日
本
の
真
ん
中
辺
り
 °
一
人
の
少
女
が
そ
こ
に
住
ん
で
い
た
 °
  
 
  
い
を
か
け
た
張
本
人
 °
猫
 °
  
カ
ッ
ツ
ェ
‥
そ
の
相
棒
 °
変
身
魔
法
が
得
意
で
あ
り
 
由
里
に
呪
  
由
里
や
そ
の
他
の
女
子
を
も
て
あ
そ
ぶ
 °
  
だ
 °
チ
ャ
|
ム
の
お
陰
で
由
里
に
は
変
態
を
疑
わ
れ
て
い
な
い
 °
  
法
が
得
意
だ
が
 
そ
の
他
の
魔
法
も
差
し
支
え
な
く
使
え
る
よ
う
  
フ
リ
|
ド
リ
ヒ
‥
日
本
に
巣
食
う
変
態
魔
術
師
の
一
人
 °
転
移
魔
  
感
で
あ
る
 °
由
里
↓
拓
也
↓
絵
美
 °
  
拓
也
‥
心
優
し
い
高
校
1
年
の
少
年
 °
だ
が
 
由
里
と
同
じ
く
鈍
  
魔
力
を
注
ぎ
込
ま
れ
る
と
大
き
く
成
長
す
る
よ
う
に
な
る
 °
  
力
も
高
い
 °
元
気
の
い
い
少
女
で
あ
る
が
 
別
の
事
件
が
原
因
で
 
  
絵
美
‥
由
里
と
同
じ
高
校
1
年
だ
が
 
ス
タ
イ
ル
は
抜
群
 °
洞
察
  
現
在
は
落
ち
着
い
て
い
る
よ
う
だ
が
:
:
あ
と
 
か
な
り
鈍
感
 °
  
き
っ
か
け
で
 
夜
に
な
る
と
体
が
成
長
し
て
し
ま
う
よ
う
に
な
る
 °
  
由
里
‥
小
さ
い
体
を
し
た
高
校
1
年
の
少
女
だ
が
 
あ
る
事
件
が
  
こ
れ
ま
で
の
登
場
人
物
‥
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
先
輩
の
望
む
も
の



















≪ <  

  
 
私
を
騙
せ
る
と
思
っ
た
ら
 
十
年
早
い
で
す
よ
?
 
  
 
秋
音
 °
お
は
よ
う
 °
暗
い
顔
な
ん
か
し
て
な
い
 
  
 
お
|
ど
う
し
た
ん
で
す
佳
奈
さ
ん
 °
そ
ん
な
暗
い
顔
し
て
 
  
 
  
の
に
 °
  
な
に
小
さ
い
体
で
な
け
れ
ば
 
扉
を
ぶ
ち
破
っ
て
で
も
相
談
す
る
  
鳴
ら
し
て
も
出
な
い
 °
最
近
は
つ
い
に
諦
め
て
し
ま
っ
た
 °
こ
ん
  
だ
 °
当
然
 
由
里
の
家
を
何
回
か
訪
れ
た
が
 
い
く
ら
呼
び
鈴
を
  
で
 
と
振
っ
た
こ
と
 
ま
た
由
里
が
不
登
校
に
な
っ
て
い
る
こ
と
  
は
 
絵
美
が
告
白
し
て
き
た
男
子
を
 
恋
人
未
満
か
つ
友
達
以
下
  
そ
し
て
 
3
学
期
が
始
ま
っ
た
 °
ま
ず
耳
に
飛
び
込
ん
で
き
た
の
  
 
  
い
な
い
 °
  
も
っ
と
も
 
こ
の
一
連
の
事
態
は
彼
女
の
記
憶
の
中
に
は
残
っ
て
  
そ
し
て
 
魔
術
師
の
誘
惑
に
負
け
 
呪
い
を
受
け
て
し
ま
っ
た
 °
  
か
で
成
長
し
 
暴
力
的
だ
が
 
魅
力
的
な
女
性
に
な
っ
た
の
を
 °
  
彼
女
は
 
見
て
し
ま
っ
た
 °
彼
女
の
親
友
 
由
里
が
 
呪
い
か
何
  
知
的
な
顔
立
ち
だ
け
が
 
彼
女
の
と
り
え
だ
っ
た
 °
  
で
 
女
の
魅
力
と
い
う
も
の
が
さ
っ
ぱ
り
な
い
 °
そ
の
思
考
力
と
 
  
彼
女
の
名
前
は
 
佳
奈
 °
お
か
っ
ぱ
の
黒
髪
 
身
長
は
平
均
以
下

   

  
 
  
て
し
ま
う
こ
と
に
焦
り
を
感
じ
て
い
た
 °
  
た
こ
と
も
な
く
 
名
前
も
知
ら
ず
 
後
3
ヶ
月
で
先
輩
が
卒
業
し
  
て
い
る
3
年
生
の
先
輩
に
想
い
を
寄
せ
て
い
る
 °
し
か
し
 
話
し
  
道
部
室
に
行
く
前
に
通
る
野
球
グ
ラ
ン
ド
で
 
い
つ
も
練
習
を
し
  
二
次
元
の
キ
ャ
ラ
と
い
う
オ
タ
ク
臭
い
恋
人
だ
が
 
佳
奈
は
 
  
そ
ん
な
二
人
だ
が
 
ど
ち
ら
と
も
片
思
い
の
人
が
い
る
 °
秋
音
は
  
自
分
で
お
茶
葉
を
溶
い
て
飲
む
こ
と
な
ど
一
度
も
な
い
 °
  
も
ち
ろ
ん
そ
の
お
茶
は
テ
ィ
|
バ
ッ
グ
や
イ
ン
ス
タ
ン
ト
で
あ
り
 
  
転
ん
だ
り
本
を
読
ん
だ
り
で
 
勝
手
な
こ
と
ば
か
り
し
て
い
る
 °
  
部
費
の
全
て
を
お
茶
に
か
け
て
い
る
こ
と
を
い
い
こ
と
に
 
  
茶
道
部
に
入
っ
て
い
る
 °
と
い
っ
て
も
茶
道
部
と
は
名
ば
か
り
で
 
  
こ
の
二
人
は
そ
ろ
っ
て
 
  
の
 
佳
奈
の
ク
ラ
ス
メ
|
ト
で
あ
る
 °
  
秋
音
は
 
ス
タ
イ
ル
も
成
績
も
普
通
 
家
も
普
通
と
普
通
づ
く
し
  
 
  
 
お
っ
と
 
で
は
ま
た
 
  
 
ふ
 °
さ
あ
 
授
業
が
始
ま
る
 
  
 
ま
 
そ
の
時
は
そ
の
時
で
 
  
 
十
年
た
っ
た
ら
騙
せ
る
事
に
な
る
わ
ね
 









   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
起
こ
る
こ
と
を
 
誰
も
知
る
余
地
が
な
か
っ
た
 °
  
校
舎
を
出
て
部
室
の
方
に
歩
き
始
め
る
二
人
 °
こ
の
後
 
佳
奈
に
  
 
  
 
う
る
さ
い
 °
荷
物
を
ま
と
め
る
ま
で
待
っ
て
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
関
係
あ
り
ま
せ
ん
!
ほ
ら
!
 
  
 
焦
ら
な
い
で
 
部
室
は
逃
げ
な
い
 
  
 
さ
あ
 
さ
っ
さ
と
部
室
に
行
き
ま
し
ょ
う
!
 
  
 
  
授
業
が
終
わ
る
と
 
秋
音
が
佳
奈
の
方
に
飛
ん
で
き
た
 °




  > ≫