す
 
す
ご
い
・
・
・
た
っ
た
あ
れ
だ
け
で
・
・
・
 
  
 
  
肉
が
溢
れ
だ
し
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
仕
立
て
ら
れ
た
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
上
下
に
収
ま
り
き
ら
な
か
っ
た
乳
  
す
る
と
 
た
っ
た
一
瞬
の
出
来
事
で
は
あ
る
が
 
彼
女
の
た
め
に
  
 
  
フ
ラ
フ
ラ
と
立
ち
あ
が
り
 
自
分
の
胸
を
確
認
す
る
久
美
 °
  
 
  
に
な
ら
な
い
ほ
ど
異
な
っ
た
も
の
で
あ
っ
た
が
・
・
・
  
た
 °
も
ち
ろ
ん
前
感
じ
た
快
感
と
今
回
の
快
感
は
ま
る
で
比
べ
物
  
あ
の
快
感
の
正
体
は
既
に
体
験
し
た
こ
と
が
あ
り
 
分
か
っ
て
い
  
 
  
こ
と
を
理
解
し
た
 °
  
突
然
の
快
感
に
息
を
切
ら
せ
た
久
美
は
 
そ
の
快
感
が
消
滅
し
た
  
 
  
 
ハ
ァ
・
・
・
ハ
ァ
・
・
・
っ
く
 
は
ぁ
ぁ
|
・
・
・
 
  
  
せ
い
 
作
  
科
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
7
















≪ <  

  
 
  
・
 
  
 
う
わ
ぁ
・
・
・
一
体
ど
の
く
ら
い
大
き
く
な
っ
た
ん
だ
ろ
・
・
  
 
  
度
に
そ
の
頂
に
鎮
座
し
て
い
た
 °
  
り
も
少
し
ば
か
り
濃
い
色
を
し
た
彼
女
の
乳
首
が
申
し
訳
な
さ
程
  
相
変
わ
ら
ず
そ
の
胸
は
綺
麗
な
形
を
し
て
お
り
 
主
人
の
志
穂
よ
  
胸
が
そ
の
姿
を
見
せ
る
 °
  
支
え
を
失
っ
た
事
で
 
前
よ
り
も
目
に
見
え
て
成
長
し
た
彼
女
の
  
 
  
|
|
|
|
|
|
ボ
ロ
ン
ッ
  
 
  
そ
れ
で
も
 
半
ば
力
任
せ
に
そ
れ
を
外
す
こ
と
に
成
功
す
る
と
  
た
の
か
 
上
手
く
外
す
事
が
出
来
な
い
 °
  
だ
が
 
突
然
の
膨
乳
に
背
中
の
ホ
ッ
ク
が
バ
カ
に
な
っ
て
し
ま
っ
  
 
  
 
・
・
・
っ
く
 
ふ
ん
|
っ
!
 
  
 
  
ャ
|
を
外
そ
う
と
す
る
久
美
 °
  
い
い
加
限
苦
し
か
っ
た
の
か
 
そ
の
胸
を
押
さ
え
つ
け
る
ブ
ラ
ジ

   

  
 
  
 
あ
っ
・
・
・
志
穂
様
っ
!
!
大
丈
夫
で
す
か
っ
!
?
 
  
 
  
る
 °
  
部
屋
の
中
に
居
る
も
う
一
人
の
女
性
か
ら
 
艶
の
あ
る
声
が
あ
が
  
 
  
 
・
・
・
ん
 
ん
ん
|
・
・
・
・
・
 
  
 
  
す
る
と
  
 
  
 
  
何
回
か
そ
の
行
為
を
続
け
 
喜
び
に
浸
る
久
美
 °
  
 
  
の
よ
う
に
一
拍
遅
れ
て
上
下
に
動
く
 °
  
す
る
と
 
そ
の
二
つ
の
膨
ら
み
は
 
ま
る
で
成
長
を
祝
福
す
る
か
  
の
胸
を
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
ら
し
て
み
る
 °
  
久
美
は
そ
の
喜
び
を
噛
み
し
め
る
か
の
よ
う
に
 
成
長
し
た
自
分
  
 
  
大
き
く
な
る
こ
と
は
人
々
に
と
っ
て
最
大
の
喜
び
で
も
あ
る
 °
  
胸
の
大
き
さ
が
全
て
で
あ
る
こ
の
世
界
に
お
い
て
 
自
分
の
胸
が

   

  
 
  
せ
て
い
く
 °
  
と
な
っ
た
志
穂
が
 
そ
の
刺
激
を
も
っ
て
段
々
と
意
識
を
覚
醒
さ
  
す
る
と
 
結
果
的
に
で
は
あ
る
が
自
分
の
胸
を
ま
さ
ぐ
ら
れ
る
形
  
 
  
無
さ
ゆ
え
に
久
美
を
困
ら
せ
る
 °
  
ま
る
で
底
な
し
沼
の
よ
う
な
そ
の
乳
房
は
 
そ
の
掴
み
ど
こ
ろ
の
  
こ
と
が
出
来
な
い
 °
  
る
か
の
よ
う
で
 
正
直
全
く
と
い
っ
て
良
い
ほ
ど
志
穂
を
起
こ
す
  
て
受
け
止
め
る
か
の
よ
う
で
 
そ
れ
で
い
て
そ
の
全
て
を
反
発
す
  
で
彼
女
を
起
こ
そ
う
と
す
る
久
美
の
腕
か
ら
与
え
ら
れ
る
力
を
全
  
久
美
よ
り
も
遥
か
に
遥
か
に
大
き
く
な
っ
た
彼
女
の
胸
は
 
ま
る
  
 
  
 
い
ぃ
|
よ
い
し
ょ
・
・
っ
し
ょ
・
・
・
 
  
 
  
が
 
し
か
し
  
 
  
よ
う
と
す
る
 °
  
を
揺
ら
し
な
が
ら
駆
け
よ
り
 
主
で
あ
る
志
穂
を
起
き
上
が
ら
せ
  
そ
の
時
思
い
出
し
た
か
の
よ
う
に
久
美
が
そ
の
大
き
く
な
っ
た
胸

   

  
無
言
で
俯
く
主
の
様
子
に
 
な
ん
と
声
を
か
け
て
良
い
か
分
か
ら
  
 
  
 
志
穂
様
・
・
・
・
・
 
  
 
  
失
っ
て
し
ま
う
 °
  
目
の
前
は
肌
色
一
色
と
言
っ
て
い
い
ほ
ど
で
 
彼
女
は
二
の
句
を
  
 
  
 
・
・
・
・
・
 
  
 
  
の
  
慌
て
て
確
認
す
る
か
の
よ
う
に
顔
を
下
に
さ
げ
よ
う
と
し
た
も
の
  
 
  
 
・
・
・
!
!
 
そ
う
だ
っ
!
!
 
私
の
胸
・
・
・
っ
て
ぇ
!
?
 
  
 
  
自
分
の
体
か
ら
 
段
々
と
な
に
が
起
こ
っ
た
の
か
を
理
解
す
る
 °
  
だ
が
 
今
ま
で
の
感
覚
で
起
き
上
が
ろ
う
に
も
ビ
ク
と
も
し
な
い
  
 
  
そ
の
細
い
腕
を
床
に
つ
け
 
体
を
起
こ
し
て
い
く
志
穂
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
ん
っ
・
・
・
く
 
み
・
・
・
?
私
は
・
・
・
 



   

  
が
ら
驚
き
見
つ
め
る
久
美
 °
  
ゆ
っ
く
り
と
立
ち
上
が
る
志
穂
に
得
も
知
れ
な
い
畏
怖
を
感
じ
な
  
今
度
は
大
き
な
声
で
さ
ぞ
愉
快
そ
う
に
笑
い
な
が
ら
 
ゆ
っ
く
り
 
  
 
  
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
・
・
・
っ
ふ
 
ふ
ふ
ふ
ふ
・
・
・
あ
は
は
は
・
・
・
あ
は
は
は
  
 
  
や
っ
と
見
せ
た
志
穂
の
変
化
に
首
を
傾
げ
る
久
美
だ
が
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
?
 
  
 
  
息
が
漏
れ
る
 °
  
俯
い
た
ま
ま
で
 
表
情
を
う
か
が
う
こ
と
の
出
来
な
い
志
穂
か
ら
  
 
  
 
・
・
・
ふ
っ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
そ
し
て
し
ば
ら
く
の
沈
黙
の
後
  
 
  
 
  
ず
 
そ
れ
以
降
黙
っ
て
し
ま
う
久
美
 °











   

  
 
  
志
穂
は
そ
の
声
で
久
美
の
存
在
を
認
め
る
と
  
 
  
ぶ
こ
と
の
で
き
な
い
久
美
 °
  
今
ま
で
見
た
こ
と
の
な
い
主
人
の
様
子
に
戸
惑
い
 
名
前
し
か
呼
  
 
  
 
し
 
志
穂
様
・
・
・
?
 
  
 
  
子
で
乳
房
を
愛
で
る
 °
  
そ
の
表
情
は
ど
こ
か
狂
喜
に
満
ち
て
お
り
 
う
っ
と
り
と
し
た
様
  
 
  
の
乳
房
を
さ
ぞ
や
愛
お
し
そ
う
に
撫
で
擦
る
志
穂
 °
  
完
全
に
立
ち
上
が
り
 
自
分
の
臍
す
ら
覆
い
隠
そ
う
と
す
る
自
ら
  
 
  
な
ん
て
大
き
な
お
っ
ぱ
い
な
の
っ
!
!
 
  
 
あ
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
素
晴
ら
し
い
 
素
晴
ら
し
い
わ
っ
!
!
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
 

























   

  
も
は
や
絶
対
的
な
王
者
た
る
風
格
を
持
っ
た
志
穂
に
あ
て
ら
れ
 
  
 
  
 
あ
 
う
・
・
・
は
い
・
・
・
 
  
 
  
む
志
穂
 °
  
喜
び
を
共
有
し
 
そ
れ
で
い
て
ど
こ
か
勝
ち
誇
っ
た
よ
う
に
微
笑
  
 
  
 
あ
ら
・
・
・
あ
な
た
の
胸
も
大
き
く
な
っ
た
の
ね
・
・
・
 
  
 
  
そ
の
際
 
久
美
の
乳
房
も
ユ
サ
リ
と
揺
れ
・
・
・
  
 
  
ら
か
 
志
穂
の
一
歩
に
合
わ
せ
て
後
ず
さ
る
 °
  
久
美
は
そ
の
様
子
や
 
圧
倒
的
な
大
き
さ
を
誇
る
彼
女
の
乳
房
か
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
あ
 
は
い
・
・
・
 
  
 
  
そ
う
言
っ
て
久
美
へ
と
一
歩
近
づ
く
 °
  
 
  
き
く
素
晴
ら
し
い
お
っ
ぱ
い
を
手
に
入
れ
た
・
・
・
 
  
 
久
美
 
よ
く
や
っ
た
わ
 °
あ
な
た
の
お
か
げ
で
こ
ん
な
に
も
大

   

  
 
  
す
る
と
  
が
 
正
面
か
ら
久
美
へ
と
腕
を
伸
ば
し
 
メ
ジ
ャ
|
を
渡
そ
う
と
  
 
  
 
3
m
 
と
書
か
れ
た
メ
ジ
ャ
|
を
久
美
へ
と
渡
そ
う
と
す
る
 °
  
 
  
伝
っ
て
く
れ
る
か
し
ら
?
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
久
美
 °
私
の
胸
の
サ
イ
ズ
を
測
る
の
・
・
・
手
  
 
  
ら
し
な
が
ら
 
自
分
の
机
へ
と
近
づ
い
て
・
・
・
  
か
ら
見
て
も
そ
の
ほ
と
ん
ど
が
見
え
て
し
ま
う
巨
大
な
乳
房
を
揺
  
す
る
と
 
志
穂
が
徐
に
 
そ
う
だ
わ
・
・
・
 
と
呟
く
と
 
背
後
  
 
  
 
  
そ
の
ま
ま
何
も
言
え
ず
 
た
だ
た
だ
立
ち
す
く
む
ば
か
り
と
な
る
 °
  
咄
嗟
に
そ
の
よ
う
な
思
い
が
頭
を
よ
ぎ
る
久
美
 °
  
 
  
|
|
|
|
|
|
下
手
な
真
似
を
し
て
は
い
け
な
い
・
・
・
  
 
  
額
に
汗
を
浮
か
べ
る
久
美
 °















   

  
 
  
そ
し
て
  
 
  
か
ら
彼
女
を
解
放
す
る
 °
  
久
美
が
メ
ジ
ャ
|
を
手
に
取
っ
た
の
を
確
認
す
る
と
 
そ
の
圧
力
  
グ
ニ
ュ
ゥ
ッ
・
・
・
と
圧
縮
さ
れ
た
志
穂
の
乳
房
で
は
あ
る
が
 
  
 
  
の
右
手
に
あ
る
メ
ジ
ャ
|
へ
手
を
伸
ば
す
 °
  
け
て
く
る
の
を
感
じ
 
何
も
話
す
こ
と
が
出
来
な
い
ま
ま
 
彼
女
  
志
穂
が
自
分
の
体
を
ま
る
で
包
み
込
む
か
の
よ
う
に
胸
を
押
し
つ
  
 
  
|
|
|
|
|
|
ム
ニ
ュ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
|
|
|
・
・
・
  
 
  
そ
し
て
 
壁
際
ま
で
追
い
つ
め
ら
れ
た
久
美
は
  
 
  
し
て
い
く
 °
  
お
メ
ジ
ャ
|
を
渡
そ
う
と
 
志
穂
は
そ
の
胸
で
久
美
を
壁
ま
で
押
  
当
然
先
に
届
く
の
は
彼
女
の
巨
大
な
乳
房
で
あ
り
 
そ
れ
で
も
な
  
 
  
|
|
|
|
|
|
ム
ニ
ュ
・
・
・














   

  
志
穂
の
目
の
前
で
目
を
見
開
き
 
驚
き
を
表
す
久
美
 °
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
そ
 
そ
ん
な
・
・
・
 
  
 
  
だ
が
・
・
・
  
 
  
 
  
す
る
 
 °
  
上
向
き
に
つ
い
た
乳
首
へ
と
メ
ジ
ャ
|
の
先
を
 
合
わ
せ
よ
う
と
  
そ
の
巨
大
さ
な
が
ら
 
ま
る
で
垂
れ
る
こ
と
無
く
 
む
し
ろ
若
干
  
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
慌
て
て
彼
女
の
背
面
に
回
り
 
そ
こ
か
ら
メ
ジ
ャ
|
を
回
す
と
  
 
  
 
は
 
は
い
っ
・
・
・
 
  
 
  
逆
ら
う
気
す
ら
失
せ
る
よ
う
な
声
で
 
久
美
へ
と
命
令
し
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
お
願
い
ね
?
 
















   

  
わ
 °
こ
ん
な
に
も
愉
快
な
の
は
初
め
て
か
も
・
・
・
あ
は
は
は
は
  
 
・
・
・
っ
く
 
あ
は
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
あ
|
 
愉
快
だ
  
 
  
そ
の
台
詞
を
聞
く
や
否
や
  
 
  
 
  
衝
撃
の
事
実
を
耳
に
す
る
 °
  
 
  
 
め
 
メ
ジ
ャ
|
が
・
・
・
足
り
ま
せ
ん
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
え
始
め
・
・
・
  
す
る
と
 
ま
る
で
陽
が
昇
る
か
の
よ
う
に
久
美
の
顔
が
徐
々
に
見
  
 
  
そ
の
向
こ
う
に
居
る
で
あ
ろ
う
久
美
へ
と
声
を
か
け
る
 °
  
分
の
乳
房
に
よ
っ
て
そ
の
ほ
と
ん
ど
が
隠
れ
て
し
ま
い
な
が
ら
も
 
  
未
だ
サ
イ
ズ
が
発
表
さ
れ
な
い
事
を
不
思
議
に
思
っ
た
の
か
 
  
 
  
 
・
・
・
?
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 

























   

  
メ
ジ
ャ
|
が
あ
る
の
か
分
か
ら
な
い
 °
  
机
の
上
は
滅
茶
苦
茶
に
な
っ
て
お
り
 
ど
こ
に
そ
の
 
5
m
 
の
  
だ
が
 
先
ほ
ど
ま
で
彼
女
ら
の
膨
乳
が
行
わ
れ
て
い
た
せ
い
か
 
  
 
  
に
慌
て
た
様
子
で
そ
の
メ
ジ
ャ
|
を
取
り
に
行
く
 °
  
久
美
は
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
 
何
に
か
は
分
か
ら
な
い
が
 
何
か
  
 
  
尚
も
嬉
し
そ
う
な
様
子
で
久
美
へ
と
指
示
を
出
す
 °
  
 
  
 
の
メ
ジ
ャ
|
が
あ
る
か
ら
 
そ
れ
を
使
っ
て
頂
戴
 °
 
  
 
あ
ぁ
|
・
・
・
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
机
の
上
に
 
5
m
  
 
  
そ
し
て
 
志
穂
が
ひ
と
し
き
り
笑
い
終
え
る
と
  
 
  
の
念
を
再
度
感
じ
つ
つ
 
志
穂
の
顔
色
を
う
か
が
う
久
美
 °
  
そ
の
姿
に
羨
ま
し
さ
ど
こ
ろ
か
 
先
ほ
ど
ま
で
感
じ
て
い
た
畏
怖
  
 
  
心
底
嬉
し
そ
う
に
声
を
あ
げ
て
笑
う
志
穂
 °
  
 
  
は
は
は
は
は
っ
!
!
 

















   

  
世
界
で
最
も
大
き
な
乳
房
の
持
ち
主
は
 
女
王
 
と
さ
れ
 
神
か
  
こ
の
世
界
の
基
準
は
何
に
お
い
て
も
胸
の
大
き
さ
で
あ
る
 °
  
 
  
 
  
理
解
し
た
 °
  
そ
の
時
 
久
美
は
こ
の
自
分
を
襲
う
 
恐
怖
 
の
正
体
を
咄
嗟
に
  
 
  
 
  
上
げ
る
 °
  
そ
の
声
に
得
も
知
れ
ぬ
恐
怖
を
感
じ
た
久
美
は
そ
の
探
す
速
度
を
  
 
  
 
は
 
は
い
ぃ
っ
!
!
た
 
た
だ
い
ま
っ
!
!
 
  
 
  
そ
の
背
後
か
ら
少
し
不
機
嫌
そ
う
な
志
穂
の
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
ま
だ
か
し
ら
?
 
  
 
  
と
  
慌
て
て
何
か
の
資
料
と
思
え
る
紙
を
め
く
り
な
が
ら
探
し
て
い
る
  
 

























   

  
 
  
 
あ
・
・
・
あ
り
ま
し
た
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
怖
し
よ
う
か
 °
  
き
れ
な
い
大
き
さ
を
誇
っ
て
い
る
 °
こ
れ
に
恐
怖
せ
ず
に
何
に
恐
  
さ
ら
に
 
今
や
彼
女
の
胸
は
 
3
m
 
の
メ
ジ
ャ
|
で
す
ら
測
り
  
 
  
し
か
し
 
今
で
は
そ
の
差
は
天
と
地
ほ
ど
離
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
 
  
志
穂
と
の
胸
囲
の
差
 °
  
今
ま
で
は
自
分
よ
り
大
き
い
と
は
言
っ
て
も
若
干
の
差
で
あ
っ
た
  
 
  
そ
う
 °
久
美
が
感
じ
て
い
た
恐
怖
と
は
こ
の
  
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
は
大
き
い
と
言
え
る
 °
  
れ
ば
大
き
い
ほ
ど
 
そ
の
地
位
 
権
力
 
そ
の
他
い
ろ
い
ろ
な
力
  
そ
の
真
偽
の
ほ
ど
は
分
か
ら
な
い
が
 
少
な
く
と
も
胸
が
大
き
け
  
も
知
れ
ぬ
何
か
か
ら
特
別
な
加
護
を
受
け
る
と
も
言
わ
れ
て
い
る
 °

   

  
 
  
 
・
・
・
さ
 
3
2
8
c
m
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
久
美
は
目
を
閉
じ
て
腕
を
上
げ
る
志
穂
の
胸
囲
を
測
り
と
る
と
  
 
  
る
こ
と
が
出
来
る
 °
  
さ
す
が
に
 
5
m
 
と
あ
っ
て
か
 
余
裕
を
持
っ
て
サ
イ
ズ
を
測
  
 
  
 
そ
 
そ
れ
で
は
・
・
・
え
っ
と
・
・
・
 
  
 
  
 
  
そ
れ
と
変
わ
る
よ
う
に
主
人
の
声
が
響
く
 °
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
じ
ゃ
あ
お
願
い
ね
?
 
  
 
  
そ
の
声
を
上
げ
た
途
端
 
背
後
か
ら
の
威
圧
感
は
消
え
去
り
  
 
  
と
い
う
文
字
を
見
つ
け
出
す
 °
  
と
 
そ
の
時
彼
女
は
机
の
上
に
散
ら
ば
っ
た
紙
の
下
か
ら
  

   

  
だ
が
 
目
の
前
で
揺
れ
て
い
る
自
分
の
倍
以
上
も
あ
る
乳
房
を
見
  
 
  
大
き
さ
で
あ
る
 °
  
決
し
て
小
さ
く
な
い
 °
む
し
ろ
都
で
も
な
か
な
か
見
な
い
ほ
ど
の
  
 
  
|
|
|
|
|
|
1
5
2
c
m
 °
  
 
  
ス
ト
サ
イ
ズ
を
自
分
で
測
っ
て
み
た
 °
  
そ
の
間
 
何
と
も
い
え
ぬ
感
覚
に
苛
ま
れ
た
久
美
は
 
自
分
の
バ
  
 
  
 
  
に
喜
び
を
噛
み
し
め
る
か
の
よ
う
に
笑
い
続
け
る
 °
  
志
穂
は
何
度
も
自
分
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
を
口
に
す
る
と
 
そ
の
度
  
 
  
8
c
m
ね
ぇ
!
!
あ
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
っ
く
 
あ
は
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
3
2
8
c
m
!
!
3
2
  
 
  
 
  
 
  
目
盛
り
が
示
す
値
を
読
み
と
っ
た
 °












   

  
そ
の
声
に
少
し
の
怒
気
を
孕
ま
せ
な
が
ら
久
美
へ
と
再
度
質
問
す
  
 
  
 
・
・
・
い
く
ら
だ
っ
た
の
 
と
聞
い
て
い
る
ん
だ
け
ど
?
 
  
 
  
が
 
そ
の
反
応
が
気
に
く
わ
な
か
っ
た
の
か
  
 
  
 
  
俯
い
て
押
し
黙
っ
て
し
ま
う
 °
  
 
  
 
え
 
い
や
・
・
・
そ
の
ぉ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
だ
が
 
久
美
と
し
て
は
な
ん
だ
か
恥
ず
か
し
く
な
っ
た
の
か
  
 
  
た
メ
ジ
ャ
|
を
見
て
 
そ
の
目
盛
り
を
聞
く
 °
  
ひ
と
し
き
り
笑
い
終
え
た
志
穂
は
目
ざ
と
く
久
美
の
胸
に
巻
か
れ
  
 
  
・
・
・
い
く
ら
だ
っ
た
の
?
 
  
 
・
・
・
ふ
ぅ
 °
く
ふ
ふ
っ
・
・
・
あ
ら
?
久
美
も
測
っ
た
の
ね
  
 
  
る
と
 
な
ん
だ
か
ち
っ
ぽ
け
に
思
え
て
し
ま
う
 °







   

  
 
  
 
・
・
・
ま
だ
 
祭
り
は
始
ま
っ
て
な
い
の
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
う
に
揺
ら
し
て
い
た
 °
  
志
穂
は
そ
う
呟
き
な
が
ら
も
 
自
ら
の
乳
房
を
誇
示
す
る
か
の
よ
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
1
5
・
・
・
2
 °
 
  
 
  
主
の
怒
り
を
治
め
る
か
の
よ
う
に
 
慌
て
て
サ
イ
ズ
を
口
に
す
る
 °
  
 
  
 
ひ
ぅ
っ
!
!
 
ひ
ゃ
 
1
5
2
c
m
で
す
っ
!
!
 
  
 
  
そ
の
瞬
間
 
一
気
に
額
か
ら
汗
が
噴
き
出
て
  
 
  
る
 °
























   

  
な
く
 
そ
れ
と
同
時
に
今
ま
で
久
美
が
着
て
い
た
 
浴
衣
 
も
 
  
志
穂
が
今
ま
で
着
て
い
た
白
衣
は
当
然
使
い
も
の
に
な
る
わ
け
も
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
ま
だ
時
間
は
あ
る
わ
け
ね
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
で
あ
る
こ
と
は
明
ら
か
で
あ
り
 
そ
の
命
令
は
絶
対
で
あ
っ
た
 °
  
こ
の
部
屋
に
お
い
て
 
世
界
の
ル
|
ル
か
ら
み
て
も
志
穂
が
主
人
  
 
  
に
座
っ
て
答
え
る
久
美
 °
  
そ
の
声
に
ビ
ク
ビ
ク
し
な
が
ら
も
 
志
穂
と
向
き
合
う
よ
う
に
床
  
 
  
を
告
げ
る
花
火
が
上
が
っ
て
お
り
ま
せ
ん
・
・
・
 
  
 
は
 
は
い
・
・
・
そ
の
よ
う
で
す
・
・
・
ま
だ
祭
り
の
始
ま
り
  
 
  
よ
う
に
上
半
身
裸
で
座
る
志
穂
 °
  
用
意
し
 
ま
る
で
自
分
が
こ
の
家
の
主
で
あ
る
と
誇
示
す
る
か
の
  
玄
関
を
開
け
て
真
っ
先
に
あ
る
そ
の
部
屋
の
中
央
に
肘
掛
椅
子
を
  
 
  
二
人
の
住
む
家
で
最
も
広
い
部
屋
 °












   

  
て
欲
し
い
の
 °
そ
の
時
 
下
着
を
作
る
材
料
を
多
め
に
持
っ
て
来
  
ら
 
今
か
ら
杏
奈
さ
ん
の
と
こ
ろ
に
行
っ
て
 
彼
女
を
連
れ
て
来
  
 
え
え
 °
見
て
の
通
り
私
の
着
れ
る
服
が
無
い
じ
ゃ
な
い
?
だ
か
  
 
  
が
見
え
る
 °
  
彼
女
の
胸
元
か
ら
は
胸
が
膨
ら
ん
だ
せ
い
か
前
よ
り
も
深
く
谷
間
  
な
ん
の
こ
と
か
分
か
ら
ず
首
を
傾
げ
る
久
美
 °
  
 
  
 
・
・
・
お
使
い
・
・
・
で
す
か
?
 
  
 
  
少
し
思
案
し
て
い
た
様
子
の
志
穂
が
 
久
美
へ
と
命
令
を
下
す
 °
  
 
  
く
れ
な
い
?
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
久
美
 °
あ
な
た
こ
れ
か
ら
お
使
い
を
頼
ま
れ
て
  
 
  
 
  
よ
う
に
も
思
え
る
 °
  
今
 
久
美
の
着
て
い
る
 
浴
衣
 
が
本
来
の
着
方
に
落
ち
着
い
た
  
二
人
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
揃
っ
て
意
味
を
な
さ
な
い
も
の
と
な
っ
た
  
窮
屈
そ
う
に
彼
女
の
胸
を
押
し
こ
む
形
と
な
っ
て
い
た
 °




   

  
 
  
・
・
 
  
 
え
え
 °
早
め
に
頼
む
わ
ね
 °
私
も
祭
り
を
楽
し
み
た
い
か
ら
・
  
 
  
 
わ
 
分
か
り
ま
し
た
っ
!
!
そ
の
よ
う
に
伝
え
て
き
ま
す
っ
!
!
 
  
 
  
少
し
不
機
嫌
な
様
子
を
見
せ
る
志
穂
の
返
事
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
っ
!
!
?
 
  
 
  
せ
ろ
っ
て
言
う
の
?
 
  
 
・
・
・
あ
な
た
 
私
の
こ
の
胸
を
裸
の
ま
ま
都
を
歩
く
人
に
見
  
 
  
が
 
返
っ
て
き
た
の
は
  
 
  
な
ぜ
こ
こ
で
な
の
か
が
分
か
ら
ず
聞
き
返
す
久
美
 °
  
 
  
 
え
っ
!
?
こ
こ
で
・
・
・
で
す
か
?
 
  
 
  
て
貰
っ
て
ね
・
・
・
こ
こ
で
作
っ
て
貰
う
わ
 °
 







   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ら
の
事
を
考
え
笑
み
を
溢
し
た
 °
  
久
美
が
慌
て
て
出
て
行
く
後
ろ
姿
を
見
な
が
ら
 
志
穂
は
こ
れ
か

  > ≫