中
に
は
3
つ
 
二
つ
の
小
さ
め
の
石
と
 
一
つ
の
大
き
な
大
き
な
  
精
錬
用
の
窯
の
よ
う
な
物
に
つ
い
た
扉
を
開
け
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
 °
 
  
 
  
そ
ん
な
こ
と
よ
り
 
今
は
あ
の
  
の
方
が
気
に
な
っ
た
 °
  
な
い
 °
  
大
き
す
ぎ
る
乳
房
が
と
こ
ろ
ど
こ
ろ
物
に
ぶ
つ
か
る
が
 
気
に
し
  
移
動
用
の
車
い
す
の
よ
う
な
物
に
乗
り
 
部
屋
の
中
を
移
動
す
る
 °
  
 
  
 
さ
て
・
・
・
ど
う
な
っ
て
る
か
し
ら
?
 
  
 
  
た
 °
  
薄
暗
か
っ
た
研
究
室
も
 
昼
に
な
れ
ば
か
な
り
明
る
い
も
の
だ
っ
  
昼
に
な
り
 
陽
射
し
も
窓
か
ら
サ
ン
サ
ン
と
注
ぎ
こ
ま
れ
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
そ
ろ
そ
ろ
か
し
ら
?
 
  
  
せ
い
 
作
  
科
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
1
3















≪ <  

  
ま
う
の
だ
ろ
う
か
・
・
・
  
む
し
ろ
 
こ
れ
だ
け
の
大
き
さ
の
物
を
使
っ
た
ら
ど
う
な
っ
て
し
  
 
に
使
っ
て
も
良
さ
そ
う
だ
 °
  
だ
が
 
重
さ
は
驚
く
ほ
ど
軽
い
 °
こ
れ
な
ら
 
新
し
い
テ
ィ
ア
ラ
  
呼
ぶ
に
は
あ
ま
り
に
も
大
き
く
 
キ
ラ
キ
ラ
と
輝
き
を
放
つ
 °
  
そ
し
て
 
注
目
は
大
き
な
大
き
な
石
 °
こ
ぶ
し
大
の
石
は
宝
石
と
  
れ
そ
う
な
ほ
ど
美
し
か
っ
た
 °
  
見
事
に
精
錬
さ
れ
た
石
は
 
キ
ラ
キ
ラ
と
紅
く
輝
き
 
吸
い
こ
ま
  
 
  
 
・
・
・
す
ご
い
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
そ
の
結
果
  
 
  
返
し
純
度
を
高
め
る
作
業
を
繰
り
返
し
た
 °
  
た
後
 
残
っ
た
石
を
全
て
一
つ
に
ま
と
め
 
何
度
も
何
度
も
繰
り
  
だ
が
 
か
な
り
の
純
度
は
保
て
た
 °
二
つ
の
小
さ
め
の
石
を
作
っ
  
小
さ
く
な
る
 °
  
あ
れ
だ
け
大
量
に
採
掘
さ
れ
た
石
だ
が
 
精
錬
す
る
と
ど
ん
ど
ん
  
石
が
あ
る
は
ず
だ
っ
た
 °
















   

  
 
  
 
え
え
 °
い
い
こ
と
?
決
し
て
削
り
す
ぎ
な
い
よ
う
に
ね
?
 
  
 
  
 
・
・
・
こ
の
大
き
さ
を
 
そ
の
ま
ま
・
・
・
で
す
か
?
 
  
 
  
も
ち
ろ
ん
こ
れ
に
も
手
は
尽
く
し
て
あ
り
・
・
・
  
空
い
た
テ
ィ
ア
ラ
の
台
座
 °
  
こ
れ
も
自
ら
が
作
っ
た
 
真
ん
中
に
宝
石
を
入
れ
込
む
く
ぼ
み
の
  
 
  
 
こ
れ
と
 
こ
れ
を
使
っ
て
新
し
い
テ
ィ
ア
ラ
を
作
り
た
い
の
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
・
・
お
呼
び
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ち
ょ
っ
と
 °
 
  
 
  
2
つ
は
机
の
上
に
置
き
 
も
う
一
つ
の
大
き
な
宝
石
は
  
期
待
を
込
め
な
が
ら
 
石
を
3
つ
取
り
出
す
 °
  
 
  
∧
楽
し
み
ね
・
・
・
ふ
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
∨
  
 

























   

  
 
  
∧
な
に
よ
・
・
・
こ
れ
じ
ゃ
あ
作
業
出
来
な
い
じ
ゃ
な
い
・
・
・
∨
  
 
  
る
の
が
分
か
る
 °
  
と
 
よ
く
見
る
と
 
こ
の
間
手
に
入
れ
た
方
の
物
が
起
動
し
て
い
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
 
  
 
  
つ
の
金
属
の
塊
に
目
を
向
け
る
 °
  
女
王
は
指
示
だ
け
出
す
と
 
机
の
上
の
二
つ
の
宝
石
 
そ
し
て
二
  
 
  
 
は
い
 °
仰
せ
の
と
お
り
に
 °
 
  
 
  
早
く
使
い
た
い
か
ら
 °
 
  
 
あ
|
 
そ
う
そ
う
 °
明
日
 
明
後
日
に
は
完
成
さ
せ
て
お
い
て
?
  
 
  
手
に
持
つ
と
 
そ
の
ま
ま
部
屋
を
後
に
し
よ
う
と
す
る
 °
  
部
屋
に
入
っ
て
来
た
女
性
は
 
テ
ィ
ア
ラ
の
台
座
と
紅
い
宝
石
を
  
 
  
 
・
・
・
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 °
 












   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
リ
と
口
元
を
歪
め
た
 °
  
女
王
は
も
う
片
方
の
起
動
し
た
ま
ま
の
 
機
械
 
を
触
り
 
ニ
ヤ
  
 
  
く
ね
?
 
  
 
・
・
・
お
は
よ
う
 °
今
度
は
・
・
・
こ
の
子
と
一
緒
に
よ
ろ
し
  
 
  
 
  
す
る
と
 
機
械
 
は
音
を
立
て
て
動
き
出
し
・
・
・
  
先
程
の
宝
石
を
埋
め
込
む
 °
  
 
  
 
・
・
・
こ
れ
を
・
・
・
・
・
 
  
 
  
思
い
つ
く
ま
ま
に
改
良
を
加
え
 
核
心
部
分
に
は
  
仕
方
無
く
 
も
う
片
方
か
ら
作
業
を
進
め
る
こ
と
に
し
た
 °



   

  
 
  
そ
の
度
に
 
ほ
ぅ
・
・
・
 
と
溜
め
息
が
出
る
 °
  
彼
女
が
食
べ
物
を
口
に
運
び
 
噛
み
 
飲
み
込
む
ま
で
観
察
し
 
  
を
食
べ
る
姿
を
見
つ
め
る
杏
奈
 °
  
自
分
が
食
べ
る
こ
と
な
ど
と
っ
く
に
忘
れ
 
ジ
ッ
と
志
穂
が
料
理
  
 
  
さ
っ
た
ぁ
♪
∨
  
∧
あ
は
ぁ
|
・
・
・
美
味
し
い
・
・
・
美
味
し
い
っ
て
言
っ
て
下
  
 
  
 
・
・
・
う
ん
 
美
味
し
い
 °
 
  
 
  
て
食
事
を
し
て
い
る
 °
  
い
る
間
 
志
穂
に
た
っ
ぷ
り
可
愛
が
っ
て
も
ら
い
 
今
で
は
揃
っ
  
買
い
物
は
久
美
 
料
理
は
杏
奈
 °
二
人
と
も
片
方
が
仕
事
を
し
て
  
昼
に
な
り
 
昼
食
を
作
る
こ
と
と
な
っ
た
 °
  
 
  
い
る
・
・
・
・
・
∨
  
∧
あ
ぁ
っ
・
・
・
志
穂
様
が
私
の
作
っ
た
料
理
を
召
し
上
が
っ
て
  
 
  
 

























   

  
∧
志
穂
様
の
箸
志
穂
様
が
口
に
運
ば
れ
た
箸
志
穂
様
が
召
し
上
が
  
 
  
し
か
も
そ
れ
は
  
れ
て
い
る
 °
  
な
ん
と
い
う
こ
と
か
 °
目
の
前
に
料
理
が
挟
ま
れ
た
箸
が
掲
げ
ら
  
 
  
 
へ
っ
?
あ
・
・
・
え
ぇ
っ
!
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ほ
ら
?
 
  
 
  
慌
て
て
箸
を
持
ち
 
食
べ
よ
う
と
す
る
と
  
一
方
 
自
分
の
料
理
は
ま
だ
全
然
減
っ
て
い
な
い
 °
  
 
  
ね
 °
 
と
何
か
を
覚
え
る
か
の
よ
う
に
食
事
を
し
て
い
る
 °
  
既
に
志
穂
は
食
事
を
半
分
終
わ
ら
せ
 
久
美
も
 
・
・
・
こ
の
味
  
と
 
志
穂
に
声
を
か
け
ら
れ
ハ
ッ
と
我
に
か
え
る
 °
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
あ
 
あ
あ
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
杏
奈
 
ど
う
し
た
の
?
食
べ
て
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
 

   

  
 
  
 
・
・
・
あ
|
・
・
・
ん
 °
 
  
 
  
に
よ
り
  
主
人
か
ら
の
好
意
を
無
碍
に
す
る
こ
と
も
出
来
な
い
 °
そ
し
て
な
  
な
お
も
口
元
に
寄
せ
ら
れ
る
料
理
 °
  
 
  
 
い
ら
な
い
の
?
美
味
し
い
わ
よ
?
 
  
 
  
ら
を
ジ
ッ
と
睨
ん
で
く
る
 °
  
と
 
横
を
見
る
と
久
美
が
猛
烈
な
嫉
妬
に
駆
ら
れ
た
の
か
 
こ
ち
  
 
  
 
う
 
う
ぅ
ぅ
|
|
|
!
!
 
  
 
杏
奈
ち
ゃ
ん
 
こ
の
料
理
の
作
り
方
お
し
え
・
・
・
な
っ
!
!
  
 
  
ち
ら
を
ジ
ッ
と
見
つ
め
る
 °
  
知
っ
て
か
知
ら
ず
か
 
目
の
前
の
主
人
は
含
み
の
あ
る
笑
顔
で
こ
  
 
  
様
が
・
・
・
・
・
∨
  
っ
て
い
た
料
理
志
穂
様
が
私
の
た
め
に
志
穂
様
が
志
穂
様
が
志
穂

   

  
食
事
が
終
わ
り
 
後
片
付
け
を
す
る
 °
  
 
  
 
ご
め
ん
っ
て
ば
 
久
美
ち
ゃ
ん
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
も
噛
み
続
け
た
 °
  
杏
奈
は
そ
の
一
口
を
 
な
ん
と
か
飲
み
込
む
ま
い
と
何
度
も
何
度
  
 
  
∧
・
・
・
幸
せ
ぇ
・
・
・
・
・
∨
  
 
  
な
ら
な
い
 °
  
横
か
ら
 
あ
あ
っ
!
!
 
と
い
う
声
が
聞
こ
え
て
き
た
が
 
気
に
  
噛
む
ほ
ど
に
嬉
し
い
 °
美
味
し
い
 °
  
と
て
つ
も
な
く
嬉
し
か
っ
た
 °














   

  
 
  
文
句
を
言
い
な
が
ら
も
二
人
は
な
か
な
か
の
協
力
を
見
せ
て
い
た
 °
  
食
器
を
杏
奈
が
水
で
洗
い
 
久
美
が
拭
く
 °
  
 
  
ゃ
な
い
 °
だ
っ
て
相
手
は
志
穂
様
よ
?
 
  
 
だ
か
ら
ご
め
ん
っ
て
 °
大
体
あ
の
状
況
で
断
れ
る
わ
け
な
い
じ
  
 
  
ず
る
い
ず
る
い
!
 
  
 
あ
の
箸
 
志
穂
様
の
だ
よ
?
料
理
だ
っ
て
・
・
・
あ
|
 
も
う
!
  
 
  
こ
の
む
く
れ
た
友
達
を
何
と
か
説
得
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
・
・
ず
る
い
よ
 
杏
奈
ち
ゃ
ん
だ
け
・
・
・
 
  
 
  
だ
が
 
そ
の
前
に
  
 
  
女
ら
は
普
段
久
美
が
寝
て
い
る
ベ
ッ
ド
で
寝
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
流
石
に
志
穂
と
同
じ
ベ
ッ
ド
で
眠
る
の
は
気
が
引
け
る
の
か
 
  
先
に
眠
っ
て
い
る
 °
  
行
う
の
は
久
美
と
杏
奈
 °
志
穂
は
 
眠
た
く
な
っ
た
 
と
言
っ
て

   

  
 
  
 
そ
う
ね
・
・
・
お
昼
す
ぎ
で
し
ょ
?
半
日
で
こ
れ
だ
け
・
・
・
 
  
 
  
感
嘆
の
声
を
あ
げ
る
と
 
杏
奈
も
そ
れ
に
同
調
し
て
き
た
 °
  
 
  
 
だ
い
ぶ
大
き
く
な
っ
た
わ
よ
ね
・
・
・
 
  
 
  
そ
し
て
 
サ
ワ
サ
ワ
と
そ
の
表
面
を
撫
で
て
い
き
な
が
ら
  
を
当
て
る
 °
  
布
巾
と
食
器
を
置
い
た
久
美
が
 
ゆ
っ
く
り
と
自
分
の
胸
へ
と
手
  
 
  
 
あ
 
う
ん
 °
大
丈
夫
・
・
・
・
・
そ
れ
に
し
て
も
・
・
・
 
  
 
  
心
配
し
た
杏
奈
が
声
を
か
け
る
が
 
特
に
問
題
は
な
さ
そ
う
だ
 °
  
 
  
 
大
丈
夫
?
久
美
ち
ゃ
ん
 °
 
  
 
  
と
 
突
然
久
美
が
拭
い
て
い
た
食
器
を
落
と
し
か
け
る
 °
  
 
  
 
だ
か
ら
っ
て
・
・
・
っ
と
と
!
!
 











   

  
 
  
 
・
・
・
3
0
0
c
m
超
え
ち
ゃ
う
?
 
  
 
  
と
 
言
う
こ
と
は
・
・
・
  
 
  
時
間
?
朝
か
ら
今
よ
り
長
い
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
深
夜
に
お
止
め
に
な
る
と
し
た
ら
・
・
・
あ
と
1
0
時
間
?
1
1
  
 
そ
う
ね
ぇ
・
・
・
志
穂
様
が
い
つ
お
止
め
に
な
る
の
か
だ
け
ど
 
  
 
  
ね
?
 
  
 
今
日
一
日
っ
て
こ
と
は
・
・
・
ま
だ
大
き
く
な
る
っ
て
こ
と
よ
  
 
  
m
近
く
大
き
く
な
っ
て
い
る
か
も
し
れ
な
い
 °
  
2
3
0
や
ら
2
4
0
や
ら
・
・
・
前
回
測
っ
た
時
よ
り
1
0
0
c
  
パ
ッ
と
見
た
感
じ
で
も
 
2
0
0
c
m
は
超
え
て
い
る
だ
ろ
う
 °
  
 
  
今
の
自
分
の
大
き
さ
だ
と
思
う
と
想
像
し
や
す
か
っ
た
 °
  
互
い
に
同
じ
ぐ
ら
い
の
乳
房
を
持
つ
者
同
士
 °
お
互
い
の
乳
房
が
  
胸
に
よ
っ
て
見
え
る
範
囲
が
狭
ま
っ
て
く
る
 °
  
今
朝
ま
で
は
見
え
て
い
た
景
色
も
 
今
で
は
ま
だ
成
長
を
続
け
る

   

  
な
ん
だ
か
誇
れ
る
気
分
に
な
っ
て
く
る
 °
  
 
  
 
志
穂
様
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
 
あ
ぁ
・
・
・
素
敵
・
・
・
・
・
 
  
 
  
す
る
と
・
・
・
  
自
分
達
の
愛
す
る
主
人
の
胸
が
さ
ら
に
大
き
く
な
っ
た
姿
を
想
像
  
 
  
 
そ
う
な
る
わ
ね
 °
 
  
 
  
志
穂
様
の
お
胸
も
そ
れ
だ
け
大
き
く
な
ら
れ
る
っ
て
こ
と
で
し
ょ
?
 
  
 
で
も
で
も
 
私
達
の
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
っ
て
こ
と
は
 
  
 
  
ま
た
 
そ
の
一
方
で
  
て
く
る
 °
  
自
分
が
あ
れ
だ
け
の
乳
房
を
持
つ
の
か
と
思
う
と
 
嬉
し
く
な
っ
  
 
  
日
の
志
穂
様
ぐ
ら
い
よ
ね
 °
 
  
 
か
も
し
れ
な
い
わ
ね
・
・
・
3
0
0
c
m
っ
て
言
っ
た
ら
 

   

  
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
と
 
杏
奈
か
ら
の
ち
ゃ
か
し
も
受
け
 
笑
顔
で
そ
の
場
を
後
に
し
  
 
  
 
・
・
・
よ
か
っ
た
じ
ゃ
な
い
 °
ご
指
名
よ
?
 
  
 
  
慌
て
て
我
に
か
え
る
と
 
水
差
し
と
コ
ッ
プ
を
用
意
す
る
 °
  
 
  
 
あ
っ
 
は
|
い
!
 
  
 
  
そ
の
愛
す
る
主
人
か
ら
声
が
か
か
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
久
美
|
 °
お
水
く
れ
る
か
し
ら
|
?
 
  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
  
 
  
そ
の
ま
ま
し
ば
ら
く
悦
に
浸
る
二
人
 °











   

  
 
久
美
ち
ゃ
ん
の
は
・
・
・
チ
ュ
ゥ
・
・
・
ン
・
・
・
ト
ロ
ト
ロ
  
 
  
や
す
い
よ
・
・
・
 
  
 
ン
フ
ゥ
・
・
・
杏
奈
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
 
サ
ラ
サ
ラ
で
飲
み
  
 
  
主
人
以
外
で
唯
一
気
を
許
し
た
人
間
と
母
乳
を
交
換
し
合
う
 °
  
 
  
ロ
ト
ロ
と
溢
れ
だ
し
た
母
乳
が
白
い
シ
|
ツ
を
さ
ら
に
白
く
汚
す
 °
  
白
い
シ
|
ツ
の
上
 
お
互
い
の
乳
房
の
片
方
は
口
に
入
ら
ず
 
  
い
た
 °
  
二
人
は
同
じ
ベ
ッ
ド
で
向
き
合
い
 
互
い
の
母
乳
を
吸
い
合
っ
て
  
 
  
 
ゴ
ク
ッ
・
・
・
久
美
ち
ゃ
ん
・
・
・
 
  
 
  
 
ン
 
ジ
ュ
ッ
・
・
・
ン
ク
ッ
・
・
・
杏
奈
ち
ゃ
ぁ
ん
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
感
触
は
ど
こ
ま
で
も
つ
い
て
く
る
 °
  
そ
の
お
か
げ
で
大
き
く
グ
ニ
グ
ニ
と
手
を
動
か
し
て
も
柔
ら
か
い
  
大
き
す
ぎ
る
乳
房
は
久
美
の
手
で
は
収
ま
る
は
ず
も
無
く
 
ま
た
 
  
ら
れ
る
快
感
 °
  
久
美
が
杏
奈
の
も
う
片
方
の
乳
房
を
揉
み
し
だ
く
事
に
よ
っ
て
得
  
 
  
ら
か
い
・
・
・
 
  
 
え
へ
へ
っ
・
・
・
杏
奈
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
 
フ
ワ
フ
ワ
で
柔
  
 
  
そ
れ
は
今
ま
で
沸
々
と
感
じ
て
い
た
膨
乳
に
よ
る
快
感
で
は
無
く
  
と
 
突
然
杏
奈
に
訪
れ
た
快
感
 °
  
 
  
 
ん
は
あ
ぁ
ぁ
・
・
・
く
 
久
美
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
  
は
こ
の
行
為
を
止
め
そ
う
に
な
か
っ
た
 °
  
勿
論
ど
ち
ら
も
美
味
し
く
 
癖
に
な
り
そ
う
で
 
滅
多
な
こ
と
で
  
噴
き
出
さ
せ
る
 °
  
そ
れ
ぞ
れ
が
ま
る
で
自
分
の
性
格
を
表
し
た
か
の
よ
う
な
母
乳
を
  
 
  
で
甘
い
・
・
・
 



















   

  
|
|
|
|
ト
プ
ッ
・
・
・
ト
プ
ト
プ
ッ
  
 
  
そ
の
せ
い
で
久
美
の
母
乳
も
溢
れ
出
て
来
る
 °
  
を
揉
み
こ
ん
で
く
る
 °
  
杏
奈
の
手
捌
き
は
な
ん
と
も
繊
細
で
 
的
確
に
気
持
ち
が
良
い
所
  
今
度
は
久
美
に
も
快
感
が
訪
れ
る
 °
  
 
  
れ
 
気
持
ち
い
い
・
・
・
あ
あ
ん
っ
!
!
 
  
 
ひ
ひ
ゃ
う
っ
!
あ
 
杏
奈
ち
ゃ
ん
っ
!
ダ
メ
だ
よ
ぉ
・
・
・
そ
  
 
  
 
あ
ん
っ
!
も
う
っ
・
・
・
久
美
ち
ゃ
ん
っ
た
ら
・
・
・
え
い
っ
!
 
  
 
  
そ
れ
が
な
ん
と
も
可
愛
ら
し
く
 
揉
ん
で
い
て
気
持
ち
も
良
い
 °
  
い
母
乳
が
堰
を
切
っ
た
よ
う
に
溢
れ
出
る
 °
  
そ
れ
だ
け
で
触
れ
て
い
る
手
の
平
が
ビ
シ
ャ
ビ
シ
ャ
に
な
る
く
ら
  
 
  
|
|
|
|
プ
シ
ャ
ッ
 
プ
シ
ャ
ァ
ァ
ァ
ァ
・
・
・
  
 
  
る
と
  
巨
大
な
乳
房
に
は
不
釣
り
合
い
な
ほ
ど
可
憐
な
乳
首
に
手
が
触
れ

   

  
そ
れ
と
同
時
に
  
久
美
の
叫
び
に
杏
奈
が
答
え
る
 °
  
 
  
め
て
ぇ
!
 
  
 
も
っ
と
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
し
て
ぇ
!
!
先
っ
ぽ
 
先
っ
ぽ
を
い
じ
  
 
  
み
 
快
感
を
与
え
 
与
え
ら
れ
る
 °
  
互
い
の
乳
房
に
激
し
く
吸
い
付
き
 
飲
み
 
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
と
揉
  
一
度
火
の
つ
い
た
二
人
は
止
ま
る
こ
と
は
無
か
っ
た
 °
  
 
  
ん
!
!
 
  
 
あ
あ
 
も
っ
と
・
・
・
も
っ
と
揉
ん
で
!
飲
ん
で
!
杏
奈
ち
ゃ
  
 
  
 
久
美
ち
ゃ
ん
 
久
美
ち
ゃ
ぁ
|
ん
!
 
  
 
  
大
き
い
声
を
出
す
と
志
穂
に
怒
ら
れ
か
ね
な
い
が
  
二
人
の
い
る
久
美
の
部
屋
の
隣
は
志
穂
の
部
屋
で
あ
る
 °
あ
ま
り
  
溢
れ
出
る
度
に
久
美
の
嬌
声
が
響
く
 °
  
い
か
に
も
ト
ロ
ト
ロ
と
し
て
粘
度
の
高
そ
う
な
母
乳
が
乳
首
か
ら
  
 

























   

  
お
互
い
の
口
の
中
に
溢
れ
出
る
母
乳
の
濁
流
を
必
死
に
飲
み
干
す
 °
  
 
  
頭
の
中
は
真
っ
白
 °
互
い
の
ミ
ル
ク
の
よ
う
に
真
っ
白
い
世
界
 °
  
爆
発
 
決
壊
 
激
流
・
・
・
  
 
  
ア
ア
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
!
!
!
!
  
|
|
|
|
ブ
ッ
シ
ャ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
  
 
  
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
!
 
  
 
気
持
ち
い
っ
・
・
・
ふ
ぎ
ぃ
!
?
あ
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
 
  
ゃ
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
!
 
  
 
ひ
い
い
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
!
お
っ
ぱ
い
噴
く
・
・
・
噴
い
ち
  
 
  
二
人
の
快
感
が
最
高
潮
に
達
し
た
時
  
 
  
杏
奈
が
叫
び
 
久
美
が
答
え
る
 °
  
 
  
 
吸
っ
て
ぇ
!
!
チ
ュ
ウ
チ
ュ
ウ
 
も
っ
と
・
・
・
も
っ
と
ぉ
!
!
 
  
 

























   

  
 
  
 
し
ほ
・
・
・
し
ゃ
ま
ぁ
・
・
・
・
・
♪
 
  
 
  
 
・
・
・
あ
は
ぁ
ぁ
・
・
・
♪
 
  
 
  
二
人
は
朦
朧
と
し
た
意
識
の
中
 
そ
の
女
性
の
方
を
向
く
 °
  
部
屋
の
中
の
二
人
を
訪
れ
る
女
性
 °
  
 
  
 
・
・
・
ど
う
?
気
持
ち
良
か
っ
た
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
  
 
  
 
  
む
し
ろ
そ
の
圧
倒
的
な
幸
福
感
に
打
ち
の
め
さ
れ
て
い
た
 °
  
 
  
∧
あ
ぁ
ぁ
・
・
・
・
・
幸
せ
ぇ
・
・
・
・
・
・
∨
  
 
  
一
つ
表
す
こ
と
無
く
  
体
は
既
に
ミ
ル
ク
で
ベ
チ
ャ
ベ
チ
ャ
 °
だ
が
 
彼
女
達
は
嫌
悪
感

   

  
 
プ
レ
ゼ
ン
ト
・
・
・
?
 
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
・
・
・
か
ら
の
?
 
  
 
  
程
の
志
穂
の
発
言
に
は
理
解
で
き
な
い
点
が
あ
っ
た
 °
  
快
感
に
押
し
つ
ぶ
さ
れ
 
意
識
は
ハ
ッ
キ
リ
と
し
て
な
い
が
 
  
つ
め
る
 °
  
ま
た
例
の
ニ
ヤ
リ
と
し
た
含
み
の
あ
る
笑
み
と
共
に
 
二
人
を
見
  
 
  
は
?
 
  
 
で
 
ど
う
だ
っ
た
?
 
私
か
ら
の
気
持
ち
い
い
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
  
 
  
そ
し
て
  
部
屋
の
壁
に
付
い
た
母
乳
を
ス
ッ
と
指
で
拭
う
 °
  
 
  
で
お
っ
ぱ
い
が
飛
び
散
っ
て
る
 °
 
  
 
・
・
・
随
分
派
手
に
や
っ
た
の
ね
 °
ほ
ら
 
こ
ん
な
と
こ
ろ
ま
  
 
  
彼
女
は
部
屋
の
中
を
グ
ル
リ
と
見
回
し
た
後
  
そ
こ
に
は
彼
女
達
の
最
愛
の
主
人
が
立
っ
て
い
た
 °






   

  
 
  
 
あ
ぁ
・
・
・
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
嬉
し
い
・
・
・
♪
 
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
が
気
持
ち
よ
く
・
・
・
・
・
 
  
 
  
だ
が
  
 
  
主
な
ら
誰
だ
っ
て
お
か
し
い
と
思
え
る
理
論
 °
  
事
実
を
都
合
よ
く
繋
げ
た
だ
け
の
曲
解
で
 
正
常
な
思
考
の
持
ち
  
全
く
の
詭
弁
で
あ
る
 °
  
 
  
ゃ
な
い
?
 
  
と
は
 
私
が
あ
な
た
達
を
気
持
ち
よ
く
し
た
っ
て
こ
と
と
同
じ
じ
  
よ
う
に
な
っ
た
ん
で
し
ょ
?
そ
れ
で
気
持
ち
よ
く
な
っ
た
っ
て
こ
  
 
え
え
 °
あ
な
た
達
は
私
の
お
っ
ぱ
い
を
吸
っ
て
 
母
乳
が
出
る
  
 
  
め
た
 °
  
す
る
と
 
志
穂
は
さ
も
当
然
と
言
い
た
げ
な
雰
囲
気
で
説
明
を
始
  
二
人
は
揃
っ
て
あ
の
ト
ロ
リ
と
し
た
目
を
し
な
が
ら
首
を
傾
げ
る
 °
  
 

























   

  
 
  
て
あ
げ
る
か
ら
・
・
・
他
の
人
に
浮
気
な
ん
か
し
ち
ゃ
ダ
メ
よ
?
 
  
 
安
心
し
な
さ
い
・
・
・
あ
な
た
達
は
 
私
が
ず
っ
と
可
愛
が
っ
  
 
  
し
て
志
穂
の
足
元
へ
と
縋
り
つ
い
て
き
た
 °
  
志
穂
が
優
し
く
微
笑
み
な
が
ら
二
人
を
呼
ぶ
と
 
二
人
は
嬉
々
と
  
 
  
 
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
ほ
ら
 
お
い
で
?
 
  
 
  
 
  
果
で
あ
っ
た
 °
  
ど
ち
ら
に
し
て
も
全
て
は
志
穂
の
計
算
の
元
 
生
み
だ
さ
れ
た
結
  
て
き
た
 
な
ど
原
因
は
色
々
あ
る
だ
ろ
う
 °
  
勿
論
意
識
が
は
っ
き
り
し
な
い
 
あ
る
い
は
志
穂
が
直
接
話
か
け
  
た
手
前
 
彼
女
に
何
を
言
わ
れ
て
も
そ
の
通
り
だ
と
思
え
て
く
る
 °
  
な
ん
と
も
ち
ょ
ろ
い
二
人
で
は
あ
る
が
 
一
度
志
穂
に
狂
わ
さ
れ
  
の
念
で
い
っ
ぱ
い
だ
っ
た
 °
  
の
中
に
浸
透
す
る
よ
う
で
 
今
頭
の
中
に
は
志
穂
に
対
す
る
感
謝
  
朦
朧
と
し
た
意
識
の
中
 
志
穂
に
言
わ
れ
た
こ
と
が
ス
ゥ
ッ
と
心
  
二
人
は
理
解
し
て
し
ま
っ
た
 °














   

  
 
私
も
・
・
・
そ
れ
な
ら
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
の
御
命
令
で
あ
れ
ば
構
い
ま
せ
ん
が
・
・
・
 
  
 
  
そ
う
言
う
と
二
人
は
顔
を
見
合
わ
せ
  
 
  
な
い
?
 
  
ら
 
大
き
く
な
る
ば
っ
か
り
で
中
身
が
無
い
の
は
よ
く
な
い
じ
ゃ
  
 
・
・
・
あ
な
た
達
の
お
っ
ぱ
い
を
私
に
く
れ
な
い
か
し
ら
?
ほ
  
 
  
志
穂
は
ま
た
例
の
リ
モ
コ
ン
を
取
り
出
し
た
 °
  
 
  
 
そ
れ
で
ね
?
提
案
が
あ
る
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
・
・
・
  
も
ち
ろ
ん
そ
の
辺
の
さ
じ
加
減
も
全
て
志
穂
の
手
に
あ
る
の
だ
が
  
た
と
し
て
も
久
美
と
杏
奈
に
よ
っ
て
全
力
で
排
除
さ
れ
か
ね
な
い
 °
  
こ
の
場
に
は
3
人
し
か
お
ら
ず
 
も
し
仮
に
他
の
人
が
入
っ
て
来
  
女
の
足
に
頬
を
擦
り
よ
せ
る
 °
  
二
人
は
 
浮
気
な
ん
か
し
ま
せ
ん
 
と
で
も
言
い
た
い
の
か
 

   

  
 
  
 
  
愛
す
る
主
人
は
笑
顔
で
部
屋
を
出
て
い
っ
た
 °
  
彼
女
の
乳
首
へ
と
口
づ
け
を
し
て
離
れ
る
 °
  
志
穂
が
そ
う
言
っ
て
部
屋
を
出
よ
う
と
す
る
と
 
二
人
は
揃
っ
て
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
じ
ゃ
あ
私
は
部
屋
に
戻
る
わ
 °
 
  
 
  
顔
に
な
っ
て
ま
た
足
に
擦
り
寄
っ
て
く
る
 °
  
志
穂
の
説
明
に
納
得
し
た
二
人
は
 
そ
れ
な
ら
構
わ
な
い
 
と
笑
  
 
  
っ
ぷ
り
・
・
・
一
石
二
鳥
で
し
ょ
?
 
  
っ
ぱ
い
を
吸
収
さ
せ
て
あ
げ
る
わ
 °
大
き
く
な
る
し
 
中
身
も
た
  
多
く
な
る
よ
う
に
す
る
か
ら
 °
そ
れ
に
 
あ
な
た
達
に
は
私
の
お
  
 
あ
あ
 
安
心
し
て
 °
吸
収
す
る
量
よ
り
大
き
く
す
る
量
の
方
が
  
 
  
だ
ろ
う
 °
  
本
当
は
嫌
だ
が
 
志
穂
の
命
令
な
ら
仕
方
な
い
と
言
っ
た
と
こ
ろ
  
残
念
そ
う
な
目
で
志
穂
を
見
つ
め
る
 °
  
 

























   

  
 
  
志
穂
は
一
人
ベ
ッ
ド
の
上
で
ゆ
っ
く
り
と
目
を
覚
ま
し
た
 °
  
陽
も
そ
ろ
そ
ろ
落
ち
て
き
た
夕
方
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
ん
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
で
目
を
閉
じ
た
 °
  
傍
か
ら
見
て
も
仲
が
よ
さ
そ
う
な
二
人
は
揃
っ
て
幸
せ
そ
う
な
顔
  
二
人
は
向
か
い
あ
っ
て
眠
り
に
つ
く
 °
  
 
  
 
そ
う
ね
 °
そ
う
し
ま
し
ょ
う
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
私
達
も
少
し
寝
ま
し
ょ
う
か
 °
 









   

  
そ
う
言
う
と
志
穂
は
ゆ
っ
く
り
と
ベ
ッ
ド
か
ら
足
を
お
ろ
し
て
・
  
 
  
め
て
夕
ご
飯
食
べ
た
後
に
測
り
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
・
・
・
ど
の
く
ら
い
か
し
ら
?
で
も
・
・
・
も
う
少
し
ね
 °
  
 
  
る
 °
  
ン
 °
確
実
に
今
ま
で
よ
り
二
回
り
も
三
回
り
も
大
き
く
な
っ
て
い
  
中
身
も
ギ
ッ
シ
リ
詰
ま
っ
た
モ
チ
モ
チ
プ
ニ
プ
ニ
の
バ
イ
ン
バ
イ
  
何
と
か
起
き
上
が
っ
た
も
の
の
 
眼
下
に
広
が
る
の
は
肌
色
の
山
 °
  
 
  
っ
♪
 
  
 
ふ
ぅ
・
・
・
こ
ん
な
に
大
き
く
な
っ
て
る
・
・
・
・
・
ふ
ふ
ふ
  
 
  
う
 °
  
だ
が
 
起
き
上
が
ろ
う
と
し
た
途
端
 
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
し
ま
  
寝
返
り
も
う
て
な
か
っ
た
の
か
 
寝
る
時
と
同
じ
姿
勢
で
あ
る
 °
  
い
た
 °
  
う
つ
伏
せ
や
仰
向
け
で
は
寝
れ
な
か
っ
た
の
で
 
横
向
き
で
寝
て
  
 
  
 
・
・
・
ん
し
ょ
 °
っ
と
と
!
 













   

  
 
  
・
・
次
は
も
う
こ
の
部
屋
に
は
入
れ
そ
う
に
な
い
わ
ね
 °
 
  
 
・
・
・
扉
 
狭
い
わ
ね
 °
今
は
ギ
リ
ギ
リ
通
れ
そ
う
だ
け
ど
・
  
 
  
に
支
障
は
な
さ
そ
う
だ
っ
た
 °
  
一
度
立
ち
上
が
る
と
確
か
に
重
み
は
感
じ
る
も
の
の
 
歩
く
こ
と
  
上
が
る
こ
と
に
成
功
す
る
 °
  
足
で
は
無
く
腰
か
ら
 °
身
体
全
体
を
使
う
こ
と
で
 
何
と
か
立
ち
  
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
!
こ
う
か
!
 
  
 
  
い
る
と
  
何
度
足
に
力
を
入
れ
よ
う
と
も
浮
か
ば
な
い
腰
に
悪
戦
苦
闘
し
て
  
重
さ
で
な
か
な
か
立
ち
上
が
れ
な
い
 °
  
立
ち
上
が
ろ
う
と
す
る
も
 
一
段
と
大
き
く
な
っ
た
自
分
の
胸
の
  
 
  
ね
 °
 
  
 
う
わ
っ
 
重
た
ぁ
い
・
・
・
こ
れ
は
誰
か
に
支
え
て
欲
し
い
わ
  
 
  
・
・
























   

  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
じ
ゃ
あ
測
り
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
を
出
て
い
っ
た
 °
  
名
残
惜
し
さ
を
や
る
気
に
変
え
て
 
志
穂
は
半
ば
無
理
や
り
部
屋
  
 
  
城
に
住
む
ん
で
す
も
の
 °
  
∧
・
・
・
ま
あ
い
い
わ
 °
私
は
こ
の
部
屋
じ
ゃ
な
く
て
・
・
・
お
  
 
  
う
 °
  
た
ら
最
後
入
る
こ
と
は
壁
を
壊
し
た
り
し
な
い
限
り
不
可
能
だ
ろ
  
に
つ
っ
か
え
始
め
て
い
る
 °
こ
の
ま
ま
大
き
く
し
て
い
け
ば
 
  
決
し
て
狭
い
と
言
う
ほ
ど
で
は
な
い
が
 
彼
女
の
巨
大
な
胸
が
既
  
部
屋
を
出
る
時
に
な
っ
て
扉
の
狭
さ
を
痛
感
す
る
 °






   

  
 
そ
ん
な
に
!
?
や
っ
た
よ
 
久
美
ち
ゃ
ん
!
!
 
  
 
  
m
!
す
ご
い
よ
 
杏
奈
ち
ゃ
ん
!
!
 
  
 
・
・
・
さ
ん
び
ゃ
く
 
は
ち
じ
ゅ
う
・
・
・
ろ
く
 °
3
8
6
c
  
 
  
そ
し
て
 
彼
女
の
前
で
目
盛
り
を
合
わ
せ
る
と
・
・
・
  
る
杏
奈
の
胸
に
目
盛
り
を
巻
き
つ
け
る
 °
  
久
美
は
 
5
m
 
と
書
か
れ
た
巻
き
尺
を
持
っ
て
 
両
腕
を
あ
げ
  
 
  
 
は
い
 
志
穂
様
 °
 
  
 
  
な
さ
い
 °
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
・
・
・
久
美
 °
杏
奈
の
お
っ
ぱ
い
を
測
っ
て
あ
げ
  
 
  
 
  
ぅ
・
・
・
 
と
珍
し
く
唸
っ
て
い
た
 °
  
味
を
褒
め
て
や
る
と
久
美
が
微
笑
む
反
面
 
隣
で
は
杏
奈
が
 
  
信
が
あ
る
ら
し
く
 
そ
の
味
は
確
か
に
美
味
し
い
も
の
だ
っ
た
 °
  
夕
食
の
調
理
は
久
美
が
担
当
し
た
 °
彼
女
も
な
か
な
か
料
理
に
自
  
夕
食
を
終
え
 
3
人
は
い
つ
も
の
よ
う
に
集
ま
る
 °






   

  
 
や
っ
た
ぁ
!
!
え
へ
へ
っ
 
ご
め
ん
ね
杏
奈
ち
ゃ
ん
 °
 
  
 
  
9
2
c
m
!
あ
ぁ
|
 
負
け
ち
ゃ
っ
た
 °
 
  
 
え
っ
と
・
・
・
さ
ん
び
ゃ
く
 
き
ゅ
う
じ
ゅ
う
・
・
・
に
 °
  
 
  
は
自
分
の
サ
イ
ズ
を
測
る
の
は
杏
奈
に
任
せ
よ
う
か
と
も
思
う
 °
  
杏
奈
は
元
々
下
着
屋
だ
っ
た
せ
い
か
 
そ
の
手
際
は
良
く
 
志
穂
  
て
今
度
は
久
美
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
を
測
る
 °
  
盛
り
上
が
る
二
人
に
志
穂
が
声
を
か
け
る
と
 
す
ぐ
に
切
り
替
え
  
 
  
 
あ
 
は
い
 °
久
美
ち
ゃ
ん
 
腕
あ
げ
て
こ
っ
ち
向
い
て
?
 
  
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
次
は
杏
奈
が
久
美
の
お
っ
ぱ
い
を
測
る
番
ね
 °
 
  
 
  
た
 °
  
杏
奈
は
昨
日
か
ら
な
ん
と
2
0
0
c
m
以
上
の
成
長
を
遂
げ
て
い
  
胸
 °
  
ゆ
っ
く
り
で
は
あ
る
が
 
一
日
中
ず
っ
と
膨
乳
し
続
け
た
3
人
の
  
キ
ャ
ア
キ
ャ
ア
と
二
人
で
盛
り
上
が
る
 °
  
 

























   

  
 
  
だ
が
 
そ
れ
す
ら
も
嬉
し
そ
う
で
 
ク
ス
ク
ス
と
笑
い
合
う
 °
  
の
よ
う
に
弾
け
 
二
人
は
揃
っ
て
尻
も
ち
を
つ
く
は
め
に
な
る
 °
  
一
度
二
人
の
間
で
へ
し
ゃ
げ
た
乳
房
が
 
ま
る
で
反
発
し
あ
う
か
  
 
  
 
わ
わ
っ
!
!
 
  
 
  
 
き
ゃ
っ
!
!
 
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ボ
ム
ウ
ゥ
ン
!
  
 
  
さ
ら
に
  
手
が
届
か
ず
 
上
手
く
抱
き
し
め
会
う
こ
と
が
出
来
な
い
 °
  
そ
の
巨
大
な
乳
房
が
邪
魔
を
し
て
 
背
中
は
お
ろ
か
肩
ま
で
し
か
  
 
  
|
|
|
|
ム
ニ
ュ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
・
・
・
  
 
  
喜
び
を
分
か
ち
合
お
う
と
二
人
は
抱
き
合
お
う
と
す
る
が
  
久
美
も
久
美
で
杏
奈
と
同
じ
く
2
0
0
c
m
以
上
の
成
長
 °
  
 

























   

  
つ
い
に
そ
の
時
が
き
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
杏
奈
 °
私
の
胸
を
測
っ
て
く
れ
る
?
 
  
 
  
 
  
目
を
や
っ
た
 °
  
か
 
二
人
は
椅
子
に
座
っ
て
こ
ち
ら
を
見
下
ろ
す
志
穂
の
方
へ
と
  
と
 
そ
こ
で
自
ら
が
主
人
の
名
を
言
っ
た
こ
と
で
思
い
出
し
た
の
  
を
再
燃
さ
せ
る
 °
  
で
擦
り
な
が
ら
 
二
人
の
主
人
を
馬
鹿
に
し
た
女
に
対
す
る
怒
り
  
中
身
の
み
っ
ち
り
詰
ま
っ
た
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
の
よ
う
な
胸
を
撫
  
 
  
る
な
ん
て
絶
対
に
許
せ
な
い
わ
 °
 
  
 
そ
う
よ
ね
 °
い
く
ら
重
鎮
だ
か
ら
っ
て
 
志
穂
様
を
馬
鹿
に
す
  
 
  
文
句
は
言
わ
せ
な
い
で
済
む
ね
 °
 
  
 
・
・
・
で
も
さ
 
こ
れ
で
も
う
あ
の
恵
美
花
と
か
い
う
女
に
も
  
 
  
み
始
め
た
 °
  
そ
し
て
 
二
人
は
自
分
の
胸
を
揉
み
な
が
ら
 
そ
の
成
長
を
慈
し

   

  
と
 
そ
の
時
 °
杏
奈
の
驚
き
の
声
が
胸
の
前
で
あ
が
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
な
っ
 
あ
・
・
・
え
っ
!
?
 
  
 
  
 
  
る
杏
奈
も
若
干
興
奮
気
味
だ
 °
  
こ
ん
な
に
間
近
に
見
る
こ
と
は
あ
ま
り
無
い
せ
い
か
 
測
っ
て
い
  
か
か
っ
て
い
く
 °
  
も
ま
る
で
垂
れ
よ
う
と
し
な
い
綺
麗
な
球
状
の
乳
房
に
目
盛
り
が
  
志
穂
の
背
面
か
ら
ぐ
る
っ
と
巻
き
尺
が
通
さ
れ
 
立
ち
あ
が
っ
て
  
 
  
 
失
礼
い
た
し
ま
す
・
・
・
 
  
 
  
り
 
両
腕
を
あ
げ
て
そ
の
時
を
待
つ
 °
  
志
穂
も
先
程
覚
え
た
立
ち
方
で
ゆ
っ
く
り
と
椅
子
か
ら
立
ち
上
が
  
人
の
元
へ
と
近
づ
く
 °
  
杏
奈
は
緊
張
し
た
面
持
ち
で
 
5
m
 
の
巻
き
尺
を
持
っ
て
 
  
 
  
 
・
・
・
は
い
 °
 
  
 

























   

  
い
 °
  
い
る
が
 
怒
ら
せ
た
ら
ど
う
な
る
こ
と
か
分
か
っ
た
も
の
で
は
な
  
そ
れ
は
あ
の
強
烈
な
圧
迫
感
の
一
片
で
あ
り
 
今
で
こ
そ
笑
っ
て
  
 
  
き
さ
に
驚
く
と
共
に
 
若
干
の
恐
怖
を
感
じ
て
い
た
 °
  
彼
女
の
笑
い
声
を
聞
き
な
が
ら
 
久
美
と
杏
奈
は
主
人
の
胸
の
大
  
あ
げ
て
笑
い
始
め
た
 °
  
杏
奈
の
声
を
き
っ
か
け
に
し
て
 
志
穂
が
さ
ぞ
愉
快
そ
う
に
声
を
  
 
  
か
!
あ
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
っ
ぷ
 
あ
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
そ
う
 
や
っ
ぱ
り
足
り
な
い
  
 
  
 
・
・
・
足
り
ま
せ
ん
 °
 
  
 
  
で
  
そ
の
声
は
何
が
起
こ
っ
た
の
か
 
半
ば
予
想
が
つ
い
た
よ
う
な
声
  
杏
奈
の
頭
の
上
か
ら
志
穂
の
声
が
降
り
注
ぐ
 °
  
 
  
 
ん
?
ど
う
し
た
の
?
 
  
 

























   

  
丁
寧
に
バ
ス
ト
ト
ッ
プ
の
位
置
に
目
盛
り
を
巻
き
つ
け
 
数
字
を
  
 
  
 
は
い
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
正
確
に
測
っ
て
ね
?
確
か
な
数
字
が
知
り
た
い
か
ら
 °
 
  
 
  
今
度
は
 
1
0
m
 
の
巻
き
尺
で
測
り
直
し
始
め
た
 °
  
 
  
 
し
 
失
礼
し
ま
す
っ
!
!
 
  
 
  
そ
し
て
 
戻
っ
て
く
る
な
り
  
取
り
に
行
く
 °
  
杏
奈
は
そ
の
恐
怖
に
背
中
を
押
さ
れ
て
 
慌
て
て
そ
の
巻
き
尺
を
  
 
  
 
は
 
は
い
っ
!
!
 
  
 
  
く
れ
る
?
 
  
あ
そ
こ
に
 
1
0
m
 
の
巻
き
尺
が
あ
る
か
ら
 °
そ
れ
で
測
っ
て
  
 
あ
|
・
・
・
は
は
は
っ
 °
大
丈
夫
 
ち
ょ
っ
と
大
き
い
け
ど
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
は
な
く
  
そ
う
思
う
と
 
や
は
り
心
の
中
で
芽
生
え
る
の
は
羨
み
や
喜
び
で
  
も
し
か
し
た
ら
超
え
て
い
る
の
か
も
知
れ
な
い
 °
  
彼
女
の
乳
房
は
こ
の
世
界
で
一
番
大
き
い
女
王
の
そ
れ
に
近
く
 
  
完
全
に
大
台
を
突
破
し
て
い
た
 °
  
 
  
は
っ
!
!
 
  
5
6
8
c
m
!
女
王
と
同
じ
く
ら
い
じ
ゃ
な
い
!
あ
は
は
は
は
は
  
 
ふ
っ
・
・
・
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
あ
は
は
は
は
は
は
っ
!
そ
う
!
  
 
  
6
8
c
m
・
・
・
 
  
 
・
・
・
ご
 
ご
ひ
ゃ
く
・
・
・
ろ
く
じ
ゅ
う
・
・
・
は
ち
 °
  
 
  
 
  
そ
の
数
値
は
  
 
  
勿
論
今
度
は
き
ち
ん
と
届
き
 
計
測
す
る
こ
と
が
出
来
た
 °
  
読
む
 °























   

  
感
じ
る
 °
  
そ
の
瞬
間
 
危
惧
し
て
い
た
圧
迫
感
が
全
身
に
振
り
か
か
る
の
を
  
志
穂
は
試
す
よ
う
な
目
で
二
人
を
見
つ
め
て
く
る
 °
  
の
だ
ろ
う
 °
  
そ
れ
を
知
っ
て
か
知
ら
ず
か
・
・
・
い
や
 
全
て
分
か
っ
て
い
る
  
 
  
の
胸
が
大
き
く
な
っ
て
嬉
し
く
な
い
の
?
 
  
 
ん
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
ど
う
し
た
の
か
し
ら
?
あ
な
た
達
 
主
人
  
 
  
よ
う
 
可
愛
が
ら
れ
る
と
い
う
道
だ
っ
た
 °
  
道
は
女
王
並
の
胸
に
な
っ
た
志
穂
に
つ
い
て
い
き
 
嫌
わ
れ
な
い
  
結
局
 
何
を
ど
う
し
よ
う
と
手
遅
れ
で
あ
り
 
二
人
に
残
さ
れ
た
  
全
身
に
は
力
が
漲
っ
て
い
る
こ
と
だ
ろ
う
 °
  
し
か
も
 
彼
女
は
自
分
達
の
胸
を
吸
収
し
て
い
る
た
め
 
彼
女
の
  
怖
が
久
美
と
杏
奈
の
間
で
渦
巻
い
て
い
く
 °
  
間
自
分
の
全
て
が
無
く
な
っ
て
し
ま
う
か
も
知
れ
な
い
と
い
う
恐
  
何
が
彼
女
の
怒
り
に
触
れ
る
か
分
か
ら
な
い
 °
だ
が
 
触
れ
た
瞬
  
 
  
 
  
恐
怖
























   

  
 
  
る
と
  
わ
ざ
と
ら
し
く
残
念
そ
う
な
顔
か
ら
一
転
 
ス
ゥ
ッ
と
目
を
細
め
  
 
  
度
を
取
る
よ
う
じ
ゃ
あ
・
・
・
 
  
く
こ
ん
な
に
大
き
く
な
っ
た
の
に
・
・
・
あ
な
た
達
 
そ
ん
な
態
  
 
・
・
・
は
ぁ
 °
全
く
・
・
・
祝
い
の
言
葉
も
無
い
の
?
せ
っ
か
  
 
  
 
  
級
で
あ
る
 °
  
そ
れ
が
世
界
最
大
級
と
も
な
れ
ば
・
・
・
そ
の
迫
力
も
世
界
最
大
  
こ
の
世
界
で
は
胸
の
大
き
な
者
こ
そ
絶
対
的
な
強
者
 °
ま
し
て
や
  
声
に
な
ら
な
い
声
が
絞
り
出
さ
れ
る
 °
  
 
  
 
っ
く
・
・
・
・
・
あ
 
く
ぁ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
あ
 
あ
あ
あ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
分
の
体
が
押
し
つ
ぶ
さ
れ
そ
う
な
感
覚
す
ら
あ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
今
ま
で
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
も
の
で
 
そ
の
ま
ま
自

   

  
 
  
 
  
 
 
捨
て
な
い
で
く
だ
さ
い
っ
!
!
 
 
  
 
  
ら
ぁ
っ
!
!
 
  
 
ご
め
ん
な
ざ
い
っ
!
!
お
ね
が
い
で
す
っ
 
お
ね
が
い
で
す
か
  
 
  
ま
ぜ
ん
っ
!
!
!
!
 
  
 
も
 
も
う
じ
わ
げ
ご
ざ
い
ま
ぜ
ん
っ
!
!
も
う
じ
わ
げ
ご
ざ
い
  
 
  
主
人
の
腰
に
縋
り
つ
い
て
き
た
 °
  
そ
の
途
端
 
堰
を
切
っ
た
か
の
よ
う
に
涙
が
溢
れ
だ
し
 
二
人
は
  
う
な
絶
望
し
た
表
情
に
変
わ
る
 °
  
志
穂
の
一
言
で
二
人
は
一
気
に
こ
の
世
の
終
わ
り
が
き
た
か
の
よ
  
 
  
 
 
っ
っ
!
!
!
!
!
 
 
  
 
  
 
・
・
・
捨
て
ち
ゃ
う
わ
よ
?
 
  
 
  
 

























   

  
た
だ
け
だ
っ
た
 °
  
志
穂
は
今
の
状
況
を
使
っ
て
少
し
訓
練
を
さ
せ
て
や
ろ
う
と
思
っ
  
い
 °
  
特
に
女
王
と
対
峙
し
た
時
 
心
が
折
れ
て
し
ま
っ
て
は
意
味
が
無
  
感
じ
る
こ
と
だ
ろ
う
 °
  
女
王
の
元
に
行
く
に
あ
た
っ
て
 
今
の
よ
う
な
圧
迫
感
は
何
度
も
  
 
  
 
  
に
褒
め
て
や
る
 °
  
二
人
が
恐
怖
に
打
ち
勝
っ
て
自
分
の
元
に
や
っ
て
来
た
の
を
存
分
  
 
  
さ
に
耐
え
た
わ
ね
・
・
・
 
  
 
大
丈
夫
・
・
・
捨
て
な
い
わ
 °
あ
な
た
達
こ
そ
 
よ
く
今
の
怖
  
 
  
で
て
や
る
と
  
志
穂
は
彼
女
達
の
反
応
に
満
足
し
た
の
か
 
よ
し
よ
し
と
頭
を
撫
  
 
  
思
え
な
か
っ
た
 °
  
だ
が
 
彼
女
達
に
と
っ
て
今
出
来
る
最
善
の
事
は
こ
れ
だ
と
し
か
  
何
が
彼
女
達
を
こ
う
さ
せ
た
の
か
は
分
か
ら
な
い
 °






   

  
 
  
∧
・
・
・
そ
ろ
そ
ろ
 
頃
合
い
ね
 °
  
 
  
 
  
も
何
度
も
彼
女
ら
の
頭
を
撫
で
て
や
る
が
  
そ
の
反
応
を
見
な
が
ら
 
志
穂
は
主
人
と
し
て
優
し
い
顔
で
何
度
  
二
人
は
頭
を
撫
で
ら
れ
な
が
ら
コ
ク
コ
ク
と
何
度
も
頷
き
返
す
 °
  
 
  
そ
の
た
め
に
は
あ
な
た
達
の
心
の
強
さ
も
必
要
な
の
 °
 
  
が
女
王
に
な
る
た
め
に
は
あ
な
た
達
の
協
力
が
必
要
 °
そ
し
て
 
  
 
あ
は
は
っ
 
ご
め
ん
ね
?
で
も
・
・
・
分
か
っ
た
で
し
ょ
?
私
  
 
  
は
思
わ
ず
苦
笑
い
 °
  
泣
き
な
が
ら
 
や
り
す
ぎ
だ
 
と
非
難
し
て
く
る
二
人
に
 
志
穂
  
 
  
 
怖
か
っ
た
・
・
・
怖
か
っ
た
で
す
ぅ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
う
ぅ
っ
・
・
・
っ
ぐ
す
 
志
穂
様
ぁ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
そ
の
目
は
家
の
外
・
・
・
女
王
の
住
ま
う
城
に
向
け
ら
れ
て
い
た
 °
  
 

























  > ≫