こ
っ
ち
と
し
て
は
い
つ
だ
っ
て
頼
っ
て
く
れ
て
い
い
ん
だ
ぜ
!
 
  
 
お
い
お
い
 
つ
れ
な
い
事
を
言
う
な
よ
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
!
 
  
 
  
 
  
ア
イ
ド
ル
と
言
う
立
場
に
居
る
あ
い
つ
に
 °
  
は
い
つ
も
あ
い
つ
を
頼
る
 °
本
来
で
あ
れ
ば
頼
っ
て
は
い
け
な
い
 
  
ま
う
 °
1
年
に
1
回
あ
る
そ
ん
な
期
間
で
あ
る
 °
こ
ん
な
時
 
  
っ
た
 °
い
つ
も
 
い
つ
も
そ
ん
な
事
ば
か
り
が
頭
を
よ
ぎ
っ
て
し
  
 
只
今
 
こ
の
俺
 
木
崎
優
斗
は
絶
賛
ネ
ガ
テ
ィ
ブ
真
っ
最
中
だ
  
の
だ
ろ
う
 °
  
も
知
れ
な
い
 °
そ
れ
な
の
に
ど
う
し
て
続
け
な
く
て
は
い
け
な
い
  
ど
れ
く
ら
い
の
物
な
の
か
?
 
そ
れ
は
本
当
に
ち
っ
ぽ
け
な
物
か
  
自
分
に
は
何
が
出
来
る
の
か
 °
そ
し
て
そ
れ
は
彼
女
達
に
と
っ
て
  
存
在
価
値
が
惨
め
な
物
に
思
え
て
く
る
 °
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
と
し
て
  
 
こ
の
業
界
に
長
く
勤
め
れ
ば
勤
め
る
ほ
ど
 
ど
ん
ど
ん
自
分
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
乳
タ
ン
ト
 
黄
色



















≪ <  

  
癒
さ
れ
る
と
共
に
体
中
に
激
し
い
電
気
が
俺
の
身
体
を
通
っ
て
行
  
ん
た
ゆ
ん
の
そ
の
大
き
な
母
性
を
感
じ
ら
れ
る
胸
に
飛
び
込
む
と
 
  
 
そ
う
言
っ
て
俺
は
そ
の
大
き
な
胸
の
中
に
飛
び
込
ん
だ
 °
た
ゆ
  
 
  
 
  
 
そ
う
か
:
:
:
:
 °
な
ら
 
遠
慮
な
く
:
:
:
:
 
  
 
  
 
  
構
わ
な
い
ぜ
!
 
い
つ
だ
っ
て
俺
は
大
丈
夫
だ
か
ら
よ
!
 
  
 
さ
ぁ
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
!
 
思
い
っ
き
り
抱
き
着
い
て
く
れ
て
  
 
  
 
  
字
が
刻
ま
れ
て
い
た
 °
  
し
て
そ
の
大
き
く
て
重
そ
う
な
胸
に
は
 
電
気
 
と
書
か
れ
た
文
  
ら
か
と
言
え
ば
露
出
度
が
高
め
の
服
装
を
し
た
長
身
の
美
人
 °
  
う
な
折
り
畳
み
式
の
電
子
鍵
盤
を
背
負
っ
て
い
て
 
い
つ
も
ど
ち
  
あ
り
 
乳
タ
ン
ト
で
も
あ
る
 °
背
中
に
は
い
つ
も
大
き
く
て
重
そ
  
属
す
る
ア
イ
ド
ル
で
 
音
楽
部
門
を
担
当
し
て
い
る
ア
イ
ド
ル
で
  
ダ
ク
シ
ョ
ン
 
の
ア
イ
ド
ル
 
雲
雀
稲
妻
 °
う
ち
の
事
務
所
に
所
  
 
そ
う
言
っ
て
 
明
る
い
笑
顔
を
す
る
の
は
こ
の
 
5
7
6
プ
ロ

   

  
ぎ
る
と
ど
う
や
ら
彼
女
自
身
の
エ
ネ
ル
ギ
|
も
無
く
な
っ
て
し
ま
  
っ
と
 
こ
れ
く
ら
い
に
し
て
お
か
な
く
て
は
 °
あ
ん
ま
り
続
け
す
  
つ
 
俺
の
身
体
に
電
気
を
送
り
続
け
る
 °
  
 
と
 
稲
妻
の
方
か
ら
そ
う
言
う
 °
大
き
な
胸
は
激
し
く
揺
れ
つ
  
 
  
 
  
:
:
 
  
 
あ
ぁ
:
:
:
:
 
良
い
:
:
:
:
 
ま
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
:
:
  
 
  
 
  
ネ
ガ
テ
ィ
ブ
は
だ
ん
だ
ん
と
消
え
て
い
く
 °
  
気
マ
ッ
サ
|
ジ
に
似
た
感
覚
が
全
身
を
包
み
込
み
 
俺
の
疲
れ
と
  
し
で
浴
び
る
事
に
よ
っ
て
 
元
気
を
貰
う
事
が
出
来
る
の
だ
 °
  
が
出
来
る
の
か
は
知
ら
な
い
が
 
そ
の
電
気
を
こ
う
や
っ
て
胸
越
  
が
出
来
る
 °
具
体
的
に
ど
の
よ
う
な
方
法
に
て
電
気
を
溜
め
る
事
  
で
あ
る
 °
つ
ま
り
は
身
体
に
 
い
や
乳
に
電
気
を
溜
め
て
置
く
事
  
 
 
体
内
乳
電
気
 
 °
そ
れ
が
彼
女
の
乳
タ
ン
ト
と
し
て
の
特
徴
  
 
  
 
  
く
 °
























   

  
 
  
 
  
し
な
い
と
ね
 
  
|
ジ
ャ
|
と
抱
き
着
く
口
実
も
出
来
る
け
ど
 
も
う
少
し
慎
重
に
  
気
が
一
番
 
胸
に
溜
ま
る
し
 °
そ
れ
に
電
力
補
充
と
し
て
 
マ
ネ
  
 
ふ
ぅ
:
:
:
:
ち
ょ
っ
と
吸
い
過
ぎ
た
 °
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
の
電
  
 
  
 
  
か
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
じ
ゃ
あ
な
 
と
言
い
 
俺
は
次
の
ア
イ
ド
ル
の
フ
ォ
ロ
|
に
向
  
 
  
 
  
レ
も
嬉
し
い
ぜ
!
 
  
 
お
ぅ
!
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
が
元
気
に
な
っ
た
ら
そ
れ
だ
け
で
オ
  
 
  
 
  
 
あ
り
が
と
う
 
稲
妻
 °
元
気
出
た
よ
 
  
 
  
 
  
う
み
た
い
な
の
で
 
こ
の
辺
り
に
し
て
お
く
 °








   

  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
  
売
り
;
オ
レ
様
風
な
音
楽
の
革
命
児
  
イ
メ
|
ジ
カ
ラ
|
;
黄
  
を
分
け
与
え
る
事
が
出
来
る
 °
  
乳
タ
ン
ト
の
特
徴
;
体
内
乳
電
気
 °
人
に
電
気
を
通
し
て
 
元
気
  
3
サ
イ
ズ
;
1
0
8
∧
H
∨
 
7
2
 
1
0
0
  
身
長
;
1
8
3
c
m
  
年
齢
;
1
6
歳
∧
高
校
1
年
生
∨
  
名
前
;
雲
雀
稲
妻
∧
ひ
ば
り
い
な
づ
ま
∨
  
乳
タ
ン
ト
ア
イ
ド
ル
N
o
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
  
 
  
 
  
以
外
は
誰
も
居
な
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
稲
妻
は
小
さ
く
口
に
し
た
が
 
そ
れ
を
聞
い
た
者
は
彼
女

  > ≫