イ
ラ
イ
ラ
し
な
が
ら
も
 
私
は
水
を
求
め
て
寝
室
を
出
る
 °
  
 
  
 
あ
ぁ
っ
 
も
う
・
・
・
 
  
 
  
ら
し
て
い
た
 °
  
チ
ラ
と
枕
元
の
小
さ
な
台
を
見
て
も
 
お
茶
は
お
ろ
か
水
す
ら
切
  
 
  
 
は
ぁ
・
・
・
喉
乾
い
た
・
・
・
 
  
 
  
な
わ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
く
何
度
も
起
き
て
し
ま
い
 
今
で
は
な
か
な
か
眠
る
こ
と
す
ら
か
  
あ
の
後
 
何
と
か
ベ
ッ
ド
に
入
っ
た
は
い
い
も
の
の
 
眠
り
が
浅
  
は
無
か
っ
た
 °
  
な
か
寝
付
け
な
く
な
っ
て
し
ま
う
の
は
別
に
何
も
お
か
し
い
事
で
  
一
度
徹
夜
を
経
験
す
る
と
 
脳
が
変
に
興
奮
し
て
い
る
の
か
な
か
  
 
  
 
・
・
・
ん
 
ん
ぅ
・
・
・
・
・
 
  
  
せ
い
 
作
  
化
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
2
















≪ <  

  
を
持
っ
て
 
俯
い
て
し
ま
う
 °
  
は
両
手
に
彼
の
体
の
大
き
さ
に
は
ま
る
で
似
合
わ
な
い
フ
ラ
ス
コ
  
ど
う
し
た
ら
い
い
か
分
か
ら
ず
混
乱
し
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
少
年
  
 
  
 
あ
 
う
・
・
・
あ
・
・
・
 
  
 
  
リ
と
止
め
て
い
た
 °
  
を
見
る
の
は
初
め
て
で
 
私
だ
け
で
は
無
く
少
年
も
動
き
を
ピ
タ
  
今
ま
で
そ
の
気
配
は
見
て
来
た
の
だ
が
 
実
際
に
現
行
犯
の
現
場
  
一
日
ぶ
り
に
見
た
少
年
が
 
研
究
室
の
中
の
器
具
で
遊
ん
で
い
た
 °
  
 
  
 
ん
ぇ
?
あ
っ
・
・
・
 
  
 
  
再
度
溜
め
息
を
つ
い
て
扉
を
開
け
る
と
  
 
  
 
は
ぁ
・
・
・
・
・
あ
ら
?
 
  
 
  
 
  
た
ら
沙
紀
と
由
利
の
二
人
も
来
る
だ
ろ
う
 °
  
先
程
横
目
で
見
た
時
計
は
昼
過
ぎ
を
示
し
て
い
た
 °
も
う
少
し
し

   

  
 
な
ん
て
こ
と
・
・
・
ど
れ
っ
!
ど
れ
を
飲
ん
だ
の
!
?
 
  
 
  
し
か
も
両
手
 °
少
な
く
と
も
2
本
は
飲
ん
で
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
き
な
フ
ラ
ス
コ
 °
  
彼
の
手
に
あ
っ
た
物
 
そ
れ
は
中
身
が
す
っ
か
り
空
に
な
っ
た
大
  
 
  
さ
ん
っ
!
!
 
  
 
ひ
ぅ
っ
!
!
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
ご
め
ん
な
さ
い
っ
!
!
朱
音
  
 
  
 
優
太
っ
!
!
あ
な
た
そ
れ
 
全
部
飲
ん
じ
ゃ
っ
た
の
!
?
 
  
 
  
え
な
い
事
態
に
な
っ
た
 °
  
だ
が
 
彼
の
手
に
あ
る
フ
ラ
ス
コ
を
よ
く
見
た
途
端
 
そ
う
も
言
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
あ
あ
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
な
し
に
し
て
い
た
私
も
悪
い
し
・
・
・
  
る
だ
ろ
う
け
ど
 
流
石
に
そ
こ
ま
で
激
し
く
は
・
・
・
出
し
っ
ぱ
  
怒
ら
れ
る
と
思
っ
た
の
だ
ろ
う
か
・
・
・
い
や
 
ま
ぁ
怒
り
は
す

   

  
彼
の
両
手
に
あ
る
フ
ラ
ス
コ
と
合
わ
せ
て
三
つ
 °
  
だ
が
 
そ
の
隣
に
は
一
つ
の
空
の
フ
ラ
ス
コ
 °
  
 
  
 
  
被
害
に
は
あ
っ
て
い
な
い
様
子
で
 
机
の
上
に
置
か
れ
て
い
た
 °
  
緑
色
で
美
味
し
そ
う
で
は
無
か
っ
た
か
ら
か
 
彼
の
イ
タ
ズ
ラ
の
  
そ
れ
は
流
石
に
飲
み
き
れ
な
い
と
思
っ
た
の
か
 
は
た
ま
た
色
が
  
 
  
 
・
・
・
あ
 
あ
っ
た
・
・
・
・
・
 
  
 
  
る
 
だ
と
か
の
薬
を
入
れ
て
い
た
は
ず
 °
  
中
で
も
一
際
大
き
い
フ
ラ
ス
コ
に
は
 
例
の
 
母
性
が
湧
い
て
く
  
は
ピ
ン
ク
色
だ
っ
た
し
 °
  
う
な
色
を
し
て
い
る
物
も
あ
っ
た
 °
沙
紀
に
頼
ま
れ
た
薬
な
ん
か
  
そ
れ
は
ど
れ
も
色
が
違
う
も
の
で
 
ま
あ
確
か
に
ジ
ュ
|
ス
の
よ
  
寝
る
前
に
は
机
の
上
に
4
本
の
フ
ラ
ス
コ
が
置
い
て
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
優
太
の
謝
罪
な
ど
聞
く
耳
持
た
ず
 
机
の
上
の
状
況
を
確
認
し
た
 °
  
 

























   

  
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
せ
い
ぜ
い
5
分
く
ら
い
の
猶
予
で
は
あ
っ
た
が
 
今
は
そ
れ
に
縋
  
れ
ば
効
果
が
さ
ほ
ど
定
着
し
な
い
可
能
性
が
あ
る
 °
  
飲
ん
で
か
ら
そ
う
経
っ
て
い
な
い
の
な
ら
 
今
す
ぐ
吐
か
せ
て
や
  
 
  
 
い
つ
!
?
い
つ
飲
ん
だ
の
!
?
 
  
 
  
 
  
へ
と
近
寄
っ
た
 °
  
私
は
怒
り
や
焦
り
な
ど
が
な
い
交
ぜ
に
な
っ
た
心
境
で
 
彼
の
元
  
 
  
か
分
か
っ
た
も
の
で
は
な
い
 °
  
そ
れ
を
全
て
飲
ん
で
し
ま
っ
た
と
な
る
と
 
ど
ん
な
効
果
が
出
る
  
す
ぎ
る
も
の
が
多
い
・
・
・
と
い
う
か
ほ
と
ん
ど
が
そ
う
だ
 °
  
彼
が
飲
ん
だ
で
あ
ろ
う
薬
品
の
中
に
は
人
間
に
対
し
て
効
果
が
強
  
 
  
 
  
∧
と
 
い
う
こ
と
は
・
・
・
!
!
∨
  
 
  
 

























   

  
∧
・
・
・
も
は
や
完
全
に
薬
が
体
に
定
着
し
て
も
お
か
し
く
な
い
  
 
  
た
ら
  
丁
度
正
午
に
な
る
時
ぐ
ら
い
に
飲
ん
だ
と
い
う
こ
と
な
の
だ
と
し
  
1
2
の
所
・
・
・
時
計
の
事
を
言
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
 
  
・
・
・
 
  
 
う
 
っ
く
・
・
・
ひ
っ
ぐ
・
・
・
・
・
丁
度
1
2
の
所
ぐ
ら
い
  
 
  
 
  
こ
と
で
・
・
・
  
だ
が
 
そ
れ
す
ら
も
気
に
し
て
い
ら
れ
な
い
 °
事
は
一
刻
を
争
う
  
可
愛
ら
し
い
瞳
を
潤
ま
せ
始
め
る
 °
  
か
な
り
怒
ら
れ
る
と
思
っ
た
の
だ
ろ
う
 °
優
太
は
ク
リ
ク
リ
し
た
  
 
  
 
い
い
か
ら
答
え
て
っ
!
!
い
つ
飲
ん
だ
の
!
?
 
  
 
  
 
あ
う
ぅ
・
・
・
ご
め
ん
な
 
さ
い
・
・
・
 
  
 
  
 

























   

  
|
|
|
|
・
・
・
ド
ク
ン
ッ
!
  
 
  
 
  
そ
の
瞬
間
  
 
  
 
  
い
た
 
 °
  
考
え
て
い
る
最
中
に
話
し
か
け
ら
れ
 
反
射
的
に
 
彼
の
方
を
向
  
 
  
 
な
に
よ
 
今
・
・
・
い
そ
が
・
・
・
し
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
朱
音
さ
ん
 °
 
  
 
  
 
  
生
き
て
い
け
る
よ
う
に
な
る
薬
 
と
・
・
・
  
つ
ま
り
今
彼
の
体
に
は
 
成
長
を
止
め
る
薬
 
と
 
母
乳
の
み
で
  
 
  
手
遅
れ
だ
っ
た
 °
も
は
や
ど
う
し
よ
う
も
な
い
 °
  
 
  
わ
ね
・
・
・
・
・
∨


















   

  
 
・
・
・
?
ど
う
し
た
の
?
朱
音
さ
ん
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
私
は
彼
の
目
を
見
つ
め
な
が
ら
 
そ
の
事
を
順
に
思
い
出
し
て
い
  
 
  
そ
し
て
 
そ
の
効
果
の
発
動
条
件
は
 
目
が
合
う
こ
と
 
 °
  
だ
け
濃
い
の
を
全
部
 °
  
彼
は
あ
の
 
惚
れ
薬
 
を
飲
ん
で
い
る
の
で
あ
る
 °
し
か
も
あ
れ
  
 
  
 
  
∧
あ
っ
・
・
・
し
 
し
ま
っ
た
!
!
!
∨
  
 
  
 
  
し
た
 °
  
そ
の
時
 
自
分
が
し
て
し
ま
っ
た
行
為
を
今
更
な
が
ら
に
思
い
出
  
い
き
な
り
心
臓
が
掴
ま
れ
た
か
の
よ
う
な
感
覚
に
陥
る
 °
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
て
い
く
 °
  
頭
で
は
必
死
に
否
定
す
る
も
 
心
は
あ
る
感
情
で
埋
め
尽
く
さ
れ
  
 
  
 
  
た
子
で
・
・
・
∨
  
∧
こ
ん
な
の
っ
て
・
・
・
ダ
メ
 
ダ
メ
よ
!
!
優
太
は
私
が
拾
っ
  
 
  
 
  
し
ろ
自
分
の
行
動
を
縛
り
つ
け
る
よ
う
に
膨
ら
ん
で
い
く
 °
  
そ
し
て
 
 
そ
れ
 
は
決
し
て
抑
え
ら
れ
る
も
の
で
は
無
く
 
  
ピ
|
ド
で
循
環
し
て
い
る
の
か
 
段
々
と
火
照
っ
て
く
る
 °
  
心
臓
が
跳
ね
る
 °
そ
れ
と
同
時
に
体
中
の
血
液
が
も
の
す
ご
い
ス
  
 
  
|
|
|
|
ド
ク
ン
ッ
 
ド
ク
ン
ッ
!
  
 
  
 
あ
 
う
・
・
・
・
・
う
ぁ
っ
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
小
山
 
朱
音
は
化
学
に
お
い
て
天
才
だ
っ
た
 °
  
 
  
だ
が
 
皮
肉
な
こ
と
に
  
 
  
 
  
何
度
も
何
度
も
理
性
が
警
鐘
を
鳴
ら
す
 °
  
 
  
 
  
て
ど
う
す
る
の
!
!
∨
  
∧
ダ
メ
 
ダ
メ
ダ
メ
ダ
メ
ッ
!
!
私
が
作
っ
た
薬
に
私
が
か
か
っ
  
 
  
 
  
脳
髄
が
焼
け
焦
げ
そ
う
な
感
覚
に
 
酩
酊
感
す
ら
覚
え
る
 °
  
な
い
炎
 °
  
一
度
火
が
つ
い
た
ら
 
も
う
何
を
さ
れ
よ
う
と
も
消
え
る
こ
と
の
  
 
  
 
  
 
  
 
好
き
 °
 





















   

  
定
石
だ
が
 
今
と
な
っ
て
は
そ
の
 
心
配
し
て
く
れ
る
 
と
い
う
  
本
来
な
ら
そ
こ
で
正
気
を
取
り
戻
し
て
普
段
の
よ
う
に
戻
る
の
が
  
心
配
し
て
覗
き
こ
ん
で
き
た
少
年
の
顔
 °
  
 
  
 
朱
音
さ
ん
?
ど
う
し
た
の
 
ね
ぇ
?
 
  
 
  
 
  
・
・
・
な
ん
で
今
ま
で
気
づ
か
な
か
っ
た
の
?
∨
  
∧
好
き
・
・
・
な
の
か
な
 °
嫌
い
じ
ゃ
な
い
で
し
ょ
?
あ
 
あ
れ
  
 
  
に
流
れ
込
ん
で
く
る
 °
  
理
性
を
押
し
流
す
ほ
ど
膨
大
な
量
の
感
情
が
 
頭
に
 
脳
に
 
  
う
に
 
彼
女
自
身
の
心
を
蝕
ん
で
い
く
 °
  
彼
女
が
作
っ
た
薬
は
 
ま
る
で
彼
女
の
才
能
を
証
明
す
る
か
の
よ
  
 
  
優
太
の
こ
と
・
・
・
好
き
?
∨
  
∧
ダ
メ
 
ダ
メ
・
・
・
ダ
メ
・
・
・
・
・
な
の
?
ど
う
し
て
?
私
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
い
く
 °
  
負
の
連
鎖
 
い
や
 
正
の
連
鎖
か
も
し
れ
な
い
も
の
が
始
ま
っ
て
  
そ
の
せ
い
で
さ
ら
に
 
好
き
 
と
い
う
感
情
が
押
し
寄
せ
・
・
・
  
常
な
判
断
が
鈍
っ
て
い
く
 °
  
処
理
し
き
れ
な
い
ほ
ど
膨
大
な
量
の
感
情
が
脳
に
押
し
寄
せ
 
  
 
  
 
  
 
  
き
好
き
!
好
き
ぃ
!
!
大
好
き
ぃ
ぃ
ぃ
!
!
!
!
∨
  
∧
な
ん
 
で
・
・
・
優
太
 
好
き
 °
あ
ぁ
・
・
・
好
き
 °
好
き
好
  
 
  
 
  
一
瞬
の
出
来
事
だ
っ
た
 °
  
一
度
理
性
が
押
さ
れ
 
心
の
鎧
に
ヒ
ビ
が
入
る
と
 
あ
と
は
も
う
  
 
  
 
  
・
優
し
く
て
か
わ
い
い
優
太
・
・
・
∨
  
∧
優
太
 
心
配
し
て
く
れ
て
る
・
・
・
優
し
い
 °
か
わ
い
い
・
・
  
 
  
こ
と
す
ら
愛
お
し
く
感
じ
て
き
て
 
さ
ら
に
心
が
燃
え
上
が
る
 °

   

  
 
  
 
  
優
太
は
両
手
の
フ
ラ
ス
コ
を
机
に
置
く
と
 
少
し
移
動
し
て
  
 
  
そ
 
そ
う
だ
!
 
  
 
朱
音
さ
ん
・
・
・
ど
こ
か
痛
い
の
?
ど
う
し
よ
う
・
・
・
・
・
  
 
  
 
  
た
 °
  
そ
れ
を
何
と
勘
違
い
し
た
の
か
 
今
度
は
少
年
の
方
が
行
動
に
出
  
 
  
 
  
瞳
は
虚
ろ
で
 
目
の
前
の
少
年
し
か
捉
え
て
い
な
い
 °
  
真
っ
赤
に
な
っ
た
頬
 °
  
ハ
ァ
 
ハ
ァ
・
・
・
と
ま
る
で
正
気
と
は
思
え
な
い
息
遣
い
に
 
  
 
  
・
・
・
私
だ
け
の
・
・
・
∨
  
∧
も
う
ダ
メ
 
我
慢
で
き
な
い
・
・
・
こ
の
子
は
 
優
太
は
私
の
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
う
ん
 °
全
部
 °
き
っ
と
落
ち
着
く
か
ら
 °
 
  
 
  
た
だ
 
優
太
が
そ
う
言
う
か
ら
正
し
い
の
だ
ろ
う
 °
  
頭
が
ぼ
|
っ
と
す
る
 °
も
う
何
が
何
だ
か
分
か
ら
な
い
 °
  
 
  
 
そ
 
れ
・
・
・
飲
む
の
?
全
部
・
・
・
?
 
  
 
  
 
  
 
  
を
聞
い
て
 
優
太
を
安
心
さ
せ
て
や
っ
て
・
・
・
  
だ
が
 
そ
ん
な
こ
と
は
ど
う
で
も
い
い
 °
今
は
た
だ
 
優
太
の
話
  
 
  
 
  
と
か
ズ
ラ
す
程
度
し
か
動
い
て
い
な
い
 °
  
華
奢
な
彼
の
腕
で
は
上
手
く
持
ち
あ
げ
ら
れ
な
い
ら
し
く
 
な
ん
  
机
の
上
の
最
後
の
フ
ラ
ス
コ
に
手
を
伸
ば
す
 °
  
 
  
る
か
ら
・
・
・
全
部
飲
ん
だ
ら
き
っ
と
落
ち
着
く
よ
 °
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
!
こ
れ
 
飲
ん
で
落
ち
着
い
て
?
た
く
さ
ん
あ

   

  
私
は
 
優
太
に
言
わ
れ
る
ま
ま
そ
の
フ
ラ
ス
コ
に
口
を
近
づ
け
  
 
  
 
  
ど
う
で
も
い
い
 °
  
匂
い
は
か
な
り
き
つ
い
 °
何
か
の
薬
品
だ
ろ
う
か
?
・
・
・
ま
ぁ
 
  
彼
に
言
わ
れ
る
と
最
高
の
甘
露
の
よ
う
に
も
思
え
る
 °
  
優
太
に
勧
め
ら
れ
た
そ
れ
は
緑
色
で
 
普
通
は
飲
み
た
く
な
い
が
 
  
両
手
で
し
っ
か
り
と
フ
ラ
ス
コ
を
掴
む
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
っ
 
  
 
  
 
  
・
・
思
い
出
せ
な
い
し
 
思
い
出
す
必
要
も
無
い
 °
  
目
の
前
に
あ
る
大
量
の
液
体
が
 
も
は
や
ど
ん
な
も
の
な
の
か
・
  
母
性
?
濃
度
?
分
か
ら
な
い
・
・
・
  
そ
れ
は
残
っ
た
理
性
な
の
だ
ろ
う
か
・
・
・
私
を
止
め
て
・
・
・
  
頭
の
隅
に
何
か
違
和
感
が
あ
る
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
わ
か
・
・
・
・
・
た
 °
 












   

  
が
し
て
  
あ
る
と
か
・
・
・
と
に
か
く
全
て
を
ご
っ
そ
り
変
え
る
よ
う
な
気
  
飲
む
た
び
に
揺
さ
ぶ
ら
れ
る
心
 °
そ
れ
は
ま
る
で
私
の
価
値
観
で
  
盛
大
に
音
を
鳴
ら
し
な
が
ら
 
次
々
嚥
下
し
て
い
く
 °
  
 
  
ク
ッ
ゴ
ク
ッ
ゴ
ク
ゴ
ク
ゴ
ク
・
・
・
 
  
 
ゴ
ク
ッ
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
・
ゴ
ク
ッ
 
ゴ
ク
ッ
 
ゴ
ク
ッ
ゴ
  
 
  
 
  
か
は
分
か
ら
な
い
 °
  
た
だ
 
こ
れ
を
全
て
飲
み
終
わ
る
頃
に
 
私
が
ど
う
な
っ
て
い
る
  
な
る
よ
う
で
 
な
ん
と
も
心
地
良
い
 °
  
一
口
飲
む
ご
と
に
 
体
が
・
・
・
胸
の
奥
が
ポ
カ
ポ
カ
と
温
か
く
  
一
気
に
飲
み
干
し
て
い
く
 °
  
 
  
・
・
・
・
・
 
  
 
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
私
を
取
り
巻
く
 
世
界
 
は
変
わ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
ふ
ぁ
・
・
・
あ
 
あ
あ
っ
・
・
・
・
・
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
|
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
全
て
を
飲
み
干
し
 
笑
顔
の
少
年
を
見
つ
め
た
瞬
間
  
 
  
 
ゴ
ク
 
ゴ
ク
ッ
ゴ
 
ク
・
・
・
ッ
ク
・
・
・
・
・
っ
ぷ
ぁ
 °
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
え
っ
と
・
・
・
い
つ
ま
で
こ
う
し
て
る
つ
も
り
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
決
め
た
 °
  
今
は
 
私
と
優
く
ん
の
愛
の
巣
 
の
よ
う
な
も
の
だ
 °
う
ん
 
  
こ
こ
は
私
の
寝
室
 
だ
っ
た
 
 °
  
 
  
 
  
 
ん
?
な
ぁ
に
?
優
く
ん
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
あ
 
あ
の
|
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
ゃ
な
い
と
 
拗
ね
ち
ゃ
う
か
ら
ね
?
 
  
 
も
ぉ
・
・
・
だ
か
ら
 
ち
ゃ
ん
と
 
マ
マ
 
っ
て
呼
ん
で
?
じ
  
 
  
そ
の
言
葉
に
 
ち
ょ
っ
と
ム
ッ
と
す
る
 °
  
 
  
 
い
つ
ま
で
も
っ
て
・
・
・
朱
音
さ
ん
?
 
  
 
  
 
  
ん
だ
け
の
私
 °
  
男
で
も
許
さ
な
い
 °
優
く
ん
は
私
だ
け
の
優
く
ん
で
 
私
は
優
く
  
い
 °
  
い
か
わ
い
い
優
く
ん
を
困
ら
せ
る
女
が
い
る
な
ら
絶
対
に
許
さ
な
  
他
の
女
・
・
・
許
さ
な
い
 °
も
し
そ
う
な
ら
・
・
・
私
の
か
わ
い
  
ら
?
誰
が
優
く
ん
を
困
ら
せ
て
る
の
?
誰
?
誰
誰
?
他
の
女
?
  
そ
う
答
え
る
と
 
ま
た
優
く
ん
が
困
っ
た
顔
に
 °
ど
う
し
て
か
し
  
 
  
 
ん
|
?
 
い
つ
ま
で
も
 
だ
よ
?
 
  
 
  
を
後
ろ
に
向
け
て
 
私
の
顔
を
見
つ
め
て
く
る
 °
  
ベ
ッ
ド
の
端
に
座
っ
た
私
の
膝
の
上
に
乗
っ
た
優
く
ん
が
首
だ
け

   

  
 
ふ
ぁ
・
・
・
は
ふ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
な
ぁ
に
?
優
く
ぅ
ん
♪
 
  
 
  
 
・
・
・
・
・
ま
 
マ
マ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
さ
ぁ
 
言
っ
て
!
私
の
こ
と
 
早
く
 
マ
マ
 
っ
て
呼
ん
で
!
  
 
  
は
あ
な
た
の
 
お
母
さ
ん
 
な
ん
だ
か
ら
 °
ね
?
 
  
 
う
ん
 °
ダ
メ
 °
そ
れ
に
 
そ
ん
な
他
人
行
儀
に
し
な
い
で
?
私
  
 
  
 
い
・
・
・
言
わ
な
き
ゃ
ダ
メ
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
・
・
本
当
に
バ
カ
 °
  
ろ
う
 °
な
ん
で
わ
ざ
わ
ざ
 
朱
音
さ
ん
 
だ
な
ん
て
呼
ば
せ
て
・
  
な
の
に
 
な
ん
で
昨
日
ま
で
私
は
そ
れ
に
気
づ
か
な
か
っ
た
ん
だ
  
母
親
は
一
人
だ
け
 °
私
だ
け
 °
優
く
ん
の
お
母
さ
ん
は
私
だ
け
 °
  
な
ん
で
す
も
の
 °
  
 
朱
音
さ
ん
 
だ
な
ん
て
嫌
だ
 °
私
は
優
く
ん
の
 
お
母
さ
ん
 
  
 

























   

  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
本
当
に
・
・
・
本
当
に
甘
え
て
良
い
の
?
 
  
 
  
 
  
っ
た
ら
 
全
部
消
し
て
あ
げ
よ
う
 °
全
部
 °
全
部
 °
  
な
ん
で
困
っ
て
る
の
?
教
え
て
ほ
し
い
・
・
・
問
題
が
あ
る
ん
だ
  
・
・
・
な
ん
で
だ
ろ
 °
ま
た
優
く
ん
困
っ
て
る
 °
  
 
  
 
  
 
あ
 
う
 
う
ん
・
・
・
 
  
 
  
し
て
あ
げ
る
か
ら
ね
?
 
  
で
も
マ
マ
に
言
っ
て
ね
?
ぜ
|
|
|
|
ん
ぶ
っ
!
マ
マ
が
何
と
か
  
 
ね
ぇ
 
優
く
ん
?
こ
れ
か
ら
は
 
困
っ
た
こ
と
が
あ
っ
た
ら
何
  
 
  
 
  
し
い
・
・
・
  
も
っ
と
呼
ん
で
欲
し
い
・
・
・
私
に
 
も
っ
と
も
っ
と
甘
え
て
欲
  
の
 
す
ご
い
ぃ
・
・
・
  
あ
ぁ
っ
・
・
・
コ
レ
 
す
ご
い
・
・
・
 
マ
マ
 
っ
て
呼
ば
れ
る
  
 

























   

  
寒
い
の
か
し
ら
 °
も
し
か
し
て
 
風
邪
!
?
  
・
・
・
あ
 
優
く
ん
が
震
え
て
る
 °
  
 
  
 
  
て
あ
げ
る
か
ら
 °
 
  
 
本
当
に
本
当
 °
だ
か
ら
 
い
っ
ぱ
い
甘
え
な
さ
い
?
抱
き
し
め
  
 
  
 
本
当
に
 
本
当
?
 
  
 
  
 
も
ち
ろ
ん
!
 
  
 
  
 
ほ
 
本
当
に
?
 
  
 
  
寂
し
く
な
い
よ
?
ず
っ
と
 
ず
ぅ
|
っ
と
!
マ
マ
が
一
緒
 °
 
  
 
え
え
 
い
い
わ
よ
 °
ず
っ
と
一
緒
だ
か
ら
・
・
・
こ
れ
か
ら
は
 
  
 
  
は
無
い
 °
  
言
葉
の
意
味
が
良
く
分
か
ら
な
い
け
ど
 
首
を
横
に
振
る
選
択
肢
  
優
く
ん
が
話
し
か
け
て
く
る
 °
  
 

























   

  
 
  
 
ん
|
・
・
・
な
ん
だ
か
 
お
っ
ぱ
い
が
変
な
の
よ
ね
・
・
・
 
  
 
  
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ん
?
 
  
 
  
・
  
な
ん
だ
か
胸
も
ド
ク
ド
ク
い
っ
て
・
・
・
何
か
が
溜
ま
っ
て
・
・
  
て
 °
  
あ
ぁ
・
・
・
お
母
さ
ん
っ
て
い
い
な
ぁ
・
・
・
心
が
ぽ
か
ぽ
か
し
  
 
  
 
  
よ
か
っ
た
・
・
・
大
丈
夫
み
た
い
 °
  
 
  
 
・
・
・
っ
ぐ
す
・
・
・
・
・
う
 
う
ん
・
・
・
 
  
 
  
 
優
く
ん
 
寒
く
な
い
?
大
丈
夫
?
 
  
 
  
大
変
・
・
・
温
め
て
あ
げ
な
い
と
!
!











   

  
と
い
う
か
 
な
ん
だ
か
胸
が
張
っ
て
・
・
・
こ
れ
っ
て
 
母
乳
が
  
よ
く
見
る
と
 
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
気
が
す
る
 °
  
 
  
∧
・
・
・
お
っ
ぱ
い
 
大
き
く
な
っ
た
?
∨
  
 
  
上
半
身
裸
に
な
っ
て
も
変
わ
り
な
・
・
・
あ
れ
?
  
姿
見
に
映
っ
た
私
 °
い
つ
も
と
変
わ
り
な
い
 °
  
 
  
 
・
・
・
っ
し
ょ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
・
  
優
く
ん
の
事
を
思
う
だ
け
で
お
っ
ぱ
い
が
張
っ
て
く
る
感
じ
・
・
  
な
ん
だ
ろ
う
 
こ
の
感
じ
 °
  
 
  
し
て
て
く
れ
る
?
 
  
 
う
ん
・
・
・
優
く
ん
 
ち
ょ
っ
と
マ
マ
の
ベ
ッ
ド
で
良
い
子
に
  
 
  
 
お
っ
ぱ
い
っ
て
・
・
・
マ
マ
の
?
 











   

  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 
お
薬
を
受
け
取
り
に
来
ま
し
た
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
朱
音
|
?
居
な
い
の
|
?
 
  
 
  
|
|
|
|
コ
ン
コ
ン
コ
ン
ッ
  
 
  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
  
 
  
 
  
 
  
∧
・
・
・
ま
ぁ
 
優
く
ん
以
外
に
は
あ
げ
な
い
け
ど
 °
  
 
  
も
し
そ
う
だ
と
し
た
ら
 
と
っ
て
も
あ
り
が
た
い
事
だ
し
  
あ
の
噂
は
本
当
だ
っ
た
と
い
う
こ
と
だ
ろ
う
か
 °
  
 
  
∧
母
性
に
目
覚
め
た
か
ら
・
・
・
か
し
ら
 °
  
 
  
溜
ま
っ
て
る
?




















   

  
 
  
 
・
・
・
僕
も
行
っ
ち
ゃ
ダ
メ
な
の
?
 
  
 
  
も
り
は
な
い
け
ど
・
・
・
  
何
か
が
腑
に
落
ち
な
い
の
だ
ろ
う
 °
別
に
変
な
こ
と
を
言
っ
た
つ
  
 
  
 
え
っ
?
あ
 
う
 
ん
?
 
  
 
  
対
に
!
!
出
な
い
で
ね
?
 
  
け
な
い
の
 °
す
ぐ
戻
っ
て
く
る
か
ら
 
こ
の
部
屋
を
絶
対
に
 
  
 
ね
ぇ
 
優
く
ん
 °
マ
マ
ね
?
お
客
さ
ん
の
相
手
を
し
な
い
と
い
  
 
  
 
  
私
は
服
を
着
る
と
 
優
く
ん
の
元
へ
と
近
づ
い
た
 °
  
 
  
 
あ
 
は
い
は
い
!
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
て
!
 
  
 
  
沙
紀
と
由
利
 °
私
の
幼
馴
染
み
で
親
友
 °
  
家
の
玄
関
の
方
か
ら
よ
く
知
っ
た
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
 

























   

  
 
朱
音
ち
ゃ
|
ん
・
・
・
返
事
は
あ
っ
た
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
 
ね
ぇ
|
!
朱
音
|
?
居
な
い
の
|
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
う
 
う
|
ん
・
・
・
 
  
 
  
と
優
く
ん
の
仲
に
茶
々
を
入
れ
る
こ
と
だ
も
の
 °
 
  
 
さ
れ
る
わ
 °
絶
対
 °
ま
ず
優
く
ん
の
姿
が
見
ら
れ
る
こ
と
が
私
  
 
  
 
イ
タ
ズ
ラ
・
・
・
さ
れ
る
か
な
ぁ
 
  
 
  
入
っ
て
く
る
必
要
が
無
い
 °
  
優
く
ん
は
私
に
だ
け
甘
え
て
い
れ
ば
い
い
の
だ
か
ら
 
他
の
女
が
  
そ
ん
な
の
は
絶
対
に
許
せ
な
い
 °
許
さ
な
い
 °
  
 
  
な
ん
か
し
た
ら
す
ぐ
イ
タ
ズ
ラ
さ
れ
ち
ゃ
う
わ
 °
 
  
 
ダ
メ
よ
 °
優
く
ん
は
可
愛
す
ぎ
る
か
ら
 
他
の
女
に
見
せ
た
り

   

  
 
  
 
う
ん
 °
お
願
い
 °
 
  
 
  
 
む
ぅ
・
・
・
お
願
い
?
優
く
ん
の
お
願
い
な
の
?
 
  
 
  
 
ね
っ
?
い
い
で
し
ょ
?
僕
大
人
し
く
し
て
る
か
ら
 °
お
願
い
 °
 
  
 
  
ち
ょ
っ
と
・
・
・
い
や
 
か
な
り
ム
カ
つ
く
 °
  
・
・
・
優
く
ん
の
頭
の
中
に
他
の
女
が
 °
  
 
  
お
話
に
出
て
く
る
人
で
し
ょ
?
 
  
 
や
っ
ぱ
り
・
・
・
僕
も
行
く
 °
マ
マ
の
お
友
達
っ
て
 
マ
マ
の
  
 
  
 
え
っ
?
あ
あ
・
・
・
な
ぁ
に
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
マ
マ
 °
 
  
 
  
 
  
う
る
さ
い
・
・
・
私
は
今
優
く
ん
と
話
し
て
る
の
に
・
・
・
!
!
  
 

























   

  
部
屋
の
奥
か
ら
足
音
が
聞
え
る
 °
  
 
  
受
け
取
り
に
来
た
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 
急
に
ご
め
ん
ね
?
お
薬
 
出
来
上
が
っ
た
な
ら
  
 
  
 
朱
音
っ
・
・
・
っ
て
 
居
た
居
た
 °
や
っ
と
来
た
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
塞
い
で
お
い
て
 °
そ
れ
な
ら
い
い
わ
 °
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
・
・
・
マ
マ
が
声
を
か
け
る
時
以
外
は
目
と
耳
を
  
 
  
じ
ゃ
あ
 
仕
方
無
い
か
 °
  
お
願
い
か
ぁ
・
・
・
お
願
い
・
・
・
優
く
ん
の
 °







   

  
朱
音
が
妊
娠
し
た
と
い
う
話
は
聞
い
た
こ
と
が
無
い
 °
  
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 
子
守
り
で
も
頼
ま
れ
た
の
?
 
  
 
  
を
向
け
て
い
る
 °
  
2
歳
か
3
歳
ぐ
ら
い
だ
ろ
う
か
?
小
さ
く
丸
ま
っ
て
こ
ち
ら
に
背
  
か
も
知
れ
な
い
が
 
そ
れ
に
し
て
も
小
さ
い
 °
  
か
な
り
小
柄
な
子
ど
も
 °
朱
音
の
背
が
高
い
か
ら
そ
う
見
え
る
の
  
腕
に
小
さ
な
子
ど
も
を
抱
い
て
 °
  
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
朱
音
 °
そ
の
子
は
一
体
・
・
・
 
  
 
  
 
  
や
っ
て
来
た
 °
  
予
想
通
り
朱
音
は
研
究
室
の
扉
を
開
け
て
 
玄
関
前
の
廊
下
へ
と
  
 
  
 
聞
こ
え
て
る
わ
よ
・
・
・
沙
紀
 
由
利
 °
い
ら
っ
し
ゃ
い
 °
 
  
 
  
し
 
お
そ
ら
く
そ
こ
か
ら
出
て
く
る
の
だ
ろ
う
 °
  
前
に
こ
の
家
を
訪
れ
た
時
 
あ
そ
こ
が
研
究
室
だ
と
言
っ
て
い
た

   

  
 
な
に
言
っ
て
る
の
 °
息
子
よ
息
子
 °
私
の
 
私
だ
け
の
息
子
 °
  
 
  
 
・
・
・
養
子
?
 
  
 
  
 
  
・
  
だ
が
 
今
朱
音
は
 
息
子
 
と
言
っ
た
 °
考
え
ら
れ
る
の
は
・
・
  
妊
娠
は
し
て
い
な
い
 °
こ
れ
は
確
実
だ
 °
  
ま
る
で
意
味
が
分
か
ら
な
い
 °
  
 
  
 
む
 
息
子
っ
!
?
え
 
な
に
!
?
ど
う
い
う
こ
と
!
?
 
  
 
  
 
は
ぁ
ぁ
!
?
 
  
 
  
・
・
・
優
太
よ
 °
 
  
 
子
守
り
?
違
う
わ
 °
こ
の
子
は
私
の
か
わ
い
い
か
わ
い
い
息
子
  
 
  
 
  
る
の
だ
 °
妊
娠
し
て
分
か
ら
な
い
は
ず
が
無
い
が
・
・
・
  
と
い
う
か
 
ほ
ぼ
毎
日
と
言
っ
て
い
い
ぐ
ら
い
顔
を
合
わ
せ
て
い

   

  
そ
の
瞬
間
  
由
利
が
心
配
し
た
の
か
 
少
し
大
き
な
声
を
出
す
 °
  
 
  
 
な
に
言
っ
て
る
の
!
?
い
い
わ
け
な
い
じ
ゃ
・
・
・
 
  
 
  
は
私
の
息
子
 °
そ
れ
だ
け
の
こ
と
よ
 °
 
  
 
ま
あ
い
い
じ
ゃ
な
い
 
そ
う
い
う
話
は
 °
と
に
か
く
 
こ
の
子
  
 
  
 
  
 
  
可
能
性
が
あ
る
か
も
知
れ
な
い
・
・
・
  
も
し
か
し
た
ら
私
達
の
知
ら
な
い
間
に
妊
娠
し
て
い
て
 
と
い
う
  
手
っ
取
り
早
く
話
の
核
心
を
つ
く
 °
  
 
  
 
あ
な
た
・
・
・
妊
娠
し
て
た
の
?
 
  
 
  
ど
う
や
ら
本
当
の
話
ら
し
い
 °
  
彼
女
の
腕
に
抱
か
れ
る
少
年
が
 
ゆ
っ
く
り
と
頭
を
動
か
す
 °
  
 
  
ね
|
 
優
く
ん
♪
 


















   

  
一
転
 
柔
ら
か
い
笑
顔
で
腕
の
中
の
 
私
の
息
子
 
と
言
い
張
る
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 
自
己
紹
介
し
て
あ
げ
て
?
 
  
 
  
し
て
く
れ
た
の
か
  
そ
れ
の
意
味
す
る
こ
と
が
分
か
ら
な
い
が
 
渋
々
な
が
ら
も
了
承
  
し
た
顔
に
な
る
 °
  
由
利
が
努
め
て
優
し
く
言
葉
に
出
す
も
 
な
ぜ
か
朱
音
は
ム
ッ
と
  
 
  
め
て
 
優
太
君
・
・
・
だ
っ
け
?
紹
介
し
て
貰
え
る
?
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 
あ
な
た
・
・
・
・
・
ま
あ
い
い
わ
 °
じ
ゃ
あ
せ
  
 
  
 
  
 
  
て
い
た
 °
  
二
人
は
厳
し
い
言
葉
に
怒
る
よ
り
も
 
驚
き
の
方
を
大
き
く
感
じ
  
冷
徹
に
発
せ
ら
れ
る
朱
音
の
声
 °
  
 
  
 
・
・
・
う
る
さ
い
 °
 
  
 

























   

  
何
よ
り
可
愛
い
も
の
を
愛
で
た
い
と
思
う
気
持
ち
が
勝
っ
て
い
た
 °
  
朱
音
は
こ
の
少
年
の
出
生
を
聞
か
れ
た
く
な
い
み
た
い
だ
っ
た
し
 
  
 
  
 
優
太
君
ね
 °
え
っ
と
 
優
太
君
は
い
く
つ
か
な
?
 
  
 
  
 
は
|
い
 °
初
め
ま
し
て
|
 °
 
  
 
  
中
で
呟
い
て
い
た
 °
  
い
も
の
で
 
二
人
も
優
太
の
仕
草
を
見
て
 
か
わ
い
い
 
と
心
の
  
こ
の
子
も
そ
う
だ
が
 
こ
の
ぐ
ら
い
の
少
年
は
誰
も
が
可
愛
ら
し
  
 
  
音
 °
  
そ
れ
を
 
よ
く
出
来
た
ね
|
♪
 
と
迎
え
入
れ
 
頭
を
撫
で
る
朱
  
自
己
紹
介
が
終
わ
る
と
サ
ッ
と
背
を
向
け
る
 °
  
恥
ず
か
し
い
の
か
 
二
人
の
方
を
首
だ
け
振
り
向
い
て
見
つ
め
 
  
 
  
 
・
・
・
お
 
小
山
 
優
太
で
す
 °
初
め
ま
し
て
 °
 
  
 
  
 
  
少
年
に
声
を
か
け
た
 °

















   

  
 
  
 
  
そ
う
い
う
姿
を
見
て
い
る
と
 
自
然
と
・
・
・
  
い
様
子
が
良
い
 °
  
な
に
よ
り
母
親
と
慕
う
朱
音
に
し
が
み
つ
い
て
離
れ
よ
う
と
し
な
  
 
  
 
ね
ぇ
 °
4
歳
に
し
て
は
 
ち
ょ
っ
と
可
愛
ら
し
い
か
な
 °
 
  
 
  
 
あ
ら
 
意
外
と
 °
 
  
 
  
ニ
プ
ニ
し
て
い
そ
う
な
肉
感
を
し
て
い
た
 °
  
そ
の
指
は
ど
れ
も
短
く
 
手
の
平
も
小
さ
い
も
の
で
 
触
る
と
プ
  
親
指
だ
け
を
折
り
曲
げ
た
左
手
が
 
恐
る
恐
る
伸
び
て
く
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
4
歳
 °
 
  
 
  
 
  
 
ほ
ら
 
優
く
ん
 °
お
い
く
つ
で
す
か
?
っ
て
 °
 
  
 
  
二
人
は
中
腰
に
な
っ
て
目
線
を
合
わ
せ
 
少
年
の
反
応
を
待
つ
 °

   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
そ
う
よ
 °
ち
ょ
っ
と
だ
け
・
・
・
 
  
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
・
・
・
ど
う
し
た
の
?
怖
い
よ
?
 
  
 
  
に
も
ギ
ャ
ッ
プ
が
あ
り
す
ぎ
て
 
驚
き
が
隠
せ
な
い
 °
  
そ
れ
は
今
ま
で
の
朱
音
を
知
っ
て
い
る
二
人
に
と
っ
て
は
あ
ま
り
  
ま
た
も
冷
徹
な
言
葉
が
朱
音
の
口
か
ら
出
て
く
る
 °
  
 
  
 
ダ
メ
 °
絶
対
に
 °
絶
対
に
ダ
メ
よ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
そ
う
ね
 °
優
太
君
が
嫌
な
ら
仕
方
無
い
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
れ
な
い
?
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
朱
音
 °
私
達
に
も
優
太
君
を
抱
っ
こ
さ
せ
て
く

   

  
由
利
が
鎌
を
か
け
る
と
 
見
事
に
朱
音
が
反
応
を
示
す
 °
  
 
  
な
さ
い
っ
!
!
!
 
  
 
 
優
く
ん
 
っ
て
呼
ん
で
い
い
の
は
私
だ
け
よ
っ
!
!
!
や
め
  
 
  
 
・
・
・
優
太
君
・
・
・
 
優
く
ん
 
は
 
  
 
  
 
  
目
は
一
気
に
真
面
目
に
な
る
 °
  
つ
ま
り
そ
れ
は
ま
だ
警
戒
を
し
て
い
る
と
い
う
こ
と
で
 
二
人
の
  
鳴
り
声
を
聞
か
せ
な
い
よ
う
に
配
慮
し
て
い
る
 °
  
朱
音
は
少
年
の
頭
を
き
つ
く
抱
き
し
め
て
お
り
 
彼
に
自
分
の
怒
  
た
だ
事
で
は
な
い
と
考
え
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
そ
れ
が
朱
音
の
口
か
ら
発
せ
ら
れ
た
と
気
が
つ
い
た
時
 
二
人
は
  
肩
が
ビ
ク
ッ
と
震
え
る
と
共
に
 
背
中
に
嫌
な
汗
が
流
れ
る
 °
  
か
な
か
っ
た
 °
  
一
瞬
 
そ
れ
が
ど
こ
か
ら
発
せ
ら
れ
た
も
の
な
の
か
 
判
断
が
つ
  
突
然
の
怒
号
 °
  
 
  
 
触
る
な
っ
!
!
!
!
 
















   

  
そ
こ
 
に
探
る
べ
き
原
因
は
無
い
と
い
う
こ
と
が
分
か
る
 °
  
声
音
は
い
つ
も
の
朱
音
の
も
の
で
 
拍
子
抜
け
す
る
と
共
に
 
 
  
が
見
受
け
ら
れ
る
 °
  
少
年
を
抱
き
し
め
て
い
た
腕
も
緩
め
ら
れ
 
警
戒
を
解
い
た
こ
と
  
先
程
と
は
打
っ
て
変
わ
っ
て
あ
っ
さ
り
と
し
た
反
応
 °
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
あ
の
客
間
で
待
っ
て
て
 °
す
ぐ
準
備
す
る
か
ら
 °
 
  
 
  
 
え
え
 °
 
  
 
  
 
え
 
い
い
け
ど
・
・
・
お
茶
で
い
い
?
 
  
 
  
優
太
の
話
題
を
避
け
 
な
お
か
つ
家
の
中
へ
と
探
り
を
入
れ
た
 °
  
今
度
は
沙
紀
が
機
転
を
利
か
す
 °
  
 
  
ら
 
家
の
中
に
入
っ
て
も
良
い
?
 
  
 
あ
|
・
・
・
そ
う
だ
 °
朱
音
 
も
う
そ
の
子
に
は
触
れ
な
い
か
  
 
  
と
判
断
し
た
 °
  
二
人
の
考
え
は
確
信
に
変
わ
り
 
そ
の
原
因
を
探
る
必
要
が
あ
る

   

  
 
  
 
  
二
人
は
心
の
中
で
声
を
合
わ
せ
て
 
当
た
り
だ
 
と
呟
い
た
 °
  
朱
音
の
眉
が
ピ
ク
ッ
と
動
く
 °
  
 
  
 
  
悪
い
け
ど
研
究
室
に
入
っ
て
も
良
い
?
 
  
 
い
や
 
お
薬
を
受
け
取
っ
て
か
ら
で
い
い
わ
 °
朱
音
ち
ゃ
ん
 
  
 
  
て
・
・
・
ま
ぁ
 
そ
れ
も
含
め
て
向
こ
う
の
部
屋
で
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
そ
の
話
は
謝
ら
な
い
と
い
け
な
い
こ
と
が
あ
っ
  
 
  
な
ら
な
い
 °
  
だ
が
 
そ
れ
で
も
な
お
朱
音
の
表
情
は
先
程
の
よ
う
に
険
し
く
は
  
由
利
が
探
り
を
入
れ
る
番
 °
  
 
  
り
た
い
ん
だ
け
ど
?
 
  
 
あ
っ
 
い
や
・
・
・
そ
の
前
に
 
頼
ん
で
い
た
お
薬
を
受
け
取
  
 
  
 

























   

  
色
を
し
た
薬
品
が
立
ち
並
ぶ
 °
  
奇
妙
な
形
を
し
た
容
器
が
並
び
 
棚
の
中
に
は
こ
れ
ま
た
奇
抜
な
  
初
め
て
入
る
彼
女
の
研
究
室
 °
ゴ
チ
ャ
ゴ
チ
ャ
し
た
机
の
上
に
は
  
部
屋
に
入
る
な
り
 
朱
音
が
説
明
を
始
め
る
 °
  
 
  
し
ま
っ
た
の
 °
謝
り
た
い
っ
て
い
う
の
は
そ
の
こ
と
で
・
・
・
 
  
 
・
・
・
ご
め
ん
な
さ
い
 °
こ
の
通
り
 
薬
を
ひ
っ
く
り
返
し
て
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
彼
女
の
背
中
を
追
っ
た
 °
  
二
人
は
一
度
お
互
い
の
目
を
合
わ
せ
る
と
同
時
に
一
つ
頷
い
て
 
  
少
し
声
の
ト
|
ン
を
落
と
し
た
朱
音
が
背
中
を
見
せ
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
い
い
わ
 °
上
が
っ
て
 °
 












   

  
 
  
く
動
き
回
っ
て
部
屋
の
中
を
よ
く
観
察
し
た
 °
  
由
利
は
物
事
の
状
況
を
一
つ
一
つ
考
え
な
が
ら
 
沙
紀
は
と
に
か
  
審
な
点
は
無
い
か
探
し
ま
わ
る
 °
  
朱
音
の
話
は
二
の
次
に
し
て
 
二
人
は
部
屋
の
隅
々
ま
で
他
に
不
  
 
  
は
誰
だ
っ
て
あ
る
か
ら
 °
 
  
 
い
い
の
よ
朱
音
ち
ゃ
ん
 °
私
の
方
か
ら
言
っ
て
お
く
わ
 °
失
敗
  
 
  
 
え
え
 °
ご
め
ん
な
さ
い
 °
 
  
 
  
く
な
っ
た
と
 °
 
  
 
な
る
ほ
ど
ね
・
・
・
そ
れ
で
 
頼
ま
れ
て
た
こ
と
が
果
た
せ
な
  
 
  
 
  
ら
の
液
体
が
見
え
る
 °
一
際
大
き
い
容
器
の
底
は
・
・
・
緑
色
か
 °
  
容
器
の
底
に
は
微
か
に
赤
っ
ぽ
い
色
や
ら
オ
レ
ン
ジ
っ
ぽ
い
色
や
  
薬
品
が
入
っ
て
い
た
ら
し
い
容
器
だ
ろ
う
 °
  
こ
の
部
屋
に
お
け
る
不
思
議
な
点
と
言
え
ば
 
や
は
り
机
の
上
の
  
 

























   

  
 
・
・
・
い
つ
?
 
  
 
  
 
え
 
え
え
・
・
・
 
  
 
  
た
わ
よ
ね
?
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 
さ
っ
き
 
薬
を
ひ
っ
く
り
返
し
た
 
っ
て
言
っ
  
 
  
と
 
由
利
が
一
つ
腑
に
落
ち
な
い
点
を
見
つ
け
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 °
 
  
 
  
 
  
・
 
  
 
由
利
も
 °
ほ
ら
 
客
間
に
行
き
ま
し
ょ
う
?
話
は
そ
こ
で
・
・
  
 
  
 
あ
あ
 
ご
め
ん
ご
め
|
ん
 °
 
  
 
  
回
ら
な
い
で
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
沙
紀
 °
危
な
い
薬
品
も
あ
る
か
ら
 
あ
ま
り
動
き
  
 

























   

  
 
  
 
な
る
ほ
ど
ね
 °
 
  
 
  
 
も
ち
ろ
ん
雑
巾
で
拭
い
た
わ
 °
 
  
 
  
見
た
と
こ
ろ
 
液
体
み
た
い
だ
け
ど
 °
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
そ
の
ひ
っ
く
り
返
し
た
薬
は
ど
う
し
た
の
?
  
 
  
 
  
朱
音
も
沙
紀
も
な
に
が
言
い
た
い
の
か
分
か
ら
ず
 
眉
を
寄
せ
る
 °
  
由
利
は
再
び
何
か
を
考
え
る
仕
草
を
す
る
 °
  
 
  
 
そ
う
 
私
達
が
来
る
ほ
ん
の
少
し
前
・
・
・
 
  
 
  
だ
が
 
由
利
の
追
及
は
止
ま
ら
な
い
 °
  
音
 °
  
な
に
を
つ
ま
ら
な
い
こ
と
を
聞
く
の
か
と
 
怪
訝
な
顔
を
す
る
朱
  
 
  
 
さ
っ
き
よ
 °
あ
な
た
達
が
来
る
ほ
ん
の
少
し
前
 °
 
  
 

























   

  
 
  
 
全
部
?
 
  
 
  
 
す
 
捨
て
た
わ
 °
 
  
 
  
 
  
っ
た
と
い
う
顔
で
返
答
を
考
え
始
め
た
 °
  
し
か
し
 
朱
音
は
由
利
の
言
い
た
い
事
を
理
解
し
た
の
か
 
し
ま
  
沙
紀
は
未
だ
に
気
づ
か
な
い
 °
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
あ
っ
!
!
 
  
 
  
量
だ
っ
た
ら
 
1
枚
や
2
枚
じ
ゃ
済
ま
な
い
わ
よ
ね
?
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
そ
の
雑
巾
は
ど
こ
に
あ
る
の
?
こ
れ
だ
け
の
  
 
  
 
  
 
  
う
 °
  
そ
こ
ま
で
言
う
と
 
由
利
も
ス
ッ
と
眉
を
寄
せ
て
朱
音
と
向
き
合
  
 

























   

  
そ
し
て
  
 
  
そ
こ
ま
で
言
っ
て
 
由
利
は
一
つ
息
を
吐
く
 °
  
 
  
 
そ
う
な
の
 °
ゴ
ミ
捨
て
場
に
・
・
・
 
  
 
  
そ
う
い
う
場
所
を
作
っ
て
る
も
の
な
の
よ
 °
 
  
 
・
・
・
家
の
中
の
ゴ
ミ
捨
て
場
よ
 °
薬
品
を
扱
う
人
は
 
大
体
  
 
  
 
そ
う
 
全
部
捨
て
た
の
ね
 °
そ
れ
は
・
・
・
ど
こ
に
か
し
ら
?
 
  
 
  
 
  
し
か
し
 
こ
の
時
点
で
朱
音
は
一
つ
重
大
な
ミ
ス
を
犯
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
そ
の
雑
巾
を
処
理
し
た
と
考
え
る
の
が
一
番
妥
当
で
あ
る
 °
  
だ
が
薬
は
無
く
な
っ
て
い
る
 °
と
な
れ
ば
 
き
ち
ん
と
拭
い
た
後
 
  
確
か
に
部
屋
の
中
に
雑
巾
は
無
い
 °
  
 
  
 
え
え
 
全
部
 °
 


















   

  
 
  
 
  
 
  
朱
音
も
つ
い
に
気
が
つ
い
た
の
か
 °
悔
し
そ
う
に
歯
噛
み
し
た
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
・
・
あ
っ
 
  
 
  
 
そ
う
 °
で
 
そ
の
雑
巾
を
ゴ
ミ
捨
て
場
に
捨
て
た
と
 °
 
  
 
  
る
途
中
に
あ
な
た
達
の
声
が
聞
こ
え
て
・
・
・
 
  
 
そ
 
そ
れ
は
・
・
・
と
っ
て
も
急
い
だ
の
よ
 °
ほ
ら
 
拭
い
て
  
 
  
 
  
朱
音
の
話
の
矛
盾
を
突
き
と
め
た
 °
  
 
  
を
ひ
っ
く
り
返
し
た
 
っ
て
言
っ
た
わ
よ
?
そ
ん
な
時
間
あ
る
の
?
 
  
 
で
も
・
・
・
今
あ
な
た
 
 
私
達
が
来
る
ほ
ん
の
少
し
前
に
薬
  
 
  
 

























   

  
 
  
の
秘
密
に
し
て
お
く
か
ら
 
正
直
に
話
し
て
ち
ょ
う
だ
い
?
 
  
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 °
嘘
は
良
く
な
い
わ
 °
こ
こ
で
あ
っ
た
事
は
私
達
  
 
  
が
あ
る
と
決
心
し
た
 °
  
だ
事
で
は
な
い
と
理
解
す
る
と
共
に
 
何
と
か
し
て
助
け
る
必
要
  
こ
こ
に
来
て
初
め
て
敵
意
を
丸
出
し
に
し
た
視
線
に
 
二
人
は
た
  
朱
音
の
目
が
鋭
く
な
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
何
が
言
い
た
い
の
 °
 
  
 
  
動
い
て
い
た
が
 
や
が
て
諦
め
た
よ
う
に
静
か
に
な
っ
た
 °
  
が
起
こ
っ
て
い
る
の
か
分
か
ら
な
い
様
子
で
し
ば
ら
く
モ
ゾ
モ
ゾ
  
朱
音
は
ま
た
少
年
を
き
つ
く
抱
き
し
め
る
 °
少
年
の
方
は
一
体
何
  
も
な
い
疑
い
の
目
で
朱
音
の
方
を
向
い
た
 °
  
沙
紀
も
そ
の
言
葉
で
や
っ
と
納
得
が
い
っ
た
の
か
 
今
度
は
紛
れ
  
 
  
捨
て
に
行
っ
た
の
?
 
  
が
玄
関
ま
で
来
る
の
見
て
た
 
ん
で
す
も
の
 °
一
体
い
つ
雑
巾
を
  
 
そ
う
よ
ね
ぇ
 °
お
か
し
い
わ
よ
ね
?
だ
っ
て
 
私
達
 
あ
な
た

   

  
ら
出
て
 °
 
  
 
こ
こ
は
・
・
・
な
ん
で
も
な
い
わ
 °
ほ
ら
 
早
く
こ
の
部
屋
か
  
 
  
う
に
朱
音
が
立
ち
塞
が
っ
て
い
る
 °
  
質
素
な
白
い
扉
は
固
く
閉
じ
ら
れ
 
そ
の
前
を
通
せ
ん
ぼ
す
る
よ
  
と
 
由
利
が
朱
音
の
後
ろ
に
あ
る
扉
に
気
が
つ
い
た
 °
  
 
  
は
?
 
  
 
そ
う
い
う
わ
け
に
は
・
・
・
っ
て
 
朱
音
ち
ゃ
ん
 °
そ
こ
の
扉
  
 
  
 
  
明
ら
か
に
ど
こ
か
お
か
し
く
 
あ
ま
り
に
排
他
的
過
ぎ
る
 °
  
だ
が
 
こ
こ
で
引
き
下
が
る
わ
け
に
も
い
か
な
い
 °
今
の
彼
女
は
  
強
引
に
話
を
切
る
朱
音
 °
  
 
  
話
は
お
し
ま
い
 °
 
  
 
あ
な
た
達
に
は
関
係
な
い
わ
 °
さ
 
も
う
い
い
で
し
ょ
?
こ
の
  
 
  
 
  
 
そ
う
よ
!
私
達
 
親
友
で
し
ょ
?
相
談
な
ら
な
ん
で
も
・
・
・
 

   

  
 
  
が
許
さ
れ
る
の
は
私
と
こ
の
子
だ
け
な
の
 °
 
  
 
・
・
・
沙
紀
 °
離
れ
て
ち
ょ
う
だ
い
 °
こ
の
部
屋
に
入
る
こ
と
  
 
  
来
て
  
沙
紀
の
動
き
が
止
ま
っ
た
や
否
や
 
朱
音
は
ツ
カ
ツ
カ
と
歩
い
て
  
こ
れ
ま
で
で
一
番
の
怒
声
に
 
二
人
は
思
わ
ず
怯
ん
で
し
ま
う
 °
  
 
  
 
 
っ
!
!
!
 
 
  
 
  
 
や
め
ろ
お
お
お
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
!
!
!
!
!
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
の
か
 
扉
の
ド
ア
ノ
ブ
に
手
を
か
け
よ
う
と
  
由
利
が
沙
紀
に
目
配
せ
を
す
る
と
 
沙
紀
も
そ
の
意
味
を
察
し
た
  
明
ら
か
に
朱
音
が
反
応
を
示
す
 °
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
二
人
の
呼
び
か
け
に
も
ま
る
で
応
じ
よ
う
と
は
し
な
か
っ
た
 °
  
そ
れ
以
降
 
朱
音
は
そ
の
扉
の
前
を
頑
と
し
て
動
こ
う
と
せ
ず
 
  
 
  
応
友
達
だ
と
思
っ
て
る
か
ら
 °
 
  
 
い
い
か
ら
離
れ
て
 °
私
は
・
・
・
ま
だ
あ
な
た
達
の
こ
と
を
一
  
 
  
た
の
!
?
 
  
 
で
 
で
も
・
・
・
お
か
し
い
よ
っ
 
朱
音
!
!
ど
う
し
ち
ゃ
っ

  > ≫