電
車
は
遅
れ
て
い
た
 °
  
降
る
と
電
車
が
1
0
分
や
2
0
分
ほ
ど
遅
れ
る
 °
そ
し
て
今
日
も
  
 
僕
が
通
う
学
校
の
電
車
は
 
地
方
の
電
車
 °
こ
う
言
っ
た
雪
が
  
 
  
 
  
 
ま
ぁ
 
雪
で
遅
れ
そ
う
だ
け
れ
ど
も
:
:
:
:
 
  
 
  
 
  
1
年
以
上
通
う
と
慣
れ
る
物
で
あ
る
 °
  
し
て
い
る
 °
最
初
の
方
は
苦
痛
に
も
思
え
た
け
れ
ど
も
 
流
石
に
  
学
で
あ
る
 °
い
つ
も
1
時
間
近
く
か
け
て
家
と
学
校
を
行
き
帰
り
  
駅
と
言
う
事
か
ら
分
か
っ
て
貰
え
る
と
思
え
る
が
 
僕
は
電
車
通
  
 
僕
の
名
前
は
明
智
士
郎
 °
地
方
の
高
校
に
通
う
2
年
生
で
あ
る
 °
  
 
  
 
  
駅
の
窓
か
ら
見
え
る
粉
雪
を
見
て
 
そ
う
思
っ
た
 °
  
 
雪
が
降
っ
て
い
る
 °
こ
れ
は
な
か
な
か
止
ま
な
い
だ
ろ
う
な
と
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
L
e
t
 
I
t
 
S
n
o
w















≪ <  

  
 
せ
 
先
輩
:
:
:
:
 °
せ
 
先
輩
も
待
っ
て
い
た
ん
で
す
か
 
  
 
  
 
  
て
し
ま
っ
て
い
る
胸
を
持
っ
た
美
少
女
 °
  
例
す
る
か
の
よ
う
に
す
い
か
な
ん
か
を
越
え
る
く
ら
い
育
ち
切
っ
  
 
肩
よ
り
も
長
く
伸
ば
し
た
茶
髪
 
小
柄
な
身
体
 °
そ
れ
に
反
比
  
 
そ
こ
に
は
既
に
先
客
が
居
た
 °
  
 
  
 
  
 
:
:
:
:
 
  
 
  
 
  
の
風
を
遮
る
よ
う
に
し
て
作
ら
れ
た
暖
房
部
屋
に
入
る
 °
  
だ
け
は
あ
り
が
た
い
か
 °
そ
う
思
い
な
が
ら
 
僕
は
駅
の
ホ
|
ム
  
 
幸
い
に
も
電
車
が
止
ま
る
事
は
無
い
ら
し
い
 °
ま
ぁ
 
そ
の
点
  
 
  
 
  
 
早
く
帰
り
た
か
っ
た
が
:
:
:
:
 °
仕
方
な
い
か
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
の
よ
う
な
関
係
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
で
相
手
の
方
も
何
か
気
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
ら
し
く
 
お
互
い
今
  
 
僕
と
し
て
も
そ
れ
か
ら
何
と
な
く
気
に
な
っ
て
し
ま
い
 
そ
れ
  
知
り
合
い
か
ら
聞
い
て
置
い
た
だ
け
で
あ
る
 °
  
 
別
に
何
と
な
く
気
に
な
っ
て
し
ま
い
 
と
り
あ
え
ず
名
前
だ
け
  
き
い
後
輩
 °
そ
れ
が
僕
の
知
る
限
り
の
彼
女
の
全
て
で
あ
る
 °
  
 
同
じ
電
車
に
乗
っ
て
い
て
 
同
じ
学
校
に
通
う
か
な
り
胸
が
大
  
 
  
 
  
は
そ
れ
以
上
の
事
を
知
ら
な
い
 °
  
そ
れ
と
彼
女
の
事
で
知
っ
て
い
る
の
は
こ
れ
く
ら
い
で
あ
る
 °
  
 
と
は
言
っ
て
も
 
彼
女
が
ど
こ
の
駅
か
ら
乗
っ
て
い
る
の
か
 
  
じ
電
車
通
学
生
で
あ
る
 °
  
 
彼
女
は
青
空
白
雪
 °
僕
の
高
校
の
後
輩
の
1
年
生
で
 
僕
と
同
  
 
  
 
  
 
ま
 
ま
ぁ
な
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
 
せ
 
先
輩
 °
そ
 
そ
っ
ち
行
っ
て
い
い
で
す
か
?
 
  
 
  
 
  
く
な
っ
て
し
ま
う
 °
  
だ
 °
そ
ん
な
関
係
し
か
な
い
僕
達
が
2
人
だ
と
何
も
喋
る
事
が
無
  
乗
り
降
り
す
る
同
学
校
の
生
徒
 °
僕
ら
の
関
係
性
は
そ
ん
な
感
じ
  
 
か
 
会
話
が
無
い
 °
ま
ぁ
 
そ
れ
も
仕
方
な
い
 °
同
じ
電
車
に
  
 
  
 
  
 
 
:
:
:
:
 
 
  
 
  
 
  
な
い
だ
ろ
う
な
:
:
:
:
 °
う
ん
 °
  
け
れ
ど
も
 
デ
 
デ
カ
い
な
 °
こ
れ
だ
っ
た
ら
男
が
放
っ
て
置
か
  
 
デ
 
デ
カ
い
 °
女
の
人
に
こ
う
い
う
の
は
失
礼
だ
と
は
思
う
 °
  
 
  
 
  
∧
し
か
し
 
そ
れ
に
し
て
も
:
:
:
:
∨
  
 

























   

  
そ
う
に
違
い
な
い
 °
そ
れ
に
答
え
て
あ
げ
る
の
も
 
先
輩
と
し
て
  
こ
ん
な
に
も
身
体
を
密
着
を
許
し
て
く
れ
て
い
る
の
だ
 °
多
分
 
  
い
僕
な
ん
か
を
一
応
 
信
頼
し
て
く
れ
て
い
る
 °
だ
か
ら
こ
そ
 
  
 
し
 
し
か
し
そ
れ
は
い
け
な
い
 °
彼
女
は
こ
ん
な
全
然
知
ら
な
  
 
  
 
  
く
な
っ
て
し
ま
う
 °
彼
女
を
犯
し
た
い
と
思
っ
て
し
ま
う
 °
  
る
し
 
温
か
い
 °
そ
れ
に
何
だ
か
か
 
か
 
彼
女
を
押
し
倒
し
た
  
そ
 
そ
れ
に
し
て
も
柔
ら
か
い
な
 °
柔
ら
か
い
し
良
い
匂
い
も
す
  
の
身
体
に
そ
の
豊
満
な
胸
が
当
た
っ
て
い
る
ん
だ
が
:
:
:
:
 °
  
 
:
:
:
:
っ
て
 
ち
ょ
っ
と
近
く
な
い
だ
ろ
う
か
?
 
既
に
僕
  
近
づ
け
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
彼
女
は
ゆ
っ
く
り
と
僕
の
方
へ
と
そ
の
身
体
を
  
 
  
 
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
  
 
  
 
  
 
へ
っ
:
:
:
:
?
 
ど
 
ど
う
ぞ
?
 
  
 

























   

  
す
か
ら
ね
 °
他
の
人
に
も
や
る
と
か
思
わ
な
い
で
く
だ
さ
い
よ
?
  
 
は
 
は
い
 °
言
っ
て
お
き
ま
す
け
ど
 
先
輩
だ
か
ら
や
る
ん
で
  
 
  
 
  
 
こ
れ
っ
て
意
図
的
に
や
っ
て
る
?
 
  
 
  
 
  
し
て
:
:
:
:
 °
  
 
 
女
の
子
が
こ
ん
な
に
迫
っ
て
い
る
の
に
 
?
 
も
 
も
し
か
  
 
っ
て
 
え
?
 
今
 
こ
い
つ
な
ん
て
言
っ
た
?
  
 
  
 
  
 
そ
 
そ
う
言
わ
れ
て
も
:
:
:
:
 
  
 
  
 
  
色
一
つ
変
え
な
い
の
は
駄
目
だ
と
思
い
ま
す
 
  
 
先
輩
:
:
:
:
 °
女
の
子
が
こ
ん
な
に
迫
っ
て
い
る
の
に
 
  
 
  
 
  
大
切
な
事
だ
と
思
う
の
だ
 °















   

  
 
  
で
し
ま
っ
て
行
く
 °
  
シ
ュ
マ
ロ
の
ご
と
く
 
僕
の
腕
を
包
ん
で
中
へ
中
へ
と
飲
み
込
ん
  
僕
の
腕
を
ま
る
で
生
き
物
か
の
よ
う
に
 
柔
ら
か
く
 °
ま
る
で
マ
  
の
身
体
へ
と
押
し
付
け
ら
れ
て
い
く
 °
柔
ら
か
い
 
そ
ん
な
胸
が
  
付
け
る
彼
女
 °
柔
ら
か
い
胸
の
感
触
が
さ
っ
き
以
上
に
如
実
に
僕
  
 
そ
う
言
っ
て
 
そ
の
豊
満
な
胸
を
僕
の
腕
に
思
い
っ
き
り
押
し
  
 
  
 
  
 
だ
 
だ
か
ら
で
す
か
ね
 °
わ
 
私
も
先
輩
の
事
を
:
:
:
:
 
  
す
 °
  
を
す
る
女
子
高
生
を
注
意
す
る
先
輩
の
姿
は
カ
ッ
コ
良
か
っ
た
で
  
年
寄
り
に
席
を
譲
っ
た
り
 
電
車
内
で
酒
を
飲
ん
だ
乗
客
や
携
帯
  
 
電
車
の
中
で
い
つ
も
見
て
ま
し
た
 °
先
輩
は
優
し
い
で
す
 °
  
 
  
 
  
 
そ
 
そ
れ
っ
て
:
:
:
:
 °
  
 
  
 
  
 
私
 
そ
ん
な
痴
女
じ
ゃ
な
い
で
す
か
ら
ね
 








   

  
 
  
れ
て
も
戸
惑
う
 °
  
 
彼
女
の
好
意
は
嬉
し
い
 °
け
れ
ど
も
 
そ
ん
な
い
き
な
り
言
わ
  
 
  
 
  
め
て
い
た
 °
  
弾
ま
せ
な
が
ら
身
体
い
っ
ぱ
い
を
使
っ
て
僕
の
身
体
へ
と
抱
き
し
  
 
そ
し
て
彼
女
は
顔
を
笑
顔
い
っ
ぱ
い
に
微
笑
ま
し
て
 
身
体
を
  
 
  
 
  
 
先
輩
 
大
好
き
で
す
 
  
 
:
:
:
:
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
  
 
  
 
  
 
え
 
え
っ
と
:
:
:
:
お
構
い
な
く
?
 
  
 
  
 
  
だ
か
ら
せ
め
て
電
車
が
来
る
ま
で
こ
う
し
て
い
て
良
い
で
す
か
?
 
  
 
せ
 
先
輩
:
:
:
:
 °
へ
 
返
事
は
明
日
で
も
良
い
で
す
 °
だ
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
 
も
っ
と
降
っ
て
 
彼
女
と
の
時
間
を
楽
し
ま
せ
て
く
だ
さ
い
 °
  
 
  
 
  
 
雪
よ
 
降
れ
触
れ
 °
も
っ
と
降
れ
 °
  
 
L
e
t
 
I
t
 
S
n
o
w
 
 
L
e
t
 
I
t
 
S
n
o
w
 
  
 
  
 
  
あ
る
 °
  
 
雪
が
降
っ
て
 
電
車
が
来
る
の
を
送
れ
る
の
を
待
つ
ば
か
り
で
  
 
  
 
  
 
そ
の
た
め
に
も
電
車
が
来
な
い
よ
う
に
す
る
た
め
 
今
は
  
 
  
 
  
 
今
は
彼
女
の
好
意
に
甘
え
る
と
し
よ
う
 °
  
 

























  > ≫