裏
 
ね
ぇ
・
・
・
 
  
 
  
ょ
う
か
 °
 
  
今
す
ぐ
来
な
さ
い
 
と
・
・
・
何
か
裏
が
あ
る
の
で
は
な
い
で
し
  
 
分
か
り
ま
せ
ん
・
・
・
で
す
が
 
か
な
り
強
い
口
調
で
し
た
 °
  
 
  
 
そ
れ
は
・
・
・
な
ぜ
か
し
ら
・
・
・
 
  
 
  
い
る
 °
  
け
れ
ど
 
非
常
時
に
は
こ
う
し
て
連
絡
を
取
り
合
う
よ
う
に
し
て
  
電
話
の
向
こ
う
に
居
る
の
は
莫
大
な
財
力
を
誇
る
名
家
の
令
嬢
 °
  
電
話
口
か
ら
は
 
透
き
通
っ
た
声
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
 
  
う
で
す
 °
 
  
 
は
い
 °
私
に
・
・
・
い
い
え
 
全
校
生
徒
に
集
合
を
か
け
た
そ
  
 
  
 
・
・
・
守
下
先
生
が
?
 
  
  
せ
い
 
作
  
吸
乳
の
書
 
そ
の
5


















≪ <  

  
 
  
 
そ
う
ね
 °
そ
れ
が
普
通
よ
ね
 °
 
  
 
  
で
し
た
か
ら
 °
 
  
 
従
わ
な
い
・
・
・
そ
う
思
っ
て
い
ま
し
た
 °
い
き
な
り
の
電
話
  
 
  
る
 °
  
事
で
あ
り
 
だ
か
ら
こ
そ
彼
女
に
は
安
心
し
て
代
表
を
任
せ
ら
れ
  
そ
う
で
な
く
て
も
大
財
閥
の
令
嬢
な
の
だ
 °
そ
れ
く
ら
い
容
易
い
  
る
は
ず
だ
 °
  
生
徒
の
代
表
で
あ
る
彼
女
な
ら
 
あ
る
程
度
の
状
況
把
握
は
出
来
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
で
 
皆
は
従
っ
た
の
?
 
  
 
  
 
  
わ
ざ
わ
ざ
そ
こ
に
飛
び
込
む
リ
ス
ク
は
計
り
知
れ
な
い
 °
  
現
場
で
何
か
異
常
な
事
態
が
起
こ
っ
て
い
る
こ
と
は
明
確
で
あ
り
 
  
状
況
を
把
握
す
る
に
し
て
は
情
報
が
少
な
す
ぎ
る
 °
か
と
い
っ
て
 
  
夕
方
か
ら
の
出
張
で
 
今
は
現
場
を
離
れ
て
い
る
 °
  
 

























   

  
 
  
近
大
き
く
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
?
 
  
 
お
っ
ぱ
い
よ
 °
お
っ
ぱ
い
 °
K
組
だ
け
ど
 
も
し
か
し
た
ら
最
  
 
  
 
え
っ
?
 
  
 
  
 
・
・
・
叶
恵
さ
ん
 
あ
な
た
・
・
・
何
カ
ッ
プ
?
 
  
 
  
 
  
 
  
き
い
 °
  
原
因
は
分
か
ら
な
い
 °
だ
が
 
心
当
た
り
が
あ
る
だ
け
不
安
が
大
  
ど
う
や
ら
 
状
況
は
極
め
て
深
刻
ら
し
い
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
正
確
に
は
 
私
以
外
の
全
員
で
す
が
 °
 
  
 
  
 
皆
?
皆
っ
て
・
・
・
全
員
っ
て
こ
と
?
 
  
 
  
 
・
・
・
で
す
が
 
生
徒
達
は
皆
従
い
ま
し
た
 °
 






   

  
し
ま
う
と
 
抵
抗
は
難
し
い
 °
  
状
況
が
状
況
な
ら
 
事
は
一
刻
を
争
う
 °
一
度
  
を
作
っ
て
  
 
  
∧
・
・
・
ま
ず
い
わ
ね
 °
  
 
  
予
想
出
来
る
 °
そ
し
て
 
今
何
が
起
こ
っ
て
い
る
の
か
 
も
 °
  
乳
ヶ
院
学
園
の
学
園
長
と
し
て
 
な
に
が
起
こ
っ
た
の
か
は
大
体
  
 
  
分
以
外
に
も
そ
の
構
図
は
見
ら
れ
た
 °
  
そ
れ
は
男
性
女
性
限
ら
ず
 
皆
で
あ
る
 °
だ
が
 
よ
く
見
れ
ば
自
  
に
聞
く
の
で
あ
る
 °
  
夕
方
頃
か
ら
異
変
は
訪
れ
た
 °
妙
に
自
分
の
言
う
事
を
皆
が
素
直
  
 
  
 
  
 
  
や
っ
ぱ
り
・
・
・
と
 
溜
め
息
を
漏
ら
す
 °
  
 
  
 
  
ま
し
た
 °
 
  
 
え
 
え
え
・
・
・
先
週
 
で
し
ょ
う
か
 °
L
カ
ッ
プ
に
な
っ
て

   

  
 
・
・
・
叶
恵
さ
ん
 °
今
す
ぐ
や
っ
て
欲
し
い
事
が
あ
る
わ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
調
べ
 
止
め
な
け
れ
ば
 °
  
こ
う
し
て
は
い
ら
れ
な
い
 °
一
刻
も
早
く
誰
が
  
な
の
か
を
  
 
  
電
話
口
か
ら
聞
こ
え
た
声
に
 
ハ
ッ
と
す
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
先
生
?
 
  
 
  
 
  
 
  
と
し
て
い
る
 °
  
そ
れ
に
よ
っ
て
均
衡
は
崩
れ
 
今
ま
さ
に
  
が
創
ら
れ
よ
う
  
誰
か
が
開
い
た
の
だ
 °
そ
し
て
 
力
を
手
に
し
た
 °
  
 
  
っ
ぱ
い
の
大
き
い
人
じ
ゃ
開
か
な
い
は
ず
・
・
・
∨
  
∧
守
下
先
生
が
・
・
・
?
 
い
や
 
あ
の
本
は
彼
女
の
よ
う
な
お
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
女
性
達
は
動
き
出
し
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
ら
・
・
・
 
  
徒
 
が
居
る
か
も
知
れ
な
い
わ
 °
そ
の
生
徒
を
教
え
て
 °
そ
れ
か
  
も
し
か
し
た
ら
そ
の
中
に
・
・
・
 
連
絡
す
ら
入
れ
て
い
な
い
生
  
 
今
か
ら
守
下
先
生
が
連
絡
を
入
れ
た
生
徒
を
全
員
調
べ
上
げ
て
 °
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
は
い
 °
 
  
 

























   

  
・
・
本
を
押
し
付
け
て
・
・
・
 
  
 
っ
く
ぁ
ぁ
・
・
・
っ
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
綾
菜
 
本
を
・
  
 
  
脇
に
は
大
事
そ
う
に
例
の
本
を
携
え
 
主
の
前
へ
と
差
し
出
す
 °
  
数
分
も
し
な
い
う
ち
に
 
綾
菜
は
戻
っ
て
来
た
 °
  
 
  
 
香
織
様
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
押
し
付
け
た
 °
  
綾
菜
が
そ
の
文
字
が
残
さ
れ
た
ペ
|
ジ
を
香
織
の
巨
大
な
乳
房
に
  
 
  
 
  
 
あ
っ
 
は
い
っ
!
 
  
 
  
 
・
・
・
早
く
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
れ
て
い
た
 °
  
け
れ
ど
 
そ
の
最
後
の
ペ
|
ジ
に
は
 
ま
だ
数
行
の
文
字
が
残
さ
  
 
  
 
  
白
紙
の
ペ
|
ジ
が
続
く
 °
  
な
ん
の
抵
抗
も
無
く
開
い
た
本
 °
中
に
は
何
も
書
か
れ
て
お
ら
ず
 
  
香
織
に
言
わ
れ
る
が
ま
ま
 
本
を
開
き
押
し
付
け
よ
う
と
す
る
 °
  
 
  
 
本
を
・
・
・
で
す
か
?
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
が
地
面
へ
と
落
下
し
た
 °
  
や
が
て
 
光
が
収
束
し
て
い
く
と
 
バ
サ
リ
と
い
う
音
と
共
に
本
  
 
  
 
  
 
  
も
皆
一
様
に
目
を
腕
で
覆
う
 °
  
あ
ま
り
の
眩
し
さ
に
の
け
ぞ
る
綾
菜
 °
周
り
の
少
女
達
 
女
性
達
  
 
  
光
を
生
み
出
し
た
 °
  
突
然
の
閃
光
 °
本
と
乳
房
が
共
鳴
し
た
か
の
よ
う
に
 
爆
発
的
な
  
 
  
 
・
・
・
え
っ
 
き
ゃ
あ
あ
あ
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
の
瞬
間
  
 

























   

  
一
人
納
得
し
た
様
子
の
香
織
が
 
ゆ
っ
く
り
と
そ
の
顔
を
上
げ
て
  
 
  
 
あ
ぁ
っ
・
・
・
な
る
ほ
ど
ね
 °
そ
う
す
れ
ば
い
い
の
ね
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
よ
う
な
状
況
を
一
度
味
わ
っ
て
い
た
 °
  
唯
一
綾
菜
だ
け
が
訝
し
げ
に
覗
い
て
い
る
 °
彼
女
は
こ
れ
と
同
じ
  
突
然
の
高
笑
い
に
 
そ
の
場
に
い
た
者
は
皆
体
を
硬
直
さ
せ
た
 °
  
 
  
 
  
は
は
は
は
は
は
は
は
っ
!
!
 
  
 
ふ
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
っ
く
 
あ
は
は
は
は
っ
・
・
・
あ
は
は
は
  
 
  
さ
な
声
が
漏
れ
だ
す
 °
  
落
ち
た
本
か
ら
目
線
を
上
げ
る
と
 
俯
い
た
ま
ま
の
少
女
か
ら
小
  
 
  
 
・
・
・
ふ
ふ
っ
 
ん
っ
ふ
ふ
ふ
ふ
ふ
・
・
・
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
何
も
な
い
空
間
 °
そ
の
中
で
彼
女
は
 
何
か
 
に
吸
い
つ
い
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
ッ
チ
ュ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
 
  
 
  
口
づ
け
を
待
つ
か
の
よ
う
に
段
々
と
尖
っ
て
い
く
 °
  
ペ
ロ
リ
と
口
を
湿
ら
せ
た
後
 
香
織
の
口
元
が
ゆ
っ
く
り
と
歪
み
 
  
 
  
 
・
・
・
い
た
だ
き
ま
す
 °
 
  
 
  
 
  
が
映
っ
て
い
る
 °
  
そ
の
瞳
に
は
 
横
一
列
に
並
び
様
子
を
窺
っ
て
い
た
少
女
達
の
姿
  
い
く
 °























   

  
 
  
 
  
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
何
・
・
・
な
に
な
に
な
に
ぃ
ぃ
!
?
ん
ふ
ぁ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
 
  
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
 
  
 
お
 
お
っ
ぱ
い
が
・
・
・
い
ぎ
ゅ
う
う
う
う
う
う
う
う
う
ぅ
ぅ
  
 
  
ぁ
っ
!
!
 
  
 
ふ
っ
ぐ
い
い
い
い
い
い
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
  
 
  
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
ひ
ぐ
っ
!
!
あ
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
の
瞬
間
  
 
  
 

























   

  
で
・
・
・
 
  
 
ん
|
?
あ
あ
 
綾
菜
 °
あ
り
が
と
う
・
・
・
あ
な
た
の
お
か
げ
  
 
  
 
か
 
香
織
様
・
・
・
今
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
し
て
き
て
い
た
 °
  
そ
う
し
て
い
る
間
に
も
乳
球
は
膨
張
を
続
け
 
手
の
平
を
押
し
返
  
恍
惚
の
表
情
で
自
ら
の
乳
房
に
手
を
添
え
 
撫
で
る
 °
  
 
  
大
き
く
な
る
わ
ね
ぇ
・
・
・
 
  
 
っ
は
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
や
っ
ぱ
り
一
度
に
吸
う
と
目
に
見
え
て
  
 
  
 
  
|
|
|
|
|
・
・
・
ッ
グ
 
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
  
 
  
 
  
 
  
少
女
達
は
皆
体
を
震
わ
せ
 
そ
の
場
に
倒
れ
込
ん
だ
 °





   

  
 
  
っ
て
感
じ
か
な
 °
 
  
ち
ゃ
っ
た
み
た
い
 °
な
ん
て
言
う
か
な
|
 
こ
の
本
と
一
心
同
体
?
  
 
な
|
ん
か
 
こ
れ
だ
け
大
き
く
な
っ
た
か
ら
呪
い
が
強
く
な
っ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
  
は
さ
ら
な
る
進
化
を
遂
げ
た
 °
  
 
  
 
  
 
な
っ
・
・
・
!
!
 
  
 
  
 
・
・
・
目
に
つ
い
た
お
っ
ぱ
い
 
ぜ
|
ん
ぶ
吸
っ
ち
ゃ
っ
た
♪
 
  
 
  
 
  
そ
の
妖
し
げ
な
顔
に
狂
気
を
浮
か
べ
な
が
ら
  
話
か
け
た
親
友
に
顔
を
向
け
る
 °
  
 

























   

  
 
  
房
な
ど
 
無
い
 
に
等
し
く
 
根
こ
そ
ぎ
刈
ら
れ
て
し
ま
う
 °
  
べ
た
ら
 
普
通
に
巨
乳
と
呼
ば
れ
る
G
カ
ッ
プ
や
H
カ
ッ
プ
の
乳
  
そ
れ
も
一
瞬
で
全
て
が
絞
り
と
ら
れ
る
 °
香
織
の
持
つ
乳
房
に
比
  
無
差
別
に
吸
い
取
ら
れ
る
乳
房
 °
  
 
  
 
  
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
!
 
  
 
あ
ぐ
ぅ
っ
 
っ
く
ひ
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
  
 
  
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
ひ
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
  
 
  
 
  
ウ
ゥ
ゥ
ゥ
・
・
・
 
  
 
だ
か
ら
ぁ
|
・
・
・
ン
ッ
 
ッ
チ
ュ
・
・
・
チ
ュ
ゥ
 
チ
ュ
ウ
  
 
  
妖
し
い
色
香
が
辺
り
に
漂
う
 °
  
既
に
座
っ
て
い
て
も
膝
を
隠
す
ほ
ど
に
成
長
し
た
乳
房
が
歪
み
 
  
そ
う
言
っ
て
 
足
を
組
み
換
え
る
 °












   

  
 
  
 
ひ
ぎ
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
!
!
 
  
 
  
て
乳
房
を
貪
り
続
け
る
 °
  
ま
う
 °
凶
悪
な
力
を
手
に
入
れ
た
少
女
が
 
さ
ら
な
る
力
を
求
め
  
な
い
 °
乳
房
を
見
れ
ば
一
瞬
で
吸
い
あ
げ
 
自
分
の
物
に
し
て
し
  
香
織
の
目
に
つ
い
た
少
女
・
・
・
い
や
 
も
は
や
顔
な
ど
見
て
い
  
る
成
長
を
求
め
て
膨
張
を
続
け
る
 °
  
パ
ン
パ
ン
に
膨
ら
ん
だ
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
程
の
乳
房
が
 
さ
ら
な
  
 
  
ゃ
お
!
 
ン
ッ
 
ジ
ュ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
!
!
 
  
 
あ
は
ぁ
っ
 
凄
い
凄
い
!
!
こ
の
ま
ま
ぜ
|
ん
ぶ
吸
い
取
っ
ち
  
 
  
 
  
グ
グ
グ
ッ
!
!
  
|
|
|
|
|
ム
ク
ッ
 
ム
ク
ク
ク
ク
ク
ク
ク
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
  
 
  
 
  
う
に
な
り
  
け
れ
ど
 
そ
ん
な
乳
房
で
も
集
め
た
ら
か
な
り
の
体
積
を
誇
る
よ

   

  
 
  
 
  
し
て
い
く
 °
  
性
が
多
い
 °
そ
の
為
か
 
香
織
の
乳
房
の
膨
張
も
ど
ん
ど
ん
加
速
  
流
石
に
高
等
部
の
2
年
 
3
年
と
も
な
る
と
F
カ
ッ
プ
以
上
の
女
  
無
く
一
瞬
に
し
て
萎
み
 
吸
収
さ
れ
る
 °
  
様
々
な
大
き
さ
を
持
つ
少
女
達
の
乳
房
が
母
乳
な
ど
介
す
る
こ
と
  
 
  
A
 
B
 
C
 
D
 
E
 
F
 
G
 
H
 
I
 
J
・
・
・
  
 
  
リ
ュ
リ
ュ
!
!
!
!
  
|
|
|
|
グ
グ
ッ
 
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ル
ル
ル
  
 
  
 
  
 
  
え
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
  
 
見
な
い
で
っ
 
見
な
い
・
・
・
で
っ
へ
え
え
え
え
え
え
え
え
え
  
 
  
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
や
 
や
め
っ
!
!
ふ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ

   

  
最
後
に
残
っ
た
少
女
の
た
わ
わ
な
膨
ら
み
を
吸
い
尽
し
  
 
  
 
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
!
 
  
 
い
ぎ
ぃ
っ
!
!
ん
っ
く
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
膨
ら
む
 
大
き
く
な
る
 
膨
張
す
る
 
成
長
す
る
 °
  
吸
う
 
吸
う
 
吸
う
 
吸
う
 
吸
う
 °
  
 
  
 
  
 
  
は
!
!
 
  
い
 °
 
女
王
 
の
私
を
崇
め
な
さ
い
よ
ぉ
!
あ
っ
は
は
は
は
は
は
  
世
界
の
全
て
の
お
っ
ぱ
い
が
私
の
物
な
の
!
 
さ
ぁ
 
崇
め
な
さ
  
・
・
ぜ
|
ん
ぶ
私
の
も
の
!
こ
こ
に
あ
る
お
っ
ぱ
い
・
・
・
い
や
 
  
 
っ
く
ふ
ふ
ふ
 
あ
っ
は
は
は
は
は
は
は
!
!
そ
う
よ
 
全
部
・

   

  
 
  
 
・
・
・
へ
っ
?
 
  
 
  
 
  
 
・
・
・
綾
菜
 °
測
り
な
さ
い
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
の
場
に
は
一
人
の
少
女
と
 
そ
の
主
だ
け
が
残
っ
た
 °
  
 
  
ふ
ふ
♪
 
  
 
・
・
・
ん
っ
 
ふ
ぅ
・
・
・
ご
ち
そ
う
さ
ま
 °
ん
っ
ふ
ふ
ふ
ふ
  
 
  
 
  
 
  
|
|
|
|
|
グ
グ
グ
グ
グ
グ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
・
・
・
  
 
  
 
  
 

























   

  
だ
が
 
そ
こ
に
詰
ま
っ
て
い
る
の
は
魅
力
だ
け
で
は
無
い
 °
世
界
  
な
魅
力
を
放
つ
 °
  
制
覇
し
た
バ
ス
ト
 °
不
思
議
な
力
で
吸
い
寄
せ
ら
れ
る
か
の
よ
う
  
全
校
生
徒
 
さ
ら
に
は
教
師
た
ち
の
乳
房
を
ほ
ぼ
全
て
吸
収
し
 
  
 
  
こ
に
は
存
在
し
た
 °
  
も
こ
ん
も
り
と
膨
れ
上
が
り
 
重
力
を
異
と
も
し
な
い
肉
塊
が
そ
  
見
事
な
ま
で
に
綺
麗
な
球
体
 °
乳
房
の
上
部
 
デ
コ
ル
テ
の
部
分
  
 
  
 
  
さ
の
乳
房
が
目
に
入
り
 
慌
て
て
足
を
動
か
し
た
 °
  
い
つ
の
間
に
か
立
ち
上
が
っ
て
い
た
少
女
の
と
て
つ
も
な
い
大
き
  
 
  
 
ヒ
ィ
ィ
ッ
!
!
は
 
は
い
ぃ
!
!
 
  
 
  
 
・
・
・
測
り
な
さ
い
っ
て
言
う
の
が
聞
こ
え
な
い
の
?
 
  
 
  
 
  
慌
て
て
声
の
し
た
方
を
向
く
と
  
呆
然
と
し
て
い
た
と
こ
ろ
 
い
き
な
り
声
を
か
け
ら
れ
る
 °



   

  
向
い
て
い
る
 °
  
に
反
し
て
小
さ
目
の
薄
い
ピ
ン
ク
色
を
し
た
乳
首
が
ツ
ン
と
上
を
  
乳
房
は
 
下
だ
け
で
は
無
く
前
に
も
突
出
し
て
お
り
 
そ
の
乳
房
  
立
ち
上
が
っ
て
も
な
お
下
乳
は
膝
を
超
え
る
 °
地
面
ス
レ
ス
レ
の
  
サ
リ
・
・
・
 
と
大
き
く
重
た
げ
に
揺
れ
動
く
 °
  
言
わ
れ
る
が
ま
ま
腕
を
上
げ
た
こ
と
で
 
香
織
の
乳
房
が
 
ユ
ッ
  
 
  
 
あ
ら
 
ど
う
か
し
た
?
 
  
 
  
 
う
 
腕
を
上
げ
て
・
・
・
う
わ
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
測
定
に
使
う
の
だ
か
ら
信
じ
ら
れ
な
い
 °
  
本
来
は
校
庭
に
白
線
を
引
く
時
な
ど
に
用
い
る
そ
れ
を
 
乳
房
の
  
体
育
倉
庫
か
ら
取
っ
て
来
た
巻
き
尺
 °
  
 
  
 
そ
 
そ
れ
で
は
・
・
・
 
  
 
  
 
  
あ
る
 °
  
を
根
底
か
ら
覆
し
た
膨
大
な
力
が
そ
こ
に
は
詰
ま
っ
て
い
る
の
で

   

  
 
  
 
え
え
 °
こ
こ
ね
?
 
  
 
  
訳
ご
ざ
い
ま
せ
ん
が
 
こ
ち
ら
を
持
っ
て
い
て
下
さ
い
 °
 
  
 
・
・
・
そ
う
 
で
す
ね
 °
で
は
 
ト
ッ
プ
の
方
を
・
・
・
申
し
  
 
  
 
  
分
か
ら
な
い
 °
  
こ
の
体
の
ど
こ
に
こ
れ
だ
け
の
乳
房
を
支
え
る
力
が
あ
る
の
か
が
  
巨
大
な
乳
房
に
反
し
て
 
体
は
細
い
 °
  
 
  
 
当
た
り
前
じ
ゃ
な
い
 °
変
わ
る
わ
け
な
い
わ
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
6
5
 °
 
  
 
  
ま
ず
は
ア
ン
ダ
|
を
測
る
 °
  
 
  
 
い
 
い
え
・
・
・
そ
れ
で
は
失
礼
し
ま
す
・
・
・
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
し
酔
い
し
れ
る
と
  
ど
こ
ま
で
も
沈
ん
で
い
き
そ
う
な
ほ
ど
柔
ら
か
い
乳
肉
に
 
し
ば
  
自
分
の
乳
房
の
表
面
を
撫
で
擦
る
 °
  
 
  
ふ
っ
♪
 
  
ん
だ
し
・
・
・
に
し
て
も
 
3
7
3
c
m
ね
ぇ
・
・
・
ん
ふ
ふ
ふ
  
 
あ
あ
 
良
い
わ
 °
カ
ッ
プ
な
ん
て
 
ど
う
せ
す
ぐ
大
き
く
な
る
  
 
  
・
・
・
 
  
 
・
・
・
さ
 
3
7
3
c
m
・
・
・
か
 
か
か
・
・
・
カ
ッ
プ
は
  
 
  
 
  
 
  
り
を
読
み
上
げ
た
 °
  
そ
の
ま
ま
グ
ル
リ
と
一
周
ま
わ
っ
て
 
位
置
を
整
え
た
後
 
目
盛
  
固
定
し
て
も
ら
う
 °
  
香
織
に
手
伝
っ
て
も
ら
い
 
巻
き
尺
の
先
端
を
彼
女
の
脇
の
下
に
  
あ
ま
り
に
巨
大
な
た
め
 
一
人
で
は
測
り
き
れ
な
い
 °





   

  
 
  
 
  
チ
ュ
ウ
ウ
ゥ
!
!
 
  
 
あ
ら
ら
 
見
つ
か
っ
ち
ゃ
っ
た
?
で
も
ま
あ
・
・
・
ン
|
 
  
 
  
 
  
小
さ
な
影
が
舌
打
ち
と
共
に
消
え
て
い
く
 °
  
遠
く
離
れ
た
扉
の
影
 °
体
の
ラ
イ
ン
か
ら
し
て
女
性
だ
ろ
う
が
 
  
 
  
 
・
・
・
チ
ッ
 
  
 
  
 
  
 
  
香
織
の
目
に
何
か
が
止
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
誰
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
隣
に
並
ん
だ
綾
菜
を
 
一
気
に
胸
へ
と
抱
き
よ
せ
る
 °
  
 
  
 
ふ
え
っ
!
?
わ
わ
わ
わ
っ
!
!
 
  
 
  
い
の
か
し
 
ら
っ
!
?
 
  
も
綾
菜
は
 
こ
の
お
っ
ぱ
い
に
勝
て
る
者
が
居
る
と
で
も
言
い
た
  
 
え
え
 °
逃
げ
た
と
こ
ろ
で
何
が
出
来
る
っ
て
言
う
の
?
そ
れ
と
  
 
  
 
・
・
・
よ
ろ
し
い
の
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
適
度
に
膨
ら
ん
だ
乳
房
は
一
瞬
で
平
坦
な
も
の
へ
と
変
化
し
て
い
  
よ
ほ
ど
訓
練
を
積
ん
だ
の
か
 
身
の
こ
な
し
は
軽
い
 °
け
れ
ど
 
  
う
 °
  
帰
り
際
に
乳
房
を
根
こ
そ
ぎ
吸
い
取
っ
た
が
 
逃
げ
ら
れ
て
し
ま
  
 
  
 
っ
く
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
う
 
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
っ
!
!
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
膨
大
な
力
の
庇
護
下
に
あ
る
事
を
 
思
う
存
分
噛
み
し
め
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
香
織
し
ゃ
ま
の
お
っ
ぱ
い
が
 
最
強
で
し
ゅ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
ト
ロ
ン
と
し
た
瞳
で
  
や
が
て
 
顔
を
上
げ
た
綾
菜
は
頬
を
赤
く
染
め
 
だ
ら
し
の
な
い
  
 
  
め
な
が
ら
 
反
応
を
楽
し
む
香
織
 °
  
乳
の
海
に
の
み
込
ま
れ
た
綾
菜
が
も
が
く
の
を
面
白
そ
う
に
見
つ

   

  
い
う
事
だ
っ
た
 °
  
連
絡
が
無
い
の
だ
と
し
た
ら
 
そ
れ
は
彼
女
ら
が
中
心
人
物
だ
と
  
る
者
 °
全
校
生
徒
に
連
絡
を
入
れ
て
い
る
中
で
 
彼
女
ら
に
だ
け
  
今
回
の
事
件
の
中
心
で
あ
り
  
の
因
子
を
持
つ
可
能
性
の
あ
  
時
を
ほ
ぼ
同
じ
く
し
て
 
2
人
の
女
性
が
再
び
連
絡
を
取
り
合
う
 °
  
 
  
 
え
え
 °
ま
さ
か
生
徒
会
が
関
わ
っ
て
い
る
と
は
・
・
・
 
  
 
  
 
確
か
J
組
だ
っ
た
わ
よ
ね
 °
生
徒
会
の
・
・
・
 
  
 
  
年
A
組
 
綾
菜
さ
ん
は
・
・
・
 
  
 
は
い
 °
そ
の
二
人
だ
け
連
絡
さ
れ
て
ま
せ
ん
 °
香
織
さ
ん
は
二
  
 
  
 
・
・
・
笹
村
香
織
と
大
本
綾
菜
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
て
は
い
け
な
い
本
が
あ
る
こ
と
を
 °
 
  
 
あ
な
た
も
知
っ
て
い
る
で
し
ょ
う
?
う
ち
の
生
徒
会
室
に
触
れ
  
 
  
 
そ
れ
は
 
な
ぜ
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
で
あ
る
 °
  
書
物
に
触
れ
 
今
着
実
に
  
に
な
ろ
う
と
し
て
い
る
女
性
を
 
  
確
信
し
た
 °
  
学
園
長
で
あ
る
彼
女
|
|
竹
宮
 
実
∧
タ
ケ
ミ
ヤ
 
ミ
ノ
リ
∨
は
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
間
違
い
な
い
わ
 °
笹
村
さ
ん
ね
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
の
勤
め
る
学
校
に
あ
る
書
物
が
隠
さ
れ
て
い
る
事
も
 °
  
さ
ら
に
 
女
性
は
知
っ
て
い
た
 °
学
園
長
で
あ
る
彼
女
は
 
自
分
  
 

























   

  
 
  
対
支
配
 °
こ
れ
だ
け
は
避
け
な
け
れ
ば
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
わ
れ
る
 °
全
て
が
  
に
従
い
 
命
じ
ら
れ
る
ま
ま
に
動
く
絶
  
一
度
そ
う
な
っ
て
し
ま
え
ば
 
あ
と
は
  
に
よ
る
独
裁
が
行
  
ば
手
を
つ
け
る
事
は
出
来
な
い
 °
  
る
・
・
・
対
抗
す
る
手
段
は
た
だ
一
つ
し
か
無
く
 
時
期
を
逃
せ
  
そ
れ
と
同
時
に
  
で
あ
る
者
に
は
圧
倒
的
な
力
が
与
え
ら
れ
  
た
の
だ
 °
  
に
絶
対
的
な
権
力
が
も
た
ら
さ
れ
る
世
界
に
改
変
さ
れ
て
し
ま
っ
  
れ
 
圧
倒
的
女
性
優
位
な
世
界
・
・
・
特
に
乳
房
の
大
き
い
女
性
  
な
ん
に
し
て
も
 
最
悪
の
事
態
で
あ
る
 °
こ
の
世
の
理
が
変
え
ら
  
二
人
の
間
に
沈
黙
が
訪
れ
る
 °
  
 
  
 
  
・
・
・
 
  
ら
・
・
・
大
本
さ
ん
が
共
犯
ね
 °
そ
し
て
 
笹
村
さ
ん
が
触
れ
た
  
 
え
え
 °
生
徒
会
の
一
部
や
私
ぐ
ら
い
し
か
知
ら
な
い
わ
 °
だ
か
  
 
  
 
そ
れ
は
知
っ
て
ま
す
が
・
・
・
で
も
 
あ
の
本
は
!
 
  
 

























   

  
乳
房
が
あ
ま
り
育
っ
て
な
い
う
ち
に
そ
の
力
を
剥
奪
す
る
 °
そ
の
  
い
ち
早
く
  
の
元
へ
行
き
 
力
を
つ
け
る
前
|
|
つ
ま
り
 
  
王
 
自
身
に
命
を
下
す
こ
と
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
ら
が
打
て
る
手
段
 °
そ
れ
は
改
変
さ
れ
た
理
を
利
用
し
て
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
す
る
前
に
手
を
打
た
な
き
ゃ
・
・
・
 
  
も
知
れ
な
い
わ
 °
と
に
か
く
 
笹
村
さ
ん
が
  
と
し
て
覚
醒
  
 
そ
う
・
・
・
あ
り
が
と
う
 °
も
し
か
し
た
ら
ま
だ
間
に
合
う
か
  
 
  
は
ず
で
す
 °
 
  
 
は
い
 °
そ
れ
は
も
う
既
に
 °
お
そ
ら
く
そ
ろ
そ
ろ
戻
っ
て
く
る
  
 
  
村
さ
ん
の
様
子
を
・
・
・
 
  
 
・
・
・
こ
う
し
ち
ゃ
い
ら
れ
な
い
わ
 °
叶
恵
さ
ん
 
今
す
ぐ
笹
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
な
く
と
も
K
カ
ッ
プ
以
上
・
・
・
急
が
な
い
と
 °
 
  
ね
 °
守
下
先
生
が
従
っ
た
っ
て
い
う
事
は
 
今
の
笹
村
さ
ん
は
少
  
 
お
そ
ら
く
 
全
校
生
徒
を
呼
び
寄
せ
た
の
は
力
を
つ
け
る
た
め
  
 
  
 
  
 
  
る
 °
  
ほ
ど
小
さ
い
の
だ
 °
つ
ま
り
 
最
初
の
う
ち
に
叩
け
ば
対
処
出
来
  
  
に
成
り
え
る
者
は
皆
最
初
の
乳
房
が
皆
無
と
言
っ
て
い
い
  
 
  
 
  
い
る
 °
滅
多
な
こ
と
で
は
負
け
は
し
な
い
だ
ろ
う
 °
  
幸
い
 
実
の
乳
房
は
M
カ
ッ
プ
 °
叶
恵
も
L
カ
ッ
プ
に
突
入
し
て
  
 
  
時
の
  
以
上
の
乳
房
が
あ
れ
ば
可
能
な
事
で
あ
っ
た
 °



   

  
 
  
気
が
辺
り
に
漂
っ
た
 °
  
そ
れ
以
外
の
音
と
い
う
音
は
全
て
消
え
去
り
 
ピ
ン
と
し
た
雰
囲
  
遠
く
の
方
で
息
を
整
え
る
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
 
  
・
・
・
 
  
 
い
 
い
え
・
・
・
調
査
を
さ
せ
た
者
が
帰
っ
て
来
た
の
で
す
が
  
 
  
 
何
?
何
か
あ
っ
た
の
?
 
  
 
  
 
  
し
い
 °
  
続
い
て
叶
恵
の
声
も
聞
こ
え
る
 °
だ
が
 
な
に
や
ら
様
子
が
お
か
  
 
  
 
何
!
?
ど
う
し
た
の
・
・
・
っ
て
 
あ
な
た
・
・
・
・
・
 
  
 
  
と
 
電
話
の
向
こ
う
か
ら
女
性
の
大
声
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
 
  
 
っ
く
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
ほ
 
報
告
し
ま
す
!
!
 


   

  
 
  
 
  
離
れ
 
体
育
館
へ
と
向
か
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
思
わ
ず
席
を
立
つ
 °
場
合
に
よ
っ
て
は
今
す
ぐ
に
で
も
こ
の
場
を
  
 
  
 
体
育
館
!
?
体
育
館
に
居
る
の
ね
!
?
 
  
 
  
 
  
 
は
っ
!
そ
れ
が
・
・
・
目
標
は
学
園
の
体
育
館
に
居
ま
し
た
 °
  
 
  
 
分
か
り
ま
せ
ん
・
・
・
早
く
っ
!
報
告
し
て
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
嫌
な
予
感
が
す
る
 °
背
中
に
は
冷
た
い
汗
が
流
れ
 
声
も
上
擦
っ
  
 
  
 
な
っ
・
・
・
そ
れ
は
何
!
?
ど
う
い
う
こ
と
!
?
 
  
 
  
 
・
・
・
胸
が
・
・
・
胸
が
あ
り
ま
せ
ん
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
だ
が
  
 
  
 
  
 
  
せ
め
て
前
者
に
留
ま
っ
て
欲
し
い
と
願
い
な
が
ら
 
言
葉
を
待
つ
 °
  
 
  
ろ
か
諦
め
る
し
か
な
い
か
も
し
れ
な
い
 °
  
次
の
言
葉
に
よ
っ
て
は
手
段
を
変
え
る
必
要
が
あ
る
 °
そ
れ
ど
こ
  
叶
恵
だ
け
で
な
く
 
電
話
越
し
の
実
に
も
衝
撃
が
走
る
 °
  
 
  
 
  
を
測
っ
て
お
り
ま
し
て
・
・
・
 
  
 
は
い
・
・
・
会
話
を
傍
受
し
た
結
果
 
目
標
は
乳
房
の
大
き
さ
  
 
  
 
・
・
・
何
か
問
題
が
あ
っ
た
の
?
 
  
 
  
 
・
・
・
で
す
が
・
・
・
・
・
 













   

  
 
  
も
吸
収
す
る
術
を
持
っ
て
い
る
よ
う
で
・
・
・
 
  
ど
う
や
ら
 
目
標
は
目
に
つ
い
た
女
性
の
乳
房
を
遠
距
離
か
ら
で
  
 
し
か
も
 
私
の
乳
房
に
い
た
っ
て
は
直
接
吸
わ
れ
て
い
ま
せ
ん
 °
  
 
  
 
  
 
  
事
・
・
・
そ
し
て
 
手
遅
れ
 °
手
段
が
無
い
こ
と
を
 °
  
実
は
再
び
確
信
し
た
 °
  
が
既
に
覚
醒
し
て
し
ま
っ
て
い
る
  
 
  
え
た
大
き
さ
 °
  
3
7
3
c
m
 °
も
は
や
カ
ッ
プ
数
す
ら
分
か
ら
な
い
 
人
智
を
超
  
 
  
 
な
ん
て
こ
と
な
の
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
い
ま
し
た
・
・
・
・
・
 
  
 
・
・
・
3
7
3
c
m
 °
そ
の
上
 
私
の
乳
房
も
吸
わ
れ
て
し
ま

   

  
と
 
再
び
調
査
に
向
か
っ
た
女
性
が
口
を
開
い
た
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
で
す
が
 
も
う
一
つ
気
に
な
る
こ
と
が
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
・
  
あ
ま
り
に
時
期
が
遅
す
ぎ
た
 °
も
は
や
抵
抗
す
る
手
段
な
ど
・
・
  
さ
ず
 
そ
の
上
近
づ
く
事
も
許
さ
れ
な
い
 °
  
も
は
や
言
葉
が
無
い
 °
今
の
彼
女
に
は
ど
ん
な
戒
め
も
意
味
を
為
  
 
  
 
  
 
  
間
に
根
こ
そ
ぎ
乳
房
を
奪
わ
れ
て
し
ま
い
ま
す
・
・
・
 
  
 
は
い
・
・
・
今
 
彼
女
の
目
の
前
に
姿
を
見
せ
れ
ば
 
そ
の
瞬
  
 
  
 
そ
ん
な
・
・
・
じ
ゃ
あ
!
 














   

  
は
反
応
を
示
す
よ
う
で
し
た
 °
 
  
言
い
ま
す
か
・
・
・
彼
女
の
言
葉
に
は
 
あ
の
笹
村
香
織
も
多
少
  
 
・
・
・
彼
女
は
 
笹
村
香
織
に
同
調
し
て
い
ま
し
た
 °
従
事
と
  
 
  
 
  
 
  
と
な
る
 °
  
何
か
の
希
望
を
示
す
か
の
よ
う
に
 
声
調
は
少
し
ば
か
り
強
い
物
  
叶
恵
の
嘲
笑
を
止
め
 
女
性
が
話
を
続
け
る
 °
  
 
  
 
  
 
い
え
 
そ
う
で
も
な
い
の
で
す
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
ミ
イ
ラ
取
り
が
ミ
イ
ラ
に
な
っ
た
わ
け
ね
 °
 
  
 
  
根
こ
そ
ぎ
奪
わ
れ
て
い
ま
し
た
が
・
・
・
 
  
 
目
標
の
女
の
傍
に
 
大
本
綾
菜
が
居
ま
し
た
 °
彼
女
も
乳
房
を
  
 
  
 
何
か
し
ら
?
 
  
 

























   

  
要
な
事
だ
っ
た
 °
  
共
に
問
題
を
解
決
し
よ
う
と
す
る
仲
間
に
は
申
し
訳
な
い
が
 
  
 
  
無
い
 °
  
M
カ
ッ
プ
で
あ
る
実
の
命
令
に
 
K
カ
ッ
プ
の
叶
恵
は
従
う
よ
り
  
受
話
器
の
向
こ
う
か
ら
緊
迫
し
た
雰
囲
気
が
伝
わ
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
叶
恵
さ
ん
 °
今
か
ら
あ
な
た
に
 
命
令
 
を
下
す
わ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
新
た
な
決
意
を
瞳
に
宿
し
 
言
い
放
つ
 °
  
話
を
聞
い
て
 
実
は
大
き
く
息
を
つ
い
た
 °
  
 
  
 
  
 
は
い
 °
笹
村
香
織
で
は
無
く
 
彼
女
を
狙
え
ば
・
・
・
 
  
 
  
 
そ
れ
っ
て
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
・
・
・
・
・
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 
実
様
 °
 
  
 
  
 
  
ぱ
い
を
最
強
に
仕
立
て
上
げ
な
さ
い
 °
 
  
ん
に
対
抗
で
き
る
ぐ
ら
い
の
乳
房
を
 °
な
ん
と
し
て
も
私
の
お
っ
  
 
・
・
・
ど
ん
な
手
段
で
も
い
い
 °
私
を
・
・
・
私
に
 
笹
村
さ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
出
来
な
い
 °
  
大
き
く
息
を
吸
い
 
吐
く
 °
こ
の
先
を
言
え
ば
 
も
う
後
戻
り
は
  
 
  
笹
村
さ
ん
の
元
か
ら
奪
回
 °
そ
し
て
・
・
・
 
  
に
従
っ
て
も
ら
い
ま
す
 °
ま
ず
は
大
本
さ
ん
の
居
場
所
を
調
べ
 
  
 
・
・
・
・
・
今
こ
の
時
よ
り
 
あ
な
た
に
は
私
の
命
令
に
完
全
  
 
  
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
守
る
た
め
・
・
・
・
・
一
歩
踏
み
出
し
た
 °
  
 
  
 

























  > ≫