り
の
す
る
液
体
が
勢
い
良
く
噴
出
し
た
 °
あ
ま
り
の
勢
い
に
液
体
  
直
径
5
k
m
あ
る
乳
首
の
途
方
な
大
き
さ
の
穴
か
ら
白
い
甘
い
香
  
  
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
・
・
・
ブ
ッ
シ
ュ
|
  
|
!
!
!
!
 
  
そ
う
だ
け
ど
・
・
・
!
!
ん
ぁ
:
:
は
ぁ
ひ
ぃ
:
:
で
 
出
る
ぅ
  
 
ん
ふ
ぅ
:
:
は
ぁ
 
な
ん
か
こ
 
込
み
あ
が
る
・
・
・
出
て
き
  
じ
め
る
 °
  
呪
術
神
を
横
に
早
速
お
っ
ぱ
い
を
身
体
全
体
で
届
く
範
囲
揉
み
は
  
ば
し
い
事
で
あ
っ
た
 °
  
ん
だ
か
ら
 
敏
感
に
し
て
も
ら
え
た
の
は
結
香
に
と
っ
て
大
変
喜
  
だ
っ
た
 °
ほ
っ
と
い
て
も
お
っ
ぱ
い
だ
け
は
成
長
し
て
し
ま
う
も
  
ぱ
い
が
ど
こ
ま
で
大
き
く
な
っ
て
い
る
か
把
握
で
き
ず
正
直
退
屈
  
っ
く
の
と
う
に
得
ら
れ
な
い
身
体
に
な
っ
て
い
て
 
本
人
も
お
っ
  
結
香
は
快
感
が
欲
し
い
た
め
に
移
動
し
て
い
た
が
快
感
な
ん
ぞ
と
  
 
本
当
に
!
?
 
  
 
娘
よ
 
胸
を
揉
む
と
い
い
:
:
少
し
敏
感
に
し
た
ら
の
ぅ
 °
 
  
  
鷹
 
作
  
最
胸
の
娘






















≪ <  

  
カ
ッ
プ
あ
っ
た
が
い
つ
の
間
に
か
3
8
4
c
m
と
膨
乳
し
真
奈
の
  
厭
ら
し
く
変
化
し
て
い
た
 °
も
と
も
と
お
っ
ぱ
い
が
9
3
c
m
E
  
数
分
後
 
海
斗
に
は
何
の
症
状
も
で
な
か
っ
た
が
真
奈
の
身
体
が
  
  
 
 
甘
ぁ
|
い
 
 
  
人
は
舐
め
た
 °
  
母
乳
の
細
か
い
霧
の
粒
が
真
奈
と
海
斗
の
口
に
付
着
し
た
の
を
2
  
・
・
・
ん
?
 
  
 
浜
の
ビ
ル
群
が
瞬
く
間
に
潰
れ
た
か
と
思
っ
た
ら
次
は
母
乳
か
  
こ
こ
は
あ
え
て
触
れ
な
い
で
お
い
た
 °
  
な
い
の
か
よ
!
!
っ
て
ツ
ッ
コ
ミ
い
れ
た
か
っ
た
海
斗
 °
し
か
し
  
 
・
・
・
 
  
 
・
・
・
な
い
 
  
 
へ
ぇ
見
た
こ
と
あ
る
ん
だ
ぁ
 
  
・
 
  
 
結
香
ち
ゃ
ん
の
母
乳
だ
ね
 
ナ
イ
ア
ガ
ラ
の
滝
よ
り
凄
い
・
・
  
 
お
ぃ
 
海
東
・
・
・
あ
れ
・
・
・
 
  
で
目
の
当
た
り
に
し
た
 °
  
こ
の
情
景
を
真
奈
と
海
斗
は
谷
間
ま
で
あ
と
3
k
m
っ
て
と
こ
ろ
  
の
半
分
が
霧
状
に
な
っ
て
お
っ
ぱ
い
周
辺
の
視
界
を
奪
っ
た
 °


   

  
ほ
ど
お
っ
ぱ
い
は
雄
大
に
大
き
か
っ
た
 °
  
な
感
触
で
あ
っ
た
 °
呪
術
神
の
呪
い
で
さ
え
無
効
化
し
て
し
ま
う
  
そ
ん
な
地
響
き
が
起
つ
ほ
ど
大
き
な
音
と
火
災
は
結
香
に
は
小
さ
  
発
  
チ
ク
チ
ク
感
じ
る
も
の
↓
石
油
コ
ン
ビ
ナ
|
ト
の
連
続
し
た
大
爆
  
す
ぐ
っ
た
い
 
も
っ
と
・
・
・
も
っ
と
チ
ク
チ
ク
し
て
ぇ
|
!
!
 
  
 
は
ぁ
|
誰
か
が
私
の
お
っ
ぱ
い
を
い
じ
っ
て
く
れ
て
る
:
:
く
  
わ
っ
た
 °
  
感
じ
た
が
一
瞬
の
こ
と
で
 
す
ぐ
に
チ
ク
チ
ク
当
た
る
感
触
に
変
  
結
香
は
 
さ
っ
き
ち
ょ
っ
と
お
っ
ぱ
い
の
下
の
ほ
う
が
ひ
ん
や
り
  
滴
で
工
場
地
帯
は
火
の
海
に
な
っ
た
 °
  
・
・
す
る
と
工
場
は
爆
発
炎
上
 
火
災
が
火
災
を
呼
び
 
母
乳
一
  
工
場
地
帯
上
空
か
ら
一
滴
の
母
乳
が
ガ
ス
タ
ン
ク
に
当
た
っ
た
・
  
か
ろ
う
と
し
て
い
た
 °
  
ぱ
い
は
湾
の
反
対
側
に
広
が
る
石
油
コ
ン
ビ
ナ
|
ト
群
に
差
し
か
  
港
の
海
を
ま
る
で
水
溜
り
の
よ
う
に
覆
い
か
ぶ
さ
る
結
香
の
お
っ
  
  
た
よ
う
だ
 °
  
真
奈
の
乳
首
も
常
人
よ
り
大
き
く
な
り
 
乳
腺
が
異
常
に
発
達
し
  
制
服
は
乳
首
の
ひ
と
つ
も
隠
せ
ず
に
い
た
 °









   

  
覆
い
始
め
る
ほ
ど
大
き
く
た
わ
わ
に
な
っ
た
 °
太
平
洋
に
広
が
る
  
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
は
日
本
を
埋
め
尽
く
し
加
速
し
な
が
ら
地
球
を
  
乳
と
対
峙
す
る
な
ん
て
誰
が
予
想
し
た
だ
ろ
う
か
・
・
・
 °
  
続
い
て
海
軍
が
白
色
の
海
を
渡
る
 
し
か
し
こ
の
あ
と
結
香
の
巨
  
は
全
滅
だ
っ
た
 °
  
現
れ
た
か
と
思
っ
た
ら
 
す
ぐ
に
ぶ
つ
か
っ
て
し
ま
っ
た
 °
空
軍
  
あ
た
り
 
突
如
 
パ
イ
ロ
ッ
ト
の
目
の
前
に
巨
大
な
肌
色
の
壁
が
  
加
盟
国
の
空
軍
ジ
ェ
ッ
ト
編
成
が
上
空
1
万
m
に
着
こ
う
と
い
う
  
真
奈
と
海
斗
が
谷
間
の
中
に
入
っ
て
い
っ
た
と
き
で
あ
っ
た
 °
  
に
し
た
 °
  
海
軍
本
部
は
国
際
連
合
に
要
請
し
全
世
界
の
軍
隊
が
結
香
を
標
的
  
を
も
潰
し
白
く
な
っ
た
太
平
洋
に
浸
り
始
め
た
 °
  
浜
の
ビ
ル
群
を
潰
し
た
お
っ
ぱ
い
は
半
島
に
あ
る
ア
メ
リ
カ
基
地
  
  
最
胸
に
育
て
上
げ
る
 °
  
母
乳
一
滴
で
街
は
壊
滅
し
 
そ
の
一
滴
で
女
性
の
乳
房
と
乳
腺
を
  
の
だ
 °
  
し
ま
っ
た
 °
割
合
的
に
母
乳
の
方
が
海
水
を
上
回
っ
て
し
ま
っ
た
  
吹
き
出
た
母
乳
は
海
へ
流
れ
数
滴
で
世
界
の
海
を
母
乳
に
か
え
て
  


























   

  
す
ご
く
暖
か
い
 °
今
は
ど
こ
ま
で
き
た
ん
だ
ろ
う
 °
 
  
さ
れ
る
の
が
オ
チ
だ
と
も
思
っ
た
し
 
で
も
胡
桃
澤
さ
ん
体
温
が
  
 
思
っ
た
以
上
に
進
み
や
す
い
 
正
直
無
謀
だ
と
思
っ
た
よ
 °
  
順
調
に
前
へ
進
む
2
人
 °
  
  
 
 
 
 
谷
間
  
  
弾
し
た
な
ん
て
些
細
す
ぎ
て
感
触
す
ら
な
か
っ
た
 °
  
香
は
核
ミ
サ
イ
ル
が
発
射
さ
れ
 
し
か
も
自
分
の
お
っ
ぱ
い
に
着
  
交
っ
た
ミ
サ
イ
ル
は
東
京
に
た
ど
り
着
け
な
か
っ
た
 °
さ
ら
に
結
  
い
は
上
空
6
万
m
ま
で
聳
え
た
っ
て
い
た
た
め
 
2
万
m
を
飛
び
  
そ
れ
も
お
っ
ぱ
い
の
下
層
に
針
の
よ
う
な
光
が
迸
っ
た
が
お
っ
ぱ
  
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
欧
米
諸
国
の
ミ
サ
イ
ル
は
結
香
の
巨
大
す
ぎ
る
お
っ
ぱ
い
に
着
弾
  
着
弾
し
た
 °
  
し
か
し
核
ミ
サ
イ
ル
は
東
京
に
全
然
及
ば
な
い
と
こ
ろ
で
全
弾
が
  
可
さ
れ
 
東
京
の
結
香
に
向
っ
て
発
射
さ
れ
た
 °
  
緊
急
事
態
で
あ
っ
た
た
め
に
 
各
国
は
核
ミ
サ
イ
ル
の
使
用
が
許
  
始
め
空
を
巨
大
な
乳
首
が
占
領
し
て
き
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
は
ア
メ
リ
カ
西
海
岸
か
ら
巨
大
な
乳
輪
が
微
か
に
見
え

   

  
れ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
ど
う
や
ら
母
乳
は
最
胸
に
な
る
上
で
の
必
要
な
力
と
性
質
が
含
ま
  
上
げ
て
見
せ
た
 °
  
真
奈
は
片
手
で
は
確
実
に
溢
れ
る
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
を
軽
々
持
ち
  
 
男
の
子
な
ん
だ
か
ら
そ
れ
ぐ
ら
い
支
え
な
さ
い
よ
!
 
  
 
う
|
重
い
・
・
・
け
ど
柔
ら
か
い
?
!
!
!
ギ
ブ
ギ
ブ
ギ
ブ
!
!
 
  
上
の
お
っ
ぱ
い
が
海
斗
に
重
く
の
し
か
か
る
 °
  
真
奈
は
急
に
海
斗
の
背
中
め
が
け
て
飛
び
つ
い
た
 °
1
0
0
s
以
  
い
?
 
  
 
聖
く
ん
 
私
の
お
っ
ぱ
い
気
に
な
る
で
し
ょ
う
・
・
・
襲
い
た
  
し
て
い
た
ら
・
・
・
考
え
る
と
恐
ろ
し
い
こ
と
の
に
な
り
そ
う
だ
 °
  
っ
た
か
ら
こ
の
大
き
さ
で
ス
ト
ッ
プ
し
た
も
の
の
一
滴
以
上
口
に
  
く
性
格
が
少
し
積
極
性
を
増
し
た
カ
ン
ジ
で
あ
る
 °
で
も
霧
状
だ
  
真
奈
は
母
乳
を
口
に
し
た
た
め
お
っ
ぱ
い
が
成
長
し
た
だ
け
で
な
  
♪
 
  
ん
ど
ん
遠
の
い
て
い
く
 °
も
ぅ
引
き
返
せ
な
い
か
ら
先
を
急
ご
う
  
ろ
見
て
!
!
私
た
ち
は
動
い
て
な
い
の
に
 
谷
間
の
入
り
口
が
ど
  
今
急
激
に
成
長
し
て
い
る
の
 °
だ
っ
て
ほ
ら
 
立
ち
止
ま
っ
て
後
  
 
結
構
進
ん
だ
よ
ね
 °
気
づ
い
た
?
結
香
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
  
海
斗
は
真
奈
の
お
っ
ぱ
い
が
気
に
な
る
 °










   

  
  
 
 
 
谷
間
を
抜
け
た
2
人
  
  
衛
星
や
観
測
衛
星
は
悉
く
壊
さ
れ
た
が
彼
女
は
痒
み
も
感
じ
な
い
 °
  
結
香
の
お
っ
ぱ
い
の
て
っ
ぺ
ん
は
宇
宙
空
間
に
飛
び
出
し
 
人
口
  
  
本
当
の
こ
と
が
言
え
な
か
っ
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
に
全
弾
着
弾
し
た
こ
と
 °
  
占
め
つ
つ
あ
る
こ
と
 °
核
ミ
サ
イ
ル
は
ず
い
ぶ
ん
前
に
発
射
さ
れ
 
  
全
て
を
知
っ
て
い
る
呪
術
神
 °
既
に
お
っ
ぱ
い
が
地
球
の
半
分
を
  
 
ど
う
か
の
ぅ
 °
 
  
撃
っ
て
く
れ
な
い
か
し
ら
・
・
・
 °
 
  
核
ミ
サ
イ
ル
と
か
乳
首
に
当
て
た
ら
き
っ
と
気
持
ち
い
い
ん
だ
わ
 °
  
快
感
が
走
る
の
か
・
・
・
 °
は
ぁ
こ
れ
だ
け
大
き
い
ん
だ
も
の
 
  
自
衛
隊
や
各
国
の
軍
隊
が
私
に
攻
撃
し
た
ら
・
・
・
 °
死
ぬ
の
か
 
  
て
も
成
長
が
止
ま
ら
な
か
っ
た
ら
・
・
・
 °
私
み
た
い
な
怪
獣
に
  
っ
ぱ
い
で
埋
も
れ
て
し
ま
っ
た
ら
・
・
・
 °
地
球
の
全
て
を
壊
し
  
 
こ
の
ま
ま
お
っ
ぱ
い
が
途
方
に
大
き
く
な
り
世
界
中
が
私
の
お
  
結
香
は
呪
術
神
に
語
り
か
け
て
い
た
 °
  


























   

  
 
大
佐
!
何
や
ら
巨
大
な
モ
ノ
が
わ
れ
わ
れ
太
平
洋
艦
隊
の
行
く
  
  
 
太
平
洋
上
  
  
2
人
は
叫
び
な
が
ら
登
る
 °
  
 
結
香
ち
ゃ
ぁ
ん
!
!
気
づ
い
て
!
!
!
真
奈
だ
よ
ぉ
!
!
 
  
気
づ
い
て
く
れ
ぇ
!
!
!
 
  
 
胡
桃
澤
さ
ぁ
ん
!
!
俺
は
ぁ
!
!
F
組
ぃ
!
!
聖
海
斗
だ
ぁ
 
  
・
  
・
  
・
  
面
ま
で
登
ろ
う
!
!
!
 
  
菌
以
下
な
ん
だ
か
ら
!
!
!
さ
 
早
く
大
き
く
な
る
前
に
顔
の
正
  
・
・
こ
の
お
っ
ぱ
い
と
一
緒
に
成
長
し
て
た
ら
私
た
ち
な
ん
て
細
  
さ
い
よ
 °
私
が
最
後
に
見
た
の
は
8
0
m
く
ら
い
だ
っ
た
か
ら
・
  
 
で
も
 
結
香
ち
ゃ
ん
の
身
体
は
お
っ
ぱ
い
に
比
べ
る
と
全
然
小
  
 
で
も
5
0
m
以
上
離
れ
て
る
 °
登
る
の
か
?
 
  
顔
が
広
が
っ
て
る
で
し
ょ
!
!
よ
か
っ
た
ぁ
ま
た
会
え
た
ぁ
 
  
 
こ
れ
は
結
香
ち
ゃ
ん
の
身
体
よ
♪
上
見
て
!
!
結
香
ち
ゃ
ん
の
  
 
抜
け
た
|
ぁ
!
!
で
も
ま
だ
肌
色
だ
ぞ
 °
っ
て
か
壁
だ
 °
 


   

  
本
艦
も
危
険
だ
な
 °
通
信
兵
!
潜
水
艇
に
繋
げ
!
現
状
を
教
え
ろ
!
 
  
し
か
し
ど
ん
ど
ん
近
づ
い
て
く
る
?
巨
大
化
し
て
い
る
の
か
!
?
?
  
た
い
 °
そ
し
た
ら
空
を
覆
う
太
い
物
体
は
彼
女
の
乳
首
か
・
・
・
  
か
ら
見
え
る
天
高
く
広
が
る
ピ
ン
ク
は
乳
輪
だ
・
・
・
 °
信
じ
が
  
 
そ
の
と
お
り
か
も
し
れ
ん
 
こ
れ
は
乳
房
の
片
方
で
あ
り
我
々
  
 
東
京
に
現
れ
た
巨
人
の
乳
房
で
は
な
い
か
と
思
い
ま
す
!
 
  
一
体
な
ん
だ
?
 
  
さ
か
こ
り
ゃ
!
!
お
い
機
関
士
!
正
直
に
答
え
ろ
!
こ
の
肌
色
は
  
・
こ
の
超
巨
大
な
モ
ノ
の
可
能
性
が
高
い
な
・
・
・
ん
?
ま
 
  
 
そ
う
か
・
・
・
核
ミ
サ
イ
ル
の
誤
着
弾
 
衛
星
の
無
反
応
・
・
  
う
で
あ
り
ま
す
!
 
  
は
地
球
上
か
ら
現
れ
た
肌
色
の
物
体
が
現
れ
た
途
端
や
ら
れ
た
よ
  
た
!
原
因
な
ん
で
す
が
宇
宙
ス
テ
|
シ
ョ
ン
に
よ
れ
ば
 
全
衛
星
  
た
ん
で
す
が
N
A
S
A
の
衛
星
か
ら
も
反
応
が
あ
り
ま
せ
ん
で
し
  
 
大
佐
!
G
P
S
の
反
応
が
な
い
た
め
N
A
S
A
に
連
絡
を
取
っ
  
・
  
・
  
・
  
 
通
信
兵
!
G
P
S
で
我
が
艦
隊
の
場
所
を
確
認
し
ろ
!
 
  
手
を
阻
ま
れ
ま
し
た
!
見
渡
す
限
り
肌
色
で
あ
り
ま
す
!
 



   

  
艦
隊
の
周
り
は
大
時
化
に
な
っ
た
 °
中
に
は
乳
白
色
の
海
に
沈
没
  
人
知
を
超
え
た
乳
首
が
上
空
1
5
0
0
m
か
ら
一
気
に
着
水
し
 
  
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ッ
ザ
バ
|
ン
!
!
  
  
 
潜
水
艇
!
応
答
し
ろ
!
お
ぃ
!
 
  
  
壊
さ
れ
た
 °
  
呑
み
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
国
際
宇
宙
ス
テ
|
シ
ョ
ン
も
瞬
時
に
破
  
波
が
時
化
る
 °
お
っ
ぱ
い
の
成
長
が
潜
水
艇
よ
り
早
く
潜
水
艇
を
  
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
  
 
了
解
!
今
す
ぐ
帰
還
し
ま
・
・
・
 
ッ
ブ
ツ
  
に
す
る
な
!
 
  
し
て
い
る
!
巻
き
込
ま
れ
る
前
に
 
引
き
返
す
ん
だ
!
命
を
粗
末
  
化
を
続
け
る
巨
大
な
乳
房
だ
!
彼
女
は
い
ま
猛
烈
な
勢
い
で
成
長
  
 
お
い
!
お
ま
え
た
ち
今
す
ぐ
引
き
返
せ
!
そ
の
壁
は
今
も
巨
大
  
巨
大
な
壁
が
水
面
ま
で
聳
え
た
ち
前
に
進
め
ま
せ
ん
!
 
  
 
こ
ち
ら
 
潜
水
艇
!
大
佐
!
深
度
1
万
m
進
行
中
 
我
が
艇
は
  
・
  
・
  
・

























   

  
 
 
せ
|
の
・
・
・
胡
桃
澤
結
香
ぁ
!
 
 
  
  
 
 
 
例
の
2
人
  
  
結
香
の
身
体
に
吸
い
込
ま
れ
て
っ
た
 °
  
女
性
隊
員
の
身
体
が
眩
し
い
く
ら
い
に
輝
き
 
光
の
粒
と
な
っ
て
  
火
が
消
え
た
 °
  
ぱ
い
が
迫
っ
て
き
て
成
長
の
勢
い
に
叩
き
つ
け
ら
れ
尊
い
命
の
灯
  
い
を
ぶ
ら
下
げ
上
機
嫌
に
立
っ
て
い
た
が
 
す
ぐ
に
結
香
の
お
っ
  
っ
た
 °
身
長
3
3
0
0
k
m
に
倍
以
上
7
0
0
0
k
m
の
お
っ
ぱ
  
彼
女
の
土
踏
ま
ず
に
か
か
る
か
 
か
か
ら
な
い
か
っ
て
あ
た
り
だ
  
足
は
改
定
1
万
m
以
上
し
た
な
の
に
余
裕
で
踏
み
し
め
 
海
面
は
  
大
量
の
海
水
を
飲
ん
で
し
ま
い
 
み
る
み
る
う
ち
に
成
長
し
た
 °
  
れ
船
ご
と
粉
砕
さ
せ
海
に
沈
ん
で
い
っ
た
 °
隊
員
は
溺
れ
な
が
ら
  
首
が
現
れ
た
か
と
思
っ
た
ら
 
艦
船
よ
り
大
き
な
お
っ
ぱ
い
が
現
  
ま
っ
た
 °
数
分
後
彼
女
の
い
た
艦
船
は
内
側
か
ら
突
如
巨
大
な
乳
  
あ
る
女
性
隊
員
は
か
か
っ
た
際
多
く
の
最
胸
の
母
乳
を
飲
ん
で
し
  
内
に
避
難
し
た
 °
  
母
乳
の
水
し
ぶ
き
が
隊
員
の
身
体
に
か
か
り
急
い
で
隊
員
達
は
船
  
す
る
船
も
出
た
 °



















   

  
の
全
て
が
好
き
な
ん
だ
!
俺
の
気
持
ち
受
け
取
っ
て
く
だ
さ
い
!
!
!
  
こ
と
が
好
き
な
ん
だ
!
身
体
の
大
き
さ
が
ど
ん
な
に
違
え
ど
 
  
い
よ
!
・
・
・
突
然
で
悪
い
ん
だ
け
ど
 
俺
!
!
胡
桃
澤
さ
ん
の
  
え
た
い
こ
と
が
あ
っ
て
何
と
か
生
き
て
君
に
会
え
た
!
凄
く
嬉
し
  
 
ど
も
!
!
F
組
聖
海
斗
で
す
!
胡
桃
澤
さ
ん
に
ど
う
し
て
も
伝
  
 
!
!
!
 
  
近
づ
け
る
 °
  
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
超
近
視
の
結
香
は
目
を
凝
ら
し
な
が
ら
顔
を
  
見
て
!
 
  
 
そ
う
だ
!
結
香
ち
ゃ
ん
 
よ
く
目
を
凝
ら
し
て
私
の
横
の
人
を
  
 
・
・
・
ご
め
ん
・
・
・
小
声
に
す
る
よ
・
・
・
 
  
 
結
香
ち
ゃ
ん
声
が
大
き
く
て
頭
が
か
ち
割
れ
そ
う
だ
よ
!
 
  
ん
?
ど
う
か
し
た
?
?
 
  
私
の
乳
首
じ
ゃ
狭
く
て
大
変
だ
っ
た
ろ
う
し
 
安
心
し
た
・
・
・
  
 
真
奈
?
真
奈
な
の
?
会
い
た
か
っ
た
ぁ
|
よ
か
っ
た
ぁ
無
事
で
!
!
  
 
結
香
ち
ゃ
ん
!
真
奈
だ
よ
!
 
  
顔
を
近
づ
け
る
 °
  
結
香
は
胸
元
の
小
さ
な
音
に
気
づ
く
こ
と
が
で
き
た
 °
  
  
声
を
合
わ
せ
て
気
づ
か
せ
る
作
戦
で
あ
る
 °









   

  
 
話
せ
ば
長
く
な
る
よ
・
・
・
今
朝
こ
の
身
体
使
っ
て
・
・
・
ん
  
香
ち
ゃ
ん
成
長
源
っ
て
何
?
何
が
起
き
た
の
?
?
 
  
 
聖
く
ん
良
か
っ
た
ね
!
想
い
が
伝
わ
っ
て
!
・
・
・
っ
て
か
結
  
ち
ゃ
っ
た
か
と
思
っ
て
た
 °
よ
か
っ
た
ぁ
 
  
も
こ
ん
な
に
な
っ
て
・
・
・
聖
く
ん
も
既
に
私
の
成
長
源
に
な
っ
  
 
あ
り
が
と
う
!
私
も
前
々
か
ら
聖
く
ん
が
好
き
だ
っ
た
の
!
で
  
海
斗
は
強
く
首
を
縦
に
振
っ
た
 °
  
全
身
兵
器
見
た
い
な
っ
も
ん
な
ん
だ
よ
 °
そ
れ
で
も
私
が
い
い
の
?
 
  
い
巨
乳
で
も
?
力
で
も
?
?
私
の
身
体
は
た
ぶ
ん
 
い
や
絶
対
 
  
 
本
当
に
私
で
い
い
の
?
こ
ん
な
大
き
な
私
で
も
?
計
り
知
れ
な
  
い
る
 °
  
れ
て
い
る
 °
私
の
身
体
を
心
か
ら
受
け
入
れ
て
く
れ
る
人
が
こ
こ
  
い
る
 °
し
か
も
私
が
ど
ん
な
に
大
き
く
て
も
好
き
だ
と
言
っ
て
く
  
る
か
と
思
っ
て
い
た
好
き
な
人
が
生
き
延
び
て
自
分
の
目
の
前
に
  
一
番
驚
い
た
の
は
結
香
で
あ
っ
た
 °
す
で
に
成
長
源
に
な
っ
て
い
  
  
も
聖
く
ん
が
好
き
だ
っ
た
の
に
・
・
・
ち
と
悔
し
い
・
・
・
  
こ
と
が
好
き
だ
っ
た
な
ん
て
・
・
・
両
想
い
か
ぁ
 
い
い
な
ぁ
私
  
真
奈
は
び
っ
く
り
し
て
い
た
 °
ま
さ
か
聖
く
ん
が
結
香
ち
ゃ
ん
の
  
 

























   

  
キ
ス
し
て
!
こ
れ
以
上
大
き
く
な
る
前
に
!
 
  
 
そ
ぅ
・
・
・
あ
の
・
・
・
聖
く
ん
に
お
願
い
が
・
・
・
!
私
に
  
ら
な
い
と
成
長
を
続
け
る
わ
け
だ
 °
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
結
香
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
は
こ
の
世
の
全
て
を
壊
し
き
  
な
い
気
が
し
て
・
・
 °
 
  
・
・
地
球
上
の
全
て
を
破
壊
し
な
い
と
お
っ
ぱ
い
の
成
長
は
止
ま
  
い
の
 °
で
も
お
っ
ぱ
い
は
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
る
気
が
す
る
の
・
  
 
こ
れ
以
上
成
長
し
た
く
な
か
っ
た
か
ら
も
う
一
歩
も
動
い
て
な
  
・
・
 
  
 
そ
う
い
や
俺
た
ち
見
た
け
ど
母
乳
一
滴
で
街
が
壊
滅
し
て
た
・
  
・
そ
ん
な
カ
ン
ジ
・
・
・
 
  
・
で
母
乳
が
出
て
・
・
・
・
・
・
急
に
力
が
漲
っ
て
・
・
・
・
・
  
た
か
ら
 °
で
も
巨
大
す
ぎ
て
呪
い
も
き
か
な
か
っ
た
・
・
・
・
・
  
敏
感
に
し
て
く
れ
た
の
 
私
の
お
っ
ぱ
い
が
大
き
す
ぎ
て
鈍
か
っ
  
る
っ
て
言
わ
れ
て
・
・
・
で
も
無
理
で
・
・
・
・
・
・
・
・
更
に
  
呪
術
神
と
会
話
し
て
自
分
の
身
体
を
受
け
入
れ
れ
ば
成
長
は
止
ま
  
と
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
て
・
・
・
・
・
・
・
・
・
と
き
ど
き
  
ど
お
っ
ぱ
い
が
止
ま
ら
な
く
て
 
成
長
す
る
と
街
を
壊
し
て
壊
す
  
成
長
す
る
身
体
に
な
っ
て
・
・
・
身
体
は
少
し
止
ま
っ
た
ん
だ
け
  
で
呪
術
神
っ
て
の
が
現
れ
て
呪
わ
れ
て
・
・
・
悪
い
こ
と
す
る
と

   

  
で
あ
る
 
海
面
か
ら
蒸
発
し
上
空
で
冷
や
さ
れ
雨
粒
と
な
る
 °
  
東
京
に
雨
が
降
る
 °
白
い
雨
粒
が
沢
山
降
っ
て
き
た
 °
そ
ぅ
母
乳
  
  
は
あ
っ
た
が
1
0
k
m
は
離
れ
て
い
た
 °
  
下
ろ
し
た
 °
海
斗
が
下
り
た
場
所
は
 
真
奈
と
同
じ
お
っ
ぱ
い
で
  
結
香
は
小
さ
す
ぎ
て
見
え
な
い
愛
す
る
海
斗
を
お
っ
ぱ
い
の
上
に
  
よ
り
は
小
さ
な
人
間
だ
っ
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
は
そ
れ
以
上
 °
ど
ん
な
に
巨
人
に
な
っ
て
も
お
っ
ぱ
い
  
0
0
0
m
以
上
 °
し
か
し
彼
女
の
乳
首
の
直
径
は
7
0
0
0
0
m
 
  
・
5
万
m
よ
う
や
く
巨
大
化
が
終
わ
っ
た
 °
結
香
の
身
長
は
5
0
  
1
万
m
・
・
・
ま
だ
・
・
・
愛
の
パ
ワ
|
か
・
・
・
3
万
m
・
・
  
5
0
0
m
・
・
・
3
0
0
0
m
・
・
・
ま
だ
巨
大
化
す
る
・
・
・
  
結
香
の
身
長
が
み
う
み
る
大
き
く
な
り
始
め
た
 °
8
0
0
m
|
1
  
た
 °
  
秒
3
秒
・
・
・
6
0
秒
・
・
・
結
香
の
体
内
に
多
大
な
力
が
漲
っ
  
結
香
の
潤
っ
た
唇
に
海
斗
の
小
さ
な
唇
を
重
ね
る
・
・
・
1
秒
2
  
だ
っ
た
 °
  
て
い
う
か
海
斗
の
身
長
は
結
香
の
小
指
の
爪
も
な
い
小
さ
な
人
間
  
手
の
ひ
ら
に
乗
り
 
口
の
前
に
来
る
 
赤
く
や
は
り
大
き
い
 °
  
海
斗
は
快
く
了
承
し
た
 °
















   

  
自
分
よ
り
大
き
な
お
っ
ぱ
い
を
軽
々
持
ち
上
げ
海
斗
に
迫
っ
た
 °
  
海
斗
に
は
到
底
し
ゃ
ぶ
り
つ
け
る
代
物
で
は
な
か
っ
た
 °
真
奈
は
  
海
斗
の
前
に
現
れ
た
真
奈
の
乳
首
は
海
斗
の
身
体
よ
り
大
き
く
 
  
 
私
の
お
っ
ぱ
い
を
吸
っ
て
欲
し
い
の
・
・
・
お
願
い
!
 
  
が
す
こ
と
は
な
か
っ
た
 °
  
海
斗
に
は
十
分
五
月
蠅
い
音
量
だ
っ
た
が
 
結
香
の
鼓
膜
を
揺
る
  
私
の
愛
も
受
け
取
っ
て
!
私
に
も
愛
を
注
い
で
!
 
  
 
聖
く
ん
!
私
も
聖
く
ん
が
好
き
!
結
香
ち
ゃ
ん
だ
け
で
な
く
て
  
真
奈
の
超
乳
が
海
斗
の
傍
ま
で
き
て
い
た
 °
  
海
斗
は
1
0
k
m
離
れ
な
が
ら
も
真
奈
の
巨
大
な
姿
が
確
認
で
き
 
  
ぱ
い
 
2
k
m
の
ヒ
ッ
プ
を
持
っ
た
女
の
子
に
な
っ
た
 °
  
体
が
厭
ら
し
く
巨
大
化
し
3
0
0
m
の
身
長
に
1
0
k
m
の
お
っ
  
真
奈
も
多
量
の
お
っ
ぱ
い
の
雨
を
飲
ん
だ
 °
た
ち
ま
ち
真
奈
の
身
  
  
ら
と
こ
と
ん
大
き
く
な
っ
て
も
ら
い
ま
し
ょ
う
♪
  
ま
る
雰
囲
気
は
全
く
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
・
・
・
こ
う
な
っ
た
  
に
力
が
漲
る
 °
ぐ
ん
ぐ
ん
強
靭
な
身
体
が
大
き
く
な
り
始
め
 
  
結
香
は
間
接
的
で
は
あ
る
が
 
自
分
の
母
乳
を
飲
ん
だ
 °
身
体
中
  
い
濃
い
こ
と
だ
ろ
う
か
・
・
・
 °
  
の
母
乳
と
違
う
点
は
母
乳
成
分
濃
度
が
元
の
比
に
な
ら
な
い
く
ら

   

  
に
 
真
奈
は
降
り
続
く
結
香
の
母
乳
で
あ
る
雨
を
飲
み
続
け
さ
ら
  
て
い
る
だ
け
で
も
幸
せ
だ
っ
た
 °
海
斗
の
頑
張
り
に
答
え
る
よ
う
  
海
斗
の
小
さ
な
身
体
で
自
分
の
強
大
な
お
っ
ぱ
い
を
揉
む
姿
を
見
  
と
違
い
目
が
良
か
っ
た
た
め
 
海
斗
の
頑
張
り
が
良
く
見
え
た
 °
  
き
く
な
り
す
ぎ
て
感
触
す
ら
感
じ
な
か
っ
た
 °
で
も
真
奈
は
結
香
  
使
っ
て
お
っ
ぱ
い
を
揉
ん
だ
 °
し
か
し
真
奈
も
結
香
と
同
様
 
  
摘
み
あ
げ
ら
れ
た
海
斗
は
真
奈
の
お
っ
ぱ
い
の
上
で
身
体
全
体
を
  
真
奈
の
愛
は
大
き
く
な
る
ば
か
り
だ
よ
 °
 
  
 
聖
く
ん
!
早
く
真
奈
の
お
っ
ぱ
い
ぐ
ち
ゃ
ぐ
ち
ゃ
に
し
な
い
と
 
  
よ
る
欲
求
不
満
が
真
奈
を
母
乳
の
が
ぶ
飲
み
に
一
役
買
っ
て
い
た
 °
  
真
奈
の
海
斗
に
対
す
る
想
い
の
大
き
さ
と
満
た
さ
れ
な
い
快
感
に
  
り
海
斗
は
真
奈
の
乳
首
の
穴
に
潜
れ
る
大
き
さ
だ
っ
た
 °
  
2
0
0
k
m
に
ま
で
な
っ
た
 °
乳
首
の
直
径
は
5
0
0
k
m
に
な
  
の
全
て
を
余
す
事
無
く
飲
み
干
し
身
長
が
1
5
4
k
m
バ
ス
ト
8
  
結
香
の
お
っ
ぱ
い
の
上
に
い
る
2
人
は
真
奈
が
降
っ
て
く
る
母
乳
  
結
香
の
身
長
は
1
7
0
万
k
m
で
成
長
の
終
止
符
が
打
た
れ
た
 °
  
な
が
ら
地
球
の
全
て
を
覆
っ
た
 °
  
を
瞬
時
に
海
の
藻
屑
と
し
 
大
陸
級
の
お
っ
ぱ
い
が
山
を
も
削
り
  
海
斗
の
愛
を
手
に
入
れ
た
結
香
の
お
っ
ぱ
い
は
太
平
洋
上
の
艦
隊
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
お
わ
り
  
  
の
娘
結
香
と
真
奈
を
見
守
っ
て
い
た
・
・
・
  
天
高
く
 
呪
術
神
が
暖
か
い
目
線
で
最
後
の
生
存
者
海
斗
と
最
胸
  
  
を
好
き
に
な
れ
た
 °
  
香
は
そ
ん
な
自
分
を
愛
し
て
く
れ
る
人
が
い
る
限
り
自
分
の
身
体
  
ぱ
い
の
上
で
愛
を
注
い
で
い
て
く
れ
て
る
こ
と
を
妄
想
し
た
 °
  
の
感
触
が
消
え
て
る
た
め
二
人
を
想
像
し
 
海
斗
が
自
分
の
お
っ
  
結
香
は
真
奈
が
巨
大
化
し
て
る
に
も
か
か
わ
ら
ず
お
っ
ぱ
い
か
ら
  
に
巨
大
化
し
た
も
の
だ
っ
た
 °














  > ≫