の
当
た
り
に
し
た
時
は
羨
望
を
通
り
越
し
て
怒
り
す
ら
湧
い
た
 °
  
か
っ
た
 °
横
に
な
っ
て
も
胸
が
消
え
な
い
ほ
ど
豊
か
な
胸
元
を
目
  
す
ば
か
り
だ
っ
た
 °
胸
の
大
き
い
友
人
が
羨
ま
し
く
っ
て
仕
方
な
  
船
を
入
れ
て
み
た
り
し
た
が
形
だ
け
大
き
く
し
て
も
悲
し
み
が
増
  
 
せ
め
て
気
分
だ
け
で
も
と
胸
に
タ
オ
ル
を
詰
め
て
み
た
り
 
  
た
い
 °
と
言
う
よ
り
つ
い
最
近
ま
で
泣
い
て
い
た
 °
  
を
込
め
 
上
半
身
が
赤
く
な
っ
て
も
結
果
が
こ
れ
な
の
だ
 °
泣
き
  
持
っ
て
こ
れ
る
贅
肉
と
言
う
贅
肉
を
胸
に
移
す
た
め
に
両
腕
に
力
  
お
っ
ぱ
い
体
操
を
や
っ
て
こ
れ
な
の
だ
 °
背
中
 
脇
腹
 
二
の
腕
 °
  
 
近
年
 
数
あ
る
バ
ス
ト
ア
ッ
プ
方
法
の
中
で
も
話
題
を
呼
ん
だ
  
ト
は
無
い
状
態
だ
っ
た
 °
  
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
胸
だ
け
は
平
均
以
下
で
胸
囲
は
あ
る
が
バ
ス
  
カ
ッ
プ
に
も
満
た
な
い
の
だ
 °
標
準
体
重
を
軽
く
超
過
し
て
い
る
  
 
何
故
な
ら
私
の
ア
ン
ダ
|
は
8
3
c
m
 °
カ
ッ
プ
に
す
る
と
A
  
う
だ
ろ
う
 °
が
 
そ
れ
は
甘
い
考
え
で
あ
る
 °
  
 
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
が
9
2
と
聞
い
た
ら
誰
も
が
胸
が
大
き
い
と
思
  
9
2
c
m
 °
  
  
r
y
e
 
作
  
所
詮
は
夢






















≪ <  

  
 
ア
レ
の
上
 
 
ス
|
ツ
 
の
上
か
ら
胸
を
撫
で
る
と
鼓
動
の
音
  
 
ち
ょ
っ
と
冷
た
い
が
問
題
無
い
 °
す
ぐ
暑
く
な
る
の
だ
か
ら
 °
  
聞
き
な
が
ら
私
は
そ
こ
に
横
に
な
っ
た
 °
  
 
用
意
と
言
っ
て
も
マ
ッ
ト
を
敷
く
だ
け
で
お
湯
が
溜
ま
る
音
を
  
で
あ
る
 °
  
で
は
な
い
 °
誰
に
も
言
え
な
い
お
楽
し
み
を
始
め
る
た
め
の
用
意
  
 
浴
槽
に
お
湯
を
入
れ
て
い
る
間
に
用
意
を
す
る
 °
入
浴
の
用
意
  
分
に
言
い
聞
か
せ
 
私
は
浴
室
に
入
っ
た
 °
  
 
ま
だ
だ
 °
こ
れ
か
ら
感
じ
る
の
は
こ
ん
な
も
の
で
は
な
い
と
自
  
付
け
に
快
感
す
ら
感
じ
て
い
た
 °
  
か
ら
強
く
な
っ
て
い
き
 
着
替
え
終
わ
っ
た
今
で
は
程
よ
い
締
め
  
 
身
体
も
欲
し
て
い
る
の
か
切
な
い
感
覚
が
ア
レ
を
手
に
取
っ
て
  
欲
望
で
眠
気
に
勝
つ
こ
と
が
出
来
た
 °
  
す
ぐ
寝
た
い
気
持
ち
も
あ
る
が
 
そ
れ
以
上
に
私
を
駆
り
立
て
る
  
に
溜
ま
っ
て
い
る
の
で
ア
レ
で
は
な
く
パ
ジ
ャ
マ
に
着
替
え
て
今
  
と
し
 
ス
|
ツ
か
ら
急
い
で
ア
レ
に
着
替
え
た
 °
疲
れ
が
溜
ま
り
  
 
仕
事
か
ら
帰
る
な
り
私
は
最
低
限
し
か
し
て
い
な
い
化
粧
を
落
  
  
 
理
想
を
手
に
入
れ
た
の
 °
  
 
そ
の
怒
り
が
私
を
動
か
す
き
っ
か
け
だ
っ
た
 °







   

  
私
の
よ
う
な
胸
を
大
き
く
し
た
い
以
外
に
も
背
を
高
く
し
た
い
人
  
ツ
 
の
効
果
は
言
葉
の
通
り
肉
体
を
自
由
に
変
化
さ
せ
る
こ
と
で
 
  
 
理
想
の
身
体
を
手
に
入
る
謳
い
文
句
で
書
か
れ
て
い
た
 
ス
|
  
胸
に
劣
等
感
と
怒
り
を
抱
い
て
い
た
か
ら
だ
 °
  
 
当
時
の
私
は
騙
さ
れ
て
も
良
い
と
思
っ
て
し
ま
う
ほ
ど
貧
相
な
  
書
か
れ
て
い
た
が
私
は
飛
び
付
く
よ
う
に
そ
れ
に
申
し
込
ん
だ
 °
  
と
に
被
験
者
を
募
っ
て
い
た
 °
い
か
に
も
怪
し
い
こ
と
ば
か
り
が
  
式
名
称
が
ま
だ
決
ま
っ
て
い
な
い
試
作
品
で
 
運
が
良
か
っ
た
こ
  
 
ネ
ッ
ト
サ
|
フ
ィ
ン
で
た
ま
た
ま
見
付
け
た
 
ス
|
ツ
 
は
正
  
  
っ
飛
ぶ
の
は
す
ぐ
だ
か
ら
苦
で
は
な
か
っ
た
 °
  
 
仕
事
で
疲
労
が
蓄
積
さ
れ
た
頭
に
は
辛
い
が
 
そ
の
辛
さ
も
吹
  
で
い
く
感
覚
も
忘
れ
ず
頭
を
酷
使
す
る
 °
  
ジ
だ
け
で
な
く
 
指
先
で
膨
ら
ん
で
い
く
感
覚
や
胸
で
も
膨
ら
ん
  
頭
の
中
で
胸
が
膨
ら
む
イ
メ
|
ジ
を
浮
か
べ
る
 °
視
覚
的
イ
メ
|
  
 
目
を
つ
ぶ
り
 
さ
さ
や
か
な
膨
ら
み
を
ゆ
っ
く
り
揉
ん
で
い
く
 °
  
の
だ
 °
そ
れ
と
集
中
力
が
 °
  
 
を
着
用
し
て
い
る
今
は
力
は
要
ら
な
い
 °
イ
メ
|
ジ
が
大
事
な
  
 
お
っ
ぱ
い
体
操
は
力
任
せ
で
肉
を
寄
せ
て
い
た
が
 
 
ス
|
ツ
  
で
お
湯
の
お
湯
が
聞
こ
え
な
く
な
っ
た
 °










   

  
だ
っ
た
 °
  
ス
|
ツ
 
の
改
良
に
大
き
く
貢
献
す
る
よ
う
に
な
っ
て
い
る
ほ
ど
  
の
よ
う
に
使
用
し
て
は
記
録
を
送
り
 
製
品
化
さ
せ
る
た
め
に
 
  
|
ツ
 
を
返
却
す
る
気
は
毛
頭
な
か
っ
た
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
毎
日
  
る
も
の
だ
っ
た
 °
そ
れ
で
も
私
は
半
年
以
上
経
っ
た
今
で
も
 
  
 
結
論
を
言
う
と
 
確
か
に
 
ス
|
ツ
 
の
使
用
は
非
常
に
疲
れ
  
手
放
す
こ
と
は
な
い
と
言
う
自
信
が
 °
  
っ
た
 °
一
か
月
だ
ろ
う
が
 
一
年
だ
ろ
う
が
こ
の
 
ス
|
ツ
 
を
  
 
初
め
て
 
ス
|
ツ
 
を
手
に
し
た
時
 
私
は
何
故
か
自
信
が
あ
  
が
小
さ
な
文
字
で
記
載
さ
れ
て
い
た
 °
  
を
提
出
出
来
な
か
っ
た
被
験
者
に
関
し
て
は
違
約
金
が
か
か
る
旨
  
る
点
に
つ
い
て
だ
っ
た
 °
そ
の
た
め
 
一
か
月
間
の
試
着
デ
|
タ
  
体
的
な
イ
メ
|
ジ
と
集
中
力
 
そ
れ
と
体
力
が
か
な
り
消
耗
さ
れ
  
 
理
想
的
な
肉
体
を
作
り
出
し
 
そ
れ
を
維
持
す
る
た
め
に
は
具
  
た
 °
そ
れ
は
試
作
品
故
の
欠
点
に
つ
い
て
だ
っ
た
 °
  
サ
イ
ト
や
説
明
書
に
し
つ
こ
い
ほ
ど
書
か
れ
て
い
た
こ
と
が
あ
っ
  
 
 
ス
|
ツ
 
は
簡
単
に
手
に
入
れ
る
こ
と
が
出
来
た
 °
し
か
し
 
  
読
ま
ず
に
応
募
し
て
い
た
の
で
内
容
は
知
ら
な
い
 °
  
ポ
|
ト
も
サ
イ
ト
に
は
掲
載
さ
れ
て
い
た
 °
も
っ
と
も
ほ
と
ん
ど
  
や
痩
せ
た
い
人
 
筋
骨
隆
々
に
な
り
た
く
っ
て
応
募
し
た
人
の
レ

   

  
 
自
分
の
呼
吸
が
荒
く
な
っ
て
い
る
の
を
感
じ
た
が
 
集
中
力
を
  
と
の
差
を
広
げ
て
い
っ
た
 °
  
分
厚
い
肉
で
覆
わ
れ
て
い
た
ア
ン
ダ
|
も
ス
ッ
キ
リ
し
 
ト
ッ
プ
  
位
に
付
い
た
贅
肉
も
胸
に
集
ま
る
よ
う
に
イ
メ
|
ジ
す
る
こ
と
で
  
大
き
さ
に
な
る
と
 
私
は
そ
の
柔
ら
か
さ
を
堪
能
し
た
 °
他
の
部
  
 
掴
む
こ
と
が
出
来
な
い
ほ
ど
小
さ
か
っ
た
胸
が
掴
め
る
ほ
ど
の
  
  
だ
 °
  
く
自
分
と
も
っ
と
理
想
に
近
づ
き
た
い
と
思
う
自
分
が
い
た
か
ら
  
 
が
 
返
答
は
ま
だ
し
て
い
な
い
 °
こ
れ
で
十
分
だ
と
怖
じ
気
づ
  
な
い
か
オ
フ
ァ
|
を
受
け
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
味
が
あ
る
ら
し
く
 
最
近
で
は
被
験
者
か
ら
開
発
チ
|
ム
に
入
ら
  
 
何
故
 
私
だ
け
一
時
間
も
二
時
間
も
使
え
る
の
か
製
造
側
も
興
  
が
抜
け
て
し
ま
い
 
長
時
間
保
つ
こ
と
が
出
来
な
い
の
だ
そ
う
だ
 °
  
私
以
外
い
な
い
ら
し
い
 °
皆
 
理
想
の
身
体
を
手
に
出
来
た
ら
気
  
ど
こ
ろ
か
二
時
間
も
使
用
し
て
い
る
の
は
改
良
が
進
ん
だ
今
で
も
  
頭
痛
は
無
理
に
長
時
間
使
用
し
た
自
業
自
得
の
結
果
で
 
一
時
間
  
歩
と
身
を
持
っ
て
感
じ
て
い
た
 °
も
っ
と
も
 
私
が
感
じ
て
い
た
  
激
し
い
頭
痛
に
悩
ま
さ
れ
る
こ
と
が
無
く
な
っ
た
の
は
大
き
な
進
  
 
今
着
用
し
て
い
る
 
ス
|
ツ
 
も
三
枚
目
で
初
期
と
比
べ
れ
ば

   

  
能
し
て
か
ら
私
は
身
を
起
こ
し
た
 °
  
と
は
な
か
っ
た
 °
極
上
の
ウ
ォ
|
タ
|
ベ
ッ
ド
で
寛
ぐ
気
分
を
堪
  
し
た
レ
ベ
ル
で
大
き
く
な
っ
た
胸
は
体
重
を
か
け
て
も
潰
れ
る
こ
  
り
 
私
は
全
体
重
を
一
点
に
預
け
た
 °
質
量
保
存
の
法
則
を
無
視
  
 
両
腕
を
突
っ
張
っ
て
も
胸
が
身
体
を
押
し
上
げ
る
大
き
さ
と
な
  
に
 °
  
る
よ
う
に
な
る
な
ら
と
揺
れ
た
 °
揺
れ
る
の
は
胸
だ
け
で
良
い
の
  
ら
辞
退
し
よ
う
と
思
う
反
面
 
今
以
上
に
理
想
の
身
体
を
楽
し
め
  
 
開
発
チ
|
ム
に
入
っ
た
ら
こ
ん
な
こ
と
出
来
な
い
 °
羞
恥
心
か
  
  
|
ジ
を
す
れ
ば
 
マ
ッ
ト
に
こ
す
れ
る
度
に
快
感
が
増
し
た
 °
  
胸
の
柔
ら
か
さ
と
固
さ
 °
乳
首
の
大
き
さ
と
位
置
も
忘
れ
ず
イ
メ
  
望
に
従
い
 
イ
メ
|
ジ
を
鮮
明
に
さ
せ
た
 °
重
み
だ
け
で
な
く
 
  
に
喜
び
を
感
じ
た
 °
満
た
さ
れ
る
と
同
時
に
更
に
上
を
求
め
る
欲
  
体
で
胸
を
潰
し
 
身
体
を
前
後
さ
せ
る
こ
と
で
揺
れ
る
胸
の
重
み
  
 
興
奮
が
加
速
し
 
全
身
を
使
っ
て
胸
を
揉
ん
だ
 °
マ
ッ
ト
と
身
  
の
無
い
胸
部
に
重
量
を
感
じ
た
 °
  
仰
向
け
か
ら
俯
せ
に
身
体
を
回
転
さ
せ
る
と
普
段
は
感
じ
る
こ
と
  
 
横
に
な
っ
て
も
豊
か
さ
を
忘
れ
な
い
胸
に
喜
び
と
興
奮
が
湧
き
 
  
持
続
さ
せ
る
た
め
に
膨
ら
む
胸
に
目
を
向
け
た
 °







   

  
 
 
ス
|
ツ
 
を
着
た
ま
ま
脱
衣
所
を
出
よ
う
と
す
れ
ば
上
手
く
  
だ
っ
た
 °
  
故
に
不
便
な
と
こ
ろ
が
私
に
と
っ
て
は
興
奮
材
料
で
あ
り
 
快
感
  
所
の
壁
を
濡
ら
し
た
 °
そ
れ
が
良
か
っ
た
 °
胸
が
大
き
す
ぎ
る
が
  
 
バ
ス
タ
オ
ル
で
身
体
を
拭
く
時
も
胸
が
大
き
す
ぎ
て
狭
い
脱
衣
  
  
は
風
呂
か
ら
上
が
っ
て
か
ら
だ
 °
  
 
調
子
に
乗
っ
て
の
ぼ
せ
て
し
ま
う
こ
と
が
多
々
あ
る
が
 
本
番
  
う
胸
の
感
触
に
浸
り
な
が
ら
半
身
浴
を
始
め
た
 °
  
の
柔
ら
か
さ
と
 
自
分
の
居
場
所
を
勝
ち
取
ろ
う
と
ひ
し
め
き
合
  
大
な
胸
は
変
形
し
な
が
ら
浴
槽
へ
収
ま
っ
た
 °
両
足
で
感
じ
る
胸
  
か
さ
を
極
限
ま
で
イ
メ
|
ジ
し
 
両
手
で
浴
槽
へ
押
し
込
め
ば
巨
  
中
に
入
れ
よ
う
と
し
て
も
胸
は
溢
れ
出
る
ば
か
り
だ
っ
た
 °
柔
ら
  
っ
た
 °
単
身
者
向
け
の
安
普
請
で
は
当
然
で
 
無
理
矢
理
浴
槽
の
  
と
大
き
く
な
り
す
ぎ
た
胸
は
浮
く
ど
こ
ろ
か
入
り
切
れ
て
い
な
か
  
 
身
体
の
向
き
を
変
え
 
お
湯
が
溜
ま
っ
た
浴
槽
に
慎
重
に
入
る
  
と
は
ま
た
違
っ
た
感
触
に
声
を
上
げ
た
 °
  
来
た
 °
一
歩
前
に
進
み
 
胸
と
鏡
に
押
し
付
け
れ
ば
マ
ッ
ト
の
時
  
ら
こ
そ
非
現
実
的
な
大
き
さ
に
な
っ
て
も
立
ち
上
が
る
こ
と
が
出
  
 
理
想
の
身
体
を
手
に
入
れ
る
こ
と
が
出
来
る
 
ス
|
ツ
 
だ
か

   

  
 
部
屋
一
杯
に
な
る
ほ
ど
大
き
な
胸
を
イ
メ
|
ジ
し
な
が
ら
も
っ
  
た
胸
を
大
き
く
し
な
が
ら
私
は
イ
メ
|
ジ
を
膨
ら
ま
せ
た
 °
  
 
固
い
な
が
ら
も
全
身
を
受
け
止
め
る
程
度
の
柔
ら
か
さ
を
保
っ
  
 
今
日
は
ど
こ
ま
で
大
き
く
出
来
る
だ
ろ
う
か
 °
  
潰
れ
な
い
よ
う
に
調
整
し
て
か
ら
本
番
に
入
っ
た
 °
  
 
徐
々
に
柔
ら
か
さ
よ
り
も
固
さ
を
強
め
 
全
体
重
を
か
け
て
も
  
っ
て
い
た
 °
  
か
っ
た
と
思
い
な
が
ら
胸
を
盛
大
に
潰
し
て
は
反
動
で
飛
び
上
が
  
跨
ぎ
 
腰
を
振
っ
た
 °
二
階
で
は
な
く
 
一
階
を
借
り
て
い
て
良
  
 
前
に
倒
れ
こ
み
 
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
の
上
に
乗
る
要
領
で
胸
に
  
が
あ
っ
た
 °
  
部
屋
に
は
物
が
少
な
く
 
更
に
胸
を
大
き
く
し
て
も
動
け
る
広
さ
  
 
余
裕
が
あ
れ
ば
バ
ス
ト
ア
ッ
プ
に
費
や
し
て
い
た
こ
と
も
あ
り
 
  
う
な
状
態
と
な
っ
て
い
た
 °
  
に
ぶ
つ
か
り
 
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
が
二
つ
ぶ
ら
さ
が
っ
て
い
る
よ
  
 
や
っ
と
の
思
い
で
リ
ビ
ン
グ
に
着
く
頃
に
は
歩
く
度
に
胸
が
膝
  
ら
四
六
時
中
 
巨
大
な
胸
で
過
ご
し
た
か
っ
た
 °
  
の
虜
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
私
に
は
こ
れ
が
当
た
り
前
で
出
来
る
な
  
を
し
た
 °
悪
趣
味
に
も
ほ
ど
が
あ
る
と
言
わ
れ
そ
う
だ
が
 
超
乳
  
進
め
ず
 
壁
に
ぶ
つ
か
る
度
に
胸
が
更
に
大
き
く
な
る
イ
メ
|
ジ

   

  
  
  
  
  
  
 
満
た
さ
れ
る
こ
と
の
な
い
欲
望
を
抱
き
な
が
ら
 °
  
が
ら
私
は
胸
に
抱
き
付
い
た
 °
  
 
理
想
で
 
夢
で
 
虚
像
の
胸
の
感
触
 
圧
迫
 
重
み
を
感
じ
な
  
そ
 
 
ス
|
ツ
 
を
長
時
間
使
え
る
の
だ
ろ
う
 °
  
 
単
純
な
理
由
だ
か
ら
こ
そ
 
簡
単
に
理
性
を
捨
て
れ
た
か
ら
こ
  
 
単
に
自
分
が
変
態
な
だ
け
な
の
だ
 °
  
思
っ
て
い
た
が
そ
う
で
は
な
い
と
最
近
は
思
う
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
が
出
来
な
い
現
実
に
未
だ
怒
り
を
感
じ
て
い
る
か
ら
か
と
最
初
は
  
 
 
ス
|
ツ
 
を
着
な
い
限
り
 
自
分
の
胸
を
大
き
く
す
る
こ
と
  
い
自
分
の
欲
の
深
さ
が
恐
ろ
し
く
感
じ
る
こ
と
も
あ
っ
た
 °
  
満
足
し
て
い
た
の
に
 
今
で
は
こ
の
大
き
さ
で
も
満
足
が
出
来
な
  
 
初
め
の
頃
は
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
を
飛
ば
す
程
度
の
大
き
さ
で
  
覚
は
な
く
 
胸
の
圧
迫
を
楽
し
み
な
が
ら
イ
メ
|
ジ
を
続
け
た
 °
  
背
中
が
天
井
に
ぶ
つ
か
っ
た
 °
ま
だ
部
屋
を
一
杯
に
し
て
い
る
感
  
と
広
い
場
所
な
ら
も
っ
と
大
き
く
出
来
る
の
で
は
と
思
う
う
ち
に

  > ≫