っ
と
!
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
急
に
引
っ
張
っ
た
 °
  
東
館
の
最
上
階
に
あ
る
生
徒
会
室
に
近
づ
き
 
綾
菜
は
私
の
腕
を
  
 
  
 
そ
り
ゃ
そ
う
だ
け
ど
・
・
・
あ
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
!
 
  
 
  
つ
ま
り
 
今
日
の
放
課
後
が
絶
好
の
タ
イ
ミ
ン
グ
と
言
え
た
 °
  
昨
日
に
や
っ
た
ら
し
く
 
次
の
会
議
は
明
日
行
う
ら
し
い
 °
  
生
徒
会
室
は
普
段
会
議
の
時
に
使
わ
れ
る
ら
し
い
が
 
会
議
は
一
  
て
い
た
 °
  
次
の
日
の
放
課
後
 
私
は
綾
菜
を
連
れ
て
生
徒
会
室
へ
と
向
か
っ
  
 
  
 
も
ち
ろ
ん
!
 
そ
の
た
め
に
話
し
て
く
れ
た
ん
で
し
ょ
?
 
  
 
  
 
ね
ぇ
 
本
当
に
行
く
の
?
 
  
  
せ
い
 
作
  
吸
乳
の
書
 
そ
の
2


















≪ <  

  
 
  
 
  
か
ら
借
り
て
き
た
鍵
を
彼
女
に
手
渡
し
た
 °
  
そ
の
事
に
気
づ
い
た
私
は
 
綾
菜
が
適
当
な
嘘
を
言
っ
て
職
員
室
  
部
屋
の
鍵
を
開
け
て
い
な
い
 °
  
そ
う
い
え
ば
ま
だ
綾
菜
は
部
屋
の
様
子
を
見
に
行
っ
た
だ
け
で
 
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
あ
 
じ
ゃ
あ
 
鍵
を
開
け
て
く
れ
る
?
 
  
 
  
可
を
出
し
て
く
る
 °
  
私
の
元
へ
駆
け
寄
り
 
そ
の
豊
満
な
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
入
室
許
  
 
  
 
・
・
・
う
ん
 
O
K
み
た
い
 °
 
  
 
  
く
仕
草
を
見
せ
る
と
  
そ
の
ま
ま
部
屋
の
前
で
 
窓
越
し
に
キ
ョ
ロ
キ
ョ
ロ
と
室
内
を
覗
  
か
う
綾
菜
 °
  
私
の
疑
問
に
答
え
る
こ
と
無
く
 
一
人
で
先
に
生
徒
会
室
へ
と
向
  
 
  
 
う
う
ん
!
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
!
ち
ょ
っ
と
だ
か
ら
!
 




   

  
れ
て
い
る
 °
  
あ
る
あ
た
り
 
こ
こ
で
会
議
を
行
っ
て
い
る
と
い
う
雰
囲
気
が
表
  
て
あ
っ
て
 
部
屋
の
真
ん
中
に
6
つ
の
長
机
を
長
方
形
に
並
べ
て
  
学
内
で
巨
大
な
権
力
を
持
つ
生
徒
会
の
部
屋
は
や
は
り
綺
麗
に
し
  
 
  
私
も
そ
ん
な
彼
女
に
倣
っ
て
部
屋
の
中
へ
と
入
っ
て
い
く
 °
  
 
  
 
お
邪
魔
し
ま
す
・
・
・
 
  
 
  
さ
せ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
 
バ
レ
た
ら
ま
ず
い
 
と
い
う
事
実
が
彼
女
を
こ
こ
ま
で
心
配
に
  
い
た
わ
け
だ
か
ら
誰
も
居
る
は
ず
は
な
い
の
だ
が
 
そ
れ
で
も
  
外
か
ら
見
て
も
誰
も
い
る
気
配
は
無
か
っ
た
し
 
鍵
も
か
か
っ
て
  
て
い
く
 °
  
綾
菜
が
先
に
部
屋
の
中
へ
と
間
延
び
し
た
声
を
出
し
な
が
ら
入
っ
  
 
  
 
・
・
・
失
礼
し
ま
|
す
 °
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
う
|
ん
・
・
・
そ
れ
っ
ぽ
い
の
が
見
つ
か
っ
た
ら
そ
こ
ま
で
ね
 °
  
 
  
し
か
も
 
状
況
が
状
況
だ
 °
あ
ま
り
時
間
に
猶
予
も
無
い
だ
ろ
う
 °
  
は
っ
き
り
言
っ
て
全
部
は
大
変
な
作
業
で
あ
る
 °
  
 
  
 
え
っ
 
全
部
?
 
  
 
  
一
度
本
を
全
て
取
り
だ
さ
な
い
と
い
け
な
い
よ
う
だ
が
・
・
・
  
な
る
ほ
ど
 
本
棚
の
奥
と
い
う
の
は
そ
う
い
う
こ
と
か
 °
  
 
  
 
こ
の
本
を
全
部
取
り
だ
さ
な
い
と
・
・
・
手
伝
っ
て
 °
 
  
 
  
が
書
か
れ
て
い
た
 °
  
た
本
の
背
表
紙
に
は
 
生
徒
名
簿
 
や
 
ク
ラ
ブ
所
属
表
 
な
ど
  
そ
こ
に
は
古
め
か
し
い
木
製
の
本
棚
が
あ
り
 
そ
こ
に
並
べ
ら
れ
  
綾
菜
が
声
を
か
け
る
 °
  
滅
多
に
見
れ
る
も
ん
じ
ゃ
な
い
と
キ
ョ
ロ
キ
ョ
ロ
し
て
い
る
私
に
  
 
  
 
こ
っ
ち
だ
よ
 
香
織
 °
 
  
 

























   

  
 
な
に
?
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
に
気
づ
く
 °
  
5
冊
ほ
ど
ま
と
め
て
本
を
取
り
だ
し
た
綾
菜
が
そ
の
奥
の
違
和
感
  
る
段
に
差
し
掛
か
っ
た
と
こ
ろ
 °
  
上
か
ら
順
に
取
り
だ
し
始
め
 
3
段
目
 °
丁
度
目
線
の
高
さ
に
あ
  
作
業
を
始
め
て
数
分
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
私
も
続
い
て
近
く
の
長
机
へ
と
本
を
取
り
だ
し
始
め
た
 °
  
そ
う
言
い
な
が
ら
一
人
作
業
を
始
め
る
綾
菜
 °
  
 
  
珠
院
様
 
結
構
順
番
を
覚
え
て
る
み
た
い
だ
か
ら
・
・
・
 
  
あ
っ
 
で
も
取
り
だ
す
時
も
順
番
は
そ
の
ま
ま
に
し
と
い
て
 °

   

  
棚
の
奥
に
手
を
伸
ば
し
  
あ
ら
か
た
本
を
取
り
だ
し
た
綾
菜
に
お
礼
を
言
う
と
 
彼
女
は
本
  
 
  
 
う
ん
・
・
・
そ
れ
じ
ゃ
あ
・
・
・
 
  
 
  
 
そ
れ
っ
ぽ
い
わ
ね
・
・
・
あ
 
あ
り
が
と
う
 °
 
  
 
  
私
も
そ
れ
に
つ
ら
れ
て
笑
顔
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
そ
の
顔
は
ど
こ
か
宝
物
を
見
つ
け
た
時
み
た
い
に
高
揚
し
て
お
り
 
  
に
話
し
か
け
て
く
る
綾
菜
 °
  
も
っ
と
よ
く
見
え
る
よ
う
に
周
り
の
本
も
机
に
置
き
な
が
ら
 
  
 
  
 
こ
れ
 
そ
う
よ
ね
 °
こ
こ
だ
け
不
自
然
だ
も
の
ね
 °
 
  
 
  
が
変
わ
っ
て
い
て
・
・
・
  
確
か
に
そ
こ
だ
け
色
が
違
っ
て
い
る
気
が
す
る
 °
不
自
然
に
木
目
  
私
も
彼
女
の
近
く
に
顔
を
寄
せ
 
本
棚
の
奥
を
見
つ
め
る
 °
  
 
  
 
い
や
・
・
・
ん
ん
?
こ
れ
か
し
ら
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
な
ん
の
た
め
ら
い
も
無
く
箱
を
開
け
よ
う
と
手
を
伸
ば
す
綾
菜
 °
  
 
  
よ
う
と
す
ま
い
と
い
う
思
惑
す
ら
感
じ
る
ほ
ど
で
あ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
何
と
も
見
落
と
し
や
す
く
 
と
も
す
れ
ば
こ
の
箱
を
開
け
  
突
起
を
見
つ
け
た
 °
  
上
下
左
右
を
隈
な
く
観
察
す
る
と
 
綾
菜
が
箱
の
表
面
に
小
さ
な
  
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
・
・
あ
っ
 
こ
こ
か
し
ら
 °
摘
む
所
が
あ
る
し
 °
 
  
 
  
 
箱
・
・
・
み
た
い
ね
 °
ど
こ
か
に
開
け
る
所
は
?
 
  
 
  
 
箱
・
・
・
か
し
ら
 °
 
  
 
  
の
を
取
り
出
し
 
机
の
上
へ
と
置
い
て
観
察
を
始
め
た
 °
  
思
い
の
外
簡
単
に
 
本
棚
の
木
目
に
似
た
感
じ
の
箱
の
よ
う
な
も
  
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
 °
こ
れ
は
・
・
・
 
  
 

























   

  
綾
菜
の
言
葉
に
少
々
気
落
ち
し
た
私
だ
が
  
 
  
い
・
・
・
 
  
 
え
え
|
・
・
・
そ
ん
な
こ
と
言
わ
れ
た
ら
開
け
に
く
い
じ
ゃ
な
  
 
  
・
 
  
 
う
う
ん
・
・
・
な
ん
か
触
れ
た
ら
急
に
バ
チ
ッ
て
な
っ
て
・
・
  
 
  
が
・
・
・
  
だ
が
 
お
か
し
い
話
だ
 °
目
の
前
の
箱
は
ど
う
見
た
っ
て
木
製
だ
  
 
  
よ
う
で
・
・
・
  
そ
の
仕
草
は
・
・
・
そ
う
 
静
電
気
 °
あ
れ
が
手
に
走
っ
た
時
の
  
急
に
仰
け
反
っ
て
手
を
離
す
綾
菜
 °
  
 
  
 
な
に
っ
!
?
ど
う
し
た
の
綾
菜
っ
!
 
  
 
  
 
・
・
・
き
ゃ
っ
!
 
  
 
  
そ
し
て
 
そ
の
手
が
箱
の
摘
み
に
触
れ
た
そ
の
時







   

  
 
え
っ
?
そ
 
そ
う
・
・
・
よ
か
っ
た
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
特
に
な
ん
と
も
無
い
わ
よ
?
 
  
 
  
 
  
私
は
そ
の
箱
に
触
れ
た
 °
  
事
を
し
つ
つ
  
次
は
私
が
触
れ
る
と
分
か
り
 
注
意
を
促
し
て
く
れ
る
綾
菜
に
返
  
 
  
 
う
ん
・
・
・
・
・
い
く
よ
っ
!
 
  
 
  
 
・
・
・
あ
 
香
織
!
気
を
つ
け
て
ね
!
 
  
 
  
れ
る
か
の
よ
う
に
今
度
は
私
が
手
を
伸
ば
し
て
い
く
 °
  
そ
れ
を
体
現
す
る
か
の
よ
う
に
 
い
や
 
ま
る
で
箱
自
体
に
誘
わ
  
そ
れ
は
全
く
も
っ
て
意
外
で
 
か
つ
絶
対
的
な
感
じ
が
し
た
 °
  
そ
う
い
う
い
わ
れ
の
な
い
自
信
も
な
ぜ
か
心
の
中
に
あ
っ
た
 °
  
 
  
∧
・
・
・
で
も
ま
ぁ
い
け
る
ん
じ
ゃ
な
い
?
∨
  
 

























   

  
 
  
 
は
 
は
い
っ
!
大
丈
夫
で
す
!
大
村
様
っ
!
 
  
 
  
 
だ
 
大
丈
夫
!
?
香
織
っ
!
 
  
 
  
咄
嗟
に
隣
を
見
る
と
 
綾
菜
も
同
じ
感
覚
を
感
じ
た
よ
う
で
  
に
走
っ
た
 °
  
ま
る
で
そ
の
よ
う
な
音
が
聞
こ
え
た
か
の
よ
う
な
感
覚
が
私
の
体
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
グ
ワ
ッ
!
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
そ
の
箱
が
音
も
無
く
開
い
た
そ
の
瞬
間
  
 
  
 
・
・
・
っ
よ
 
と
 °
 
  
 
  
し
た
 °
  
み
に
触
れ
る
事
が
出
来
た
私
は
 
そ
の
ま
ま
箱
を
開
け
る
こ
と
に
  
特
に
バ
チ
ッ
と
も
感
じ
ず
 
と
い
う
か
何
の
抵
抗
も
無
く
箱
の
摘
  
 

























   

  
 
  
女
を
綾
菜
と
呼
ば
ず
に
 
大
村
様
 
と
呼
ん
で
い
た
 °
  
そ
れ
は
言
葉
だ
け
で
な
く
思
考
も
そ
う
で
 
ふ
と
し
た
時
に
は
彼
  
然
の
ご
と
く
 
大
村
様
 
と
い
う
言
葉
が
出
て
い
た
 °
  
私
の
思
考
が
塗
り
替
え
ら
れ
た
か
の
よ
う
に
 
私
の
口
か
ら
は
当
  
な
ぜ
か
は
分
か
ら
な
い
 °
分
か
ら
な
い
が
 
箱
を
開
け
た
瞬
間
に
  
 
  
・
・
菜
 °
 
  
 
あ
 
あ
は
は
っ
・
・
・
ご
め
ん
な
さ
・
・
・
ご
め
ん
ね
 
綾
・
  
 
  
ん
 
あ
れ
っ
?
綾
・
・
・
菜
 °
う
ん
 
綾
菜
 °
  
が
ら
文
句
を
言
う
大
村
様
・
・
・
  
私
の
発
言
に
緊
張
の
糸
が
ほ
ぐ
れ
た
の
か
 
苦
笑
い
を
浮
か
べ
な
  
 
  
で
よ
 °
 
  
て
っ
て
言
っ
た
で
し
ょ
?
そ
れ
に
そ
ん
な
に
他
人
行
儀
に
し
な
い
  
 
・
・
・
も
う
 
何
よ
こ
ん
な
時
に
・
・
・
 
様
付
け
 
は
止
め
  
 
  
・
・
・
・
・
・
ん
?
  
 

























   

  
隣
か
ら
綾
菜
の
声
が
か
か
る
 °
  
 
  
 
あ
 
ス
ト
ッ
プ
 °
私
も
見
た
い
 °
 
  
 
  
私
が
そ
の
感
覚
に
従
う
ま
ま
 
本
に
腕
を
伸
ば
す
と
  
 
  
て
い
る
感
覚
が
あ
っ
た
 °
  
感
・
・
・
い
や
 
と
に
か
く
言
い
表
せ
な
い
が
 
こ
の
本
を
欲
し
  
本
当
に
不
思
議
と
嫌
悪
感
は
無
く
 
そ
れ
ど
こ
ろ
か
む
し
ろ
親
近
  
見
る
か
ら
に
怪
し
い
 
そ
れ
 
で
は
あ
る
が
 
不
思
議
と
・
・
・
  
意
味
の
分
か
ら
な
い
箱
に
納
め
ら
れ
た
訳
の
分
か
ら
な
い
本
 °
  
装
い
だ
っ
た
 °
  
本
は
赤
色
の
表
紙
で
 
な
か
な
か
に
分
厚
く
 
辞
典
か
の
よ
う
な
  
 
  
 
・
・
・
こ
れ
が
 
吸
乳
の
書
 
・
・
・
な
の
か
な
 °
 
  
 
  
に
は
一
冊
の
本
が
納
め
ら
れ
て
い
た
 °
  
理
解
で
き
な
い
ま
ま
手
元
を
見
る
と
 
封
を
開
け
ら
れ
た
箱
の
中
  
 
  
∧
ど
う
い
う
こ
と
か
し
ら
・
・
・
∨












   

  
ど
う
や
ら
喋
る
事
は
許
さ
れ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
に
し
た
 °
  
首
も
動
か
せ
ず
 
振
り
向
く
こ
と
す
ら
出
来
な
い
ま
ま
 
私
は
口
  
 
  
 
あ
 
綾
菜
・
・
・
あ
ん
た
何
し
た
の
・
・
・
?
 
  
 
  
か
し
た
か
っ
た
 °
  
だ
が
 
そ
ん
な
こ
と
よ
り
も
私
は
今
の
動
け
な
い
状
況
を
ど
う
に
  
の
よ
う
に
バ
チ
ッ
と
す
る
こ
と
も
無
い
ら
し
い
 °
  
そ
の
間
に
私
の
目
の
前
で
本
を
取
り
出
す
綾
菜
 °
今
回
は
先
ほ
ど
  
 
  
出
来
な
く
な
っ
て
い
た
 °
  
腕
を
前
に
伸
ば
す
こ
と
は
お
ろ
か
 
元
の
位
置
に
戻
す
こ
と
す
ら
  
私
の
体
は
ま
る
で
石
に
な
っ
た
か
の
よ
う
に
動
く
事
が
出
来
ず
 
  
 
  
∧
・
・
・
え
っ
!
?
な
 
な
に
こ
れ
!
?
∨
  
 
  
す
る
と
  
 
  
 

























   

  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
香
織
 °
こ
の
本
開
か
な
い
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
っ
て
い
て
・
・
・
  
な
ぜ
か
は
分
か
ら
な
い
が
 
私
は
彼
女
の
言
葉
に
従
う
よ
う
に
な
  
だ
が
 
そ
れ
し
か
あ
り
得
な
い
 °
  
れ
な
い
 °
  
少
な
い
情
報
で
今
の
現
象
を
考
え
る
も
 
そ
れ
だ
け
し
か
考
え
ら
  
か
な
く
な
っ
た
・
・
・
っ
て
こ
と
?
∨
  
∧
・
・
・
?
 
綾
菜
に
 
ス
ト
ッ
プ
 
っ
て
言
わ
れ
た
ら
体
が
動
  
 
  
私
の
体
は
硬
直
か
ら
解
放
さ
れ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
っ
と
 
動
い
た
 °
 
  
 
  
を
聞
い
た
瞬
間
  
本
の
表
紙
 
裏
表
紙
を
交
互
に
見
な
が
ら
口
に
す
る
綾
菜
の
言
葉
  
 
  
て
る
の
?
自
由
に
動
き
な
さ
い
よ
 °
 
  
 
え
っ
?
な
に
っ
て
・
・
・
そ
れ
よ
り
香
織
 
い
つ
ま
で
固
ま
っ
  
 

























   

  
か
る
そ
れ
に
私
の
頭
は
パ
ン
ク
し
そ
う
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
知
識
の
波
の
よ
う
で
・
・
・
だ
が
 
と
め
ど
な
く
襲
い
か
  
覚
に
襲
わ
れ
る
 °
  
ま
る
で
何
か
が
私
の
中
に
入
り
こ
み
 
蹂
躙
し
 
包
ん
で
い
く
感
  
∧
・
・
・
っ
!
 
な
 
な
に
!
?
∨
  
 
  
そ
の
瞬
間
  
 
  
 
  
そ
の
ま
ま
何
の
抵
抗
も
無
く
 
本
を
開
い
た
 
 °
  
私
は
綾
菜
か
ら
本
を
借
り
る
と
  
 
  
 
開
か
な
い
?
ど
う
い
う
こ
と
・
・
・
ち
ょ
っ
と
貸
し
て
?
 
  
 
  
一
旦
思
考
を
切
っ
て
話
を
聞
こ
う
・
・
・
  
い
で
い
る
綾
菜
に
声
を
か
け
ら
れ
た
 °
  
と
 
そ
の
時
 
背
後
か
ら
本
を
開
け
よ
う
と
し
て
ビ
ク
と
も
し
な
  
 
  
 
え
っ
?
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
あ
 
あ
は
っ
・
・
・
あ
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
  
私
は
全
て
を
理
解
し
  
 
  
 
・
・
・
あ
あ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
そ
の
全
て
が
私
の
中
に
入
っ
た
瞬
間
  
 
  
似
た
知
識
の
波
 °
  
そ
ん
な
単
純
な
感
情
と
共
に
 
ど
ん
ど
ん
襲
い
か
か
る
呪
い
に
も
  
 
  
私
を
心
配
し
て
く
れ
て
る
の
?
 
嬉
し
い
・
・
・
  
あ
の
声
は
・
・
・
綾
菜
の
声
 °
  
私
を
呼
ぶ
声
が
遠
く
に
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
 
か
 
香
織
っ
!
?
ど
う
し
た
の
っ
!
?
 
  
 

























   

  
 
何
・
・
・
怖
い
よ
香
織
 °
ど
う
し
た
の
よ
っ
!
!
 
  
 
  
た
 °
  
あ
ろ
う
文
字
は
全
て
・
・
・
一
文
字
た
り
と
も
残
ら
ず
消
え
て
い
  
手
に
は
先
ほ
ど
開
い
た
本
が
あ
り
 
そ
の
本
に
書
か
れ
て
い
た
で
  
綾
菜
の
方
へ
と
歩
い
て
い
く
 °
  
自
分
で
も
感
情
が
こ
も
っ
て
い
な
い
と
思
う
声
を
出
し
な
が
ら
 
  
 
  
 
綾
菜
・
・
・
う
う
ん
 
な
ん
で
も
な
い
よ
 °
 
  
 
  
目
で
私
を
見
つ
め
て
い
た
 °
  
私
が
声
の
し
た
方
に
視
線
を
動
か
す
と
 
綾
菜
が
怯
え
た
よ
う
な
  
 
  
 
香
織
・
・
・
?
 
ど
 
ど
う
し
た
の
・
・
・
・
・
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
私
は
全
て
を
手
に
入
れ
た
 °















   

  
な
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
目
は
も
は
や
友
達
と
い
う
よ
り
化
け
物
を
見
る
よ
う
な
目
に
  
綾
菜
 °
  
す
っ
か
り
怯
え
て
し
ま
い
 
部
屋
の
隅
の
壁
へ
と
背
中
を
つ
け
る
  
 
  
正
気
に
戻
っ
て
よ
!
!
 
  
 
な
に
 
な
に
っ
!
?
ど
う
し
た
っ
て
言
う
の
よ
!
!
香
織
ぃ
!
!
  
 
  
そ
れ
ほ
ど
ま
で
に
私
が
得
た
も
の
は
大
き
く
て
・
・
・
  
そ
う
 
私
は
綾
菜
に
お
礼
を
言
わ
な
け
れ
ば
い
け
な
か
っ
た
 °
  
 
  
よ
・
・
・
 
  
が
と
う
 °
私
に
こ
の
本
の
事
教
え
て
く
れ
て
 °
私
本
当
に
嬉
し
い
  
 
だ
か
ら
別
に
何
で
も
な
い
よ
・
・
・
で
も
 
綾
菜
・
・
・
あ
り
  
 
  
る
 °
  
そ
の
表
情
 
そ
し
て
私
が
得
た
も
の
か
ら
自
然
と
笑
み
が
こ
ぼ
れ
  
て
く
る
 °
  
綾
菜
が
先
ほ
ど
よ
り
も
さ
ら
に
顔
を
強
張
ら
せ
 
私
に
声
を
か
け
  
 

























   

  
 
き
ゃ
ぁ
ぁ
っ
!
!
な
 
何
す
る
の
・
・
・
は
う
ぅ
ぅ
ん
!
!
 
  
 
  
|
|
|
|
ビ
リ
ッ
!
!
  
 
  
 
う
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
そ
れ
は
ね
・
・
・
こ
う
す
る
こ
と
っ
!
!
 
  
 
  
 
香
織
っ
!
?
な
に
 
 
お
礼
 
っ
て
・
・
・
 
  
 
  
私
は
綾
菜
へ
と
手
を
伸
ば
し
た
 °
  
 
  
気
に
せ
ず
そ
の
ま
ま
近
づ
き
・
・
・
  
ッ
!
 
と
綾
菜
が
声
を
あ
げ
る
 °
  
震
え
る
彼
女
を
見
な
が
ら
 
ペ
ロ
リ
と
唇
を
舐
め
る
と
 
 
ヒ
ィ
  
く
 °
  
私
は
ゆ
っ
く
り
と
壁
に
追
い
つ
め
ら
れ
た
綾
菜
へ
と
近
づ
い
て
い
  
 
  
ね
?
 
  
は
正
気
だ
よ
?
そ
の
証
拠
に
・
・
・
綾
菜
に
 
お
礼
 
 
あ
げ
る
  
 
そ
ん
な
目
し
な
い
で
よ
・
・
・
友
達
じ
ゃ
な
い
 °
そ
れ
に
 
  
 

























   

  
 
  
右
だ
け
で
は
無
く
左
の
乳
首
も
舐
め
 
し
ゃ
ぶ
り
 
苛
め
て
い
く
 °
  
 
  
や
ぁ
あ
ぁ
あ
あ
!
!
 
  
 
い
 
い
や
ぁ
!
!
何
こ
れ
っ
 
き
 
気
持
ち
 
い
っ
・
・
・
ふ
  
 
  
し
な
が
ら
笑
顔
を
浮
か
べ
る
 °
  
首
を
吸
い
な
が
ら
 
私
は
彼
女
の
困
惑
し
た
顔
を
見
て
ゾ
ク
ゾ
ク
  
彼
女
の
大
き
な
J
カ
ッ
プ
の
胸
の
頂
上
に
そ
び
え
る
慎
ま
し
い
乳
  
 
  
か
る
わ
・
・
・
 
  
 
チ
ュ
 
ん
 
チ
ュ
ゥ
ゥ
・
・
・
ん
 
ん
ふ
ふ
っ
・
・
・
今
に
分
  
 
  
ひ
や
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
ふ
ぅ
ぅ
 
あ
ぁ
っ
!
!
 
な
に
っ
 
な
ん
な
の
っ
!
?
香
織
ぃ
 
  
 
  
胸
に
吸
い
つ
い
た
 °
  
彼
女
の
大
き
な
胸
を
包
む
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
下
に
ず
ら
し
 
彼
女
の
  
私
は
彼
女
の
ブ
ラ
ウ
ス
を
力
任
せ
に
破
き
 
そ
の
ま
ま
の
流
れ
で
  
 

























   

  
・
・
い
い
の
よ
 
そ
の
ま
ま
出
し
ち
ゃ
い
な
さ
い
・
・
・
せ
ぇ
の
  
 
チ
ュ
 
ズ
ズ
ズ
ッ
!
!
 
ジ
ュ
ル
ル
ル
ッ
!
!
 
ん
ふ
ふ
っ
・
  
 
  
る
っ
!
!
来
る
の
ぉ
っ
!
!
 
  
あ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
だ
 
ダ
メ
ッ
!
も
う
ダ
メ
ェ
ェ
ッ
!
!
何
か
が
来
  
 
熱
い
・
・
・
の
が
ぁ
!
お
っ
ぱ
い
の
 
先
っ
ぽ
に
・
・
・
っ
く
  
 
  
受
け
入
れ
 
そ
し
て
昇
り
つ
め
て
い
く
綾
菜
 °
  
ビ
ク
ビ
ク
と
体
を
震
わ
せ
な
が
ら
 
私
か
ら
与
え
ら
れ
る
快
感
を
  
 
  
こ
れ
っ
!
熱
い
!
熱
く
て
気
持
ち
よ
く
て
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
  
 
胸
が
・
・
・
熱
く
・
・
・
?
 
ん
 
は
う
ぅ
っ
!
!
 
な
 
  
 
  
な
笑
み
を
浮
か
べ
な
が
ら
指
摘
す
る
 °
  
そ
の
手
に
ハ
ッ
キ
リ
と
し
た
彼
女
の
胸
の
反
応
を
感
じ
 
加
虐
的
  
彼
女
の
片
手
に
収
ま
り
き
ら
な
い
ほ
ど
の
乳
房
を
弄
び
な
が
ら
 
  
 
  
く
な
っ
て
き
た
ん
じ
ゃ
な
い
?
 
  
ッ
ジ
ュ
・
・
・
・
・
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
ど
う
?
そ
ろ
そ
ろ
胸
が
熱
  
 
ジ
ュ
ル
・
・
・
ン
ッ
 
チ
ュ
ウ
ッ
・
・
・
チ
ュ
ゥ
ゥ
|
・
・
・

   

  
 
  
す
の
に
必
死
に
な
っ
て
い
た
 °
  
私
は
そ
れ
よ
り
も
 
彼
女
の
乳
房
か
ら
噴
き
出
た
母
乳
を
飲
み
干
  
膨
大
な
快
感
を
処
理
し
て
い
く
綾
菜
 °
  
突
然
訪
れ
た
初
め
て
の
噴
乳
に
 
背
中
ご
と
の
け
反
ら
し
な
が
ら
  
 
  
れ
て
る
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
!
!
 
  
 
き
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
お
っ
ぱ
い
れ
て
る
 
  
 
  
|
|
|
|
ッ
プ
ッ
シ
ャ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
!
!
  
 
  
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
!
!
 
  
 
も
 
ダ
メ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
来
る
 
く
る
く
る
来
ち
ゃ
う
ぅ
ぅ
ぅ
  
 
  
す
る
と
  
 
  
吸
い
上
げ
る
 °
  
彼
女
の
胸
を
左
右
か
ら
寄
せ
 
二
つ
の
乳
首
を
合
わ
せ
て
一
気
に
  
 
  
っ
!
 
ヂ
ュ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
!
!
!
 












   

  
ち
り
と
詰
ま
っ
た
乳
肉
は
 
さ
ら
に
そ
の
成
長
を
続
け
よ
う
と
 
  
既
に
A
カ
ッ
プ
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
か
ら
溢
れ
だ
し
そ
う
な
ほ
ど
み
っ
  
 
  
取
り
戻
す
か
の
よ
う
に
膨
ら
ん
で
い
く
・
・
・
  
の
胸
が
 
ず
っ
と
バ
カ
に
さ
れ
て
き
た
私
の
胸
が
 
そ
の
遅
れ
を
  
嬉
し
い
・
・
・
生
ま
れ
て
か
ら
今
ま
で
ず
っ
と
真
っ
平
だ
っ
た
私
  
 
  
る
・
・
・
♪
∨
  
∧
あ
は
ぁ
・
・
・
き
た
ぁ
・
・
・
♪
 
私
の
胸
 
大
き
く
な
っ
て
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ッ
グ
 
グ
グ
グ
ッ
  
 
  
す
る
と
  
 
  
 
  
だ
す
母
乳
を
次
々
と
嚥
下
し
て
い
く
 °
  
ゴ
ク
ッ
 
ゴ
キ
ュ
ッ
と
音
を
鳴
ら
し
な
が
ら
彼
女
の
胸
か
ら
溢
れ
  
 
  
と
し
て
て
・
・
・
・
・
そ
し
て
・
・
・
∨
  
∧
あ
あ
っ
・
・
・
な
ん
て
美
味
し
い
の
・
・
・
甘
く
て
 
ト
ロ
ッ

   

  
私
の
ブ
ラ
ウ
ス
か
ら
ボ
タ
ン
が
飛
び
 
さ
ら
に
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
は
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
パ
ン
ッ
!
!
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
 
  
母
乳
を
私
の
口
の
中
へ
と
流
し
込
ん
で
い
く
 °
  
い
ま
だ
噴
乳
の
快
感
を
受
け
止
め
き
れ
な
い
綾
菜
は
 
ま
だ
ま
だ
  
 
  
・
母
乳
が
出
ち
ゃ
っ
て
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
  
 
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
だ
 
め
ぇ
っ
!
!
私
の
お
っ
ぱ
い
・
・
  
 
  
に
成
長
の
ス
ピ
|
ド
も
上
が
る
 °
  
私
の
欲
望
に
合
わ
せ
て
母
乳
を
飲
む
ス
ピ
|
ド
も
あ
が
り
 
さ
ら
  
綾
菜
の
母
乳
を
飲
む
た
び
に
大
き
く
な
っ
て
い
く
私
の
胸
 °
  
 
  
∧
あ
あ
っ
・
・
・
も
っ
と
・
・
・
も
っ
と
も
っ
と
も
っ
と
ぉ
!
!
∨
  
 
  
私
の
ブ
ラ
ウ
ス
を
押
し
上
げ
て
い
く
 °











   

  
 
  
 
・
・
・
ふ
ぅ
 °
う
ふ
ふ
ふ
っ
 °
綾
菜
・
・
・
ご
ち
そ
う
さ
ま
 °
 
  
 
  
は
ズ
ル
ズ
ル
と
床
へ
落
ち
て
い
っ
た
 °
  
母
乳
が
出
な
く
な
っ
た
胸
を
口
か
ら
離
す
と
同
時
に
 
彼
女
の
体
  
 
  
 
・
・
・
ふ
 
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
・
・
  
や
が
て
 
段
々
と
彼
女
の
胸
か
ら
の
母
乳
が
な
り
を
潜
め
る
と
・
  
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
綾
菜
の
母
乳
を
飲
む
た
び
に
胸
は
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
そ
れ
で
も
な
お
 
私
は
胸
を
大
き
く
し
た
か
っ
た
 °
  
 
  
き
く
ぅ
・
・
・
∨
  
∧
ん
あ
ぁ
っ
!
!
私
の
お
っ
ぱ
い
ぃ
・
・
・
も
っ
と
 
も
っ
と
大
  
 
  
じ
け
飛
ぶ
 °





















   

  
キ
ョ
ロ
キ
ョ
ロ
と
辺
り
を
見
回
す
と
 
急
に
彼
女
は
飛
び
あ
が
り
 
  
 
  
そ
う
だ
っ
!
!
 
  
 
・
・
・
ん
 
あ
れ
?
こ
こ
は
・
・
・
私
・
・
・
あ
ぁ
っ
!
!
そ
 
  
 
  
ま
し
た
 °
  
終
わ
ら
せ
る
と
 
丁
度
作
業
が
終
わ
る
と
同
時
に
彼
女
が
目
を
覚
  
目
を
覚
ま
さ
な
い
彼
女
に
代
わ
っ
て
 
本
棚
に
本
を
戻
す
作
業
を
  
 
  
 
あ
ら
 
目
が
覚
め
た
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ん
 
ん
ん
|
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
言
葉
を
投
げ
か
け
た
 °
  
私
は
大
き
く
な
っ
た
胸
を
誇
ら
し
げ
に
揺
ら
し
な
が
ら
 
彼
女
へ

   

  
 
  
さ
ら
に
彼
女
を
混
乱
さ
せ
る
の
は
  
 
  
よ
ら
ぬ
言
葉
で
 
さ
ら
に
混
乱
を
極
め
る
綾
菜
 °
  
勢
い
よ
く
こ
ち
ら
を
向
い
た
も
の
の
 
口
か
ら
出
た
の
は
思
い
も
  
 
  
 
・
・
・
っ
て
 
あ
れ
っ
!
?
 
  
 
こ
 
こ
れ
は
一
体
ど
う
い
う
こ
と
で
す
か
っ
!
?
笹
村
様
っ
!
?
  
 
  
持
つ
よ
う
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
彼
女
は
ま
る
で
私
に
な
り
変
わ
っ
た
か
の
よ
う
に
真
っ
平
な
胸
を
  
い
た
女
は
そ
こ
に
は
居
な
い
 °
  
か
つ
て
J
カ
ッ
プ
を
誇
り
 
私
の
目
の
前
で
そ
の
胸
を
揺
ら
し
て
  
平
原
 
ま
な
板
・
・
・
真
っ
平
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
な
 
何
よ
こ
れ
ぇ
っ
!
!
 
  
 
  
そ
こ
に
あ
っ
た
の
は
  
 
  
自
分
の
胸
へ
と
視
線
を
落
と
し
た
 °












   

  
 
  
 
!
?
 
な
っ
・
・
・
あ
 
う
・
・
・
 
  
 
  
が
な
っ
て
な
い
ん
じ
ゃ
な
い
?
綾
菜
 °
 
  
 
・
・
・
う
る
さ
い
わ
ね
ぇ
 °
少
し
黙
り
な
さ
い
 °
そ
れ
に
 
  
 
  
 
  
咄
嗟
に
食
っ
て
か
か
る
綾
菜
だ
が
  
 
  
ぱ
い
!
!
 
  
 
な
っ
・
・
・
!
!
 
返
し
て
っ
!
返
し
て
よ
っ
!
!
私
の
お
っ
  
 
  
し
た
か
の
よ
う
な
 
見
事
な
巨
乳
で
あ
っ
た
 °
  
私
の
胸
に
つ
い
た
乳
房
・
・
・
そ
う
 
綾
菜
の
胸
を
そ
の
ま
ま
移
  
 
  
う
ふ
ふ
ふ
っ
♪
 
  
っ
て
・
・
・
カ
ッ
プ
に
す
る
と
|
 
大
体
 
J
カ
ッ
プ
 
ぐ
ら
い
?
  
 
ん
?
あ
あ
 
気
づ
い
た
?
そ
う
な
の
・
・
・
私
胸
が
大
き
く
な
  
 
  
 
・
・
・
え
ぇ
っ
!
?
そ
 
そ
の
胸
・
・
・
!
!
 






   

  
か
ら
見
つ
め
る
 °
  
彼
女
の
元
へ
と
辿
り
つ
く
と
 
中
腰
に
な
っ
て
彼
女
の
目
を
正
面
  
 
  
の
 °
 
  
あ
の
箱
を
開
け
た
時
に
そ
う
い
う
風
に
世
界
が
変
わ
っ
ち
ゃ
っ
た
  
服
従
 
っ
て
い
う
呪
い
 °
何
が
あ
ろ
う
と
も
絶
対
に
服
従
 °
私
が
  
 
こ
の
呪
い
わ
ね
・
・
・
自
分
よ
り
胸
の
大
き
な
人
に
は
 
絶
対
  
 
  
づ
く
 °
  
声
も
出
せ
な
い
ま
ま
こ
ち
ら
を
見
つ
め
る
彼
女
に
ゆ
っ
く
り
と
近
  
 
  
最
高
 
な
呪
い
 °
 
  
 
呪
い
 
な
の
 °
 
最
低
 
な
呪
い
 °
で
も
 
私
に
と
っ
て
は
 
  
 
ん
ふ
ふ
っ
・
・
・
こ
れ
は
ね
 
あ
の
本
に
よ
っ
て
授
け
ら
れ
た
  
 
  
私
は
そ
の
目
に
従
っ
て
説
明
を
始
め
た
 °
  
 
  
説
明
を
請
う
綾
菜
 °
  
 
ど
う
し
て
っ
!
?
 
と
ば
か
り
に
こ
ち
ら
を
涙
目
で
見
つ
め
 
  
私
の
一
言
に
よ
り
上
手
く
声
が
出
せ
な
く
な
っ
て
し
ま
う
 °



   

  
私
の
最
高
の
奴
隷
だ
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
ね
ぇ
 
綾
菜
・
・
・
 
私
に
絶
対
の
忠
誠
を
誓
い
な
さ
い
 
?
 
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
 
  
 
  
や
っ
ぱ
り
綾
菜
は
私
の
友
達
で
 
親
友
で
・
・
・
  
か
わ
い
い
・
・
・
こ
ん
な
に
か
わ
い
い
顔
出
来
る
ん
だ
・
・
・
  
 
  
私
の
笑
顔
を
見
た
途
端
 
目
を
見
開
い
て
氷
つ
い
て
し
ま
う
綾
菜
 °
  
 
  
・
ど
う
な
る
と
思
う
?
 
  
に
与
え
ら
れ
た
最
高
の
呪
い
 °
こ
の
二
つ
が
合
わ
さ
っ
た
ら
・
・
  
他
人
の
お
っ
ぱ
い
を
 
吸
い
取
っ
ち
ゃ
う
 
呪
い
 °
私
 
だ
け
 
  
 
そ
し
て
・
・
・
私
に
か
け
ら
れ
た
も
う
一
つ
の
呪
い
 °
そ
れ
は
 
  
 

























  > ≫