し
か
し
理
由
は
そ
れ
だ
け
で
は
な
か
っ
た
 °
最
近
気
づ
い
た
こ
と
  
が
よ
り
強
調
さ
れ
て
し
ま
う
か
ら
あ
え
て
と
め
て
い
な
い
の
だ
 °
  
の
だ
が
 
ボ
タ
ン
を
と
め
る
と
ど
う
も
 
こ
の
強
大
な
お
っ
ぱ
い
  
の
だ
 °
別
に
ボ
タ
ン
は
腹
部
の
辺
り
に
来
る
か
ら
と
め
て
も
い
い
  
最
後
に
ス
カ
|
ト
と
同
色
の
ブ
レ
ザ
|
を
羽
織
る
 °
そ
ぅ
羽
織
る
  
い
た
 °
  
か
け
た
 
9
9
c
m
の
ヒ
ッ
プ
が
ス
カ
|
ト
か
ら
見
え
隠
れ
し
て
  
く
さ
れ
て
お
り
 
膝
上
2
0
c
m
に
は
3
桁
の
大
台
に
リ
|
チ
を
  
た
か
っ
た
 °
そ
し
て
濃
青
の
ス
カ
|
ト
を
は
く
 
ス
カ
|
ト
は
短
  
た
 °
ネ
ク
タ
イ
は
1
2
0
c
m
の
お
っ
ぱ
い
に
被
さ
り
く
す
ぐ
っ
  
ら
な
い
 
結
香
は
桃
色
の
ネ
ク
タ
イ
を
最
大
限
に
緩
め
身
に
つ
け
  
が
で
き
な
か
っ
た
 °
私
立
な
の
で
指
定
の
格
好
を
し
な
け
れ
ば
な
  
タ
ン
が
し
ま
ら
ず
 
お
っ
ぱ
い
の
下
半
分
ま
で
し
か
と
め
る
こ
と
  
ワ
イ
シ
ャ
ツ
を
着
て
ボ
タ
ン
を
と
め
る
:
:
が
胸
元
ま
で
し
か
ボ
  
し
た
 °
  
は
I
カ
ッ
プ
ブ
ラ
に
入
る
は
ず
が
な
く
結
香
は
ノ
|
ブ
ラ
を
決
意
  
制
服
に
着
替
え
よ
う
と
し
た
が
 
流
石
に
大
き
す
ぎ
る
お
っ
ぱ
い
  
  
鷹
∧
物
語
∨
・
冷
暖
坊
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
最
胸
の
娘






















≪ <  

  
 
は
ぁ
|
ま
た
身
体
が
成
長
し
ち
ゃ
う
よ
|
 
  
る
 °
  
そ
し
て
満
員
電
車
が
滑
り
込
む
 
結
香
は
思
わ
ず
た
め
息
が
漏
れ
  
  
∧
:
:
:
:
楽
し
み
じ
ゃ
:
:
∨
  
  
と
し
た
 °
  
に
通
過
し
 
構
内
踏
切
を
渡
り
 
上
り
ホ
|
ム
で
安
堵
の
息
を
落
  
駅
員
は
お
色
気
た
っ
ぷ
り
の
胸
元
に
釘
付
け
だ
っ
た
た
め
バ
レ
ず
  
駅
に
着
い
た
結
香
は
期
限
の
切
れ
た
定
期
券
を
駅
員
に
見
せ
る
 
  
  
し
い
身
体
な
ら
:
:
 
  
通
れ
る
か
な
:
:
時
間
も
お
金
も
な
い
し
な
:
:
で
も
こ
の
厭
ら
  
 
っ
あ
!
?
定
期
券
の
期
限
が
切
れ
て
た
!
!
大
丈
夫
か
な
?
?
  
れ
る
視
線
を
気
に
せ
ず
歩
く
:
:
あ
る
こ
と
に
気
づ
い
た
 °
  
家
を
出
て
駅
に
向
う
 
行
き
違
う
誰
も
が
羨
む
そ
の
身
体
に
注
が
  
で
あ
る
 °
  
至
っ
て
は
ノ
|
ブ
ラ
で
既
に
乳
首
が
硬
く
ビ
ン
ビ
ン
し
て
た
た
め
  
輪
が
ぷ
っ
く
り
浮
き
出
て
厭
ら
し
く
見
え
る
た
め
 
更
に
今
日
に
  
に
 
乳
首
も
成
長
し
て
て
ボ
タ
ン
を
と
め
る
と
大
き
な
大
き
な
乳

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
る
:
:
気
の
せ
い
か
:
:
  
て
を
お
っ
ぱ
い
に
あ
て
る
:
:
ん
?
中
で
何
か
が
う
ご
め
い
て
い

   

  
度
今
が
絶
頂
の
頃
で
あ
っ
た
 °
  
親
父
た
ち
は
結
香
が
5
駅
目
で
降
り
る
の
を
知
っ
て
い
る
た
め
丁
  
な
お
も
続
く
親
父
た
ち
の
攻
撃
の
よ
う
な
痴
漢
は
激
し
く
な
っ
た
 °
  
た
 °
  
き
く
な
っ
て
い
た
 °
パ
ン
ツ
も
痛
み
が
感
じ
る
く
ら
い
き
つ
か
っ
  
い
う
巨
乳
サ
イ
ズ
で
E
|
F
カ
ッ
プ
に
相
応
す
る
大
き
さ
ま
で
大
  
か
っ
た
 °
シ
ャ
ツ
の
ボ
タ
ン
は
全
て
弾
け
飛
び
 
乳
輪
は
世
間
で
  
に
大
き
く
膨
ら
み
2
0
0
c
m
は
超
え
て
い
る
の
が
自
分
で
も
分
  
て
び
っ
く
り
し
た
 °
お
っ
ぱ
い
は
二
回
り
も
 
い
や
 
そ
れ
以
上
  
手
す
り
に
し
が
み
つ
い
た
結
香
は
視
界
に
お
っ
ぱ
い
が
入
っ
て
い
  
ヒ
 
ヒ
ッ
プ
ま
で
:
:
は
ぁ
:
:
身
体
中
が
:
:
熱
い
よ
ぉ
 
  
が
:
:
あ
:
:
あ
ん
:
:
 
更
に
快
感
が
走
る
 °
 
:
:
:
:
!
  
電
撃
み
た
い
な
快
感
が
走
る
 °
 
っ
は
ぁ
|
や
だ
:
:
お
っ
ぱ
い
  
が
身
体
に
触
れ
る
 °
  
結
香
の
降
り
る
駅
は
5
つ
め
の
駅
 
2
つ
過
ぎ
た
辺
り
で
魔
の
手
  
た
ら
電
車
内
パ
ニ
ッ
ク
に
な
る
か
ら
だ
っ
た
 °
  
び
る
 
で
も
気
に
し
て
は
い
け
な
い
 
こ
っ
ち
が
そ
の
気
に
な
っ
  
意
を
決
し
て
電
車
に
乗
る
 
乗
っ
た
途
端
ね
ち
っ
こ
い
視
線
を
浴
  
  
∧
:
:
:
:
:
:
:
:
∨
















   

  
た
:
:
結
香
は
タ
ダ
乗
り
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
切
れ
の
定
期
券
を
見
せ
た
が
駅
員
は
結
香
の
巨
体
に
呆
然
と
し
て
  
し
た
り
お
っ
ぱ
い
に
巻
き
込
ま
れ
た
り
し
た
 °
出
口
で
例
の
期
限
  
結
香
は
電
車
か
ら
降
り
る
際
 
何
人
か
の
親
父
た
ち
を
弾
き
飛
ば
  
  
解
で
き
な
か
っ
た
 °
  
は
全
然
役
割
を
果
た
し
て
い
な
い
よ
う
だ
 °
結
香
は
出
来
事
に
理
  
で
き
な
か
っ
た
 °
で
も
風
が
妙
に
当
た
る
こ
と
か
ら
 
ス
カ
|
ト
  
て
い
た
よ
う
だ
が
結
香
か
ら
は
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
て
確
認
  
の
客
の
頭
を
完
全
に
呑
み
込
ん
で
い
た
 °
ヒ
ッ
プ
も
大
き
く
な
っ
  
は
2
5
0
c
m
を
超
え
お
っ
ぱ
い
は
完
全
に
制
服
か
ら
溢
れ
 
  
結
香
は
身
体
自
体
が
巨
大
化
し
て
い
た
の
だ
 °
今
や
結
香
の
身
長
  
  
た
:
:
電
車
の
天
井
だ
っ
た
  
夢
の
声
が
脳
裏
に
横
切
っ
た
瞬
間
頭
に
何
か
が
当
た
る
感
触
が
し
  
  
∧
:
:
楽
し
み
じ
ゃ
:
:
:
:
∨
  
  
が
止
ん
だ
:
:
荒
い
息
が
ど
よ
め
き
に
変
わ
る
:
:
  
後
ろ
か
ら
前
か
ら
横
か
ら
荒
い
息
が
聞
こ
え
て
く
る
:
:
一
瞬
手

   

  
う
だ
 °
  
後
ろ
の
方
で
僅
か
な
音
が
聞
こ
え
た
:
:
パ
ン
ツ
が
破
裂
し
た
よ
  
:
:
ビ
リ
ッ
!
!
  
長
し
て
い
た
 °
  
結
香
の
爆
乳
が
真
奈
の
方
に
近
づ
い
て
き
た
:
:
い
や
 
更
に
成
  
ず
膝
ま
づ
い
た
 °
  
身
体
に
電
撃
が
流
れ
た
よ
う
に
快
感
が
走
っ
た
:
:
結
香
は
思
わ
  
 
!
!
!
!
 
  
た
 °
  
真
奈
は
結
香
の
顔
よ
り
大
き
い
乳
輪
か
ら
飛
び
出
た
乳
首
を
触
っ
  
 
隙
あ
り
!
!
!
 
  
結
香
は
言
わ
れ
た
ま
ま
に
真
奈
の
目
の
前
で
し
ゃ
が
ん
だ
 °
  
っ
た
ぁ
 
ち
ょ
っ
と
し
ゃ
が
ん
で
!
!
!
 
  
 
結
香
ち
ゃ
ん
:
:
大
き
く
な
っ
た
ね
ぇ
!
!
び
っ
く
り
し
ち
ゃ
  
の
膝
に
も
届
か
ず
 
あ
ま
り
の
大
き
さ
に
少
し
心
酔
し
て
い
た
 °
  
道
中
 
親
友
で
2
年
F
組
の
海
東
真
奈
に
会
っ
た
 °
真
奈
は
結
香
  
  
っ
白
な
太
も
も
に
あ
た
る
ほ
ど
結
香
は
大
き
く
な
っ
た
 °
  
の
身
長
は
既
に
5
m
く
ら
い
:
:
大
人
た
ち
の
視
点
は
結
香
の
真
  
学
校
は
お
よ
そ
徒
歩
2
5
分
の
距
離
で
あ
る
 °
駅
前
に
で
た
と
き

   

  
  
  
  
  
つ
づ
く
  
  
以
上
に
な
り
大
人
で
も
結
香
の
前
に
立
て
ば
赤
子
も
同
然
だ
っ
た
 °
  
結
香
は
立
ち
上
が
り
辺
り
を
見
回
し
た
 °
彼
女
の
身
長
は
2
0
m
  
陣
は
み
な
下
半
身
を
押
さ
え
 
鼻
血
の
海
に
な
っ
て
い
た
 °
  
結
香
は
誰
よ
り
も
大
き
く
厭
ら
し
い
身
体
に
な
っ
て
い
た
 °
男
性
  
い
た
 °
  
誰
よ
り
も
見
事
な
ま
で
熟
し
て
て
結
香
の
動
き
に
盛
大
に
暴
れ
て
  
結
香
の
お
っ
ぱ
い
は
膝
を
越
え
つ
つ
あ
り
 
ヒ
ッ
プ
は
こ
の
世
の
  
結
香
の
意
識
が
飛
び
そ
う
に
な
る
が
こ
こ
は
我
慢
す
る
 °
  
に
飛
び
乗
っ
た
 °
  
真
奈
は
完
全
に
心
酔
し
た
 °
真
奈
は
咄
嗟
に
結
香
の
巨
大
な
乳
首
  
結
香
か
ら
み
て
真
奈
は
自
分
の
顔
よ
り
小
さ
か
っ
た
 °
  
  
暴
れ
る
感
じ
と
身
体
が
火
照
っ
て
る
の
を
感
じ
た
 °
  
結
香
の
感
覚
で
は
あ
る
が
ヒ
ッ
プ
が
膨
れ
る
感
じ
と
お
っ
ぱ
い
が

  > ≫