人
間
だ
っ
た
 °
  
大
き
け
れ
ば
大
き
い
ほ
ど
 
僕
は
そ
の
女
性
を
魅
力
的
だ
と
思
う
  
実
を
言
え
ば
 
僕
は
胸
が
大
き
い
女
性
が
好
き
だ
っ
た
 °
  
な
っ
て
い
た
の
だ
か
ら
 °
  
爆
乳
と
言
っ
て
も
良
い
だ
ろ
う
 °
そ
ん
な
胸
を
持
っ
た
美
少
女
に
  
2
人
と
も
美
人
で
 
双
六
に
よ
っ
て
と
ん
で
も
な
い
巨
乳
 
い
や
  
僕
は
2
人
に
告
白
さ
れ
て
 
戸
惑
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
よ
っ
て
 
簡
易
的
に
だ
が
話
を
進
め
て
い
こ
う
 °
  
切
な
事
で
あ
る
 °
  
し
か
し
 
僕
達
の
物
語
を
知
っ
た
皆
様
に
と
っ
て
は
 
結
末
は
大
  
は
な
い
か
ら
だ
 °
  
な
に
せ
自
分
の
色
恋
と
言
う
の
は
 
本
来
語
る
べ
き
よ
う
な
物
で
  
て
も
酷
く
不
本
意
な
話
で
あ
る
 °
  
に
告
白
さ
れ
て
か
ら
の
事
を
語
る
の
は
 
僕
 
遠
藤
隼
人
に
と
っ
  
あ
の
後
 
氷
室
彩
と
夕
霧
∧
ゆ
う
ぎ
り
∨
・
L
・
エ
リ
ス
の
2
人
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
双
六
 
ゴ
|
ル















≪ <  

  
そ
の
時
の
彩
先
輩
は
巨
乳
を
売
り
に
す
る
ア
イ
ド
ル
が
赤
ち
ゃ
ん
  
る
 °
  
乳
枕
と
は
そ
の
名
の
通
り
 
乳
を
枕
に
し
て
眠
る
行
為
の
事
で
あ
  
ま
ず
彩
先
輩
で
嬉
し
か
っ
た
の
は
 
乳
枕
だ
ろ
う
 °
  
 
  
 
  
え
る
だ
ろ
う
か
 °
  
ま
ぁ
 
双
六
の
効
果
は
酷
か
っ
た
 °
い
や
 
嬉
し
か
っ
た
と
も
言
  
そ
れ
か
ら
僕
達
は
双
六
を
や
り
ま
く
っ
た
 °
  
 
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
言
っ
て
2
人
を
納
得
さ
せ
た
 °
2
人
も
納
得
し
て
も
ら
え
た
よ
う
  
と
り
あ
え
ず
僕
は
 
 
双
六
を
終
え
た
状
況
で
答
え
を
出
す
 
と
  
 
  
 
  
て
く
る
 °
  
で
も
 
両
方
同
時
に
告
白
さ
れ
た
状
況
だ
と
 
話
は
少
し
変
わ
っ
  
だ
ろ
う
 °
  
だ
か
ら
 
片
方
だ
け
が
告
白
し
た
状
況
な
ら
ば
僕
は
付
き
合
っ
た

   

  
僕
が
エ
リ
ス
の
膝
に
座
る
と
僕
の
背
中
に
彼
女
の
大
き
な
胸
の
感
  
ど
 °
  
急
成
長
は
以
上
に
多
か
っ
た
気
が
す
る
 °
ま
ぁ
 
統
計
的
に
だ
け
  
今
か
ら
思
え
ば
 
彩
先
輩
も
そ
れ
な
り
に
あ
っ
た
け
ど
エ
リ
ス
の
  
う
体
験
だ
っ
た
 °
  
僕
が
エ
リ
ス
の
膝
に
座
っ
て
る
時
に
 
彼
女
が
急
成
長
す
る
と
言
  
急
成
長
体
験
と
言
っ
て
も
 
別
に
僕
が
急
成
長
す
る
訳
で
は
な
い
 °
  
ろ
う
 °
  
夕
霧
・
L
・
エ
リ
ス
で
印
象
に
残
っ
て
る
の
は
 
急
成
長
体
験
だ
  
 
  
 
  
は
思
う
 °
  
ま
ぁ
 
後
々
の
事
を
考
え
れ
ば
ま
だ
ま
だ
小
さ
い
方
だ
と
 
今
で
  
し
た
 °
  
母
親
の
胸
で
寝
る
赤
子
の
気
分
を
久
し
ぶ
り
に
思
い
出
し
た
気
が
  
げ
る
の
が
印
象
的
だ
っ
た
 °
  
僕
の
手
が
乳
首
に
当
た
る
た
び
に
 
彼
女
が
可
愛
ら
し
い
声
を
あ
  
暖
か
か
っ
た
 °
  
も
 
全
く
沈
ま
な
い
ほ
ど
の
大
き
さ
の
胸
だ
っ
た
か
ら
 
と
て
も
  
に
見
え
る
ほ
ど
の
胸
だ
っ
た
 °
僕
が
彩
先
輩
の
胸
に
頭
を
載
せ
て

   

  
彼
女
の
胸
を
吸
う
と
何
故
か
ミ
ル
ク
が
出
た
の
は
 
3
人
と
も
ど
  
か
っ
た
が
 
出
来
た
 °
  
に
な
っ
て
い
た
 °
そ
ん
な
胸
を
吸
え
と
言
う
の
は
 
か
な
り
難
し
  
ハ
|
ト
の
胸
も
2
人
に
及
ば
な
い
と
は
言
え
 
か
な
り
の
大
き
さ
  
た
 °
  
ハ
|
ト
で
思
い
出
す
の
は
 
乳
を
吸
え
と
い
う
ミ
ッ
シ
ョ
ン
だ
っ
  
ち
な
み
に
僕
の
タ
|
ン
で
は
 
ハ
|
ト
の
場
合
も
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
え
だ
っ
た
 °
  
そ
ん
な
長
身
女
性
が
顔
を
赤
ら
め
る
姿
は
 
と
て
も
ギ
ャ
ッ
プ
萌
  
て
い
る
だ
ろ
う
 °
  
た
状
態
で
僕
の
身
長
を
超
え
て
い
た
 °
恐
ら
く
軽
く
2
m
を
超
え
  
し
ば
ら
く
し
て
離
れ
て
見
る
と
 
彼
女
の
身
長
は
明
ら
か
に
座
っ
  
す
る
と
 
胸
の
感
触
が
だ
ん
だ
ん
と
上
に
上
が
っ
て
い
く
 °
  
恐
ら
く
胸
が
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
そ
し
て
し
ば
ら
く
  
声
を
あ
げ
な
が
ら
胸
の
感
触
が
だ
ん
だ
ん
と
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
  
に
 
彼
女
の
身
体
が
熱
く
な
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
る
 °
そ
れ
と
共
に
僕
の
身
体
が
熱
く
な
る
 °
彼
女
の
急
成
長
と
共
  
触
が
当
た
っ
て
い
た
 °
し
か
し
 
す
ぐ
に
彼
女
が
喘
ぎ
声
を
あ
げ

   

  
校
の
満
場
一
致
で
生
徒
会
長
に
就
任
し
て
 
2
年
生
に
し
て
既
に
  
影
響
を
及
ぼ
さ
な
い
と
言
う
八
方
美
人
で
あ
る
 °
つ
い
先
月
 
  
き
さ
の
胸
 °
そ
れ
で
い
て
一
切
垂
れ
ず
 
勉
学
や
体
育
に
一
切
悪
  
エ
リ
ス
は
2
m
を
越
す
身
長
と
そ
の
身
長
に
匹
敵
す
る
ほ
ど
の
大
  
 
  
線
が
痛
い
の
が
悩
み
だ
 °
  
最
近
は
週
3
で
う
ち
に
来
て
抱
き
付
い
て
く
る
の
で
 
花
見
の
視
  
を
持
つ
美
人
へ
と
成
長
を
遂
げ
た
 °
  
魅
惑
の
ボ
デ
ィ
ラ
イ
ン
 °
さ
ら
に
1
年
前
よ
り
も
美
し
い
顔
立
ち
  
さ
ら
に
は
余
計
な
部
分
に
は
一
切
脂
肪
が
付
い
て
い
な
い
と
い
う
  
彩
部
長
は
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
が
嫉
妬
す
る
ほ
ど
の
胸
を
持
ち
 
  
 
  
 
  
こ
の
1
年
で
3
人
の
容
姿
は
か
な
り
様
変
わ
り
し
た
 °
  
着
く
時
が
や
っ
て
来
た
 °
  
か
な
り
の
マ
ス
を
進
め
て
 
全
員
6
マ
ス
以
内
に
ゴ
|
ル
に
辿
り
  
あ
れ
か
ら
:
:
:
:
1
年
 °
  
 
  
 
  
う
し
て
だ
ろ
う
と
悩
ん
だ
 °















   

  
 
  
す
く
と
身
長
も
胸
も
成
長
し
て
い
る
 °
  
を
い
じ
く
ら
れ
た
だ
け
だ
が
 
第
2
次
成
長
も
あ
い
ま
っ
て
す
く
  
遠
藤
月
と
遠
藤
花
見
 °
2
人
は
ハ
|
ト
の
力
に
よ
っ
て
1
度
身
体
  
そ
う
そ
う
 °
忘
れ
て
は
い
け
な
い
の
は
妹
2
人
の
事
だ
 °
  
 
  
 
  
ッ
ド
ま
で
入
っ
て
く
る
の
も
い
や
は
や
な
ん
と
も
言
え
な
い
 °
  
へ
そ
が
見
え
て
し
ま
っ
て
困
る
 °
守
護
霊
だ
か
ら
と
 
風
呂
や
ベ
  
メ
イ
ド
服
も
 
も
は
や
胸
を
隠
す
の
で
精
一
杯
で
健
康
的
な
肌
と
  
に
比
べ
た
ら
大
き
い
 °
  
っ
て
も
 
み
ん
な
が
知
っ
て
る
巨
乳
ア
イ
ド
ル
や
爆
乳
ア
イ
ド
ル
  
ハ
|
ト
は
2
人
に
比
べ
た
ら
 
胸
の
大
き
さ
は
小
さ
い
 °
と
は
言
  
 
  
 
  
う
た
び
に
背
中
か
ら
抱
き
付
い
て
く
る
の
で
困
っ
て
い
る
 °
  
欲
し
い
 °
逆
も
周
り
の
視
線
が
つ
ら
い
し
 °
最
近
で
は
学
校
に
会
  
た
だ
昔
の
よ
う
に
 
僕
の
膝
の
上
に
乗
っ
た
り
す
る
の
は
止
め
て
  
無
い
 °
  
大
学
推
薦
を
ゲ
ッ
ト
し
て
い
る
の
は
さ
す
が
と
し
か
言
い
よ
う
が

   

  
ん
だ
 °
  
だ
か
ら
今
日
 
 
恋
愛
悪
魔
の
双
六
 
を
終
わ
ら
せ
て
皆
に
言
う
  
ま
ぁ
 
そ
ん
な
彼
女
達
を
僕
は
好
き
だ
 °
皆
 
愛
し
て
る
 °
  
 
  
 
  
が
り
家
に
居
る
間
は
ほ
と
ん
ど
彼
女
と
過
ご
し
て
い
る
 °
  
だ
が
 
そ
れ
と
比
例
す
る
が
ご
と
く
僕
へ
の
懐
き
度
も
さ
ら
に
上
  
だ
 °
  
属
す
る
フ
ァ
ン
ク
ラ
ブ
が
あ
る
と
言
わ
れ
る
ほ
ど
の
人
気
っ
ぷ
り
  
兼
ね
備
え
た
ク
|
ル
な
顔
で
m
通
っ
て
る
中
学
校
生
徒
全
員
が
所
  
花
見
は
2
m
を
越
す
長
身
と
そ
の
大
き
な
胸
 
さ
ら
に
利
発
さ
を
  
 
  
 
  
事
も
多
く
な
っ
た
物
だ
 °
  
っ
て
来
る
 °
最
近
で
は
エ
リ
ス
と
協
力
し
て
2
人
で
攻
め
て
く
る
  
そ
ん
な
彼
女
は
う
ち
の
高
校
に
入
学
し
て
 
頻
繁
に
僕
の
元
へ
や
  
れ
は
他
の
皆
で
も
言
え
る
の
だ
け
れ
ど
も
 °
  
ト
全
員
の
胸
が
平
均
以
下
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
ま
あ
 
  
月
は
1
人
で
胸
の
ク
ラ
ス
平
均
を
上
げ
て
 
今
で
は
ク
ラ
ス
メ
|
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
完
‖
‖
  
 
  
2
0
X
X
年
1
1
月
2
5
日
 
遠
藤
隼
人
  
 
  
 
  
 
皆
 
愛
し
て
る
!
 
っ
て
 °
  
 
  
 

























  > ≫