を
し
て
 
  
僕
が
言
葉
に
迷
っ
て
い
る
と
 
花
見
は
途
端
に
怒
っ
た
よ
う
な
顔
  
 
  
 
  
|
あ
の
|
:
:
:
:
花
見
?
い
や
 
今
日
は
:
:
:
:
 °
  
 
  
 
  
を
持
っ
て
そ
う
言
っ
て
き
た
の
で
あ
る
 °
  
ベ
ッ
ド
で
横
に
な
っ
て
い
た
妹
が
 
起
き
上
が
る
と
共
に
僕
の
腕
  
あ
っ
た
 °
  
赤
面
し
な
が
ら
も
 
僕
に
そ
う
言
っ
て
く
る
妹
の
姿
が
そ
こ
に
は
  
 
  
 
  
大
き
く
し
て
も
ら
え
ま
せ
ん
か
?
 
  
花
見
 
ね
ぇ
 
兄
上
?
私
の
胸
も
 
姉
上
の
よ
う
に
:
:
:
:
お
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
双
六
 
4
回
休
み














≪ <  

  
月
見
 
問
題
あ
り
ま
せ
ん
 °
む
し
ろ
私
の
身
体
は
兄
上
の
た
め
に
  
 
  
 
  
ハ
|
ト
 
良
い
ん
で
す
ね
 
月
見
様
 
  
 
  
 
  
|
ト
・
フ
ォ
|
カ
ス
が
居
た
 °
  
そ
こ
に
は
僕
 
そ
し
て
妹
の
遠
藤
月
見
 °
そ
し
て
自
称
奴
隷
の
ハ
  
そ
の
日
の
夜
 °
僕
の
部
屋
 °
  
‖
‖
  
 
  
 
  
に
し
た
 °
  
僕
は
何
も
言
い
返
せ
ず
に
 
大
人
し
く
妹
の
言
う
事
に
従
う
こ
と
  
 
  
 
  
|
う
っ
:
:
:
:
 °
そ
れ
は
:
:
:
:
 °
  
 
  
 
  
花
見
 
兄
上
?
姉
上
に
は
や
っ
て
お
い
て
 
私
に
は
無
し
で
す
か
?
 

   

  
 
  
|
な
 
な
ん
だ
?
  
 
  
 
  
そ
れ
を
月
見
が
取
っ
た
瞬
間
 
光
が
彼
女
の
身
体
を
包
ん
だ
 °
  
そ
う
言
っ
て
 
ハ
|
ト
は
1
枚
の
カ
|
ド
を
差
し
出
す
 °
  
 
  
 
  
|
ド
を
ど
う
ぞ
 
  
ハ
|
ト
 
分
か
り
ま
し
た
 °
お
手
伝
い
し
ま
す
 °
で
は
 
こ
の
カ
  
 
  
 
  
そ
こ
ま
で
言
わ
れ
る
ほ
ど
愛
さ
れ
て
い
た
と
は
:
:
:
:
 °
  
い
や
 
花
見
に
好
か
れ
て
い
る
の
は
知
っ
て
は
い
た
 °
し
か
し
 
  
 
  
 
  
|
そ
こ
ま
で
言
う
の
か
よ
:
:
:
:
 °
  
 
  
 
  
あ
る
と
言
っ
て
も
過
言
で
は
あ
り
ま
せ
ん
 









   

  
 
  
 
  
|
お
い
っ
 
花
見
!
  
 
  
 
  
上
半
身
裸
に
な
る
 °
  
す
る
と
花
見
は
 
何
を
思
っ
た
の
か
パ
ジ
ャ
マ
の
上
を
脱
い
で
 
  
部
屋
に
残
さ
れ
た
の
は
 
僕
と
花
見
の
2
人
の
み
 °
  
ハ
|
ト
は
そ
う
言
っ
て
 
扉
を
開
け
て
外
へ
と
出
て
行
っ
た
 °
  
 
  
 
  
|
ち
ょ
:
:
:
:
!
  
 
  
ま
た
 
マ
ス
タ
|
・
隼
人
 
  
ハ
|
ト
 
準
備
は
出
来
ま
し
た
の
で
 
私
は
失
礼
し
ま
す
 °
で
は
  
 
  
 
  
な
い
だ
ろ
う
か
?
  
も
し
か
し
て
 
こ
う
言
う
感
じ
で
月
も
猫
耳
を
生
や
し
た
ん
じ
ゃ
  
 

























   

  
と
大
き
く
成
長
し
て
い
く
 °
  
そ
ん
な
中
 
僕
が
花
見
の
胸
を
揉
む
中
 
彼
女
の
胸
は
だ
ん
だ
ん
  
 
  
 
  
私
の
を
:
:
:
:
!
:
:
:
:
っ
!
 
  
花
見
 
あ
っ
:
:
:
:
!
い
や
っ
:
:
:
:
!
兄
上
が
:
:
:
:
  
 
  
 
  
僕
は
花
見
の
胸
を
ゆ
っ
く
り
と
胸
を
揉
ん
で
い
く
 °
  
 
  
 
  
そ
こ
で
僕
の
理
性
は
吹
き
飛
ん
だ
 °
  
 
  
 
  
る
 °
そ
し
て
 
蟲
惑
的
な
瞳
で
こ
ち
ら
を
見
つ
め
て
い
る
 °
  
猫
耳
を
生
や
し
た
上
半
身
裸
の
妹
が
 
ベ
ッ
ド
に
横
た
わ
っ
て
い
  
そ
う
言
っ
て
 
ベ
ッ
ド
に
花
見
は
仰
向
け
で
横
に
な
る
 °
  
 
  
 
  
花
見
 
で
 
で
は
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 








   

  
も
う
こ
れ
は
あ
ま
り
に
も
大
き
す
ぎ
て
 
彼
女
の
身
体
に
あ
ま
り
  
 
  
 
  
|
∧
も
う
こ
れ
く
ら
い
で
良
い
だ
ろ
う
∨
  
 
  
 
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
に
成
長
を
続
け
て
両
手
で
も
収
ま
り
き
ら
な
い
ほ
ど
の
大
き
さ
に
  
も
う
僕
の
手
の
ひ
ら
に
は
収
ま
り
な
ら
な
く
な
っ
た
胸
は
 
さ
ら
  
 
  
 
  
/
/
 
  
:
触
ら
な
い
で
:
:
:
:
!
熱
い
:
:
:
:
熱
い
で
す
/
/
/
/
  
花
見
 
あ
っ
:
:
:
:
!
駄
目
ッ
:
:
:
:
!
そ
ん
な
に
:
:
:
  
 
  
 
  
い
つ
く
す
勢
い
で
成
長
を
続
け
て
い
く
 °
  
今
や
 
そ
の
大
き
さ
は
め
ろ
ん
を
通
り
越
し
て
 
自
分
の
顔
を
覆
  
量
感
を
感
じ
る
 °
  
最
初
は
つ
ぼ
み
の
よ
う
で
あ
っ
た
が
 
だ
ん
だ
ん
と
大
き
さ
と
重

   

  
せ
る
よ
う
に
そ
の
黒
髪
は
伸
び
て
 
最
終
的
に
は
最
初
の
肩
を
越
  
へ
と
変
わ
っ
て
い
く
 °
髪
も
伸
び
続
け
 
身
体
の
大
き
さ
に
合
わ
  
顔
も
可
愛
ら
し
い
人
形
ら
し
い
顔
か
ら
 
綺
麗
な
大
人
っ
ぽ
い
顔
  
を
続
け
る
 °
  
ま
る
で
身
体
全
体
が
陽
を
目
指
す
植
物
の
よ
う
に
 
大
き
く
成
長
  
長
を
続
け
る
 °
  
両
腕
は
細
く
刻
々
と
伸
び
て
行
く
 °
そ
し
て
 
両
脚
も
同
様
に
成
  
 
  
 
  
胸
 
で
は
な
く
身
体
全
体
の
成
長
が
始
ま
っ
た
 °
  
僕
が
胸
か
ら
手
を
離
し
た
が
 
彼
女
の
成
長
は
未
だ
続
い
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
:
 °
あ
に
う
え
さ
ま
ぁ
ぁ
/
/
/
/
/
/
!
 
  
花
見
 
:
:
:
:
あ
っ
ん
!
兄
上
様
:
:
:
:
 °
兄
上
様
:
:
:
  
 
  
 
  
離
し
た
 °
  
こ
れ
以
上
は
揉
ま
な
い
方
が
良
い
だ
ろ
う
 
と
思
っ
て
僕
は
手
を
  
に
も
不
釣
合
い
 °



















   

  
 
  
 
  
す
ぎ
る
胸
が
こ
ち
ら
に
向
い
て
い
る
の
で
あ
る
 °
  
そ
う
 °
彼
女
は
上
半
身
裸
の
ま
ま
 
急
成
長
を
遂
げ
た
の
で
大
き
  
 
  
 
  
|
い
や
 
だ
っ
て
:
:
:
:
!
と
に
か
く
服
 
着
ろ
よ
!
  
 
  
 
  
花
見
 
:
:
:
:
?
ど
う
か
し
ま
し
た
か
?
兄
上
?
 
  
 
  
 
  
を
そ
ら
す
 °
  
そ
う
言
う
花
見
の
胸
が
ぷ
る
ん
 
と
揺
れ
て
 
僕
は
す
ぐ
さ
ま
眼
  
 
  
 
  
花
見
 
凄
か
っ
た
/
/
/
/
/
/
 
  
 
  
 
  
え
て
腰
の
辺
り
ま
で
伸
び
て
い
た
 °












   

  
 
  
し
か
し
 
花
見
は
ど
う
や
ら
そ
う
は
思
わ
な
か
っ
た
ら
し
く
  
 
  
 
  
で
あ
る
 °
  
今
言
っ
た
の
は
 
あ
く
ま
で
も
こ
の
場
か
ら
離
れ
る
た
め
の
言
葉
  
が
 °
  
ま
ぁ
 
今
ソ
フ
ァ
|
は
暫
定
的
な
ハ
|
ト
の
寝
床
に
な
っ
て
い
る
  
 
  
 
  
こ
で
寝
と
け
な
 °
  
|
じ
ゃ
 
じ
ゃ
あ
僕
は
今
日
は
ソ
フ
ァ
|
で
寝
る
か
ら
花
見
は
こ
  
 
  
 
  
胸
の
一
部
が
飛
び
出
て
い
る
が
 °
  
そ
う
と
す
る
 °
し
か
し
 
残
念
な
が
ら
完
璧
に
は
隠
れ
き
れ
ず
に
 
  
花
見
は
顔
を
赤
ら
め
な
が
ら
 
布
団
を
抱
き
か
か
え
て
身
体
を
隠
  
 
  
 
  
花
見
 
は
 
恥
ず
か
し
い
:
:
:
:
 











   

  
 
  
 
  
|
お
 
お
い
!
花
見
!
  
 
  
 
  
そ
し
て
 
花
見
は
僕
の
頭
を
掴
ん
で
そ
の
胸
に
載
せ
た
 °
  
 
  
 
  
花
見
 
今
日
く
ら
い
は
:
:
:
:
私
だ
け
を
見
て
く
だ
さ
い
 
  
 
  
 
  
|
ち
ょ
:
:
:
:
!
  
 
  
 
  
に
押
し
倒
し
た
 °
  
と
言
っ
た
か
と
思
う
と
 
彼
女
は
僕
の
腕
を
掴
ん
だ
ま
ま
ベ
ッ
ド
  
 
  
 
  
花
見
 
む
っ
|
:
:
:
:
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
い
ま
す
:
:
:
:
兄
上
:
:
:
:
 
  
花
見
 
:
:
:
:
い
つ
ま
で
も
:
:
:
:
お
慕
え
:
:
:
:
し
て
  
 
  
 
  
そ
う
諦
め
た
僕
は
 
そ
の
ま
ま
眠
り
に
つ
い
た
 °
  
い
か
 °
  
今
日
は
こ
こ
で
 
こ
の
乳
枕
|
い
や
 
花
見
の
上
で
眠
る
し
か
な
  
 
  
 
  
|
は
ぁ
:
:
:
:
 °
仕
方
な
い
な
 °
  
 
  
 
  
な
い
 °
  
す
や
す
や
と
眠
る
妹
を
見
て
い
る
と
 
ど
う
も
起
こ
す
気
に
な
れ
  
そ
し
て
 
そ
の
ま
ま
寝
息
を
立
て
て
眠
り
に
つ
い
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
  
花
見
 
今
日
は
こ
の
ま
ま
で
:
:
:
:
 










   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
そ
ん
な
小
さ
な
呟
き
が
 
僕
の
部
屋
で
僕
の
耳
に
届
い
て
い
た
 °

  > ≫