1
7
0
を
超
え
る
女
子
と
し
て
は
高
い
身
長
と
 
ク
|
ル
な
美
貌
  
属
 °
役
職
 
生
徒
会
長
 °
  
僕
達
の
通
う
旧
国
学
園
∧
き
ゅ
う
こ
く
が
く
え
ん
∨
3
年
2
組
所
  
因
幡
美
香
 °
  
 
  
 
  
有
名
な
人
物
で
あ
っ
た
か
ら
で
あ
る
 °
  
あ
っ
た
 °
  
因
幡
美
香
と
い
う
1
学
年
上
の
美
少
女
の
名
前
に
は
聞
き
覚
え
が
  
事
に
つ
い
て
 
話
し
て
い
る
の
が
聞
こ
え
た
 °
  
机
に
突
っ
伏
し
て
い
る
と
 
近
く
の
男
子
生
徒
達
が
因
幡
美
香
の
  
5
月
の
半
ば
 °
午
後
の
休
み
時
間
に
て
 
僕
は
自
分
の
ク
ラ
ス
で
  
 
  
 
  
い
だ
ろ
う
 °
  
そ
れ
を
語
る
に
は
 
あ
の
日
の
出
来
事
を
話
す
の
が
ち
ょ
う
ど
良
  
因
幡
美
香
∧
い
な
ば
み
か
∨
の
事
に
つ
い
て
語
り
た
い
と
思
う
 °
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
巨
乳
+
A
‖
B
 
1
 
A
‖
素
直
ク
|
ル
 
B
‖
因
幡
美
香



≪ <  

  
イ
ケ
メ
ン
で
 
サ
ッ
カ
|
部
の
得
点
王
 °
彼
女
と
同
じ
ク
ラ
ス
で
  
城
ヶ
咲
譲
 °
旧
国
学
園
3
年
2
組
所
属
 °
  
さ
き
じ
ょ
う
∨
先
輩
の
告
白
を
断
っ
た
と
言
う
話
で
あ
っ
た
 °
  
話
を
聞
い
て
い
る
と
 
因
幡
生
徒
会
長
が
城
ヶ
咲
譲
∧
じ
ょ
う
が
  
 
  
 
  
こ
こ
は
話
を
聞
い
て
お
こ
う
 °
  
ち
な
み
に
勇
気
を
出
せ
ず
に
 
告
白
は
し
て
い
な
い
が
:
:
:
:
 °
  
恋
焦
が
れ
た
身
 °
  
混
ざ
る
気
は
さ
ら
さ
ら
無
い
が
 
僕
も
一
男
子
と
し
て
あ
の
胸
に
  
そ
ん
な
彼
女
の
事
を
 
周
り
の
男
子
生
徒
が
噂
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
前
情
報
で
あ
っ
た
 °
  
と
言
わ
れ
る
太
刀
打
勲
∧
た
ち
う
ち
い
さ
お
∨
が
知
っ
て
い
た
事
  
そ
れ
が
僕
 
旧
国
学
園
2
年
4
組
 
平
凡
を
絵
に
描
い
た
よ
う
だ
  
そ
ん
な
彼
女
に
交
際
を
求
む
男
子
生
徒
は
 
数
知
れ
ず
 °
  
し
か
も
G
カ
ッ
プ
だ
と
言
わ
れ
る
ほ
ど
の
制
服
を
押
し
上
げ
る
胸
!
  
先
生
の
評
判
も
良
く
 
学
業
優
秀
に
し
て
ス
ポ
|
ツ
万
能
の
彼
女
 °
  
が
持
ち
味
 °





















   

  
 
  
 
  
わ
っ
た
 °
  
り
も
 
 
因
幡
生
徒
会
長
の
思
い
人
が
誰
か
 
と
言
う
事
に
に
変
  
こ
う
な
る
と
 
生
徒
の
関
心
は
 
城
ヶ
咲
先
輩
が
ふ
ら
れ
た
 
よ
  
 
  
 
  
く
答
え
て
 
城
ヶ
咲
先
輩
を
ふ
っ
た
の
だ
と
言
う
 °
  
し
か
し
 
彼
女
は
 
他
に
好
き
な
人
が
居
る
か
ら
 
と
そ
っ
け
な
  
そ
れ
ぞ
れ
思
っ
て
い
た
 °
  
城
ヶ
咲
先
輩
の
告
白
を
 
因
幡
生
徒
会
長
は
受
け
る
物
だ
と
皆
 
  
言
う
 °
  
て
告
白
し
て
い
る
姿
が
 
多
数
の
生
徒
が
目
撃
し
て
い
る
の
だ
と
  
今
日
の
昼
休
み
 
城
ヶ
咲
先
輩
が
因
幡
生
徒
会
長
に
体
育
館
裏
に
  
話
を
聞
い
て
み
る
と
 
  
 
  
 
  
と
言
わ
れ
て
い
る
 °
  
女
は
付
き
合
っ
て
い
る
の
で
は
無
い
か
と
噂
さ
れ
る
ほ
ど
の
仲
だ
  
あ
る
か
ら
 
良
く
話
し
て
い
る
姿
が
目
撃
さ
れ
て
お
り
 
彼
と
彼

   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
た
 °
  
存
在
に
唾
を
は
き
か
け
て
 
休
み
時
間
を
睡
眠
に
費
や
す
事
に
し
  
そ
ん
な
彼
女
居
な
い
歴
‖
年
齢
の
僕
は
 
ま
だ
見
ぬ
思
わ
れ
人
の
  
全
く
幸
せ
な
奴
め
 °
死
に
や
が
れ
 °
  
い
る
の
だ
 °
  
そ
ん
な
幸
せ
な
状
況
に
居
な
が
ら
 
そ
の
男
子
生
徒
は
何
を
し
て
  
僕
も
口
に
は
出
さ
な
か
っ
た
が
 
同
意
見
で
あ
っ
た
 °
  
そ
れ
ぞ
れ
に
思
い
思
い
の
感
想
を
言
っ
て
い
く
 °
  
 
  
 
  
は
幸
せ
だ
な
|
 °
そ
し
て
死
ね
!
 
  
 
く
そ
う
!
あ
ん
な
巨
乳
の
生
徒
会
長
様
に
思
わ
れ
て
い
る
男
子
  
 
  
 
城
ヶ
咲
先
輩
よ
り
も
良
い
男
な
ん
だ
ろ
う
な
|
 
  
 
  
 
い
っ
た
い
 
ど
ん
な
奴
な
ん
だ
!
 











   

  
凛
と
し
た
声
で
 
声
の
主
は
答
え
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
 
は
い
 
  
 
  
 
  
 
因
幡
 
生
徒
会
長
?
 
  
 
  
 
  
名
前
を
呼
ん
で
み
る
事
に
し
た
 °
  
し
 
そ
の
声
に
聞
き
覚
え
が
あ
っ
た
の
で
 
僕
は
そ
の
声
の
主
の
  
胸
の
上
か
ら
声
が
す
る
が
 
胸
が
邪
魔
で
顔
が
見
え
な
い
 °
し
か
  
 
  
 
  
 
起
き
た
?
 
  
 
  
 
  
柔
ら
か
い
物
に
乗
っ
て
い
る
 °
  
で
か
で
か
と
 
そ
の
存
在
を
強
調
し
て
い
た
 °
そ
れ
に
頭
が
何
か
  
目
を
覚
ま
す
と
 
目
の
前
に
は
制
服
を
押
し
の
け
る
大
き
な
胸
が

   

  
 
し
 
失
礼
し
ま
し
た
|
 
  
 
  
 
  
つ
 
  
っ
て
い
ら
れ
た
な
 
と
自
分
の
睡
眠
に
対
す
る
意
欲
に
感
心
し
つ
  
良
く
椅
子
か
ら
降
り
て
 
あ
の
体
勢
に
な
る
ま
で
気
付
か
ず
に
眠
  
 
  
 
  
僕
に
気
付
い
て
や
っ
た
ん
だ
な
と
ぼ
ん
や
り
思
う
 °
  
お
そ
ら
く
彼
女
が
放
課
後
の
教
室
の
見
回
り
を
し
て
い
る
際
に
 
  
っ
た
 °
  
要
す
る
に
 
僕
は
因
幡
生
徒
会
長
に
膝
枕
を
さ
れ
て
い
た
の
で
あ
  
の
上
で
あ
っ
た
と
分
か
る
 °
  
あ
の
僕
が
見
た
光
景
か
ら
考
え
る
と
 
僕
が
居
た
の
は
彼
女
の
膝
  
座
し
て
座
っ
て
い
た
 °
  
慌
て
て
振
り
返
っ
て
み
る
と
 
因
幡
生
徒
会
長
は
教
室
の
床
に
正
  
ご
し
て
し
ま
っ
た
み
た
い
だ
 °
  
外
は
も
う
赤
く
染
ま
っ
て
い
た
 °
夕
方
で
あ
る
 °
ど
う
や
ら
寝
過
  
飛
び
起
き
た
 °
  
生
徒
会
長
だ
と
分
か
っ
た
僕
は
 
急
い
で
胸
に
触
ら
な
い
よ
う
に

   

  
 
  
 
  
方
に
振
り
返
っ
た
 °
  
仕
方
な
い
 °
自
分
の
睡
眠
欲
に
軽
く
怒
り
な
が
ら
 
僕
は
彼
女
の
  
ど
う
や
ら
説
教
を
す
る
ま
で
は
 
逃
が
し
て
く
れ
な
い
ら
し
い
 °
  
は
分
か
る
が
 
ム
ニ
ュ
 
っ
て
な
ん
だ
ろ
う
?
  
握
り
締
め
て
い
た
 °
逃
が
さ
な
い
よ
う
に
 °
し
か
し
 
 
ガ
シ
 
  
因
幡
生
徒
会
長
が
僕
の
鞄
を
持
っ
て
い
な
い
右
手
を
し
っ
か
り
と
  
 
  
 
  
ガ
シ
 °
ム
ニ
ュ
 °
  
 
  
 
  
 
待
っ
て
 
  
 
  
 
  
よ
う
と
す
る
が
 
  
僕
は
鞄
の
脇
に
か
け
て
あ
る
黒
い
鞄
を
持
っ
て
 
教
室
の
外
に
出
  
 
  
 

























   

  
お
仕
置
き
?
授
業
を
さ
ぼ
っ
て
眠
っ
て
い
た
事
を
怒
っ
て
い
る
の
  
再
度
彼
女
に
聞
く
と
 
同
じ
言
葉
が
返
っ
て
来
た
 °
  
 
  
 
  
 
だ
か
ら
 
お
仕
置
き
 
  
 
  
 
  
 
え
?
な
ん
て
?
 
  
 
  
 
  
 
お
仕
置
き
 
  
 
  
 
  
 
え
っ
と
 
因
幡
生
徒
会
長
?
ど
う
し
て
こ
の
よ
う
な
状
況
に
?
 
  
 
  
 
  
ま
だ
僕
は
夢
の
中
に
居
る
の
だ
ろ
う
か
?
  
僕
の
手
は
 
彼
女
の
大
き
す
ぎ
る
胸
に
挟
ま
れ
て
い
た
 °
  
そ
し
て
振
り
返
っ
て
 
僕
は
そ
の
光
景
を
見
て
驚
く
 °
  
 

























   

  
 
:
:
:
:
な
ん
で
告
白
し
て
く
れ
な
い
の
?
 
  
 
  
 
  
は
て
?
他
に
謝
る
要
素
が
あ
っ
た
事
が
あ
り
ま
し
た
か
ね
?
  
 
  
 
  
 
そ
う
じ
ゃ
な
い
?
 
  
 
  
 
  
 
そ
う
じ
ゃ
な
い
 
  
 
  
 
  
意
し
て
お
き
ま
す
 
  
 
は
 
は
あ
 °
す
み
ま
せ
ん
 °
今
度
か
ら
は
眠
ら
な
い
よ
う
に
注
  
 
  
 
  
事
に
し
た
 °
  
と
り
あ
え
ず
謝
る
に
越
し
た
事
は
無
い
 °
僕
は
生
徒
会
長
に
謝
る
  
す
け
ど
ね
 °
  
で
し
ょ
う
か
?
し
か
し
 
む
し
ろ
こ
れ
は
ご
褒
美
だ
と
思
う
ん
で

   

  
 
  
 
  
 
え
?
え
|
|
|
!
?
 
  
 
  
 
  
 
勘
違
い
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
 
  
 
  
 
  
か
も
知
れ
ま
せ
ん
か
ら
ね
 
  
も
し
か
し
て
因
幡
会
長
が
僕
の
事
を
好
き
だ
と
勘
違
い
さ
れ
る
の
  
て
は
駄
目
で
す
よ
 °
  
 
あ
の
|
 
因
幡
会
長
|
?
そ
ん
な
事
を
僕
以
外
に
容
易
に
言
っ
  
 
  
 
  
 
な
ん
で
告
白
し
て
く
れ
な
い
の
と
 
聞
い
て
い
る
の
 
  
 
  
 
  
 
は
い
?
 
  
 
  
 

























   

  
 
え
 
え
っ
と
ぼ
 
僕
も
好
き
で
す
よ
 °
因
幡
会
長
の
事
は
 °
  
 
  
 
  
こ
こ
は
本
当
の
事
を
言
っ
て
お
き
ま
し
ょ
う
か
 °
  
合
い
た
い
と
思
っ
て
い
る
し
 °
  
ら
良
い
ん
で
し
ょ
う
か
?
し
か
し
彼
女
は
可
愛
い
し
 °
僕
も
付
き
  
僕
は
迷
っ
て
い
た
 °
え
|
っ
と
 
こ
の
場
合
は
ど
う
返
事
を
し
た
  
赤
い
顔
を
し
な
が
ら
 
彼
女
は
僕
に
そ
う
告
げ
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
あ
な
た
の
返
事
を
聞
か
せ
て
い
た
だ
き
た
く
思
い
ま
す
 
  
っ
て
い
る
ん
で
す
よ
 °
  
私
は
あ
な
た
と
結
婚
を
前
提
に
し
た
お
付
き
合
い
を
し
た
い
と
思
  
ん
で
す
よ
 °
  
 
私
 
因
幡
美
香
は
あ
な
た
 
太
刀
打
勲
さ
ん
が
大
大
大
好
き
な
  
 
  
 
  
心
な
し
か
顔
が
赤
く
な
っ
て
い
る
気
が
す
る
 °
  
た
 °
  
そ
う
言
う
と
 
彼
女
は
僕
の
腕
か
ら
手
を
離
し
 
僕
に
向
き
合
っ

   

  
 
  
 
  
ね
 
  
 
嬉
し
い
:
:
:
:
 °
こ
れ
で
私
と
あ
な
た
は
 
恋
人
同
士
で
す
  
 
  
 
  
む
 
胸
が
!
胸
が
僕
に
当
た
っ
て
い
る
!
  
る
 °
  
G
カ
ッ
プ
だ
と
言
わ
れ
て
い
る
大
き
な
胸
が
 
僕
の
身
体
に
当
た
  
 
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
因
幡
会
長
!
 
  
 
  
 
  
そ
う
言
っ
た
途
端
 
因
幡
会
長
が
僕
に
抱
き
付
い
て
き
た
 °
  
少
し
緊
張
し
な
が
ら
 
僕
は
そ
う
言
っ
た
 °
  
 
  
 
  
僕
で
よ
け
れ
ば
 
お
付
き
合
い
さ
せ
て
い
 
い
た
だ
き
ま
す
 
  
結
婚
は
分
か
り
ま
せ
ん
が
 
付
き
合
い
た
い
と
思
っ
て
い
ま
す
よ
 °

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
E
N
D
  
 
  
 
  
た
機
会
が
あ
れ
ば
話
さ
せ
て
も
ら
い
ま
し
ょ
う
 °
  
ク
|
ル
な
巨
乳
な
彼
女
を
手
に
入
れ
た
僕
の
そ
の
後
の
話
は
 
  
こ
う
し
て
 
僕
と
彼
女
は
恋
人
同
士
に
な
っ
た
 °
  
 
  
 
  
そ
う
言
っ
て
 
彼
女
は
さ
ら
に
ぎ
ゅ
|
っ
と
抱
き
付
い
て
く
る
 °

  > ≫