で
暮
ら
し
て
い
た
 °
  
人
々
は
そ
の
女
王
の
も
と
 
 
胸
の
大
き
さ
が
物
を
言
う
世
界
 
  
そ
れ
以
上
と
も
言
わ
れ
て
い
る
 °
  
現
女
王
の
バ
ス
ト
は
2
0
0
と
も
3
0
0
と
も
・
・
・
は
た
ま
た
  
崇
め
ら
れ
 
神
と
同
等
な
不
思
議
な
力
さ
え
与
え
ら
れ
て
い
た
 °
  
中
で
も
一
番
胸
の
大
き
な
女
性
は
そ
の
世
界
の
 
女
王
 
と
し
て
  
み
 
都
は
大
き
な
胸
の
持
ち
主
で
溢
れ
返
っ
て
い
た
 °
  
1
0
0
c
m
以
下
の
胸
の
女
性
は
都
か
ら
遠
く
離
れ
た
土
地
に
住
  
ほ
ど
力
を
持
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
女
性
達
も
胸
の
大
き
さ
で
分
け
ら
れ
 
大
き
な
胸
の
持
ち
主
  
世
の
男
性
は
そ
の
声
を
ひ
そ
め
 
女
性
達
に
従
っ
て
い
た
 °
  
 
  
こ
の
世
界
で
は
胸
の
大
き
さ
こ
そ
最
も
尊
い
も
の
と
さ
れ
て
い
る
 °
  
 
  
こ
れ
は
別
の
世
界
の
お
話
・
・
・
  
  
せ
い
 
作
  
科
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
1
















≪ <  

  
背
は
標
準
 °
髪
は
茶
色
で
 
研
究
の
た
め
か
ポ
ニ
|
テ
|
ル
に
結
  
ど
ち
ら
か
と
い
う
と
可
愛
ら
し
い
顔
つ
き
で
あ
る
 °
  
歳
は
1
7
|
8
ぐ
ら
い
だ
ろ
う
か
 °
顔
は
か
な
り
整
っ
て
お
り
 
  
彼
女
の
胸
が
小
さ
い
か
ら
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
こ
れ
で
私
の
胸
も
・
・
・
 
  
 
  
ら
  
だ
が
 
彼
女
の
名
が
都
に
ま
で
届
く
こ
と
は
無
か
っ
た
 °
な
ぜ
な
  
し
て
は
町
の
人
を
驚
か
せ
て
い
る
 °
  
彼
女
は
町
で
も
有
名
な
科
学
者
で
 
し
ょ
っ
ち
ゅ
う
変
な
発
明
を
  
 
  
 
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
こ
れ
さ
え
あ
れ
ば
・
・
・
 
  
 
  
る
物
を
完
成
さ
せ
て
い
た
 °
  
こ
こ
に
住
む
小
高
 
志
穂
∧
コ
ダ
カ
 
シ
ホ
∨
は
 
今
ま
さ
に
あ
  
都
か
ら
遠
く
遠
く
離
れ
た
小
さ
な
町
 °
  
 
  
 
・
・
・
出
来
た
 °
つ
い
に
出
来
た
わ
・
・
・
!
!
 
  
 

























   

  
|
|
|
|
|
|
|
パ
チ
ン
ッ
  
 
  
志
穂
は
大
き
く
深
呼
吸
を
す
る
と
  
 
  
せ
ば
い
い
だ
け
・
・
・
完
璧
ね
 °
 
  
は
大
き
く
な
り
続
け
る
わ
 °
そ
れ
に
 
止
め
た
い
時
は
指
を
鳴
ら
  
収
し
て
私
に
還
元
す
る
装
置
 
・
・
・
こ
れ
さ
え
あ
れ
ば
私
の
胸
  
ね
 °
 
周
り
の
人
間
の
胸
が
大
き
く
な
り
た
い
と
い
う
欲
望
を
吸
  
 
後
は
私
が
指
を
鳴
ら
せ
ば
・
・
・
ふ
ふ
ふ
っ
 °
我
な
が
ら
天
才
  
 
  
何
や
ら
球
状
の
も
の
を
飲
み
こ
む
志
穂
 °
  
 
  
 
早
速
使
っ
て
み
よ
う
・
・
・
 
  
 
  
都
か
ら
遠
く
離
れ
た
こ
の
町
で
ひ
っ
そ
り
と
暮
ら
し
て
い
た
 °
  
彼
女
は
こ
の
胸
の
せ
い
で
才
能
を
認
め
て
も
ら
え
な
い
ど
こ
ろ
か
 
  
7
0
c
m
前
後
・
・
・
全
く
と
言
っ
て
い
い
ほ
ど
育
っ
て
い
な
い
 °
  
た
が
 
た
だ
一
つ
 °
胸
が
小
さ
か
っ
た
 °
  
手
足
は
長
く
 
腰
も
細
い
 °
と
も
す
れ
ば
か
な
り
の
美
女
で
あ
っ
  
ん
で
い
る
 °





















   

  
志
穂
は
服
が
破
け
て
し
ま
う
前
に
装
置
を
止
め
る
こ
と
に
し
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
も
う
 
い
い
わ
ね
・
・
・
 
  
 
  
そ
し
て
  
彼
女
の
着
て
い
た
服
が
悲
鳴
を
あ
げ
る
 °
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
グ
グ
グ
グ
・
・
・
!
!
  
 
  
 
あ
あ
っ
・
・
・
っ
く
・
・
・
ふ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
 
  
 
  
る
 °
  
つ
ま
り
 
胸
が
大
き
く
な
る
の
は
球
体
を
飲
ん
だ
志
穂
だ
け
で
あ
  
り
た
い
と
い
う
欲
望
 
を
送
り
込
む
も
の
だ
っ
た
 °
  
こ
の
装
置
は
志
穂
が
飲
ん
だ
球
体
の
持
ち
主
に
 
胸
が
大
き
く
な
  
装
置
が
作
動
し
 
鈍
い
音
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
あ
う
っ
・
・
・
胸
が
 
熱
い
・
・
・
 
  
 
  
す
る
と
  
指
を
鳴
ら
し
た
 °



















   

  
 
9
0
c
m
台
に
な
っ
た
ら
い
ろ
い
ろ
な
権
利
が
与
え
ら
れ
る
の
  
 
  
住
む
こ
と
が
出
来
る
 °
  
8
0
c
m
台
と
言
っ
た
ら
こ
こ
よ
り
少
し
都
に
近
い
町
へ
と
移
り
  
測
定
結
果
に
喜
ぶ
志
穂
 °
  
 
  
わ
!
8
0
c
m
台
!
 
  
 
え
っ
と
・
・
・
は
ち
じ
ゅ
う
・
・
・
に
 °
8
2
c
m
 °
や
っ
た
  
 
  
近
く
に
置
い
て
あ
っ
た
メ
ジ
ャ
|
を
手
に
持
つ
と
  
 
  
は
・
・
・
 
  
 
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
大
き
く
な
っ
て
る
・
・
・
そ
う
だ
 
サ
イ
ズ
  
 
  
彼
女
は
そ
の
ま
ま
服
を
脱
ぐ
と
鏡
の
前
に
立
っ
た
 °
  
 
  
 
周
辺
5
つ
の
町
ま
で
 
に
し
と
い
て
良
か
っ
た
わ
ね
・
・
・
 
  
 
ふ
ぅ
・
・
・
実
験
は
成
功
ね
 °
念
の
た
め
欲
望
の
吸
収
範
囲
を
  
 
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
パ
チ
ン
ッ













   

  
志
穂
は
同
じ
町
で
育
っ
た
友
達
の
久
美
と
出
会
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
え
?
あ
あ
 °
久
美
∧
ク
ミ
∨
 °
 
  
 
あ
れ
?
志
穂
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
 
  
準
備
を
整
え
引
っ
越
す
途
中
  
 
  
 
  
 
  
越
し
を
す
る
こ
と
に
し
た
 °
  
そ
こ
で
彼
女
は
装
置
を
人
目
に
つ
か
な
い
と
こ
ろ
に
隠
し
て
引
っ
  
 
  
に
な
っ
て
い
る
 °
  
こ
ろ
に
志
穂
が
居
よ
う
と
 
指
さ
え
鳴
ら
せ
ば
反
応
す
る
仕
組
み
  
彼
女
の
作
っ
た
装
置
は
良
く
出
来
て
お
り
 
ど
ん
な
に
離
れ
た
と
  
 
  
こ
う
し
て
志
穂
は
引
っ
越
し
の
準
備
を
始
め
た
 °
  
 
  
行
け
ば
欲
望
も
多
い
で
し
ょ
う
し
!
 
  
よ
ね
・
・
・
よ
し
!
ま
ず
は
引
っ
越
し
ね
!
よ
り
人
の
多
い
所
に

   

  
 
  
久
美
は
自
分
の
胸
と
志
穂
の
胸
を
見
比
べ
て
い
た
 °
  
志
穂
は
自
信
た
っ
ぷ
り
に
胸
を
見
せ
び
ら
か
す
 °
  
 
  
 
あ
あ
 
こ
れ
?
大
き
く
な
っ
た
の
よ
 °
 
  
 
  
い
た
 °
  
久
美
は
信
じ
ら
れ
な
い
も
の
を
見
た
と
言
っ
た
感
じ
で
目
を
見
開
  
 
  
 
・
・
・
え
え
っ
?
!
 
  
 
  
す
る
と
  
久
美
の
目
線
が
志
穂
の
胸
へ
と
向
か
う
 °
  
 
  
 
引
っ
越
す
?
引
っ
越
す
っ
て
・
・
・
 
  
 
あ
あ
 °
引
っ
越
す
の
よ
 °
 
  
 
ど
う
し
た
の
?
そ
ん
な
に
荷
物
を
持
っ
て
 °
 
  
 
  
以
前
の
志
穂
同
様
小
さ
く
 
隆
起
が
見
ら
れ
な
い
 °
  
も
ち
ろ
ん
彼
女
も
同
じ
町
に
住
ん
で
い
る
と
い
う
こ
と
は
 
胸
も

   

  
 
  
あ
げ
る
わ
・
・
・
∨
  
∧
も
っ
と
羨
ま
し
が
り
な
さ
い
・
・
・
そ
の
欲
望
 
吸
い
取
っ
て
  
 
  
ら
  
志
穂
は
夢
中
に
な
っ
て
自
分
の
胸
を
触
る
久
美
を
見
下
ろ
し
な
が
  
 
  
 
い
い
で
し
ょ
?
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
 
  
 
素
敵
ね
ぇ
・
・
・
い
い
な
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
穂
の
胸
を
触
る
 °
  
志
穂
の
提
案
に
久
美
は
嬉
し
そ
う
に
 
そ
し
て
羨
ま
し
そ
う
に
志
  
 
  
 
え
え
 
も
ち
ろ
ん
 °
 
  
 
え
?
!
い
い
の
?
!
 
  
 
羨
ま
し
い
?
触
っ
て
み
る
?
 
  
 
  
久
美
は
羨
ま
し
そ
う
に
志
穂
の
胸
を
見
つ
め
る
 °
  
 
  
 
そ
 
そ
ん
な
・
・
・
い
い
な
ぁ
・
・
・
 









   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
妖
し
い
笑
み
を
浮
か
べ
て
い
た
 °













  > ≫