主
は
従
う
し
か
な
い
 °
  
最
悪
自
分
の
胸
を
見
せ
つ
け
れ
ば
 
そ
れ
以
下
の
バ
ス
ト
の
持
ち
  
る
世
界
 
 °
  
値
は
張
る
と
言
っ
て
も
そ
こ
は
 
胸
の
大
き
さ
が
全
て
を
支
配
す
  
 
  
値
は
張
る
が
 
今
ま
で
見
た
こ
と
無
い
商
品
も
見
受
け
ら
れ
る
 °
  
 
  
・
・
・
 
  
 
へ
ぇ
・
・
・
や
っ
ぱ
り
お
店
な
ん
か
も
品
ぞ
ろ
え
が
良
い
わ
ね
  
 
  
そ
れ
な
の
に
い
ち
い
ち
荷
物
整
理
な
ど
出
来
た
も
の
で
は
な
い
 °
  
許
可
さ
れ
た
町
へ
と
移
る
こ
と
に
な
る
だ
ろ
う
 °
  
よ
う
に
作
ら
れ
た
 
9
0
c
m
以
上
の
バ
ス
ト
 
の
女
性
に
の
み
  
ど
う
せ
ま
た
大
き
く
な
る
の
で
あ
る
 °
す
ぐ
に
都
の
周
り
を
囲
む
  
く
町
へ
と
く
り
だ
し
て
い
た
 °
  
引
っ
越
し
を
終
え
た
志
穂
は
 
特
に
荷
物
の
整
理
を
す
る
こ
と
無
  
今
ま
で
い
た
場
所
よ
り
少
し
ば
か
り
都
に
近
い
町
・
・
・
  
  
せ
い
 
作
  
科
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
2
















≪ <  

  
自
宅
に
戻
っ
た
志
穂
は
念
の
た
め
ゆ
っ
た
り
と
し
た
服
に
着
替
え
  
 
  
い
く
ら
な
ん
で
も
町
中
で
胸
を
大
き
く
す
れ
ば
怪
し
ま
れ
る
 °
  
志
穂
は
走
っ
て
自
分
の
家
に
戻
っ
た
 °
  
少
し
心
は
痛
む
が
 
値
も
下
げ
て
も
ら
え
る
だ
ろ
う
 °
  
 
  
・
 
  
の
バ
ス
ト
 °
だ
っ
た
ら
先
に
私
が
9
0
c
m
以
上
に
し
た
ら
・
・
  
 
・
・
・
そ
う
だ
!
こ
の
町
の
女
性
は
最
大
で
も
8
9
c
m
以
下
  
 
  
悩
ん
だ
志
穂
は
あ
る
考
え
を
思
い
つ
く
 °
  
だ
 °
  
特
別
破
産
す
る
わ
け
で
は
な
い
が
 
確
か
に
痛
手
で
は
あ
る
金
額
  
 
  
け
ど
・
・
・
高
い
わ
ね
 °
ど
う
し
よ
う
・
・
・
 
  
 
・
・
・
こ
ん
な
も
の
ね
 °
装
置
の
改
良
の
た
め
の
部
品
が
あ
る
  
 
  
い
胸
の
持
ち
主
を
無
理
や
り
従
わ
せ
る
者
も
い
る
 °
  
0
c
m
越
え
 
の
バ
ス
ト
の
持
ち
主
の
中
に
は
 
自
分
よ
り
小
さ
  
こ
の
よ
う
に
 
胸
の
大
き
い
女
性
・
・
・
特
に
都
に
住
む
 
1
0

   

  
 
  
れ
て
張
っ
て
く
る
 °
  
着
て
い
た
ゆ
っ
た
り
と
し
た
服
も
 
胸
の
部
分
が
隆
起
す
る
に
つ
  
る
気
が
す
る
 °
  
な
ぜ
だ
か
 
胸
が
大
き
く
な
る
に
つ
れ
て
そ
の
快
感
も
増
し
て
い
  
 
  
 
は
ぁ
う
っ
!
!
・
・
・
い
い
わ
・
・
・
も
っ
と
大
き
く
ぅ
!
!
 
  
 
  
そ
の
体
積
を
増
し
て
い
く
志
穂
の
胸
 °
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
グ
グ
ッ
・
・
・
グ
グ
グ
グ
・
・
・
  
 
  
若
干
の
快
感
と
共
に
  
 
  
 
・
・
・
は
う
っ
・
・
・
あ
は
ぁ
・
・
・
き
 
き
た
ぁ
・
・
・
!
!
 
  
 
  
装
置
を
起
動
さ
せ
た
 °
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
パ
チ
ン
ッ
  
 
  
そ
し
て
  
る
 °
























   

  
・
・
・
 
  
 
あ
あ
 
も
う
!
ま
た
戻
ら
な
く
ち
ゃ
・
・
・
で
も
 
そ
の
前
に
  
 
  
そ
う
言
え
ば
引
っ
越
し
を
す
る
際
範
囲
の
修
正
を
し
て
い
な
い
 °
  
 
  
の
ま
ま
だ
か
ら
・
・
・
 
  
 
・
・
・
あ
 
そ
う
か
!
吸
収
範
囲
が
 
周
辺
5
つ
の
町
ま
で
 
  
 
  
は
そ
の
位
で
あ
っ
た
 °
  
ギ
リ
ギ
リ
9
0
c
m
行
く
か
行
か
な
い
か
・
・
・
触
っ
た
感
触
で
  
ペ
タ
ペ
タ
と
自
分
の
胸
を
ま
さ
ぐ
る
志
穂
 °
  
 
  
 
な
 
な
ん
で
?
!
ま
さ
か
故
障
?
!
そ
ん
な
は
ず
・
・
・
 
  
 
  
不
思
議
な
こ
と
に
彼
女
の
胸
の
成
長
が
止
ま
っ
て
し
ま
う
 °
  
 
  
 
・
・
・
あ
 
あ
れ
?
 
  
 
  
し
か
し
  
 

























   

  
部
品
を
手
に
入
れ
 
か
つ
て
の
自
分
の
家
に
戻
っ
て
来
た
志
穂
 °
  
 
  
 
・
・
・
よ
し
 
こ
れ
で
い
い
わ
 °
 
  
 
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
  
 
  
 
  
そ
う
言
う
と
志
穂
は
ま
た
町
へ
と
戻
っ
て
い
っ
た
 °
  
 
  
改
良
も
済
ま
せ
ち
ゃ
い
ま
し
ょ
う
 °
 
  
 
・
・
・
で
も
 
こ
れ
で
部
品
が
買
え
る
わ
 °
つ
い
で
に
装
置
の
  
 
  
だ
が
  
少
し
落
ち
込
ん
だ
様
子
の
志
穂
 °
  
 
  
っ
と
だ
っ
た
の
に
・
・
・
 
  
 
・
・
・
き
ゅ
う
じ
ゅ
う
・
・
・
い
や
 
8
9
 °
も
う
 
後
ち
ょ
  
 
  
志
穂
は
服
を
脱
ぐ
と
自
分
の
胸
に
メ
ジ
ャ
|
を
あ
て
る
 °
  
 

























   

  
択
の
際
と
同
様
 
左
手
の
指
を
鳴
ら
し
た
後
 
自
由
に
調
節
で
き
  
を
吸
収
・
還
元
す
る
際
の
勢
い
を
調
節
で
き
る
 °
こ
れ
も
範
囲
選
  
 
吸
収
・
還
元
力
調
節
機
能
 
・
・
・
胸
を
大
き
く
し
た
い
欲
望
  
 
  
だ
け
を
設
定
す
る
こ
と
が
可
能
に
な
る
 °
  
 
人
物
対
象
機
能
 
・
・
・
範
囲
設
定
の
際
 
あ
る
特
定
の
人
物
  
 
  
動
的
に
そ
の
範
囲
へ
と
変
更
す
る
こ
と
が
出
来
る
 °
  
ば
い
い
 °
左
手
の
指
を
鳴
ら
し
た
後
 
希
望
の
範
囲
を
言
う
と
自
  
止
 
は
右
手
の
指
を
 
 
範
囲
の
変
更
 
は
左
手
の
指
を
鳴
ら
せ
  
変
更
す
る
こ
と
が
出
来
る
機
能
 °
ち
な
み
に
 
装
置
の
起
動
・
停
  
 
遠
隔
範
囲
変
更
機
能
 
・
・
・
志
穂
が
ど
こ
に
居
て
も
範
囲
を
  
 
  
順
に
説
明
し
て
い
こ
う
 °
  
志
穂
は
新
た
に
4
つ
の
機
能
を
追
加
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
 °
こ
れ
で
よ
し
 °
 
  
 
 
 
吸
収
・
還
元
力
調
節
機
能
 
 
そ
れ
に
 
探
査
不
可
機
能
  
 
え
っ
と
・
・
・
 
遠
隔
範
囲
変
更
機
能
 
 
 
人
物
対
象
機
能
  
 

























   

  
志
穂
は
仮
住
ま
い
に
戻
る
な
り
 
9
0
c
m
以
上
の
バ
ス
ト
に
す
  
せ
い
か
 
長
く
感
じ
た
帰
り
道
 °
  
今
ま
で
感
じ
た
こ
と
の
無
い
重
み
が
自
分
の
胸
に
か
か
っ
て
い
る
  
 
  
 
・
・
・
ふ
ぅ
 °
意
外
と
距
離
が
あ
る
わ
ね
 °
 
  
 
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
  
 
  
 
  
 
  
い
っ
た
 °
  
志
穂
は
探
査
不
可
機
能
を
起
動
す
る
と
 
も
と
来
た
道
を
戻
っ
て
  
 
  
 
・
・
・
さ
て
 
戻
り
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
以
外
に
は
こ
の
装
置
の
存
在
す
ら
分
か
ら
な
く
な
る
機
能
 °
  
 
探
査
不
可
機
能
 
・
・
・
志
穂
と
 
志
穂
が
許
可
を
し
た
人
物
  
 
  
る
 °
























   

  
う
と
思
い
 
志
穂
は
こ
の
二
人
に
対
象
を
設
定
し
た
の
だ
 °
  
二
人
と
も
さ
ぞ
か
し
大
き
な
胸
へ
の
憧
れ
を
募
ら
せ
て
い
る
だ
ろ
  
を
し
て
貰
っ
た
 °
  
い
た
し
 
店
の
店
主
に
は
胸
の
大
き
さ
を
理
由
に
部
品
の
値
引
き
  
久
美
に
は
こ
こ
に
来
る
前
た
っ
ぷ
り
と
自
分
の
胸
を
見
せ
つ
け
て
  
自
分
の
胸
に
流
れ
込
ん
で
く
る
欲
望
 °
  
 
  
大
き
く
な
り
た
か
っ
た
の
ね
・
・
・
 
  
 
あ
う
っ
・
・
・
は
ぁ
っ
!
!
や
 
や
っ
ぱ
り
あ
の
二
人
 
胸
が
  
 
  
す
る
と
  
右
手
の
指
を
鳴
ら
す
 °
  
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
パ
チ
ン
ッ
  
 
  
左
手
の
指
を
鳴
ら
し
た
志
穂
は
い
ろ
い
ろ
と
設
定
を
決
め
た
後
  
 
  
 
久
美
 
と
 
さ
っ
き
の
お
店
の
店
主
 
 °
中
ぐ
ら
い
の
勢
い
で
 °
 
  
 
そ
う
ね
ぇ
・
・
・
∧
パ
チ
ン
ッ
∨
 
 
人
物
対
象
 
 °
対
象
は
  
 
  
る
こ
と
に
し
た
 °



















   

  
 
・
・
・
き
ゅ
う
じ
ゅ
う
・
・
・
な
な
 °
9
7
c
m
 °
ふ
ふ
ふ
っ
 
  
 
  
近
く
に
置
い
て
あ
っ
た
メ
ジ
ャ
|
で
測
る
と
  
 
  
 
さ
 
サ
イ
ズ
は
・
・
・
 
  
 
  
装
置
を
停
止
さ
せ
る
 °
  
彼
女
の
胸
の
成
長
が
止
ま
る
と
 
志
穂
は
右
手
の
指
を
鳴
ら
し
て
  
 
  
た
よ
う
ね
 °
 
  
 
あ
あ
っ
・
・
・
あ
・
・
・
と
 
止
ま
っ
た
・
・
・
吸
い
つ
く
し
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
へ
と
注
が
れ
て
い
た
 °
  
妖
し
く
微
笑
む
志
穂
 °
そ
の
目
は
段
々
と
大
き
く
な
る
自
分
の
胸
  
 
  
る
・
・
・
も
っ
と
も
っ
と
羨
み
な
さ
い
・
・
・
 
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
!
・
・
・
ふ
ふ
ふ
っ
 
全
部
吸
っ
て
あ
げ
  
 

























   

  
  
  
め
た
 °
  
さ
ら
に
都
に
近
づ
く
べ
く
 
彼
女
は
引
っ
越
し
の
準
備
を
再
度
始
  
 
  
 
・
・
・
さ
ぁ
 
こ
う
し
ち
ゃ
い
ら
れ
な
い
わ
 °
引
っ
越
し
よ
 °
 
  
 
  
嬉
し
く
な
っ
た
志
穂
は
し
ば
ら
く
自
分
の
胸
で
遊
ん
で
い
た
が
  
バ
ス
ト
を
手
に
入
れ
た
 °
  
や
っ
と
自
分
の
体
形
に
釣
り
合
う
・
・
・
も
し
く
は
そ
れ
以
上
の
  
 
  
い
・
・
・
素
敵
 °
 
  
 
あ
あ
・
・
・
こ
れ
が
夢
に
ま
で
見
た
9
0
c
m
越
え
の
お
っ
ぱ
  
 
  
|
|
|
|
|
|
|
|
ぽ
よ
ん
っ
  
 
  
か
ジ
ャ
ン
プ
し
て
み
る
 °
  
志
穂
は
メ
ジ
ャ
|
の
サ
イ
ズ
を
読
み
取
る
と
 
嬉
し
く
な
っ
た
の
  
 
  
よ
っ
ぽ
ど
羨
ま
し
か
っ
た
の
ね
 °
 












  > ≫