?
 
  
:
:
  
が
閉
ま
る
時
間
に
な
っ
て
た
 °
ど
ん
な
人
だ
っ
た
ら
分
か
る
の
ぉ
  
 
あ
の
大
学
の
過
去
問
 
難
し
す
ぎ
る
よ
:
:
気
づ
い
た
ら
 
  
 
  
い
な
か
っ
た
 °
  
事
務
所
が
多
く
建
ち
並
ん
で
い
る
が
 
人
は
一
人
と
し
て
歩
い
て
  
か
細
い
声
で
少
女
が
つ
ぶ
や
く
 °
彼
女
の
歩
い
て
い
る
道
に
は
 
  
 
  
う
 
誰
も
歩
い
て
な
い
し
 
怖
い
:
:
 
  
 
こ
ん
な
に
遅
く
な
る
な
ん
て
 
思
っ
て
な
か
っ
た
よ
ぉ
:
:
も
  
 
  
い
そ
の
子
は
 
少
し
急
ぎ
つ
つ
家
に
向
か
う
途
中
だ
っ
た
 °
  
い
た
 °
中
学
1
年
と
間
違
え
ら
れ
て
も
お
か
し
く
な
い
ほ
ど
小
さ
  
て
し
ま
う
 
少
し
不
思
議
な
界
隈
 °
夜
 
一
人
の
少
女
が
歩
い
て
  
く
サ
ラ
リ
|
マ
ン
が
働
い
て
い
る
が
 
夜
は
も
ぬ
け
の
殻
と
な
っ
  
こ
こ
は
あ
る
都
会
の
中
 
ビ
ル
が
建
ち
並
び
 
昼
に
は
せ
わ
し
な
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
魔
法
少
女
ラ
ク
ト
☆
ま
じ
か















≪ <  

  
 
ふ
ぇ
!
い
 
い
や
ぁ
ぁ
あ
あ
!
あ
 
あ
れ
!
?
 
  
 
  
い
て
き
た
 °
  
ま
っ
て
い
る
と
そ
れ
を
見
兼
ね
た
か
の
よ
う
に
光
の
方
か
ら
近
づ
  
千
秋
は
怖
が
っ
て
足
を
止
め
て
し
ま
っ
た
 °
し
か
し
 
ず
っ
と
止
  
 
  
 
怖
い
よ
ぉ
:
:
 
  
 
  
 
そ
の
光
は
千
秋
を
待
っ
て
い
る
よ
う
に
も
見
え
た
 °
  
ト
な
ら
 
こ
ち
ら
に
そ
れ
な
り
の
速
度
で
動
い
て
く
る
は
ず
だ
が
  
彼
女
の
前
方
に
 
眩
し
い
光
が
見
え
る
 °
自
動
車
の
ヘ
ッ
ド
ラ
イ
  
 
  
ろ
う
あ
の
光
?
 
  
 
早
く
帰
っ
て
 
明
日
の
お
支
度
し
な
い
と
:
:
あ
れ
 
な
ん
だ
  
 
  
は
難
し
す
ぎ
 
時
間
が
終
わ
っ
て
し
ま
っ
た
よ
う
だ
 °
  
遅
い
時
間
ま
で
自
習
室
を
開
放
し
て
い
た
が
 
そ
れ
で
も
彼
女
に
  
で
あ
っ
た
 °
名
前
は
千
秋
で
あ
る
 °
塾
は
駅
前
に
あ
り
 
か
な
り
  
彼
女
は
実
は
高
校
3
年
生
で
 
受
験
を
間
近
に
控
え
た
理
系
女
子
  
 

























   

  
っ
た
路
地
は
赤
い
光
に
包
ま
れ
た
 
採
石
場
の
よ
う
な
所
に
姿
を
  
千
秋
が
了
承
し
た
瞬
間
 
彼
女
の
周
り
の
風
景
が
一
変
し
 
暗
か
  
 
  
 
ラ
ク
:
:
ラ
ク
 °
分
か
っ
た
 °
 
  
∧
∧
ラ
ク
ラ
ク
 
と
呼
ん
で
 °
∨
∨
  
 
あ
 
あ
な
た
は
誰
な
の
?
 
光
の
方
に
話
し
か
け
る
千
秋
 °
  
い
ん
だ
∨
∨
  
∧
∧
今
は
何
も
わ
か
ら
な
い
と
思
う
 °
で
も
 
付
い
て
き
て
欲
し
  
 
  
し
た
 °
  
心
の
な
か
に
直
接
 
可
愛
ら
し
い
声
が
入
っ
て
き
た
よ
う
な
気
が
  
 
  
 
へ
ぇ
?
 
  
っ
て
来
た
ん
だ
!
千
秋
 
キ
ミ
の
助
け
が
必
要
な
ん
だ
!
∨
∨
  
∧
∧
食
べ
た
り
し
な
い
よ
!
ボ
ク
は
た
だ
 
キ
ミ
に
お
願
い
が
あ
  
 
お
 
お
願
い
!
食
べ
な
い
で
ぇ
!
 
  
 
  
光
は
千
秋
の
目
の
前
ま
で
迫
っ
て
き
た
 °
  
千
秋
は
逃
げ
出
そ
う
と
し
た
が
 
足
が
動
か
な
い
 °
そ
の
間
に
も
  
 

























   

  
 
魔
法
少
女
 
と
君
た
ち
の
世
界
で
は
呼
ば
れ
て
い
る
 °
ボ
ク
と
  
 
あ
の
子
は
?
 
  
ん
だ
 °
 
  
つ
ら
は
周
り
の
も
の
を
食
い
尽
く
し
 
増
殖
を
繰
り
返
し
て
い
る
  
 
敵
さ
 °
こ
の
世
の
中
を
支
配
し
よ
う
と
し
て
い
る
モ
ノ
 °
こ
い
  
 
デ
ィ
ケ
イ
っ
て
?
 
  
 
  
こ
ち
ら
を
向
い
て
い
る
 °
  
乳
類
の
よ
う
に
可
愛
い
 
し
か
し
何
か
違
和
感
が
あ
る
生
命
体
が
  
隣
か
ら
先
ほ
ど
の
声
が
聞
こ
え
た
 °
そ
ち
ら
を
見
る
と
 
小
型
哺
  
 
  
値
観
の
合
わ
な
い
も
の
に
な
っ
ち
ゃ
っ
て
 
  
 
ご
め
ん
ね
 
最
初
に
見
せ
る
デ
ィ
ケ
イ
が
こ
ん
な
に
人
間
の
価
  
 
  
悪
さ
に
一
瞬
吐
き
気
を
催
す
千
秋
 °
  
状
し
が
た
い
怪
物
の
よ
う
な
も
の
が
蠢
い
て
い
る
 °
そ
の
気
持
ち
  
の
付
い
た
棒
を
持
っ
て
い
る
 °
そ
し
て
そ
の
視
線
の
先
に
は
 
  
好
を
し
て
お
り
 
 
魔
法
の
杖
 
と
呼
ば
れ
そ
う
な
先
に
水
晶
球
  
た
 °
そ
の
子
は
 
子
供
の
時
に
見
た
よ
う
な
 
魔
女
っ
子
 
の
格
  
変
え
た
 °
千
秋
は
 
そ
こ
で
戦
っ
て
い
る
一
人
の
少
女
の
姿
を
見

   

  
動
か
な
く
な
っ
た
 °
と
 
そ
こ
で
ま
た
周
り
の
風
景
が
変
わ
り
 
  
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
勢
い
で
剣
が
刺
さ
り
 
蠢
い
て
い
た
怪
物
は
  
 
  
グ
シ
ャ
ァ
ア
ア
  
 
  
そ
し
て
 
  
 
  
女
は
剣
を
巧
み
に
動
か
し
 
全
て
切
り
捨
て
て
い
く
 °
  
だ
し
た
 °
怪
物
は
触
手
を
伸
ば
し
て
対
抗
し
よ
う
と
す
る
が
 
  
わ
っ
て
こ
な
か
っ
た
 °
少
女
は
 
そ
の
剣
を
怪
物
に
向
け
 
走
り
  
な
形
に
な
っ
た
 °
と
い
っ
て
も
 
千
秋
に
は
そ
の
声
は
な
ぜ
か
伝
  
て
彼
女
は
大
声
で
何
か
を
叫
ぶ
と
 
杖
が
光
り
だ
し
 
剣
の
よ
う
  
な
も
の
が
出
て
 
怪
物
に
当
た
り
 
そ
れ
を
ひ
る
ま
せ
た
 °
そ
し
  
め
て
い
た
 °
彼
女
が
杖
を
構
え
る
と
 
そ
の
先
か
ら
光
線
の
よ
う
  
と
 
二
人
が
し
ゃ
べ
っ
て
い
る
間
に
も
 
魔
法
少
女
は
 
戦
い
始
  
 
  
 
魔
法
 
少
女
:
:
 
  
ん
な
 
素
敵
な
契
約
だ
よ
 
  
 °
ノ
ル
マ
が
達
成
で
き
れ
ば
 
も
っ
と
願
い
を
叶
え
ら
れ
る
 °
  
契
約
し
て
 
一
つ
の
願
い
と
引
き
換
え
に
戦
っ
て
も
ら
っ
て
い
る

   

  
∧
∧
も
ち
ろ
ん
さ
∨
∨
  
 
え
?
本
当
に
叶
う
の
?
 
  
に
サ
イ
ン
し
て
∨
∨
  
∧
∧
キ
ミ
が
そ
れ
で
い
い
な
ら
 
そ
う
し
よ
う
 °
じ
ゃ
あ
 
こ
こ
  
 
  
ず
に
 
体
を
大
き
く
し
て
欲
し
い
 
と
言
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
を
叶
え
る
 
と
言
っ
た
ラ
ク
ラ
ク
の
言
葉
に
 
つ
い
 
後
先
考
え
  
せ
い
で
高
校
で
は
友
達
も
少
な
か
っ
た
 °
そ
の
せ
い
で
 
 
願
い
  
小
さ
い
体
は
か
な
り
の
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
に
な
っ
て
い
て
 
そ
の
  
千
秋
は
 
半
分
冗
談
の
よ
う
な
気
持
ち
で
そ
う
言
っ
た
 °
彼
女
の
  
 
  
 
体
を
 
大
き
く
し
て
欲
し
い
の
 
  
∧
∧
へ
ぇ
 °
ど
ん
な
願
い
だ
い
?
∨
∨
  
 
願
い
な
ら
 
あ
る
よ
?
 
  
∨
∨
  
み
な
い
?
で
も
 
願
い
を
見
つ
け
る
の
は
大
変
だ
ろ
う
か
ら
:
:
  
∧
∧
ど
う
だ
い
?
キ
ミ
も
魔
法
少
女
に
な
っ
て
 
世
界
を
救
っ
て
  
 
  
が
 
少
女
と
怪
物
は
ど
こ
に
も
見
当
た
ら
な
か
っ
た
 °
  
元
の
暗
い
路
地
に
戻
っ
た
 °
ラ
ク
ラ
ク
は
光
の
姿
で
そ
こ
に
い
た

   

  
 
う
ん
 
バ
イ
バ
イ
 
  
∧
∧
じ
ゃ
あ
 
ま
た
明
日
∨
∨
  
 
わ
 
分
か
っ
た
よ
:
:
 
  
願
い
だ
か
ら
∨
∨
  
∧
∧
い
つ
も
な
ら
 
そ
の
場
な
ん
だ
け
ど
ね
 
ち
ょ
っ
と
特
殊
な
  
 
え
 
明
日
な
の
ぉ
:
:
?
 
  
叶
え
て
あ
げ
る
よ
∨
∨
  
∧
∧
じ
ゃ
あ
こ
れ
で
契
約
成
立
だ
 
早
速
 
明
日
キ
ミ
の
願
い
を
  
 
  
い
た
名
前
は
ペ
ン
と
同
じ
よ
う
に
光
っ
て
い
た
 °
  
と
言
い
つ
つ
 
千
秋
は
自
分
の
名
前
を
書
き
終
え
た
 °
彼
女
の
書
  
 
  
 
そ
う
な
の
?
 
  
∨
  
∧
∧
仕
方
な
い
よ
 
こ
れ
以
外
に
記
録
方
法
が
無
い
ん
だ
か
ら
∨
  
 
何
か
 
携
帯
会
社
の
契
約
み
た
い
:
:
 
  
 
  
と
 
光
り
輝
く
ペ
ン
が
出
て
き
た
 °
  
と
ラ
ク
ラ
ク
が
言
う
と
 
光
の
中
か
ら
 
羊
皮
紙
の
よ
う
な
も
の
  
 

























   

  
と
飛
び
起
き
る
と
 
枕
が
吹
っ
飛
ん
で
い
く
の
が
見
え
た
 °
胸
の
  
 
  
 
あ
 
本
当
に
大
き
く
な
っ
た
ん
だ
!
や
っ
た
ぁ
!
 
  
 
  
千
秋
は
 
胸
に
か
な
り
の
重
さ
を
感
じ
て
起
き
た
 °
  
次
の
日
の
朝
 °
  
 
  
|
|
|
  
 
  
楽
し
み
だ
な
あ
:
:
Z
z
z
∨
 
  
か
な
?
で
も
 
本
当
に
体
 
大
き
く
な
る
の
か
な
ぁ
?
え
へ
へ
 
  
 
∧
私
が
大
き
く
な
っ
た
の
を
見
た
ら
 
み
ん
な
び
っ
く
り
す
る
  
 
  
事
を
考
え
な
が
ら
 
ベ
ッ
ド
に
横
に
な
っ
た
 °
  
家
に
つ
い
た
千
秋
は
 
色
々
と
支
度
を
し
た
後
 
そ
の
次
の
日
の
  
て
帰
っ
て
い
っ
た
 °
  
千
秋
は
自
分
が
家
に
帰
る
途
中
だ
っ
た
こ
と
を
思
い
出
し
 
走
っ
  
ど
こ
か
へ
消
え
て
い
っ
た
 °
  
千
秋
が
光
に
向
か
っ
て
手
を
振
る
と
 
光
は
宙
に
舞
い
上
が
り
 
  
 

























   

  
書
い
た
よ
う
な
も
の
だ
っ
た
 °
そ
ん
な
千
秋
を
ニ
ヤ
ニ
ヤ
見
て
い
  
語
彙
の
少
な
い
人
が
思
い
つ
く
限
り
の
罵
詈
雑
言
を
一
生
懸
命
  
教
室
に
着
く
と
 
自
分
の
机
に
紙
が
貼
っ
て
あ
る
 °
見
て
み
る
と
 
  
 
  
 
∧
こ
れ
も
 
い
つ
も
の
こ
と
:
:
あ
れ
?
∨
 
  
 
  
か
け
る
も
の
は
な
か
っ
た
 °
  
ら
し
て
こ
な
い
 °
高
校
の
校
庭
に
つ
い
て
も
 
誰
も
千
秋
に
話
し
  
千
秋
が
駅
に
着
く
と
 
同
じ
高
校
の
生
徒
が
い
た
が
 
挨
拶
す
  
ア
セ
ア
セ
と
朝
食
と
支
度
を
済
ま
せ
 
千
秋
は
学
校
へ
向
か
っ
た
 °
  
 
  
と
し
て
る
場
合
じ
ゃ
な
い
よ
ぉ
:
:
 
  
 
や
っ
ぱ
り
 
そ
ん
な
こ
と
叶
わ
な
い
よ
ね
:
:
あ
 
こ
ん
な
こ
  
 
  
千
秋
は
 
恥
ず
か
し
さ
と
落
胆
を
感
じ
て
 
黙
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
:
:
 
  
 
  
変
わ
ら
な
い
 
ぺ
た
|
ん
と
し
た
胸
と
幼
児
体
型
が
見
え
た
 °
  
あ
た
り
に
乗
っ
て
い
た
よ
う
だ
 °
自
分
の
体
を
見
て
も
 
昨
日
と

   

  
 
  
 
う
わ
ぁ
っ
!
 
  
 
  
し
 
給
食
を
食
べ
る
千
秋
の
前
に
い
き
な
り
光
の
玉
が
現
れ
た
 °
  
昼
休
み
も
 
い
つ
も
の
様
に
一
人
で
過
ご
す
は
ず
だ
っ
た
 °
し
か
  
 
  
そ
し
て
 
い
つ
も
の
様
に
授
業
時
間
は
過
ぎ
て
い
く
 °
  
 
  
は
友
達
こ
そ
少
な
い
が
い
じ
め
は
全
く
受
け
て
い
な
か
っ
た
 °
  
思
わ
ず
ド
ン
引
き
し
て
し
ま
う
千
秋
 °
そ
ん
な
こ
ん
な
で
 
千
秋
  
 
  
 
う
わ
ぁ
:
:
 
  
 
  
犯
人
に
投
げ
つ
け
る
と
 
犯
人
は
と
て
も
嬉
し
そ
う
な
顔
を
し
た
 °
  
い
て
は
誰
か
の
机
に
貼
っ
て
い
た
 °
千
秋
は
そ
の
紙
を
ポ
イ
っ
と
  
犯
人
の
生
徒
は
相
当
の
変
わ
り
者
で
 
毎
日
そ
の
よ
う
な
紙
を
書
  
 
  
 
あ
|
 
今
日
は
私
の
番
か
 °
あ
の
人
 
物
好
き
だ
な
ぁ
:
:
 
  
 
  
る
視
線
に
彼
女
は
気
づ
い
た
 °














   

  
と
心
の
な
か
で
言
っ
て
 
千
秋
は
女
子
ト
イ
レ
に
向
か
っ
た
 °
  
 
  
 
∧
分
か
っ
た
 °
今
行
く
よ
∨
 
  
∧
∧
急
が
な
い
と
!
∨
∨
  
 
∧
女
子
ト
イ
レ
?
エ
ッ
チ
:
:
∨
 
  
な
い
所
に
行
く
ん
だ
∨
∨
  
こ
じ
ゃ
人
の
目
に
付
く
か
ら
 
ま
ず
女
子
ト
イ
レ
と
か
 
人
気
の
  
∧
∧
そ
う
 
キ
ミ
が
言
っ
た
 
体
が
大
き
く
な
る
願
い
 °
で
も
こ
  
 
∧
願
い
:
:
あ
っ
∨
 
  
∧
∧
今
じ
ゃ
な
い
と
 
願
い
は
叶
え
ら
れ
な
い
よ
∨
∨
  
 
∧
え
:
:
今
な
の
?
放
課
後
じ
ゃ
ダ
メ
?
∨
 
  
だ
∨
∨
  
∧
∧
そ
う
だ
よ
 °
キ
ミ
の
戦
う
番
が
来
た
か
ら
 
伝
え
に
来
た
ん
  
 
∧
ラ
ク
ラ
ク
:
:
な
の
?
∨
 
  
∨
  
∧
∧
お
っ
と
 
ご
め
ん
ね
 °
驚
か
す
つ
も
り
は
な
か
っ
た
ん
だ
∨
  
 
  
見
え
て
い
な
い
よ
う
だ
 °
  
は
ま
た
散
ら
ば
っ
て
い
っ
た
 °
ど
う
や
ら
光
の
玉
は
千
秋
以
外
に
  
い
き
な
り
大
声
を
上
げ
た
千
秋
に
少
し
視
線
が
集
ま
る
が
 
そ
れ

   

  
 
あ
ん
な
に
効
率
の
悪
い
武
器
が
好
き
だ
な
ん
て
 
わ
け
が
わ
か
  
 
ラ
ク
ラ
ク
が
見
せ
て
く
れ
た
子
の
 
杖
み
た
い
な
の
 
  
 
何
を
期
待
し
て
い
た
ん
だ
い
?
 
  
 
こ
ん
な
の
絶
対
お
か
し
い
よ
 
  
 
  
ラ
ク
ラ
ク
の
前
に
現
れ
た
の
は
 
ミ
ニ
ガ
ン
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
な
に
 
こ
れ
ぇ
 
  
 
キ
ミ
の
た
め
に
用
意
し
た
特
注
品
さ
!
じ
ゃ
あ
 
こ
れ
持
っ
て
 
  
 
服
 
変
わ
っ
て
る
 
  
 
  
に
か
 
桃
色
の
ふ
り
ふ
り
し
た
服
を
着
て
い
た
 °
  
に
包
ま
れ
た
 
野
原
の
よ
う
な
場
所
だ
っ
た
 °
千
秋
は
い
つ
の
間
  
千
秋
が
答
え
る
と
 
周
り
の
風
景
が
変
わ
る
 °
今
度
は
 
青
い
光
  
 
  
 
∧
う
ん
∨
 
  
∧
∧
そ
れ
じ
ゃ
 
い
く
よ
∨
∨
  
 
  
個
室
に
入
る
と
 
ラ
ク
ラ
ク
の
声
が
し
た
 °
  
 

























   

  
盛
り
上
が
り
が
爆
発
す
る
よ
う
に
飛
び
散
る
と
 
そ
こ
に
は
 
  
 
  
 
来
る
よ
!
 
  
 
  
土
の
大
き
な
山
が
で
き
は
じ
め
た
 °
  
す
る
と
 
野
原
の
一
部
が
大
き
な
音
を
立
て
て
盛
り
上
が
り
始
め
 
  
 
  
 
う
ん
 
  
 
さ
あ
 
準
備
は
で
き
た
か
い
?
そ
ろ
そ
ろ
出
て
く
る
よ
 
  
 
ホ
ン
ト
だ
 
私
の
か
ば
ん
よ
り
軽
い
 
  
 
  
と
千
秋
が
ミ
ニ
ガ
ン
を
持
ち
上
げ
た
 °
  
 
  
ガ
シ
ャ
ッ
  
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
な
い
よ
 °
さ
あ
 
持
っ
て
ご
ら
ん
 
  
う
だ
よ
 
  
 
そ
れ
は
そ
う
に
し
て
も
 
ど
う
や
っ
て
持
つ
の
?
か
な
り
重
そ
  
い
と
 
倒
す
前
に
や
ら
れ
ち
ゃ
う
ん
だ
よ
 
  
ら
な
い
よ
 °
普
通
だ
っ
た
ら
 
こ
れ
み
た
い
な
飛
び
道
具
じ
ゃ
な

   

  
千
秋
の
足
元
に
空
の
薬
莢
の
山
が
出
来
上
が
る
頃
に
は
 
ロ
ボ
ッ
  
 
  
 
い
い
ぞ
 
千
秋
!
 
  
 
  
っ
と
い
う
間
に
ロ
ボ
ッ
ト
を
ボ
ロ
ボ
ロ
に
壊
し
て
い
く
 °
  
合
っ
て
い
る
 °
そ
の
よ
う
な
速
度
で
連
射
す
る
ミ
ニ
ガ
ン
は
 
  
や
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
と
い
う
言
葉
の
ほ
う
が
見
  
と
い
う
言
葉
を
発
射
音
に
見
立
て
る
が
 
こ
れ
は
早
す
ぎ
て
も
は
  
時
に
高
速
で
弾
丸
を
発
射
し
始
め
た
 °
普
通
の
銃
な
ら
バ
ン
バ
ン
  
千
秋
が
引
き
金
を
引
く
と
 
ミ
ニ
ガ
ン
の
砲
塔
が
回
り
始
め
 
  
 
  
 
わ
 
分
か
っ
た
よ
ぅ
!
 
  
 
千
秋
 
早
く
撃
っ
て
!
 
  
 
  
し
て
し
ま
う
 °
  
大
き
く
揺
れ
る
 °
千
秋
は
思
わ
ず
口
を
ポ
カ
|
ン
と
開
け
て
硬
直
  
な
が
ら
 
千
秋
に
近
寄
っ
て
く
る
 °
そ
の
一
歩
ご
と
に
 
地
面
が
  
二
足
で
立
つ
ロ
ボ
ッ
ト
が
い
た
 °
シ
ュ
|
ッ
っ
と
蒸
気
を
漏
ら
し
  
き
な
  
械
が
何
体
も
つ
な
が
っ
た
よ
う
な
 
身
長
が
1
0
m
く
ら
い
の
大

   

  
|
に
変
換
で
き
る
 °
減
り
続
け
る
エ
ネ
ル
ギ
|
を
回
収
す
る
ど
こ
  
る
 °
し
か
も
 
あ
る
過
程
を
経
る
こ
と
で
利
用
可
能
な
エ
ネ
ル
ギ
  
れ
た
エ
ネ
ル
ギ
|
に
加
え
て
 
暗
黒
エ
ネ
ル
ギ
|
が
含
ま
れ
て
い
  
 
い
や
 
そ
れ
以
上
の
も
の
だ
よ
 °
こ
れ
に
は
 
元
々
の
捨
て
ら
  
 
じ
ゃ
あ
 
こ
れ
は
ゴ
ミ
っ
て
こ
と
?
 
  
こ
と
で
暗
黒
エ
ネ
ル
ギ
|
に
よ
っ
て
腐
敗
し
て
で
き
た
も
の
さ
 
  
ネ
ル
ギ
|
や
 
物
質
の
集
ま
り
 °
そ
れ
が
長
い
間
捨
て
置
か
れ
る
  
こ
れ
に
は
 
地
球
人
も
含
ま
れ
る
よ
 °
そ
の
全
体
が
廃
棄
し
た
エ
  
デ
ィ
ケ
イ
は
 
こ
の
宇
宙
に
住
ま
う
全
て
の
知
的
生
命
体
 
あ
 
  
教
え
て
あ
げ
よ
う
 °
ど
う
せ
 
も
う
後
戻
り
は
で
き
な
い
ん
だ
 °
  
 
契
約
を
し
て
も
ら
っ
て
 
デ
ィ
ケ
イ
を
一
体
倒
し
た
キ
ミ
に
は
  
 
え
:
:
?
 
  
だ
 
  
こ
れ
か
ら
キ
ミ
の
体
を
使
っ
て
 
世
界
に
貢
献
し
て
も
ら
う
ん
  
 
デ
ィ
ケ
イ
を
行
動
不
能
に
持
ち
込
む
の
は
そ
の
た
っ
た
一
部
さ
 °
  
 
え
?
今
の
は
貢
献
し
て
な
い
の
?
 
  
 
千
秋
 
や
っ
た
ね
 
こ
れ
で
世
界
に
貢
献
で
き
る
よ
!
 
  
 
や
っ
た
ぁ
!
 
  
 
  
ト
は
鉄
く
ず
の
山
と
化
し
て
い
た
 °












   

  
も
大
き
く
な
る
よ
 °
こ
れ
で
 
千
秋
の
望
み
は
叶
う
わ
け
だ
ね
 
  
 
し
か
し
 
エ
ネ
ル
ギ
|
を
貯
蓄
す
る
場
所
も
必
要
だ
か
ら
 
  
 
:
:
 
  
種
族
は
少
な
い
 
  
て
 
乳
腺
 
い
や
そ
れ
と
等
価
な
代
替
器
官
さ
え
 
持
っ
て
い
る
  
能
な
液
体
と
し
て
出
し
て
く
れ
る
 
素
晴
ら
し
い
も
の
だ
 °
そ
し
  
 
乳
腺
さ
 °
自
分
の
体
に
あ
る
エ
ネ
ル
ギ
|
を
 
簡
単
に
貯
蓄
可
  
 
あ
る
器
官
?
 
  
奪
い
取
っ
た
エ
ネ
ル
ギ
|
が
無
く
な
る
ま
で
ね
 
  
ギ
|
を
生
み
出
す
こ
と
が
で
き
る
よ
う
に
な
る
 °
デ
ィ
ケ
イ
か
ら
  
な
っ
た
生
命
体
は
 
あ
る
器
官
を
通
し
て
 
利
用
可
能
な
エ
ネ
ル
  
 
そ
う
 
今
の
状
況
だ
と
 
君
し
か
い
な
い
 °
そ
し
て
 
宿
主
に
  
 
宿
主
っ
て
:
:
ま
さ
か
:
:
 
  
を
探
し
だ
す
 
  
デ
ィ
ケ
イ
に
含
ま
れ
て
い
た
エ
ネ
ル
ギ
|
は
活
発
に
次
の
宿
主
  
目
的
の
た
め
だ
け
に
作
ら
れ
た
武
器
な
ん
だ
よ
 °
こ
れ
に
よ
っ
て
 
  
や
っ
て
も
ら
っ
た
こ
と
さ
 °
そ
の
銃
は
 
最
先
端
技
術
で
 
こ
の
  
 
ま
ず
 
デ
ィ
ケ
イ
を
あ
る
特
定
の
手
段
で
倒
す
 °
こ
れ
は
 
  
 
な
に
:
:
そ
の
過
程
っ
て
:
:
 
  
ろ
か
 
増
幅
す
る
こ
と
さ
え
可
能
な
の
さ
 









   

  
す
る
と
 
千
秋
の
お
腹
の
辺
り
が
プ
ク
ッ
っ
と
膨
れ
始
め
た
 °
  
 
  
感
じ
て
い
た
 °
  
っ
て
体
の
中
に
入
っ
て
い
く
の
を
千
秋
は
意
識
が
薄
れ
な
が
ら
も
  
千
秋
は
衝
撃
で
地
面
に
倒
れ
こ
ん
だ
 °
口
の
中
で
触
手
が
喉
を
通
  
千
秋
が
悲
鳴
を
あ
げ
る
そ
の
口
に
 
触
手
が
飛
び
込
ん
で
き
た
 °
  
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
:
:
っ
!
 
  
 
  
っ
て
き
た
 °
  
い
た
よ
う
に
そ
の
先
を
千
秋
に
向
け
る
と
 
急
に
千
秋
の
方
に
迫
  
無
数
に
伸
び
て
い
る
の
に
気
づ
い
た
 °
触
手
は
 
ぴ
く
っ
と
気
づ
  
千
秋
は
 
ロ
ボ
ッ
ト
の
残
骸
か
ら
 
黒
い
触
手
の
よ
う
な
も
の
が
  
 
  
 
な
ん
で
 
こ
ん
な
こ
と
:
:
っ
!
 
  
|
が
出
て
く
る
よ
 
  
ギ
  
て
 
デ
ィ
ケ
イ
を
倒
し
た
ん
だ
か
ら
 °
ほ
ら
 
そ
ろ
そ
ろ
エ
ネ
ル
  
 
 
待
っ
て
 
っ
て
:
:
も
う
遅
い
よ
 °
キ
ミ
は
も
う
契
約
を
し
  
 
ま
 
待
っ
て
:
:
 

















   

  
 
  
て
 
千
秋
に
近
づ
い
て
い
っ
た
 °
  
ラ
ク
ラ
ク
は
 
触
手
が
四
半
分
も
入
っ
て
い
か
な
い
の
に
気
づ
い
  
 
  
が
破
裂
し
て
死
な
れ
て
も
 
エ
ネ
ル
ギ
|
が
も
っ
た
い
な
い
 
  
 
千
秋
 
も
し
か
し
て
消
化
不
良
?
何
と
か
し
な
い
と
な
 
腹
部
  
 
  
っ
た
 °
触
手
の
動
き
の
せ
い
で
時
折
ボ
ン
ッ
と
揺
れ
て
い
る
 °
  
と
服
が
破
れ
る
と
 
た
ま
ご
型
に
な
っ
た
千
秋
の
腹
部
が
顕
に
な
  
 
  
パ
|
ン
ッ
  
 
  
が
引
っ
張
ら
れ
て
い
く
 °
そ
し
て
 
  
ボ
タ
ン
留
め
の
服
は
 
ど
ん
ど
ん
膨
れ
て
い
き
 
ボ
タ
ン
の
部
分
  
 
  
な
い
み
た
い
だ
ね
 °
服
が
破
れ
ち
ゃ
う
 
  
 
う
|
ん
 
千
秋
の
エ
ネ
ル
ギ
|
消
化
能
力
は
思
っ
た
ほ
ど
高
く
  
 
  
を
 
少
し
も
変
え
ず
に
言
っ
た
 °
  
れ
を
見
た
ラ
ク
ラ
ク
は
 
あ
る
の
か
無
い
の
か
わ
か
ら
な
い
表
情

   

  
 
  
と
い
う
言
葉
と
と
も
に
 
触
手
が
千
秋
の
口
に
突
っ
込
ま
れ
た
 °
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ま
た
行
く
よ
?
 
  
 
  
な
っ
た
の
を
感
じ
た
 °
  
ク
は
千
秋
の
口
に
流
し
込
む
 °
千
秋
は
 
鼓
動
が
い
き
な
り
速
く
  
い
つ
の
間
に
か
取
り
出
し
た
試
験
管
の
よ
う
な
も
の
を
 
ラ
ク
ラ
  
 
  
ら
 
こ
れ
飲
ん
で
ね
 
  
 
苦
し
か
っ
た
か
い
?
ち
ょ
っ
と
お
腹
の
調
子
が
悪
い
よ
う
だ
か
  
 
  
理
解
す
る
こ
と
は
で
き
た
 °
  
千
秋
の
意
識
は
朦
朧
と
し
て
い
た
が
 
ラ
ク
ラ
ク
の
い
う
言
葉
を
  
 
  
れ
た
 °
  
も
う
と
し
て
い
た
触
手
は
す
る
す
る
と
出
て
い
き
 
千
秋
か
ら
離
  
と
ラ
ク
ラ
ク
が
千
秋
の
お
腹
に
触
れ
る
と
 
千
秋
の
口
に
入
り
込
  
 
  
 
ほ
ら
 
千
秋
 
一
回
出
す
よ
 













   

  
 
  
 
ほ
ら
 
千
秋
 
起
き
て
 
寝
た
ま
ま
じ
ゃ
絞
れ
な
い
か
ら
:
:
 
  
 
  
に
 
少
し
出
て
い
る
こ
と
に
気
づ
い
た
 °
  
千
秋
は
お
ぼ
ろ
げ
な
意
識
の
中
 
口
に
ま
だ
触
手
が
入
り
き
ら
ず
  
 
  
 
∧
お
 
終
わ
っ
た
の
:
:
?
∨
 
  
 
  
そ
こ
で
触
手
の
動
き
が
止
ま
っ
た
 °
  
触
手
が
溜
ま
り
始
め
る
と
 
髪
が
バ
サ
ッ
と
伸
び
た
気
が
し
た
 °
  
手
に
 
と
下
か
ら
ど
ん
ど
ん
触
手
が
パ
ン
パ
ン
に
な
る
 °
頭
に
  
に
触
手
が
腰
の
部
分
を
広
げ
て
い
く
 °
そ
の
次
は
お
腹
に
 °
胸
に
 
  
ま
ま
触
手
は
足
に
溜
ま
っ
て
い
き
 
パ
ン
パ
ン
に
な
る
と
 
次
第
  
に
 
足
が
先
の
方
か
ら
服
に
圧
迫
さ
れ
る
感
触
が
あ
っ
た
 °
そ
の
  
け
て
伸
ば
し
て
い
た
足
に
貯
ま
る
よ
う
な
感
触
を
受
け
る
と
同
時
  
く
な
っ
て
く
る
の
を
感
じ
た
 °
そ
し
て
 
触
手
が
お
腹
を
突
き
抜
  
の
中
に
入
っ
て
く
る
 °
し
か
し
今
度
は
 
千
秋
は
体
が
急
激
に
熱
  
千
秋
は
悲
鳴
の
よ
う
な
も
の
を
上
げ
る
が
 
容
赦
な
く
触
手
は
体
  
 
  
 
ふ
ぐ
っ
っ
!
 



















   

  
 
  
 
ふ
ぐ
う
!
 
  
 
  
が
出
来
た
 °
  
ど
こ
か
ら
と
も
な
く
鏡
が
現
れ
 
千
秋
は
自
分
の
体
を
見
る
こ
と
  
 
  
ほ
ら
 
見
て
ご
ら
ん
 
  
 
ど
う
や
ら
 
キ
ミ
の
消
化
不
良
は
す
ご
い
も
の
み
た
い
だ
ね
 
  
 
  
る
 °
  
い
の
で
 
手
で
お
腹
の
部
分
を
触
る
と
 
パ
ン
パ
ン
に
膨
れ
て
い
  
悪
い
 °
自
分
の
体
を
見
よ
う
と
し
て
も
触
手
が
あ
っ
て
わ
か
ら
な
  
千
秋
は
起
き
上
が
ろ
う
と
し
た
が
 
ど
う
に
も
体
の
バ
ラ
ン
ス
が
  
 
  
た
か
も
ね
 
さ
あ
起
き
上
が
っ
て
 
  
 
死
ぬ
か
と
思
っ
た
っ
て
?
ボ
ク
が
い
な
け
れ
ば
多
分
そ
う
だ
っ
  
 
ふ
!
ふ
ぐ
う
ふ
ぐ
っ
ふ
!
 
  
 
  
っ
き
り
し
た
 °
  
と
い
う
ラ
ク
ラ
ク
の
言
葉
が
聞
こ
え
る
と
 
い
き
な
り
意
識
が
は

   

  
い
だ
ね
 
  
 
こ
れ
を
や
る
と
 
な
ぜ
か
キ
ミ
た
ち
は
気
持
ち
よ
く
な
る
み
た
  
 
ひ
ゃ
ぁ
っ
!
 
  
 
  
っ
た
 °
  
う
に
く
っ
つ
け
た
 °
ラ
ク
ラ
ク
の
体
重
で
胸
は
ぽ
よ
ん
っ
と
下
が
  
っ
た
の
を
見
た
ラ
ク
ラ
ク
は
 
そ
の
耳
を
胸
の
先
端
に
吸
盤
の
よ
  
触
手
が
体
に
入
り
き
る
 °
胸
が
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
ぐ
ら
い
に
な
  
い
た
胸
の
部
分
が
更
に
大
き
く
な
っ
て
い
き
 
口
に
残
っ
て
い
た
  
ラ
ク
ラ
ク
が
千
秋
の
体
に
触
れ
る
と
 
も
と
も
と
盛
り
上
が
っ
て
  
 
  
 
ふ
え
?
 
  
タ
|
∧
搾
乳
者
∨
の
ね
 
  
 
さ
 
こ
こ
か
ら
は
ボ
ク
の
仕
事
だ
 °
ラ
ク
ト
・
エ
ク
ス
ト
ラ
ク
  
 
  
乗
っ
て
い
そ
う
な
ス
タ
イ
ル
に
な
っ
て
い
た
 °
  
 
口
か
ら
は
黒
い
も
の
が
伸
び
て
い
る
が
 
そ
れ
以
外
は
雑
誌
に
  
て
  
髪
は
膝
辺
り
ま
で
伸
び
て
い
る
 °
腹
部
は
妊
婦
の
よ
う
に
出
て
い
  
身
長
は
1
 
5
倍
近
く
に
な
り
 
巨
乳
で
 
タ
イ
ツ
は
ム
チ
ム
チ
 

   

  
な
り
 
普
通
の
サ
イ
ズ
ま
で
戻
っ
た
 °
  
は
 
人
間
ほ
ど
の
大
き
さ
に
な
っ
た
 °
千
秋
の
胸
は
張
り
が
弱
く
  
完
全
に
凹
む
頃
に
は
 
小
動
物
の
よ
う
だ
っ
た
ラ
ク
ラ
ク
の
体
  
千
秋
の
方
は
 
お
腹
が
縮
み
 
だ
ん
だ
ん
ク
ビ
レ
が
で
き
始
め
た
 °
  
 
  
 
ふ
ぇ
え
っ
!
∧
恥
ず
か
し
い
け
ど
 
気
持
ち
い
い
よ
っ
∨
 
  
や
っ
た
 
千
秋
!
 
  
 
こ
の
エ
ネ
ル
ギ
|
の
質
は
 
こ
れ
ま
で
に
な
い
ほ
ど
だ
!
よ
く
  
 
  
同
時
に
ラ
ク
ラ
ク
の
体
が
大
き
く
な
り
始
め
た
 °
  
と
千
秋
が
叫
ん
だ
瞬
間
 
ラ
ク
ラ
ク
の
耳
が
ぽ
ん
っ
と
膨
ら
み
 
  
 
  
 
も
 
も
う
だ
め
っ
!
 
  
 
  
そ
の
張
り
で
ラ
ク
ラ
ク
の
体
が
持
ち
上
が
る
 °
  
千
秋
の
胸
は
更
に
大
き
く
な
り
 
同
時
に
張
っ
て
い
く
 °
そ
し
て
 
  
 
  
な
っ
た
乳
房
の
先
の
部
分
を
揉
み
始
め
る
 °
  
ラ
ク
ラ
ク
の
耳
は
 
そ
の
ま
ま
動
き
始
め
 
千
秋
の
今
や
巨
大
に
  
 

























   

  
っ
た
 °
  
 
世
界
を
救
う
と
同
時
に
 
幸
せ
に
な
る
こ
と
が
出
来
た
 
と
思
  
が
 
そ
れ
以
降
友
達
と
 
フ
ァ
ン
ク
ラ
ブ
ま
で
で
き
た
 °
千
秋
は
  
学
校
で
は
体
が
変
わ
っ
た
こ
と
に
は
誰
も
疑
問
を
感
じ
な
か
っ
た
  
の
何
か
を
失
っ
て
し
ま
っ
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
千
秋
は
 
念
願
の
ナ
イ
ス
バ
デ
ィ
を
手
に
入
れ
た
が
 
同
時
に
別
  
 
  
 
も
ち
ろ
ん
さ
!
 
  
ら
せ
て
く
れ
る
?
 
  
 
す
ご
く
 
気
持
よ
か
っ
た
の
:
:
ま
た
 
デ
ィ
ケ
イ
退
治
 
  
 
何
だ
い
 
千
秋
?
 
  
 
ラ
ク
ラ
ク
:
:
 
  
 
千
秋
 
お
疲
れ
様
 
  
 
は
ぁ
:
:
は
ぁ
:
:
 
  
ラ
ク
は
耳
を
乳
房
か
ら
離
し
た
 °
  
が
出
て
き
た
 °
中
は
白
い
液
体
で
一
杯
だ
っ
た
 °
そ
し
て
 
ラ
ク
  
の
  
っ
た
ラ
ク
ラ
ク
の
お
腹
の
部
分
か
ら
 
ガ
ラ
ス
の
瓶
の
よ
う
な
も
  
 
ぷ
っ
き
ゅ
い
!
あ
と
は
 
こ
れ
を
梱
包
し
て
:
:
よ
し
 
と
い
  
 

























  > ≫