大
声
な
ん
か
あ
げ
た
ら
居
場
所
を
教
え
て
あ
げ
る
よ
  
は
私
達
人
間
よ
り
も
聴
覚
が
何
倍
も
優
れ
て
い
る
の
よ
 °
  
 
 
麗
‥
 
忘
れ
た
の
?
秋
山
君
の
話
で
は
ヤ
ツ
ら
サ
キ
ュ
バ
ス
  
 
  
・
 
  
 
美
琴
‥
 
で
も
早
く
哲
史
さ
ん
を
見
つ
け
な
い
と
・
・
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
不
意
に
麗
さ
ん
に
口
を
塞
が
れ
た
 °
  
 
  
 
 
麗
‥
 
や
め
な
さ
い
 °
 
  
 
  
・
・
  
 
 
 
 
 
こ
の
声
が
哲
史
さ
ん
に
届
く
事
を
願
っ
て
・
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
私
は
廊
下
の
奥
に
向
か
っ
て
大
声
で
叫
ん
だ
 °
  
 
  
美
琴
‥
 
哲
史
さ
|
|
|
ん
!
!
 
  
  
初
心
者
 
作
  
乳
神
隠
し
 
第
9
章


















≪ <  

  
 
  
合
じ
ゃ
な
い
わ
 °
・
・
・
そ
う
で
し
ょ
?
 
  
 
 
 
 
 
彼
を
本
当
に
助
け
た
い
な
ら
今
は
取
り
乱
し
て
る
場
  
ら
こ
そ
落
ち
着
か
な
き
ゃ
だ
め
よ
 °
  
 
 
麗
‥
 
・
・
・
・
・
・
落
ち
着
き
な
さ
い
 °
こ
ん
な
時
だ
か
  
 
  
 
 
 
 
 
不
安
で
た
ま
ら
な
く
な
る
 °
  
 
  
い
と
考
え
る
と
・
・
・
・
・
・
  
 
 
 
 
 
哲
史
さ
ん
が
あ
の
幽
霊
に
襲
わ
れ
て
る
か
も
し
れ
な
  
 
  
 
 
 
 
 
不
安
で
し
ょ
う
が
な
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
怖
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
私
の
身
体
が
震
え
る
 °
  
 
  
 
美
琴
‥
 
で
も
っ
・
・
・
・
・
・
で
も
っ
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
う
な
も
の
だ
わ
 °
 


















   

  
 
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
が
安
心
し
た
様
子
で
言
っ
た
 °
  
 
  
 
 
麗
‥
 
・
・
・
・
・
・
も
う
 
大
丈
夫
な
よ
う
ね
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
私
自
身
が
変
わ
ら
な
い
と
い
け
な
い
ん
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
に
甘
え
て
る
だ
け
じ
ゃ
だ
め
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
い
つ
ま
で
も
臆
病
で
い
ち
ゃ
だ
め
な
ん
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
・
・
・
い
や
 
だ
め
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
な
の
に
私
は
・
・
・
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
こ
ん
な
に
臆
病
な
私
を
優
し
く
慰
め
て
く
れ
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
・
・
・
・
・
・
麗
さ
ん
は
や
っ
ぱ
り
大
人
だ
 °
  
 
  
 
美
琴
‥
 
・
・
・
・
・
・
は
い
 °
 











   

  
 
 
 
 
 
私
が
声
を
あ
げ
て
駆
け
寄
る
の
と
同
時
に
 
フ
ィ
ル
  
 
  
フ
ィ
ル
‥
 
!
?
 
  
 
  
 
 
麗
‥
 
え
っ
!
?
 
  
 
  
 
美
琴
‥
 
フ
ィ
ル
さ
ん
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
あ
れ
は
・
・
・
・
・
・
  
 
  
つ
の
人
影
が
映
し
出
さ
れ
た
 °
  
 
 
 
 
 
突
然
視
界
が
開
け
た
か
と
思
う
と
 
目
の
前
に
ひ
と
  
 
  
 
美
琴
‥
 
!
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
す
る
と
そ
の
時
  
 
  
 
 
 
 
 
私
は
気
持
ち
を
落
ち
着
か
せ
る
と
 
顔
を
あ
げ
た
 °
  
 
  
 
美
琴
‥
 
は
い
 
も
う
・
・
・
大
丈
夫
で
す
 °
 






   

  
 
  
し
か
し
て
あ
な
た
・
・
・
・
・
・
 
  
 
 
麗
‥
 
何
で
秋
山
君
の
姿
が
な
い
の
よ
 °
・
・
・
・
・
・
も
  
 
  
ん
の
尋
問
は
止
ま
ら
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
私
は
と
っ
さ
に
麗
さ
ん
を
止
め
よ
う
と
す
る
が
麗
さ
  
 
  
 
美
琴
‥
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
麗
さ
ん
 °
 
  
 
  
め
る
 °
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
が
棘
の
あ
る
言
葉
で
フ
ィ
ル
さ
ん
を
問
い
詰
  
 
  
た
 
だ
け
 
が
こ
ん
な
所
に
い
る
の
よ
 °
 
  
 
麗
‥
 
 
ど
う
し
て
 
は
こ
っ
ち
の
台
詞
よ
 °
ど
う
し
て
あ
な
  
 
  
フ
ィ
ル
‥
 
ミ
コ
ト
に
・
・
・
レ
イ
 °
ど
う
し
て
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
哲
史
さ
ん
の
姿
は
・
・
・
・
・
・
な
い
 °
  
 
  
さ
ん
が
驚
い
た
表
情
で
こ
っ
ち
を
見
つ
め
る
 °








   

  
 
美
琴
‥
 
!
?
 
  
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
キ
ャ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
重
い
口
を
開
い
た
と
思
っ
た
そ
の
時
!
  
 
  
フ
ィ
ル
‥
 
サ
ト
シ
は
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
観
念
し
た
よ
う
に
  
 
 
 
 
 
フ
ィ
ル
さ
ん
は
し
ば
ら
く
黙
っ
て
い
た
が
 
や
が
て
  
 
  
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
私
は
麗
さ
ん
の
言
葉
か
ら
棘
を
抜
い
て
再
び
聞
き
直
  
 
  
で
す
か
?
哲
史
さ
ん
は
?
 
  
 
美
琴
‥
 
フ
ィ
ル
さ
ん
 
教
え
て
く
だ
さ
い
 °
何
が
あ
っ
た
ん
  
 
  
向
い
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
フ
ィ
ル
さ
ん
は
黙
っ
た
ま
ま
虚
ろ
な
目
を
し
て
下
を

   

  
 
美
琴
‥
 
あ
っ
!
?
麗
さ
ん
待
っ
て
!
!
 
  
 
  
し
た
方
に
向
か
っ
て
走
り
出
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
は
ク
ッ
と
拳
を
握
り
し
め
る
と
 
叫
び
声
が
  
 
  
ま
す
る
 °
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
の
そ
う
口
走
っ
た
声
が
私
の
耳
の
中
で
こ
だ
  
 
  
 
 
麗
‥
 
や
ら
れ
た
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
今
の
声
は
・
・
・
・
・
・
ま
さ
か
  
 
  
を
た
て
る
 °
  
 
 
 
 
 
私
の
心
臓
が
恐
怖
と
驚
愕
で
バ
ク
バ
ク
と
激
し
く
音
  
 
  
 
美
琴
‥
 
な
っ
 
何
!
?
 
  
 
  
叫
び
が
轟
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
突
如
私
達
の
来
た
方
角
か
ら
お
ぞ
ま
し
い
断
末
魔
の
  
 

























   

  
 
  
感
じ
ら
れ
る
 °
  
 
 
 
 
 
待
っ
て
い
る
間
の
一
分
一
秒
が
す
ご
く
長
い
時
間
に
  
 
  
不
安
に
駆
ら
れ
て
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
一
人
ポ
ツ
ン
と
残
さ
れ
た
私
は
ど
う
し
よ
う
も
な
い
  
 
  
 
美
琴
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
中
に
溶
け
て
見
え
な
く
な
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
私
は
必
死
に
叫
ん
だ
が
 
麗
さ
ん
の
姿
は
黒
い
霧
の
  
 
  
 
美
琴
‥
 
れ
っ
 
麗
さ
ん
!
 
  
 
  
か
ら
!
 
  
 
 
麗
‥
 
鈴
原
さ
ん
は
こ
こ
に
い
て
!
私
が
様
子
を
見
て
く
る
  
 
  
が
す
く
ん
で
動
か
せ
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
麗
さ
ん
に
続
い
て
私
も
駆
け
出
そ
う
と
す
る
が
 
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
重
い
目
蓋
が
上
が
り
 
視
界
が
開
か
れ
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
う
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
  
・
・
・
・
・
・
  
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
  
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
  
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
こ
に
フ
ィ
ル
さ
ん
の
姿
は
ど
こ
に
も
な
か
っ
た
 °
  
 
  
 
美
琴
‥
 
え
っ
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
し
か
し
  
 
  
め
た
 °
  
 
 
 
 
 
私
は
た
ま
ら
な
く
な
っ
て
フ
ィ
ル
さ
ん
に
助
け
を
求
  
 
  
 
美
琴
‥
 
・
・
・
・
・
・
ね
ぇ
 
フ
ィ
ル
さ
ん
 °
 





   

  
わ
っ
て
い
た
 °
  
た
れ
て
い
た
は
ず
な
の
に
 
気
が
つ
く
と
白
い
砂
浜
の
上
に
横
た
  
 
 
 
 
 
俺
は
確
か
に
あ
の
重
苦
し
い
黒
ず
ん
だ
鉄
の
棒
に
も
  
 
  
鉄
格
子
の
縦
列
も
無
く
な
っ
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
そ
れ
ど
こ
ろ
か
眠
り
に
つ
く
前
に
は
確
か
に
あ
っ
た
  
 
  
つ
見
え
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
し
か
し
周
り
に
は
フ
ィ
ル
の
姿
は
お
ろ
か
 
人
影
一
  
 
  
 
 
 
 
 
ハ
ッ
と
気
が
つ
い
て
俺
は
辺
り
を
見
回
す
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
っ
!
!
・
・
・
フ
ィ
ル
!
?
 
  
 
  
・
  
と
 
そ
ん
な
に
長
く
眠
っ
て
は
い
な
い
み
た
い
だ
が
・
・
・
・
・
  
 
 
 
 
 
身
体
に
だ
る
さ
が
ま
だ
残
っ
て
い
る
こ
と
を
考
え
る
  
 
  
 
 
 
 
 
い
っ
た
い
ど
の
く
ら
い
寝
て
い
た
の
だ
ろ
う
か
?
  
 

























   

  
っ
て
き
た
だ
け
だ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
思
っ
て
頬
を
つ
ね
っ
て
み
た
が
鈍
い
痛
み
が
返
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
夢
か
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
疑
問
と
い
う
疑
問
が
頭
の
中
を
右
往
左
往
す
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
し
て
こ
こ
は
一
体
ど
こ
な
ん
だ
?
  
 
  
 
 
 
 
 
な
ぜ
俺
は
こ
ん
な
所
に
い
る
?
  
 
  
っ
た
感
じ
だ
 °
  
 
 
 
 
 
わ
か
り
や
す
い
言
葉
で
表
す
な
ら
 
南
の
島
 
と
い
  
 
  
寄
せ
 
所
々
に
ヤ
シ
の
木
と
思
わ
れ
る
木
々
が
生
え
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
立
っ
て
い
る
白
い
砂
浜
に
は
蒼
色
の
波
が
打
ち
  
 
  
を
見
回
す
 °
  
 
 
 
 
 
身
体
に
付
い
た
砂
を
払
い
落
と
し
て
も
う
一
度
辺
り
  
 

























   

  
 
  
 
 
 
 
 
遠
く
て
姿
は
よ
く
わ
か
ら
な
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
誰
か
が
手
を
振
り
な
が
ら
こ
っ
ち
に
走
っ
て
く
る
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ん
?
 
  
 
  
?
?
?
‥
 
お
|
|
|
い
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
思
っ
た
と
き
  
 
  
 
 
 
 
 
本
当
に
俺
は
今
ど
こ
に
い
る
の
だ
ろ
う
か
?
  
 
  
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
歩
け
ど
も
歩
け
ど
も
白
い
砂
浜
が
た
だ
た
だ
続
い
て
  
 
  
 
 
 
 
 
と
り
あ
え
ず
俺
は
フ
ィ
ル
を
探
す
こ
と
に
し
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
俺
が
手
を
振
る
の
を
見
る
と
彼
女
は
ホ
ッ
と
息
を
つ
  
 
  
振
っ
て
近
づ
い
て
来
る
の
で
 
俺
も
手
を
振
り
返
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
俺
を
知
っ
て
い
る
よ
う
に
右
手
を
ぶ
ん
ぶ
ん
  
 
  
?
?
?
‥
 
お
|
|
|
い
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
背
中
に
は
あ
の
特
徴
的
な
翼
も
な
い
 °
  
 
  
色
も
白
で
は
な
く
艶
や
か
な
光
沢
の
黒
髪
だ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
の
髪
は
シ
ョ
|
ト
で
は
な
く
 
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
で
 
  
 
  
ゃ
な
い
こ
と
が
は
っ
き
り
と
わ
か
っ
て
き
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
の
姿
が
近
づ
い
て
く
る
に
つ
れ
て
 
フ
ィ
ル
じ
  
 
 
 
 
 
  
っ
た
俺
だ
っ
た
が
 
  
く
不
釣
り
合
い
な
胸
か
ら
ど
こ
と
な
く
フ
ィ
ル
っ
ぽ
さ
を
感
じ
取
  
 
 
 
 
 
華
奢
な
身
体
と
走
る
度
に
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
と
揺
れ
動
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
フ
ィ
ル
か
?
 









   

  
 
 
 
 
 
俺
は
慌
て
て
目
を
そ
ら
す
 °
  
 
  
び
込
ん
で
き
た
 °
  
中
に
彼
女
の
服
の
隙
間
か
ら
吸
い
込
ま
れ
そ
う
な
深
い
谷
間
が
飛
  
 
 
 
 
 
 
大
丈
夫
か
?
 
と
声
を
か
け
よ
う
と
し
た
俺
の
眼
  
 
  
 
哲
史
‥
 
お
っ
・
・
・
・
・
・
お
い
 
大
丈
夫
!
?
 
  
 
  
て
荒
々
し
い
息
を
た
て
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
目
の
前
に
や
っ
て
き
た
彼
女
は
膝
に
手
を
突
い
  
 
  
?
?
?
‥
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
よ
う
に
布
地
を
グ
ン
と
持
ち
上
げ
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
身
体
に
不
釣
り
合
い
な
大
き
な
胸
が
自
己
主
張
す
る
  
 
  
い
る
だ
け
の
簡
単
か
つ
色
っ
ぽ
い
格
好
だ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
男
が
着
る
よ
う
な
大
き
な
T
シ
ャ
ツ
を
着
て
  
 
  
い
て
 
こ
っ
ち
に
や
っ
て
き
た
 °













   

  
 
  
 
 
 
 
 
ひ
ょ
こ
っ
  
 
  
?
?
?
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
彼
女
か
ら
視
線
を
少
し
そ
ら
し
た
ま
ま
話
す
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
え
っ
と
・
・
・
・
・
・
俺
に
何
の
用
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
だ
息
が
少
し
荒
々
し
い
 °
  
 
  
体
を
起
こ
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
言
う
と
彼
女
は
膝
か
ら
手
を
離
し
 
ス
ッ
と
身
  
 
  
?
?
?
‥
 
は
っ
・
・
・
・
・
・
は
い
・
・
・
大
丈
夫
・
・
・
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
目
を
そ
ら
し
た
ま
ま
尋
ね
る
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
え
っ
と
・
・
・
・
・
・
そ
の
 
大
丈
夫
か
?
 
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
ひ
ょ
こ
っ
  
 
  
?
?
?
‥
  
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
た
そ
ら
す
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
  
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
れ
を
見
て
彼
女
が
ま
た
正
面
に
回
り
込
ん
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
ひ
ょ
こ
っ
  
 
  
?
?
?
‥
  
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
た
視
線
を
そ
ら
す
 °
  
 
  
面
に
回
り
込
む
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
視
線
の
方
向
に
気
づ
い
た
の
か
彼
女
が
俺
の
正
  
 
  
 
哲
史
‥
  



















   

  
 
哲
史
‥
 
っ
!
?
・
・
・
な
ん
で
俺
の
名
前
っ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
口
に
し
た
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
秋
山
哲
史
さ
ん
で
す
よ
ね
?
 
  
 
  
が
 
や
が
て
口
を
開
く
と
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
し
ば
ら
く
俺
の
顔
を
ま
じ
ま
じ
と
み
て
い
た
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
少
し
声
を
荒
く
し
て
言
っ
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
で
 
俺
に
い
っ
た
い
何
の
用
だ
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
彼
女
の
動
き
も
そ
れ
に
合
わ
せ
て
止
ま
る
 °
  
 
  
ら
し
く
な
っ
て
き
た
俺
は
視
線
を
止
め
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
ん
な
こ
と
を
繰
り
返
し
て
い
る
内
に
な
ん
か
馬
鹿
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
た
回
り
込
む
 °
  
 

























   

  
?
?
?
‥
 
だ
け
ど
 
す
ご
く
エ
ッ
チ
 
な
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ゴ
ン
ッ
  
 
  
?
?
?
‥
 
う
ん
 
 
す
ご
く
純
情
∧
ウ
ブ
∨
 
で
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
の
頭
の
上
に
  
が
浮
か
ぶ
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
聞
い
て
た
・
・
・
・
・
・
っ
て
何
を
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
と
嬉
し
そ
う
に
喋
っ
た
 °
  
 
  
と
違
っ
て
た
ら
ど
う
し
よ
う
か
と
思
い
ま
し
た
 °
 
  
?
?
?
‥
 
や
っ
ぱ
り
そ
う
だ
っ
た
!
良
か
っ
た
 °
聞
い
て
た
人
  
 
  
る
く
な
っ
た
か
と
思
う
と
  
 
 
 
 
 
俺
の
反
応
を
見
る
や
否
や
彼
女
の
顔
が
パ
ア
ッ
と
明
  
 
  
 
 
 
 
 
思
わ
ず
身
体
が
た
じ
ろ
ぐ
 °
  
 

























   

  
 
  
 
 
 
 
 
と
指
差
し
な
が
ら
言
っ
た
 °
  
 
  
た
通
り
 °
 
  
?
?
?
‥
 
そ
う
や
っ
て
向
き
に
な
っ
て
否
定
す
る
所
も
聞
い
て
  
 
  
 
 
 
 
 
す
る
と
彼
女
は
ニ
ヤ
ッ
と
笑
っ
て
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
咄
嗟
に
否
定
し
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
違
う
っ
!
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
言
葉
の
一
つ
一
つ
が
身
体
に
重
く
の
し
か
か
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
ギ
ン
ゴ
ン
ガ
ン
ッ
  
 
  
?
?
?
‥
 
 
童
貞
さ
ん
 
っ
て
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ガ
ン
ゴ
ン
ッ
  
 

























   

  
 
  
 
哲
史
‥
 
お
っ
 
お
い
 °
俺
を
ど
こ
に
連
れ
て
く
ん
だ
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
見
た
目
か
ら
は
想
像
で
き
な
い
す
ご
い
力
だ
 °
  
 
  
歩
い
て
い
く
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
そ
う
言
い
な
が
ら
た
だ
た
だ
前
に
向
か
っ
て
  
 
  
?
?
?
‥
 
こ
っ
ち
で
す
よ
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
彼
女
に
さ
れ
る
が
ま
ま
に
連
れ
て
行
か
れ
る
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
え
っ
!
?
 
お
っ
 
お
い
 °
 
  
 
  
る
と
 
彼
女
は
い
き
な
り
俺
の
手
を
取
っ
て
歩
き
出
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
言
葉
を
詰
ま
ら
せ
る
俺
の
顔
を
嬉
し
そ
う
に
見
つ
め
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
言
い
返
す
こ
と
が
で
き
な
い
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ぐ
っ
・
・
・
・
・
・
 












   

  
 
 
 
 
 
 
サ
キ
ュ
バ
ス
 
  
 
  
 
  
 
 
 
 
 
と
い
う
こ
と
は
コ
イ
ツ
は
フ
ィ
ル
と
同
じ
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
ソ
イ
ツ
に
会
え
と
い
う
こ
と
か
?
  
 
  
人
物
 °
  
 
 
 
 
 
フ
ィ
ル
が
言
っ
て
い
た
 
マ
ス
タ
|
 
と
呼
ば
れ
る
  
 
  
あ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
 
マ
ス
タ
|
 
・
・
・
そ
の
言
葉
に
は
聞
き
覚
え
が
  
 
  
?
?
?
‥
 
そ
う
 °
マ
ス
タ
|
の
所
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
マ
ス
タ
|
・
・
・
だ
と
!
?
 
  
 
  
?
?
?
‥
 
お
・
・
・
マ
ス
タ
|
の
所
で
す
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
手
を
引
か
れ
な
が
ら
 
俺
は
彼
女
に
尋
ね
た
 °



   

  
 
 
 
 
 
俺
は
言
葉
を
濁
し
た
 °
  
 
  
歩
く
か
ら
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
あ
・
・
・
い
や
・
・
・
引
っ
張
ら
な
く
て
も
自
分
で
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
だ
彼
女
が
そ
う
決
ま
っ
た
わ
け
じ
ゃ
な
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
の
言
葉
で
ハ
ッ
と
我
に
返
る
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
彼
女
が
驚
い
た
表
情
で
こ
っ
ち
を
向
く
 °
  
 
  
り
も
先
に
彼
女
の
手
を
振
り
払
っ
て
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
の
単
語
が
頭
を
よ
ぎ
る
と
 
俺
の
手
は
考
え
る
よ
  
 
  
 
 
 
 
 
バ
ッ
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
俺
は
こ
の
重
苦
し
い
雰
囲
気
に
耐
え
き
れ
な
く
な
っ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
あ
っ
・
・
・
・
・
・
あ
の
さ
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
話
題
・
・
・
何
か
話
題
を
・
・
・
・
・
・
  
 
  
わ
っ
て
く
る
 °
  
 
 
 
 
 
一
歩
一
歩
進
む
度
に
空
気
の
重
さ
が
ひ
し
ひ
し
と
伝
  
 
  
 
 
 
 
 
互
い
に
会
話
が
生
ま
れ
な
い
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
人
で
先
に
歩
き
出
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
一
瞬
残
念
そ
う
な
素
振
り
を
見
せ
る
と
 
  
 
  
?
?
?
‥
 
そ
う
・
・
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
か
?
∨
  
 
哲
史
‥
∧
な
ん
だ
?
名
前
を
言
う
と
ま
ず
い
こ
と
で
も
あ
る
の
  
 
  
ら
く
黙
り
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
言
葉
に
彼
女
は
ハ
ッ
と
し
た
顔
を
す
る
と
し
ば
  
 
  
?
?
?
‥
 
あ
っ
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
た
な
っ
て
・
・
・
・
・
・
 
  
 
哲
史
‥
 
え
っ
と
・
・
・
そ
う
い
や
ま
だ
名
前
聞
い
て
な
か
っ
  
 
  
 
 
 
 
 
ま
た
一
瞬
た
じ
ろ
い
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
同
時
に
服
の
中
の
球
体
も
ぶ
る
ん
と
揺
れ
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
彼
女
が
ゆ
っ
く
り
と
振
り
返
る
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
な
に
?
 
  
 
  
て
口
を
開
い
た
 °



















   

  
 
  
5
号
 
っ
て
呼
ん
で
る
し
 °
 
  
?
?
?
‥
 
知
ら
な
い
よ
 °
い
つ
も
マ
ス
タ
|
は
私
の
事
 
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
な
ん
だ
よ
そ
の
エ
ム
1
5
号
っ
て
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
奇
想
天
外
な
名
を
発
言
し
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
は
?
 
  
 
  
?
?
?
‥
 
M
1
5
号
!
 
  
 
  
手
を
パ
ン
と
叩
く
と
  
 
 
 
 
 
と
言
っ
て
い
か
に
も
 
閃
い
た
!
 
と
い
う
感
じ
に
  
 
  
?
?
?
‥
 
あ
っ
!
!
 
  
 
  
静
止
し
て
い
た
が
突
然
  
 
 
 
 
 
彼
女
は
 
考
え
る
人
 
の
ポ
|
ズ
を
し
て
し
ば
ら
く
  
 

























   

  
?
?
?
‥
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ど
こ
だ
っ
け
・
・
・
  
 
  
あ
る
気
が
す
る
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
い
や
彼
女
に
は
前
に
ど
こ
か
で
会
っ
た
こ
と
が
  
 
  
ぎ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
の
単
語
を
聞
い
た
時
 
俺
の
頭
の
中
に
何
か
が
よ
  
 
  
ク
 
?
 
  
 
哲
史
‥
 
そ
ん
な
こ
と
聞
い
て
な
・
・
・
・
・
・
ん
?
 
ミ
ル
  
 
  
っ
 
ち
な
み
に
  
っ
て
の
は
 
ミ
ル
ク
 
の
略
だ
よ
 °
 
  
?
?
?
‥
 
う
ん
 
私
は
別
に
気
に
し
て
な
い
か
ら
 °
・
・
・
あ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
お
前
 
そ
れ
で
い
い
の
か
?
 
  
 
  
字
が
刻
ま
れ
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
よ
く
見
る
と
彼
女
の
右
肩
に
小
さ
く
 
1
5
 
と
数

   

  
 
  
 
哲
史
‥
 
は
?
 
  
 
  
て
 
い
っ
た
い
何
年
前
の
口
説
き
文
句
?
 
  
?
?
?
‥
 
だ
っ
て
 
ど
こ
か
で
会
っ
た
こ
と
あ
っ
た
っ
け
 
っ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
な
っ
・
・
・
・
・
・
な
ん
だ
よ
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
急
に
口
に
手
を
当
て
て
笑
い
出
し
た
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
・
・
・
・
・
・
ぷ
っ
 °
あ
は
は
は
は
 
  
 
  
る
と
  
 
 
 
 
 
俺
の
質
問
に
彼
女
は
ち
ょ
っ
と
の
間
キ
ョ
ト
ン
と
す
  
 
  
こ
か
で
会
っ
た
こ
と
あ
っ
た
っ
け
?
 
  
 
哲
史
‥
 
あ
・
・
・
・
・
・
い
や
・
・
・
・
・
・
俺
達
前
に
ど
  
 
  
 
 
 
 
 
不
意
に
彼
女
が
俺
の
顔
を
覗
き
込
ん
で
く
る
 °
  
 

























   

  
 
  
?
?
?
‥
 
何
で
?
 
  
 
  
・
 
  
 
哲
史
‥
 
い
や
 
そ
の
呼
び
方
な
ん
か
抵
抗
あ
ん
だ
よ
な
・
・
  
 
  
?
?
?
‥
 
1
5
号
 °
 
  
 
  
早
く
目
的
地
に
向
か
う
ぞ
・
・
・
え
っ
と
・
・
・
 
  
 
哲
史
‥
 
ぐ
っ
・
・
・
・
・
・
も
う
い
い
 °
何
で
も
い
い
か
ら
  
 
  
?
?
?
‥
 
あ
は
は
真
っ
赤
に
な
っ
て
 
か
わ
い
い
 °
 
  
 
  
・
・
・
・
 
  
 
哲
史
‥
 
ち
っ
 
違
う
ぞ
!
そ
う
い
う
意
味
じ
ゃ
な
く
て
だ
な
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
の
顔
が
み
る
み
る
紅
潮
す
る
 °
  
 
  
っ
た
意
味
が
だ
ん
だ
ん
分
か
っ
て
き
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
の
言
葉
で
改
め
て
考
え
て
み
る
と
 
彼
女
の
言

   

  
 
  
 
 
 
 
 
結
局
イ
チ
ゴ
と
呼
ぶ
事
に
な
っ
た
 °
  
 
  
?
?
?
‥
 
ま
ぁ
 
い
い
よ
 °
イ
チ
ゴ
で
 °
か
わ
い
い
し
 °
 
  
 
  
れ
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
俺
に
良
質
な
ネ
|
ミ
ン
グ
セ
ン
ス
を
求
め
な
い
で
く
  
 
  
?
?
?
‥
 
・
・
・
・
ま
ん
ま
だ
ね
 °
 
  
 
  
・
イ
チ
 
ゴ
|
・
・
・
イ
チ
ゴ
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
う
・
・
・
え
っ
と
・
・
・
1
5
号
・
・
・
1
5
・
・
  
 
  
?
?
?
‥
 
ど
ん
な
?
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
と
 
と
も
か
く
だ
 °
何
か
別
の
呼
び
方
考
え
る
か
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
囚
人
番
号
み
た
い
だ
な
ん
て
言
え
る
わ
け
が
な
い
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
う
・
・
・
い
や
・
・
・
・
・
・
 








   

  
イ
チ
ゴ
‥
 
も
う
・
・
・
少
し
で
す
よ
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ま
だ
な
の
か
?
 
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
イ
チ
ゴ
‥
 
も
う
少
し
よ
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ま
だ
着
か
な
い
の
か
?
 
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
哲
史
‥
 
へ
い
へ
い
 °
 
  
 
  
よ
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
さ
ぁ
 
決
ま
っ
た
な
ら
早
く
マ
ス
タ
|
の
所
に
行
く

   

  
を
歩
い
て
俺
を
探
し
に
来
て
た
の
か
?
  
 
 
 
 
 
ひ
ょ
っ
と
し
て
イ
チ
ゴ
は
こ
ん
な
途
方
も
な
い
距
離
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
息
も
俺
の
息
も
大
分
あ
が
っ
て
き
た
 °
  
 
  
る
気
が
す
る
 °
  
 
 
 
 
 
も
う
合
計
4
時
間
は
ノ
ン
ス
ト
ッ
プ
で
歩
き
続
け
て
  
 
  
 
哲
史
‥
 
そ
れ
2
時
間
前
に
も
言
っ
て
た
ぞ
・
・
・
 °
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
も
う
・
・
・
少
し
・
・
・
で
す
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ま
だ
か
|
|
|
?
 
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
 
・
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
で
 
結
局
あ
と
ど
れ
く
ら
い
か
か
る
ん
だ
?
 
  
 
  
っ
て
い
る
こ
と
に
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
そ
う
思
っ
た
が
彼
女
の
プ
ラ
イ
ド
の
為
に
も
黙
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
よ
っ
ぽ
ど
休
み
た
か
っ
た
ん
だ
な
・
・
・
∨
  
 
  
 
 
 
 
 
と
言
っ
て
素
早
く
腰
を
下
ろ
し
た
 °
  
 
  
ま
し
ょ
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
そ
う
で
す
ね
 °
そ
う
で
す
よ
ね
 °
休
み
ま
し
ょ
休
み
  
 
  
い
た
!
!
 
と
言
う
よ
う
に
目
を
キ
ラ
キ
ラ
さ
せ
て
  
 
 
 
 
 
俺
が
そ
う
言
う
と
イ
チ
ゴ
は
 
そ
の
言
葉
を
待
っ
て
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
な
ぁ
 
少
し
休
ま
な
い
か
?
 
  
 
  
な
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
思
う
と
俺
は
な
ん
だ
か
申
し
訳
な
い
気
持
ち
に
  
 

























   

  
 
  
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
だ
っ
大
丈
夫
で
す
よ
 °
2
時
間
な
ん
て
す
ぐ
だ
か
ら
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
砂
浜
に
崩
れ
落
ち
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
は
ぁ
|
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
2
時
間
・
・
・
く
ら
い
か
な
ぁ
 °
 
  
 
  
葉
を
詰
ま
ら
せ
て
言
い
に
く
そ
う
に
言
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
が
問
い
詰
め
る
と
イ
チ
ゴ
は
 
う
・
・
・
 
と
言
  
 
  
 
哲
史
‥
 
具
体
的
に
頼
む
 °
 
  
 
  
で
す
よ
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
え
っ
・
・
・
え
っ
と
・
・
・
・
・
・
も
 
も
う
少
し
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
腰
を
下
ろ
し
て
イ
チ
ゴ
に
確
認
す
る
 °
  
 

























   

  
 
  
 
 
 
 
 
少
し
ど
ぎ
ま
ぎ
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ま
っ
 
ま
ぁ
な
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
の
表
情
は
無
垢
そ
の
も
の
だ
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
俺
の
顔
を
覗
き
込
ん
で
く
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
喉
渇
い
て
る
の
?
 
  
 
  
よ
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
ま
ぁ
 
俺
の
喉
の
渇
き
が
も
つ
ま
で
頑
張
っ
て
み
る
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
思
っ
て
体
を
起
こ
す
 °
  
 
  
し
 
俺
が
ふ
て
く
さ
れ
る
わ
け
に
は
い
か
な
い
よ
な
 °
  
 
哲
史
‥
∧
ま
ぁ
 
俺
よ
り
こ
い
つ
の
方
が
2
倍
歩
い
て
る
ん
だ
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
動
揺
し
て
な
だ
め
よ
う
と
し
て
い
る
 °


   

  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
な
ん
で
そ
こ
で
胸
を
押
さ
え
る
!
?
∨
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
飲
ん
で
も
・
・
・
い
い
け
ど
・
・
・
 
  
 
  
∨
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
な
ん
で
そ
こ
で
恥
ず
か
し
そ
う
な
顔
を
す
る
!
?
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
も
し
我
慢
で
き
な
い
な
ら
・
・
・
 
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
な
ん
だ
今
の
間
は
?
∨
  
 
  
 
哲
史
‥
 
ん
?
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
じ
ゃ
あ
・
・
・
・
・
・
飲
む
?
 
  
 
  
と
い
う
時
に
・
・
・
  
 
 
 
 
 
み
ん
な
が
大
変
な
目
に
あ
っ
て
い
る
か
も
し
れ
な
い
  
 
  
 
 
 
 
 
い
っ
た
い
俺
は
何
し
て
ん
だ
 °









   

  
 
 
 
 
 
ダ
メ
だ
!
早
く
何
と
か
し
な
い
と
!
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
の
了
承
も
得
ず
に
イ
チ
ゴ
が
服
に
手
を
か
け
る
 °
  
 
  
し
ま
う
ん
だ
ろ
う
か
 °
  
 
 
 
 
 
な
ん
で
当
た
っ
て
ほ
し
く
な
い
予
想
ほ
ど
当
た
っ
て
  
 
  
 
 
 
 
 
☆
予
想
的
中
!
☆
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
お
っ
ぱ
い
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
ま
っ
 
ま
さ
か
∨
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
だ
か
ら
・
・
・
そ
の
・
・
・
私
の
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
の
今
ま
で
の
経
験
則
が
嫌
な
答
え
を
連
想
さ
せ
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
恐
る
恐
る
聞
い
て
み
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
飲
む
っ
て
・
・
・
何
を
?
 







   

  
 
 
 
 
 
汗
だ
っ
て
そ
ん
な
に
出
る
奴
い
ね
ぇ
ぞ
!
?
  
 
  
 
 
 
 
 
に
っ
 
2
リ
ッ
ト
ル
!
?
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
へ
?
昨
日
も
2
リ
ッ
ト
ル
は
出
た
よ
 °
 
  
 
  
供
も
い
な
い
の
に
出
る
わ
け
な
い
だ
ろ
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
い
っ
・
・
・
い
や
っ
 
ほ
っ
 
ほ
ら
 
そ
も
そ
も
子
  
 
  
何
な
ん
だ
こ
の
展
開
?
  
 
 
 
 
 
っ
て
い
う
か
会
っ
て
か
ら
半
日
も
経
っ
て
な
い
の
に
  
 
  
 
 
 
 
 
い
や
 
保
証
さ
れ
て
も
困
る
ん
だ
が
・
・
・
・
・
・
  
 
  
味
し
い
で
す
 °
保
証
し
ま
す
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
大
丈
夫
で
す
 °
私
の
お
っ
ぱ
い
は
牛
乳
よ
り
断
然
美
  
 
  
俺
牛
乳
苦
手
だ
か
ら
さ
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
い
っ
・
・
・
い
や
っ
 
大
丈
夫
だ
し
 
あ
っ
 
ほ
ら
 
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
神
様
は
と
こ
と
ん
俺
の
貞
操
を
崩
し
た
い
ら
し
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
何
の
試
練
だ
こ
れ
は
・
・
・
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
吸
っ
て
欲
し
い
の
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
何
?
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
う
う
ん
 
・
・
・
っ
て
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
で
 
俺
に
搾
り
出
し
て
ほ
し
い
と
?
 
  
 
  
・
・
 
  
か
ら
・
・
・
そ
の
・
・
・
お
っ
ぱ
い
が
張
っ
ち
ゃ
っ
て
・
・
・
・
  
イ
チ
ゴ
‥
 
実
を
言
う
と
・
・
・
今
日
は
ま
だ
搾
っ
て
な
か
っ
た
  
 
  
 
 
 
 
 
ど
う
い
う
身
体
し
て
ん
だ
コ
イ
ツ
は
!
?
  
 

























   

  
ッ
チ
し
た
よ
ね
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
け
ど
あ
ず
さ
ち
ゃ
ん
や
美
琴
ち
ゃ
ん
に
は
エ
  
 
  
ら
消
せ
 °
欠
片
1
つ
残
さ
ず
に
 °
 
  
 
哲
史
‥
 
ぶ
っ
!
?
・
・
・
そ
れ
は
今
す
ぐ
忘
れ
ろ
 °
記
憶
か
  
 
  
な
か
っ
た
の
?
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
何
で
?
哲
史
君
っ
て
 
す
ご
く
エ
ッ
チ
 
な
ん
じ
ゃ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
い
や
 
さ
す
が
に
そ
れ
は
問
題
あ
る
だ
ろ
う
 °
 
  
 
  
う
 °
  
 
 
 
 
 
や
は
り
こ
こ
は
男
ら
し
く
き
っ
ぱ
り
と
断
っ
て
お
こ
  
 
  
 
 
 
 
 
言
っ
て
る
事
は
不
純
極
ま
り
な
い
の
だ
が
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
純
粋
な
眼
差
し
で
見
つ
め
て
く
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
だ
っ
 
だ
め
?
 
  
 

























   

  
イ
チ
ゴ
‥
 
だ
っ
て
見
て
た
ん
だ
も
|
ん
 °
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
お
ま
っ
 
何
で
知
っ
て
ん
だ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
ん
な
俺
の
挙
動
を
見
て
イ
チ
ゴ
の
顔
が
に
や
つ
く
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
言
葉
に
で
き
な
い
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
パ
ク
・
・
・
パ
ク
・
・
・
∨
  
 
  
く
渦
巻
い
て
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
頭
の
中
で
混
乱
が
轟
音
を
た
て
る
く
ら
い
激
し
  
 
  
中
深
く
に
葬
っ
た
だ
ろ
う
 °
  
 
 
 
 
 
こ
の
時
も
し
近
く
に
穴
が
あ
っ
た
ら
俺
は
全
身
を
地
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
激
し
く
ず
っ
こ
け
た
  
 
  
 
哲
史
‥
 
*
□
◇
%
÷
@
!
?
 
  
 

























   

  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ガ
ク
ッ
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
う
思
っ
て
俺
は
立
ち
上
が
ろ
う
と
し
た
が
  
 
  
・
∨
  
 
哲
史
‥
∧
に
っ
 
逃
げ
な
け
れ
ば
・
・
・
早
く
こ
こ
か
ら
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
背
中
に
寒
い
も
の
を
感
じ
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
ゾ
ク
ッ
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
四
つ
ん
這
い
で
じ
り
じ
り
と
迫
っ
て
来
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
そ
ん
な
こ
と
よ
り
・
・
・
 
  
 
  
 
哲
史
‥
 
見
て
た
!
?
い
つ
!
?
ど
こ
で
!
?
 
  
 

























   

  
 
  
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
身
体
に
イ
チ
ゴ
の
豊
満
な
胸
が
押
し
当
て
ら
れ
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
  
 
  
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
に
抱
き
つ
か
れ
 
そ
の
ま
ま
押
し
倒
さ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
う
わ
あ
あ
あ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ギ
ュ
ッ
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
哲
史
君
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
逃
げ
ら
れ
な
い
!
  
 
  
 
 
 
 
 
さ
っ
き
ず
っ
こ
け
た
時
に
足
首
を
捻
っ
て
し
ま
っ
た
!
  
 
  
 
 
 
 
 
し
ま
っ
た
!
















   

  
 
  
 
哲
史
‥
 
ん
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ギ
ュ
ッ
 
ギ
ュ
ッ
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
・
・
・
こ
 
こ
い
つ
何
や
っ
て
・
・
・
∨
  
 
  
 
 
 
 
 
耳
元
か
ら
イ
チ
ゴ
の
エ
ロ
い
声
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
は
ぁ
う
・
・
・
あ
ふ
ぅ
・
・
・
 
  
 
  
で
き
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
に
抱
か
れ
た
ま
ま
体
を
動
か
す
こ
と
が
  
 
  
動
か
す
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
俺
に
抱
き
つ
い
た
ま
ま
 
身
体
を
上
下
に
  
 
  
 
 
 
 
 
ギ
ュ
ッ
 
ギ
ュ
ッ
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
う
っ
 
う
わ
ぁ
胸
が
・
・
・
∨









   

  
 
  
は
今
や
決
壊
寸
前
の
ダ
ム
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
初
め
て
 
攻
め
ら
れ
る
 
立
場
に
な
っ
た
俺
の
理
性
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
や
ば
い
 
こ
れ
は
や
ば
い
っ
て
・
・
・
∨
  
 
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
声
も
だ
ん
だ
ん
激
し
く
な
っ
て
き
て
い
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ふ
ぅ
ん
・
・
・
は
ぁ
ぁ
・
・
・
あ
あ
っ
・
・
・
 
  
 
  
だ
ん
だ
ん
堅
く
な
っ
て
き
て
い
る
の
を
神
経
が
感
じ
取
る
 °
  
 
 
 
 
 
身
体
に
ご
し
ご
し
と
擦
れ
る
イ
チ
ゴ
の
胸
の
先
端
が
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
や
ば
い
・
・
・
や
ば
い
っ
て
・
・
・
∨
  
 
  
 
 
 
 
 
《
俺
の
身
体
で
乳
首
を
い
じ
っ
て
る
!
?
》
  
 
  
が
擦
れ
・
・
・
・
・
・
っ
て
こ
い
つ
ま
さ
か
!
?
  
 
 
 
 
 
俺
の
胸
板
に
柔
ら
か
い
胸
と
一
緒
に
少
し
堅
い
も
の

   

  
イ
チ
ゴ
‥
 
胸
が
う
ず
う
ず
し
て
・
・
・
も
う
自
分
で
弄
っ
て
る
  
 
  
く
ら
い
バ
ク
バ
ク
と
轟
音
を
た
て
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
心
臓
が
緊
張
と
興
奮
で
こ
れ
ま
で
に
な
い
っ
て
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
ど
っ
 
ど
っ
 
ど
ど
ど
う
し
た
!
?
 
  
 
  
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
T
シ
ャ
ツ
の
乳
首
の
あ
た
り
が
チ
ョ
ロ
ッ
と
濡
れ
て
  
 
  
起
こ
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
乳
首
を
擦
り
付
け
る
の
を
止
め
て
身
体
を
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
哲
史
君
・
・
・
 °
 
  
 
  
い
で
 
た
だ
呆
然
と
そ
れ
を
受
け
て
い
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
自
分
ら
を
押
さ
え
る
こ
と
に
い
っ
ぱ
い
い
っ
ぱ
  
 
  
と
身
体
を
震
わ
せ
る
の
が
ま
た
エ
ロ
い
 °
  
 
 
 
 
 
乳
首
を
俺
の
身
体
に
擦
り
付
け
な
が
ら
時
々
ビ
ク
ン

   

  
っ
と
前
に
差
し
出
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
そ
う
言
う
と
自
分
の
胸
を
掴
ん
で
 
ぐ
い
  
 
  
ャ
に
し
て
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
お
願
い
・
・
・
哲
史
君
の
手
で
・
・
・
メ
チ
ャ
ク
チ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
お
っ
・
・
・
お
い
っ
・
・
・
 
  
 
  
と
揺
れ
て
露
わ
に
な
る
 °
  
肌
と
堅
く
勃
起
し
た
桃
色
の
乳
首
を
付
け
た
大
き
な
胸
が
ぶ
る
ん
  
 
 
 
 
 
T
シ
ャ
ツ
の
下
か
ら
汗
を
纏
っ
て
光
り
輝
く
純
白
の
  
 
  
け
 
強
引
に
捲
り
上
げ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
言
う
と
イ
チ
ゴ
は
自
分
の
T
シ
ャ
ツ
に
手
を
か
  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
バ
ッ
  
 
  
だ
け
じ
ゃ
満
足
で
き
な
い
の
 °
 













   

  
 
 
 
 
 
も
に
ゅ
っ
 
  
 
  
 
 
 
 
 
も
に
ゅ
っ
 
  
 
  
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
無
意
識
の
う
ち
に
イ
チ
ゴ
の
胸
を
鷲
掴
み
し
て
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
っ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
  
 
  
 
 
 
 
 
ダ
ッ
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
し
て
・
・
・
  
 
  
て
砕
け
散
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
の
瞬
間
俺
の
中
で
何
か
が
ガ
ラ
ガ
ラ
と
音
を
た
て
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 

























   

  
寄
せ
て
み
た
り
 
ぐ
い
っ
と
押
し
つ
ぶ
し
た
り
と
激
し
く
弄
く
り
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
の
胸
を
両
側
か
ら
む
ぎ
ゅ
っ
と
内
側
に
  
 
  
・
う
ぅ
ん
!
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ひ
ゃ
っ
・
・
・
哲
史
君
・
・
・
そ
ん
な
激
し
く
・
・
  
 
  
反
応
し
た
 °
  
チ
ゴ
の
胸
は
次
第
に
あ
っ
た
か
く
な
っ
て
い
き
 
時
々
ビ
ク
ン
と
  
 
 
 
 
 
全
体
を
ギ
ュ
ッ
 
ギ
ュ
ッ
と
揉
め
ば
揉
む
ほ
ど
 
  
 
  
の
全
体
を
素
早
く
撫
で
回
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
の
マ
シ
ュ
マ
ロ
の
よ
う
に
柔
ら
か
い
胸
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
っ
・
・
・
ん
ん
っ
・
・
・
は
ぁ
ぁ
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
も
に
ゅ
っ
 
  
 
  
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
も
に
ゅ
っ
 
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
与
え
た
刺
激
に
よ
っ
て
お
っ
ぱ
い
が
分
泌
さ
れ
 
  
 
  
ペ
|
ス
が
だ
ん
だ
ん
早
く
な
っ
て
き
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
言
う
と
お
り
胸
の
ビ
ク
ン
と
す
る
反
応
の
  
 
  
で
う
ご
め
い
て
る
ぅ
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
や
ぁ
ぁ
・
・
・
お
っ
ぱ
い
が
・
・
・
お
っ
ぱ
い
が
中
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
 
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
 
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
 
  
 
  
 
 
 
 
 
む
ぎ
ゅ
っ
 
  
 
  
を
荒
立
て
な
が
ら
ど
こ
か
気
持
ち
よ
さ
そ
う
な
顔
を
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
う
す
れ
ば
す
る
ほ
ど
 
イ
チ
ゴ
は
は
ぁ
は
ぁ
と
息
  
 
  
ま
わ
す
 °






















   

  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ふ
わ
あ
あ
あ
あ
あ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
キ
ュ
ッ
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
端
を
ビ
ク
ビ
ク
震
わ
せ
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
乳
首
は
先
程
よ
り
も
大
き
く
膨
ら
み
 
  
 
  
力
し
 
俺
に
身
体
を
委
ね
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
快
感
と
苦
痛
の
連
鎖
で
 
も
う
完
全
に
脱
  
 
  
・
・
苦
し
い
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
は
ぅ
・
・
・
い
や
ぁ
・
・
・
胸
が
張
っ
ち
ゃ
っ
て
・
  
 
  
と
大
き
さ
を
増
し
て
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
胸
は
揉
み
始
め
た
頃
よ
り
も
確
実
に
張
り
  
 
  
の
中
の
タ
ン
ク
が
限
界
に
近
く
な
っ
て
い
る
ら
し
い
 °





   

  
う
な
ほ
ど
魅
力
的
に
な
っ
て
い
る
 °
  
赤
に
染
ま
っ
て
 
吐
く
息
は
も
う
息
遣
い
だ
け
で
男
を
落
と
せ
そ
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
頬
は
ま
る
で
苺
そ
の
も
の
の
よ
う
に
真
っ
  
 
  
し
く
ビ
ク
ン
ビ
ク
ン
と
身
体
を
震
わ
せ
た
 °
  
 
 
 
 
 
乳
首
を
指
で
ゴ
シ
ゴ
シ
と
し
ご
く
度
に
イ
チ
ゴ
は
激
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ふ
わ
あ
あ
あ
あ
あ
!
い
や
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ゴ
シ
  
 
 
 
 
 
ゴ
シ
  
 
 
 
 
 
ゴ
シ
  
 
 
 
 
 
ゴ
シ
  
 
  
 
 
 
 
 
キ
ュ
ッ
  
 
  
 
 
 
 
 
キ
ュ
ッ
  
 
  
に
イ
チ
ゴ
が
大
き
な
悲
鳴
を
あ
げ
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
が
そ
の
大
き
く
膨
ら
ん
だ
乳
首
を
つ
ま
む
と
同
時

   

  
を
動
か
し
て
乳
首
を
刺
激
す
る
 °
  
 
 
 
 
 
今
度
は
口
で
イ
チ
ゴ
の
乳
首
を
く
わ
え
て
 
唇
と
舌
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ん
っ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
か
ぷ
っ
  
 
  
る
で
乳
首
か
ら
電
流
が
流
れ
る
よ
う
に
ビ
ク
ン
と
反
応
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
舌
で
レ
ロ
レ
ロ
と
弄
く
る
ほ
ど
 
イ
チ
ゴ
の
胸
は
ま
  
 
  
ち
ゃ
う
ぅ
・
・
・
ふ
わ
ぁ
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ん
っ
・
・
・
わ
ぁ
・
・
・
乳
首
凄
い
ぃ
・
・
・
感
じ
  
 
  
で
堅
く
勃
っ
た
乳
首
を
舐
め
回
す
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
手
で
イ
チ
ゴ
の
胸
を
弄
く
り
ま
わ
し
な
が
ら
舌
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ひ
っ
!
?
わ
あ
あ
あ
あ
あ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ペ
ロ
ッ
  
 

























   

  
乳
首
を
甘
噛
み
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
が
倒
れ
た
時
の
衝
撃
で
つ
い
力
が
入
り
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
カ
リ
ッ
  
 
  
の
胸
に
押
し
付
け
ら
れ
る
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
身
体
が
地
面
に
倒
れ
 
俺
の
顔
が
イ
チ
ゴ
  
 
  
の
け
ぞ
っ
た
姿
勢
を
支
え
て
い
た
両
手
を
崩
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
襲
っ
て
来
る
快
感
に
耐
え
き
れ
な
く
な
り
 
  
 
  
 
 
 
 
 
バ
タ
ン
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
い
っ
い
や
あ
あ
あ
!
!
だ
め
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
  
 
  
イ
レ
ク
ト
に
伝
わ
っ
て
く
る
 °
  
 
 
 
 
 
乳
首
の
ビ
ク
ン
ビ
ク
ン
と
震
え
る
振
動
が
唇
か
ら
ダ
  
 

























   

  
 
  
 
 
 
 
 
キ
ュ
ッ
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
胸
が
ぐ
ん
ぐ
ん
と
張
り
を
増
し
て
く
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
  
 
  
ち
ゃ
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
!
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
は
っ
・
・
・
ん
ん
っ
・
・
・
も
う
だ
め
ぇ
・
・
・
で
  
 
  
弄
く
り
ま
わ
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
の
胸
に
顔
を
埋
め
な
が
ら
口
で
乳
首
を
  
 
  
に
膨
れ
上
が
っ
て
い
る
 °
  
そ
の
ビ
ン
ビ
ン
と
し
た
張
り
で
重
力
な
ど
も
の
と
も
し
な
い
よ
う
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
胸
は
仰
向
け
の
状
態
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
  
 
  
の
胸
は
今
ま
で
で
一
番
大
き
く
ビ
ク
ン
と
震
え
た
 °
  
 
 
 
 
 
そ
れ
が
凄
い
刺
激
に
変
換
さ
れ
た
ら
し
く
 
イ
チ
ゴ
  
 

























   

  
 
  
ち
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ふ
わ
あ
あ
あ
あ
あ
!
お
っ
ぱ
い
吸
わ
れ
る
の
が
気
持
  
 
  
の
乳
首
か
ら
母
乳
を
吸
い
出
す
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
ス
ト
ロ
|
で
ジ
ュ
|
ス
を
飲
む
よ
う
に
イ
チ
ゴ
  
 
  
込
ん
だ
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
の
母
乳
を
ひ
た
す
ら
身
体
の
中
に
流
し
  
 
  
体
で
満
た
さ
れ
て
ゆ
く
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
口
内
が
牛
乳
よ
り
少
し
ド
ロ
ッ
と
し
た
甘
い
液
  
 
  
 
 
 
 
 
つ
い
に
イ
チ
ゴ
の
乳
首
か
ら
母
乳
が
噴
き
出
し
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
プ
シ
ャ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
ァ
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
左
手
に
力
を
込
め
た
 °










   

  
た
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
も
そ
れ
に
つ
ら
れ
て
自
分
の
左
の
乳
房
を
見
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
視
線
を
イ
チ
ゴ
の
左
の
乳
房
に
移
す
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
だ
ろ
う
な
 °
 
  
 
  
・
・
 
  
・
・
も
っ
と
吸
っ
て
ぇ
・
・
・
胸
が
ま
だ
張
っ
て
て
苦
し
い
の
・
  
イ
チ
ゴ
‥
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
哲
史
君
・
・
・
も
っ
と
・
  
 
  
い
る
 °
  
乳
首
か
ら
残
っ
た
母
乳
が
ド
ク
ド
ク
と
溢
れ
て
胸
を
滴
り
落
ち
て
  
 
 
 
 
 
タ
ン
ク
の
中
身
は
ま
だ
空
に
な
っ
て
い
な
い
ら
し
く
 
  
 
  
か
ら
離
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
し
ば
ら
く
母
乳
を
飲
み
込
ん
だ
後
 
俺
は
口
を
乳
首
  
 
  
チ
ゴ
は
甘
い
息
を
も
ら
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
が
ク
ッ
 
ク
ッ
 
と
母
乳
を
吸
い
上
げ
る
度
に
イ

   

  
 
 
 
 
 
俺
は
イ
チ
ゴ
の
乳
首
を
押
さ
え
て
い
た
左
手
の
封
印
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
い
っ
・
・
・
い
や
っ
・
・
・
ま
さ
か
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
顔
が
カ
ァ
ァ
ァ
っ
と
真
っ
赤
に
な
る
 °
  
 
  
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
に
や
っ
と
サ
デ
ィ
ス
テ
ィ
ク
な
笑
み
を
浮
か
べ
  
 
  
っ
て
・
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
あ
っ
・
・
・
あ
の
っ
・
・
・
哲
史
君
・
・
・
こ
れ
  
 
  
出
せ
な
い
で
い
た
の
だ
か
ら
 °
  
リ
と
抑
え
ら
れ
 
ぐ
ん
ぐ
ん
と
張
っ
て
い
な
が
ら
母
乳
が
一
滴
も
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
左
の
乳
首
は
俺
の
左
手
に
よ
っ
て
キ
ッ
チ
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
驚
い
た
の
も
無
理
は
な
い
だ
ろ
う
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
え
っ
!
?
 
  
 

























   

  
 
  
う
に
母
乳
が
さ
っ
き
よ
り
も
勢
い
よ
く
四
方
八
方
に
飛
び
散
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
ま
る
で
水
を
出
す
ホ
|
ス
の
口
を
押
さ
え
た
時
の
よ
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
!
 
  
 
  
ア
ア
!
!
!
  
 
 
 
 
 
ブ
シ
ャ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
  
 
  
く
ぐ
ぐ
ぐ
っ
と
膨
ら
ま
せ
た
か
と
思
う
と
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
身
体
を
ビ
ク
ビ
ク
と
震
わ
せ
 
胸
を
大
き
  
 
  
撃
が
彼
女
を
襲
っ
た
の
は
間
違
い
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
そ
の
瞬
間
 
男
か
ら
は
想
像
も
で
き
な
い
よ
う
な
衝
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
っ
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ド
ク
ン
  
 
  
を
解
放
し
た
 °




















   

  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
荒
々
し
く
息
を
た
て
な
が
ら
そ
う
呟
い
た
 °
  
 
  
・
・
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
哲
史
君
の
い
じ
わ
る
ぅ
・
  
 
  
ク
と
流
れ
出
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
ま
だ
両
方
の
乳
首
か
ら
余
っ
た
分
の
母
乳
が
ダ
ク
ダ
  
 
  
乳
の
勢
い
は
収
ま
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
し
ば
ら
く
噴
水
の
よ
う
に
母
乳
を
噴
出
し
た
後
 
  
 
  
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
身
体
は
一
瞬
で
母
乳
ま
み
れ
に
な
っ
て
し
ま
っ
  
 
  
身
体
を
ビ
ク
ビ
ク
震
わ
せ
る
 °
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
母
乳
を
噴
き
出
し
暴
れ
る
胸
を
押
さ
え
て
  
 
  
あ
あ
あ
!
!
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
い
や
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
あ
っ
!
あ
っ
!
あ
あ
あ
あ

   

  
 
 
 
 
 
俺
は
何
を
思
っ
た
か
何
か
に
突
き
動
か
さ
れ
る
よ
う
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
の
時
  
 
  
 
 
 
 
 
と
言
っ
た
 °
  
 
  
て
 °
・
・
・
私
は
自
分
じ
ゃ
飲
む
こ
と
で
き
な
い
か
ら
 °
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
そ
う
 °
良
か
っ
た
 °
哲
史
君
の
喉
を
潤
す
事
が
で
き
  
 
  
 
 
 
 
 
す
る
と
イ
チ
ゴ
は
嬉
し
そ
う
に
笑
っ
て
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
黙
っ
て
頷
い
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
コ
ク
ッ
  
 
  
い
し
か
っ
た
?
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
ね
ぇ
 
哲
史
君
 °
私
の
お
っ
ぱ
い
・
・
・
お
  
 
  
力
し
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
彼
女
の
体
は
快
感
と
い
う
快
感
の
連
鎖
で
完
全
に
脱

   

  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
哲
史
・
・
・
君
 
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
の
ま
ま
俺
は
イ
チ
ゴ
の
横
に
移
動
す
る
 °
  
 
  
離
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
あ
る
程
度
母
乳
を
吸
い
出
す
と
俺
は
乳
首
か
ら
口
を
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
が
目
を
瞑
っ
て
ピ
ク
ピ
ク
と
身
体
を
震
わ
す
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
ぅ
・
・
・
ん
ん
っ
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
黙
っ
て
乳
首
か
ら
余
っ
た
母
乳
を
吸
い
出
す
 °
  
 
  
な
い
の
?
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
あ
う
っ
!
・
・
・
さ
っ
 
哲
史
君
?
ま
だ
飲
み
足
り
  
 
  
 
 
 
 
 
か
ぷ
っ
  
 
  
に
ま
た
イ
チ
ゴ
の
乳
首
に
吸
い
付
い
た
 °










   

  
イ
チ
ゴ
‥
∧
・
・
・
・
・
・
サ
ト
・
・
・
シ
・
・
・
∨
  
 
 
 
 
  
を
押
し
つ
け
少
し
ず
つ
 
少
し
ず
つ
母
乳
を
流
し
込
ん
で
い
く
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
両
手
で
イ
チ
ゴ
の
華
奢
な
手
を
抑
え
な
が
ら
唇
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
ん
!
・
・
・
ん
ん
!
・
・
・
ん
っ
・
・
・
 
  
 
  
中
に
流
し
込
む
 °
  
 
 
 
 
 
そ
し
て
口
か
ら
先
程
吸
い
出
し
た
母
乳
を
イ
チ
ゴ
の
  
 
  
 
 
 
 
 
唇
に
唇
を
重
ね
た
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
っ
!
?
 
  
 
  
当
て
・
・
・
・
・
・
そ
し
て
  
 
 
 
 
 
俺
は
不
思
議
そ
う
に
見
つ
め
る
イ
チ
ゴ
の
顔
に
手
を
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
え
っ
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
パ
ッ



















   

  
が
埋
ま
り
そ
う
な
く
ら
い
深
々
と
土
下
座
を
し
た
 °
  
 
 
 
 
 
冷
静
に
な
っ
て
理
性
を
取
り
戻
し
た
俺
は
地
面
に
頭
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
・
・
・
す
い
ま
せ
ん
で
し
た
|
!
!
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ゴ
ン
ッ
  
 
  
 
  
・
・
・
・
・
・
  
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
  
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
  
 
  
 
  
ば
ら
く
続
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
最
後
の
一
滴
を
流
し
込
ん
で
も
俺
た
ち
の
接
吻
は
し
  
 
  
 
 
 
 
 
一
瞬
イ
チ
ゴ
が
そ
う
言
っ
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
?
  
 

























   

  
 
 
 
 
 
そ
の
顔
は
ま
さ
し
く
 
乙
女
 
の
顔
で
あ
る
 °
  
 
  
頬
を
赤
ら
め
て
い
る
イ
チ
ゴ
の
姿
だ
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
俺
の
目
に
飛
び
込
ん
で
き
た
の
は
唇
に
指
を
当
て
て
  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
?
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
少
し
だ
け
顔
を
上
げ
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
・
・
・
チ
ラ
ッ
∨
  
 
  
 
 
 
 
 
気
ま
ず
い
雰
囲
気
が
辺
り
を
支
配
す
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
は
相
変
わ
ら
ず
黙
っ
た
ま
ま
で
い
る
 °
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
・
・
・
 
  
 
  
を
奪
っ
て
し
ま
っ
た
事
は
と
て
も
許
せ
る
こ
と
じ
ゃ
な
い
 °
  
 
 
 
 
 
向
こ
う
か
ら
誘
っ
て
来
た
と
は
い
え
 
い
き
な
り
唇
  
 

























   

  
 
  
 
哲
史
‥
∧
ぬ
あ
|
|
|
|
|
俺
の
バ
カ
バ
カ
バ
カ
バ
カ
!
!
∨
  
 
  
た
 °
  
 
 
 
 
 
今
に
な
っ
て
考
え
る
と
色
魔
は
俺
の
方
に
思
え
て
き
  
 
  
し
て
る
ん
だ
よ
な
・
・
・
∨
  
 
哲
史
‥
∧
・
・
・
・
・
・
と
い
う
か
俺
今
日
だ
け
で
5
人
と
H
  
 
  
る
が
 
心
は
全
く
落
ち
着
か
な
か
っ
た
 °
  
 
 
 
 
 
心
の
中
で
自
分
の
感
じ
て
い
る
物
を
必
死
に
否
定
す
  
 
  
こ
れ
は
ま
ず
い
っ
て
!
?
∨
  
 
 
 
 
 
ど
ん
な
ス
ピ
|
ド
!
?
色
魔
の
フ
ィ
ル
は
と
も
か
く
  
初
め
て
あ
っ
て
か
ら
半
日
も
経
っ
て
な
い
ぞ
!
?
  
 
哲
史
‥
∧
い
や
い
や
い
や
い
や
お
か
し
い
だ
ろ
!
?
俺
達
ま
だ
  
 
  
る
 °
  
 
 
 
 
 
俺
は
こ
れ
ま
で
に
な
い
っ
て
く
ら
い
激
し
く
動
揺
す
  
 

























   

  
 
  
?
?
A
‥
 
こ
ん
な
所
に
い
た
の
1
5
号
!
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
だ
っ
て
ボ
ク
・
・
・
・
・
・
本
当
は
・
・
・
 
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
言
葉
に
俺
は
停
止
し
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
え
っ
!
?
 
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
・
・
・
・
・
・
謝
る
必
要
な
ん
て
な
い
よ
 °
 
  
 
  
 
 
 
 
 
俺
は
近
く
の
木
に
頭
を
何
回
も
打
ち
つ
け
る
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
 
ガ
ン
!
  
 
 
 
 
 
ガ
ン
!


















   

  
 
 
 
 
 
そ
の
顔
つ
き
や
髪
型
 
さ
ら
に
は
あ
の
巨
乳
ま
で
も
  
 
  
 
 
 
 
 
い
や
 
俺
の
目
が
お
か
し
い
ん
じ
ゃ
な
い
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
れ
は
イ
チ
ゴ
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
目
の
前
に
現
れ
た
2
人
の
女
性
 °
  
 
  
 
 
 
 
 
な
ん
だ
こ
れ
は
!
?
  
 
  
?
?
A
‥
 
そ
う
よ
 °
サ
ボ
リ
な
ん
て
許
さ
な
い
わ
よ
 °
 
  
 
  
?
?
B
‥
 
な
に
こ
ん
な
と
こ
で
道
草
食
っ
て
ん
の
よ
1
5
号
 °
 
  
 
  
た
 °
  
 
 
 
 
 
声
の
方
角
に
素
早
く
顔
を
向
け
る
と
俺
は
目
を
疑
っ
  
 
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
の
言
葉
が
突
然
何
者
か
の
言
葉
で
遮
ら
れ
た
 °
  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
!
?
 

















   

  
 
 
 
 
 
な
ん
で
だ
?
  
 
  
ま
れ
た
筈
の
タ
ク
だ
っ
た
の
だ
!
  
 
 
 
 
 
そ
こ
に
い
た
の
は
あ
の
時
確
か
に
フ
ィ
ル
に
呑
み
込
  
 
  
 
哲
史
‥
 
・
・
・
タ
・
・
・
ク
?
 
  
 
  
俺
の
背
筋
は
凍
り
つ
い
た
 °
  
 
 
 
 
 
2
人
の
女
性
の
背
後
に
見
え
た
も
う
1
つ
の
人
影
に
  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
?
 
  
 
  
は
ね
ぇ
 °
正
直
驚
い
た
よ
 °
 
  
?
?
?
‥
 
よ
ぉ
 
哲
史
キ
ュ
ン
 °
君
も
此
処
に
や
っ
て
く
る
と
  
 
  
 
 
 
 
 
も
し
か
し
て
イ
チ
ゴ
の
1
5
号
っ
て
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
三
つ
子
?
そ
ん
な
訳
な
い
 °
  
 
  
が
全
く
と
言
っ
て
い
い
ほ
ど
同
じ
な
の
だ
!









   

  
 
  
 
 
 
 
 
い
っ
た
い
 
何
が
ど
う
な
っ
て
る
ん
だ
・
・
・
  
 
  
写
真
集
の
 
牛
山
み
る
く
 
に
そ
っ
く
り
な
の
だ
!
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
と
タ
ク
の
連
れ
て
い
る
2
人
の
女
性
は
あ
の
  
 
  
い
で
は
な
か
っ
た
!
  
 
 
 
 
 
イ
チ
ゴ
と
ど
こ
か
で
会
っ
た
気
が
し
た
の
は
気
の
せ
  
 
  
 
 
 
 
 
思
い
出
し
た
!
  
 
  
 
哲
史
‥
 
!
!
 
  
 
  
ゃ
ん
の
写
真
集
!
や
っ
と
手
に
入
っ
た
ん
だ
ぜ
!
 
∨
  
 
 
 
 
 
∧
 
コ
レ
だ
よ
コ
レ
 °
俺
の
愛
し
の
牛
山
み
る
く
ち
  
 
  
 
 
 
 
 
そ
れ
に
こ
の
2
人
の
女
性
は
い
っ
た
い
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
な
ん
で
タ
ク
が
此
処
に
い
る
?
  
 

























   

  
 
  
 
 
 
 
 
今
な
ん
て
言
っ
た
・
・
・
  
 
  
 
 
 
 
 
い
ま
・
・
・
  
 
  
た
 °
  
 
 
 
 
 
突
如
発
せ
ら
れ
た
イ
チ
ゴ
の
言
葉
に
俺
は
耳
を
疑
っ
  
 
  
 
哲
史
‥
∧
!
?
∨
  
 
  
イ
チ
ゴ
‥
 
や
め
て
く
だ
さ
い
マ
ス
タ
|
!
!
 
  
 
  
に
狂
っ
て
い
る
 °
  
 
 
 
 
 
タ
ク
の
キ
ャ
ラ
が
∧
元
か
ら
ひ
ど
か
っ
た
が
∨
完
璧
  
 
  
ろ
す
ぃ
|
!
教
え
て
差
し
上
げ
ま
し
ょ
|
|
|
!
!
 
  
 
拓
郎
‥
 
な
ん
だ
い
 
君
は
な
に
も
知
ら
な
い
ん
だ
ね
 °
よ
ん
  
 
  
そ
の
3
人
は
な
ん
な
ん
だ
?
い
っ
た
い
何
が
起
こ
っ
て
る
ん
だ
?
 
  
 
哲
史
‥
 
お
い
 
タ
ク
!
教
え
て
く
れ
!
こ
こ
は
ど
こ
な
ん
だ
?

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
哲
史
‥
 
タ
ク
が
・
・
・
・
・
・
マ
ス
タ
|
?
 






  > ≫