ね
ぇ
 
由
利
 °
由
利
っ
て
ば
!
 
  
 
  
一
気
に
増
え
た
多
く
の
謎
の
共
通
点
を
探
す
 °
  
 
  
も
ら
え
な
い
研
究
室
の
奥
の
部
屋
 °
  
無
く
な
っ
た
薬
 °
朱
音
に
し
て
は
下
手
な
嘘
 °
そ
し
て
 
入
れ
て
  
な
い
 °
  
い
き
な
り
息
子
と
言
い
張
る
少
年
が
登
場
 °
触
る
こ
と
も
許
さ
れ
  
 
  
考
え
て
い
た
 °
  
朱
音
の
家
を
後
に
し
た
二
人
は
 
揃
っ
て
今
日
の
彼
女
に
つ
い
て
  
 
  
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
・
 
  
 
・
・
・
ね
ぇ
 
由
利
 °
い
っ
た
い
ど
う
い
う
こ
と
か
な
ぁ
・
・
  
  
せ
い
 
作
  
化
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
3
















≪ <  

  
 
  
進
め
て
い
く
 °
  
数
秒
お
き
に
聞
こ
え
る
沙
紀
の
溜
息
を
聞
き
流
し
な
が
ら
思
考
を
  
今
回
の
よ
う
に
深
く
考
え
る
の
が
得
意
だ
 °
  
沙
紀
と
は
対
照
的
に
 
由
利
は
昔
か
ら
思
慮
深
い
人
間
で
あ
り
 
  
 
  
か
の
原
因
が
あ
っ
て
 
息
子
に
・
・
・
∨
  
拠
が
無
い
も
の
 °
ま
だ
確
証
は
無
い
け
ど
・
・
・
お
そ
ら
く
何
ら
  
∧
優
太
君
が
息
子
・
・
・
な
の
は
間
違
い
な
さ
そ
う
ね
 °
疑
う
証
  
 
  
 
  
一
つ
口
か
ら
洩
れ
た
 °
  
由
利
の
一
喝
に
静
か
に
な
っ
た
沙
紀
だ
が
 
代
わ
り
に
溜
め
息
が
  
な
る
 °
  
っ
て
か
由
利
に
多
く
話
し
か
け
る
も
 
か
え
っ
て
そ
れ
が
邪
魔
に
  
昔
か
ら
深
く
考
え
る
こ
と
が
苦
手
な
沙
紀
は
 
逸
る
気
持
ち
も
あ
  
 
  
 
・
・
・
・
・
・
は
ぁ
 °
 
  
 
  
 
ご
め
ん
 
沙
紀
ち
ゃ
ん
 °
ち
ょ
っ
と
静
か
に
し
て
て
 °
 



   

  
 
  
 
ね
 
ね
ぇ
っ
!
!
沙
紀
ち
ゃ
ん
!
!
 
  
 
  
由
利
が
何
か
に
気
が
つ
い
た
 °
  
 
  
 
  
ら
・
・
・
・
・
あ
っ
!
!
∨
  
そ
れ
だ
っ
た
ら
嘘
な
ん
か
つ
か
ず
に
正
直
に
言
う
は
ず
 °
だ
っ
た
  
も
 
ど
こ
に
?
出
来
上
が
っ
た
薬
を
流
し
に
捨
て
る
わ
け
無
い
し
 
  
し
た
っ
て
言
う
か
 
中
身
だ
け
ど
こ
か
に
消
え
た
感
じ
よ
ね
?
で
  
∧
そ
れ
に
 
あ
の
無
く
な
っ
た
薬
・
・
・
あ
れ
っ
て
ひ
っ
く
り
返
  
 
  
 
  
そ
の
結
果
  
 
  
て
て
い
く
 °
  
ま
る
で
大
き
な
山
を
少
し
ず
つ
崩
す
か
の
よ
う
に
順
に
予
想
を
立
  
 
  
で
も
 
今
ま
で
そ
ん
な
様
子
は
無
か
っ
た
 °
  
∧
あ
の
様
子
か
ら
し
て
 
優
太
君
の
事
を
溺
愛
し
て
い
る
・
・
・
?

   

  
私
達
が
頼
ん
だ
薬
 
全
部
飲
ん
で
る
か
も
知
れ
な
い
 °
 
  
 
沙
紀
ち
ゃ
ん
・
・
・
お
そ
ら
く
だ
け
ど
 
朱
音
ち
ゃ
ん
・
・
・
  
 
  
 
な
に
か
分
か
っ
た
の
?
 
  
 
  
 
  
 
  
こ
れ
な
ら
説
明
が
つ
く
 °
と
い
う
か
 
こ
れ
し
か
考
え
ら
れ
な
い
 °
  
由
利
の
中
で
謎
が
繋
が
っ
て
い
く
 °
  
 
  
 
よ
ね
?
で
 
私
の
が
3
つ
で
・
・
・
そ
う
か
っ
!
!
 
  
 
  
 
え
 
え
っ
と
・
・
・
 
惚
れ
薬
 
か
な
?
 
  
 
  
 
沙
紀
ち
ゃ
ん
が
朱
音
ち
ゃ
ん
に
頼
ん
だ
薬
っ
て
な
ん
だ
っ
け
!
?
 
  
 
  
な
こ
と
お
構
い
な
し
に
質
問
を
始
め
た
 °
  
突
然
の
大
声
に
驚
い
た
沙
紀
が
目
を
丸
く
す
る
が
 
由
利
は
そ
ん
  
 
  
 
わ
ぁ
っ
!
び
っ
く
り
し
た
ぁ
・
・
・
な
 
な
に
?
 





   

  
 
  
 
な
る
ほ
ど
・
・
・
 
  
 
  
あ
ん
な
に
優
太
君
の
こ
と
を
溺
愛
し
て
る
の
よ
 °
 
  
は
確
実
に
朱
音
ち
ゃ
ん
が
飲
ん
で
る
 °
そ
れ
で
 
朱
音
ち
ゃ
ん
は
  
 
で
も
 
私
が
今
回
頼
ん
だ
 
母
性
が
湧
い
て
く
る
薬
 
 °
こ
れ
  
 
  
 
う
 
う
ん
・
・
・
 
  
 
  
分
か
ら
な
い
わ
 °
見
た
目
じ
ゃ
判
断
で
き
な
い
 °
 
  
こ
れ
は
朱
音
ち
ゃ
ん
が
飲
ん
だ
の
か
 
優
太
君
が
飲
ん
だ
の
か
は
  
 
・
・
・
ま
ず
 
私
が
前
に
頼
ん
だ
二
つ
の
薬
が
あ
る
ん
だ
け
ど
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
し
か
し
 
由
利
は
対
照
的
に
深
刻
な
顔
を
浮
か
べ
 
説
明
を
始
め
  
到
底
思
い
つ
か
な
い
由
利
の
発
言
に
 
沙
紀
は
大
声
を
出
す
 °
  
 
  
 
え
 
え
ぇ
ぇ
っ
!
?
な
ん
で
よ
っ
!
?
 
  
 

























   

  
そ
れ
は
 
母
性
 
と
い
う
一
言
だ
け
で
は
到
底
解
決
出
来
る
も
の
  
ら
せ
る
こ
と
で
さ
え
許
そ
う
と
し
な
い
 °
  
自
分
以
外
の
人
間
に
少
年
を
抱
か
せ
る
こ
と
を
・
・
・
い
や
 
  
だ
が
 
朱
音
は
違
っ
た
 °
  
 
  
が
出
て
く
る
だ
ろ
う
 °
  
む
し
ろ
他
人
の
腕
に
抱
か
れ
る
我
が
子
を
愛
で
る
ぐ
ら
い
の
器
量
  
ず
が
無
い
 °
  
た
だ
単
に
母
性
が
湧
い
て
い
る
だ
け
な
ら
 
そ
ん
な
こ
と
言
う
は
  
そ
こ
が
納
得
出
来
な
い
 °
  
 
  
・
・
 
  
さ
せ
て
く
れ
な
か
っ
た
の
?
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
触
る
な
 
っ
て
・
  
 
・
・
・
で
も
さ
 
だ
っ
た
ら
な
ん
で
私
達
に
優
太
君
を
抱
っ
こ
  
 
  
し
か
し
  
 
  
薬
の
せ
い
と
考
え
る
と
分
か
り
や
す
か
っ
た
 °
  
あ
の
溺
愛
っ
ぷ
り
は
見
て
い
て
恥
ず
か
し
い
ぐ
ら
い
だ
っ
た
し
 
  
確
か
に
そ
れ
な
ら
納
得
が
い
く
 °













   

  
幸
か
不
幸
か
 °
二
人
が
同
時
に
頼
ん
だ
薬
が
見
事
に
作
用
し
あ
い
 
  
 
  
 
  
 
お
そ
ら
く
ね
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
で
 
あ
ん
な
反
応
を
示
し
た
 
っ
て
こ
と
?
 
  
 
  
回
頼
ん
だ
薬
が
合
わ
さ
っ
て
・
・
・
 
  
の
せ
い
で
優
太
君
に
メ
ロ
メ
ロ
な
の
よ
 °
そ
こ
に
さ
ら
に
私
が
今
  
 
そ
う
 °
お
そ
ら
く
だ
け
ど
 
朱
音
ち
ゃ
ん
は
そ
の
 
惚
れ
薬
 
  
 
  
 
え
っ
 
私
の
?
 
  
 
  
由
利
は
そ
れ
を
論
破
し
て
み
せ
る
 °
  
 
  
せ
い
ね
 °
 
  
 
そ
れ
は
き
っ
と
・
・
・
沙
紀
ち
ゃ
ん
が
頼
ん
だ
 
惚
れ
薬
 
の
  
 
  
 
  
で
は
無
か
っ
た
が



















   

  
薬
を
中
和
す
る
物
が
あ
れ
ば
・
・
・
そ
し
て
そ
れ
を
飲
ん
で
く
れ
  
 
で
も
 
た
ぶ
ん
だ
け
ど
 
朱
音
ち
ゃ
ん
や
優
太
君
が
飲
ん
だ
お
  
 
  
よ
っ
て
 
解
決
策
は
  
ら
声
を
か
け
て
も
無
駄
で
あ
る
 °
  
今
回
の
場
合
 
薬
が
そ
の
原
因
な
の
だ
と
し
た
ら
 
朱
音
に
い
く
  
こ
の
問
題
で
あ
る
 °
  
 
  
 
そ
れ
が
・
・
・
わ
か
ら
な
い
わ
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
ど
う
や
っ
た
ら
元
に
戻
る
の
?
 
  
 
  
 
  
し
か
も
 
厄
介
な
の
が
  
 
  
の
だ
 °
  
そ
れ
ら
が
綿
密
に
重
な
っ
た
せ
い
で
 
朱
音
は
狂
っ
て
し
ま
っ
た
  
と
共
に
重
な
る
の
が
 
好
き
な
相
手
へ
の
異
常
な
ま
で
の
独
占
欲
 °
  
母
親
が
愛
す
る
我
が
子
に
注
ぐ
無
償
の
愛
 °
そ
の
深
い
深
い
愛
情
  
あ
の
病
的
な
ま
で
の
朱
音
の
反
応
を
作
り
だ
し
た
 °






   

  
 
・
・
・
そ
ん
な
の
作
れ
る
の
?
だ
っ
て
 
朱
音
は
天
才
だ
よ
?
  
 
  
そ
し
て
 
一
番
問
題
な
の
が
  
 
  
 
  
を
ほ
ん
の
一
滴
で
も
採
取
す
る
必
要
が
あ
る
か
も
知
れ
な
い
 °
  
こ
れ
を
解
決
す
る
た
め
に
も
 
も
う
一
度
朱
音
の
家
に
行
っ
て
薬
  
近
所
の
医
師
に
頼
む
に
し
て
も
 
ど
ん
な
材
料
か
が
分
か
ら
な
い
 °
  
二
つ
目
に
 
そ
の
薬
の
開
発
は
ど
う
す
る
の
か
と
い
う
問
題
 °
  
 
  
そ
ん
な
彼
女
に
薬
を
服
用
さ
せ
る
こ
と
な
ど
出
来
る
だ
ろ
う
か
 °
  
て
い
る
 °
  
あ
の
様
子
か
ら
し
て
 
今
彼
女
は
か
な
り
周
り
に
神
経
質
に
な
っ
  
問
題
 °
  
ま
ず
一
つ
は
 
朱
音
や
優
太
に
そ
れ
を
ど
う
飲
ま
せ
る
か
と
い
う
  
 
  
し
か
し
 
こ
れ
に
も
問
題
が
山
積
み
で
あ
る
 °
  
こ
れ
し
か
な
か
っ
た
 °
  
 
  
た
ら
 
も
し
か
し
た
ら
元
に
戻
る
か
も
 °
 









   

  
 
う
 
う
ん
・
・
・
 
  
 
  
必
要
が
あ
る
わ
 °
 
  
 
・
・
・
と
に
か
く
 
一
度
帰
り
ま
し
ょ
う
 °
じ
っ
く
り
考
え
る
  
 
  
 
  
 
  
つ
ま
り
 
現
状
で
は
ど
う
に
も
対
抗
で
き
そ
う
に
な
か
っ
た
 °
  
 
  
を
施
し
て
い
る
と
も
考
え
ら
れ
る
 °
  
り
む
し
ろ
 
既
に
彼
女
が
先
回
り
し
て
そ
の
対
抗
に
対
す
る
対
抗
  
付
け
焼
刃
の
薬
で
は
対
抗
で
き
な
い
か
も
し
れ
な
い
 °
と
い
う
よ
  
な
彼
女
が
発
明
し
た
薬
に
誰
が
対
抗
で
き
る
の
か
 °
  
こ
と
化
学
的
な
知
識
に
お
い
て
は
天
才
と
言
え
る
朱
音
だ
 °
そ
ん
  
こ
の
問
題
 °
  
 
  
 
そ
こ
な
の
よ
ね
・
・
・
 
  
 
  
よ
?
 
  
ち
ょ
っ
と
勉
強
を
か
じ
っ
た
ぐ
ら
い
じ
ゃ
対
抗
で
き
そ
う
に
な
い

   

  
の
寝
室
に
入
る
と
 
そ
の
扉
に
鍵
を
か
け
 °
  
研
究
室
に
入
る
と
 
そ
の
研
究
室
の
扉
に
鍵
を
か
け
 
さ
ら
に
奥
  
き
な
い
よ
う
に
す
る
 °
  
そ
の
つ
い
で
に
家
中
の
扉
や
窓
に
鍵
を
か
け
 
誰
も
家
に
侵
入
で
  
玄
関
戸
を
閉
め
た
朱
音
は
 
厳
重
に
鍵
を
か
け
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
や
っ
と
帰
っ
た
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
せ
る
こ
と
と
な
っ
た
 °
  
二
人
は
急
に
訪
れ
た
問
題
か
ら
 
友
人
を
救
う
べ
く
考
え
を
巡
ら
  
 

























   

  
・
こ
れ
で
優
く
ん
を
狙
う
悪
い
虫
は
居
な
く
な
っ
た
か
ら
ね
 °
 
  
 
大
き
い
声
だ
し
て
ご
め
ん
ね
?
う
る
さ
か
っ
た
ね
 °
で
も
・
・
  
 
  
ん
ば
か
り
の
愛
情
が
し
っ
か
り
伝
わ
る
よ
う
に
 °
  
あ
く
ま
で
少
年
が
苦
し
ま
な
い
強
さ
で
 °
そ
れ
で
い
て
こ
の
溢
れ
  
に
お
し
つ
け
る
 °
  
朱
音
は
少
年
の
頭
を
腕
に
抱
く
と
 
ぎ
ゅ
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
・
っ
と
胸
  
 
  
嬉
し
い
な
ぁ
・
・
・
 
  
 
あ
ぁ
・
・
・
優
く
ん
っ
た
ら
 
マ
マ
を
心
配
し
て
く
れ
て
る
の
?
  
 
  
い
だ
け
ど
 °
 
  
 
・
・
・
マ
マ
 
ど
う
し
た
の
?
時
々
大
き
い
声
出
し
て
た
み
た
  
 
  
愛
す
る
我
が
子
に
声
を
か
け
 
目
と
耳
の
自
己
拘
束
の
任
を
解
く
 °
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 
も
う
い
い
わ
よ
?
 
  
 
  
そ
し
て
 
全
て
の
扉
や
窓
に
鍵
を
か
け
終
え
る
と
  
 

























   

  
 
  
 
  
の
時
は
虫
以
下
に
な
る
だ
け
よ
 °
 
  
て
あ
げ
る
か
ら
 °
そ
れ
に
 
虫
が
優
く
ん
を
刺
し
た
ら
・
・
・
そ
  
 
ふ
ふ
っ
・
・
・
大
丈
夫
 °
優
く
ん
は
マ
マ
が
ず
ぅ
|
っ
と
守
っ
  
 
  
 
  
が
ら
  
そ
れ
を
見
た
朱
音
が
 
柔
ら
か
い
笑
み
と
共
に
彼
の
頭
を
撫
で
な
  
想
像
し
て
少
し
怖
く
な
っ
た
の
か
 
眉
尻
を
下
げ
る
優
太
 °
  
 
  
 
そ
ん
な
に
?
じ
ゃ
あ
僕
刺
さ
れ
て
た
か
も
知
れ
な
い
の
?
 
  
 
  
 
え
え
 °
大
き
い
虫
が
2
匹
も
 °
 
  
 
  
 
虫
?
虫
が
居
た
の
?
 
  
 
  
し
 
朱
音
の
目
を
見
上
げ
て
く
る
 °
  
と
 
優
太
が
抱
き
し
め
の
拘
束
か
ら
頭
だ
け
を
出
す
こ
と
に
成
功
  
 

























   

  
 
  
々
と
湧
き
出
る
泉
の
よ
う
に
熱
が
生
み
出
さ
れ
る
 °
  
今
度
の
そ
れ
は
先
程
の
物
よ
り
激
し
く
 
胸
の
奥
か
ら
奥
か
ら
滾
  
へ
と
向
け
て
そ
の
熱
が
動
い
て
い
く
 °
  
胸
の
奥
が
ジ
ュ
ン
ジ
ュ
ン
と
熱
を
持
っ
て
い
き
 
先
っ
ぽ
の
乳
首
  
胸
が
張
る
・
・
・
と
い
う
よ
り
 
乳
が
張
る
 
 °
  
 
  
∧
ん
っ
・
・
・
ま
た
お
っ
ぱ
い
が
・
・
・
∨
  
 
  
 
  
す
る
と
  
 
  
 
  
 
  
て
し
ま
う
 °
  
朱
音
は
そ
れ
が
可
愛
く
て
た
ま
ら
な
い
 °
思
わ
ず
ま
た
抱
き
し
め
  
い
の
か
 
自
分
か
ら
朱
音
の
胸
に
頭
を
潜
ら
せ
て
い
っ
た
 °
  
対
し
て
優
太
は
自
分
を
永
遠
に
守
っ
て
く
れ
る
者
が
現
れ
て
嬉
し
  
 
  
狂
気
じ
み
た
瞳
を
浮
か
べ
る
 °














   

  
 
  
ク
ド
ク
し
な
が
ら
ム
ク
ム
ク
し
て
る
の
 °
 
  
 
う
う
ん
 °
ム
ク
ム
ク
し
て
る
 °
ぽ
か
ぽ
か
も
し
て
る
け
ど
 
  
 
  
だ
が
 
少
年
は
首
を
振
る
 °
  
語
の
は
ず
だ
 °
  
熱
が
伝
わ
っ
て
い
る
の
な
ら
 
ぽ
か
ぽ
か
 
の
方
が
適
切
な
擬
態
  
 
  
 
ム
ク
ム
ク
?
ぽ
か
ぽ
か
じ
ゃ
な
く
て
?
 
  
 
  
 
・
・
・
マ
マ
 
な
ん
だ
か
お
っ
ぱ
い
が
ム
ク
ム
ク
し
て
る
よ
?
 
  
 
  
そ
れ
に
気
が
つ
い
た
の
か
 
優
太
が
顔
を
上
げ
る
 °
  
 
  
 
  
も
の
へ
と
変
化
し
て
い
っ
た
 °
  
ふ
よ
ふ
よ
と
柔
ら
か
い
も
の
か
ら
ム
チ
ム
チ
と
し
た
張
り
の
あ
る
  
彼
女
の
小
さ
な
膨
ら
み
は
 
い
つ
し
か
そ
の
全
体
が
熱
を
持
ち
 
  
る
 °
  
そ
れ
と
同
時
に
 
乳
房
が
パ
ン
パ
ン
に
な
っ
て
い
く
感
覚
が
分
か

   

  
∧
・
・
・
あ
れ
?
ブ
ラ
が
合
っ
て
な
い
・
・
・
・
・
∨
  
 
  
そ
こ
に
は
  
 
  
 
  
下
着
姿
に
な
る
 °
  
朱
音
は
そ
の
隙
に
姿
見
の
前
に
立
ち
 
着
て
い
た
白
衣
を
脱
い
で
  
 
  
た
 °
  
少
し
戸
惑
い
を
見
せ
な
が
ら
も
ベ
ッ
ド
の
上
に
チ
ョ
コ
ン
と
座
っ
  
甘
え
ら
れ
る
存
在
が
居
な
く
な
っ
た
の
が
残
念
な
の
か
 
優
太
は
  
 
  
 
ん
ぇ
?
う
 
う
ん
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 
ち
ょ
っ
と
ご
め
ん
ね
?
 
  
 
  
く
 
一
度
少
年
を
自
分
の
胸
か
ら
離
す
必
要
が
あ
っ
た
 °
  
・
・
・
と
り
あ
え
ず
言
わ
れ
る
が
ま
ま
自
分
の
目
で
確
認
す
る
べ
  
伝
わ
ら
な
い
 °
  
ド
ク
ド
ク
し
な
が
ら
ム
ク
ム
ク
・
・
・
擬
態
語
が
多
す
ぎ
て
良
く

   

  
 
  
ま
で
白
衣
を
着
よ
う
と
  
そ
れ
を
聞
い
て
焦
り
を
覚
え
た
の
か
 
パ
ッ
ド
は
取
り
出
し
た
ま
  
 
  
 
あ
ぁ
っ
 
ご
め
ん
ね
?
 
  
 
  
よ
う
な
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
少
年
の
暇
そ
う
で
寂
し
そ
う
な
 
そ
れ
で
い
て
母
親
を
心
配
す
る
  
 
  
 
・
・
・
マ
マ
ぁ
 °
 
  
 
  
 
  
ど
う
い
う
こ
と
か
と
悩
ん
だ
そ
の
時
  
ま
だ
ほ
ん
の
少
し
だ
が
余
裕
が
足
り
な
い
 °
  
ッ
タ
リ
に
・
・
・
な
ら
な
い
 °
  
良
く
分
か
ら
な
い
ま
ま
 
中
に
あ
っ
た
パ
ッ
ド
を
取
り
出
す
と
ピ
  
|
が
少
し
浮
き
上
が
っ
て
い
た
 °
  
さ
し
か
な
か
っ
た
乳
房
だ
が
 
姿
見
に
映
っ
た
胸
部
は
ブ
ラ
ジ
ャ
  
パ
ッ
ド
を
入
れ
て
ギ
リ
ギ
リ
A
カ
ッ
プ
に
収
ま
る
ぐ
ら
い
の
大
き
  
 

























   

  
い
た
 °
  
ほ
ん
の
少
し
な
が
ら
も
A
カ
ッ
プ
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
押
し
上
げ
て
  
視
線
を
降
ろ
す
と
 
僅
か
な
が
ら
も
先
程
よ
り
隆
起
し
た
乳
房
が
 
  
 
  
∧
今
 
ム
ク
ッ
て
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
・
・
・
よ
ね
?
∨
  
 
  
 
  
の
謎
が
解
け
る
原
因
を
発
見
し
た
 °
  
そ
の
様
子
を
姿
見
で
く
ま
な
く
見
て
い
た
朱
音
は
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
  
 
  
房
 °
  
胸
の
奥
に
湧
き
出
た
熱
 °
続
く
脈
動
 °
そ
し
て
 
さ
ら
に
張
る
乳
  
突
然
胸
を
襲
う
3
つ
の
衝
撃
 °
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ム
ク
ッ
  
 
  
|
|
|
|
ド
ク
ン
ッ
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ジ
ュ
ン
  
 

























   

  
い
優
太
に
愛
情
を
注
ぐ
だ
け
 °
た
っ
た
そ
れ
だ
け
で
乳
が
張
っ
て
  
そ
の
上
 
自
分
が
や
る
こ
と
と
言
え
ば
 
あ
の
か
わ
い
い
か
わ
い
  
に
な
い
 °
  
こ
の
 
世
界
 
に
お
い
て
 
こ
れ
ほ
ど
素
晴
ら
し
い
状
況
な
ど
他
  
 
  
母
乳
も
無
限
に
湧
き
 
乳
房
も
無
限
に
大
き
く
な
る
 °
  
な
に
し
ろ
 
無
限
に
湧
く
母
性
な
の
だ
 °
と
い
う
こ
と
は
つ
ま
り
 
  
そ
う
考
え
る
と
 
良
い
事
ず
く
め
で
あ
る
 °
  
 
  
き
く
な
っ
て
・
・
・
∨
  
 
っ
て
の
は
本
当
な
の
ね
!
そ
し
て
 
そ
れ
に
合
わ
せ
て
胸
も
大
  
∧
っ
て
こ
と
は
・
・
・
や
っ
ぱ
り
 
母
性
が
湧
く
と
母
乳
が
で
る
  
 
  
 
  
一
つ
の
閃
き
を
導
か
せ
る
 °
  
だ
が
 
こ
の
感
情
と
 
目
の
前
で
起
こ
っ
た
現
象
が
朱
音
の
頭
に
  
 
  
す
る
 
か
わ
い
い
 
と
い
う
感
情
の
み
 °
  
時
自
分
に
起
こ
っ
た
こ
と
と
言
え
ば
 
自
分
を
求
め
る
優
太
に
対
  
し
か
も
優
太
が
背
後
か
ら
声
を
か
け
た
直
後
に
 
で
あ
る
 °
あ
の

   

  
 
  
体
は
今
ホ
ル
モ
ン
が
ど
ん
ど
ん
出
て
・
・
・
∨
  
状
態
・
・
・
し
か
も
常
に
な
っ
て
る
っ
て
こ
と
?
じ
ゃ
あ
 
私
の
  
∧
あ
ま
り
に
大
量
に
母
性
が
湧
い
て
出
た
か
ら
 
擬
似
的
に
妊
娠
  
 
  
 
  
こ
こ
か
ら
導
き
出
せ
る
答
え
と
言
え
ば
  
 
  
差
な
い
変
化
が
起
こ
っ
た
 °
  
だ
が
 
自
分
は
妊
娠
し
て
い
な
い
 °
に
も
か
か
わ
ら
ず
そ
れ
と
大
  
が
大
き
く
な
っ
て
・
・
・
と
い
う
順
序
を
踏
む
は
ず
で
あ
る
 °
  
本
来
な
ら
 
妊
娠
を
機
に
脳
内
か
ら
ホ
ル
モ
ン
が
分
泌
さ
れ
て
胸
  
 
  
 
  
 
  
か
し
ら
・
・
・
∨
  
∧
で
も
 
ど
う
し
て
こ
ん
な
に
急
に
ム
ク
ッ
て
大
き
く
な
っ
た
の
  
 
  
 
  
母
乳
が
湧
い
て
出
る
 °
ま
さ
に
願
っ
た
り
叶
っ
た
り
だ
 °




   

  
今
回
開
発
す
る
薬
は
2
つ
 °
  
優
太
を
膝
に
乗
せ
 
新
た
な
薬
の
開
発
を
進
め
る
 °
  
 
  
 
マ
マ
 
ま
た
お
仕
事
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
こ
れ
を
利
用
し
な
い
手
は
無
か
っ
た
 °
  
 
  
∧
こ
れ
は
・
・
・
新
し
い
薬
を
作
る
必
要
が
あ
り
そ
う
ね
 °
  
 
  
そ
し
て
 
そ
う
い
う
事
だ
と
す
る
と
  
こ
れ
し
か
考
え
ら
れ
な
か
っ
た
 °













   

  
か
ま
っ
て
貰
っ
て
嬉
し
い
の
か
 
満
足
し
た
よ
う
に
抱
き
つ
い
て
  
 
  
 
え
へ
っ
 
ご
め
ん
な
さ
|
い
 °
 
  
 
  
そ
れ
を
注
意
し
て
や
る
と
  
と
 
優
太
が
興
味
本
位
に
実
験
用
の
バ
|
ナ
|
に
手
を
伸
ば
す
 °
  
 
  
 
あ
 
こ
ら
こ
ら
優
く
ん
 °
火
傷
し
ち
ゃ
う
わ
よ
?
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
も
う
一
つ
が
・
・
・
  
 
  
優
太
に
授
乳
し
て
あ
げ
よ
う
 °
  
出
て
く
る
母
乳
は
新
鮮
そ
の
も
の
 °
こ
の
薬
を
飲
ん
だ
ら
 
早
速
  
よ
っ
て
 
毎
月
の
測
定
に
も
引
っ
か
か
る
こ
と
は
無
い
 °
  
し
か
も
 
こ
の
薬
が
効
果
を
示
す
の
は
母
乳
そ
の
も
の
で
は
な
い
 °
  
る
 °
  
こ
れ
に
よ
り
 
間
接
的
に
薬
で
母
乳
を
大
量
に
出
す
こ
と
が
出
来
  
胸
部
に
向
け
る
 
も
の
 °
  
一
つ
は
 
分
泌
さ
れ
た
例
の
ホ
ル
モ
ン
の
作
用
す
る
点
を
 
全
て

   

  
 
  
の
液
体
を
 
朱
音
は
躊
躇
い
も
無
く
口
に
運
ん
だ
 °
  
二
つ
の
薬
 °
そ
の
内
右
側
に
あ
る
フ
ラ
ス
コ
に
入
っ
た
ピ
ン
ク
色
  
夕
刻
 
そ
れ
は
完
成
し
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
出
来
た
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
朱
音
は
優
太
の
頭
を
撫
で
な
が
ら
 
そ
の
時
を
待
っ
た
 °
  
既
に
材
料
は
入
れ
た
 °
あ
と
は
完
成
を
待
つ
の
み
だ
 °
  
 
  
そ
れ
を
頭
を
撫
で
る
こ
と
で
あ
や
し
な
が
ら
 
薬
と
向
き
合
う
 °
  
き
た
 °























   

  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
・
・
・
優
く
ぅ
|
ん
・
・
・
 
  
 
  
試
し
に
 
か
わ
い
い
優
太
を
あ
や
し
て
み
る
 °
  
 
  
は
若
干
苦
し
い
ぐ
ら
い
 °
  
今
は
ま
だ
目
立
っ
た
反
応
は
無
く
 
や
は
り
A
カ
ッ
プ
の
ブ
ラ
で
  
分
の
胸
を
見
る
 °
  
少
年
を
起
こ
さ
な
い
よ
う
 
フ
ラ
ス
コ
を
ゆ
っ
く
り
と
置
き
 
  
 
  
 
っ
ぷ
ぁ
ぁ
・
・
・
ふ
ぅ
 °
さ
ぁ
て
 
ど
う
な
る
か
し
ら
・
・
・
 
  
 
  
そ
し
て
 
全
て
を
飲
み
き
る
と
  
 
  
て
い
く
 °
  
左
手
で
彼
の
頭
を
支
え
な
が
ら
 
右
手
だ
け
で
フ
ラ
ス
コ
を
傾
け
  
る
 °
  
眠
た
く
な
っ
た
の
か
 
優
太
は
既
に
胸
の
中
で
寝
息
を
立
て
て
い
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
・
ゴ
ク
ッ
・
・
・







   

  
つ
い
に
は
乳
首
が
耐
え
き
れ
な
く
な
り
 
母
乳
を
噴
き
出
し
て
し
  
 
  
 
あ
ら
ら
ら
・
・
・
溢
れ
ち
ゃ
っ
た
 °
 
  
 
  
|
|
|
|
ッ
プ
シ
ャ
!
!
  
 
  
 
  
そ
の
あ
ま
り
の
生
産
の
激
し
さ
に
  
ら
れ
る
感
覚
 °
  
そ
れ
と
共
に
 
ジ
ュ
ン
ジ
ュ
ン
で
は
な
く
ド
ク
ド
ク
と
母
乳
が
作
  
胸
の
奥
が
ど
ん
ど
ん
熱
を
帯
び
て
い
く
の
が
分
か
る
 °
  
 
  
 
う
わ
っ
 
熱
い
・
・
・
う
ふ
ふ
ふ
っ
 
来
た
来
た
ぁ
♪
 
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ド
ク
ン
ッ
!
!
  
 
  
 
  
す
る
と
  
 
  
 

























   

  
わ
 
そ
の
ま
ま
ど
ん
ど
ん
膨
ら
ん
で
・
・
・
 
  
 
ふ
ぁ
っ
 
あ
あ
ぁ
ぁ
・
・
・
大
き
く
な
っ
て
る
ぅ
・
・
・
い
い
  
 
  
押
し
上
げ
て
い
く
 °
  
ク
リ
ッ
 
と
膨
ら
ん
で
い
き
 
寝
て
い
る
優
太
の
顔
を
少
し
ず
つ
  
だ
が
 
胸
の
成
長
は
続
く
 °
心
臓
の
脈
動
と
共
に
 
ム
ク
ッ
 
  
た
乳
房
が
ぷ
る
ん
と
微
か
に
震
え
る
 °
  
器
用
に
右
腕
だ
け
で
背
中
の
ホ
ッ
ク
を
外
す
と
 
戒
め
を
解
か
れ
  
 
  
 
っ
く
ぅ
・
・
・
き
つ
い
わ
ね
 °
外
し
ち
ゃ
い
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
て
い
く
 °
  
そ
れ
で
も
な
お
母
乳
は
作
ら
れ
 
胸
も
ム
ク
ム
ク
と
大
き
く
な
っ
  
れ
ず
 
表
面
ま
で
じ
ん
わ
り
と
濡
れ
て
い
く
 °
  
母
乳
パ
ッ
ド
も
つ
け
て
い
な
い
ま
ま
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
で
は
耐
え
き
  
 
  
・
・
・
  
|
|
|
|
プ
シ
ャ
ァ
ァ
ァ
・
・
・
ジ
ュ
ワ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
・
・
  
 
  
ま
っ
た
 °






















   

  
そ
ん
な
今
が
チ
ャ
ン
ス
と
ば
か
り
に
 
朱
音
は
さ
ら
な
る
行
動
に
  
に
擦
る
 °
  
朱
音
の
声
を
聞
い
て
も
な
お
 
寝
ぼ
け
て
い
る
の
か
目
を
し
き
り
  
 
  
 
あ
ら
 
優
く
ん
起
こ
し
ち
ゃ
っ
た
?
 
  
 
  
異
変
に
気
が
つ
い
た
の
か
 
優
太
が
目
を
覚
ま
し
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
ぅ
ぅ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
  
 
  
 
  
湧
き
だ
し
て
い
る
 °
  
し
か
し
母
乳
は
未
だ
に
少
し
ず
つ
で
は
あ
る
が
ジ
ュ
ク
ジ
ュ
ク
と
  
量
が
少
な
く
な
っ
て
き
た
 °
  
の
容
量
が
大
き
く
な
っ
た
と
い
う
の
か
 
溢
れ
出
て
い
く
母
乳
の
  
す
る
と
 
胸
が
大
き
く
な
る
に
つ
れ
て
 
母
乳
を
溜
め
る
タ
ン
ク
  
 

























   

  
 
  
そ
し
て
 
全
て
を
飲
み
き
っ
た
あ
と
  
喉
は
渇
い
て
い
た
の
だ
ろ
う
 °
結
構
な
勢
い
で
飲
み
干
し
て
い
く
 °
  
 
  
 
そ
う
そ
う
 °
全
部
飲
ん
で
ね
?
 
  
 
  
 
・
・
・
ッ
ク
 
ン
・
・
・
ッ
ク
 °
 
  
 
  
 
  
口
に
含
ん
だ
 °
  
優
太
は
寝
ぼ
け
た
ま
ま
 
朱
音
に
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
そ
の
薬
を
  
液
体
が
入
っ
た
フ
ラ
ス
コ
 °
  
ぽ
け
|
っ
と
し
た
優
太
の
目
の
前
に
差
し
出
さ
れ
た
の
は
青
色
の
  
 
  
 
ん
・
・
・
え
 
あ
・
・
・
う
ん
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
ほ
ら
 
喉
が
渇
い
た
で
し
ょ
?
こ
れ
飲
ん
で
 °
 
  
 
  
 
  
出
る
 °























   

  
す
ぐ
分
か
っ
ち
ゃ
っ
て
 
飲
ま
な
い
の
 °
美
味
し
く
な
い
か
ら
 °
  
飲
め
ち
ゃ
う
っ
て
感
じ
な
の
 °
他
の
女
の
お
っ
ぱ
い
だ
と
な
ぜ
か
  
 
で
ね
?
マ
マ
の
お
っ
ぱ
い
が
大
好
き
で
ね
?
も
う
い
く
ら
で
も
  
え
て
過
ご
す
ん
だ
よ
 °
  
好
き
で
た
ま
ら
な
い
く
ら
い
 °
だ
か
ら
い
っ
ぱ
い
い
っ
ぱ
|
い
甘
  
 
優
く
ん
 °
優
く
ん
は
マ
マ
の
事
が
大
好
き
な
の
 °
大
好
き
で
大
  
 
  
 
  
 
  
言
い
放
っ
た
 °
  
朱
音
は
そ
れ
を
確
認
す
る
と
 
一
気
に
用
意
し
て
い
た
セ
リ
フ
を
  
ら
な
い
 °
  
そ
の
目
は
微
か
に
濁
っ
て
い
て
 
ど
こ
を
向
い
て
い
る
の
か
分
か
  
そ
し
て
 
再
び
優
太
の
瞼
が
開
か
れ
る
 °
  
 
  
 
  
く
り
と
閉
じ
ら
れ
る
の
を
確
認
す
る
 °
  
朱
音
が
空
に
な
っ
た
フ
ラ
ス
コ
を
受
け
取
り
 
優
太
の
瞼
が
ゆ
っ
  
 
  
 
・
・
・
は
い
 °
よ
く
出
来
ま
し
た
 °
 










   

  
以
前
に
言
わ
れ
た
こ
と
ま
で
が
効
果
と
し
て
現
れ
る
 °
  
再
び
目
が
閉
じ
ら
れ
る
と
 
そ
れ
が
時
間
切
れ
の
合
図
で
 
そ
れ
  
み
つ
い
て
い
く
 °
  
飲
ん
だ
後
に
目
が
開
か
れ
 
そ
の
間
に
言
わ
れ
た
こ
と
が
心
に
沁
  
朱
音
が
優
太
に
飲
ま
せ
た
の
は
 
催
眠
の
薬
 
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
怖
い
っ
て
言
う
か
大
嫌
い
で
・
・
・
っ
て
 
も
う
終
わ
り
か
 °
 
  
 
  
と
そ
こ
で
優
太
の
目
が
再
び
閉
じ
ら
れ
る
 °
  
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
む
し
ろ
 
優
く
ん
は
マ
マ
以
外
の
人
が
 
  
し
て
あ
げ
る
っ
て
言
っ
た
ら
迷
わ
ず
マ
マ
を
選
ん
じ
ゃ
う
の
 °
  
な
る
の
よ
?
そ
れ
で
も
一
番
は
マ
マ
 °
マ
マ
と
他
の
人
が
抱
っ
こ
  
 
で
も
ね
 
マ
マ
が
 
こ
の
人
は
安
心
 
っ
て
言
え
ば
怖
く
無
く
  
い
て
来
る
ん
だ
よ
?
そ
う
す
る
と
安
心
な
の
 °
  
と
っ
て
も
寂
し
く
て
 
す
ぐ
マ
マ
の
事
呼
ん
じ
ゃ
っ
て
 
泣
き
つ
  
て
も
怖
い
の
 °
他
の
人
に
抱
っ
こ
さ
れ
る
と
怖
く
て
 
な
ん
だ
か
  
 
そ
れ
で
 
え
っ
と
・
・
・
そ
う
そ
う
 °
マ
マ
以
外
の
人
は
と
っ

   

  
も
う
少
し
大
き
く
な
れ
ば
沙
紀
の
胸
に
追
い
つ
き
そ
う
な
勢
い
だ
  
既
に
彼
女
の
乳
房
は
や
ん
わ
り
と
手
で
包
め
る
程
に
膨
ら
ん
で
 
  
 
  
っ
て
い
き
 
母
乳
が
溢
れ
 
胸
が
膨
ら
む
 °
  
そ
れ
を
考
え
る
と
今
か
ら
で
も
胸
の
奥
が
ジ
ュ
ン
ジ
ュ
ン
熱
く
な
  
く
彼
は
自
分
に
全
力
で
甘
え
て
く
る
こ
と
だ
ろ
う
 °
  
彼
が
再
び
目
を
開
け
た
時
 
催
眠
は
効
果
を
発
揮
し
て
 
お
そ
ら
  
み
を
こ
ぼ
す
 °
  
再
び
目
を
閉
じ
て
 
安
ら
か
に
眠
る
優
太
を
見
つ
め
な
が
ら
 
  
 
  
 
・
・
・
ま
ぁ
 
い
い
か
 °
言
い
た
い
こ
と
は
大
体
言
っ
た
し
 °
 
  
 
  
 
  
き
り
な
の
で
あ
る
 °
  
そ
れ
は
ど
う
考
え
て
も
回
避
す
る
こ
と
が
出
来
な
い
た
め
 
一
度
  
抗
が
作
ら
れ
て
し
ま
う
 °
  
と
い
う
の
も
 
こ
の
薬
は
脳
に
直
接
作
用
す
る
た
め
体
の
中
で
抵
  
ろ
う
 °
  
こ
の
薬
 
作
っ
て
み
た
は
い
い
も
の
の
 
お
そ
ら
く
今
回
限
り
だ
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
て
い
た
 °
  
カ
|
テ
ン
か
ら
漏
れ
出
た
橙
色
の
西
日
が
 
少
年
の
髪
を
輝
か
せ
  
 
  
 
  
な
眠
り
を
誘
い
だ
す
 °
  
体
は
自
然
と
前
後
に
揺
れ
 
彼
専
用
の
揺
り
籠
を
作
り
 
安
ら
か
  
我
が
子
を
抱
い
て
 
起
こ
さ
な
い
程
度
に
頭
を
撫
で
続
け
る
 °
  
朱
音
は
今
も
プ
シ
ャ
プ
シ
ャ
と
母
乳
を
噴
き
続
け
る
胸
に
愛
す
る
  
 
  
 
ゆ
っ
く
り
お
休
み
・
・
・
優
く
ん
 °
 
  
 
  
も
数
リ
ッ
ト
ル
は
母
乳
を
出
す
こ
と
が
出
来
る
だ
ろ
う
 °
  
母
乳
で
あ
る
と
言
っ
て
も
過
言
で
は
無
い
く
ら
い
で
 
現
時
点
で
  
だ
が
 
母
乳
は
そ
の
限
り
で
は
無
い
 °
朱
音
の
胸
は
ほ
と
ん
ど
が
  
っ
た
 °























   

  
 
マ
マ
ぁ
!
!
 
  
 
  
 
  
と
  
と
 
少
年
が
ま
ど
ろ
ん
で
い
た
目
を
開
け
 
朱
音
の
姿
を
捉
え
る
  
 
  
い
 °
  
小
さ
い
欠
伸
を
し
な
が
ら
 
目
を
擦
る
姿
が
な
ん
と
も
可
愛
ら
し
  
 
  
 
あ
っ
・
・
・
優
く
ん
起
き
た
?
 
  
 
  
遅
い
昼
寝
を
終
え
た
優
太
が
目
を
覚
ま
し
た
 °
  
ほ
と
ん
ど
陽
も
落
ち
 
時
刻
は
午
後
7
時
頃
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
 
ん
ぅ
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
い
う
こ
と
で
あ
り
  
さ
ら
に
 
胸
が
膨
ら
む
と
い
う
こ
と
は
母
乳
が
溜
ま
っ
て
い
く
と
  
強
烈
に
母
性
が
刺
激
さ
れ
 
胸
が
膨
ら
ん
で
い
く
 °
  
 
  
|
|
|
|
・
・
・
ム
ク
ッ
 
ム
ク
ク
ッ
  
 
  
 
  
 
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
 
優
く
ぅ
ん
・
・
・
 
  
 
  
 
こ
れ
は
僕
の
物
だ
 
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
熱
烈
な
求
愛
に
  
つ
け
て
く
る
優
太
 °
  
グ
リ
グ
リ
と
 
ま
る
で
マ
|
キ
ン
グ
す
る
か
の
よ
う
に
頭
を
擦
り
  
 
  
 
ん
ん
|
・
・
・
♪
 
  
 
  
う
こ
と
で
あ
り
 
そ
の
せ
い
か
  
そ
れ
は
つ
ま
り
あ
の
薬
が
き
ち
ん
と
効
果
を
発
揮
し
て
い
る
と
い
  
喜
び
の
声
を
上
げ
な
が
ら
 
思
い
切
り
抱
き
つ
い
て
き
た
 °
  
 

























   

  
朱
音
の
母
乳
が
た
っ
ぷ
り
つ
い
た
指
を
 
優
太
が
突
然
口
に
咥
え
  
 
  
 
き
ゃ
ぁ
っ
!
!
ゆ
 
優
く
ん
?
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
 
・
・
・
あ
む
っ
!
 
  
 
  
 
  
と
 
そ
の
時
  
 
  
て
い
く
 °
  
朱
音
が
慌
て
て
彼
の
顔
に
つ
い
た
自
分
の
母
乳
を
指
で
拭
き
取
っ
  
驚
き
の
声
が
あ
が
る
 °
  
急
に
勢
い
を
増
し
て
飛
び
だ
し
た
母
乳
が
優
太
の
顔
に
か
か
り
 
  
 
  
っ
て
・
・
・
 
  
 
あ
ぁ
っ
 
ご
 
ご
め
ん
ね
優
く
ん
!
?
お
っ
ぱ
い
が
溢
れ
ち
ゃ
  
 
  
 
う
き
ゃ
ぅ
!
!
 
  
 
  
|
|
|
|
プ
シ
ャ
ッ
!
プ
シ
ュ
ワ
ァ
ァ
ァ
ァ
・
・
・






   

  
 
ふ
ふ
ふ
ふ
っ
 °
お
腹
が
空
い
た
の
?
優
く
ん
 °
だ
っ
た
ら
・
・
  
 
  
わ
ず
笑
み
が
こ
ぼ
れ
る
 °
  
 
と
い
う
非
難
の
念
も
微
か
に
見
え
 
子
ど
も
ら
し
い
意
見
に
思
  
そ
の
目
か
ら
は
 
誰
の
せ
い
で
お
腹
が
鳴
っ
た
と
思
っ
て
る
ん
だ
  
上
げ
て
く
る
 °
  
照
れ
隠
し
な
の
だ
ろ
う
か
 
優
太
が
こ
ち
ら
を
上
目
づ
か
い
で
見
  
得
し
た
 °
  
少
年
の
も
の
と
思
わ
れ
る
 
可
愛
ら
し
い
お
腹
の
音
を
聞
い
て
納
  
 
  
|
|
|
|
く
ぅ
ぅ
|
|
・
・
・
  
 
  
 
  
意
味
が
分
か
ら
ず
 
さ
れ
る
が
ま
ま
の
朱
音
だ
が
  
そ
の
指
を
舐
め
と
る
だ
け
で
は
な
く
 
音
を
立
て
て
吸
い
始
め
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
ン
ジ
ュ
 
ジ
ュ
・
・
・
ジ
ュ
ウ
ゥ
ゥ
・
・
・
 
  
 
  
さ
ら
に
は
  
て
し
ま
っ
た
 °




















   

  
 
  
 
・
・
・
ホ
ン
ト
に
?
ホ
ン
ト
に
い
つ
で
も
ど
こ
で
も
?
 
  
 
  
そ
し
て
 
躊
躇
い
が
ち
に
  
解
放
し
た
 °
  
と
 
そ
の
言
葉
に
反
応
す
る
か
の
よ
う
に
 
優
太
が
人
差
し
指
を
  
 
  
こ
で
も
優
く
ん
の
好
き
な
時
に
飲
ん
で
い
い
の
よ
?
 
  
 
ど
う
し
た
の
?
遠
慮
し
な
い
で
 °
こ
れ
か
ら
は
 
い
つ
で
も
ど
  
 
  
て
い
る
桜
色
の
乳
首
へ
と
目
を
運
ん
で
い
た
 °
  
せ
ら
れ
た
乳
房
・
・
・
特
に
今
も
チ
ョ
ロ
チ
ョ
ロ
と
母
乳
を
出
し
  
優
太
の
反
応
を
見
て
み
る
と
 
彼
は
チ
ラ
チ
ラ
と
自
分
の
顔
に
寄
  
 
  
 
ほ
ら
 
お
っ
ぱ
い
よ
 °
お
腹
い
っ
ぱ
い
飲
ん
で
い
い
わ
 °
 
  
 
  
に
 
左
手
で
自
分
の
左
乳
房
を
寄
せ
て
い
く
 °
  
未
だ
に
右
手
の
人
差
し
指
か
ら
口
を
離
そ
う
と
し
な
い
優
太
の
顔
  
 
  
・
 
























   

  
 
  
と
い
う
の
は
 
な
ん
と
も
小
さ
く
て
 
か
弱
く
て
  
だ
が
 
こ
う
し
て
み
る
と
自
分
の
乳
房
に
吸
い
付
い
て
く
る
幼
子
  
え
ら
れ
て
い
る
ら
し
い
 °
  
し
き
り
に
喉
を
鳴
ら
す
優
太
 °
ど
う
や
ら
十
分
な
量
の
母
乳
を
与
  
 
  
 
ン
ジ
ュ
ッ
・
・
・
ン
 
ッ
ク
・
・
・
コ
ク
ッ
・
・
・
 
  
 
  
と
か
ぶ
り
つ
い
て
い
た
 °
  
優
太
は
朱
音
の
言
葉
を
遮
る
よ
う
に
 
差
し
出
さ
れ
た
左
乳
房
へ
  
い
き
な
り
乳
首
を
襲
っ
た
刺
激
に
思
わ
ず
声
を
上
げ
る
 °
  
 
  
 
ひ
ゃ
う
っ
!
!
も
 
も
ぉ
・
・
・
優
く
ん
っ
た
ら
 °
 
  
 
  
 
か
ぷ
っ
!
!
 
  
 
  
 
  
 
え
え
 
本
当
よ
 °
さ
ぁ
 
わ
か
っ
た
ら
・
・
・
 
  
 
  
母
親
の
許
し
を
請
う
よ
う
に
 
ポ
ツ
リ
ポ
ツ
リ
と
呟
く
 °




   

  
万
年
A
カ
ッ
プ
だ
っ
た
胸
が
 
ぷ
っ
く
り
と
膨
ら
ん
で
い
る
 °
  
 
  
・
・
・
∨
  
∧
も
う
結
構
大
き
い
も
の
ね
・
・
・
C
?
い
や
 
D
は
あ
る
か
な
  
 
  
を
取
っ
て
 
両
方
均
一
に
胸
が
膨
ら
ん
で
い
く
 °
  
こ
れ
も
母
性
が
な
せ
る
技
な
の
か
 °
吸
わ
れ
る
方
へ
と
母
乳
の
舵
  
気
が
す
る
 °
  
な
い
が
 
体
の
感
覚
か
ら
し
て
左
乳
房
の
母
乳
の
生
産
量
が
多
い
  
左
乳
房
は
今
優
太
が
吸
い
つ
い
て
い
る
の
で
ハ
ッ
キ
リ
は
分
か
ら
  
微
か
に
膨
ら
ん
で
い
く
右
乳
房
 °
  
 
  
い
あ
げ
や
す
い
よ
う
に
 
フ
ロ
ン
ト
ホ
ッ
ク
が
い
い
か
し
ら
?
∨
  
∧
・
・
・
そ
ろ
そ
ろ
新
し
い
ブ
ラ
を
用
意
し
な
き
ゃ
ね
 °
お
っ
ぱ
  
 
  
張
っ
て
い
く
の
が
分
か
る
 °
  
そ
れ
に
よ
っ
て
優
太
に
吸
わ
れ
て
い
な
い
右
乳
房
が
パ
ン
パ
ン
に
  
授
乳
に
よ
っ
て
母
性
が
滾
々
と
湧
き
出
て
く
る
 °
  
 
  
∧
可
愛
い
・
・
・
可
愛
い
♪
∨














   

  
せ
て
 
乳
首
か
ら
口
を
離
そ
う
と
し
な
い
 °
  
急
に
朱
音
が
動
い
た
と
い
う
の
に
 
優
太
は
器
用
に
そ
れ
に
合
わ
  
そ
う
言
っ
て
 
優
太
を
胸
に
抱
い
た
ま
ま
立
ち
上
が
る
 °
  
 
  
 
ギ
リ
ギ
リ
ね
 °
行
き
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
と
す
る
と
・
・
・
  
と
な
る
と
 
今
か
ら
歩
い
て
3
0
分
・
・
・
閉
店
時
間
が
8
時
だ
  
さ
ん
の
方
が
い
い
か
 °
  
近
所
の
下
着
屋
さ
ん
・
・
・
で
は
な
く
 
こ
の
際
大
き
い
下
着
屋
  
時
計
を
見
て
 
そ
う
呟
く
 °
  
 
  
 
・
・
・
今
か
ら
な
ら
間
に
合
う
か
し
ら
 °
 
  
 
  
 
  
形
で
膨
ら
ん
で
い
る
 °
F
や
G
な
ど
た
や
す
い
だ
ろ
う
 °
  
だ
が
 
自
分
の
胸
は
そ
れ
よ
り
小
さ
い
と
い
え
ど
も
 
現
在
進
行
  
 
  
っ
て
は
H
カ
ッ
プ
か
I
カ
ッ
プ
だ
っ
た
は
ず
だ
 °
  
確
か
記
憶
だ
と
沙
紀
が
F
カ
ッ
プ
だ
か
G
カ
ッ
プ
 °
由
利
に
い
た

   

  
 
痛
っ
!
!
優
く
ん
 
乳
首
を
噛
ん
だ
ら
ダ
メ
で
し
ょ
!
?
 
  
 
  
|
|
|
|
カ
リ
ッ
  
 
  
 
ん
ぅ
ぅ
!
!
 
  
 
  
 
  
さ
ら
に
は
  
し
な
い
 °
  
体
を
離
そ
う
と
す
る
と
 
頭
を
イ
ヤ
イ
ヤ
と
振
っ
て
離
れ
よ
う
と
  
 
  
 
ん
 
ん
ん
|
|
!
!
 
  
 
  
が
あ
っ
た
が
  
白
衣
を
き
ち
ん
と
羽
織
る
た
め
に
も
 
優
太
が
一
度
離
れ
る
必
要
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 °
ご
め
ん
け
ど
 
ち
ょ
っ
と
放
し
て
く
れ
る
?
 
  
 
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
  
 

























   

  
元
だ
け
が
こ
ん
も
り
と
盛
り
上
が
っ
て
い
る
 °
  
傍
か
ら
見
れ
ば
か
な
り
大
き
な
乳
房
を
持
つ
女
性
の
よ
う
に
 
  
年
を
隠
す
 °
  
白
衣
の
前
面
を
大
き
く
羽
織
る
こ
と
で
 
胸
も
と
に
抱
き
つ
く
少
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 
ち
ょ
っ
と
暗
く
な
る
わ
よ
 °
 
  
 
  
外
の
様
子
を
確
認
す
る
と
 
窓
を
閉
め
た
 °
  
 
  
 
雨
は
・
・
・
振
っ
て
な
い
わ
ね
 °
 
  
 
  
そ
の
流
れ
で
 
研
究
室
の
窓
を
開
け
  
朱
音
は
優
太
を
抱
い
た
ま
ま
 
器
用
に
白
衣
を
着
て
い
く
 °
  
 
  
 
・
・
・
仕
方
な
い
 °
こ
の
上
か
ら
着
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
も
は
や
諦
め
る
し
か
無
か
っ
た
 °
  
叱
っ
て
は
み
た
も
の
の
 
や
は
り
口
を
離
そ
う
と
は
し
な
い
 °
  
文
字
通
り
牙
を
剥
い
て
抵
抗
を
み
せ
る
 °
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
ず
に
 °
  
研
究
室
の
窓
は
 
鍵
が
開
け
ら
れ
た
ま
ま
だ
っ
た
こ
と
に
気
づ
か
  
 
  
 
  
 
  
夜
の
道
を
歩
く
た
め
家
を
後
に
し
た
 °
  
朱
音
は
そ
の
ま
ま
研
究
室
か
ら
出
る
と
 
人
目
を
気
に
し
な
が
ら
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
じ
ゃ
あ
行
き
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
る
か
分
か
っ
た
も
の
で
は
な
い
 °
  
だ
が
 
こ
う
で
も
し
な
け
れ
ば
 
大
事
な
我
が
子
を
誰
に
見
ら
れ

  > ≫