抜
か
ず
に
や
る
よ
う
に
は
言
っ
た
け
れ
ど
も
 
こ
れ
は
や
り
す
ぎ
  
 
そ
し
て
そ
れ
を
見
な
が
ら
 
俺
は
溜
息
を
吐
く
 °
確
か
に
手
を
  
み
の
打
ち
合
い
で
あ
る
 °
  
に
激
し
い
ラ
リ
|
を
繰
り
広
げ
て
お
り
 
ト
ッ
プ
プ
レ
イ
ヤ
|
並
  
プ
の
女
性
が
2
人
 
テ
ニ
ス
の
打
ち
合
い
を
し
て
い
た
 °
お
互
い
  
 
目
の
前
で
は
同
じ
顔
を
し
た
青
い
ス
ポ
|
ツ
カ
ッ
ト
の
B
カ
ッ
  
 
  
 
  
 
よ
っ
!
 
  
 
  
 
  
 
は
っ
!
 
  
 
  
 
  
録
を
し
て
い
た
 °
  
空
山
十
香
∧
そ
ら
や
ま
と
お
か
∨
と
一
緒
に
ス
ポ
|
ツ
番
組
の
収
  
 
今
日
 
俺
 
木
崎
優
斗
は
う
ち
の
事
務
所
の
ア
イ
ド
ル
の
1
人
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
乳
タ
ン
ト
 
緑
色



















≪ <  

  
 
  
 
  
以
外
は
全
く
同
じ
の
 
青
い
髪
の
女
性
が
2
人
を
見
て
い
た
 °
  
し
て
隣
に
い
る
女
性
も
声
を
か
け
る
 °
胸
が
C
カ
ッ
プ
で
あ
る
事
  
 
2
人
は
 
2
人
の
空
山
十
香
は
揃
っ
て
返
事
を
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
 
 
な
ん
で
す
か
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
?
 
 
  
 
  
 
  
 
と
呼
び
か
け
る
と
2
人
が
揃
っ
て
返
事
を
す
る
 °
  
 
  
 
  
 
お
い
 
十
香
 
  
 
  
 
  
呼
び
か
け
る
 °
  
周
り
の
ス
タ
ッ
フ
は
引
い
て
い
る
し
 °
そ
う
思
っ
て
俺
は
彼
女
に
  
は
良
い
だ
ろ
う
け
れ
ど
も
ア
イ
ド
ル
と
し
て
ダ
メ
だ
ろ
う
 °
実
際
 
  
だ
 °
こ
ん
な
に
激
し
か
っ
た
ら
 
ス
ポ
|
ツ
プ
レ
イ
ヤ
|
と
し
て

   

  
つ
ま
り
彼
女
は
今
の
よ
う
に
B
 
B
 
C
の
3
人
に
分
裂
す
る
事
  
出
来
る
 °
  
裂
術
┗┛
 °
彼
女
は
最
低
を
A
 
最
高
を
K
と
し
て
分
裂
す
る
事
が
  
う
に
乳
タ
ン
ト
と
し
て
特
徴
が
あ
る
 °
彼
女
の
特
徴
は
 
┏┓
乳
分
  
ツ
を
し
に
く
い
の
だ
け
れ
ど
も
 
彼
女
に
は
凍
空
吹
雪
と
同
じ
よ
  
彼
女
の
よ
う
に
胸
だ
け
が
無
駄
に
出
た
身
体
だ
と
普
通
は
ス
ポ
|
  
|
ツ
に
置
い
て
一
番
大
切
な
の
は
バ
ラ
ン
ス
の
良
い
身
体
つ
き
 °
  
元
気
い
っ
ぱ
い
の
ス
ポ
|
ツ
ア
イ
ド
ル
で
あ
る
 °
し
か
し
 
ス
ポ
  
 
乳
タ
ン
ト
の
空
山
十
香
 °
彼
女
は
K
カ
ッ
プ
の
女
性
で
あ
り
 
  
 
  
 
  
の
空
山
十
香
の
元
へ
向
か
っ
て
い
た
 °
  
 
と
 
2
人
は
戸
惑
い
な
が
ら
も
渋
々
と
本
体
で
あ
る
C
カ
ッ
プ
  
 
  
 
  
 
 
え
え
|
!
?
 
 
  
 
  
 
  
人
に
戻
る
わ
よ
 
  
 
2
人
の
出
番
は
こ
こ
ま
で
み
た
い
よ
 °
そ
ろ
そ
ろ
 
私
 
達
1

   

  
プ
の
胸
を
し
た
十
香
が
反
省
し
た
様
子
で
頭
を
下
げ
て
い
た
 °
今
 
  
 
1
人
に
戻
っ
て
 
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
の
大
き
く
て
豊
満
な
K
カ
ッ
  
 
  
 
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
 
  
 
  
か
れ
る
 
と
言
っ
て
お
い
た
だ
ろ
う
が
 
  
る
の
は
良
い
け
れ
ど
も
 
熱
く
な
り
す
ぎ
て
も
ダ
メ
な
ん
だ
 °
  
 
全
く
:
:
:
:
 °
言
っ
て
い
た
だ
ろ
う
 °
ス
ポ
|
ツ
で
熱
く
な
  
 
  
 
  
て
い
る
 °
  
 
の
中
で
も
一
 
ニ
を
争
う
ス
ポ
|
ツ
抜
群
の
ア
イ
ド
ル
と
な
っ
  
分
か
れ
て
 
ス
ポ
|
ツ
を
す
る
 °
今
で
は
う
ち
 
 
5
7
6
プ
ロ
  
の
特
技
で
彼
女
は
そ
の
ス
ポ
|
ツ
を
す
る
時
に
丁
度
良
い
身
体
に
  
人
分
に
分
か
れ
た
時
は
驚
い
て
い
た
 °
ま
ぁ
 
結
局
の
と
こ
ろ
こ
  
だ
け
別
に
し
て
分
裂
す
る
の
だ
 °
1
度
 
全
員
A
カ
ッ
プ
で
1
1
  
知
力
が
人
数
分
に
分
か
れ
る
と
言
う
事
も
無
い
 °
た
だ
た
だ
 
  
が
出
来
る
の
だ
 °
し
か
も
疲
労
が
人
数
分
蓄
積
し
た
り
 
体
力
や

   

  
は
お
金
が
か
か
る
の
で
す
!
 
  
 
そ
 
そ
れ
だ
け
は
ご
勘
弁
を
!
 
3
人
分
の
服
を
用
意
す
る
の
  
 
  
 
  
せ
ん
ね
 
  
れ
以
上
 
や
る
な
ら
ば
給
料
を
減
ら
す
事
も
考
え
な
い
と
い
け
ま
  
 
相
手
っ
て
:
:
:
:
 °
自
分
じ
ゃ
ね
え
か
 °
全
く
:
:
:
:
こ
  
 
  
 
  
感
じ
で
 
  
だ
と
熱
く
な
っ
ち
ゃ
っ
て
:
:
:
:
 °
つ
い
つ
い
 
相
手
を
倒
す
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
:
:
:
:
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
 °
つ
い
つ
い
勝
負
事
  
 
  
 
  
た
め
に
ス
ポ
|
ツ
の
仕
事
が
減
る
と
困
る
の
だ
け
れ
ど
も
 °
  
な
い
 °
彼
女
は
歌
も
苦
手
だ
し
 
ト
|
ク
も
あ
ま
り
得
意
で
な
い
  
か
ら
仕
事
は
多
い
ん
だ
け
れ
ど
も
 
ど
う
も
他
に
仕
事
の
依
頼
が
  
や
ダ
ン
ス
な
ど
の
身
体
を
動
か
す
感
じ
の
事
に
関
し
て
は
上
手
だ
  
何
事
も
反
省
し
て
も
ら
わ
な
い
と
い
け
な
い
 °
彼
女
は
ス
ポ
|
ツ
  
事
務
所
で
俺
は
十
香
を
叱
り
つ
け
て
い
た
 °
あ
れ
は
や
り
す
ぎ
だ
 °

   

  
 
と
 
十
香
を
事
務
所
で
叱
り
つ
け
て
い
る
と
同
じ
事
務
所
で
同
  
 
  
 
  
 
は
い
 
す
い
ま
せ
ん
 
  
 
  
 
  
て
く
れ
 
  
進
め
て
お
く
 °
だ
か
ら
 
午
後
か
ら
は
ダ
ン
ス
の
練
習
に
専
念
し
  
 
:
:
:
:
じ
ゃ
あ
 
今
度
会
っ
た
と
き
に
ス
ポ
|
ツ
の
仕
事
を
  
 
  
 
  
だ
け
で
も
1
か
月
に
数
万
は
か
か
っ
て
し
ま
う
 °
  
っ
て
く
る
け
れ
ど
も
 
複
数
の
人
数
の
服
が
必
要
な
彼
女
は
衣
服
  
あ
る
 °
女
性
の
服
と
言
う
の
は
 
ど
う
し
て
も
1
人
で
も
高
く
な
  
ど
う
し
て
も
必
要
だ
か
ら
い
く
つ
か
種
類
を
用
意
し
て
い
る
の
で
  
い
る
 °
食
費
は
1
人
に
な
っ
た
時
に
取
れ
ば
良
い
が
 
服
だ
け
は
  
け
れ
ど
も
そ
の
分
 
服
の
代
金
に
給
料
の
ほ
と
ん
ど
を
費
や
し
て
  
 
彼
女
は
先
程
の
よ
う
に
2
 
3
人
に
分
か
れ
る
事
が
多
い
の
だ
  
 
  
 

























   

  
ん
で
す
か
ら
 
そ
の
言
い
方
は
な
い
と
思
う
の
で
す
の
!
 
  
 
え
 
え
っ
と
吹
雪
先
輩
!
 
十
香
先
輩
だ
っ
て
頑
張
っ
て
い
る
  
 
  
 
  
ら
や
っ
て
い
る
 °
い
つ
も
の
よ
う
で
あ
る
 °
  
 
い
つ
も
の
よ
う
に
J
カ
ッ
プ
の
胸
に
┏┓
胸
文
字
┗┛
を
出
し
な
が
  
 
  
 
  
┏┓
体
力
バ
カ
∧
笑
∨
┗┛
  
 
  
 
  
 
ふ
っ
:
:
:
:
 °
大
変
ね
 
  
 
  
 
  
し
て
い
た
 °
  
 
凍
空
吹
雪
は
十
香
の
方
を
見
て
い
つ
も
の
よ
う
に
冷
静
に
対
応
  
や
え
∨
が
近
付
い
て
い
た
 °
  
ッ
プ
の
ド
ジ
っ
娘
系
お
笑
い
派
ア
イ
ド
ル
 
佐
倉
八
重
∧
さ
く
ら
  
系
本
格
派
ア
イ
ド
ル
 
凍
空
吹
雪
∧
い
て
ぞ
ら
ふ
ぶ
き
∨
と
A
カ
  
じ
く
乳
タ
ン
ト
の
ア
イ
ド
ル
で
あ
る
 
J
カ
ッ
プ
の
ク
|
ル
エ
ロ

   

  
め
に
1
人
で
2
人
組
の
踊
り
が
可
能
な
の
で
あ
る
 °
胸
の
大
き
さ
  
普
通
な
ら
出
来
な
い
ん
だ
け
れ
ど
も
 
彼
女
は
分
身
が
出
来
る
た
  
 
ダ
ン
ス
ス
タ
ジ
オ
 °
こ
こ
で
今
日
 
彼
女
は
2
人
組
で
踊
る
 °
  
 
  
 
  
 
そ
う
言
っ
て
 
俺
達
は
ダ
ン
ス
ス
タ
ジ
オ
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
は
|
い
 
  
 
  
 
  
 
と
り
あ
え
ず
 
ダ
ン
ス
の
練
習
に
行
く
ぞ
 °
十
香
 
  
 
  
 
  
事
は
ど
う
し
て
も
お
笑
い
系
に
偏
る
し
か
な
い
物
な
 °
  
た
ら
尊
敬
の
眼
差
し
で
見
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
ま
ぁ
 
彼
女
の
仕
  
┏┓
と
あ
る
特
徴
┗┛
か
ら
 
ダ
ン
ス
な
ど
が
出
来
な
い
彼
女
か
ら
し
  
 
と
 
八
重
も
そ
う
フ
ォ
ロ
|
し
て
い
る
 °
乳
タ
ン
ト
と
し
て
の
  
 
  
 

























   

  
 
俺
は
少
し
可
笑
し
な
事
に
気
付
い
た
 °
彼
女
達
の
胸
の
大
き
さ
  
 
  
 
  
∧
あ
れ
:
:
:
:
?
 
可
笑
し
い
な
?
∨
  
 
  
 
  
さ
ら
に
身
体
を
大
き
く
揺
ら
し
な
が
ら
ダ
ン
ス
を
繰
り
広
げ
る
 °
  
 
元
々
 
身
体
能
力
の
高
い
彼
女
の
踊
り
は
激
し
さ
を
増
し
て
 
  
る
 °
  
並
み
に
大
き
い
そ
の
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
 
彼
女
達
は
踊
り
続
け
  
踊
り
も
激
し
さ
を
増
す
中
 
本
体
よ
り
は
小
さ
く
と
も
確
実
に
人
  
 
彼
女
は
元
々
1
人
だ
っ
た
か
ら
 
コ
ン
ビ
ネ
|
シ
ョ
ン
も
抜
群
 °
  
 
  
 
  
強
!
 
私
達
!
 
 
  
 
 
レ
ッ
ツ
ゴ
|
!
 
私
達
の
最
強
ダ
ン
ス
!
 
ユ
ニ
ッ
ト
 
  
 
  
 
  
る
 °
  
は
E
と
F
の
2
人
と
な
っ
た
彼
女
は
 
激
し
い
踊
り
を
繰
り
広
げ

   

  
 
  
気
と
か
感
じ
な
い
し
 
  
 
胸
ば
か
り
デ
カ
く
て
も
 
全
然
ダ
メ
だ
か
ら
 °
そ
ん
な
ん
で
色
  
 
  
 
  
息
交
じ
り
で
こ
う
言
っ
た
 °
  
対
し
て
俺
は
 
 
は
い
は
い
 
と
言
う
 °
そ
し
て
彼
女
達
に
た
め
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
同
じ
声
で
俺
を
か
ら
か
う
十
香
 °
そ
れ
に
  
 
  
 
  
プ
で
す
!
 
ど
う
で
す
 
色
気
を
感
じ
ま
す
?
 
 
  
成
長
期
で
大
き
く
な
っ
て
い
る
ん
で
す
 °
只
今
 
本
体
は
L
カ
ッ
  
 
 
あ
っ
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
 °
気
付
き
ま
し
た
?
 
実
は
私
の
胸
 
  
 
  
 
  
は
E
 
も
う
片
方
は
F
の
は
ず
が
正
し
い
の
に
 °
  
胸
が
 
同
じ
大
き
さ
を
し
て
い
た
事
が
驚
き
な
の
で
あ
る
 °
片
方
  
意
味
で
は
な
い
 °
2
人
に
分
か
れ
た
は
ず
の
彼
女
の
そ
れ
ぞ
れ
の
  
来
る
彼
女
で
も
 
個
人
で
左
と
右
の
胸
の
大
き
さ
が
違
う
と
言
う
  
が
左
右
対
称
な
の
だ
 °
い
や
 
い
く
ら
胸
を
分
裂
さ
せ
る
事
が
出

   

  
 
 
 
お
仕
置
き
で
す
よ
 
 
 
  
 
 
 
何
っ
て
:
:
:
:
 
 
 
  
 
  
 
  
 
痛
い
!
 
痛
い
!
 
お
い
 
何
す
る
気
だ
よ
 
十
香
!
 
  
 
  
 
  
人
 °
分
裂
し
た
1
2
人
の
彼
女
達
は
 
俺
を
縛
り
上
げ
る
 °
  
の
が
 
3
人
 °
3
人
だ
っ
た
の
が
6
人
 °
6
人
だ
っ
た
の
が
1
2
  
の
ま
ま
 
ゆ
っ
く
り
と
彼
女
達
は
分
裂
し
て
い
く
 °
2
人
だ
っ
た
  
 
彼
女
は
怒
る
と
共
に
 
ゆ
っ
く
り
と
こ
ち
ら
に
歩
み
寄
る
 °
  
 
  
 
  
 
 
む
む
|
 
 
  
 
  
 
  
言
葉
は
彼
女
の
プ
ラ
イ
ド
を
傷
つ
け
て
し
ま
っ
た
み
た
い
だ
 °
  
少
し
冗
談
交
じ
り
に
言
っ
た
言
葉
だ
っ
た
の
だ
が
 
ど
う
も
そ
の
  
 
俺
と
し
て
は
反
省
し
な
い
彼
女
達
に
 
少
し
怒
り
交
じ
り
に
 
  
 

























   

  
 
お
 
お
い
!
 
止
め
ろ
!
 
  
 
  
 
  
予
感
が
す
る
 °
  
:
こ
の
状
態
で
本
体
の
L
カ
ッ
プ
に
な
る
と
?
 
ざ
わ
り
と
嫌
な
  
 
え
っ
?
 
本
体
に
入
っ
て
行
く
?
 
そ
れ
っ
て
つ
ま
り
:
:
:
  
 
  
 
  
 
 
 
こ
の
意
味
が
お
分
か
り
で
?
 
 
 
  
 
 
 
 
一
斉
に
私
達
が
入
っ
て
行
き
ま
す
 
 
 
 
  
 
 
 
 
今
か
ら
そ
の
右
腕
に
抱
き
着
い
た
本
体
に
 
 
 
 
  
 
  
 
  
れ
ど
も
 
A
カ
ッ
プ
な
た
め
に
全
然
苦
し
く
な
い
 °
  
し
り
と
し
が
み
付
く
 °
胸
に
押
さ
え
つ
け
る
よ
う
に
し
て
や
る
け
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
彼
女
の
う
ち
の
1
人
が
俺
の
右
腕
に
が
っ
  
 
  
 
  
 
 
 
お
仕
置
き
で
す
 
 
 
  
 
 
 
女
心
の
分
か
ら
な
い
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
に
 
 
 





   

  
 
  
罰
ゲ
|
ム
で
す
 
  
 
今
日
は
こ
の
ま
ま
 
私
の
胸
に
腕
を
入
れ
た
ま
ま
帰
る
と
言
う
  
 
  
 
  
ま
っ
た
ま
ま
 
動
か
な
く
な
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
の
頃
に
は
俺
の
腕
は
そ
の
柔
ら
か
い
彼
女
の
乳
房
の
中
に
挟
  
 
B
 
C
 
D
 
E
 
F
 
G
 
H
 
I
 
J
 
K
 
そ
し
て
L
 °
  
 
  
 
  
き
込
ん
で
 °
  
に
成
長
期
を
迎
え
る
よ
う
に
し
て
成
長
し
て
い
く
 °
俺
の
腕
を
巻
  
 
そ
し
て
彼
女
達
は
入
っ
て
行
く
 °
す
る
と
 
彼
女
の
胸
が
一
気
  
 
  
 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
は
い
  
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
来
て
  
  
 
  
 

























   

  
し
て
い
た
が
次
の
瞬
間
に
は
意
味
を
理
解
し
た
よ
う
で
す
ぐ
さ
ま
  
 
そ
う
か
ら
か
っ
て
や
る
と
 
彼
女
は
 
へ
っ
?
 
と
言
う
顔
を
  
 
  
 
  
の
娘
が
俺
な
ん
か
の
家
に
2
人
屋
根
の
下
で
?
 
  
と
っ
て
も
罰
ゲ
|
ム
な
ん
じ
ゃ
な
い
の
か
?
 
良
い
の
か
 
年
頃
  
 
:
:
:
:
あ
ぁ
 
は
い
は
い
 °
で
も
 
こ
れ
じ
ゃ
あ
 
お
前
に
  
 
  
 
  
|
の
家
に
泊
ま
ら
せ
て
も
ら
い
ま
す
!
 
意
義
は
無
い
で
す
ね
!
?
 
  
 
こ
れ
じ
ゃ
あ
 
寮
に
は
帰
れ
な
い
の
で
 
今
晩
は
マ
ネ
|
ジ
ャ
  
 
  
 
  
動
い
て
 
彼
女
が
喘
ぎ
声
を
あ
げ
る
の
が
嫌
だ
っ
た
 °
  
一
向
に
外
れ
な
い
 °
動
く
た
び
に
彼
女
の
大
き
な
胸
に
俺
の
腕
が
  
 
彼
女
の
腕
は
ま
る
で
挟
ん
だ
指
を
離
さ
な
い
カ
メ
の
よ
う
に
 
  
 
  
 
  
 
あ
ぁ
:
:
:
:
抜
け
ん
!
 
  
 

























   

  
乳
タ
ン
ト
ア
イ
ド
ル
N
o
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
  
 
  
 
  
ば
良
い
ん
だ
ろ
う
か
と
考
え
て
い
た
 °
  
分
か
ら
な
い
声
を
放
つ
十
香
を
見
つ
つ
 
い
つ
こ
の
胸
か
ら
外
せ
  
ン
ス
は
必
ず
:
:
:
:
/
/
/
/
/
/
 
と
小
さ
な
声
で
意
味
の
  
/
/
/
/
/
/
 
い
や
ん
 
期
待
は
禁
物
 °
焦
り
は
ダ
メ
 °
チ
ャ
  
 
俺
は
顔
を
赤
ら
め
な
が
ら
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
と
2
人
屋
根
の
下
  
 
あ
ぁ
 
ダ
メ
だ
 
こ
り
ゃ
 °
  
 
  
 
  
 
ふ
に
ゃ
|
/
/
/
/
/
/
 
  
 
  
 
  
 
痛
っ
!
 
お
 
お
い
 
十
香
!
 
  
 
  
 
  
て
い
た
 °
勿
論
 
俺
の
腕
を
巻
き
込
ん
だ
ま
ま
 °
  
ボ
ゥ
!
 
と
顔
か
ら
火
が
出
る
よ
う
に
赤
ら
め
て
倒
れ
て
し
ま
っ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
  
売
り
;
元
気
い
っ
ぱ
い
の
ス
ポ
|
ツ
ガ
|
ル
  
イ
メ
|
ジ
カ
ラ
|
;
緑
  
乳
タ
ン
ト
の
特
徴
;
乳
分
裂
術
  
0
  
3
サ
イ
ズ
;
B
9
8
∧
K
∨
↓
1
0
0
∧
L
∨
 
W
5
6
 
H
8
  
身
長
;
1
4
8
c
m
  
年
齢
;
1
4
歳
∧
中
学
2
年
生
∨
  
名
前
;
空
山
十
香
∧
そ
ら
や
ま
と
お
か
∨










  > ≫