海
東
:
:
思
っ
た
ん
だ
け
ど
 
こ
ん
だ
け
大
き
な
大
き
な
お
っ
  
  
 
 
 
巨
乳
輪
の
2
人
  
  
ら
進
む
そ
の
姿
は
世
界
の
メ
デ
ィ
ア
を
揺
る
が
し
た
も
の
だ
 °
  
ま
う
ほ
ど
大
き
な
お
っ
ぱ
い
を
前
に
突
き
出
し
地
殻
を
削
り
な
が
  
移
動
し
始
め
た
 °
3
0
0
m
の
巨
人
が
一
都
市
を
飲
み
込
ん
で
し
  
は
人
に
会
い
た
い
思
い
と
快
感
が
欲
し
い
思
い
で
都
心
の
ほ
う
へ
  
が
結
香
は
誰
も
生
き
残
っ
て
い
な
い
と
思
い
始
め
て
い
た
 °
結
香
  
の
巨
乳
 
い
ゃ
い
ゃ
結
香
と
真
奈
と
海
斗
の
3
人
だ
け
で
あ
っ
た
  
結
香
の
い
る
場
所
で
突
然
の
サ
バ
イ
バ
ル
 
生
き
残
っ
た
の
は
こ
  
化
し
た
後
ろ
だ
け
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
の
目
の
前
は
肌
色
の
壁
で
自
分
が
景
色
を
見
る
の
は
更
地
と
  
膨
ら
ん
で
い
た
 °
  
結
香
の
身
体
が
更
に
成
長
を
早
め
 
大
き
く
大
き
く
お
っ
ぱ
い
が
  
  
:
:
ド
ク
ン
:
:
  
  
鷹
 
作
  
最
胸
の
娘






















≪ <  

  
進
ん
で
い
た
 °
  
き
に
な
る
た
め
の
モ
チ
ベ
|
シ
ョ
ン
が
欲
し
い
た
め
だ
け
に
前
に
  
た
の
で
罪
悪
感
も
ど
ん
ど
ん
薄
れ
 
快
感
が
欲
し
い
 
身
体
が
好
  
潰
し
た
際
の
感
触
が
全
く
と
い
っ
て
い
い
ほ
ど
感
じ
ら
れ
な
か
っ
  
こ
れ
以
上
被
害
を
拡
大
す
る
の
は
悪
い
と
思
っ
て
い
る
 
し
か
し
  
そ
し
て
お
っ
ぱ
い
は
巨
大
に
巨
大
に
膨
れ
て
い
っ
た
 °
結
香
自
身
  
が
ら
目
の
前
に
広
が
る
街
を
余
す
事
無
く
呑
み
込
ん
で
行
っ
た
 °
  
結
香
は
海
斗
の
い
う
乙
女
の
香
り
と
や
ら
を
周
辺
に
ば
ら
撒
き
な
  
  
だ
と
確
実
に
国
が
動
き
始
め
る
 °
早
く
ど
う
に
か
し
な
き
ゃ
!
!
 
  
動
き
始
め
た
 
こ
の
方
向
は
都
心
に
向
い
始
め
た
ぞ
!
こ
の
ま
ま
  
団
よ
り
気
持
ち
い
い
ん
だ
ろ
う
な
ぁ
お
っ
ぱ
い
の
上
は
 °
:
:
お
?
  
 
胡
桃
澤
さ
ん
の
香
り
:
:
本
気
で
い
い
!
!
 
干
し
た
て
の
布
  
っ
ぱ
い
が
大
き
い
な
ん
て
普
通
考
え
ら
れ
な
い
も
ん
 
  
い
大
き
く
な
っ
て
る
可
能
性
は
十
分
あ
る
よ
ね
:
:
身
体
よ
り
お
  
そ
れ
に
私
た
ち
だ
け
じ
ゃ
な
く
て
既
に
物
を
分
別
で
き
な
い
く
ら
  
 
確
か
に
ち
と
心
配
か
も
:
:
結
香
ち
ゃ
ん
超
近
眼
だ
し
な
:
:
  
が
見
逃
す
だ
ろ
う
か
:
:
 
  
な
?
俺
た
ち
の
こ
と
見
え
る
か
な
?
?
あ
と
こ
の
大
惨
事
を
世
界
  
ぱ
い
を
引
き
ず
っ
て
る
胡
桃
澤
さ
ん
は
今
ど
れ
だ
け
大
き
い
の
か

   

  
側
で
あ
る
谷
間
を
通
る
の
 °
圧
力
に
負
け
ち
ゃ
う
か
も
し
れ
な
い
  
 
結
香
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
外
側
へ
と
膨
ら
ん
で
る
な
ら
 
  
 
へ
?
?
?
?
?
?
 
  
 
じ
ゃ
 
じ
ゃ
ぁ
内
側
通
る
?
 
  
  
真
奈
の
口
が
開
く
  
  
沈
黙
が
重
い
  
  
面
じ
ゃ
な
く
て
も
:
:
と
て
も
:
:
 
  
だ
ま
だ
外
側
へ
外
側
へ
大
き
く
な
る
 °
い
く
ら
柔
ら
か
く
て
急
斜
  
な
ん
て
 
乳
輪
で
す
ら
山
み
た
い
な
の
に
 
お
っ
ぱ
い
だ
っ
て
ま
  
 
お
め
ぇ
正
気
か
?
こ
ん
な
途
方
も
無
い
お
っ
ぱ
い
を
よ
じ
登
る
  
れ
る
ょ
 °
登
れ
そ
う
:
:
 
  
 
ね
ぇ
見
て
!
結
香
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
私
の
力
で
も
凹
ま
せ
ら
  
そ
ん
な
山
の
よ
う
な
巨
乳
輪
に
い
る
の
が
海
斗
と
真
奈
で
あ
る
 °
  
っ
て
い
た
 °
  
0
0
m
の
山
が
く
っ
つ
い
て
い
る
か
と
思
う
ほ
ど
立
派
に
聳
え
立
  
乳
首
も
ま
た
グ
ン
グ
ン
巨
大
化
し
て
い
た
 °
乳
輪
な
ん
て
標
高
3
  
成
長
す
る
の
は
お
っ
ぱ
い
だ
け
で
は
な
い
 °
先
端
に
あ
る
乳
輪
や

   

  
  
て
行
動
を
始
め
た
 °
  
そ
う
し
て
2
人
は
1
5
k
m
さ
き
に
あ
る
谷
間
の
入
り
口
に
向
っ
  
  
 
う
ん
 °
行
こ
う
!
 
  
な
 
  
だ
行
動
し
な
い
と
胡
桃
澤
さ
ん
に
会
う
こ
と
す
ら
で
き
な
い
か
ら
  
れ
は
名
案
だ
よ
!
た
ぶ
ん
:
:
と
り
あ
え
ず
方
法
が
あ
が
っ
た
ん
  
常
識
破
り
だ
 °
意
外
と
う
ま
く
い
く
か
も
し
れ
な
い
 °
海
東
 
  
潰
さ
れ
る
っ
て
い
う
常
識
は
す
で
に
こ
の
お
っ
ぱ
い
の
大
き
さ
が
  
い
は
ず
だ
 
谷
間
ま
で
は
乳
輪
の
縁
を
辿
れ
ば
必
ず
た
ど
り
着
く
 °
  
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
ろ
う
と
出
口
ま
で
の
距
離
は
変
わ
ら
な
  
ぱ
い
が
外
側
へ
膨
ら
ん
で
い
た
ら
 
早
く
谷
間
へ
入
れ
ば
ど
ん
な
  
 
:
:
い
や
 
い
け
る
か
も
し
れ
な
い
:
:
胡
桃
澤
さ
ん
の
お
っ
  
 
ダ
メ
?
無
理
か
ぁ
 
  
 
:
:
:
:
 
  
し
 
柔
ら
か
い
し
 
い
い
香
り
だ
し
一
番
安
全
か
も
し
れ
な
い
 
  
戻
る
 
こ
れ
で
足
場
は
確
保
で
き
る
か
も
し
れ
な
い
:
:
温
か
い
  
か
も
し
れ
な
い
 
脱
力
す
れ
ば
お
っ
ぱ
い
は
す
ぐ
元
の
カ
タ
チ
に
  
:
:
で
も
私
の
力
で
も
凹
ま
せ
ら
れ
る
ん
だ
も
ん
 
潰
さ
れ
な
い

   

  
じ
ゃ
 
お
っ
ぱ
い
の
先
っ
ぽ
は
海
浜
地
区
を
暴
れ
て
お
る
:
:
お
  
都
心
を
呑
み
込
ん
で
ち
ょ
う
ど
:
:
お
っ
ぱ
い
の
真
下
に
あ
る
ん
  
体
こ
そ
は
ま
だ
都
心
に
は
無
い
が
 
そ
の
お
っ
ぱ
い
は
す
で
に
副
  
い
の
成
長
源
に
な
っ
て
い
る
故
:
:
あ
と
 
娘
よ
:
:
今
そ
の
身
  
の
人
類
の
産
物
や
人
間
 
動
植
物
の
尊
い
命
が
全
て
主
の
お
っ
ぱ
  
の
お
っ
ぱ
い
は
強
靭
で
あ
ま
り
に
も
巨
大
す
ぎ
る
:
:
建
物
な
ど
  
こ
ろ
は
真
っ
平
ら
で
あ
ろ
う
:
:
誰
一
人
と
て
助
か
ら
ん
:
:
主
  
通
っ
た
と
こ
ろ
は
 
正
確
に
言
え
ば
主
の
お
っ
ぱ
い
が
通
っ
た
と
  
 
:
:
無
理
じ
ゃ
な
:
:
娘
よ
 
後
ろ
を
見
れ
ば
分
か
る
が
主
が
  
っ
た
の
!
!
ね
ぇ
お
願
い
!
!
!
み
ん
な
に
会
わ
せ
て
!
!
 
  
の
せ
い
で
み
ん
な
に
会
え
な
い
な
ら
受
け
入
れ
ら
れ
な
い
っ
て
思
  
 
:
:
で
も
真
奈
や
友
達
に
会
い
た
い
と
思
っ
た
の
 °
こ
の
身
体
  
の
か
ね
ぇ
?
 
  
ス
ピ
|
ド
で
成
長
し
て
い
る
の
だ
ぞ
:
:
受
け
入
れ
る
気
は
あ
ん
  
て
成
長
が
鈍
っ
て
き
た
か
と
思
っ
た
ら
 
急
に
嫌
う
か
ら
今
や
猛
  
の
身
体
が
嫌
い
の
よ
う
じ
ゃ
な
:
:
主
は
さ
っ
き
少
し
受
け
入
れ
  
 
娘
よ
:
:
調
子
は
ど
う
か
な
?
成
長
振
り
を
見
る
と
ま
だ
自
身
  
  
脳
裏
に
ジ
ジ
ィ
の
声
が
響
い
て
い
た
 °
  
当
の
結
香
は
:
:



















   

  
:
:
信
じ
ら
れ
な
い
か
も
し
れ
な
い
が
こ
れ
は
事
実
じ
ゃ
:
:
 
  
い
に
と
っ
て
は
無
に
等
し
く
 
も
ぅ
何
も
感
じ
る
こ
と
は
な
い
!
  
ろ
う
 °
ど
ん
な
に
高
く
立
派
な
建
造
物
で
も
山
で
も
主
の
お
っ
ぱ
  
 
主
の
お
っ
ぱ
い
は
ま
だ
勢
い
が
衰
え
る
事
無
く
成
長
す
る
で
あ
  
  
結
香
は
首
を
横
に
振
っ
た
 °
  
  
 
:
:
で
は
 
当
た
っ
た
感
触
は
少
し
で
も
感
じ
取
れ
た
か
?
 
  
  
結
香
は
首
を
横
に
振
っ
た
 °
  
  
て
お
っ
ぱ
い
に
当
た
っ
た
:
:
快
感
は
得
ら
れ
た
か
?
 
  
海
副
都
心
の
ビ
ル
群
を
呑
み
込
ん
で
い
っ
た
 
破
片
や
残
骸
は
全
  
 
娘
よ
 
今
主
の
右
の
お
っ
ぱ
い
が
浜
の
海
浜
地
区
の
ビ
ル
や
臨
  
  
結
香
は
な
ん
の
こ
と
だ
か
さ
っ
ぱ
り
わ
か
っ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
  
ぃ
:
:
 
  
お
ぅ
崩
れ
た
か
と
思
っ
た
ら
瞬
時
に
呑
み
込
ま
れ
て
し
ま
っ
た
わ
  
ぅ
乳
首
が
浜
の
ラ
ン
ド
マ
|
ク
タ
ワ
|
に
迫
っ
て
:
:
お
ぅ
お
ぅ

   

  
 
私
の
責
任
っ
て
い
う
わ
け
?
 
  
て
し
ま
っ
た
・
・
・
 
  
ゃ
・
・
・
そ
し
た
ら
大
型
車
に
轢
か
れ
て
し
ま
い
 
死
人
に
な
っ
  
っ
ぱ
い
に
惚
れ
て
し
ま
っ
て
な
 
立
ち
す
く
ん
で
し
ま
っ
た
ん
じ
  
て
元
気
が
な
か
っ
た
 °
わ
し
ゃ
そ
れ
よ
り
主
の
大
き
く
実
っ
た
お
  
主
と
す
れ
違
っ
た
 
美
し
い
身
体
を
持
っ
て
い
る
の
に
主
は
俯
い
  
も
ら
お
う
と
ヒ
ル
ズ
に
向
っ
た
ん
じ
ゃ
:
:
途
中
の
横
断
歩
道
で
  
の
爆
乳
ア
イ
ド
ル
が
ヒ
ル
ズ
に
や
っ
て
く
る
と
聞
い
て
 
元
気
を
  
 
・
・
・
ち
と
恥
ず
か
し
い
ん
だ
が
 
こ
の
街
に
人
類
史
上
最
強
  
 
・
・
・
・
・
・
 
  
暮
ら
し
て
お
っ
た
 °
 
  
主
の
学
校
の
裏
に
団
地
が
あ
る
だ
ろ
う
 
あ
そ
こ
で
一
人
淋
し
く
  
経
緯
を
話
そ
う
か
:
:
わ
し
実
は
先
週
ま
で
現
世
に
生
き
て
い
た
 °
  
し
は
ま
だ
ヒ
ヨ
ッ
コ
故
 
呪
う
方
法
し
か
わ
か
ら
ぬ
 °
:
:
少
し
  
見
届
け
る
義
務
が
あ
る
 °
も
し
解
放
の
呪
文
が
あ
る
と
し
て
も
わ
  
は
自
分
を
見
つ
め
な
お
し
更
正
せ
な
 
な
ら
ん
 °
わ
し
は
そ
れ
を
  
だ
け
が
役
目
で
あ
り
 
ビ
ジ
ネ
ス
じ
ゃ
 °
呪
っ
て
 
呪
わ
れ
た
人
  
 
そ
れ
も
無
理
じ
ゃ
:
:
わ
し
は
現
代
人
に
呪
い
を
か
け
る
こ
と
  
て
よ
!
!
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
私
に
か
け
た
魔
法
?
呪
い
?
な
ん
で
も
い
い
か
ら
消
し

   

  
  
  
  
  
つ
づ
く
  
  
れ
る
な
ら
少
し
手
を
貸
そ
う
・
・
・
 
  
い
は
今
最
強
じ
ゃ
ぞ
:
:
そ
う
だ
快
感
を
得
る
こ
と
で
 
受
け
入
  
主
次
第
な
ん
じ
ゃ
よ
・
・
・
ま
ぁ
良
い
で
は
な
い
か
主
の
お
っ
ぱ
  
1
7
0
m
で
止
ま
る
じ
ゃ
っ
た
が
こ
の
有
様
じ
ゃ
:
:
ま
ぁ
後
は
  
歯
止
め
が
き
か
ん
の
じ
ゃ
:
:
本
来
な
れ
ば
身
長
は
1
0
0
倍
の
  
は
わ
し
の
初
被
験
者
で
あ
る
故
 
う
ま
く
調
整
が
で
き
な
く
て
な
 
  
ら
い
元
気
な
っ
て
欲
し
く
て
主
を
呪
っ
た
ん
じ
ゃ
:
:
し
か
し
主
  
間
観
察
さ
せ
て
も
ら
っ
た
 
そ
の
美
し
い
身
体
を
自
慢
で
き
る
ぐ
  
い
た
ん
じ
ゃ
よ
・
・
・
そ
し
て
わ
し
ゃ
ぁ
主
が
気
に
な
っ
て
1
週
  
神
の
声
が
聞
こ
え
て
 
気
づ
い
た
ら
わ
し
ゃ
 
呪
術
神
に
な
っ
て
  
か
!
!
少
し
主
を
恨
ん
だ
:
:
そ
し
た
ら
天
の
導
き
が
あ
っ
て
 
  
の
身
体
も
よ
く
観
察
し
て
い
な
い
!
こ
ん
な
ん
で
死
ん
で
た
ま
る
  
:
:
だ
っ
て
そ
う
じ
ゃ
ろ
ぅ
?
爆
乳
ア
イ
ド
ル
も
見
れ
な
い
 
  
 
も
う
ち
ょ
い
聞
い
て
く
れ
 
わ
し
ゃ
正
直
死
に
き
れ
な
く
て
な

  > ≫