∧
こ
こ
を
こ
う
し
て
・
・
・
あ
 
こ
の
部
分
を
兼
用
さ
せ
よ
う
か
  
 
  
二
つ
の
回
路
を
 
繋
ぎ
合
わ
せ
る
 
作
業
に
入
っ
て
い
く
 °
  
 
  
ジ
ン
も
二
つ
 °
こ
れ
は
楽
し
み
だ
わ
・
・
・
ふ
ふ
ふ
ふ
っ
 °
 
  
 
・
・
・
合
わ
さ
る
と
ど
れ
だ
け
凄
い
の
か
し
ら
ね
・
・
・
エ
ン
  
 
  
そ
う
言
う
と
彼
女
は
二
つ
の
 
機
械
 
を
交
互
に
見
て
・
・
・
  
 
  
う
 °
 
  
 
・
・
・
ま
 
い
い
わ
 °
今
の
う
ち
に
ま
た
始
め
ち
ゃ
い
ま
し
ょ
  
 
  
机
の
上
の
 
機
械
 
を
見
て
 
溜
め
息
を
つ
く
女
性
 °
  
陽
も
す
っ
か
り
落
ち
 
ま
た
も
や
薄
暗
い
部
屋
の
中
 °
  
 
  
の
よ
・
・
・
 
  
 
・
・
・
や
っ
と
止
ま
っ
た
 °
全
く
 
い
つ
ま
で
起
動
さ
せ
て
る
  
  
せ
い
 
作
  
科
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
1
4















≪ <  

  
 
女
王
様
・
・
・
も
う
そ
ろ
そ
ろ
夜
も
更
け
て
参
り
ま
し
た
 °
  
 
  
予
想
通
り
 
彼
女
の
 
研
究
室
 
に
女
性
が
訪
れ
た
 °
  
 
  
∧
ほ
ら
来
た
・
・
・
∨
  
 
  
 
・
・
・
失
礼
し
ま
す
 °
 
  
 
  
大
体
の
目
星
を
立
て
な
が
ら
作
業
を
進
め
る
と
  
 
  
み
下
さ
い
 
が
来
る
か
ら
 
昼
ぐ
ら
い
に
な
り
そ
う
ね
 °
  
∧
・
・
・
こ
れ
は
 
明
日
の
朝
・
・
・
い
や
 
そ
ろ
そ
ろ
 
お
休
  
 
  
・
・
・
  
だ
が
 
作
業
を
す
る
の
は
自
分
だ
け
 °
な
か
な
か
作
業
は
進
ま
ず
  
二
つ
の
 
機
械
 
を
一
つ
に
ま
と
め
上
げ
る
 °
  
愛
用
の
ド
ラ
イ
バ
|
で
繋
げ
て
は
外
し
 
外
し
て
は
繋
げ
・
・
・
  
 
  
ゃ
 °
  
し
ら
 °
あ
と
は
・
・
・
そ
う
そ
う
 °
  
も
変
え
て
お
か
な
き

   

  
 
  
し
上
げ
な
さ
い
!
 
  
 
ほ
ら
っ
!
あ
な
た
達
!
女
王
様
の
お
胸
を
寝
室
ま
で
支
え
て
差
  
 
  
そ
し
て
 
時
期
を
逃
し
て
は
な
ら
な
い
と
思
っ
た
の
か
  
や
っ
と
説
得
出
来
て
嬉
し
い
の
か
 
大
臣
の
顔
が
ほ
こ
ろ
ぶ
 °
  
 
  
 
は
い
っ
!
ぜ
ひ
そ
う
な
さ
っ
て
く
だ
さ
い
ま
せ
!
 
  
 
  
置
き
 
作
業
を
止
め
た
 °
  
そ
う
考
え
た
女
王
は
そ
の
ま
ま
手
に
持
っ
て
い
た
ド
ラ
イ
バ
|
を
  
こ
の
ま
ま
作
業
を
し
て
 
失
敗
を
し
た
ら
目
も
当
て
ら
れ
な
い
 °
  
連
日
の
疲
れ
か
 
今
日
は
な
ん
だ
か
眠
気
が
強
い
 °
  
 
  
 
・
・
・
そ
う
ね
 °
今
日
は
も
う
寝
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
今
日
も
今
日
と
て
無
視
し
て
作
業
し
よ
う
と
思
っ
て
い
た
が
  
毎
日
の
よ
う
に
や
っ
て
く
る
大
臣
 °
  
 
  
う
か
お
休
み
下
さ
い
・
・
・
 














   

  
 
  
 
・
・
・
そ
う
い
え
ば
 
テ
ィ
ア
ラ
は
い
つ
出
来
る
の
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
向
か
う
先
は
寝
所
 °
部
屋
の
前
ま
で
は
大
臣
が
つ
い
て
来
て
い
た
 °
  
を
歩
く
 °
  
ら
れ
て
い
る
と
い
う
の
に
ブ
ル
ン
ブ
ル
ン
と
揺
ら
し
な
が
ら
廊
下
  
ゆ
っ
く
り
と
立
ち
あ
が
っ
た
女
王
は
 
そ
の
巨
大
な
乳
房
を
支
え
  
 
  
 
あ
り
が
と
う
 °
・
・
・
行
き
ま
し
ょ
う
か
?
 
  
 
  
房
を
支
え
る
 °
  
そ
の
ま
ま
女
王
が
立
ち
あ
が
り
や
す
い
よ
う
 
彼
女
の
巨
大
な
乳
  
 
  
 
・
・
・
失
礼
い
た
し
ま
す
 °
 
  
 
  
が
部
屋
に
入
っ
て
き
て
 
女
王
の
元
で
中
腰
に
な
り
  
既
に
用
意
し
て
い
た
の
だ
ろ
う
 °
例
の
二
人
組
の
 
乳
支
え
役
 
  
 
  
 
 
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 °
 
 













   

  
口
元
を
歪
め
な
が
ら
話
す
女
王
 °
  
 
  
 
・
・
・
明
日
は
何
か
が
起
こ
る
気
が
す
る
の
よ
ね
 °
 
  
 
  
 
  
感
じ
で
 
そ
の
胸
の
大
き
さ
も
相
ま
っ
て
母
性
的
だ
 °
  
パ
ッ
と
見
た
感
じ
で
は
 
包
容
力
の
あ
る
お
姉
さ
ん
 
と
い
っ
た
  
代
前
半
と
い
っ
た
と
こ
ろ
か
 °
  
彼
女
は
女
王
よ
り
も
年
上
だ
が
 
そ
れ
で
も
か
な
り
若
く
 
2
0
  
恭
し
く
礼
を
す
る
大
臣
 °
  
 
  
 
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 °
で
は
 
そ
の
よ
う
に
 °
 
  
 
  
私
の
と
こ
ろ
に
持
っ
て
来
な
さ
い
 °
即
刻
よ
?
王
命
だ
か
ら
ね
 °
 
  
 
そ
う
 °
そ
れ
は
良
か
っ
た
わ
 °
じ
ゃ
あ
 
出
来
上
が
っ
た
す
ぐ
  
 
  
す
 °
 
  
 
は
い
 °
予
定
で
は
 
明
日
の
昼
過
ぎ
頃
に
出
来
上
が
る
予
定
で
  
 
  
寝
室
に
向
か
う
間
 
女
王
が
大
臣
に
話
し
か
け
る
 °






   

  
視
察
が
ご
ざ
い
ま
す
 °
ほ
ぼ
全
て
の
重
鎮
と
多
く
の
兵
士
が
城
か
  
す
 °
あ
 
そ
れ
と
・
・
・
明
日
は
各
重
鎮
た
ち
に
よ
る
僻
地
へ
の
  
認
し
て
頂
き
ま
し
て
 
そ
の
後
は
公
務
は
無
し
と
な
っ
て
お
り
ま
  
 
・
・
・
そ
れ
で
は
女
王
様
 °
明
日
は
朝
に
い
く
つ
か
書
類
を
確
  
 
  
結
局
よ
く
分
か
ら
な
い
ま
ま
 
女
王
の
寝
室
へ
と
到
着
す
る
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
は
ぁ
 °
左
様
で
ご
ざ
い
ま
す
か
 °
 
  
 
  
に
な
る
わ
 °
そ
ん
な
気
が
す
る
の
 °
 
  
 
そ
う
い
う
意
味
じ
ゃ
な
い
わ
 °
明
日
は
・
・
・
記
念
す
べ
き
日
  
 
  
明
日
の
予
定
を
確
認
し
な
が
ら
大
臣
が
答
え
る
 °
  
 
  
ま
す
が
?
 
  
 
明
日
・
・
・
特
に
大
き
な
公
務
は
無
か
っ
た
か
の
よ
う
に
思
え
  
 
  
え
係
の
二
人
だ
け
だ
ろ
う
 °
  
彼
女
の
表
情
の
変
化
を
知
る
も
の
は
彼
女
自
身
か
 
あ
る
い
は
支

   

  
 
  
そ
う
心
の
中
に
思
い
な
が
ら
 °
  
 
  
∧
そ
う
・
・
・
 
明
日
は
記
念
す
べ
き
日
に
な
る
わ
 
 °
  
 
  
う
 °
  
女
王
は
部
屋
の
中
に
入
り
 
綺
麗
に
掃
除
さ
れ
た
寝
所
へ
と
向
か
  
深
々
と
礼
を
す
る
と
 
大
臣
は
そ
の
場
か
ら
離
れ
て
い
っ
た
 °
  
 
  
 
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 °
そ
れ
で
は
お
休
み
な
さ
い
ま
せ
 °
 
  
 
  
な
た
が
来
て
頂
戴
 °
 
  
 
い
ら
な
い
わ
 °
ど
う
し
て
も
起
き
て
こ
な
い
よ
う
だ
っ
た
ら
あ
  
 
  
 
お
目
覚
め
は
い
か
が
な
さ
い
ま
し
ょ
う
か
?
 
  
 
  
 
そ
う
 °
わ
か
っ
た
わ
 °
 
  
 
  
願
い
ま
す
 °
 
  
ら
で
払
う
形
に
な
り
ま
す
の
で
 
公
務
は
行
い
ま
せ
ん
が
御
注
意

   

  
出
来
上
が
っ
た
3
枚
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
は
 
ど
れ
も
と
て
つ
も
な
く
  
あ
ま
り
に
突
然
な
こ
と
に
試
着
を
手
伝
う
杏
奈
が
声
を
あ
げ
る
 °
  
 
  
 
あ
 
明
日
で
す
か
っ
!
?
 
  
 
  
た
 °
  
出
来
上
が
っ
た
下
着
を
試
着
し
な
が
ら
 
志
穂
は
突
然
言
い
放
っ
  
と
服
を
頼
ん
で
数
時
間
後
 °
  
サ
イ
ズ
を
測
り
終
わ
っ
た
と
い
う
こ
と
で
 
杏
奈
に
新
し
い
下
着
  
 
  
 
・
・
・
明
日
 
城
に
向
か
う
わ
よ
 °
 
  
 
  
時
を
同
じ
く
し
て
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
は
早
す
ぎ
る
の
で
は
・
・
・
?
 
  
 
そ
れ
は
勿
論
御
供
さ
せ
て
頂
き
ま
す
が
・
・
・
明
日
と
い
う
の
  
 
  
い
深
い
谷
間
を
綺
麗
に
見
え
る
位
置
に
整
え
始
め
る
 °
  
房
へ
と
立
ち
向
か
っ
て
い
た
久
美
に
そ
ち
ら
を
任
せ
 
杏
奈
は
深
  
パ
チ
ン
ッ
と
最
後
の
ホ
ッ
ク
を
締
め
終
わ
る
と
 
も
う
片
方
の
乳
  
 
  
わ
 °
あ
な
た
達
も
勿
論
来
る
で
し
ょ
う
?
 
  
 
え
え
 °
今
日
は
ゆ
っ
く
り
休
ん
で
 
明
日
の
昼
前
に
突
撃
す
る
  
 
  
は
せ
ず
 
む
し
ろ
役
に
立
っ
て
い
る
と
誇
り
に
思
え
た
 °
  
そ
れ
で
も
主
人
の
た
め
に
し
て
い
る
と
思
う
と
 
決
し
て
嫌
な
気
  
か
な
り
重
た
い
わ
 
結
構
な
重
労
働
で
あ
っ
た
 °
  
カ
ッ
プ
の
中
に
乳
房
を
押
し
こ
ん
で
い
く
 °
面
積
は
大
き
い
わ
 
  
久
美
は
杏
奈
に
言
わ
れ
た
通
り
 
志
穂
の
脇
の
下
か
ら
ぐ
い
ぐ
い
  
8
個
 °
丈
夫
さ
を
考
え
た
ら
そ
う
せ
ざ
る
を
得
な
か
っ
た
 °
  
ホ
ッ
ク
は
縦
に
1
0
個
 °
今
自
分
が
着
け
て
い
る
も
の
で
さ
え
も
  
て
い
る
 °
  
ぽ
り
収
ま
り
そ
う
な
ほ
ど
で
 
今
そ
れ
を
志
穂
が
つ
け
よ
う
と
し
  
カ
ッ
プ
が
深
く
 
そ
の
中
で
も
最
大
な
も
の
は
人
間
が
一
人
す
っ

   

  
も
の
・
・
・
こ
れ
ほ
ど
名
誉
な
こ
と
は
無
い
 °
  
そ
れ
に
 
女
王
が
身
に
つ
け
て
い
る
服
装
は
全
て
自
分
の
作
っ
た
  
コ
い
い
で
は
な
い
か
 °
  
 
女
王
専
属
の
着
付
け
師
 
・
・
・
な
ん
と
も
箔
が
つ
い
て
カ
ッ
  
話
は
そ
れ
た
が
 
こ
れ
は
こ
れ
で
嬉
し
い
 °
  
 
  
 
あ
 
は
い
っ
!
!
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
っ
!
!
 
  
 
  
あ
な
た
を
私
の
専
属
の
着
付
け
師
に
す
る
か
ら
ね
?
 
  
 
・
・
・
う
ん
 °
ば
っ
ち
り
ね
 °
杏
奈
 
私
が
女
王
に
な
っ
た
ら
 
  
 
  
・
何
や
ら
確
認
を
終
え
る
と
  
時
折
 
自
分
の
体
を
揺
ら
し
た
り
 
ジ
ャ
ン
プ
し
て
み
た
り
・
・
  
と
歩
き
ま
わ
る
 °
  
二
人
が
離
れ
る
の
を
確
認
す
る
と
 
志
穂
は
そ
の
場
を
ゆ
っ
く
り
  
 
  
 
善
は
急
げ
っ
て
言
う
で
し
ょ
?
 
  
 
  
丁
度
久
美
の
作
業
が
終
わ
る
と
同
時
に
杏
奈
の
作
業
も
終
わ
る
 °
  
 

























   

  
や
っ
て
い
た
 °
  
志
穂
は
久
美
を
か
ら
か
っ
て
楽
し
い
の
か
 
笑
顔
で
頭
を
撫
で
て
  
口
に
は
出
せ
な
い
疑
問
を
持
ち
 
苦
笑
い
を
浮
か
べ
る
杏
奈
 °
  
 
  
∧
そ
れ
は
ち
ょ
っ
と
違
う
よ
う
な
気
が
・
・
・
・
・
∨
  
 
  
ら
れ
ま
す
っ
!
 
  
 
 
癒
し
役
 
・
・
・
は
い
っ
!
私
頑
張
っ
て
志
穂
様
に
可
愛
が
  
 
  
癒
し
て
も
ら
う
の
 °
 
  
事
が
多
そ
う
じ
ゃ
な
い
?
だ
か
ら
 
あ
な
た
を
可
愛
が
る
こ
と
で
  
 
そ
う
ね
ぇ
・
・
・
あ
な
た
は
私
の
 
癒
し
役
 
 °
女
王
っ
て
仕
  
 
  
に
頼
み
こ
ん
で
き
た
 °
  
先
程
の
杏
奈
へ
の
待
遇
に
嫉
妬
し
た
の
か
 
必
死
に
な
っ
て
志
穂
  
と
 
久
美
が
慌
て
て
志
穂
に
縋
り
つ
く
 °
  
 
  
 
あ
 
あ
の
っ
!
志
穂
様
 
私
に
も
何
か
お
役
目
を
・
・
・
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
つ
き
・
・
・
ま
す
か
ね
?
 
  
 
  
諦
め
が
付
く
で
し
ょ
う
?
 
  
う
に
目
の
前
で
大
き
く
し
て
や
る
の
 °
そ
う
す
れ
ば
女
王
だ
っ
て
  
で
 
女
王
の
胸
の
大
き
さ
を
確
認
し
た
後
 
そ
れ
以
上
に
な
る
よ
  
 
と
り
あ
え
ず
 
リ
モ
コ
ン
を
持
っ
て
い
こ
う
と
思
う
わ
 °
そ
れ
  
 
  
 
え
ぇ
っ
!
?
そ
れ
じ
ゃ
あ
ど
う
や
っ
て
・
・
・
 
  
 
  
・
・
・
無
か
っ
た
 °
  
 
  
 
ん
?
無
い
わ
 °
た
だ
直
接
女
王
と
対
峙
す
る
だ
け
よ
 °
 
  
 
  
あ
れ
ほ
ど
言
い
切
っ
た
の
だ
 °
な
に
か
具
体
的
な
作
戦
が
・
・
・
  
 
  
た
が
 
何
か
作
戦
の
よ
う
な
も
の
は
・
・
・
 
  
 
・
・
・
そ
れ
で
 
志
穂
様
 °
明
日
城
に
向
か
う
と
の
こ
と
で
し
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
5
5
0
c
m
を
超
え
た
巨
大
な
肉
塊
を
揺
ら
し
て
み
せ
る
 °
  
 
  
 
そ
れ
は
ね
・
・
・
 
こ
れ
 
で
全
部
押
さ
え
つ
け
る
わ
 °
 
  
 
  
だ
が
 
そ
の
質
問
に
志
穂
は
ニ
ヤ
リ
と
笑
っ
て
  
と
 
今
度
は
別
の
問
題
に
行
き
つ
く
 °
  
 
  
で
は
ど
う
や
っ
て
行
く
ん
で
す
か
?
 
  
 
そ
う
・
・
・
で
す
ね
 °
そ
れ
で
い
け
・
・
・
あ
 
女
王
の
所
ま
  
 
  
い
な
い
作
戦
が
上
手
く
い
き
そ
う
な
気
が
し
て
き
た
 °
  
彼
女
の
様
子
を
見
て
い
た
ら
 
な
ん
だ
か
そ
の
作
戦
に
も
な
っ
て
  
自
信
た
っ
ぷ
り
に
頷
く
志
穂
 °
  
 
  
し
て
や
る
ま
で
よ
 °
 
  
の
?
こ
の
世
が
胸
の
大
き
さ
が
全
て
の
世
界
な
ら
 
そ
れ
を
利
用
  
た
時
 
女
王
は
ど
う
や
っ
て
胸
の
大
き
さ
で
私
に
勝
つ
っ
て
言
う
  
 
つ
く
わ
 °
だ
っ
て
 
目
の
前
で
大
き
く
な
る
の
よ
?
そ
う
な
っ

   

  
 
・
・
・
さ
あ
 
も
う
今
日
は
寝
ま
し
ょ
う
?
明
日
は
大
変
だ
か
  
 
  
 
  
 
  
ら
う
と
な
ん
だ
か
痛
み
が
引
い
て
い
く
気
が
し
た
 °
  
確
か
に
吹
き
飛
ば
さ
れ
て
痛
か
っ
た
 °
だ
が
 
志
穂
に
撫
で
て
も
  
 
  
 
・
・
・
は
い
 °
大
丈
夫
で
す
 °
 
  
 
  
や
は
り
大
き
く
な
り
す
ぎ
る
と
周
り
が
見
え
な
い
 °
  
気
づ
け
ば
吹
き
飛
ば
さ
れ
て
い
た
 °
  
志
穂
に
頭
を
撫
で
ら
れ
 
ス
リ
ス
リ
と
頬
ず
り
し
て
い
た
久
美
が
  
 
  
 
あ
あ
 
ご
め
ん
ご
め
ん
 °
大
丈
夫
か
し
ら
 
久
美
?
 
  
 
  
 
う
う
ぅ
・
・
・
痛
い
で
す
よ
 
志
穂
様
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
し
か
し
 
少
し
揺
れ
が
激
し
か
っ
た
よ
う
で
  
 
  
 
う
き
ゃ
う
っ
!
!
 

















   

  
 
  
彼
女
は
慌
て
て
部
屋
を
移
動
す
る
と
  
急
に
何
か
を
思
い
つ
い
た
仕
草
を
み
せ
る
杏
奈
 °
  
 
  
 
・
・
・
あ
っ
 °
 
  
 
  
 
  
苦
笑
い
を
浮
か
べ
た
ま
ま
 
志
穂
は
動
こ
う
と
し
な
か
っ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
そ
う
ね
ぇ
 °
 
  
 
  
そ
れ
を
不
思
議
に
思
っ
た
久
美
が
声
を
か
け
る
が
  
だ
が
 
志
穂
だ
け
は
動
か
な
い
 °
  
 
  
 
・
・
・
?
 
志
穂
様
 
お
や
す
み
に
な
ら
れ
な
い
の
で
す
か
?
 
  
 
  
始
め
た
 °
  
彼
女
の
一
声
で
二
人
は
立
ち
上
が
り
 
い
そ
い
そ
と
寝
る
準
備
を
  
 
  
ら
・
・
・
 
明
日
は
記
念
す
べ
き
日
に
な
る
わ
 
 °
 





   

  
 
・
・
・
杏
奈
 
あ
の
子
を
連
れ
て
行
っ
て
あ
げ
て
 °
今
教
え
る
  
 
  
一
方
 
久
美
だ
け
は
ま
だ
気
が
つ
い
て
い
な
い
よ
う
で
  
 
  
 
・
・
・
?
 
志
穂
様
 
ベ
ッ
ド
が
あ
る
の
で
は
?
 
  
 
  
す
る
と
杏
奈
は
頬
を
赤
く
染
め
 
嬉
し
そ
う
に
笑
顔
を
み
せ
る
 °
  
い
つ
も
の
よ
う
に
頭
を
撫
で
て
や
る
 °
  
 
  
 
あ
っ
・
・
・
は
 
は
い
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
よ
く
気
が
つ
い
た
わ
ね
 °
流
石
だ
わ
 
杏
奈
 °
 
  
 
  
っ
て
歩
み
を
進
め
  
志
穂
は
ゆ
っ
く
り
立
ち
上
が
る
と
 
杏
奈
が
敷
い
た
布
団
に
向
か
  
ど
こ
か
ら
か
布
団
を
持
っ
て
来
て
 
綺
麗
に
敷
い
て
い
く
 °
  
 
  
 
え
え
 
あ
り
が
と
う
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
 °
こ
の
辺
り
で
よ
ろ
し
い
で
し
ょ
う
か
?
 


   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
れ
か
ら
数
分
後
 
久
美
の
大
き
な
声
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
い
ま
ま
部
屋
を
後
に
す
る
 °
  
半
ば
無
理
や
り
杏
奈
に
背
中
を
押
さ
れ
 
久
美
は
納
得
が
い
か
な
  
 
  
私
達
も
寝
ま
し
ょ
う
?
 
  
 
あ
は
は
は
・
・
・
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 °
さ
ぁ
 
久
美
ち
ゃ
ん
 °
  
 
  
る
?
 
  
と
寝
れ
な
く
な
っ
ち
ゃ
う
か
ら
 
お
部
屋
で
教
え
て
あ
げ
て
く
れ

   

  
す
ぐ
さ
ま
人
々
は
道
を
開
け
 
中
に
は
拝
み
始
め
る
人
も
居
た
 °
  
そ
の
大
き
さ
は
雲
泥
の
差
 °
  
1
0
0
c
m
以
上
の
乳
房
の
持
ち
主
し
か
居
な
い
都
で
あ
っ
て
も
 
  
 
  
主
 °
  
さ
ら
に
中
心
の
人
物
に
い
た
っ
て
は
女
王
ク
ラ
ス
の
乳
房
の
持
ち
  
大
臣
ク
ラ
ス
 °
  
そ
れ
も
そ
の
は
ず
 
3
人
の
う
ち
2
人
は
国
の
重
鎮
 
あ
る
い
は
  
家
を
出
た
3
人
に
集
ま
る
都
の
人
々
か
ら
の
視
線
 °
  
 
  
い
で
 
下
着
ご
と
乳
房
が
全
開
に
な
っ
て
い
た
 °
  
で
 
ボ
タ
ン
を
つ
け
て
い
な
い
・
・
・
い
や
 
つ
け
ら
れ
な
い
せ
  
久
美
や
杏
奈
は
当
た
り
障
り
の
な
い
服
だ
が
 
志
穂
だ
け
は
白
衣
  
て
立
っ
て
い
た
 °
  
志
穂
 
久
美
 
杏
奈
の
3
人
は
皆
特
注
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
と
服
を
着
  
昼
前
 °
運
命
の
日
 °
  
 
  
 
・
・
・
行
き
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
き
た
と
言
え
る
か
・
・
・
  
い
や
 
正
確
に
言
え
ば
 
と
て
つ
も
な
い
大
き
さ
の
胸
を
持
っ
て
  
何
も
持
っ
て
来
て
い
な
い
 °
  
例
の
リ
モ
コ
ン
は
志
穂
の
深
い
深
い
谷
間
の
中
に
 °
そ
れ
以
外
は
  
志
穂
は
自
信
た
っ
ぷ
り
に
城
へ
向
か
う
大
通
り
を
進
ん
で
い
く
 °
  
 
  
・
・
皆
が
拝
み
倒
せ
ざ
る
を
え
な
く
な
る
わ
 °
 
  
 
い
い
じ
ゃ
な
い
 
拝
ま
せ
て
あ
げ
れ
ば
 °
ど
う
せ
今
日
か
ら
・
  
 
  
々
な
目
で
見
つ
め
て
く
る
 °
  
人
々
は
皆
そ
の
揺
れ
る
乳
房
に
視
線
を
移
し
 
羨
望
 
嫉
妬
 
  
・
・
・
 
と
揺
れ
る
揺
れ
る
 °
  
3
人
共
揃
っ
て
歩
く
た
び
に
胸
が
 
ボ
ム
ゥ
ン
・
・
・
ボ
ム
ゥ
ン
  
コ
ソ
コ
ソ
と
久
美
が
話
か
け
て
く
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
 
私
達
拝
ま
れ
て
ま
す
よ
?
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
を
取
り
戻
し
た
 °
  
だ
が
 
志
穂
が
手
で
制
す
る
と
 
二
人
は
渋
々
な
が
ら
落
ち
着
き
  
け
る
 °
  
文
字
通
り
目
の
色
を
変
え
 
衛
兵
た
ち
を
こ
れ
で
も
か
と
睨
み
つ
  
 
  
 
・
・
・
許
さ
な
い
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
に
・
・
・
槍
を
・
・
・
・
・
 
  
 
  
そ
れ
に
気
が
つ
い
た
の
か
 
志
穂
の
両
隣
り
を
守
る
女
性
達
が
  
 
  
た
 °
  
さ
れ
な
が
ら
も
 
気
丈
に
攻
め
の
姿
勢
を
崩
そ
う
と
は
し
な
か
っ
  
遠
目
か
ら
見
て
も
と
て
つ
も
な
い
大
き
さ
だ
と
分
か
る
胸
に
気
押
  
性
が
二
人
 
こ
ち
ら
に
向
か
っ
て
槍
を
向
け
て
く
る
 °
  
城
の
衛
兵
だ
ろ
う
 °
胸
だ
け
露
出
し
た
特
殊
な
甲
冑
を
つ
け
た
女
  
 
  
 
・
・
・
む
っ
 
何
者
だ
っ
!
!
 
  
 

























   

  
あ
く
ま
で
衛
兵
の
言
葉
に
噛
み
つ
い
て
か
か
る
 °
  
 
  
 
あ
ら
 
あ
な
た
刃
向
か
う
の
?
私
に
?
こ
の
胸
に
!
?
 
  
 
  
す
ぎ
る
と
・
・
・
 
  
 
そ
 
そ
れ
は
・
・
・
だ
が
 
貴
様
の
よ
う
に
あ
ま
り
に
も
大
き
  
 
  
を
チ
ラ
チ
ラ
と
見
比
べ
な
が
ら
話
に
詰
ま
る
 °
  
ズ
ィ
ィ
っ
と
衛
兵
の
方
を
向
い
て
話
か
け
る
と
 
志
穂
の
胸
と
顔
  
 
  
あ
れ
ば
入
れ
る
は
ず
よ
ね
ぇ
?
 
  
 
 
む
・
ね
・
が
 
・
・
・
な
ん
で
す
っ
て
?
1
5
0
c
m
以
上
  
 
  
 
だ
 
ダ
メ
だ
っ
!
お
前
の
よ
う
に
胸
が
・
・
・
 
  
 
  
で
話
し
か
け
る
 °
  
正
門
の
目
の
前
で
足
止
め
を
食
ら
い
 
衛
兵
に
向
か
っ
て
流
し
目
  
 
  
 
・
・
・
入
城
し
た
い
の
だ
け
ど
?
 
  
 

























   

  
志
穂
は
久
美
と
杏
奈
を
連
れ
て
 
女
王
が
い
る
で
あ
ろ
う
部
屋
・
  
 
  
∧
さ
ぁ
て
・
・
・
ど
こ
に
い
る
の
か
し
ら
?
∨
  
 
  
 
  
後
ろ
の
二
人
に
声
を
か
け
 
城
の
中
へ
と
入
っ
て
い
っ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
行
く
わ
よ
?
 
  
 
  
志
穂
は
そ
れ
だ
け
言
う
と
  
 
  
っ
て
ね
 °
 
  
・
女
王
に
伝
え
と
い
て
?
 
椅
子
を
貰
い
に
来
ま
し
た
 
・
・
・
  
 
え
え
 
い
い
わ
よ
ぉ
・
・
・
私
の
名
前
は
志
穂
 °
用
件
は
・
・
  
 
  
せ
て
く
れ
 °
 
  
 
う
・
・
・
・
・
わ
 
わ
か
っ
た
 °
一
応
名
前
と
用
件
だ
け
聞
か
  
 
  
 
  
だ
が
 
こ
の
世
界
の
ル
|
ル
か
ら
言
う
と
 
正
し
い
の
は
・
・
・

   

  
こ
の
部
屋
に
は
正
面
の
扉
の
他
 
2
つ
の
入
口
が
あ
る
 °
  
が
階
段
の
下
へ
と
や
っ
て
く
る
 °
  
そ
れ
を
隠
す
よ
う
に
布
を
か
け
る
と
 
駆
け
足
で
親
衛
隊
の
女
性
  
 
  
 
な
に
か
し
ら
?
 
  
 
  
見
の
間
 
へ
と
や
っ
て
来
た
 °
  
最
後
の
メ
ン
テ
ナ
ン
ス
を
終
え
た
途
端
 
親
衛
隊
の
一
人
が
 
  
 
  
 
・
・
・
報
告
い
た
し
ま
す
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
・
・
 
謁
見
の
間
 
を
目
指
し
て
い
た
 °










   

  
 
  
 
・
・
・
な
ん
で
す
っ
て
?
 
  
 
  
い
に
来
ま
し
た
 
・
・
・
と
の
こ
と
で
す
っ
!
 
  
乳
房
を
持
っ
た
女
達
3
人
が
訪
問
!
陛
下
に
対
し
て
 
椅
子
を
貰
  
 
そ
し
て
 
二
つ
目
で
す
が
・
・
・
城
の
外
よ
り
か
な
り
巨
大
な
  
 
  
や
っ
と
完
成
し
た
・
・
・
記
念
す
べ
き
瞬
間
は
近
い
 °
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
よ
う
や
く
出
来
た
の
ね
 °
 
  
 
  
じ
き
に
お
渡
し
い
た
し
ま
す
 
と
の
こ
と
で
す
っ
!
 
  
 
ハ
ッ
!
2
つ
御
報
告
致
し
ま
す
っ
!
一
つ
目
は
大
臣
様
よ
り
 
  
 
  
と
き
は
 
外
で
何
か
が
起
こ
っ
た
時
な
の
だ
が
・
・
・
  
目
の
前
の
親
衛
隊
の
女
性
は
正
面
か
ら
入
っ
て
来
た
 °
こ
う
い
う
  
る
た
め
の
扉
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
も
う
一
つ
は
 
会
議
な
ど
で
城
の
重
鎮
た
ち
が
行
き
来
す
  
る
と
か
し
か
入
れ
な
い
 
寝
室
な
ど
に
繋
が
る
廊
下
へ
の
扉
 °
  
一
つ
は
女
王
 
な
ら
び
に
そ
れ
に
準
ず
る
も
の
・
・
・
大
臣
で
あ

   

  
 
  
 
  
そ
し
て
 
女
王
は
ひ
と
し
き
り
笑
っ
た
後
  
揺
ら
す
 °
  
突
然
大
き
な
声
で
笑
い
始
め
た
女
王
に
 
目
の
前
の
女
性
は
肩
を
  
 
  
来
た
の
!
大
き
な
胸
し
て
?
あ
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
・
・
・
っ
く
 
あ
は
は
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
そ
う
 
志
穂
が
  
 
  
 
  
い
や
 
聞
き
覚
え
も
何
も
 
彼
女
は
・
・
・
  
 
志
穂
 
・
・
・
彼
女
の
名
に
女
王
は
聞
き
覚
え
が
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
な
っ
・
・
・
!
!
 
  
 
  
 
と
名
乗
っ
て
い
る
そ
う
で
す
っ
!
 
  
 
な
お
 
そ
の
女
達
の
う
ち
 
代
表
格
と
思
し
き
人
物
は
 
志
穂
  
 
  
言
え
ば
・
・
・
・
  
 
椅
子
を
貰
い
に
来
ま
し
た
 
・
・
・
そ
れ
が
意
味
す
る
こ
と
と

   

  
は
 
取
っ
手
か
ら
始
ま
り
何
か
ら
何
ま
で
豪
勢
で
 
こ
の
奥
に
誰
  
3
m
・
・
・
4
m
も
あ
る
か
も
し
れ
な
い
大
き
な
大
き
な
木
の
扉
  
城
の
2
階
 °
一
際
大
き
な
扉
 °
  
 
  
 
・
・
・
こ
こ
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
癖
で
あ
る
頬
杖
を
つ
き
な
が
ら
 
ニ
ヤ
リ
と
口
元
を
歪
ま
せ
た
 °
  
 
  
 
  
あ
げ
な
さ
い
?
 
  
 
面
白
い
じ
ゃ
な
い
・
・
・
こ
の
部
屋
ま
で
丁
重
に
も
て
な
し
て
  
 

























   

  
そ
う
 °
こ
こ
が
謁
見
の
間
に
し
て
は
 
あ
ま
り
に
も
警
備
が
薄
す
  
 
  
・
∨
  
∧
・
・
・
ど
う
し
て
こ
ん
な
に
警
備
が
薄
い
の
か
し
ら
・
・
・
・
  
 
  
 
  
そ
れ
も
そ
の
は
ず
  
 
  
扉
の
前
で
志
穂
は
躊
躇
し
て
い
た
 °
  
 
  
ね
 °
 
  
 
杏
奈
も
そ
う
思
う
?
そ
う
よ
ね
・
・
・
こ
れ
は
お
か
し
い
わ
よ
  
 
  
 
・
・
・
志
穂
様
 
少
し
変
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
か
?
 
  
 
  
 
  
な
の
だ
が
・
・
・
・
・
  
 
  
お
そ
ら
く
こ
こ
が
謁
見
の
間
 °
こ
の
奥
に
女
王
が
い
る
は
ず
 °
  
か
が
待
っ
て
い
る
と
い
う
雰
囲
気
が
あ
り
あ
り
だ
っ
た
 °




   

  
 
  
っ
て
い
る
 °
  
く
 
時
折
チ
ラ
チ
ラ
様
子
を
見
る
程
度
で
何
も
せ
ず
た
だ
突
っ
立
  
し
か
も
 
扉
の
前
で
立
ち
止
ま
っ
た
我
々
に
声
を
か
け
る
こ
と
無
  
他
に
隠
れ
て
い
る
の
か
と
辺
り
を
見
回
し
て
も
 
2
人
 °
  
2
人
 °
何
度
数
え
て
も
2
人
 °
  
 
  
∧
・
・
・
2
人
 
し
か
い
な
い
わ
よ
ね
・
・
・
・
・
∨
  
 
  
 
  
そ
れ
な
の
に
も
関
わ
ら
ず
  
 
  
備
が
厳
重
な
は
ず
で
あ
る
 °
  
々
と
謁
見
す
る
部
屋
で
あ
る
が
 
そ
う
い
う
場
所
だ
か
ら
こ
そ
警
  
普
通
謁
見
の
間
と
い
う
の
は
 
女
王
が
部
屋
の
奥
に
鎮
座
し
て
下
  
そ
し
て
極
め
つ
け
は
こ
の
謁
見
の
間
で
あ
る
 °
  
達
に
対
す
る
警
備
が
薄
く
な
っ
た
 °
  
れ
て
い
た
の
だ
が
 
し
ば
ら
く
経
つ
と
不
自
然
な
く
ら
い
に
自
分
  
城
に
入
っ
た
時
こ
そ
厳
重
な
警
備
で
 
こ
ち
ら
を
ジ
ッ
と
監
視
さ
  
ぎ
る
 °























   

  
 
  
走
る
 °
  
一
言
声
を
か
け
る
と
 
志
穂
は
勿
論
 
久
美
 
杏
奈
に
も
緊
張
が
  
 
  
 
・
・
・
行
き
ま
し
ょ
う
 °
 
  
 
  
 
  
こ
こ
は
な
ん
と
し
て
も
一
気
に
攻
略
し
て
お
き
た
か
っ
た
 °
  
し
て
し
ま
う
と
次
来
た
時
に
城
を
攻
略
し
に
く
い
 °
  
今
な
ら
引
き
返
す
こ
と
も
可
能
だ
ろ
う
 °
だ
が
 
こ
こ
で
引
き
返
  
く
る
 °
  
頭
の
回
転
の
早
い
杏
奈
も
そ
の
こ
と
に
気
づ
き
 
判
断
を
委
ね
て
  
 
  
 
志
穂
様
・
・
・
い
か
が
な
さ
い
ま
す
か
?
 
  
 
  
歓
迎
さ
れ
る
覚
え
は
無
い
 °
  
だ
が
 
な
ぜ
我
々
が
女
王
に
誘
わ
れ
る
の
か
 °
排
除
こ
そ
あ
れ
ど
 
  
考
え
ら
れ
る
の
は
そ
れ
し
か
な
い
 °
  
 
  
∧
誘
わ
れ
て
る
?
・
・
・
で
も
 
な
ん
で
・
・
・
∨






   

  
 
  
び
 
女
王
ま
で
の
道
筋
を
表
し
て
い
た
は
ず
だ
っ
た
 °
  
予
想
で
は
親
衛
隊
・
・
・
少
な
く
と
も
衛
兵
が
ズ
ラ
ッ
と
立
ち
並
  
だ
が
 
肝
心
の
人
が
誰
も
居
な
い
 °
  
 
  
∧
・
・
・
誰
も
居
な
い
?
∨
  
 
  
段
の
階
段
が
あ
っ
た
 °
  
床
は
一
面
赤
い
絨
毯
で
覆
わ
れ
 
視
線
を
奥
に
向
け
る
と
 
十
数
  
と
見
れ
な
い
ほ
ど
高
い
 °
  
部
屋
の
中
は
途
方
も
無
く
広
く
 
天
井
は
首
を
真
上
に
あ
げ
な
い
  
 
  
 
  
 
  
両
手
で
ゆ
っ
く
り
開
い
て
い
く
 °
  
 
  
|
|
|
|
ガ
チ
ャ
ッ
・
・
・
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
ゆ
っ
く
り
と
扉
に
手
を
伸
ば
し
・
・
・







   

  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
!
  
 
  
 
  
 
  
所
 °
  
コ
ツ
コ
ツ
と
歩
み
を
進
め
 
階
段
ま
で
残
り
3
分
の
1
と
い
っ
た
  
 
  
 
・
・
・
あ
な
た
達
 
周
り
を
よ
く
見
る
の
よ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
越
し
て
不
気
味
で
あ
る
 °
  
こ
こ
ま
で
広
い
部
屋
に
誰
も
居
な
い
と
な
る
と
 
不
思
議
を
通
り
  
そ
こ
に
い
る
の
だ
と
感
じ
る
 °
  
志
穂
の
後
ろ
に
は
久
美
と
杏
奈
 °
二
人
と
も
確
か
に
足
音
が
聞
え
 
  
 
  
そ
う
思
い
 
1
歩
2
歩
と
歩
み
だ
す
 °
  
 
  
・
・
・
・
・
∨
  
∧
・
・
・
ど
う
い
う
こ
と
?
こ
こ
に
は
居
な
い
っ
て
こ
と
か
し
ら

   

  
の
女
兵
士
が
槍
と
共
に
突
っ
込
ん
で
き
た
!
  
部
屋
の
隅
 
柱
で
隠
れ
て
見
え
な
い
よ
う
な
死
角
か
ら
膨
大
な
数
  
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
わ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
!
  
 
  
一
人
の
勇
ま
し
い
女
性
の
声
と
共
に
  
 
  
 
囲
め
え
え
え
え
え
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
!
 
  
 
  
 
  
そ
れ
と
ほ
ぼ
同
時
に
  
 
  
が
勢
い
よ
く
閉
ま
る
 °
  
咄
嗟
に
音
の
し
た
方
を
振
り
返
る
と
 
先
程
ま
で
開
い
て
い
た
扉
  
 
  
 
な
っ
・
・
・
!
!
扉
が
!
!
 
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
バ
タ
ン
ッ
!
!
  
 

























   

  
 
  
 
あ
は
は
は
は
は
っ
!
!
い
い
見
せ
物
だ
っ
た
わ
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
 
  
 
  
き
つ
け
ら
れ
 
身
動
き
が
出
来
な
い
 °
  
そ
う
思
っ
た
時
に
は
も
う
既
に
大
量
の
兵
士
に
囲
ま
れ
 
槍
を
突
  
 
  
∧
な
ん
て
こ
と
っ
・
・
・
は
め
ら
れ
た
っ
!
?
∨
  
 
  
二
人
の
叫
び
が
聞
こ
え
る
が
 
ど
う
し
よ
う
も
出
来
な
い
 °
  
 
  
 
し
 
志
穂
様
っ
!
!
 
  
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
ぁ
ぁ
っ
!
!
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
・
・
・
  
そ
の
姿
は
 
間
違
い
な
く
女
王
の
そ
れ
で
あ
り
 
そ
れ
と
同
時
に
  
無
く
晒
し
た
女
性
 °
  
真
っ
赤
な
ド
レ
ス
に
身
を
包
み
 
そ
の
巨
大
な
乳
房
を
惜
し
げ
も
  
 
  
 
・
・
・
久
し
ぶ
り
ね
ぇ
 
志
穂
?
久
美
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
す
る
と
 
そ
こ
に
立
っ
て
い
た
の
は
  
 
  
 
  
声
の
し
た
方
を
向
く
 °
  
そ
の
瞬
間
に
扉
の
方
を
向
い
て
い
た
体
を
1
8
0
度
回
転
さ
せ
 
  
一
瞬
 
兵
士
た
ち
が
動
き
を
止
め
 
槍
を
上
に
構
え
る
 °
  
部
屋
の
奥
 
女
王
が
座
る
玉
座
の
方
か
ら
声
が
聞
こ
え
る
 °



   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
か
つ
て
の
友
人
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
・
・
・
理
沙
子
・
・
・
・
・
 
  
 

























  > ≫