

  
彼
女
の
身
体
が
び
く
っ
と
震
え
た
 °
  
彼
が
何
度
目
か
の
呼
び
か
け
を
し
よ
う
と
し
た
そ
の
と
き
 
急
に
  
心
を
か
き
乱
さ
れ
つ
つ
あ
っ
た
 °
  
で
も
 
一
向
に
ど
う
に
も
な
ら
な
い
事
に
  
危
機
が
せ
ま
っ
て
い
て
 
自
分
が
な
ん
と
か
し
な
い
と
い
け
な
い
 
  
は
ず
な
の
に
 
と
に
か
く
彼
女
に
尋
常
で
は
な
い
  
そ
し
て
 
そ
れ
ま
で
こ
れ
が
自
分
の
夢
で
あ
る
と
認
識
し
て
い
た
  
っ
た
 °
  
断
定
さ
れ
て
い
っ
て
し
ま
う
認
識
に
彼
は
冷
静
さ
を
失
い
つ
つ
あ
  
く
る
不
安
 °
そ
し
て
そ
れ
が
さ
も
事
実
の
様
に
  
探
し
て
い
る
情
報
の
欠
如
か
ら
 
彼
の
心
に
は
様
々
な
憶
測
か
ら
  
・
じ
ゃ
な
い
?
!
∨
  
い
る
ん
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
う
か
?
!
そ
れ
な
ら
 
彼
女
は
大
丈
夫
・
  
だ
ろ
う
か
?
!
そ
し
て
 
今
も
そ
れ
で
苦
し
ん
で
  
し
な
か
っ
た
ん
だ
・
・
 °
彼
女
は
何
か
重
い
病
気
な
ん
じ
ゃ
な
い
  
僕
は
彼
女
を
あ
の
と
き
も
っ
と
必
死
に
探
そ
う
と
  
∧
あ
の
時
の
彼
女
は
や
っ
ぱ
り
お
か
し
か
っ
た
ん
だ
!
ど
う
し
て
  
上
の
情
報
は
見
当
た
り
そ
う
に
も
無
か
っ
た
 °
  
異
常
は
見
当
た
ら
な
か
っ
た
の
で
 
彼
の
記
憶
の
中
に
は
こ
れ
以
  
し
ま
い
 
次
に
彼
女
を
見
た
時
は
特
に











   

  
ま
る
で
胸
を
先
か
ら
上
へ
と
ひ
っ
ぱ
り
あ
げ
ら
れ
て
し
ま
っ
た
か
  
突
然
の
悲
鳴
が
彼
の
希
望
を
こ
な
ご
な
に
打
ち
砕
い
た
 °
  
 
ひ
ぅ
ん
っ
!
!
 
  
の
だ
っ
た
 °
  
事
態
は
ま
っ
た
く
彼
の
思
い
を
す
り
抜
け
る
様
に
進
行
し
て
い
く
  
単
な
る
彼
の
願
望
に
し
か
す
ぎ
ず
 
  
彼
は
彼
女
に
多
く
を
語
り
か
け
よ
う
と
し
た
 °
け
れ
ど
 
そ
れ
は
  
た
の
で
は
な
い
か
と
い
う
希
望
に
  
そ
し
て
 
よ
う
や
く
叫
び
続
け
て
い
た
彼
の
言
葉
が
彼
女
に
届
い
  
え
た
い
と
思
い
続
け
た
事
が
 
  
彼
女
の
目
に
力
が
戻
り
 
彼
が
ず
っ
と
事
態
を
良
い
方
向
へ
と
変
  
い
た
 °
  
悠
人
は
よ
う
や
く
発
し
た
彼
女
の
言
葉
に
 
思
い
切
り
す
が
り
つ
  
∧
片
瀬
さ
ん
っ
!
大
丈
夫
?
!
神
野
だ
よ
?
!
解
る
?
∨
  
 
え
っ
?
!
 
  
っ
た
 °
  
彼
は
瞬
時
に
彼
女
の
様
子
を
注
視
す
る
事
に
切
り
替
わ
っ
た
の
だ
  
反
応
し
た
事
で
  
よ
う
や
く
自
分
の
叫
び
が
彼
女
に
届
い
た
の
か
 
彼
女
の
身
体
が
  
∧
か
・
・
 
片
瀬
さ
ん
?
!
∨














   

  
彼
は
と
に
か
く
そ
の
原
因
を
突
き
止
め
よ
う
と
 
ま
っ
た
く
彼
女
  
し
て
い
た
も
の
と
は
全
く
違
っ
た
も
の
だ
っ
た
が
 
  
は
げ
し
く
 
常
に
ぶ
る
ぶ
る
と
震
え
て
い
た
 °
そ
れ
は
彼
が
予
想
  
と
彼
女
の
両
方
の
乳
房
の
揺
れ
が
一
番
  
彼
女
の
身
体
は
あ
い
か
わ
ら
ず
震
え
て
い
た
 °
だ
が
 
よ
く
見
る
  
な
胸
へ
と
視
線
を
集
中
さ
せ
た
 °
  
悠
人
は
虚
を
突
か
れ
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
指
摘
す
る
彼
女
の
大
き
  
∧
え
?
!
む
ね
?
?
片
瀬
さ
ん
 
胸
が
ど
う
し
た
の
?
寒
い
の
?
?
∨
  
 
ま
た
・
・
む
ね
ぇ
ぇ
ぇ
・
・
・
 
  
∧
片
瀬
さ
ん
っ
!
震
え
て
る
け
ど
 
大
丈
夫
?
?
!
!
∨
  
異
変
に
気
が
つ
い
た
 °
  
彼
は
彼
女
の
身
体
が
小
刻
み
に
震
え
て
る
事
を
見
つ
け
 
彼
女
の
  
彼
は
問
い
か
け
る
と
同
時
に
 
彼
女
の
様
を
注
視
し
た
 °
  
た
 °
  
彼
は
彼
女
に
問
い
か
け
た
 °
そ
れ
に
彼
女
は
答
え
る
事
は
無
か
っ
  
∧
片
瀬
さ
ん
っ
!
ど
う
し
た
の
っ
?
!
!
∨
  
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
悠
人
は
ま
た
し
て
も
全
く
解
ら
な
い
彼
女
の
異
変
に
心
を
乱
さ
れ
  
大
き
な
胸
を
上
へ
と
ぶ
る
ん
っ
と
揺
ら
し
た
 °
  
の
様
に
 
彼
女
は
の
け
ぞ
る
と














   

  
胸
へ
と
さ
ら
に
集
中
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
目
は
ま
た
し
て
も
彼
女
の
様
子
見
て
い
る
と
い
う
理
由
で
  
不
謹
慎
と
思
い
 
で
て
く
る
度
に
そ
の
頭
を
お
さ
え
た
が
 
そ
の
  
上
が
ら
せ
た
 °
そ
ん
な
気
持
ち
を
彼
は
  
彼
に
彼
女
の
事
を
心
配
に
思
っ
て
る
以
外
の
思
い
を
彼
へ
と
わ
き
  
を
増
し
た
彼
女
の
手
に
あ
ま
る
大
き
な
左
右
の
乳
房
は
 
  
そ
の
あ
ま
り
に
も
い
び
つ
に
形
を
変
え
 
そ
し
て
し
っ
と
り
と
艶
  
ぎ
ゅ
っ
と
揉
ん
だ
 °
  
彼
女
は
再
度
に
渡
っ
て
指
摘
す
る
自
分
の
胸
を
 
両
手
で
つ
か
み
  
を
彼
女
が
妨
げ
た
 °
  
彼
が
な
ん
と
か
理
解
し
よ
う
と
し
て
言
葉
を
続
け
よ
う
と
す
る
の
  
そ
れ
に
 
何
か
ど
こ
か
彼
女
は
変
な
気
が
す
る
?
?
∨
  
∧
寒
い
ん
じ
ゃ
な
く
て
 
熱
い
ん
で
 
そ
れ
に
胸
?
胸
っ
て
?
?
  
ま
た
し
て
も
逸
脱
し
た
も
の
だ
っ
た
 °
  
を
理
解
し
よ
う
と
し
て
い
る
 
彼
の
範
囲
を
  
彼
女
の
答
え
は
 
な
ん
と
か
少
し
で
も
彼
女
に
起
こ
っ
て
い
る
事
  
∧
え
っ
?
?
!
!
∨
  
 
む
ね
が
っ
・
・
・
・
あ
つ
い
ぃ
ぃ
ぃ
・
・
・
 
  
彼
女
に
再
び
聞
い
て
み
た
の
だ
っ
た
 °
  
に
通
じ
て
い
な
い
の
に
も
か
か
わ
ら
ず
 










   

  
 
え
?
!
な
に
っ
?
?
!
!
 
  
す
る
ば
か
り
に
な
っ
て
い
た
 °
  
い
つ
し
か
 
彼
は
彼
女
の
ず
っ
し
り
と
重
そ
う
な
バ
ス
ト
を
注
視
  
彼
に
そ
の
存
在
を
強
く
心
に
刻
み
込
ん
だ
の
だ
っ
た
 °
  
彼
の
目
に
も
そ
れ
は
熱
そ
う
な
印
象
を
与
え
た
 °
そ
れ
と
同
時
に
  
所
々
に
汗
を
た
た
え
て
い
て
 
彼
女
の
訴
え
る
通
り
 
  
彼
女
の
手
か
ら
解
放
さ
れ
た
乳
房
は
 
し
っ
と
り
と
し
て
い
た
 °
  
い
た
彼
女
の
乳
房
か
ら
よ
う
や
く
手
を
離
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
だ
け
ど
 
彼
女
は
そ
れ
に
答
え
る
事
な
く
 
ぎ
ゅ
っ
と
つ
か
ん
で
  
な
が
ら
も
 
そ
の
胸
の
事
を
彼
女
に
聞
い
た
 °
  
悠
人
は
そ
の
存
在
を
見
せ
つ
け
て
く
る
彼
女
の
胸
の
誘
惑
に
勝
ち
  
∧
・
・
片
瀬
さ
ん
・
・
 °
胸
・
・
が
ど
う
し
た
の
?
∨
  
そ
れ
が
何
な
の
か
は
彼
に
は
全
く
解
ら
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
女
の
口
か
ら
小
さ
く
聞
こ
え
て
き
た
が
 
  
時
折
 
言
葉
に
な
ら
な
い
よ
う
な
う
め
き
声
に
も
似
た
も
の
が
彼
  
感
じ
て
い
た
 °
  
け
ど
 
そ
れ
が
さ
き
ほ
ど
ま
で
と
あ
き
ら
か
に
違
う
何
か
を
彼
は
  
よ
う
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
は
ま
た
し
て
も
何
か
に
耐
え
る
様
に
ぎ
ゅ
っ
と
力
を
入
れ
た
  
 
・
・
・
・
っ
・
・
 

















   

  
表
情
と
は
ま
る
で
違
う
も
の
へ
と
変
わ
っ
て
い
た
 °
下
を
む
い
て
  
表
情
は
つ
い
今
し
が
た
ま
で
の
苦
痛
に
も
見
え
る
  
彼
に
は
彼
女
の
言
っ
て
る
事
は
解
ら
な
か
っ
た
 °
だ
が
 
彼
女
の
  
∧
き
も
ち
い
い
?
っ
て
・
・
・
∨
  
そ
の
先
の
ぴ
ん
っ
立
っ
た
乳
首
ま
で
も
震
え
て
い
た
 °
  
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
大
き
な
双
球
は
ぶ
る
ぶ
る
と
激
し
く
  
彼
女
は
重
い
乳
房
を
さ
き
ほ
ど
よ
り
も
 
ぐ
っ
と
前
に
つ
き
だ
し
  
∧
胸
が
 
き
も
ち
い
い
?
?
∨
  
 
胸
に
ぃ
・
・
・
気
持
ち
い
い
の
が
ぁ
ぁ
っ
・
・
 
  
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
ま
た
し
て
も
予
想
外
の
展
開
に
 
言
葉
を
失
っ
て
し
ま
っ
た
  
見
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
訴
え
る
ど
こ
ろ
か
 
甘
っ
た
る
く
悶
え
て
い
る
様
に
さ
え
彼
に
は
  
声
を
か
け
よ
う
と
し
た
が
 
彼
女
は
今
度
は
苦
し
さ
を
  
そ
れ
は
完
全
に
彼
の
出
鼻
を
く
じ
い
た
 °
彼
女
の
事
を
気
遣
っ
て
  
 
ひ
ぅ
っ
?
!
 
な
・
・
に
・
・
は
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ん
っ
!
?
 
  
∧
片
瀬
さ
・
・
・
∨
  
気
遣
う
よ
う
に
声
を
か
け
よ
う
と
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
ハ
ッ
!
と
我
に
返
る
と
再
び
彼
女
を
  
突
然
の
彼
女
の
驚
き
に
 
彼
は
欲
望
の
淵
か
ら
引
き
上
げ
ら
れ
た
 °

   

  
彼
は
つ
ぶ
や
い
た
 °
彼
女
の
胸
は
ぎ
ゅ
っ
と
つ
か
ん
で
い
る
手
の
  
∧
・
・
・
お
お
き
く
な
っ
て
る
・
・
 °
  
ま
た
違
っ
た
エ
ロ
さ
を
彼
へ
と
強
く
伝
え
た
 °
  
た
 °
そ
れ
は
彼
自
身
が
彼
女
の
乳
房
を
揉
ん
だ
時
と
は
  
彼
に
も
は
っ
き
り
解
る
く
ら
い
に
ぐ
に
ゅ
う
っ
と
そ
の
形
を
変
え
  
さ
き
ほ
ど
よ
り
も
も
っ
と
強
く
力
を
出
し
て
い
る
の
が
  
彼
女
は
ま
た
大
き
す
ぎ
る
自
分
の
乳
房
を
手
で
押
さ
え
込
ん
だ
 °
  
が
よ
り
彼
女
の
胸
へ
と
集
め
ら
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
突
然
の
彼
女
の
叫
び
に
 
彼
は
驚
い
た
 °
そ
れ
と
同
時
に
 
意
識
  
∧
胸
が
 
大
き
く
?
?
!
!
∨
  
・
 
  
 
私
の
っ
・
・
・
胸
が
ぁ
・
・
ま
た
・
・
お
っ
き
く
っ
ぅ
ぅ
ぅ
・
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
!
 
  
つ
つ
 
固
唾
を
の
ん
で
見
守
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
悠
人
は
今
に
も
触
り
た
く
な
る
様
な
満
た
さ
れ
な
い
衝
動
を
抑
え
  
た
恭
子
が
再
び
現
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
こ
に
は
彼
が
す
っ
か
り
我
を
失
う
ほ
ど
に
魅
了
さ
れ
て
し
ま
っ
  
細
か
く
開
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
の
顔
は
紅
潮
し
 
そ
し
て
彼
女
の
口
は
時
折
 
吐
息
混
じ
り
に
  
い
た
彼
女
の
顔
は
上
へ
と
あ
げ
ら
れ
 











   

  
た
 °
  
支
配
さ
れ
て
し
ま
う
身
体
に
 
彼
女
の
表
情
は
刻
一
刻
と
変
わ
っ
  
に
必
死
に
耐
え
る
心
と
 
そ
れ
で
も
次
第
に
  
ど
ん
ど
ん
と
大
き
く
あ
ふ
れ
出
て
く
る
性
の
欲
望
に
 
そ
の
羞
恥
  
ん
で
ぇ
・
・
な
い
っ
・
・
・
 
  
 
こ
ん
な
・
・
の
・
・
・
は
ぁ
う
ん
っ
!
・
・
わ
た
し
・
・
の
ぞ
  
っ
た
 °
  
熱
く
漏
れ
る
彼
女
の
甘
い
声
が
さ
ら
に
彼
を
虜
に
し
て
い
く
の
だ
  
大
き
く
な
っ
て
い
き
 
艶
や
か
に
膨
ら
ん
で
い
く
度
に
  
そ
し
て
そ
れ
を
裏
付
け
る
様
に
 
恭
子
の
乳
房
は
む
く
む
く
っ
と
  
呼
び
起
こ
す
ほ
ど
に
妖
し
げ
な
も
の
で
あ
っ
た
 °
  
聞
い
て
い
る
も
の
に
サ
デ
ィ
ス
テ
ィ
ッ
ク
な
感
情
を
  
熱
を
お
び
 
ま
る
で
彼
女
自
身
が
そ
れ
を
し
て
欲
し
く
な
い
様
に
 
  
は
し
な
か
っ
た
 °
そ
し
て
そ
の
言
葉
ま
で
も
が
  
様
に
聞
こ
え
る
が
 
ま
す
ま
す
彼
女
は
心
を
つ
か
ん
で
離
そ
う
と
  
言
葉
で
は
こ
の
状
況
の
終
わ
り
を
望
ん
で
い
る
  
彼
は
解
ら
な
く
な
っ
て
い
た
 °
彼
女
が
一
体
何
を
望
ん
で
い
る
か
?
  
 
や
め
て
ぇ
ぇ
・
・
・
も
う
・
・
や
め
て
ぇ
ぇ
ぇ
ん
っ
・
・
 
  
手
を
持
ち
上
げ
始
め
た
 °
  
上
か
ら
ぐ
ぐ
っ
と
あ
ふ
れ
だ
し
 
次
第
に
 
彼
女
の






   

  
や
ぁ
ぁ
ん
・
・
 
  
 
あ
ん
っ
!
お
っ
ぱ
い
ぃ
・
・
そ
ん
な
に
 
揉
ん
じ
ゃ
ぁ
あ
 
い
  
き
な
快
楽
を
得
よ
う
と
し
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
手
全
体
を
使
っ
て
 
巨
大
な
乳
房
全
体
を
上
下
へ
と
揺
ら
し
 
  
て
忙
し
く
動
か
し
 
そ
れ
だ
け
で
は
物
足
り
な
い
の
か
 
  
ぐ
に
ゅ
ぐ
に
ゅ
っ
と
激
し
く
揉
み
始
め
た
 °
1
0
本
の
指
を
す
べ
  
つ
け
て
い
た
手
を
 
自
ら
の
性
欲
の
思
う
が
ま
ま
に
  
そ
れ
ま
で
必
死
に
み
っ
と
も
な
く
膨
ら
ん
で
い
く
乳
房
を
押
さ
え
  
め
た
 °
  
そ
し
て
彼
女
は
自
ら
の
言
葉
を
否
定
す
る
様
な
行
動
を
と
り
は
じ
  
完
全
に
彼
の
心
を
大
き
く
支
配
し
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
く
 
た
だ
強
く
わ
き
あ
が
る
欲
望
が
  
そ
れ
は
理
性
と
か
理
論
と
か
そ
う
い
っ
た
も
の
の
入
る
余
地
も
な
  
∧
も
っ
と
変
わ
っ
て
い
く
彼
女
を
見
て
み
た
い
!
∨
  
た
 °
  
呼
び
覚
ま
さ
れ
 
冷
静
な
彼
を
飲
み
込
も
う
と
し
て
い
た
の
だ
っ
  
変
わ
っ
て
い
く
身
体
に
 
彼
自
身
も
性
へ
の
欲
望
が
  
も
っ
と
複
雑
だ
っ
た
 °
彼
女
の
ど
ん
ど
ん
刺
激
的
す
ぎ
る
ほ
ど
に
  
い
は
ず
な
の
だ
が
 
彼
に
届
い
た
も
の
は
  
彼
女
の
言
う
通
り
な
ら
ば
 
彼
女
は
こ
の
変
貌
を
望
ん
で
は
い
な

   

  
き
も
ち
 
い
い
よ
お
ぉ
ぉ
!
 
  
 
あ
ん
っ
!
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
き
く
な
っ
て
く
ぅ
ん
っ
!
・
・
・
  
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
く
の
だ
っ
た
 °
  
せ
る
様
に
彼
の
中
で
も
  
そ
の
思
い
は
 
彼
女
が
膨
乳
し
 
欲
望
が
増
し
て
い
く
の
に
合
わ
  
∧
そ
し
て
僕
も
彼
女
の
変
化
を
見
た
い
 °
  
∧
彼
女
は
こ
の
変
化
を
望
ん
で
い
る
 °
  
だ
が
 
彼
の
性
欲
は
確
信
し
た
 °
  
と
も
す
れ
ば
彼
は
見
さ
せ
ら
れ
て
い
た
の
か
も
し
れ
な
か
っ
た
 °
  
を
見
て
い
る
事
し
か
で
き
な
か
っ
た
 °
  
彼
は
彼
女
の
痴
変
を
た
だ
息
を
殺
す
様
に
見
て
い
た
 °
彼
は
そ
れ
  
動
か
し
は
じ
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
と
す
る
様
に
彼
女
は
 
身
体
を
左
右
や
上
下
に
  
も
は
や
手
に
は
あ
ま
る
ほ
ど
に
大
き
く
な
っ
た
乳
房
を
満
た
そ
う
  
指
か
ら
こ
ぼ
れ
落
ち
た
 °
  
ぐ
ぐ
っ
と
大
き
く
 
そ
し
て
い
や
ら
し
く
な
っ
て
い
き
 
彼
女
の
  
多
く
の
快
楽
を
得
よ
う
と
し
て
 
さ
ら
に
  
力
で
揉
み
続
け
 
求
め
て
い
な
い
は
ず
の
彼
女
の
乳
房
は
も
っ
と
  
の
乳
房
を
指
が
ぎ
ゅ
う
っ
と
う
ま
る
ほ
ど
の
  
彼
女
の
言
葉
は
も
は
や
否
定
だ
っ
た
 °
嫌
が
っ
て
る
は
ず
の
自
分

   

  
そ
れ
は
彼
に
は
強
烈
だ
っ
た
 °
普
段
 
彼
女
が
自
分
に
話
す
言
葉
  
女
の
一
番
内
の
部
分
を
ぎ
ゅ
う
っ
と
挟
み
込
ん
だ
 °
  
両
の
脚
を
内
側
へ
と
ぎ
ゅ
っ
と
寄
せ
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
脚
は
彼
  
れ
に
耐
え
る
様
に
  
そ
の
震
え
は
次
第
に
彼
女
の
下
へ
と
た
ま
っ
て
い
き
 
彼
女
は
そ
  
波
と
な
っ
て
細
か
く
震
え
た
 °
  
彼
女
の
口
は
乳
房
が
弾
む
度
に
熱
く
な
り
 
身
体
は
そ
の
躍
動
が
  
巨
大
な
双
球
を
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
っ
と
弾
ま
せ
た
の
だ
っ
た
 °
  
し
 
そ
し
て
身
体
を
さ
ら
に
激
し
く
動
か
す
事
で
  
ぐ
ぐ
ぐ
っ
と
大
き
く
な
っ
て
い
く
乳
房
を
両
腕
で
挟
み
込
む
様
に
  
の
身
体
か
ら
も
あ
ふ
れ
出
よ
う
と
  
も
は
や
手
だ
け
で
は
御
し
き
れ
な
い
ほ
ど
に
ま
で
成
長
し
 
彼
女
  
り
と
し
た
重
み
ま
で
増
し
始
め
て
い
っ
た
 °
  
彼
女
の
乳
房
は
 
そ
の
大
き
さ
だ
け
で
は
な
く
 
次
第
に
ず
っ
し
  
だ
っ
た
 °
  
言
葉
や
言
葉
に
な
ら
な
い
形
で
吐
息
ま
じ
り
に
こ
ぼ
し
始
め
た
の
  
口
は
激
し
い
快
楽
を
  
一
度
漏
れ
た
水
が
次
か
ら
つ
ぎ
へ
と
あ
ふ
れ
出
る
様
に
 
彼
女
の
  
始
め
た
 °
  
つ
い
に
彼
女
は
 
取
り
繕
う
様
に
包
み
隠
し
て
い
た
心
を
口
に
し

   

  
ま
る
で
 
彼
を
誘
っ
て
る
か
の
様
に
彼
の
正
面
に
巨
大
な
一
双
の
  
た
 °
  
欲
房
を
満
た
し
て
欲
し
い
か
の
様
に
そ
の
名
前
を
叫
ん
だ
の
だ
っ
  
る
で
彼
に
次
第
に
大
き
く
な
っ
て
い
く
彼
女
の
  
彼
女
は
そ
ん
な
彼
に
 
身
体
を
向
け
 
一
切
隠
す
事
も
な
く
 
  
 
悠
人
君
!
は
ぁ
ぅ
ん
!
気
持
ち
い
い
の
っ
!
悠
人
く
ぅ
ん
!
 
  
身
体
が
そ
の
場
か
ら
動
く
事
は
無
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
だ
が
 
た
と
え
彼
の
心
が
ど
の
様
に
強
く
変
化
し
よ
う
が
 
彼
の
  
け
寄
ら
せ
よ
う
と
し
た
 °
  
シ
ン
プ
ル
が
ゆ
え
に
強
い
彼
の
意
思
は
 
彼
を
彼
女
の
元
へ
と
駆
  
∧
彼
女
に
触
れ
た
い
 °
  
彼
女
へ
と
返
そ
う
と
強
く
つ
き
う
ご
さ
れ
つ
つ
あ
っ
た
 °
  
彼
に
与
え
 
彼
自
身
も
ま
た
単
純
な
メ
ッ
セ
|
ジ
を
  
変
え
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
そ
れ
は
強
く
て
単
純
な
メ
ッ
セ
|
ジ
を
  
そ
し
て
彼
女
自
身
ま
で
も
よ
り
卑
猥
な
姿
へ
と
  
そ
し
て
激
し
く
膨
ら
ん
で
い
く
彼
女
の
乳
房
は
 
彼
女
の
性
器
を
 
  
に
 
彼
に
は
刺
激
的
で
そ
し
て
欲
情
的
だ
っ
た
 °
  
そ
ん
な
彼
女
が
今
し
ゃ
べ
る
言
葉
は
ま
る
で
裸
の
様
で
そ
れ
だ
け
  
様
な
も
の
に
彼
は
ど
こ
か
で
そ
ん
な
感
じ
を
し
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
は
綺
麗
だ
け
ど
 
ど
こ
か
で
す
で
に
用
意
し
て
き
た






   

  
で
彼
女
の
双
球
へ
と
押
し
込
ん
だ
 °
そ
し
て
彼
女
の
身
体
は
大
き
  
ぎ
ゅ
っ
と
挟
み
込
む
と
 
そ
の
指
を
見
え
な
く
な
る
く
ら
い
に
ま
  
突
然
 
彼
女
は
大
き
く
の
け
ぞ
る
様
に
す
る
と
 
両
腕
で
乳
房
を
  
 
悠
人
く
ぅ
ん
っ
っ
っ
!
は
あ
あ
あ
う
う
う
ぅ
ぅ
ん
!
 
  
も
で
き
ず
 
彼
に
助
け
を
も
と
め
て
い
る
様
で
も
あ
っ
た
 °
  
し
ま
っ
た
彼
女
の
性
欲
を
も
は
や
自
分
で
は
ど
う
す
る
事
  
強
調
し
た
 °
そ
れ
は
ま
る
で
彼
女
が
こ
ん
な
に
も
膨
れ
あ
が
っ
て
  
の
様
に
 
彼
女
の
身
体
全
体
を
使
っ
て
ゆ
が
ま
せ
 
  
そ
れ
を
彼
女
は
も
っ
と
も
っ
と
い
や
ら
し
く
彼
を
引
き
よ
せ
る
か
  
リ
を
強
く
彼
に
誇
示
し
た
 °
  
艶
を
失
う
事
も
な
く
 
そ
の
表
面
を
流
れ
る
幾
筋
も
の
汗
が
 
  
の
如
く
に
 
よ
り
エ
ッ
チ
に
 
さ
ら
に
肥
大
化
す
る
事
で
  
そ
し
て
 
彼
女
の
乳
房
は
彼
に
私
以
外
を
見
る
事
を
拒
ん
で
る
か
  
そ
の
瞳
か
ら
は
一
筋
の
涙
が
頬
を
伝
っ
て
彼
女
の
顎
へ
と
隠
れ
た
 °
  
女
の
顔
は
よ
り
妖
し
い
表
情
を
彼
に
魅
せ
 
  
彼
女
は
さ
ら
に
強
く
 
そ
し
て
何
回
も
彼
の
名
前
を
叫
ん
だ
 °
  
 
悠
人
君
っ
!
悠
人
君
っ
!
悠
人
君
っ
!
 
  
の
秘
所
を
両
脚
で
揉
み
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
強
く
押
し
つ
ぶ
し
 
そ
し
て
彼
女
の
満
た
さ
れ
な
い
想
い
が
彼
女
  
西
瓜
の
様
に
み
ず
み
ず
し
い
彼
女
の
乳
房
を









   

  
彼
女
は
膝
が
崩
れ
両
脚
が
震
え
な
が
ら
も
 
な
ん
と
か
立
ち
上
が
  
の
巨
大
な
乳
房
が
消
え
よ
う
と
し
た
 °
  
急
に
彼
の
視
界
か
ら
彼
の
視
界
の
ほ
と
ん
ど
を
奪
っ
て
い
る
彼
女
  
に
込
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
悠
人
は
そ
ん
な
彼
女
に
対
し
て
 
自
分
の
想
い
を
短
く
彼
女
の
名
  
を
愛
お
し
く
呼
ん
だ
 °
  
面
を
彼
へ
と
魅
せ
る
と
 
ま
た
そ
れ
と
は
違
っ
た
一
面
で
彼
の
名
  
だ
っ
た
 °
そ
し
て
彼
女
は
彼
の
ま
っ
た
く
知
ら
な
い
  
彼
は
あ
ま
り
に
も
圧
倒
的
な
彼
女
の
迫
力
に
言
葉
が
無
か
っ
た
の
  
∧
・
・
・
恭
子
ち
ゃ
ん
・
・
 °
  
そ
し
て
小
さ
く
彼
の
名
前
を
呼
ん
だ
 °
  
彼
女
は
目
を
閉
じ
た
ま
ま
 
か
よ
わ
い
声
で
甘
え
る
様
に
優
し
く
  
 
悠
人
く
ん
っ
・
・
・
 °
 
  
女
の
腕
は
が
く
っ
と
彼
女
の
乳
房
か
ら
離
れ
た
 °
  
く
と
と
も
に
 
ま
る
で
あ
や
つ
り
人
形
の
糸
が
切
れ
た
様
に
 
  
大
き
く
震
え
た
後
 
次
第
に
そ
の
震
え
の
間
隔
が
長
く
な
っ
て
い
  
崩
れ
落
ち
る
様
に
座
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
彼
女
は
何
回
か
  
彼
女
の
両
脚
は
が
く
が
く
震
え
な
が
ら
 
彼
女
は
そ
の
場
に
  
大
き
く
彼
女
の
秘
所
を
つ
ぶ
し
て
し
ま
う
く
ら
い
に
挟
み
込
み
 
  
く
震
え
 
そ
し
て
彼
女
の
太
も
も
は
激
し
く
そ
し
て






   

  
の
今
の
思
い
と
合
致
し
て
い
た
 °
  
で
あ
る
し
 
そ
し
て
何
よ
り
も
彼
女
の
元
へ
行
け
そ
う
な
事
が
彼
  
が
 
そ
の
様
な
事
は
さ
き
ほ
ど
か
ら
何
回
も
経
験
済
み
  
彼
に
は
自
分
自
身
に
何
が
起
こ
っ
て
い
る
の
か
は
解
ら
な
か
っ
た
  
ま
っ
す
ぐ
彼
女
の
ほ
う
へ
と
歩
み
始
め
た
 °
  
は
す
っ
く
と
立
ち
上
が
り
 
そ
し
て
彼
の
足
は
  
そ
の
途
端
 
そ
れ
ま
で
ど
う
や
っ
て
も
動
か
な
か
っ
た
彼
の
身
体
  
ら
訳
の
解
ら
な
い
音
が
急
に
彼
の
耳
に
届
い
た
 °
  
そ
ん
な
思
い
に
答
え
る
様
に
 
た
び
た
び
聞
こ
え
て
く
る
な
に
や
  
 
б
е
ц
Б
л
ч
б
ъ
Д
 °
а
в
л
з
ч
к
・
・
・
 °
 
  
彼
に
は
彼
女
の
行
動
は
全
く
も
っ
て
不
可
解
で
し
か
な
か
っ
た
 °
  
∧
え
?
!
彼
女
は
い
っ
た
い
何
を
・
・
?
?
∨
  
彼
の
ほ
う
に
突
き
出
す
様
に
し
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
て
顔
が
見
え
な
く
な
る
か
わ
り
に
 
今
度
は
お
尻
を
  
そ
し
て
彼
女
は
身
体
を
向
こ
う
側
へ
と
倒
し
 
彼
女
の
胸
 
そ
し
  
た
 °
  
彼
女
は
そ
ん
な
彼
に
く
る
っ
と
背
中
を
向
け
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
  
分
の
元
へ
と
来
て
く
れ
る
事
を
期
待
し
た
が
 
  
一
瞬
 
彼
は
自
分
が
動
け
な
い
事
を
彼
女
が
察
し
て
く
れ
て
 
  
っ
た
様
で
あ
っ
た
 °


















   

  
マ
リ
|
は
少
し
い
じ
わ
る
を
す
る
様
に
す
ね
て
み
せ
た
 °
  
て
た
の
?
!
∨
  
∧
そ
う
よ
 
え
?
も
し
か
し
て
私
の
事
 
す
っ
か
り
忘
れ
ち
ゃ
っ
  
∧
え
?
マ
リ
|
さ
ん
?
!
∨
  
が
目
の
前
に
現
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
急
に
視
界
が
ま
た
す
う
っ
と
白
く
な
っ
た
か
と
思
う
と
 
マ
リ
|
  
∧
あ
ら
 °
お
か
え
り
な
さ
い
 °
  
か
ら
離
れ
よ
う
と
は
し
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
急
い
で
彼
女
か
ら
手
を
離
そ
う
と
し
た
が
 
彼
の
手
は
彼
女
  
∧
あ
 
ご
め
っ
!
∨
  
て
彼
女
の
身
体
は
び
く
っ
と
震
え
た
 °
  
悠
人
が
恭
子
に
触
れ
た
途
端
 
彼
女
は
短
く
悲
鳴
を
あ
げ
 
そ
し
  
 
ひ
ゃ
う
っ
!
 
  
 
  
っ
と
触
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
下
の
ラ
イ
ン
と
体
操
着
の
間
の
彼
女
の
腰
の
あ
た
り
を
両
手
で
そ
  
大
き
な
乳
房
よ
り
少
し
下
の
 
ち
ょ
う
ど
乳
房
の
  
彼
は
近
づ
き
 
そ
し
て
少
し
か
が
み
込
む
と
 
彼
の
手
は
彼
女
の
  
に
映
る
様
に
な
っ
て
く
る
く
ら
い
に
ま
で
  
次
第
に
彼
女
の
姿
が
大
き
く
 
そ
し
て
彼
女
の
姿
全
体
が
彼
の
目

   

  
∧
・
・
・
・
・
∨
  
∧
ち
ょ
っ
と
 
い
き
な
り
で
ま
だ
刺
激
が
強
す
ぎ
ち
ゃ
っ
た
か
な
?
∨
  
の
か
を
言
う
事
に
躊
躇
い
を
感
じ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
か
?
そ
し
て
そ
れ
に
対
し
て
自
分
が
ど
う
思
っ
て
る
  
思
わ
ず
 
そ
の
強
す
ぎ
る
も
の
に
た
い
し
て
ど
う
答
え
て
い
い
の
  
が
ま
た
鮮
明
に
頭
に
思
い
浮
か
ん
で
き
て
し
ま
い
 
  
マ
リ
|
に
言
わ
れ
て
悠
人
は
さ
き
ほ
ど
ま
で
の
あ
の
強
烈
な
体
験
  
∧
・
・
・
・
・
∨
  
す
っ
ご
く
エ
ロ
い
お
っ
ぱ
い
に
な
っ
た
っ
て
事
!
解
る
よ
ね
?
∨
  
り
 
恭
子
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
む
く
む
く
っ
っ
と
膨
ら
ん
で
  
∧
あ
|
・
・
 °
そ
っ
か
 
知
ら
な
い
か
 °
ま
あ
 
い
っ
か
 °
つ
ま
  
∧
え
っ
と
・
・
す
み
ま
せ
ん
 °
知
り
ま
せ
ん
 °
  
∧
そ
う
 
膨
乳
よ
 
ボ
・
ウ
・
ニ
ュ
・
ウ
!
∨
  
∧
ボ
ウ
ニ
ュ
ウ
・
・
?
∨
  
マ
リ
|
は
少
し
興
奮
気
味
に
彼
に
ま
く
し
た
て
た
 °
  
っ
た
?
恭
子
ち
ゃ
ん
の
膨
乳
!
す
ご
か
っ
た
で
し
ょ
?
!
∨
  
∧
あ
ら
 °
ふ
ふ
っ
 °
別
に
い
い
の
よ
 °
そ
ん
な
事
よ
り
 
ど
う
だ
  
れ
て
い
た
の
は
事
実
だ
っ
た
 °
  
悠
人
は
言
葉
を
濁
し
た
 °
実
際
に
彼
女
の
言
う
通
り
少
し
の
間
忘
  
∧
あ
・
・
・
い
え
・
・
 °

   

  
∧
じ
ゃ
あ
 
今
 
こ
の
恭
子
ち
ゃ
ん
は
ま
た
別
の
恭
子
ち
ゃ
ん
?
∨
  
∧
え
え
 °
そ
う
よ
 °
  
∧
こ
れ
は
僕
の
夢
で
す
よ
ね
?
∨
  
悠
人
は
一
呼
吸
を
お
く
と
 
マ
リ
|
の
ほ
う
を
向
き
尋
ね
た
 °
  
∧
・
・
・
・
・
・
∨
  
な
事
で
も
い
い
か
ら
聞
か
せ
て
 °
  
∧
貴
方
が
今
 
恭
子
ち
ゃ
ん
に
何
を
思
っ
て
る
の
か
し
ら
?
ど
ん
  
の
だ
っ
た
 °
  
そ
の
あ
ま
り
に
も
突
然
な
質
問
は
彼
を
ま
戸
惑
わ
せ
て
し
ま
っ
た
  
で
声
を
押
し
て
聞
い
て
き
た
 °
  
マ
リ
|
は
急
に
そ
れ
ま
で
の
雰
囲
気
と
は
変
え
て
き
て
彼
に
真
顔
  
∧
え
?
!
∨
  
方
は
何
を
思
っ
た
の
か
し
ら
?
∨
  
∧
ま
あ
 
か
ね
が
ね
満
足
し
て
も
ら
え
た
か
な
|
?
・
・
で
 
  
∧
・
・
・
・
∨
  
嫌
い
っ
て
あ
る
の
よ
 °
お
っ
ぱ
い
に
も
ね
 °
  
∧
あ
ら
別
に
恥
ず
か
し
が
ら
な
く
て
も
い
い
わ
よ
 °
誰
で
も
好
き
  
∧
え
っ
?
!
い
・
・
え
・
・
 °
  
悠
人
君
 
お
っ
ぱ
い
の
大
き
な
女
の
子
の
ほ
う
が
好
き
で
し
ょ
?
∨
  
∧
ま
あ
 
嫌
い
じ
ゃ
な
い
よ
ね
?
男
の
子
な
ん
だ
か
ら
 °
そ
れ
に

   

  
∧
け
ど
 
正
直
 °
不
安
も
あ
り
ま
す
 °
  
マ
リ
|
は
に
っ
こ
り
と
微
笑
ん
だ
 °
  
∧
・
・
・
そ
う
 °
ま
っ
す
ぐ
で
い
い
答
え
ね
 °
  
ま
す
 °
  
思
う
か
ら
で
す
 °
た
ぶ
ん
 
彼
女
に
触
れ
れ
ば
解
る
様
な
気
が
し
  
∧
・
・
そ
う
か
も
し
れ
ま
せ
ん
 °
け
ど
 
僕
が
そ
う
し
た
い
っ
て
  
∧
あ
ら
?
そ
れ
は
彼
女
が
エ
ッ
チ
だ
か
ら
な
の
か
し
ら
?
∨
  
悠
人
は
迷
う
こ
と
な
く
そ
う
答
え
た
 °
  
∧
僕
は
・
・
 °
彼
女
に
た
だ
触
れ
た
い
で
す
 °
  
返
し
た
 °
  
マ
リ
|
は
満
足
そ
う
に
う
な
ず
き
 
再
び
 
彼
女
の
問
い
を
彼
に
  
で
貴
方
は
そ
の
彼
女
に
何
を
望
む
の
?
∨
  
∧
そ
う
 °
そ
の
通
り
よ
 °
そ
こ
ま
で
解
っ
て
れ
ば
充
分
よ
 °
そ
れ
  
∧
だ
け
ど
 
彼
女
も
僕
の
知
っ
て
る
彼
女
で
す
よ
ね
 °
  
だ
か
ら
全
く
の
偽
物
っ
て
訳
で
も
な
い
ん
だ
け
ど
 °
  
貴
方
の
知
っ
て
る
い
つ
も
の
恭
子
ち
ゃ
ん
じ
ゃ
な
い
わ
ね
 °
で
も
 
  
∧
そ
う
ね
 °
こ
ん
な
に
お
っ
ぱ
い
の
大
き
な
恭
子
ち
ゃ
ん
な
ん
て
 
  
∧
夢
だ
か
ら
全
部
本
物
じ
ゃ
な
い
で
す
よ
ね
?
∨
  
訳
じ
ゃ
な
い
の
よ
 °
  
∧
う
|
ん
 °
ち
ょ
っ
と
違
う
か
な
?
ど
の
恭
子
ち
ゃ
ん
も
別
っ
て

   

  
全
然
先
に
進
ま
な
い
・
・
 °
  
∧
別
に
似
て
る
時
限
定
じ
ゃ
な
い
け
ど
 
お
互
い
に
譲
り
合
っ
て
  
∧
そ
れ
が
 
似
て
い
る
時
?
∨
  
い
か
な
い
事
も
あ
る
の
 °
  
て
も
大
事
な
ん
だ
け
ど
 
そ
れ
が
う
ま
く
  
∧
そ
う
ね
 °
た
だ
 
彼
女
が
ど
う
思
う
か
気
遣
う
優
し
さ
は
と
っ
  
∧
そ
れ
は
そ
う
だ
と
思
い
ま
す
 °
  
で
あ
る
必
要
は
無
い
の
 °
  
∧
だ
か
ら
 
貴
方
は
彼
女
で
あ
る
必
要
は
無
い
し
 
彼
女
も
貴
方
  
マ
リ
|
は
少
し
悲
し
げ
な
顔
を
み
せ
て
続
け
た
 °
  
∧
で
も
 
似
て
る
っ
て
事
が
う
ま
く
い
か
な
い
時
も
あ
る
の
よ
 °
  
∧
け
ど
?
∨
  
れ
ち
ゃ
う
の
か
も
し
れ
な
い
け
ど
・
・
・
 °
  
∧
え
え
 °
そ
う
よ
 °
似
て
る
か
ら
こ
そ
ど
こ
か
気
に
な
っ
て
ひ
か
  
∧
僕
と
彼
女
が
似
て
る
?
∨
  
や
っ
ぱ
り
貴
方
も
恭
子
ち
ゃ
ん
と
似
て
る
ね
っ
 °
  
∧
な
る
ほ
ど
ね
 °
た
し
か
に
悠
人
く
ん
な
ら
そ
う
思
う
わ
よ
ね
 °
  
で
い
る
か
ど
う
か
解
ら
な
い
事
で
す
 °
  
∧
そ
れ
は
・
・
 °
僕
が
彼
女
に
し
た
い
と
思
う
事
を
彼
女
が
望
ん
  
∧
あ
ら
?
ど
ん
な
不
安
か
し
ら
?
∨












   

  
∧
僕
が
彼
女
に
と
っ
て
と
て
も
大
切
な
人
・
・
・
 °
  
∧
と
て
も
大
切
な
人
だ
か
ら
 °
  
悠
人
は
思
わ
ず
聞
き
返
し
た
 °
  
∧
え
?
僕
が
恭
子
ち
ゃ
ん
に
と
っ
て
?
∨
  
ゃ
な
い
わ
よ
 °
だ
っ
て
 
恭
子
ち
ゃ
ん
に
と
っ
て
貴
方
は
・
・
∨
  
∧
あ
ら
 °
そ
ん
な
も
の
よ
 °
別
に
い
い
加
減
で
言
っ
て
る
わ
け
じ
  
て
拍
子
抜
け
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
悠
人
は
一
番
聞
き
た
い
所
を
マ
リ
|
に
は
ぐ
ら
か
さ
れ
た
気
が
し
  
∧
そ
ん
な
・
・
・
 °
  
∧
全
力
で
謝
り
な
さ
い
 °
  
∧
嫌
だ
っ
た
ら
・
・
?
∨
  
だ
っ
た
ら
・
・
 °
  
∧
そ
う
 °
そ
れ
を
恭
子
ち
ゃ
ん
に
・
・
 °
も
し
恭
子
ち
ゃ
ん
が
嫌
  
∧
僕
の
し
た
い
事
・
・
 °
  
い
い
の
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
だ
か
ら
今
は
悠
人
君
の
し
た
い
よ
う
に
し
ち
ゃ
え
ば
  
∧
僕
が
僕
で
い
る
・
・
 °
  
∧
だ
か
ら
貴
方
は
貴
方
で
い
れ
ば
い
い
の
よ
 °
  
∧
そ
ん
な
と
き
は
ど
う
し
た
ら
・
・
?
∨
  
お
互
い
に
相
手
を
思
い
や
る
ば
か
り
に
悲
し
い
事
よ
ね
 °

   

  
∧
ど
れ
く
ら
い
時
間
が
経
っ
て
た
の
で
す
か
?
∨
  
し
ら
?
∨
  
∧
あ
ら
あ
ら
 °
ち
ょ
っ
と
お
姫
様
を
待
た
せ
過
ぎ
ち
ゃ
っ
た
の
か
  
突
き
出
さ
れ
て
る
よ
う
な
感
じ
だ
っ
た
 °
  
心
な
し
か
 
彼
女
の
お
尻
は
さ
っ
き
よ
り
も
彼
の
ほ
う
へ
心
持
ち
  
不
安
げ
に
彼
の
名
前
を
呼
ん
だ
 °
  
も
う
何
回
目
な
の
だ
ろ
う
か
?
恭
子
は
切
な
く
 
そ
し
て
ど
こ
か
  
 
・
・
・
ゆ
う
と
く
ぅ
ん
・
・
?
 
  
ぴ
く
り
と
動
か
し
た
 °
  
の
手
を
揺
さ
ぶ
る
様
に
 
身
体
 
そ
し
て
腰
を
  
彼
女
は
手
前
の
跳
び
箱
の
あ
い
だ
を
持
ち
な
が
ら
 
時
折
 
彼
女
  
わ
ら
ず
恭
子
の
腰
の
あ
た
り
を
つ
か
ん
で
い
た
 °
  
ど
れ
く
ら
い
時
間
が
経
っ
た
の
だ
ろ
う
か
?
悠
人
の
手
は
あ
い
か
  
た
の
だ
っ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
悠
人
の
視
界
は
再
び
恭
子
へ
と
帰
っ
て
き
  
∧
今
の
貴
方
な
ら
大
丈
夫
よ
 °
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
始
め
ま
し
ょ
う
か
?
∨
  
悠
人
は
は
っ
き
り
と
し
た
口
調
で
そ
う
答
え
た
 °
  
∧
解
り
ま
し
た
 °
  
マ
リ
|
は
暖
か
く
微
笑
ん
だ
 °
  
∧
え
え
 °
だ
か
ら
自
信
を
持
っ
て
大
丈
夫
よ
 °

   

  
恭
子
は
急
に
腰
か
ら
下
あ
た
り
を
布
地
が
通
り
 
そ
し
て
ひ
ん
や
  
・
・
 °
 
  
 
え
っ
?
だ
 
だ
め
ぇ
・
・
 °
脱
が
し
ち
ゃ
・
・
・
だ
め
ぇ
ぇ
ぇ
  
を
か
け
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
悠
人
の
手
は
勝
手
に
恭
子
の
体
操
着
に
手
  
と
す
れ
ば
い
い
っ
て
 °
ほ
ら
っ
 °
  
∧
じ
ゃ
 
見
て
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
 °
言
っ
た
で
し
ょ
?
し
た
い
こ
  
∧
・
・
・
・
・
は
い
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
だ
っ
て
 
悠
人
君
 
見
て
み
た
い
で
し
ょ
?
∨
  
∧
え
?
そ
う
な
ん
で
す
か
?
!
∨
  
っ
て
こ
っ
ち
に
つ
き
だ
し
て
る
ん
だ
し
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
だ
っ
て
 
ほ
ら
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
が
せ
っ
か
く
見
て
!
  
∧
え
っ
?
!
お
尻
?
!
∨
  
・
・
 °
も
っ
と
見
て
み
た
く
な
い
?
∨
  
∧
別
に
そ
ん
な
の
い
い
わ
よ
 °
そ
れ
よ
り
 
恭
子
ち
ゃ
ん
の
お
尻
  
∧
あ
 
離
し
た
ほ
う
が
・
・
 °
  
な
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
し
ら
・
・
 °
  
ず
っ
と
後
ろ
に
居
た
ら
 
こ
ん
な
風
に
な
っ
ち
ゃ
う
の
も
し
か
た
  
ぱ
り
腰
を
そ
ん
な
風
に
持
た
れ
た
ま
ま
 
何
も
し
な
い
で
  
∧
う
|
ん
・
・
 °
そ
ん
な
で
も
な
い
は
ず
よ
 °
そ
う
ね
え
 °
や
っ

   

  
ま
あ
 
あ
り
か
な
?
ね
?
悠
人
君
 °
こ
ん
な
し
ま
し
ま
の
  
∧
あ
ら
 °
ブ
ラ
と
お
そ
ろ
い
な
の
ね
 °
色
気
は
な
い
け
ど
・
・
 °
  
入
っ
た
か
わ
い
い
ぱ
ん
つ
が
晒
さ
れ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
覆
う
よ
う
に
 
鮮
や
か
な
青
色
の
ス
ト
ラ
イ
プ
の
  
す
っ
か
り
と
彼
の
目
の
前
に
は
 
彼
女
の
ぷ
り
っ
と
し
た
お
尻
を
  
燃
え
広
が
ろ
う
と
し
は
じ
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
か
し
さ
が
再
び
彼
女
の
中
で
じ
わ
じ
わ
と
  
く
す
ぶ
り
続
け
 
そ
こ
に
新
た
に
彼
に
お
尻
を
晒
す
と
い
う
恥
ず
  
れ
で
も
彼
女
の
火
種
は
消
え
る
事
な
く
  
そ
し
て
羞
恥
と
い
う
余
裕
を
心
に
取
り
戻
し
つ
つ
あ
っ
た
が
 
  
よ
り
も
 
少
し
落
ち
着
き
を
取
り
戻
し
て
い
た
 °
  
彼
女
は
さ
き
ほ
ど
ま
で
の
激
し
く
欲
望
に
身
を
ま
か
せ
て
い
た
時
  
 
い
や
あ
ぁ
 °
お
し
り
・
・
・
み
な
い
で
ぇ
・
・
 °
 
  
す
と
ん
っ
と
彼
女
の
脚
か
ら
落
ち
て
し
ま
っ
た
 °
  
彼
女
の
腰
を
通
過
し
 
ふ
と
も
も
を
す
り
ぬ
け
る
と
 
  
そ
ん
な
彼
女
の
制
止
も
む
な
し
く
 
彼
女
の
体
操
着
は
す
る
っ
と
  
し
ま
う
事
に
恥
ず
か
し
さ
を
感
じ
た
 °
  
悠
人
の
前
に
ぱ
ん
つ
を
さ
ら
け
出
し
て
  
見
え
て
は
い
な
か
っ
た
が
 
自
分
が
今
体
操
着
を
脱
が
さ
れ
て
 
  
り
と
し
た
空
気
を
感
じ
る
事
で
 













   

  
∧
・
・
・
え
っ
と
 °
  
∧
そ
ん
な
の
恭
子
ち
ゃ
ん
に
聞
き
な
さ
い
 °
  
∧
・
・
・
触
っ
て
も
?
∨
  
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
に
触
っ
て
み
た
い
と
思
わ
せ
る
ほ
ど
の
魅
力
を
見
せ
つ
け
て
い
  
同
じ
様
に
ぷ
り
っ
と
し
た
肉
質
感
を
彼
に
誇
示
し
 
  
も
し
れ
な
い
と
思
っ
た
 °
そ
し
て
お
し
り
も
ま
た
 
お
っ
ぱ
い
と
  
た
彼
女
の
乳
房
ほ
ど
で
は
な
い
に
し
ろ
 
大
き
く
な
っ
て
る
の
か
  
よ
っ
て
い
る
の
で
 
マ
リ
|
の
言
う
通
り
 
彼
女
の
お
し
り
も
ま
  
に
ぱ
ん
つ
が
下
の
ほ
う
へ
と
ず
れ
て
い
て
 
そ
し
て
真
ん
中
へ
と
  
伸
ば
さ
れ
て
 
た
ぶ
ん
彼
は
見
た
わ
け
で
は
な
い
が
 
必
要
以
上
  
し
ま
し
ま
の
ぱ
ん
つ
は
少
し
縞
模
様
が
横
に
  
悠
人
は
彼
女
の
お
し
り
を
見
た
 °
た
し
か
に
 
彼
女
の
か
わ
い
い
  
く
な
っ
ち
ゃ
っ
て
る
か
な
?
∨
  
な
っ
ち
ゃ
っ
た
か
ら
 
お
し
り
と
か
脚
も
ち
ょ
っ
と
だ
け
お
っ
き
  
し
り
 °
ど
う
か
し
ら
?
う
|
ん
 °
ち
ょ
っ
と
お
っ
ぱ
い
お
っ
き
く
  
∧
ま
あ
 
嫌
い
じ
ゃ
な
さ
そ
う
ね
 °
じ
ゃ
あ
 
恭
子
ち
ゃ
ん
の
お
  
悠
人
は
な
ん
と
な
く
答
え
た
く
な
い
気
分
だ
っ
た
 °
  
∧
・
・
・
・
・
∨
  
ぱ
ん
つ
っ
て
好
き
か
し
ら
?
∨














   

  
彼
の
手
は
な
だ
か
ら
な
丘
を
登
る
と
 
今
度
は
真
ん
中
の
ほ
う
へ
  
真
ん
中
・
・
 °
そ
こ
を
指
で
な
ぞ
っ
て
・
・
 °
い
い
わ
 °
  
∧
そ
う
よ
・
・
 °
そ
の
ま
ま
優
し
く
・
・
・
 °
そ
う
 
そ
の
ま
ま
 
  
逃
れ
る
事
は
し
な
か
っ
た
 °
  
右
へ
と
振
っ
た
が
 
そ
れ
で
も
彼
の
手
か
ら
  
撫
で
あ
げ
た
 °
恭
子
は
悠
人
の
手
を
邪
魔
す
る
様
に
お
し
り
を
左
  
そ
わ
せ
る
よ
う
に
ゆ
っ
く
り
と
下
か
ら
上
へ
と
  
悠
人
の
手
は
そ
の
ま
ま
ふ
と
も
も
か
ら
お
し
り
の
カ
|
ブ
に
手
を
  
も
っ
と
お
し
り
の
上
の
ほ
う
に
い
っ
ち
ゃ
っ
て
 °
  
∧
あ
ら
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
 °
あ
い
か
わ
ら
ず
敏
感
ね
 °
そ
れ
じ
ゃ
 
  
反
応
さ
せ
る
と
 
お
し
り
を
く
ね
ら
せ
た
 °
  
悠
人
の
手
に
触
れ
た
感
覚
に
恭
子
は
身
体
を
び
く
っ
と
す
る
ど
く
  
い
で
・
・
・
っ
 °
 
  
 
や
あ
ぁ
ぁ
ん
っ
・
・
・
 °
悠
人
く
ん
・
・
 °
お
し
り
 
触
ら
な
  
ふ
と
も
も
に
近
い
と
こ
ろ
を
触
り
始
め
た
 °
  
彼
は
そ
の
ま
ま
彼
女
の
お
し
り
と
い
う
よ
り
ど
ち
ら
か
と
言
え
ば
  
と
下
ろ
さ
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
マ
リ
|
が
そ
う
言
う
と
 
彼
の
手
は
恭
子
の
お
し
り
へ
と
ぺ
た
っ
  
さ
い
っ
て
事
よ
 °
  
∧
聞
こ
え
る
訳
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
口
じ
ゃ
な
く
て
身
体
で
聞
き
な

   

  
手
の
動
き
か
ら
逃
れ
る
よ
う
に
 
左
右
へ
と
お
し
り
を
動
か
す
の
  
さ
ら
な
る
恥
ず
か
し
さ
を
感
じ
た
 °
  
自
分
の
お
し
り
を
揉
ま
れ
る
と
い
う
初
め
て
の
体
験
に
 
彼
女
は
  
ぇ
ぇ
ぇ
・
・
・
 °
 
  
 
や
ぁ
ぁ
ん
っ
・
・
 °
お
し
り
・
・
・
揉
ん
じ
ゃ
・
・
だ
め
え
ぇ
  
み
始
め
た
 °
  
悠
人
は
今
度
は
彼
女
の
お
し
り
を
手
全
体
で
覆
う
と
 
優
し
く
揉
  
∧
そ
う
よ
 °
始
め
は
優
し
く
・
・
 °
  
∧
お
し
り
を
も
む
・
・
?
∨
  
り
を
揉
ん
じ
ゃ
て
 °
  
∧
う
|
ん
 °
そ
れ
く
ら
い
に
し
と
き
ま
し
ょ
う
か
 °
今
度
は
お
し
  
上
へ
上
へ
と
登
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
く
ぞ
く
っ
と
し
た
感
覚
は
  
そ
し
て
彼
の
指
が
下
へ
下
へ
と
降
り
て
い
く
ご
と
に
 
彼
女
の
ぞ
  
た
過
敏
に
反
応
し
た
 °
  
悠
人
の
指
が
彼
女
の
く
ぼ
み
を
軽
く
押
し
た
だ
け
で
 
彼
女
は
ま
  
・
 °
 
  
 
あ
う
っ
!
そ
ん
な
と
こ
 
さ
わ
ち
ゃ
 
ぁ
ぁ
・
・
だ
め
っ
・
・
  
く
ぼ
み
を
中
指
で
下
へ
と
な
ぞ
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
と
進
ん
だ
 °
そ
し
て
彼
女
の
真
ん
中
の











   

  
∧
そ
う
・
・
 °
そ
の
ま
ま
円
を
か
く
よ
う
に
・
・
 °
こ
ん
ど
は
強
  
た
 °
  
快
楽
を
求
め
る
身
体
に
再
び
火
が
入
り
始
め
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
  
た
 °
そ
し
て
 
彼
女
の
く
す
ぶ
っ
て
い
た
  
よ
り
彼
女
の
感
覚
を
お
し
り
の
ほ
う
へ
と
集
中
さ
せ
る
事
に
な
っ
  
も
あ
り
 
そ
し
て
そ
の
事
が
  
自
分
が
何
を
さ
れ
て
い
る
の
か
解
ら
な
く
 
そ
れ
が
は
ず
か
し
く
  
な
っ
て
い
た
 °
見
え
な
い
か
ら
こ
そ
 
  
恭
子
は
次
第
に
強
く
揉
ま
れ
る
お
し
り
か
ら
快
感
を
感
じ
る
様
に
  
だ
め
ぇ
ぇ
・
・
・
 °
き
も
ち
・
・
い
い
よ
ぉ
・
・
・
 °
 
  
 
や
あ
あ
ん
っ
・
・
 °
お
し
り
ぃ
・
・
・
 °
そ
ん
な
の
・
・
・
・
 °
  
形
を
変
え
て
い
っ
た
 °
  
込
め
ら
れ
た
力
が
彼
女
の
尻
肉
の
  
彼
は
次
第
に
力
を
い
れ
て
彼
女
の
お
し
り
を
揉
ん
だ
 °
彼
の
指
に
  
横
に
も
・
・
 °
う
ん
 °
そ
う
よ
 °
上
手
ね
・
・
 °
  
い
く
の
・
・
 °
そ
う
・
・
 °
上
と
下
だ
け
じ
ゃ
な
く
っ
て
  
∧
そ
う
よ
・
・
 °
い
い
わ
よ
 °
そ
し
た
ら
だ
ん
だ
ん
強
く
揉
ん
で
  
の
だ
っ
た
 °
  
よ
り
自
分
の
お
し
り
を
も
ま
せ
る
様
な
格
好
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
  
だ
が
 
逆
に
そ
れ
が
彼
に
















   

  
∧
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
次
へ
行
き
ま
し
ょ
う
か
 °
じ
ゃ
あ
 
ま
ず
恭
子
  
揉
み
続
け
て
い
た
が
 
や
が
て
そ
の
手
を
止
め
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
に
言
わ
れ
て
か
ら
し
ば
ら
く
は
恭
子
の
お
し
り
を
  
の
く
ら
い
に
し
て
お
き
ま
し
ょ
 °
  
備
で
き
て
る
み
た
い
だ
し
・
・
 °
じ
ゃ
あ
 
お
し
り
揉
む
の
は
こ
  
∧
こ
れ
以
上
は
限
界
か
し
ら
?
恭
子
ち
ゃ
ん
も
も
う
す
っ
か
り
準
  
震
え
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
さ
を
増
す
ほ
ど
 
彼
女
の
脚
と
腕
は
ぶ
る
ぶ
る
と
  
お
し
り
を
上
下
左
右
へ
と
振
っ
た
の
だ
っ
た
 °
そ
の
動
き
が
激
し
  
き
に
あ
わ
せ
る
様
に
 
身
体
を
そ
し
て
  
彼
女
は
お
し
り
を
彼
の
ほ
う
へ
突
き
出
し
 
次
第
に
彼
の
手
の
動
  
ぉ
ぉ
・
・
 °
 
  
 
は
う
ぅ
ぅ
ん
・
・
 °
お
し
り
ぃ
・
・
 °
き
も
ち
ぃ
・
い
い
よ
ぉ
  
み
上
げ
た
 °
  
彼
は
彼
女
の
乳
房
を
揉
ん
だ
時
の
感
覚
で
 
彼
女
の
お
し
り
を
揉
  
と
り
あ
え
ず
同
じ
っ
て
思
え
ば
い
い
の
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
男
の
子
っ
て
ま
ぁ
る
い
も
の
好
き
で
し
ょ
 °
だ
か
ら
 
  
∧
お
っ
ぱ
い
と
・
・
お
な
じ
・
・
 °
  
い
わ
よ
・
・
・
 °
  
く
持
ち
上
げ
る
・
・
 °
今
は
お
っ
ぱ
い
を
揉
ん
だ
時
と
同
じ
で
い

   

  
初
に
お
っ
ぱ
い
じ
ゃ
な
く
っ
て
恭
子
ち
ゃ
ん
お
し
り
を
揉
ん
だ
の
  
∧
大
丈
夫
よ
 °
お
姉
さ
ん
 
ち
ゃ
ん
と
解
っ
て
る
ん
だ
か
ら
 °
  
悠
人
は
何
も
答
え
る
事
が
で
き
な
か
っ
た
 °
  
∧
・
・
・
・
・
・
∨
  
か
ら
 °
・
・
で
も
 
本
当
は
お
っ
ぱ
い
揉
み
た
い
ん
で
し
ょ
?
∨
  
∧
あ
ら
?
ま
だ
恥
ず
か
し
が
る
の
ね
 °
ふ
ふ
っ
 °
か
わ
い
い
ん
だ
  
∧
!
!
そ
 
そ
ん
な
っ
・
・
!
∨
  
マ
リ
|
は
妖
し
く
そ
し
て
彼
の
心
に
染
み
い
る
様
に
さ
さ
や
い
た
 °
  
っ
ご
く
揉
み
ま
く
り
た
い
ん
で
し
ょ
?
∨
  
∧
そ
う
よ
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
の
 
お
っ
き
な
お
っ
ぱ
い
・
・
・
 °
  
悠
人
は
息
を
の
ん
だ
 °
  
∧
僕
の
・
・
し
た
い
事
・
・
 °
  
し
た
い
事
 °
  
∧
あ
ら
?
そ
ん
な
の
決
ま
っ
て
る
じ
ゃ
な
い
 °
貴
方
の
今
 
一
番
  
∧
今
度
は
 
何
を
す
る
の
で
す
か
?
∨
  
く
っ
と
痙
攣
を
し
て
い
た
 °
  
恭
子
の
身
体
は
ま
だ
そ
の
余
韻
が
残
っ
て
る
か
の
様
に
 
び
く
び
  
う
っ
と
身
体
を
起
こ
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
言
わ
れ
る
ま
ま
に
 
勝
手
に
手
を
離
す
と
 
  
ち
ゃ
ん
か
ら
手
を
離
し
て
 
立
っ
て
ね
 °

   

  
姉
さ
ん
に
脱
が
せ
て
も
ら
い
た
い
の
か
な
?
∨
  
∧
そ
う
よ
・
・
 °
あ
 
ひ
ょ
っ
と
し
て
 
自
分
で
脱
ぐ
よ
り
 
  
∧
上
着
を
脱
ぐ
の
で
す
か
?
∨
  
い
じ
ゃ
っ
て
 °
  
や
め
と
き
ま
し
ょ
う
 °
と
り
あ
え
ず
 
そ
の
邪
魔
な
上
着
だ
け
脱
  
ん
 °
や
っ
ぱ
り
 
歯
止
め
が
き
か
な
く
な
る
の
怖
い
か
ら
今
日
は
  
∧
う
|
|
ん
 °
そ
う
ね
え
・
・
・
 °
ズ
ボ
ン
は
・
・
・
 °
う
|
|
  
∧
え
っ
?
∨
  
て
る
の
に
 
貴
方
 
服
着
て
る
じ
ゃ
な
い
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
彼
女
が
せ
っ
か
く
ぱ
ん
つ
一
枚
だ
け
に
な
っ
て
く
れ
  
∧
え
?
僕
の
格
好
で
す
か
?
∨
  
じ
ゃ
 °
彼
女
に
失
礼
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
で
も
 
そ
の
前
に
・
・
・
 °
だ
め
よ
 °
そ
ん
な
格
好
  
∧
も
っ
と
彼
女
に
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
も
ら
う
為
・
・
・
?
∨
  
為
よ
 °
  
き
に
恭
子
ち
ゃ
ん
に
も
っ
と
も
っ
と
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
も
ら
う
  
∧
そ
う
よ
 °
お
し
り
を
先
に
揉
ん
だ
の
は
 
お
っ
ぱ
い
を
揉
む
と
  
∧
・
・
お
し
り
は
・
・
ぜ
ん
ざ
・
・
?
∨
  
本
当
に
し
た
い
事
は
こ
こ
か
ら
で
し
ょ
?
∨
  
も
ね
 
そ
の
為
な
の
よ
 °
お
し
り
は
あ
く
ま
で
も
前
座
 °
貴
方
の

   

  
な
く
呼
び
 
そ
し
て
身
体
を
よ
じ
っ
た
 °
  
彼
女
は
彼
の
視
線
を
ま
る
で
感
じ
た
か
の
様
に
 
彼
の
名
前
を
切
  
 
・
・
・
ゆ
う
と
く
ぅ
ん
っ
・
・
・
 
  
彼
に
示
し
た
 °
  
大
き
な
乳
房
が
彼
女
の
下
へ
と
重
く
ぶ
ら
下
が
り
 
そ
の
重
量
を
  
華
奢
な
身
体
か
ら
は
思
い
も
付
か
な
い
ほ
ど
の
  
マ
リ
|
に
言
わ
れ
て
彼
は
改
め
て
目
の
前
の
裸
の
彼
女
を
見
た
 °
  
か
し
ら
?
∨
  
∧
ど
う
?
裸
に
な
っ
て
恭
子
ち
ゃ
ん
を
よ
り
近
く
に
感
じ
ら
れ
た
  
ま
す
彼
か
ら
熱
を
う
ば
っ
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
れ
ま
で
か
い
て
い
た
汗
が
す
う
っ
と
ひ
く
こ
と
で
ま
す
  
室
の
独
特
の
冷
や
や
か
さ
に
晒
さ
れ
た
 °
  
急
に
上
着
を
脱
ぎ
 
上
半
身
裸
に
な
る
事
で
 
悠
人
の
肌
は
用
具
  
の
だ
っ
た
 °
  
そ
う
マ
リ
|
が
言
う
と
 
悠
人
は
勝
手
に
服
を
脱
い
で
し
ま
っ
た
  
ね
 °
  
∧
で
も
 
面
倒
だ
か
ら
・
・
・
 °
悠
人
君
 °
上
着
脱
い
じ
ゃ
っ
て
  
∧
・
・
・
・
・
・
?
!
∨
  
∧
あ
ら
 °
冗
談
だ
っ
た
の
に
 °
  
∧
ち
 
ち
が
い
ま
す
!
そ
う
い
う
こ
と
・
・
?
∨







   

  
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
 
背
中
に
当
た
る
息
づ
か
い
が
 
彼
女
に
彼
を
見
さ
せ
た
  
押
し
当
て
ら
れ
た
感
覚
に
背
筋
を
伸
ば
し
た
 °
  
彼
女
は
最
初
は
脚
か
ら
そ
し
て
お
尻
へ
と
登
り
 
そ
し
て
背
中
に
  
 
は
ぁ
う
っ
!
 
  
ぴ
た
っ
と
押
し
当
て
た
の
だ
っ
た
 °
  
し
 
彼
は
自
分
の
胸
を
彼
女
の
背
中
へ
と
  
う
に
 
そ
し
て
彼
女
の
お
し
り
を
自
分
の
下
腹
部
で
支
え
る
様
に
  
に
身
体
を
落
と
し
 
そ
し
て
自
分
の
脚
を
彼
女
へ
と
あ
て
が
う
よ
  
悠
人
は
優
し
く
そ
し
て
ゆ
っ
く
り
と
彼
女
へ
と
覆
い
被
さ
る
よ
う
  
後
ろ
か
ら
彼
女
を
抱
き
し
め
る
様
に
・
・
・
 °
  
彼
女
の
背
中
と
貴
方
の
胸
を
合
わ
せ
る
よ
う
に
・
・
・
 °
そ
し
て
 
  
あ
げ
る
よ
う
に
・
・
・
 °
そ
う
・
・
 °
そ
し
て
そ
の
ま
ま
・
・
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
そ
の
ま
ま
・
・
 °
彼
女
の
脚
を
そ
っ
と
脚
で
支
え
て
  
∧
後
ろ
か
ら
・
・
 °
  
悠
人
は
再
び
ゆ
っ
く
り
と
彼
女
へ
と
近
づ
い
て
い
っ
た
 °
  
抱
き
し
め
て
あ
げ
て
 °
  
∧
さ
あ
 °
彼
女
が
お
待
ち
か
ね
よ
 °
後
ろ
か
ら
彼
女
を
い
っ
ぱ
い
  
と
前
後
に
揺
れ
 
彼
を
誘
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
女
の
大
き
な
乳
房
は
身
体
に
合
わ
せ
る
様
に
ぶ
る
ん
っ

   

  
彼
の
手
は
さ
ら
に
彼
女
の
乳
房
を
揉
ん
だ
 °
だ
が
 
あ
ま
り
に
も
  
心
は
自
分
の
今
一
番
し
て
欲
し
い
事
を
吐
露
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
く
叶
っ
た
事
に
彼
女
の
身
体
は
歓
喜
の
声
を
あ
げ
 
  
い
つ
ま
で
も
満
た
さ
れ
る
事
は
な
か
っ
た
 °
そ
れ
が
今
 
よ
う
や
  
愛
し
い
人
の
存
在
は
無
く
 
そ
の
想
い
だ
け
は
  
彼
女
の
身
体
は
欲
望
だ
け
が
目
を
覚
ま
し
 
そ
の
時
に
は
肝
心
の
  
た
 °
  
恭
子
の
身
体
は
そ
の
時
を
待
ち
望
ん
で
い
た
様
に
過
敏
に
反
応
し
  
・
 °
も
ま
れ
て
る
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
 °
 
  
 
は
う
う
ぅ
ぅ
・
・
・
 °
ゆ
う
と
く
ん
に
・
・
・
お
っ
ぱ
い
・
・
  
揉
み
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
っ
て
し
て
も
あ
ま
り
に
も
巨
大
な
そ
の
ふ
ち
を
  
彼
の
手
は
彼
女
の
大
き
な
乳
房
に
た
ど
り
着
く
と
 
彼
の
手
を
も
  
彼
女
は
彼
の
手
を
敏
感
に
感
じ
取
っ
た
 °
  
彼
女
自
身
が
そ
う
し
て
欲
し
か
っ
た
の
様
に
 
  
ま
る
で
彼
の
手
が
そ
こ
に
来
る
事
を
予
知
し
て
い
た
と
い
う
よ
り
 
  
 
あ
う
っ
!
お
っ
ぱ
い
・
・
・
 °
 
  
し
ま
っ
た
彼
女
の
大
き
な
乳
房
に
手
を
伸
ば
し
た
 °
  
を
触
れ
合
わ
せ
る
と
 
彼
の
心
を
こ
こ
ま
で
狂
わ
せ
て
  
悠
人
は
そ
の
ま
ま
さ
ら
に
彼
女
の
背
中
と
よ
り
多
く
自
分
の
身
体

   

  
ド
バ
イ
ス
を
し
た
 °
そ
し
て
彼
は
そ
の
通
り
に
 
彼
の
身
体
を
彼
  
マ
リ
|
は
恭
子
の
お
お
き
な
お
っ
ぱ
い
に
苦
戦
し
て
る
悠
人
に
ア
  
ゃ
な
い
 °
  
ら
 
ほ
ら
 °
も
っ
と
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
を
揉
ん
で
あ
げ
ら
れ
る
じ
  
せ
な
さ
い
 °
も
う
 
彼
女
を
離
さ
な
い
く
ら
い
に
・
・
 °
そ
し
た
  
に
・
・
 °
そ
う
 °
そ
し
て
彼
女
の
背
中
を
も
っ
と
自
分
に
引
き
よ
  
け
な
さ
い
 °
も
っ
と
 
下
半
身
が
彼
女
の
お
尻
に
埋
ま
る
く
ら
い
  
∧
遠
慮
し
な
い
で
 °
も
っ
と
ぎ
ゅ
う
っ
と
彼
女
に
身
体
を
く
っ
つ
  
上
っ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
背
中
へ
と
あ
た
り
 
そ
れ
が
鋭
利
な
刺
激
と
な
っ
て
彼
女
を
駆
け
  
な
乳
房
を
揉
も
う
と
す
る
度
に
 
彼
の
息
が
彼
女
の
  
乳
房
か
ら
そ
し
て
頭
へ
と
流
れ
込
み
 
そ
し
て
彼
が
必
死
に
大
き
  
押
し
込
む
度
に
 
気
持
ち
の
い
い
感
覚
が
  
そ
れ
で
も
彼
女
は
よ
り
深
く
感
じ
た
 °
彼
の
手
が
自
分
の
乳
房
を
  
・
も
ん
で
っ
・
・
・
 °
 
  
も
っ
と
・
・
 °
わ
た
し
の
・
・
お
っ
き
な
・
・
お
っ
ぱ
い
ん
っ
・
  
 
あ
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
・
 °
ゆ
う
と
く
ぅ
ぅ
ん
っ
 °
も
っ
と
・
・
  
た
 °
  
揉
み
回
す
事
は
で
き
ず
に
 
彼
の
手
は
同
じ
様
な
所
を
揉
み
続
け
  
肥
大
化
し
て
し
ま
っ
た
彼
女
の
乳
房
を
前
の
様
に







   

  
よ
う
な
エ
ク
ス
タ
シ
|
を
彼
女
へ
と
与
え
た
 °
  
頭
が
同
時
に
揺
ら
さ
せ
る
事
で
 
考
え
が
す
べ
て
消
え
て
し
ま
う
  
は
す
べ
て
胸
へ
と
集
め
ら
れ
た
 °
そ
し
て
乳
房
と
  
度
に
 
乳
房
の
先
か
ら
全
体
へ
と
快
感
が
広
が
り
 
彼
女
の
感
覚
  
さ
え
重
い
乳
房
を
前
後
に
ぶ
る
ん
っ
ぶ
る
ん
っ
と
揺
さ
ぶ
ら
れ
る
  
ぎ
ゅ
っ
と
抱
き
し
め
ら
れ
た
ま
ま
身
体
ご
と
揺
す
ら
れ
 
た
だ
で
  
動
か
さ
れ
 
そ
し
て
彼
の
身
体
に
自
分
の
身
体
を
  
恭
子
は
彼
の
腰
が
激
し
く
打
ち
付
け
ら
れ
る
事
で
 
自
分
の
腰
も
  
っ
 
揺
れ
る
の
ぉ
 
気
持
ち
い
い
よ
ぉ
ぉ
!
 
  
 
は
う
う
う
ん
っ
!
ゆ
う
と
く
ぅ
ん
っ
 °
お
っ
ぱ
い
が
・
・
あ
ん
  
を
使
い
 
恭
子
の
身
体
を
揺
ら
し
始
め
た
 °
  
さ
ら
に
マ
リ
|
か
ら
ア
ド
バ
イ
ス
を
受
け
て
 
悠
人
は
自
分
の
体
  
女
を
前
後
に
揺
す
り
な
さ
い
 °
  
∧
い
い
わ
よ
 °
そ
う
し
た
ら
 
今
度
は
身
体
全
体
を
使
っ
て
 
  
彼
女
は
彼
の
激
し
さ
を
歓
迎
し
た
 °
  
 
あ
う
ぅ
ん
っ
 °
お
っ
ぱ
い
 °
き
も
ち
い
い
よ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
 
  
す
事
さ
え
も
で
き
る
よ
う
に
な
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
覆
う
事
が
で
き
 
彼
の
手
は
さ
ら
に
彼
女
の
巨
大
な
乳
房
を
揺
ら
  
そ
う
す
る
事
で
彼
の
手
は
よ
り
広
く
彼
女
の
乳
房
を
  
女
へ
と
隙
間
な
く
ぴ
っ
た
り
重
ね
合
わ
せ
る
様
に
抱
き
寄
せ
た
 °

   

  
続
と
は
何
か
違
う
別
の
も
の
を
産
み
だ
し
 
そ
れ
が
じ
ょ
じ
ょ
に
  
た
 °
そ
し
て
そ
れ
は
 
そ
れ
ま
で
の
た
だ
気
持
ち
い
い
も
の
の
連
  
恭
子
は
そ
れ
ま
で
の
リ
ズ
ム
と
変
わ
っ
た
新
た
な
刺
激
に
襲
わ
れ
  
・
・
・
 °
 
  
 
ゆ
う
と
く
ぅ
ぅ
ん
っ
・
・
・
 °
お
っ
ぱ
い
・
・
・
 °
ん
ん
っ
!
  
下
へ
と
揉
み
始
め
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
言
わ
れ
る
様
に
恭
子
の
大
き
な
乳
房
を
上
か
ら
  
ま
た
上
に
戻
っ
て
そ
れ
を
繰
り
返
す
の
よ
 °
  
ぱ
い
の
先
の
ほ
う
へ
揉
み
な
さ
い
 °
先
の
ほ
う
ま
で
行
っ
た
ら
  
∧
そ
う
 °
い
い
わ
よ
 °
そ
し
た
ら
 
そ
こ
か
ら
手
を
使
っ
て
お
っ
  
へ
と
動
か
し
た
 °
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
言
葉
通
り
に
手
を
恭
子
の
乳
房
の
根
元
の
ほ
う
  
ぱ
い
の
上
の
ほ
う
に
も
っ
て
き
な
さ
い
 °
  
カ
せ
ち
ゃ
う
か
ら
 °
悠
人
君
 
聞
い
て
 °
そ
の
手
を
彼
女
の
お
っ
  
∧
そ
ろ
そ
ろ
 
ど
っ
ち
も
限
界
ね
 °
じ
ゃ
あ
 
恭
子
ち
ゃ
ん
を
イ
  
考
え
る
事
も
で
き
な
い
ほ
ど
に
彼
は
身
体
を
揺
す
っ
た
 °
  
ま
に
 
彼
女
の
大
き
な
乳
房
を
揉
み
 
そ
し
て
  
彼
は
ま
た
彼
女
の
虜
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
思
う
が
ま
  
わ
れ
る
が
ま
ま
に
し
 
彼
女
に
激
し
く
触
れ
合
う
事
で
 
  
悠
人
も
ま
た
 
何
も
考
え
る
事
が
で
き
な
か
っ
た
 °
マ
リ
|
の
言

   

  
い
た
も
の
が
ま
た
ひ
と
ま
わ
り
膨
乳
す
る
事
で
解
放
さ
せ
る
快
感
  
た
さ
れ
な
い
感
覚
 
そ
し
て
そ
れ
ま
で
押
さ
え
つ
け
ら
れ
て
  
多
い
被
さ
ら
れ
て
る
の
で
 
彼
女
は
首
を
持
ち
上
げ
て
 
そ
の
満
  
弓
な
り
に
し
よ
う
と
し
た
 
だ
が
 
彼
に
し
っ
か
り
と
上
か
ら
  
恭
子
は
ま
る
で
悠
人
を
ふ
り
ほ
ど
こ
う
と
す
る
よ
う
に
 
身
体
を
  
お
・
・
・
・
 °
は
あ
ぅ
ぅ
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ん
ん
ん
ん
ん
っ
!
!
!
 
  
・
・
お
っ
き
く
う
ぅ
ぅ
ん
!
・
・
・
な
っ
ち
ゃ
う
ぅ
ぅ
よ
お
ぉ
ぉ
  
し
の
・
・
・
・
く
う
う
う
う
ぅ
ぅ
!
・
・
お
っ
ぱ
い
が
ぁ
ぁ
・
・
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
う
う
う
う
ぅ
ぅ
・
・
・
・
 °
ま
た
・
・
・
わ
た
  
め
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
さ
ら
に
そ
の
巨
大
な
場
所
さ
え
も
満
足
す
る
事
な
く
 
出
口
を
求
  
そ
れ
は
彼
女
の
乳
房
の
中
で
う
ず
ま
き
は
じ
め
る
と
 
  
彼
女
の
心
に
複
雑
な
も
の
を
与
え
始
め
た
の
だ
っ
た
 °
そ
し
て
 
  
別
に
わ
き
出
し
て
き
た
り
と
  
め
た
 °
そ
れ
が
快
楽
へ
と
変
わ
っ
て
消
え
る
か
と
思
え
ば
 
ま
た
  
え
る
と
と
も
に
 
満
た
さ
れ
る
事
の
無
い
も
の
を
彼
女
に
与
え
始
  
彼
女
の
乳
房
に
生
ま
れ
た
も
の
は
ど
ん
ど
ん
と
彼
女
に
快
楽
を
与
  
お
っ
ぱ
い
ぃ
ぃ
・
・
 °
 
  
 
は
う
う
う
ん
ん
っ
!
悠
人
く
ぅ
ぅ
ぅ
ん
っ
 °
お
っ
ぱ
い
が
っ
 °
  
彼
女
の
大
き
な
乳
房
へ
と
ひ
ろ
が
り
つ
つ
あ
っ
た
 °






   

  
恭
子
の
乳
房
は
そ
の
苦
し
み
に
耐
え
か
ね
て
 
一
回
り
肥
大
化
し
  
ゅ
う
う
う
っ
て
・
・
・
く
る
し
い
の
お
お
ぉ
ぉ
・
・
 °
 
  
 
お
っ
ぱ
い
お
っ
き
い
け
ど
・
・
・
ん
ん
ん
ん
ん
っ
!
!
・
・
ぎ
  
爪
で
刺
激
し
た
 °
  
ぞ
る
よ
う
に
す
べ
ら
せ
て
 
そ
し
て
今
度
は
そ
こ
を
  
感
覚
が
指
へ
と
伝
わ
っ
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
彼
の
指
は
そ
こ
を
な
  
と
そ
れ
ま
で
の
乳
房
か
ら
受
け
る
も
の
と
は
違
っ
た
  
悠
人
は
マ
リ
|
の
言
う
と
お
り
に
彼
女
の
乳
房
を
探
っ
た
 °
す
る
  
ひ
っ
か
き
な
さ
い
 °
あ
 
力
を
い
れ
ち
ゃ
だ
め
よ
 °
  
・
・
・
 °
え
え
 °
そ
う
よ
 °
今
度
は
も
っ
と
 
爪
を
少
し
た
て
て
  
∧
そ
う
 °
そ
れ
よ
 °
そ
し
た
ら
 
そ
こ
を
指
で
な
ぞ
り
な
さ
い
 °
  
∧
こ
れ
・
・
?
∨
  
さ
い
 °
そ
し
た
ら
 
指
に
何
か
当
た
る
は
ず
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 °
腕
を
伸
ば
し
て
お
っ
ぱ
い
の
先
の
ほ
う
へ
に
行
き
な
  
∧
ニ
ュ
ウ
・
・
リ
ン
・
・
?
∨
  
女
の
乳
輪
を
探
し
な
さ
い
 °
  
も
イ
カ
せ
ち
ゃ
う
わ
よ
 °
が
ん
ば
っ
て
!
ま
ず
腕
を
伸
ば
し
て
彼
  
悠
人
君
 
も
う
ぐ
ず
ぐ
ず
し
て
た
れ
な
い
わ
 °
彼
女
を
す
ぐ
に
で
  
∧
ち
ょ
っ
と
 
ま
だ
膨
乳
す
る
の
?
!
ち
ょ
っ
と
ま
ず
い
わ
ね
 °
  
に
 
彼
女
は
頭
を
振
っ
た
 °















   

  
乳
首
を
指
で
つ
ま
ん
で
!
∨
  
∧
悠
人
君
 
今
よ
 °
恭
子
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
の
先
っ
ぽ
に
あ
る
  
刺
激
に
小
刻
み
に
揺
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
女
の
乳
首
は
そ
の
二
つ
の
大
き
な
  
乳
房
が
乳
首
へ
と
集
ま
っ
て
し
ま
う
よ
う
な
苦
し
み
を
感
じ
た
 °
  
そ
れ
と
共
に
 
彼
女
の
ぱ
ん
ぱ
ん
に
膨
ら
ん
だ
  
彼
女
は
乳
首
が
む
く
む
く
っ
と
隆
起
す
る
事
で
感
じ
る
快
感
と
 
  
ぅ
ん
っ
・
・
・
・
・
 °
 
  
 
あ
う
う
ん
ん
ん
っ
・
・
・
 °
ち
く
び
が
・
・
・
 °
お
っ
き
く
ぅ
  
彼
女
の
乳
首
は
そ
の
首
を
持
ち
上
げ
た
の
だ
っ
た
 °
  
第
に
そ
の
中
心
 
す
な
わ
ち
 
  
彼
女
へ
と
与
え
た
 °
そ
し
て
彼
が
乳
輪
を
爪
で
刺
激
す
る
と
 
  
ま
た
違
っ
た
じ
わ
じ
わ
っ
と
し
た
快
感
を
  
彼
の
指
が
彼
女
の
乳
輪
を
こ
す
る
事
で
 
彼
女
に
そ
れ
ま
で
と
は
  
っ
て
す
る
の
ぉ
ぉ
・
・
・
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
う
う
う
っ
!
!
そ
こ
お
ぉ
ぉ
ぉ
!
じ
ん
っ
じ
ん
っ
  
そ
し
て
彼
は
ま
た
彼
女
に
違
っ
た
感
覚
を
も
た
ら
せ
た
 °
  
す
様
に
そ
の
出
口
を
求
め
た
 °
  
だ
け
ど
 
彼
女
の
苦
し
み
は
そ
れ
で
消
え
る
事
な
く
 
さ
ら
に
増
  
て
し
ま
っ
た
 °




















   

  
む
し
ろ
そ
っ
と
転
が
し
た
程
度
で
あ
っ
た
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
  
彼
女
の
乳
首
を
ね
じ
っ
た
わ
け
で
は
な
く
 
  
彼
女
は
ひ
と
き
わ
大
き
く
悶
え
た
 °
彼
の
指
が
そ
ん
な
に
力
強
く
  
な
の
お
お
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
・
・
お
ぉ
!
!
 
  
 
ひ
ぐ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
っ
!
!
だ
め
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
乳
首
ぃ
 
だ
め
  
し
始
め
た
 °
  
彼
の
指
は
彼
女
の
乳
首
を
二
本
の
指
を
す
り
あ
わ
せ
る
事
で
転
が
  
∧
そ
う
!
そ
れ
よ
 °
指
で
挟
ん
だ
ら
そ
の
ま
ま
で
転
が
す
の
よ
 °
  
彼
を
振
り
落
と
さ
な
い
ば
か
り
に
の
け
ぞ
っ
た
 °
  
激
し
た
こ
と
で
 
彼
女
は
ま
た
し
て
も
  
す
べ
て
の
感
覚
が
集
め
ら
れ
て
い
る
よ
う
な
乳
首
を
彼
の
指
が
刺
  
ぇ
え
・
・
 
  
 
ひ
ゃ
う
う
う
う
う
う
う
っ
!
!
そ
こ
ぉ
!
だ
め
え
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
  
い
よ
う
に
と
つ
ま
ん
だ
の
だ
っ
た
 °
  
何
か
が
彼
の
指
に
触
れ
た
の
だ
っ
た
 °
彼
は
そ
れ
を
指
で
離
さ
な
  
へ
と
進
ん
だ
 °
彼
の
腕
を
伸
ば
し
た
指
の
先
に
 
  
悠
人
の
指
は
乳
輪
を
刺
激
す
る
事
を
や
め
て
 
さ
ら
に
先
の
ほ
う
  
立
っ
て
る
か
ら
見
な
く
て
も
解
る
は
ず
よ
 °
  
∧
そ
う
よ
 
乳
首
 
さ
っ
き
口
に
く
わ
え
た
で
し
ょ
?
あ
れ
よ
 °
  
∧
チ
ク
ビ
・
・
?
∨


















   

  
上
げ
る
焦
燥
感
に
 
意
識
が
白
み
は
じ
め
た
 °
  
恭
子
は
乳
首
に
外
か
ら
与
え
続
け
ら
れ
る
快
感
と
 
内
か
ら
こ
み
  
う
う
う
っ
!
!
 
  
 
ひ
ゃ
あ
う
う
う
ん
ん
っ
!
!
乳
首
に
っ
!
何
か
・
・
き
ち
ゃ
う
  
速
め
た
 °
  
し
ご
い
て
い
る
音
が
聞
こ
え
て
き
そ
う
な
ほ
ど
に
 
悠
人
は
指
を
  
∧
・
・
・
そ
し
て
 
激
し
く
し
ち
ゃ
い
な
さ
い
!
∨
  
さ
ら
に
求
め
た
 °
  
大
き
な
快
感
を
得
よ
う
と
 
む
く
む
く
と
勃
起
し
 
彼
の
愛
撫
を
  
強
く
外
へ
と
し
ご
い
た
 °
彼
女
の
乳
首
は
さ
ら
に
  
悠
人
は
さ
ら
に
指
を
速
度
を
速
め
る
と
 
彼
女
の
乳
首
を
さ
ら
に
  
に
振
っ
た
 °
  
恭
子
は
強
烈
な
快
感
に
負
け
て
し
ま
わ
な
い
か
の
様
に
頭
を
左
右
  
ぐ
ぅ
っ
て
!
お
っ
き
く
ぅ
ぅ
な
っ
ち
ゃ
う
よ
ぉ
ぉ
お
お
!
!
 
  
 
乳
首
ぃ
ぃ
っ
!
や
あ
あ
あ
あ
あ
ん
っ
!
!
気
持
ち
よ
く
て
 
  
悠
人
は
指
で
挟
ん
だ
恭
子
の
乳
首
を
指
で
上
下
に
さ
す
り
始
め
た
 °
  
始
め
は
優
し
く
・
・
∨
  
ご
い
ち
ゃ
い
な
さ
い
 °
解
っ
て
る
わ
よ
ね
?
  
∧
い
い
わ
!
そ
し
た
ら
そ
の
ま
ま
指
を
上
下
さ
せ
て
 
乳
首
を
し
  
女
を
激
し
い
感
覚
が
貫
い
た
 °














   

  
ぐ
ぐ
っ
と
膨
ら
む
と
 
彼
の
指
を
押
し
上
げ
る
様
に
一
気
に
そ
の
  
ゅ
っ
と
押
さ
え
ら
れ
た
彼
の
指
の
下
で
  
彼
女
の
乳
房
を
前
へ
と
押
し
出
し
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
乳
首
は
ぎ
  
絞
る
様
に
彼
女
は
身
体
を
力
い
っ
ぱ
い
使
っ
て
 
  
恭
子
は
す
べ
て
が
限
界
を
迎
え
つ
つ
あ
っ
た
 °
最
後
の
力
を
振
り
  
 
も
う
 
だ
め
ぇ
っ
!
で
る
う
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
 
  
悠
人
は
ひ
と
き
わ
強
く
そ
し
て
激
し
く
彼
女
の
乳
首
を
し
ご
い
た
 °
  
っ
た
 °
  
様
な
揺
さ
ぶ
り
は
 
彼
女
の
意
識
を
飛
ば
そ
う
と
し
て
く
る
の
だ
  
激
と
 
考
え
る
事
す
ら
許
さ
れ
な
い
  
恭
子
は
短
く
そ
し
て
強
く
喘
い
だ
 °
限
界
に
ま
で
高
め
ら
れ
た
刺
  
 
あ
ん
っ
!
は
ぁ
ん
っ
!
ち
く
び
っ
!
で
ち
ゃ
う
っ
!
 
  
上
下
へ
と
し
ご
き
 
そ
し
て
き
ゅ
っ
と
つ
ぶ
し
た
 °
  
指
は
彼
女
の
乳
首
を
激
し
く
  
彼
の
身
体
 
そ
し
て
彼
女
の
身
体
を
激
し
く
揺
さ
ぶ
っ
た
 °
彼
の
  
に
腰
を
激
し
く
打
ち
付
け
る
事
で
 
  
悠
人
は
激
し
く
彼
の
指
を
動
か
し
た
 °
そ
し
て
彼
は
同
時
に
彼
女
  
∧
そ
う
!
そ
の
ま
ま
二
人
で
イ
ッ
ち
ゃ
い
な
さ
い
 °
  
へ
と
下
げ
た
 °
  
彼
女
は
大
き
く
張
り
詰
め
た
自
分
の
乳
袋
を
突
き
出
す
様
に
 

   

  
ま
だ
ふ
ら
ふ
ら
と
す
る
身
体
を
起
こ
し
 
跳
び
箱
に
背
中
を
ど
す
  
・
 °
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
 °
ち
ょ
っ
と
激
し
す
ぎ
ち
ゃ
っ
た
か
し
ら
・
・
  
が
っ
た
 °
  
や
が
て
恭
子
は
ぱ
ち
っ
と
目
を
開
け
る
と
 
ゆ
っ
く
り
と
起
き
上
  
た
の
だ
ろ
う
か
 °
  
す
べ
て
の
時
が
終
わ
っ
て
か
ら
ど
れ
く
ら
い
の
時
間
が
過
ぎ
去
っ
  
 
  
そ
し
て
そ
の
場
に
足
か
ら
崩
れ
落
ち
た
の
だ
っ
た
 °
  
見
届
け
る
様
に
彼
も
ま
た
す
べ
て
か
ら
解
放
さ
れ
 
  
悠
人
も
同
じ
だ
っ
た
 °
彼
女
が
マ
ッ
ト
へ
と
倒
れ
込
み
 
そ
れ
を
  
ま
マ
ッ
ト
へ
と
倒
れ
込
ん
だ
 °
  
・
・
 °
そ
し
て
す
べ
て
の
も
の
か
ら
解
放
さ
れ
た
彼
女
は
そ
の
ま
  
き
出
し
 
足
元
の
マ
ッ
ト
へ
と
し
み
と
な
っ
て
広
が
っ
て
い
っ
た
  
彼
女
の
隆
起
し
た
乳
首
か
ら
は
彼
女
の
精
が
勢
い
よ
く
何
度
も
吹
  
恭
子
は
ひ
と
き
わ
大
き
く
叫
ぶ
と
 
す
べ
て
を
解
き
放
っ
た
 °
  
∧
ふ
っ
!
く
う
っ
!
!
∨
  
・
 °
 
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
・
・
・
・
・
ぅ
ぅ
・
・
  
太
さ
を
増
し
た
の
だ
っ
た
 °















   

  
 
さ
あ
|
て
と
・
・
・
 °
こ
れ
か
ら
よ
ね
・
・
 °
 
  
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
悠
人
は
そ
の
ま
ま
ふ
ら
ふ
ら
と
し
た
足
取
り
で
用
具
室
を
出
て
行
  
 
お
疲
れ
様
 °
ゆ
っ
く
り
休
ん
で
ね
っ
 °
 
  
っ
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
恭
子
が
な
に
や
ら
つ
ぶ
や
く
と
 
悠
人
は
う
つ
ろ
な
ま
ま
 
す
く
  
 
в
а
Д
ъ
б
ч
Ж
м
и
ч
Б
У
・
・
・
・
・
 
  
彼
に
は
お
帰
り
い
た
だ
き
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
さ
て
・
・
と
 °
あ
 
そ
う
よ
ね
 °
と
り
あ
え
ず
 
が
ん
ば
っ
た
  
い
た
 °
  
彼
女
は
改
め
て
自
分
の
膨
れ
あ
が
っ
た
乳
房
を
見
て
た
め
息
を
つ
  
恭
子
ち
ゃ
ん
 °
一
体
 
ど
れ
だ
け
た
め
ち
ゃ
っ
て
た
の
よ
・
・
・
 °
 
  
う
う
う
ん
っ
!
お
っ
ぱ
い
が
ま
だ
こ
ん
な
に
う
ず
く
の
・
・
・
 °
  
 
ち
ょ
っ
と
刺
激
す
る
だ
け
で
 
ま
だ
こ
ん
な
に
・
・
 °
そ
れ
に
 °
  
ら
 
白
い
筋
が
ぴ
ゅ
っ
と
下
へ
と
落
ち
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
女
の
巨
大
な
乳
房
か
ら
ま
だ
び
ん
っ
と
隆
起
し
て
い
る
乳
首
か
  
 
ま
だ
 
こ
ん
な
に
・
・
・
 °
は
う
っ
!
 
  
彼
女
は
悲
鳴
を
上
げ
た
 °
  
 
ひ
ゃ
う
っ
!
 
  
ん
っ
と
も
た
れ
か
け
た
 °
















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
い
た
 °
  
一
人
取
り
残
さ
れ
た
薄
暗
い
部
屋
の
中
で
 
彼
女
は
そ
う
つ
ぶ
や

  > ≫