乳  蔀  世  さ  し  ら  篠     プ     僕  そ  う  昼  篠  午     扇  ウ  
     肉  よ  間  か  か  れ  本     チ     は  れ  出  休  本  後     風  エ  
     だ  り  一  っ  し  ず  さ      `    昼  が  来  み  さ  の     機  イ  
     け  は  般  た   ` 弾  ん     プ     休  全  事  に  ん  授     の  ト  
     を  多  的     そ  け  の     チ     み  く     起  は  業     バ  レ  
     増  少  に     れ  飛  制      `    の  無     こ  普        ネ  ス  
     や  大  い     は  ぶ  服     プ     こ  か     っ  通              
     し  き  う     僕     の     チ     と  っ     た  に        作     
     た  い  爆     が     ボ           を  た     篠  授              
     だ  そ  乳     思     タ           振  こ     本  業              
     け  の  の     っ     ン           り  と     さ  を              
     の  胸  レ     て     が           返  の     ん  受              
     よ  は  ベ     い     膨           る  よ     の  け              
     う  乳  ル     た     大              う     胸  て              
     だ  首  だ     モ     な              に     が  い              
     っ  が  っ     ノ     質                    膨  た              
     た  小  た     よ     量                    ら                 
        さ        り     に                    む                 
        く        は     耐                    と                 
         `       小     え                    い                 
                                                              



     制  ど  個  そ     ボ   ┐  ┐ く   ┐    た  そ  篠     し   ┐  ┐  ┐ 
     服  平  室  し     タ  大  で  な  そ        し  本     な  大  あ  ふ  
     の  ら  か  て     ン  丈  も  っ   `       て  さ     い  丈  の  ぅ  
     ボ  に  ら  篠     は  夫  制  ち  私        先  ん     で  夫  ∫  ∫  
     タ  な  出  本     付  大  服  ゃ  っ        ほ  の    └   だ   `└   
     ン  っ  て  さ     け  丈  大  う  て        ど  青        よ  大     
     も  て  き  ん     直  夫  丈  ん  液        の  か        和  丈     
     付  い  た  は     せ   ` 夫  だ  状        こ  っ        希  夫     
     け  た  時  ト     ば  ト  な └   の        と  た         ` で     
     て     は  イ     済  イ  の     乳        が  顔        い  す     
     渡     も  レ     む  レ  ?     製        嘘  が        つ  か     
     し     う  に     こ  に └      品        の  元        も  ?     
     た     胸  行     と  行        と        よ  に        の └      
           が  っ     だ  け        か        う  戻        こ        
           萎  た     ろ  ば        を        に  る        と        
           ん       └   す        飲        明           だ        
           で           ぐ        む        る           か        
           ほ           縮        と        く           ら        
           と           む        大        言           気        
           ん           し        き        っ           に        
                                                              



  の  た  何      ┐ 人   ┐ 1   ┐    言  蔀  も  僕      ┐  ┐  ┐    ☆  
  は  し  だ     そ  じ  そ  8  双     を  は  う  は     私  え  和     ☆  
  あ  か  か     う  ゃ  れ  時  恵     伝  不  放  い     以   ` 希     ☆  
  の  に  酷     ね  ち  じ  頃  が     え  機  課  つ     外  蔀  ∫     ☆  
  人  恋  い      ` ょ  ゃ  に       て  嫌  後  の     の  ・  起     ☆  
  く  人  言     あ  っ  沙  家  地     く  そ  だ  間     何  ・  き     ☆  
  ら  関  わ     ん  と  耶  に  図     れ  う  っ  に     に  ・  な     ☆  
  い  係  れ     な  心  香  来  は     た  な  た  か     見  ?  さ     ☆  
  だ  の  よ     の  細  さ  て  蔀        顔     眠     え └   い     ☆  
  け  僕  う     で  い  ん    ち        を     っ     る     !     ☆  
  ど  と  だ     も  し  も  だ  ゃ        し     て     の    └      ☆  
   ┐ 蔀        居 └   誘  っ  ん        て     し     ?           ☆  
  奴  の        な     お  て  に        篠     ま    └            ☆  
  隷  間        い     う └   渡        本     っ                 ☆  
 └   に        よ     か     し        さ     た                 ☆  
  は  入        り      `    て        ん     ら                 ☆  
  言  っ        は     僕     あ        か     し                 ☆  
  わ  て        マ     た     る        ら     い                 ☆  
  な  く        シ     ち     か        の                       ☆  
  い  る        ね     2     ら        伝                       ☆  
             └                                                



  し  す  僕 ┌┐     ┐  ┐ し  は   ┐    話  そ  僕      ┐ さ   ┐    か  
  ま  っ  は  し     ・  あ  て  休  う     し  し  は     い  ん  そ     ら  
  っ  か  後  ま     ・  り  い  み  ∫     た  て  途     い  に  れ     な  
  た  り  悔  っ     ・  が  っ  を  ん        レ  中     わ  聞  じ     ∫  
     忘  し  た       と  て  与   `       ス  ま      ` い  ゃ        
     れ  て └┘    叔  う  よ  え  し        ト  で     じ  て  一        
     て  い        母  叔 └   ま  ょ        ラ  蔀     ゃ  く  旦        
     本  た        さ  母     し  う        ン  と     あ  る  家        
     人           ん  さ     ょ  が        に  帰     1  よ  に        
     の             ん     う  な        行  る     7 └   帰        
     前           !  !      ° い        き        時     っ        
     で          └  └      け  わ        茜        3     て        
     叔                    ど  ね        叔        0     叔        
     母                    ミ  沙        母        分     母        
     さ                    ル  耶        さ        頃     さ        
     ん                    ク  香        ん        に     ん        
     と                    の  に        に        行     と        
     呼                    補  も        事        く     沙        
     ん                    充  今        情        か     耶        
     で                    は  日        を        ら     香        
                                              └               



           続     や  給      ┐ 割   ┐  ┐    優     か   ┐    感  茜  
           く     洋  料     え  減  よ  茜     し     忘  う     だ  叔  
                 服  が     ∫  で  ろ  ・     い     れ  ふ     っ  母  
                 が  少     ん  許  し  ・     声     た  ふ     た  さ  
                 買  な     ・  し  い  ・     な     の   `    の  ん  
                 え  い     ・  て   ` お     の     ?  和     だ  は  
                 な  と     ・  あ  そ  姉     に    └   希        ○  
                 い  徒    └   げ  れ  さ     目        く        ○  
                 の  で        る  じ  ん     は        ん        才  
                 だ  さ       └   ゃ └      笑         `       で  
                    え           罰        っ        私        年  
                    高           は        て        の        齢  
                    く           オ        な        こ        の  
                    つ           マ        く        と        こ  
                    く           ケ        て        は        と  
                    特           し        怖        何        に  
                    注           て        か        て        関  
                    の           給        っ        呼        し  
                    下           料        た        ぶ        て  
                    着           1                 の        敏