乳
球
に
住
ん
で
い
る
人
間
の
成
人
女
性
は
1
0
代
前
半
に
思
春
期
  
  
と
呼
ぶ
 °
  
説
明
を
簡
単
に
す
る
た
め
に
こ
の
惑
星
を
乳
球
∧
ち
ち
き
ゅ
う
∨
  
見
れ
ば
一
瞬
で
わ
か
る
 °
  
胸
以
外
を
除
く
と
地
球
の
女
性
と
見
分
け
が
つ
か
な
い
が
 
胸
を
  
こ
の
惑
星
に
住
む
人
間
の
女
性
の
9
9
 
9
9
%
は
超
乳
な
の
だ
 °
  
  
  
そ
れ
は
 
女
性
の
胸
が
と
て
つ
も
な
く
大
き
い
と
い
う
こ
と
だ
 °
  
  
  
が
 
全
く
異
な
る
点
が
一
つ
あ
る
 °
  
形
や
生
息
す
る
生
き
物
を
見
る
と
一
見
地
球
そ
の
も
の
に
見
え
る
  
惑
星
に
は
人
間
そ
っ
く
り
の
知
的
生
命
体
が
生
き
て
い
る
し
 
  
地
球
に
よ
く
似
た
惑
星
が
あ
る
 °
  
遥
か
遠
い
銀
河
の
彼
方
・
・
・
  
  
サ
ラ
ウ
ダ
ム
S
 
作
  
乳
星
























≪ <  

  
輪
を
付
け
 
乳
管
を
締
め
つ
け
母
乳
が
無
闇
矢
鱈
に
漏
れ
出
な
い
  
に
な
る
年
齢
に
な
る
と
乳
首
に
ス
ト
ッ
パ
|
リ
ン
グ
と
呼
ば
れ
る
  
こ
れ
で
は
生
活
の
邪
魔
な
の
で
 
女
性
た
ち
は
母
乳
が
出
る
よ
う
  
首
か
ら
大
量
の
母
乳
が
漏
れ
続
け
て
し
ま
う
 °
  
産
さ
れ
続
け
る
の
で
 
何
も
し
な
け
れ
ば
2
4
時
間
3
6
5
日
乳
  
0
代
 
ま
は
た
死
ぬ
ま
で
常
に
新
鮮
な
も
の
が
膨
大
な
乳
腺
で
生
  
量
の
ピ
|
ク
を
迎
え
 
徐
々
に
生
産
量
を
減
ら
し
な
が
ら
も
 
  
母
乳
は
最
初
に
出
始
め
る
よ
う
に
な
っ
て
か
ら
 
2
0
代
後
半
に
  
簡
単
に
入
っ
て
し
ま
う
ほ
ど
で
あ
る
 °
  
母
乳
の
通
り
道
で
あ
る
乳
管
は
非
常
に
太
く
な
り
 
腕
一
本
な
ら
  
こ
ぶ
し
大
か
ら
頭
ほ
ど
の
大
き
さ
に
な
る
 °
  
こ
の
大
量
の
母
乳
を
胸
か
ら
出
す
た
め
の
乳
首
は
巨
大
で
 
握
り
  
ッ
ト
ル
以
上
出
る
よ
う
に
な
る
 °
  
母
乳
も
1
日
に
数
百
|
数
千
リ
ッ
ト
ル
 
人
に
よ
っ
て
は
数
万
リ
  
で
肥
大
化
す
る
 °
  
環
境
に
よ
る
が
最
終
的
に
は
バ
ス
ト
が
平
均
8
0
0
c
m
ほ
ど
ま
  
だ
い
た
い
2
0
代
後
半
ま
で
成
長
は
続
き
 
住
ん
で
い
る
地
域
 
  
じ
て
ど
ん
ど
ん
肥
大
化
す
る
 °
  
乳
腺
の
発
達
と
共
に
母
乳
の
生
産
が
開
始
さ
れ
 
胸
も
そ
れ
に
応
  
を
迎
え
る
と
乳
腺
が
急
速
に
発
達
し
始
め
る
 °








   

  
て
母
乳
を
撒
き
散
ら
し
て
し
ま
う
の
だ
 °
  
あ
る
乳
房
が
満
員
電
車
内
で
押
し
潰
さ
れ
る
と
リ
ン
グ
を
破
壊
し
  
乳
首
に
リ
ン
グ
を
付
け
て
い
て
も
 
凄
ま
じ
い
母
乳
の
生
産
力
が
  
  
こ
で
あ
る
か
ら
だ
 °
  
な
ぜ
か
と
い
う
と
 
バ
ス
や
電
車
内
で
の
噴
乳
事
故
が
そ
こ
か
し
  
乳
球
で
公
共
交
通
機
関
は
遅
れ
る
も
の
で
あ
る
 °
  
朝
 
と
あ
る
都
市
部
の
通
勤
ラ
ッ
シ
ュ
帯
 °
  
便
宜
上
 
乳
日
本
 
と
し
て
お
こ
う
 °
  
地
球
の
日
本
に
よ
く
似
た
国
  
  
こ
の
星
の
様
々
な
場
所
を
見
て
い
こ
う
  
  
  
あ
る
ほ
う
が
恥
ず
か
し
い
の
だ
 °
  
が
あ
る
か
ら
で
あ
り
 
む
し
ろ
隠
せ
て
し
ま
う
ほ
ど
小
さ
い
胸
で
  
こ
れ
は
大
き
す
ぎ
て
わ
ざ
わ
ざ
隠
す
こ
と
で
も
な
い
と
い
う
認
識
  
は
な
い
の
で
 
基
本
胸
は
曝
け
出
さ
れ
て
い
る
 °
  
乳
球
の
女
性
に
と
っ
て
胸
 
乳
首
は
一
般
的
に
性
器
と
い
う
認
識
  
よ
う
に
し
て
い
る
 °


















   

  
い
る
状
況
だ
 °
  
れ
 
肌
色
の
隙
間
か
ら
辛
う
じ
て
跳
ね
た
黒
い
髪
の
毛
が
見
え
て
  
男
性
は
4
つ
の
乳
房
の
衝
突
地
点
あ
た
り
で
乳
房
に
全
身
を
挟
ま
  
立
っ
て
い
る
た
め
 
互
い
の
乳
房
を
押
し
付
け
あ
っ
て
い
る
形
だ
 °
  
女
子
高
生
と
会
社
員
の
二
人
は
ち
ょ
う
ど
向
き
合
う
よ
う
に
し
て
  
し
き
男
性
が
居
る
 °
  
ス
ト
9
0
0
c
m
の
胸
に
 
ち
ょ
う
ど
挟
ま
れ
て
い
る
大
学
生
ら
  
人
物
の
バ
ス
ト
7
0
0
c
m
の
胸
と
 
会
社
員
ら
し
き
女
性
の
バ
  
そ
ん
な
車
両
の
中
央
に
顔
立
ち
に
幼
さ
が
残
る
女
子
高
生
ら
し
き
  
  
車
両
内
は
肌
色
で
ぎ
ゅ
う
ぎ
ゅ
う
詰
め
に
な
っ
て
い
る
 °
  
の
乳
房
で
占
め
ら
れ
て
い
る
か
ら
だ
 °
  
な
ぜ
な
ら
電
車
内
の
空
間
の
3
分
の
2
が
数
名
の
女
性
の
体
と
そ
  
し
か
し
乗
客
数
は
そ
れ
ほ
ど
多
く
な
い
 °
  
状
態
で
詰
め
込
ま
れ
て
い
る
 °
  
電
車
の
外
か
ら
眺
め
て
み
る
と
 
1
車
両
の
中
に
人
が
す
し
詰
め
  
  
  
う
 °
  
今
あ
る
電
車
で
早
速
噴
乳
事
故
が
起
こ
っ
た
よ
う
だ
 °
見
て
み
よ

   

  
へ
向
か
う
前
の
毎
朝
の
搾
乳
を
寝
坊
し
て
で
き
な
か
っ
た
の
だ
 °
  
そ
の
為
1
日
に
何
回
か
搾
乳
す
る
の
だ
が
 
彼
女
は
今
朝
 
仕
事
  
胸
に
母
乳
が
溜
ま
っ
て
苦
し
く
な
っ
て
く
る
 °
  
こ
の
世
界
の
女
性
は
膨
大
な
量
の
母
乳
を
定
期
的
に
搾
ら
な
い
と
  
  
に
我
慢
し
て
い
る
顔
を
し
て
い
た
 °
  
ス
ト
1
4
0
0
c
m
超
え
の
超
乳
を
持
つ
|
|
が
な
に
か
を
懸
命
  
1
0
0
0
c
m
以
上
で
巨
乳
と
呼
ば
れ
る
こ
の
国
に
お
い
て
 
  
|
|
バ
ス
ト
8
0
0
c
m
が
普
通
 
4
0
0
c
m
以
下
は
貧
乳
 
  
車
両
の
進
行
方
向
側
に
乗
っ
て
い
た
2
0
代
半
ば
の
1
人
の
女
性
  
  
そ
ん
な
と
き
 
事
件
は
起
こ
っ
た
 °
  
  
こ
の
星
で
は
よ
く
あ
る
こ
と
で
あ
る
 °
  
あ
っ
た
 °
  
満
員
電
車
内
で
は
こ
の
巨
大
な
胸
は
ど
う
に
も
動
か
せ
な
い
の
で
  
女
性
た
ち
も
そ
の
こ
と
は
胸
の
感
触
で
わ
か
っ
て
い
る
の
だ
が
 
  
べ
て
吸
収
し
て
し
ま
っ
て
出
ら
れ
な
い
よ
う
だ
 °
  
か
ら
出
そ
う
と
し
て
い
る
が
 
柔
ら
か
な
胸
が
彼
の
も
が
き
を
す
  
男
性
は
息
苦
し
い
よ
う
で
懸
命
に
手
を
動
か
し
顔
を
肌
色
の
隙
間

   

  
  
あ
と
1
0
分
で
降
り
る
駅
に
着
く
 °
  
彼
女
は
乳
首
に
意
識
を
集
中
さ
せ
必
死
に
我
慢
し
て
い
た
 °
  
そ
う
な
る
と
1
時
間
以
上
は
か
か
る
 °
  
こ
の
量
が
一
度
溢
れ
る
と
ほ
ぼ
出
し
切
る
ま
で
止
ま
ら
な
い
 °
  
1
9
0
万
リ
ッ
ト
ル
∨
の
母
乳
が
溜
ま
っ
て
い
た
 °
  
に
は
2
5
m
四
方
の
プ
|
ル
を
3
つ
ほ
ど
満
杯
に
で
き
る
量
∧
約
  
生
産
し
て
し
ま
う
体
質
な
の
で
 
1
4
0
0
c
m
超
え
の
胸
の
中
  
母
乳
の
量
は
胸
の
大
き
さ
に
比
例
す
る
上
に
彼
女
は
母
乳
を
大
量
  
の
を
必
死
に
我
慢
し
て
い
た
 °
  
彼
女
は
そ
の
線
を
超
え
 
出
し
た
く
て
堪
ら
な
い
母
乳
が
溢
れ
る
  
今
度
は
母
乳
を
出
し
た
く
な
っ
て
堪
ら
な
く
な
っ
て
く
る
 °
  
母
乳
は
溜
ま
る
と
苦
し
く
な
っ
て
く
る
が
 
あ
る
線
を
超
え
る
と
  
溜
ま
っ
て
い
た
 °
  
今
彼
女
の
胸
の
中
は
我
慢
で
き
る
ギ
リ
ギ
リ
限
界
の
量
の
母
乳
が
  
  
し
か
し
彼
女
は
寝
坊
で
搾
乳
で
き
な
か
っ
た
 °
  
  
一
の
搾
乳
は
非
常
に
重
要
だ
っ
た
 °
  
寝
て
い
る
間
に
も
お
構
い
な
し
に
母
乳
は
生
産
さ
れ
る
の
で
 

   

  
ぎ
目
の
上
を
車
両
が
通
過
し
た
 °
  
母
乳
だ
 
と
高
校
生
が
思
っ
た
次
の
瞬
間
 
た
ま
た
ま
線
路
の
繋
  
  
が
あ
っ
た
 °
  
た
桃
色
の
乳
管
か
ら
白
い
液
体
が
少
し
づ
つ
滲
み
出
て
い
る
光
景
  
す
る
と
目
の
前
に
は
腕
が
簡
単
に
入
り
そ
う
な
ほ
ど
大
き
く
開
い
  
  
甘
い
香
り
が
し
た
の
で
顔
を
上
げ
た
 °
  
き
ス
マ
|
ト
フ
ォ
ン
に
集
中
し
て
い
た
男
子
高
校
生
だ
が
 
ふ
と
  
背
中
に
あ
る
誰
か
の
柔
ら
か
な
胸
に
体
重
を
か
け
 
斜
め
下
を
向
  
イ
ヤ
ホ
ン
を
両
耳
に
付
け
ス
マ
|
ト
フ
ォ
ン
を
弄
っ
て
い
た
 °
  
男
子
高
校
生
が
立
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
乳
首
の
わ
ず
か
1
5
c
m
ほ
ど
先
に
紺
の
ブ
レ
ザ
|
を
着
た
  
  
く
っ
つ
い
て
い
た
 °
  
2
つ
の
乳
首
は
車
内
で
の
押
し
合
い
圧
し
合
い
の
末
 
ぴ
た
り
と
  
ま
せ
て
い
た
 °
  
つ
の
膨
れ
た
乳
首
が
太
い
チ
タ
ン
製
の
ス
ト
ッ
パ
|
リ
ン
グ
を
軋
  
彼
女
の
乳
房
の
先
端
で
は
 
淡
い
桃
色
を
し
た
人
の
頭
ほ
ど
の
2
  


























   

  
  
次
の
瞬
間
 
快
感
の
波
で
気
を
失
っ
た
 °
  
母
乳
が
乳
首
に
殺
到
し
た
の
が
わ
か
っ
た
 °
  
乳
管
が
開
け
た
の
が
わ
か
っ
た
 °
  
そ
の
一
瞬
が
命
取
り
だ
っ
た
 °
  
一
瞬
で
脳
が
シ
ョ
|
ト
し
た
 °
  
側
の
乳
首
の
内
側
に
刺
激
が
走
る
 °
  
し
か
し
次
の
瞬
間
乳
首
の
先
端
に
何
か
が
押
し
付
け
ら
れ
る
 °
  
揺
れ
た
こ
と
は
大
し
た
こ
と
は
な
か
っ
た
 °
  
あ
と
7
分
 °
歯
を
食
い
し
ば
っ
て
い
る
時
電
車
が
揺
れ
た
 °
  
  
  
下
を
出
し
て
乳
首
の
内
側
の
母
乳
を
舐
め
と
る
 °
  
柔
ら
か
い
 °
い
い
匂
い
 °
甘
い
 °
  
男
子
高
校
生
の
顔
全
体
が
弾
力
の
あ
る
乳
首
に
包
ま
れ
る
 °
  
顔
と
乳
首
が
激
突
す
る
 °
  
思
わ
ず
 
わ
っ
 
と
声
が
出
る
 °
  
高
校
生
は
目
の
前
の
乳
首
に
向
か
っ
て
押
さ
れ
る
 °
  
高
校
生
が
体
を
預
け
て
い
た
誰
か
の
胸
が
弾
む
 °
  
車
両
が
揺
れ
る
 °



















   

  
溢
れ
出
し
た
母
乳
は
瞬
く
間
に
線
路
上
に
広
が
っ
て
い
っ
た
 °
  
れ
出
し
息
が
で
き
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
2
秒
後
 
そ
の
車
両
の
窓
が
す
べ
て
割
れ
 
車
両
か
ら
母
乳
が
溢
  
  
の
空
間
す
べ
て
が
母
乳
で
満
た
さ
れ
た
 °
  
車
両
の
後
ろ
半
分
の
人
が
音
の
し
た
方
に
首
を
向
け
た
時
 
車
両
  
両
の
前
半
分
が
母
乳
の
洪
水
に
襲
わ
れ
た
 °
  
電
車
内
に
突
然
バ
キ
ン
と
音
が
し
た
と
思
う
と
 
一
瞬
後
に
は
車
  
  
  
み
込
ま
れ
た
 °
  
次
の
瞬
間
温
か
な
液
体
が
顔
に
ぶ
つ
か
っ
て
 
そ
し
て
全
身
が
包
  
が
し
た
 °
  
甘
い
香
り
は
よ
り
強
烈
に
な
り
 
遠
か
ら
何
か
が
押
し
寄
せ
る
音
  
バ
キ
ン
 
バ
キ
ン
と
大
き
な
金
属
質
な
音
が
2
回
し
た
 °
  
頭
の
前
半
分
ま
で
乳
首
に
埋
ま
っ
て
い
た
 °
  
電
車
の
揺
れ
と
は
別
の
揺
れ
を
顔
で
感
じ
る
 °
  
甘
い
 °
美
味
し
い
 °
  
母
乳
を
舐
め
と
っ
た
 °
  


























   

  
女
性
が
気
絶
か
ら
戻
っ
て
き
た
の
は
そ
れ
か
ら
1
時
間
経
っ
て
噴
  
  
て
し
ま
う
の
だ
 °
  
一
度
に
大
量
に
噴
き
出
し
て
し
ま
う
と
あ
ま
り
の
快
感
に
失
神
し
  
女
性
は
母
乳
を
出
す
時
僅
か
に
快
感
を
感
じ
る
が
 
こ
の
よ
う
に
  
  
女
性
は
ま
だ
気
絶
し
た
ま
ま
母
乳
を
噴
き
出
し
続
け
て
い
た
 °
  
よ
く
あ
る
こ
と
な
の
で
 
掃
除
の
人
た
ち
の
手
際
は
良
い
 °
  
て
い
た
母
乳
が
ホ
|
ム
に
溢
れ
出
し
た
 °
  
ホ
|
ム
に
電
車
が
入
り
 
車
両
の
ド
ア
が
開
い
た
瞬
間
 
溜
ま
っ
  
た
が
走
り
続
け
 
2
分
後
に
最
寄
り
駅
へ
到
着
し
た
 °
  
5
両
目
か
ら
母
乳
が
吹
き
出
し
電
車
は
緊
急
の
た
め
の
減
速
を
し
  
  
女
性
は
白
目
を
向
い
て
い
た
 °
  
れ
だ
っ
た
 °
  
て
い
て
 
同
じ
車
両
に
乗
っ
て
い
た
人
た
ち
は
皆
全
身
母
乳
ま
み
  
車
両
の
窓
よ
り
下
の
空
間
に
は
母
乳
が
ま
だ
た
っ
ぷ
り
と
溜
ま
っ
  
女
性
の
乳
首
か
ら
は
ま
だ
母
乳
が
勢
い
良
く
噴
射
さ
れ
て
い
た
 °
  
が
走
っ
て
い
る
の
で
 
母
乳
は
そ
こ
へ
流
れ
た
 °
  
こ
う
い
う
こ
と
も
あ
ろ
う
か
と
 
線
路
の
端
に
は
深
く
大
き
な
溝

   

  
を
壊
し
た
り
人
を
傷
つ
け
た
時
に
そ
の
賠
償
金
を
代
わ
り
に
払
っ
  
こ
れ
は
女
性
が
そ
の
巨
大
な
胸
 
膨
大
な
量
の
母
乳
に
よ
っ
て
物
  
る
国
民
乳
災
保
険
に
よ
っ
て
免
除
さ
れ
る
 °
  
な
ら
な
い
が
 
今
で
は
女
性
全
員
が
加
入
を
義
務
付
け
ら
れ
て
い
  
壊
れ
た
車
両
は
本
来
な
ら
壊
し
た
女
性
自
身
が
賠
償
し
な
け
れ
ば
  
  
れ
 
母
乳
が
収
ま
る
ま
で
の
1
時
間
半
 
そ
の
場
で
過
ご
し
た
 °
  
女
性
は
気
絶
し
た
ま
ま
駅
に
併
設
さ
れ
て
い
る
浄
化
場
に
入
れ
ら
  
  
  
を
浴
び
て
2
時
間
遅
れ
で
学
校
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
置
さ
れ
て
い
る
公
営
の
洗
浄
場
に
入
り
服
を
洗
濯
し
 
シ
ャ
ワ
|
  
彼
は
こ
う
い
う
母
乳
ま
み
れ
に
な
る
事
態
用
に
街
の
至
る
所
に
設
  
で
で
き
た
カ
バ
ン
の
中
身
だ
け
で
あ
っ
た
 °
  
全
身
母
乳
ま
み
れ
で
 
無
事
だ
っ
た
の
は
完
全
防
乳
性
能
の
繊
維
  
着
い
た
頃
に
は
目
覚
め
て
い
た
 °
  
男
子
高
校
生
も
母
乳
の
直
撃
で
気
絶
し
て
い
た
が
 
最
寄
り
駅
に
  
  
  
乳
の
量
が
減
り
始
め
て
か
ら
だ
っ
た
 °











   

  
は
よ
く
目
立
っ
た
 °
  
建
物
へ
歩
い
て
行
く
 °
女
性
の
集
団
の
中
で
も
彼
女
の
巨
大
な
胸
  
性
の
集
団
は
一
様
に
駅
か
ら
3
0
0
m
ほ
ど
離
れ
た
巨
大
な
白
い
  
駅
を
出
た
彼
女
 
と
い
う
よ
り
彼
女
を
含
む
巨
大
な
胸
を
持
つ
女
  
が
大
勢
居
る
の
で
狭
く
感
じ
る
 °
  
駅
は
ホ
|
ム
や
階
段
 
改
札
が
広
く
作
ら
れ
て
い
る
の
だ
が
女
性
  
し
た
 °
  
彼
女
は
仕
事
場
の
最
寄
り
駅
で
あ
る
と
あ
る
海
沿
い
の
駅
で
下
車
  
  
み
よ
う
 °
  
朝
の
一
風
景
を
見
終
わ
っ
た
の
で
 
次
は
彼
女
に
つ
い
て
行
っ
て
  
  
  
な
の
で
女
性
は
終
始
恥
ず
か
し
そ
う
に
し
て
い
た
 °
  
う
な
噴
乳
は
し
て
は
い
け
な
い
よ
う
に
教
育
さ
れ
る
 °
  
一
応
マ
ナ
|
と
し
て
 
公
共
の
場
で
は
他
人
に
迷
惑
を
か
け
る
よ
  
を
装
着
し
再
び
電
車
に
乗
っ
て
仕
事
場
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
彼
女
は
母
乳
を
搾
り
終
わ
っ
た
後
 
予
備
の
ス
ト
ッ
パ
|
リ
ン
グ
  
  
て
く
れ
る
保
険
で
あ
る
 °
















   

  
牛
や
山
羊
に
類
似
す
る
生
き
物
の
い
な
い
乳
星
の
人
間
の
歴
史
で
  
あ
っ
た
 °
  
栄
養
価
の
高
さ
 
加
え
て
量
は
乳
球
に
お
い
て
ト
ッ
プ
ク
ラ
ス
で
  
乳
日
本
の
女
性
の
胸
の
大
き
さ
は
中
く
ら
い
だ
が
 
母
乳
の
甘
さ
 
  
る
 °
  
し
か
し
や
は
り
胸
の
大
き
さ
 
母
乳
の
質
 
量
に
は
地
域
差
が
あ
  
大
き
い
乳
房
を
持
ち
 
母
乳
を
出
す
 °
  
乳
球
の
人
間
の
女
性
は
国
 
地
域
を
問
わ
ず
に
ど
こ
で
も
非
常
に
  
  
簡
単
に
言
う
と
 
母
乳
を
出
す
の
が
仕
事
だ
 °
  
だ
 °
  
彼
女
た
ち
の
仕
事
は
こ
の
国
で
は
┏┓
乳
出
し
┗┛
と
呼
ば
れ
る
も
の
  
あ
そ
こ
が
彼
女
た
ち
の
職
場
だ
 °
  
い
る
 °
  
建
物
と
タ
ン
ク
の
側
面
に
大
き
く
∧

豊
実
乳
業
∨
と
書
か
れ
て
  
が
2
0
基
ほ
ど
併
設
さ
れ
て
い
る
 °
  
白
い
建
物
の
そ
ば
に
は
こ
れ
ま
た
巨
大
な
白
い
円
筒
形
の
タ
ン
ク
  
  
0
c
m
は
あ
り
そ
う
な
人
物
ば
か
り
だ
 °
  
他
の
女
性
も
彼
女
ほ
ど
で
は
な
い
が
 
そ
れ
で
も
バ
ス
ト
1
0
0

   

  
洗
い
終
わ
っ
た
ら
胸
全
体
を
消
毒
す
る
 °
  
職
員
は
┏┓
乳
出
し
┗┛
以
外
全
員
男
性
で
あ
る
 °
  
乳
房
を
洗
う
専
門
の
ス
タ
ッ
フ
が
綺
麗
に
洗
っ
て
く
れ
る
 °
  
乳
首
周
辺
は
入
念
に
 °
  
┏┓
乳
出
し
┗┛
の
女
性
が
建
物
の
中
に
入
る
と
 
ま
ず
体
を
洗
う
 °
  
  
  
乳
が
元
に
な
っ
て
い
る
 °
  
国
外
で
消
費
さ
れ
る
乳
製
品
の
5
分
の
1
は
こ
の
国
の
女
性
の
母
  
国
内
で
消
費
さ
れ
る
乳
製
品
の
自
給
率
1
0
0
%
は
も
ち
ろ
ん
 
  
国
で
も
乳
日
本
の
女
性
の
母
乳
が
使
わ
れ
て
い
る
 °
  
甘
く
な
る
の
で
 
ス
|
パ
|
に
並
ん
で
い
る
お
菓
子
な
ら
ど
こ
の
  
特
に
 
お
菓
子
の
原
材
料
と
し
て
は
砂
糖
を
入
れ
な
く
て
も
充
分
  
飼
料
と
し
て
需
要
が
あ
り
 
主
要
な
輸
出
品
と
な
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
で
 
い
ろ
い
ろ
な
国
で
お
菓
子
や
健
康
食
品
の
原
材
料
 
家
畜
の
  
乳
日
本
の
女
性
か
ら
出
る
母
乳
は
非
常
に
甘
く
栄
養
価
が
高
い
の
  
現
在
で
も
そ
う
で
あ
る
 °
  
様
に
捧
げ
る
供
物
で
も
あ
っ
た
 °
  
食
料
や
飲
み
物
で
あ
り
 
肥
料
で
あ
り
 
化
粧
品
に
も
な
り
 
  
母
乳
は
非
常
に
重
要
な
役
割
を
果
た
し
て
き
た
 °







   

  
位
だ
 °
  
そ
の
お
か
げ
で
い
つ
も
は
母
乳
量
N
o
 
1
の
彼
女
が
今
日
は
3
  
の
だ
 °
  
今
日
の
仕
事
で
出
す
母
乳
が
い
つ
も
の
半
分
程
度
し
か
無
か
っ
た
  
今
朝
の
大
噴
乳
は
と
て
も
気
持
ち
が
良
か
っ
た
が
 
そ
の
せ
い
で
  
電
車
を
破
壊
し
た
女
性
が
職
場
か
ら
複
雑
な
顔
で
出
て
く
る
 °
  
  
り
た
い
職
業
1
位
で
あ
る
 °
  
母
乳
を
出
せ
ば
出
す
ほ
ど
お
金
が
貰
え
る
の
で
 
女
子
学
生
が
な
  
だ
 °
  
┏┓
乳
出
し
┗┛
は
出
し
た
母
乳
の
量
の
分
お
金
を
貰
う
完
全
歩
合
制
  
建
物
か
ら
出
る
と
き
は
も
う
一
度
体
を
洗
っ
て
か
ら
出
る
 °
  
休
憩
を
は
さ
み
つ
つ
6
時
間
ほ
ど
搾
乳
を
受
け
 
終
了
と
な
る
 °
  
生
産
量
を
増
や
す
コ
ツ
な
の
だ
 °
  
ス
ト
レ
ス
を
あ
ま
り
感
じ
さ
せ
な
い
よ
う
に
す
る
こ
と
が
母
乳
の
  
な
が
ら
 °
な
ど
な
ど
 °
  
テ
レ
ビ
を
見
な
が
ら
 °
マ
ッ
サ
|
ジ
を
受
け
な
が
ら
 °
本
を
読
み
  
好
き
な
体
勢
で
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
て
搾
乳
で
き
る
 °
  
女
性
は
ス
ト
ッ
パ
|
リ
ン
グ
を
外
し
 
搾
乳
器
を
乳
首
に
装
着
し
  
そ
れ
が
終
わ
っ
た
ら
い
よ
い
よ
搾
乳
で
あ
る
 °








   

  
基
本
的
に
建
物
は
広
く
大
き
く
設
計
さ
れ
て
い
る
が
 
バ
ス
ト
4
  
い
る
 °
  
休
憩
時
間
の
よ
う
で
 
教
室
内
で
生
徒
が
思
い
思
い
に
過
ご
し
て
  
一
ク
ラ
ス
4
0
人
で
男
女
比
は
半
々
く
ら
い
だ
 °
  
共
学
の
高
校
だ
 °
  
近
く
の
高
校
に
目
を
移
す
 °
  
  
思
春
期
を
迎
え
た
子
ど
も
た
ち
の
い
る
学
校
も
超
乳
ま
み
れ
だ
 °
  
次
は
学
校
を
覗
い
て
み
よ
う
 °
  
  
  
  
彼
女
は
少
し
肩
を
落
と
し
 
家
へ
と
帰
っ
て
い
っ
た
 °
  
  
ら
 
い
つ
も
の
彼
女
の
噴
乳
量
が
窺
い
知
れ
る
 °
  
直
後
に
数
百
人
の
┏┓
乳
出
し
┗┛
の
中
で
3
位
に
食
い
込
む
の
だ
か
  
朝
に
母
乳
を
2
0
0
万
リ
ッ
ト
ル
近
く
出
し
て
お
き
な
が
ら
そ
の
  
ち
ぎ
っ
て
1
位
な
の
だ
 °
  
も
何
倍
も
の
乳
腺
を
持
つ
彼
女
は
 
い
つ
も
は
2
位
以
下
を
ぶ
っ
  
胸
が
大
き
く
 
通
常
よ
り
も
母
乳
を
大
量
に
作
る
体
質
で
人
よ
り

   

  
定
期
的
に
搾
乳
が
必
要
な
の
で
 
女
子
ト
イ
レ
と
は
別
に
搾
乳
室
  
こ
れ
は
搾
乳
機
が
空
く
の
を
待
っ
て
い
る
列
だ
 °
  
て
い
た
 °
  
廊
下
の
方
へ
出
る
と
 
廊
下
に
は
女
子
生
徒
の
長
蛇
の
列
が
で
き
  
  
  
ブ
ラ
ジ
ャ
|
と
い
う
概
念
は
 
こ
の
世
界
に
は
無
か
っ
た
 °
  
ト
ッ
パ
|
リ
ン
グ
を
付
け
て
い
る
 °
  
乳
首
に
は
校
則
に
反
し
な
い
程
度
で
思
い
思
い
の
カ
ラ
フ
ル
な
ス
  
関
わ
ら
ず
 
そ
の
胸
は
美
し
い
曲
線
を
描
い
て
い
た
 °
  
立
っ
た
ま
ま
下
乳
が
地
面
に
付
い
て
い
る
も
の
 
い
な
い
も
の
に
  
て
い
た
 °
  
り
 
鎖
骨
の
少
し
下
か
ら
大
き
く
砲
弾
の
よ
う
に
前
へ
突
き
出
し
  
女
子
生
徒
た
ち
の
胸
は
若
い
だ
け
あ
っ
て
肌
に
ハ
リ
と
ツ
ヤ
が
あ
  
そ
の
上
か
ら
紺
の
ブ
レ
ザ
|
を
羽
織
っ
て
い
る
 °
  
だ
け
生
地
が
な
い
ワ
イ
シ
ャ
ツ
を
着
て
い
る
 °
  
制
服
の
チ
ェ
ッ
ク
柄
の
プ
リ
|
ツ
ス
カ
|
ト
に
 
上
は
胸
の
部
分
  
学
校
で
も
女
性
は
胸
を
す
べ
て
曝
け
出
し
た
ま
ま
だ
 °
  
い
で
窮
屈
に
感
じ
る
 °
  
0
0
|
1
0
0
0
c
m
ほ
ど
の
女
子
生
徒
が
2
0
人
近
く
居
る
せ

   

  
  
  
れ
に
な
っ
て
し
ま
う
こ
と
も
あ
る
 °
  
乳
し
て
し
ま
い
 
廊
下
だ
け
で
な
く
 
フ
ロ
ア
全
体
が
母
乳
ま
み
  
そ
の
と
き
同
じ
く
順
番
待
ち
を
し
て
い
る
女
子
生
徒
が
も
ら
い
噴
  
日
に
2
 
3
回
は
起
こ
っ
て
い
る
 °
  
っ
て
廊
下
で
母
乳
を
ぶ
ち
ま
け
て
し
ま
う
 
な
ん
て
こ
と
な
ら
1
  
搾
乳
室
の
前
で
自
分
の
番
を
待
っ
て
い
る
間
に
我
慢
で
き
な
く
な
  
あ
る
 °
  
れ
て
教
室
中
が
母
乳
ま
み
れ
に
な
る
こ
と
が
一
月
に
1
 
2
度
は
  
そ
れ
で
も
 
授
業
中
に
突
然
母
乳
が
乳
首
か
ら
爆
発
的
に
噴
射
さ
  
に
搾
乳
す
る
の
だ
 °
  
性
化
し
胸
が
大
き
く
な
る
こ
と
も
わ
か
っ
て
い
る
の
で
皆
念
入
り
  
ま
た
 
思
春
期
に
搾
乳
の
刺
激
を
多
く
受
け
る
こ
と
で
乳
腺
が
活
  
あ
る
 °
  
イ
ズ
か
ら
想
定
さ
れ
る
母
乳
量
よ
り
も
多
く
母
乳
が
出
る
こ
と
も
  
学
生
の
間
は
ホ
ル
モ
ン
バ
ラ
ン
ス
が
不
安
定
な
の
で
 
バ
ス
ト
サ
  
よ
う
な
行
列
が
見
ら
れ
る
 °
  
の
搾
乳
機
は
設
置
さ
れ
て
い
な
い
の
で
 
休
み
時
間
の
度
に
こ
の
  
が
設
け
ら
れ
て
い
る
が
 
一
度
に
生
徒
全
員
が
搾
乳
で
き
る
ほ
ど

   

  
母
乳
を
与
え
て
い
る
女
子
生
徒
は
顔
を
赤
ら
め
て
い
る
が
 
目
を
  
を
作
っ
て
い
た
 °
  
乳
が
零
れ
て
お
り
 
床
に
ぴ
ち
ゃ
ぴ
ち
ゃ
と
小
さ
な
母
乳
溜
ま
り
  
口
の
端
か
ら
は
 
飲
み
き
れ
な
か
っ
た
の
だ
ろ
う
か
 
少
量
の
母
  
喉
の
動
き
か
ら
察
す
る
に
結
構
多
い
量
が
出
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
け
て
母
乳
を
美
味
し
そ
う
に
飲
ん
で
い
る
 °
  
男
子
生
徒
は
握
り
こ
ぶ
し
よ
り
も
少
し
大
き
め
の
乳
首
に
口
を
つ
  
女
子
生
徒
の
バ
ス
ト
は
6
0
0
c
m
ほ
ど
だ
ろ
う
か
 °
  
か
ら
母
乳
を
飲
ん
で
い
る
と
こ
ろ
だ
 °
  
教
室
を
覗
く
と
ち
ょ
う
ど
2
人
の
男
子
生
徒
が
1
人
の
女
子
生
徒
  
も
い
る
 °
  
り
恥
ず
か
し
い
の
で
何
か
容
れ
物
に
入
れ
て
欲
し
い
と
い
う
女
子
  
乳
首
か
ら
直
に
吸
わ
れ
て
も
い
い
と
い
う
女
子
も
い
れ
ば
 
や
は
  
性
も
母
乳
は
頼
め
ば
飲
ま
せ
て
く
れ
る
 °
  
乳
は
皆
に
分
け
与
え
る
べ
し
 
と
い
う
も
の
が
あ
り
 
ど
ん
な
女
  
女
性
の
マ
ナ
|
と
し
て
 
よ
ほ
ど
の
こ
と
が
な
い
限
り
自
分
の
母
  
だ
 °
  
な
ぜ
な
ら
喉
が
渇
い
た
ら
近
く
の
女
子
に
母
乳
を
貰
え
ば
良
い
の
  
っ
て
く
る
人
物
は
皆
無
と
い
う
こ
と
だ
 °
  
そ
れ
以
外
は
普
通
な
学
校
だ
が
 
異
な
る
点
は
学
校
に
水
筒
を
持

   

  
こ
れ
は
乳
球
で
は
日
常
の
風
景
で
あ
る
 °
  
ら
出
る
水
を
飲
む
こ
と
の
よ
う
に
普
通
の
行
動
な
の
だ
 °
  
男
子
生
徒
に
と
っ
て
も
 
同
級
生
の
母
乳
を
飲
む
こ
と
は
蛇
口
か
  
  
い
で
充
満
す
る
の
だ
 °
  
す
る
と
そ
の
い
ざ
こ
ざ
で
母
乳
が
飛
び
散
り
 
教
室
は
母
乳
の
匂
  
ろ
う
と
す
る
 
と
い
う
こ
と
も
し
ば
し
ば
起
こ
る
 °
  
誰
か
が
乳
首
か
ら
直
接
母
乳
を
飲
ん
で
い
て
も
力
づ
く
で
奪
い
取
  
た
思
春
期
の
男
子
と
い
う
の
は
少
し
乱
暴
に
な
っ
て
し
ま
う
の
で
  
暑
く
て
喉
が
渇
い
た
か
ら
か
 
母
乳
の
せ
い
か
 
母
乳
を
前
に
し
  
子
生
徒
の
胸
に
喉
を
渇
か
せ
た
男
子
生
徒
が
群
が
る
の
で
あ
る
 °
  
夏
に
な
っ
て
暑
く
な
っ
て
く
る
と
休
み
時
間
が
始
ま
る
や
否
や
女
  
  
通
の
こ
と
で
あ
っ
た
 °
  
女
子
生
徒
に
と
っ
て
同
級
生
に
母
乳
を
飲
ま
せ
る
の
は
至
っ
て
普
  
  
ざ
そ
ち
ら
を
見
て
い
る
者
は
い
な
か
っ
た
 °
  
周
囲
の
生
徒
た
ち
は
そ
の
風
景
を
見
慣
れ
て
い
る
の
で
 
わ
ざ
わ
  
い
て
た
 °
  
細
め
 
気
持
ち
よ
さ
そ
う
な
表
情
で
2
人
の
男
子
生
徒
を
眺
め
て

   

  
た
い
て
い
の
飲
食
店
の
奥
に
は
 
ミ
ル
ク
サ
|
バ
|
担
当
の
女
性
  
は
搾
り
た
て
ほ
や
ほ
や
の
母
乳
が
出
て
来
る
 °
  
地
球
で
は
普
通
飲
食
店
に
入
る
と
お
冷
が
出
て
来
る
が
 
乳
球
で
  
こ
の
店
だ
け
の
サ
|
ビ
ス
で
は
な
い
 °
  
あ
り
 
中
に
は
母
乳
が
入
っ
て
い
た
こ
と
が
分
か
る
 °
  
店
内
を
見
返
す
と
 
ど
の
客
の
テ
|
ブ
ル
に
も
大
き
な
コ
ッ
プ
が
  
  
そ
う
 
母
乳
で
あ
る
 °
  
  
れ
た
白
い
液
体
を
持
っ
て
き
た
 °
  
リ
ッ
ト
ル
く
ら
い
は
あ
り
そ
う
な
大
き
な
コ
ッ
プ
に
並
々
と
注
が
  
男
性
は
カ
ウ
ン
タ
|
に
座
る
 °
す
る
と
す
か
さ
ず
男
性
店
員
が
1
  
  
新
し
い
客
が
1
人
入
店
し
て
き
た
 °
  
特
に
変
わ
っ
た
様
子
は
無
い
 °
  
中
に
は
男
性
客
が
4
人
ほ
ど
カ
ウ
ン
タ
|
で
牛
丼
を
食
べ
て
い
た
 °
  
中
を
覗
い
て
み
る
 °
  
お
昼
の
少
し
前
 
牛
丼
屋
を
見
つ
け
た
 °
  
さ
て
 
街
の
な
か
を
見
て
い
こ
う
 °
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
で
 
見
つ
け
る
の
は
な
か
な
か
の
一
苦
労
で
あ
る
 °
  
m
程
度
か
 
そ
れ
以
下
と
い
う
貧
乳
の
女
性
は
非
常
に
少
な
い
の
  
客
に
人
気
だ
が
 
働
け
る
年
齢
で
バ
ス
ト
が
2
0
0
|
3
0
0
c
  
直
接
目
の
前
で
搾
乳
し
て
く
れ
る
ア
ル
バ
イ
ト
が
い
る
店
は
男
性
  
こ
と
も
あ
る
 °
  
の
前
で
直
接
自
分
の
乳
首
か
ら
コ
ッ
プ
に
母
乳
を
注
い
で
く
れ
る
  
店
に
よ
っ
て
は
 
貧
乳
の
女
性
が
バ
イ
ト
と
し
て
い
る
場
合
 
  
  
な
の
で
お
か
わ
り
も
す
ぐ
に
出
て
来
る
 °
  
度
そ
の
都
度
搾
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
が
一
人
か
複
数
人
常
駐
し
て
い
て
 
客
に
出
す
ミ
ル
ク
を
そ
の
都

  > ≫