あ
ら
 
気
が
利
く
わ
ね
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
こ
ち
ら
で
す
 °
 
  
 
  
 
  
同
じ
ス
|
ツ
を
着
て
 
朱
音
の
後
ろ
を
つ
い
て
い
っ
た
 °
  
長
身
の
朱
音
と
ほ
ぼ
同
等
の
身
長
を
持
つ
果
歩
 °
彼
女
は
昨
日
と
  
と
頭
を
あ
げ
る
 °
  
ま
る
で
隙
の
無
い
姿
勢
で
朱
音
が
来
る
の
を
待
ち
 
声
が
か
か
る
  
廊
下
で
果
歩
が
礼
を
し
て
い
た
 °
  
に
朝
の
準
備
を
し
よ
う
と
部
屋
を
出
る
と
 
研
究
室
を
出
た
先
の
  
次
の
日
の
朝
 
ま
だ
寝
て
い
る
優
太
を
ベ
ッ
ド
に
残
し
た
ま
ま
先
  
 
  
 
え
え
 
お
は
よ
う
 °
 
  
 
  
 
お
は
よ
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
朱
音
様
 °
 
  
  
せ
い
 
作
  
化
学
の
チ
カ
ラ
 
そ
の
6
















≪ <  

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
の
言
葉
に
 
昨
日
の
出
来
事
を
思
い
出
す
 °
  
 
  
与
え
て
頂
け
ま
す
の
で
 °
 
  
 
は
い
 °
朱
音
様
の
お
傍
に
い
る
だ
け
で
 
私
は
様
々
な
も
の
を
  
 
  
 
・
・
・
え
ら
く
つ
い
て
く
る
の
ね
 °
 
  
 
  
 
  
た
い
事
と
し
て
や
っ
て
い
る
の
が
良
く
分
か
る
 °
  
そ
の
顔
は
お
世
話
が
出
来
て
嬉
し
そ
う
で
 
仕
事
で
は
な
く
や
り
  
顔
を
洗
っ
た
朱
音
に
 
タ
オ
ル
を
差
し
出
す
 °








   

  
だ
が
 
彼
女
が
出
し
た
結
論
が
こ
れ
な
の
だ
と
し
た
ら
  
や
は
り
 
彼
女
も
薬
に
よ
っ
て
狂
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
  
朱
音
様
は
全
て
を
お
与
え
に
な
り
ま
し
た
 °
 
  
 
い
い
え
 °
 
全
て
 
で
す
 °
迷
っ
て
い
た
小
さ
な
小
さ
な
私
に
 
  
 
  
 
あ
ら
 
そ
ん
な
こ
と
無
い
と
思
う
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
で
得
る
物
 
望
ま
ず
し
て
得
る
物
 °
様
々
で
す
 °
 
  
 
・
・
・
朱
音
様
は
私
に
全
て
を
与
え
て
く
だ
さ
り
ま
す
 °
望
ん
  
 
  
く
さ
れ
た
 °
  
だ
が
 
私
は
は
簡
単
に
は
受
け
入
れ
ず
 
彼
女
は
説
明
を
余
儀
な
  
 
  
 
・
・
・
そ
の
  
っ
て
の
は
な
ん
な
の
?
 
  
 
  
彼
女
は
も
う
一
度
 
私
の
名
を
呼
ん
だ
 °
  
 
  
 
・
・
・
・
・
朱
音
様
 °
 















   

  
づ
い
て
 
優
太
に
も
し
も
の
事
が
あ
れ
ば
た
ま
っ
た
も
の
で
は
な
  
だ
が
 
こ
れ
も
ま
た
必
要
な
事
 °
中
途
半
端
な
気
持
ち
で
私
に
近
  
厳
し
い
発
言
に
 
流
石
の
彼
女
も
戸
惑
い
を
見
せ
る
 °
  
 
  
の
も
な
ん
だ
け
ど
 
あ
な
た
・
・
・
狂
っ
ち
ゃ
っ
た
の
よ
?
 
  
 
い
い
え
 
嫌
で
は
無
い
わ
 °
で
も
・
・
・
い
い
の
?
私
が
言
う
  
 
  
普
段
は
セ
ク
シ
|
な
彼
女
が
 
今
は
な
ん
だ
か
可
愛
く
見
え
た
 °
  
初
め
て
見
せ
る
彼
女
の
縋
る
よ
う
な
目
 °
  
 
  
 
そ
う
・
・
・
な
り
ま
す
ね
 °
嫌
 
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
彼
女
自
身
に
認
め
さ
せ
る
必
要
が
あ
る
 °
  
 
  
存
 
っ
て
こ
と
ね
?
 
  
 
・
・
・
そ
う
 °
あ
な
た
が
出
し
た
結
論
は
・
・
・
 
私
へ
の
依
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
い
た
し
ま
す
 °
 
  
 
は
い
 °
あ
な
た
様
が
お
望
み
で
し
た
ら
 
な
ん
だ
っ
て
お
答
え
  
 
  
か
せ
て
も
ら
っ
て
い
い
か
し
ら
?
 
  
 
狂
っ
た
つ
い
で
に
 
あ
な
た
が
ど
れ
ほ
ど
狂
っ
ち
ゃ
っ
た
か
聞
  
 
  
 
  
そ
う
言
っ
て
 
互
い
に
笑
い
合
う
 °
  
 
  
 
で
す
ね
 °
狂
っ
て
ま
す
ね
 °
 
  
 
  
 
え
え
 °
そ
れ
は
完
全
に
狂
っ
て
る
わ
ね
 °
 
  
 
  
に
尊
い
存
在
に
見
え
る
ん
で
す
も
の
 °
 
  
ま
で
普
通
の
話
相
手
と
思
っ
て
い
た
あ
な
た
様
が
 
今
は
こ
ん
な
  
 
狂
っ
た
・
・
・
そ
う
で
す
ね
 °
私
 
狂
っ
て
ま
す
ね
 °
さ
っ
き
  
 
  
 
  
い
 °
























   

  
と
な
ん
て
 
考
え
た
く
も
あ
り
ま
せ
ん
 °
 
  
 
・
・
・
私
の
や
り
た
い
事
を
否
定
し
て
い
っ
た
あ
の
人
達
の
こ
  
 
  
 
で
す
が
?
 
  
 
  
で
す
が
・
・
・
 
  
 
・
・
・
朱
音
様
の
御
子
息
様
は
 
朱
音
様
同
様
尊
い
御
方
で
す
 °
  
 
  
果
歩
が
あ
か
ら
さ
ま
に
眉
根
を
寄
せ
る
 °
  
 
  
 
神
様
っ
て
・
・
・
ま
あ
 
い
い
と
し
て
 °
他
の
人
は
?
 
  
 
  
 
は
い
 °
ま
る
で
雲
の
上
の
存
在
 
神
様
み
た
い
な
も
の
で
す
 °
 
  
 
  
わ
よ
ね
?
 
  
 
そ
う
ね
ぇ
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
私
の
事
は
 
尊
い
 
っ
て
言
っ
た
  
 
  
 
  
た
 °
  
そ
う
言
う
と
 
果
歩
が
真
剣
な
眼
差
し
で
こ
ち
ら
を
見
つ
め
て
き

   

  
 
  
 
そ
う
よ
ね
?
あ
ぁ
 
分
か
っ
て
く
れ
て
嬉
し
い
わ
 °
 
  
 
  
 
悪
い
虫
・
・
・
そ
う
で
す
ね
 °
イ
ラ
ッ
と
し
ま
す
ね
 °
 
  
 
  
虫
み
た
い
に
思
え
る
で
し
ょ
?
 
  
 
で
し
ょ
?
そ
う
考
え
る
と
 
言
い
寄
っ
て
来
る
奴
ら
が
皆
悪
い
  
 
  
つ
ま
り
 
消
す
と
い
う
こ
と
か
 °
  
 
  
 
そ
の
時
は
・
・
・
あ
な
た
様
と
同
じ
意
見
で
す
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
私
の
事
を
非
難
す
る
人
が
居
た
ら
?
 
  
 
  
 
  
果
歩
の
考
え
を
基
に
 
誘
導
を
始
め
る
 °
  
上
手
く
運
べ
ば
良
い
結
果
を
も
た
ら
し
そ
う
だ
 °
  
 
  
∧
お
っ
と
・
・
・
こ
れ
は
・
・
・
∨
  
 

























   

  
 
  
 
・
・
・
あ
の
 
朱
音
様
 °
 
  
 
  
 
  
せ
ら
れ
た
 °
  
母
性
と
思
っ
て
い
た
が
 
ど
う
や
ら
そ
れ
だ
け
で
は
無
い
と
思
わ
  
そ
れ
は
私
に
と
っ
て
大
き
な
娘
の
よ
う
に
思
え
 
優
太
の
た
め
の
  
少
し
大
袈
裟
な
ま
で
に
喜
ぶ
彼
女
を
見
つ
め
る
 °
  
 
  
 
  
す
っ
!
!
 
  
 
あ
は
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
う
 
嬉
し
い
で
す
・
・
・
嬉
し
い
で
  
 
  
 
え
え
 °
バ
ッ
チ
リ
 °
 
  
 
  
た
の
で
す
か
!
?
 
  
 
ほ
 
本
当
で
す
か
!
?
私
今
 
朱
音
様
と
気
持
ち
が
通
じ
合
っ
  
 
  
 
  
そ
う
呟
い
た
途
端
 
果
歩
の
顔
が
一
気
に
華
や
い
だ
 °





   

  
 
  
う
 °
  
と
し
て
そ
ん
な
に
簡
単
に
辞
め
て
良
い
の
か
悩
ん
で
い
る
の
だ
ろ
  
気
持
ち
を
理
解
し
て
も
ら
っ
て
嬉
し
い
の
だ
ろ
う
が
 
現
実
問
題
  
嬉
し
そ
う
で
い
て
 
か
つ
困
っ
た
顔
を
見
せ
る
果
歩
 °
  
 
  
 
や
り
た
い
事
が
あ
る
ん
で
し
ょ
?
辞
め
た
ら
い
い
わ
 °
 
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
い
い
ん
で
す
か
?
 
  
 
  
 
え
え
 °
辞
め
な
さ
い
 °
 
  
 
  
心
配
そ
う
な
彼
女
に
 
迷
わ
ず
声
を
か
け
る
 °
  
 
  
・
・
・
 
  
 
私
・
・
・
今
の
仕
事
辞
め
た
い
で
す
 °
や
り
た
い
事
が
あ
っ
て
  
 
  
と
 
突
然
彼
女
の
方
か
ら
声
が
か
か
る
 °
  
 
  
 
ん
?
何
か
し
ら
?
 

















   

  
そ
の
次
の
言
葉
も
な
ん
と
な
く
分
か
る
 °
  
 
  
 
あ
 
う
う
ぅ
・
・
・
 
  
 
  
 
私
に
暫
く
養
っ
て
欲
し
い
っ
て
わ
け
?
 
  
 
  
 
そ
 
そ
れ
で
で
す
ね
・
・
・
 
  
 
  
 
  
に
し
て
な
ん
の
不
思
議
も
な
い
 °
  
彼
女
は
私
よ
り
も
2
つ
年
上
な
の
だ
 °
立
派
な
成
人
 °
生
活
を
気
  
な
る
ほ
ど
 °
そ
う
い
う
こ
と
か
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
は
い
 °
 
  
 
  
 
生
活
を
気
に
し
て
る
の
?
 
  
 
  
 
で
 
で
も
・
・
・
辞
め
ち
ゃ
っ
た
ら
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
 
そ
 
そ
れ
は
・
・
・
 
  
 
  
一
人
で
や
っ
て
も
お
か
し
く
な
い
ん
じ
ゃ
な
い
?
 
  
 
あ
な
た
2
4
で
し
ょ
?
や
り
た
い
事
や
る
の
は
構
わ
な
い
け
ど
 
  
 
  
か
れ
る
も
の
の
 
こ
こ
は
厳
し
く
言
う
こ
と
に
し
た
 °
  
ま
る
で
親
に
見
捨
て
ら
れ
た
子
の
よ
う
な
顔
に
 
少
し
母
性
が
惹
  
途
端
に
果
歩
が
絶
望
の
表
情
を
浮
か
べ
る
 °
  
 
  
 
え
っ
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
ダ
メ
よ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
だ
が
  
 
  
る
人
間
が
欲
し
い
と
い
う
わ
け
だ
 °
  
や
り
た
い
事
を
行
う
変
わ
り
に
 
生
活
の
安
定
を
保
証
し
て
く
れ

   

  
ら
ま
た
 
あ
な
た
が
望
む
よ
う
に
 
与
え
て
あ
げ
る
 
 °
 
  
 
悔
し
か
っ
た
ら
納
得
す
る
答
え
を
持
っ
て
来
な
さ
い
 °
そ
し
た
  
 
  
 
  
だ
ろ
う
 °
  
若
干
の
涙
さ
え
浮
か
べ
て
い
る
 °
よ
ほ
ど
私
に
依
存
し
て
い
る
の
  
私
の
問
い
に
素
直
に
答
え
る
 °
  
 
  
 
は
い
・
・
・
と
て
も
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
悔
し
い
?
 
  
 
  
た
悩
む
は
め
に
な
っ
た
 °
  
新
し
い
彼
女
に
な
っ
た
と
は
い
っ
て
も
 
い
き
な
り
の
問
題
に
ま
  
思
惑
が
外
れ
 
落
ち
込
ん
で
し
ま
う
果
歩
 °
  
 
  
 
う
 
う
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
・
・
・
 
  
 
  
さ
さ
え
し
な
け
れ
ば
ね
 °
 
  
 
私
の
と
こ
ろ
へ
遊
び
に
来
る
の
は
構
わ
な
い
わ
 °
こ
の
子
に
悪

   

  
向
け
る
果
歩
が
居
た
 °
  
そ
こ
に
は
涙
を
浮
か
べ
な
が
ら
も
 
気
丈
に
こ
ち
ら
へ
と
視
線
を
  
眠
っ
た
優
太
を
胸
に
抱
き
な
が
ら
 
ゆ
っ
く
り
と
振
り
向
く
 °
  
 
  
 
・
・
・
な
に
?
ま
だ
何
か
話
が
あ
る
の
?
 
  
 
  
突
然
背
中
に
声
が
か
か
る
 °
  
 
  
 
待
っ
て
下
さ
い
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
な
ら
ば
後
は
彼
女
自
身
で
ど
う
に
か
し
て
・
・
・
  
こ
と
も
分
か
っ
た
 °
  
彼
女
は
生
ま
れ
変
わ
っ
た
 °
優
太
に
危
害
が
加
わ
ら
な
い
と
い
う
  
そ
れ
だ
け
言
う
と
 
も
う
話
は
無
い
と
ば
か
り
に
席
を
立
つ
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
彼
女
は
大
き
な
決
断
を
下
し
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
て
 
あ
な
た
の
娘
に
し
て
下
さ
い
 °
 
  
 
・
・
・
私
を
 
こ
の
飯
島
 
果
歩
を
・
・
・
小
山
 
果
歩
と
し
  
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
  
 

























   

  
 
そ
れ
は
・
・
・
 
  
 
  
 
そ
 
そ
う
・
・
・
で
も
 
一
体
な
ん
の
た
め
に
?
 
  
 
  
は
空
き
ま
し
た
け
ど
 
腕
に
は
自
信
が
あ
る
ん
で
す
 °
 
  
 
は
い
 °
実
は
私
 
昔
か
ら
古
武
術
を
習
っ
て
て
・
・
・
少
し
間
  
 
  
突
然
の
事
に
 
聞
き
返
す
 °
  
 
  
 
武
道
?
 
  
 
  
後
 
武
道
の
練
習
を
再
開
し
よ
う
か
と
 °
 
  
 
は
い
 °
今
日
は
お
店
に
行
っ
て
辞
表
を
出
し
て
き
ま
す
 °
そ
の
  
 
  
 
・
・
・
今
日
は
ど
う
す
る
の
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
す
っ
か
り
依
存
し
き
っ
た
瞳
で
 
こ
ち
ら
を
見
つ
め
て
き
た
 °
  
 
  
私
の
神
様
に
指
一
本
触
れ
さ
せ
る
気
は
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
 °
 
  
 
・
・
・
朱
音
様
に
言
い
寄
る
悪
い
虫
を
追
い
払
う
た
め
で
す
 °
  
 
  
 
  
そ
し
て
  
 
  
そ
れ
を
拳
一
つ
で
華
麗
に
打
ち
落
と
し
て
み
せ
る
果
歩
 °
  
と
 
そ
こ
に
一
匹
の
虫
が
飛
ん
で
く
る
 °
  
 

























   

  
笑
顔
を
褒
め
て
や
る
と
 
恥
ず
か
し
そ
う
に
デ
レ
デ
レ
し
始
め
る
 °
  
 
  
に
し
か
お
見
せ
い
た
し
ま
せ
ん
 °
 
  
 
え
っ
・
・
・
あ
あ
 
い
え
 °
こ
の
顔
は
朱
音
様
と
 
そ
の
御
方
  
 
  
 
あ
ら
 
良
い
笑
顔
ね
 °
 
  
 
  
た
 °
  
優
太
と
共
に
玄
関
に
行
く
と
 
笑
顔
で
果
歩
が
待
ち
か
ま
え
て
い
  
 
  
 
え
え
 
行
っ
て
ら
っ
し
ゃ
い
 °
 
  
 
  
私
よ
り
年
上
の
  
が
 
辞
表
を
出
し
に
出
発
す
る
よ
う
だ
 °
  
玄
関
か
ら
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
 
そ
れ
で
は
 
行
っ
て
参
り
ま
す
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
い
う
こ
と
な
の
だ
ろ
う
 °
  
そ
う
言
い
た
げ
な
瞳
を
他
人
に
向
け
る
と
な
れ
ば
 
つ
ま
り
そ
う
  
何
物
に
も
興
味
を
示
さ
な
い
 °
目
に
映
る
物
全
て
に
価
値
が
無
い
 °
  
た
 °
  
そ
こ
に
は
見
る
も
の
全
て
を
見
下
す
よ
う
な
 
冷
酷
な
瞳
が
あ
っ
  
 
  
 
  
 
あ
っ
・
・
・
う
わ
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
こ
の
顔
で
す
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
少
し
気
に
な
っ
た
の
で
問
い
詰
め
る
と
  
 
  
 
あ
っ
 
そ
れ
は
で
す
ね
・
・
・
 
  
 
  
 
へ
ぇ
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
他
の
人
に
は
ど
ん
な
顔
を
見
せ
る
の
?
 
  
 

























   

  
 
い
 
い
や
!
!
や
っ
ぱ
り
や
め
と
い
て
 °
手
を
出
し
て
は
ダ
メ
  
 
  
 
殴
れ
ば
い
い
ん
で
す
ね
!
?
分
か
り
ま
し
た
!
!
 
  
 
  
の
は
・
・
・
 
  
 
・
・
・
果
歩
 
お
店
に
行
く
ま
で
に
 
5
人
を
殴
る
っ
て
い
う
  
 
  
 
  
そ
う
思
っ
て
 
試
し
に
  
存
し
て
い
る
の
か
も
知
れ
な
い
 °
  
・
・
・
も
し
か
し
た
ら
 
彼
女
は
思
っ
て
い
る
以
上
に
自
分
に
依
  
 
  
 
  
 
そ
 
そ
う
・
・
・
 
  
 
  
ん
て
興
味
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
 °
 
  
 
無
い
で
す
 °
だ
っ
て
 
朱
音
様
と
そ
の
御
方
以
外
の
人
間
に
な
  
 
  
 
・
・
・
そ
れ
 
や
め
る
気
は
 
  
 

























   

  
 
  
 
2
時
で
す
か
?
分
か
り
ま
し
た
 °
 
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
・
・
・
少
し
早
く
て
2
時
ぐ
ら
い
に
は
帰
れ
そ
う
?
 
  
 
  
帰
れ
る
と
思
い
ま
す
 °
 
  
 
え
っ
?
ん
|
・
・
・
そ
う
で
す
ね
 °
遅
く
て
も
夕
方
ま
で
に
は
  
 
  
い
に
帰
れ
る
?
 
  
 
・
・
・
そ
う
だ
 °
果
歩
 
今
日
は
辞
表
を
出
し
た
ら
何
時
ぐ
ら
  
 
  
 
  
外
が
敵
な
の
だ
ろ
う
 °
  
彼
女
に
と
っ
て
私
の
発
言
 
存
在
が
全
て
で
あ
り
 
私
と
優
太
以
  
や
は
り
完
全
に
狂
っ
て
い
る
 °
  
 
  
 
  
 
・
・
・
?
 
そ
う
で
す
か
?
わ
か
り
ま
し
た
 °
 
  
 
  
よ
 °
 























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
の
姿
を
見
送
る
と
 
優
太
へ
の
授
乳
を
始
め
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
さ
ぁ
 
優
く
ん
 °
朝
ご
は
ん
に
し
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
う
い
う
と
彼
女
は
玄
関
を
後
に
し
た
 °
  
 
  
 
は
い
!
2
時
に
戻
っ
て
参
り
ま
す
!
 
  
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
行
っ
て
ら
っ
し
ゃ
い
 °
 
  
 
  
 
  
か
 °
  
私
か
ら
さ
れ
る
こ
と
は
全
て
善
だ
と
で
も
思
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
  
果
歩
は
特
に
何
を
す
る
の
か
を
聞
か
ず
に
 
了
承
し
て
し
ま
う
 °

   

  
何
も
叶
わ
な
い
し
 
何
も
得
ら
れ
な
い
 °
  
ん
て
あ
り
え
な
い
 °
  
会
社
の
利
益
の
た
め
だ
け
に
こ
ん
な
鳥
籠
み
た
い
な
所
に
い
る
な
  
つ
ま
ら
な
い
 °
全
て
が
つ
ま
ら
な
い
 °
  
 
  
∧
ま
た
そ
の
話
・
・
・
∨
  
 
  
よ
ね
ぇ
 °
 
  
 
あ
な
た
は
店
長
で
し
ょ
?
そ
う
簡
単
に
辞
め
ら
れ
た
ら
困
る
の
  
 
  
店
長
で
あ
る
私
を
 
会
社
は
す
ぐ
に
は
手
放
そ
う
と
し
な
か
っ
た
 °
  
店
か
ら
連
絡
を
入
れ
 
支
社
へ
と
赴
く
 °
  
 
  
 
・
・
・
急
に
辞
め
る
と
言
わ
れ
て
も
ね
ぇ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
ゆ
う
・
・
・
あ
の
御
方
は
 
朱
音
様
の
御
子
息
だ
け
あ
っ
て
な
ん
  
で
も
 
世
の
中
に
は
と
っ
て
も
可
愛
ら
し
い
男
だ
っ
て
存
在
す
る
 °
  
 
  
母
乳
が
全
て
の
こ
の
世
界
で
 
男
は
蔑
ま
れ
て
い
た
 °
  
女
だ
ら
け
の
会
社
 °
男
は
一
人
も
居
な
い
 °
  
 
  
 
だ
か
ら
 
そ
れ
は
困
る
の
よ
 °
私
の
言
う
事
が
分
か
ら
な
い
?
 
  
 
  
表
を
受
け
取
っ
て
下
さ
い
 °
 
  
 
は
ぁ
・
・
・
も
う
一
度
だ
け
言
い
ま
す
 °
辞
め
ま
す
の
で
 
  
 
  
 
  
に
あ
わ
な
い
 °
  
こ
こ
か
ら
家
ま
で
小
一
時
間
 °
そ
ろ
そ
ろ
出
な
い
と
2
時
に
は
間
  
時
計
を
見
る
と
 
も
う
す
ぐ
1
2
時
半
を
過
ぎ
る
 °
  
 
  
 
  
あ
の
方
は
私
に
全
て
を
与
え
て
く
れ
る
 °
  
だ
が
 
朱
音
様
だ
け
は
違
う
 °
  
 

























   

  
 
申
し
訳
な
い
で
す
が
 
こ
の
後
絶
対
に
 
ぜ
ぇ
|
っ
た
い
に
外
  
 
  
悪
い
の
か
 °
  
急
に
怒
り
だ
し
た
 °
興
味
無
い
こ
と
に
興
味
無
い
と
言
っ
て
何
が
  
 
  
 
興
味
無
い
っ
て
・
・
・
あ
な
た
ね
ぇ
!
 
  
 
  
 
え
え
 
分
か
り
ま
せ
ん
ね
 °
興
味
も
無
い
で
す
し
 °
 
  
 
  
 
  
そ
ん
な
こ
と
あ
っ
て
は
な
ら
な
い
 °
絶
対
に
 
絶
対
に
 °
  
あ
あ
 
時
間
が
無
い
 °
朱
音
様
と
の
約
束
を
反
故
に
し
て
し
ま
う
 °
  
 
  
 
  
な
い
 °
  
し
て
得
意
気
に
し
て
い
る
の
だ
ろ
う
が
 
朱
音
様
に
は
到
底
及
ば
  
を
見
れ
ば
O
カ
ッ
プ
風
情
 °
せ
い
ぜ
い
1
0
リ
ッ
ト
ル
母
乳
を
出
  
そ
れ
に
 
偉
そ
う
に
し
て
い
る
こ
の
上
司
だ
っ
て
 
胸
の
バ
ッ
ジ
  
 
  
と
も
可
愛
ら
し
い
 °


















   

  
 
  
 
  
|
|
|
|
パ
ァ
ン
!
  
 
  
 
  
 
O
カ
ッ
プ
程
度
で
す
か
?
ハ
ン
ッ
・
・
・
そ
の
程
度
で
・
・
・
 
  
 
  
が
何
を
 
  
 
わ
 
私
は
O
カ
ッ
プ
あ
る
の
よ
!
?
M
カ
ッ
プ
の
一
店
長
風
情
  
 
  
・
・
・
ま
だ
話
は
終
わ
ら
な
い
の
だ
ろ
う
か
 °
  
今
度
は
立
ち
上
が
っ
て
こ
ち
ら
を
睨
み
つ
け
て
く
る
 °
  
 
  
 
な
ん
で
す
っ
て
ぇ
!
?
 
  
 
  
 
い
え
 °
そ
の
価
値
も
無
い
で
す
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
バ
カ
に
し
て
る
の
?
 
  
 
  
せ
な
い
用
事
が
あ
り
ま
し
て
 °
 













   

  
 
  
 
奇
遇
で
す
ね
 °
私
も
そ
う
思
い
ま
す
 °
で
は
 °
 
  
 
  
す
価
値
も
無
い
わ
 °
 
  
 
こ
ん
の
っ
!
・
・
・
も
う
い
い
っ
!
!
あ
な
た
と
こ
う
し
て
話
  
 
  
 
・
・
・
話
は
そ
れ
だ
け
で
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
き
た
 °
  
時
計
を
見
れ
ば
1
2
時
4
5
分
 °
い
よ
い
よ
時
間
が
無
く
な
っ
て
  
 
  
音
様
に
止
め
ら
れ
た
の
を
思
い
出
し
て
や
め
る
こ
と
に
す
る
 °
  
こ
っ
ち
も
お
返
し
に
手
が
出
そ
う
だ
っ
た
が
 
家
を
出
る
前
に
朱
  
上
司
の
女
は
怒
り
で
肩
を
震
わ
せ
て
い
る
 °
  
 
  
 
フ
ゥ
・
・
・
フ
ゥ
・
・
・
 
  
 
  
ど
う
や
ら
平
手
を
も
ら
っ
た
よ
う
だ
 °
  
頬
が
痛
い
 °





















   

  
 
た
だ
い
ま
戻
り
ま
し
た
!
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
私
に
全
て
を
与
え
る
の
は
 
朱
音
様
た
だ
一
人
だ
 °
  
 
  
あ
の
言
葉
か
ら
は
何
も
得
ら
れ
な
い
 °
  
気
に
な
ら
な
い
 °
  
背
後
か
ら
は
ま
だ
怒
声
が
聞
こ
え
る
が
 
気
に
し
な
い
 °
い
や
 
  
一
応
礼
を
し
て
 
背
中
を
向
け
る
 °
  
 

























   

  
 
  
ね
 °
 
  
 
Q
カ
ッ
プ
が
ギ
リ
ギ
リ
っ
て
こ
と
は
・
・
・
R
カ
ッ
プ
で
す
か
  
 
  
さ
え
ら
れ
た
カ
ッ
プ
の
部
分
か
ら
は
乳
肉
が
盛
り
上
が
っ
て
い
た
 °
  
谷
間
に
優
太
が
収
ま
っ
て
い
る
の
も
あ
る
が
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
で
押
  
 
  
 
あ
ら
 
分
か
る
?
そ
う
な
の
よ
 °
 
  
 
  
 
・
・
・
お
や
 
朱
音
様
 °
お
胸
が
ま
た
大
き
く
な
り
ま
し
た
か
?
 
  
 
  
 
  
っ
た
の
か
胸
の
谷
間
で
ま
ど
ろ
ん
で
い
た
 °
  
優
太
は
朝
か
ら
散
々
私
の
母
乳
を
飲
ん
で
 
お
腹
い
っ
ぱ
い
に
な
  
ま
で
揃
え
て
帰
っ
て
来
た
 °
  
が
 
や
は
り
と
い
う
か
果
歩
は
2
時
に
 
そ
れ
も
ピ
ッ
タ
リ
秒
針
  
ま
さ
か
と
は
思
い
 
そ
れ
ま
で
に
 
準
備
 
は
済
ま
せ
て
お
い
た
  
 
  
 
二
時
丁
度
・
・
・
流
石
ね
 °
 
  
 

























   

  
 
  
 
そ
う
よ
 °
よ
く
知
っ
て
た
わ
ね
 °
 
  
 
  
バ
リ
言
い
当
て
て
見
せ
た
 °
  
研
究
室
の
前
で
立
ち
止
ま
り
 
大
仰
に
説
明
す
る
と
 
果
歩
は
ズ
  
 
  
 
・
・
・
?
 
こ
こ
っ
て
 
研
究
室
・
・
・
で
し
た
よ
ね
?
 
  
 
  
許
可
す
る
わ
ね
 °
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
果
歩
に
は
今
日
か
ら
こ
の
部
屋
に
入
る
事
を
  
 
  
 
  
来
た
か
の
よ
う
に
・
・
・
も
う
娘
か
 °
  
そ
の
姿
は
後
追
い
す
る
幼
子
の
よ
う
で
 
ま
る
で
大
き
な
娘
が
出
  
そ
う
い
う
と
 
果
歩
は
鞄
を
置
い
て
私
の
後
ろ
を
つ
い
て
き
た
 °
  
 
  
 
あ
 
私
も
お
手
伝
い
さ
せ
て
頂
き
ま
す
ね
 °
 
  
 
  
み
る
わ
 °
 
  
 
か
も
し
れ
な
い
わ
ね
 °
今
日
の
夜
に
で
も
S
カ
ッ
プ
を
つ
け
て

   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
究
室
へ
と
入
っ
て
い
っ
た
 °
  
そ
う
い
っ
て
扉
を
開
き
 
私
と
果
歩
 
そ
し
て
優
太
の
三
人
は
研
  
 
  
 
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
行
き
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
が
 
今
日
か
ら
は
そ
れ
だ
け
で
は
な
く
な
る
 °
  
 
  
こ
と
な
の
だ
ろ
う
 °
  
だ
が
 
そ
れ
ほ
ど
ま
で
に
私
の
事
を
想
っ
て
く
れ
て
い
る
と
い
う
  
そ
れ
だ
け
で
覚
え
て
し
ま
っ
た
の
か
 °
少
し
恐
ろ
し
い
 °
  
 
  
ね
 
と
言
っ
て
こ
の
部
屋
に
・
・
・
 
  
 
は
い
 °
昨
日
の
晩
 
寝
る
前
に
朱
音
様
が
 
研
究
室
に
行
く
わ

   

  
そ
れ
を
確
認
す
る
と
  
て
し
ま
う
 °
  
私
の
言
葉
を
何
一
つ
疑
う
こ
と
な
く
 
一
気
に
二
つ
を
飲
み
干
し
  
 
  
ね
 °
 
  
 
え
え
 °
両
方
と
も
全
部
飲
ん
で
く
れ
た
ら
い
い
・
・
・
早
い
わ
  
 
  
 
こ
の
二
つ
 
で
す
か
?
 
  
 
  
お
い
た
 °
  
以
前
に
も
作
っ
た
こ
の
薬
だ
が
 
今
回
は
そ
れ
を
薄
く
希
釈
し
て
  
フ
ラ
ス
コ
に
入
っ
た
二
つ
の
薬
 °
  
 
  
 
・
・
・
こ
れ
を
飲
ん
で
も
ら
え
る
?
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
そ
し
て
 
飲
み
き
っ
た
後
 
言
い
つ
け
ど
お
り
に
目
を
閉
じ
る
と
  
え
ら
れ
る
フ
ラ
ス
コ
に
口
を
つ
け
た
 °
  
素
直
に
優
太
が
頷
く
と
 
胸
の
谷
間
に
収
ま
っ
た
ま
ま
私
か
ら
与
  
 
  
 
ん
|
?
 
う
ん
 °
 
  
 
  
目
を
閉
じ
て
ね
?
 
  
 
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
こ
れ
 
飲
ん
で
?
飲
ん
だ
ら
し
っ
か
り
  
 
  
く
の
が
分
か
る
 °
  
そ
の
姿
が
な
ん
と
も
可
愛
ら
し
く
て
 
ま
た
母
乳
が
作
ら
れ
て
い
  
顔
だ
け
ス
ポ
ッ
と
出
し
て
 
こ
ち
ら
へ
と
目
を
向
け
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
ん
ぇ
?
な
に
?
 
  
 
  
谷
間
に
収
ま
っ
た
我
が
子
に
声
を
か
け
る
 °
  
 
  
 
・
・
・
優
く
ん
 
こ
れ
飲
ん
で
く
れ
る
?
 
  
 
  
 

























   

  
途
端
に
 
果
歩
の
頬
が
赤
く
染
ま
っ
て
い
く
 °
  
 
  
 
は
ぁ
ぁ
っ
・
・
・
あ
 
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
ゆ
っ
く
り
と
優
太
の
目
が
開
か
れ
た
 °
  
 
  
 
・
・
・
目
を
開
け
て
 °
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
正
面
に
果
歩
の
姿
が
来
る
よ
う
に
セ
ッ
ト
す
る
と
  
せ
る
 °
  
そ
う
言
い
な
が
ら
彼
の
体
を
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
と
胸
の
中
で
反
転
さ
  
 
  
ゆ
っ
く
り
目
を
開
け
て
く
れ
る
?
 
  
 
い
い
?
優
く
ん
 °
マ
マ
が
 
目
を
開
け
て
 
っ
て
言
っ
た
ら
 
  
 
  
 

























   

  
そ
ん
な
彼
を
ギ
ュ
ッ
と
抱
き
し
め
な
が
ら
 
ゆ
っ
く
り
諭
し
て
や
  
を
覚
え
た
の
か
 
慌
て
て
こ
ち
ら
に
し
が
み
つ
い
て
き
た
 °
  
一
方
 
優
太
は
自
分
を
熱
い
視
線
で
見
つ
め
て
く
る
女
性
に
恐
怖
  
 
  
 
ま
 
マ
マ
っ
!
?
 
  
 
  
を
確
認
す
る
 °
  
す
っ
か
り
蕩
け
た
表
情
に
な
っ
た
果
歩
を
見
て
 
効
果
が
出
た
の
  
 
  
 
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
は
 
は
い
ぃ
ぃ
 
  
 
  
 
ん
ふ
ふ
ふ
っ
・
・
・
ど
う
か
し
ら
?
果
歩
 °
 
  
 
  
 
  
さ
せ
る
 °
  
ど
れ
も
薄
め
た
物
で
は
あ
る
が
 
そ
れ
で
も
十
分
な
威
力
を
発
揮
  
 
  
そ
し
て
 
優
太
に
飲
ま
せ
た
の
が
例
の
 
惚
れ
薬
 
 °
  
に
だ
け
作
用
す
る
薬
 
 °
  
彼
女
に
飲
ま
せ
た
薬
は
 
母
性
が
湧
く
薬
 
と
 
ホ
ル
モ
ン
が
胸

   

  
 
  
 
  
で
許
し
を
請
う
よ
う
に
見
つ
め
て
来
て
い
た
 °
  
と
 
果
歩
の
方
を
見
る
と
ウ
ズ
ウ
ズ
す
る
の
が
止
ま
ら
な
い
様
子
  
 
  
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
あ
 
朱
音
様
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
の
は
か
な
り
便
利
で
あ
る
 °
  
こ
れ
も
彼
に
施
し
た
催
眠
の
薬
の
効
果
 °
や
は
り
  
と
い
う
  
な
っ
た
 °
  
す
る
と
途
端
に
彼
の
震
え
は
消
え
 
果
歩
と
向
き
合
え
る
よ
う
に
  
 
  
 
だ
 
大
丈
夫
・
・
・
あ
 
あ
れ
?
ホ
ン
ト
だ
・
・
・
 
  
 
  
く
な
い
わ
 °
 
  
 
大
丈
夫
・
・
・
 
あ
の
人
は
安
心
よ
 
 °
抱
っ
こ
さ
れ
て
も
怖
  
 
  
 
  
る
 °
























   

  
あ
ら
か
じ
め
用
意
し
て
い
た
も
う
一
個
の
薬
を
飲
み
干
し
 
言
い
  
 
  
 
・
・
・
ン
ク
ッ
 
ッ
ク
・
・
・
ッ
プ
ァ
 °
ふ
ぅ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
今
が
丁
度
良
か
っ
た
 °
  
 
  
か
な
り
切
羽
詰
ま
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
撫
で
る
仕
草
を
し
て
い
た
 °
  
も
う
既
に
妄
想
で
し
て
い
る
の
か
 
誰
も
居
な
い
と
こ
ろ
で
頭
を
  
 
  
 
は
い
ぃ
ぃ
ぃ
・
・
・
し
た
い
で
す
ぅ
・
・
・
 
  
 
  
 
抱
っ
こ
し
て
 
な
で
な
で
し
た
い
?
 
  
 
  
 
は
い
ぃ
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
あ
ら
 
そ
ん
な
に
こ
の
子
に
触
り
た
い
?
 
  
 

























   

  
理
由
は
当
然
 °
優
太
を
可
愛
が
る
程
度
な
ら
良
い
が
 
恋
焦
が
れ
  
だ
が
 
私
は
優
太
と
は
違
い
原
液
を
飲
ん
だ
 °
  
私
が
飲
ん
だ
の
は
優
太
に
与
え
た
も
の
と
同
じ
惚
れ
薬
 °
  
 
  
 
あ
・
・
・
う
 
あ
・
・
・
あ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
堪
ら
な
い
人
間
が
目
の
前
に
二
人
も
居
る
 
状
態
は
?
 
  
 
あ
|
あ
 °
見
ち
ゃ
っ
た
わ
ね
 °
ど
う
?
 
大
好
き
で
大
好
き
で
  
 
  
が
っ
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
 
ほ
ん
の
り
赤
か
っ
た
彼
女
の
頬
が
 
真
っ
赤
に
染
め
上
  
彼
女
の
目
が
合
っ
た
途
端
 
静
か
に
な
っ
て
い
く
 °
  
 
  
 
そ
 
そ
ん
・
・
・
な
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
・
・
・
ふ
ふ
ふ
ふ
っ
 °
だ
|
め
 °
ま
だ
あ
な
た
に
は
早
い
わ
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
放
つ
 °























   

  
 
大
好
き
で
す
ぅ
・
・
・
あ
 
愛
し
て
お
り
ま
す
ぅ
 
朱
音
様
ぁ
  
 
  
答
え
は
当
然
決
ま
っ
て
い
た
 °
  
意
地
悪
く
聞
い
て
や
る
 °
  
 
  
 
ど
う
?
ど
ん
な
気
持
ち
?
 
  
 
  
 
あ
 
う
・
・
・
あ
は
ぁ
ぁ
ぁ
 
  
 
  
 
そ
う
そ
う
 °
そ
の
感
情
は
私
に
だ
け
向
け
て
れ
ば
い
い
の
 °
 
  
 
  
 
あ
 
か
ね
・
・
・
様
ぁ
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
私
に
は
・
・
・
  
 
  
っ
て
も
ら
う
こ
と
に
し
た
 °
  
そ
の
た
め
 
彼
女
に
は
恋
心
よ
り
も
母
性
の
方
を
た
っ
ぷ
り
味
わ
  
る
よ
う
な
ら
ば
そ
れ
は
行
き
過
ぎ
だ
か
ら
だ
 °








   

  
優
太
自
身
は
な
ん
の
こ
と
か
分
か
ら
な
い
様
子
で
 
こ
ち
ら
を
見
  
そ
う
い
っ
て
優
太
の
頭
を
撫
で
て
や
る
 °
  
 
  
 
前
言
っ
て
た
あ
な
た
へ
の
 
御
褒
美
 
は
・
・
・
こ
の
子
よ
 °
 
  
 
  
 
ふ
ぁ
ぁ
い
 
  
 
  
 
・
・
・
果
歩
 
よ
く
聞
き
な
さ
い
 °
 
  
 
  
 
  
 
  
も
は
や
こ
う
な
っ
て
し
ま
え
ば
こ
ち
ら
の
も
の
だ
っ
た
 °
  
を
見
せ
る
 °
  
娘
と
言
っ
て
や
る
と
 
感
極
ま
っ
た
よ
う
に
ト
ロ
ッ
ト
ロ
の
表
情
  
 
  
 
ふ
ぁ
っ
 
は
ふ
う
う
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
・
・
・
 
  
 
  
 
あ
ら
 
良
い
子
ね
 °
そ
れ
で
こ
そ
私
の
娘
だ
わ
 °
 
  
 
  
ぁ
ぁ
 























   

  
 
朱
音
様
と
同
じ
・
・
・
朱
音
様
と
同
じ
ぃ
ぃ
 
  
 
  
そ
の
後
 
ク
タ
ッ
と
頭
を
下
げ
た
か
と
思
う
と
  
最
後
の
言
葉
を
聞
い
た
途
端
 
果
歩
が
嬌
声
を
あ
げ
る
 °
  
 
  
 
は
う
ぅ
っ
!
!
く
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
  
 
  
 
  
よ
う
に
 
ね
 °
 
  
い
が
出
て
 
胸
ま
で
大
き
く
な
る
わ
 °
そ
う
・
・
・
 
私
と
同
じ
  
果
で
 
あ
な
た
も
母
性
が
湧
い
て
来
て
 
そ
れ
と
一
緒
に
お
っ
ぱ
  
 
え
え
 
本
当
よ
 °
そ
れ
に
 
あ
な
た
が
さ
っ
き
飲
ん
だ
薬
の
効
  
 
  
 
ほ
 
ほ
ん
と
ぅ
れ
す
か
ぁ
?
 
  
 
  
わ
け
 °
ど
う
?
簡
単
で
し
ょ
?
 
  
と
を
許
可
す
る
わ
 °
内
容
に
よ
っ
て
お
世
話
期
間
が
伸
び
る
っ
て
  
 
あ
な
た
の
頑
張
り
次
第
に
よ
っ
て
 
こ
の
子
を
お
世
話
す
る
こ
  
 
  
上
げ
て
い
た
 °




















   

  
 
は
ぁ
ぁ
っ
!
!
・
・
・
っ
く
 
ひ
ゃ
ぁ
ぁ
・
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
た
特
別
な
娘
・
・
・
そ
れ
が
あ
な
た
な
の
よ
 °
 
  
 
え
え
 
そ
う
 °
あ
な
た
は
特
別
な
の
 °
私
に
初
め
て
認
め
ら
れ
  
 
  
 
  
こ
の
機
会
に
一
気
に
た
た
み
か
け
る
こ
と
に
し
た
 °
  
ブ
ツ
ブ
ツ
と
呟
き
な
が
ら
 
幸
せ
そ
う
に
蕩
け
た
表
情
を
見
せ
る
 °
  
 
  
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
  
 
特
別
ぅ
・
・
・
朱
音
様
の
 
特
別
が
・
・
・
私
?
あ
 
あ
は
あ
  
 
  
そ
う
い
う
と
ま
た
  
 
  
せ
て
あ
げ
る
 °
特
別
よ
?
 
  
 
・
・
・
そ
れ
に
伴
っ
て
 
あ
な
た
に
は
こ
の
子
を
名
前
で
呼
ば
  
 
  
呻
く
よ
う
に
呟
い
て
い
た
 °
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
し
ば
ら
く
の
間
何
も
喋
ら
な
か
っ
た
 °
  
そ
れ
以
降
 
あ
ま
り
に
幸
せ
す
ぎ
た
の
か
 
気
を
失
っ
た
果
歩
は
  
 

























  > ≫