前
の
リ
フ
ト
に
は
佳
奈
と
英
一
が
座
っ
て
い
た
 °
英
一
よ
り
か
な
  
 
  
 
え
?
 
  
れ
 
ま
た
大
き
く
な
っ
て
る
 
佳
奈
 
  
 
拓
也
く
ん
:
:
そ
れ
に
し
て
も
 
前
の
二
人
 
仲
い
い
な
 °
  
 
今
度
は
う
ま
く
や
れ
る
か
ら
 
さ
!
 
  
た
時
間
が
短
す
ぎ
た
ん
だ
よ
 
  
 
い
い
よ
 
拓
也
く
ん
 
イ
ン
ス
ト
ラ
ク
タ
|
に
教
え
て
も
ら
っ
  
 
ご
め
ん
ね
由
里
ち
ゃ
ん
 
  
 
  
2
人
乗
り
リ
フ
ト
の
上
で
 
拓
也
は
由
里
に
謝
罪
し
た
 °
  
流
し
た
 °
  
っ
て
 
基
本
を
教
え
て
も
ら
い
 
昼
食
の
後
で
佳
奈
と
英
一
に
合
  
と
い
う
こ
と
で
 
も
う
一
回
イ
ン
ス
ト
ラ
ク
タ
|
に
付
い
て
も
ら
  
頼
り
な
い
せ
い
だ
 °
  
ボ
|
を
や
め
 
ス
キ
|
を
す
る
こ
と
に
し
た
 °
拓
也
が
あ
ま
り
に
  
絵
美
が
風
邪
を
引
い
て
し
ま
っ
た
せ
い
で
 
由
里
と
拓
也
は
ス
ノ
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
ゲ
レ
ン
デ
の
騒
動



















≪ <  

  
 
当
然
 °
大
き
い
ま
ま
で
は
 
滑
れ
な
い
 
  
 
あ
 
佳
奈
 
体
戻
っ
て
る
 
  
 
  
そ
し
て
 
リ
フ
ト
降
り
場
に
着
い
た
4
人
 °
  
 
  
て
い
る
よ
う
で
 
顔
が
こ
わ
ば
っ
て
い
た
 °
  
と
言
い
つ
つ
 
拓
也
は
由
里
が
暴
走
し
た
時
の
こ
と
を
思
い
出
し
  
 
  
 
そ
 
そ
う
だ
ね
 
  
 
先
輩
も
 
も
う
ち
ょ
っ
と
場
を
わ
き
ま
え
て
ほ
し
い
な
あ
 
  
 
  
空
い
た
方
の
手
は
佳
奈
の
胸
に
伸
び
て
い
た
 °
  
更
に
良
く
見
る
と
 
英
一
の
ス
キ
|
ス
ト
ッ
ク
を
持
っ
て
い
な
い
 
  
を
し
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
佳
奈
は
前
を
向
い
て
い
る
の
で
分
か
ら
な
い
が
 
佳
奈
流
の
会
話
  
だ
ろ
う
 °
英
一
は
 
佳
奈
に
向
か
っ
て
し
ゃ
べ
り
続
け
て
い
る
 °
  
英
一
の
高
所
恐
怖
症
を
抑
え
よ
う
と
 
ま
た
佳
奈
が
変
身
し
た
の
  
お
腹
の
部
分
に
肌
色
が
少
し
見
え
て
い
る
 °
  
て
い
る
 °
防
寒
具
も
明
ら
か
に
サ
イ
ズ
が
小
さ
く
な
っ
て
い
て
 
  
り
背
が
低
い
は
ず
の
佳
奈
が
 
英
一
と
同
じ
く
ら
い
の
背
に
な
っ

   

  
 
  
カ
|
ブ
に
差
し
掛
か
る
と
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
ド
サ
ッ
  
 
  
う
だ
っ
た
 °
今
度
は
 
問
題
は
由
里
の
方
に
あ
っ
た
 °
  
拓
也
は
 
ス
ノ
ボ
|
の
時
よ
り
は
か
な
り
う
ま
く
滑
れ
て
い
る
よ
  
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
!
 
  
ら
 
  
れ
 °
そ
の
次
に
由
里
ち
ゃ
ん
 
佳
奈
 
俺
の
順
で
滑
っ
て
い
く
か
  
 
そ
う
だ
な
!
そ
れ
じ
ゃ
一
番
遅
い
拓
也
君
が
先
頭
で
滑
っ
て
く
  
し
ょ
う
 
と
拓
也
が
割
っ
て
入
る
 °
  
 
ま
あ
ま
あ
 
後
ろ
詰
ま
っ
ち
ゃ
い
ま
す
し
 
さ
っ
さ
と
滑
り
ま
  
 
先
輩
が
 
怖
が
る
か
ら
:
:
 
  
佳
奈
の
方
な
ん
だ
し
な
 
  
 
お
い
 
仕
方
な
い
だ
ろ
:
:
そ
れ
に
 
勝
手
に
変
身
す
る
の
は
  
 
先
輩
:
:
 
哀
れ
み
の
目
で
由
里
は
英
一
を
見
た
 °
  
か
ら
な
!
 
  
 
俺
も
 
佳
奈
が
あ
ん
な
体
の
ま
ま
だ
っ
た
ら
 
集
中
で
き
な
い

   

  
 
先
輩
 
置
い
て
か
な
い
で
 
  
っ
て
 
連
れ
戻
し
て
く
る
か
ら
 
  
 
由
里
ち
ゃ
ん
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
い
て
く
れ
 
拓
也
の
所
に
言
  
 
  
入
っ
て
い
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
佳
奈
が
行
っ
た
と
お
り
 
拓
也
は
何
を
間
違
え
た
の
か
森
の
方
に
  
 
  
 
あ
の
人
 
進
入
禁
止
区
域
に
:
:
 
  
 
  
に
は
気
づ
い
て
い
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
 
滑
る
こ
と
に
夢
中
で
後
ろ
が
つ
い
て
き
て
い
な
い
こ
と
  
見
る
と
 
拓
也
は
か
な
り
下
の
方
に
滑
っ
て
い
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
あ
!
あ
ん
な
下
に
!
 
  
 
あ
れ
 
お
か
し
い
な
 
拓
也
君
は
ど
こ
に
行
っ
た
ん
だ
?
 
  
 
は
い
!
大
丈
夫
で
す
!
 
と
言
っ
て
立
ち
上
が
る
由
里
 °
  
 
お
い
 
大
丈
夫
か
!
?
 
  
 
う
ん
 
な
ん
と
か
:
:
あ
れ
?
拓
也
く
ん
は
?
 
  
 
由
里
 
大
丈
夫
?
 
  
 
う
わ
ぁ
ん
 




















   

  
と
独
り
言
を
言
い
な
が
ら
 
英
一
た
ち
を
待
っ
て
い
た
 °
十
分
く
  
 
  
っ
て
か
ら
気
持
ち
よ
く
な
っ
た
な
あ
 
  
 
一
時
は
日
光
を
浴
び
る
の
が
怖
か
っ
た
け
ど
 
呪
い
が
無
く
な
  
 
  
そ
う
な
山
々
の
景
色
が
広
が
っ
て
い
た
 °
  
由
里
の
前
に
は
 
晴
れ
渡
っ
た
空
と
 
ど
こ
ま
で
も
続
い
て
い
き
  
 
  
い
な
風
景
!
 
  
 
は
ぁ
 °
拓
也
く
ん
 
大
丈
夫
か
な
:
:
そ
れ
に
し
て
も
 
き
れ
  
 
  
て
い
っ
た
 °
  
滑
っ
て
い
き
 
佳
奈
は
す
こ
し
ジ
グ
ザ
グ
し
な
が
ら
英
一
に
付
い
  
そ
う
言
う
と
 
英
一
は
斜
面
を
ま
っ
す
ぐ
 
ス
ピ
|
ド
を
上
げ
て
  
 
  
 
待
っ
て
て
 
由
里
 
  
 
く
れ
ぐ
れ
も
上
か
ら
滑
っ
て
く
る
人
に
は
気
を
つ
け
ろ
よ
!
 
  
 
い
い
で
す
 
一
人
で
待
っ
て
い
ま
す
か
ら
 
  
は
聞
か
な
い
だ
ろ
う
か
ら
な
:
:
 
  
 
仕
方
な
い
 
由
里
ち
ゃ
ん
一
人
に
す
る
の
は
心
配
だ
が
 
佳
奈

   

  
は
 
宿
泊
所
に
戻
っ
て
 
レ
ス
キ
ュ
|
隊
員
か
ら
の
知
ら
せ
を
待
  
ら
っ
て
い
る
が
 
い
つ
見
つ
か
る
か
わ
か
ら
な
い
 °
由
里
ち
ゃ
ん
  
 
ス
キ
|
場
の
レ
ス
キ
ュ
|
隊
員
に
も
知
ら
せ
て
 
今
探
し
て
も
  
 
え
!
 
  
な
い
ん
だ
!
 
  
ら
  
ら
佳
奈
が
大
き
く
な
っ
て
:
:
じ
ゃ
な
く
て
 
拓
也
君
が
見
つ
か
  
 
う
う
 
勘
弁
し
て
く
れ
よ
!
俺
高
い
の
苦
手
な
ん
だ
!
そ
し
た
  
 
に
し
て
は
イ
チ
ャ
イ
チ
ャ
し
て
ま
し
た
け
ど
 
  
 
由
里
ち
ゃ
ん
 
大
変
だ
!
 
  
 
  
が
上
か
ら
滑
っ
て
き
た
 °
  
拓
也
が
リ
フ
ト
に
乗
っ
て
い
る
様
子
が
見
え
な
い
 °
数
分
後
英
一
  
 
  
拓
也
く
ん
は
?
 
  
 
も
う
二
人
と
も
 
拓
也
く
ん
の
ピ
ン
チ
な
の
に
 
っ
て
あ
れ
 
  
 
  
分
か
る
大
き
な
胸
を
膨
ら
ま
せ
て
 °
  
ま
た
佳
奈
は
大
き
く
な
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
防
寒
具
の
上
か
ら
も
  
ら
い
し
て
 
佳
奈
と
英
一
が
リ
フ
ト
に
乗
っ
て
い
る
の
が
見
え
た
 °

   

  
 
  
 
お
 
お
い
:
:
 
  
 
先
輩
:
:
 
  
 
佳
奈
が
転
ぶ
な
ん
て
 
  
 
  
し
て
く
れ
た
 °
一
度
だ
け
 
佳
奈
が
転
ん
で
 
  
ス
を
崩
し
て
何
回
か
転
ん
だ
が
 
そ
の
た
び
に
英
一
が
引
き
起
こ
  
英
一
に
言
わ
れ
た
と
お
り
 
由
里
は
滑
り
だ
し
た
 °
途
中
バ
ラ
ン
  
 
  
 
は
 
は
い
 
  
 
す
ま
ん
佳
奈
 
下
ま
で
由
里
を
連
れ
て
行
く
ぞ
 
  
 
先
輩
 
や
っ
と
 
追
い
つ
い
た
:
:
 
  
佳
奈
が
上
か
ら
滑
っ
て
く
る
 °
  
 
そ
う
だ
 
由
里
ち
ゃ
ん
 
佳
奈
も
来
た
し
 
さ
あ
行
こ
う
 
  
い
:
:
 
  
 
言
わ
れ
て
分
か
る
な
ら
簡
単
で
す
よ
:
:
で
も
 
や
る
し
か
な
  
そ
れ
に
 
体
を
後
ろ
に
傾
け
な
い
こ
と
 
  
 
大
丈
夫
 
ゆ
っ
く
り
体
の
バ
ラ
ン
ス
を
左
右
に
動
か
す
ん
だ
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
!
で
も
 
ま
た
転
ん
じ
ゃ
う
か
も
:
:
 
  
っ
て
い
て
く
れ
な
い
か
?
 















   

  
ぎ
で
出
て
行
っ
た
の
を
見
た
ん
だ
け
ど
 
  
急
  
レ
ス
キ
ュ
|
所
に
入
っ
て
い
っ
て
 
そ
の
後
隊
員
の
人
た
ち
が
大
  
 
う
う
ん
 
昼
ま
で
寝
て
ら
ん
な
い
よ
|
:
:
何
か
英
一
先
輩
が
  
 
あ
 
起
こ
し
ち
ゃ
っ
た
?
 
  
 
お
 
お
帰
り
|
ど
う
し
た
の
:
:
ゲ
ホ
ッ
 
  
 
絵
美
:
:
 
  
 
  
絵
美
が
布
団
を
敷
い
て
寝
て
い
た
 °
  
そ
し
て
よ
う
や
く
 
由
里
は
宿
泊
所
に
着
い
た
 °
部
屋
に
戻
る
と
 
  
 
  
戻
り
 
自
分
で
立
ち
上
が
る
 °
  
 
む
:
:
由
里
ば
か
り
 °
ず
る
い
 
由
里
 
と
言
っ
て
元
の
体
に
  
っ
て
く
れ
:
:
 
  
 
今
は
由
里
ち
ゃ
ん
を
下
ま
で
届
け
る
の
が
先
決
な
ん
だ
 °
分
か
  
 
∧
嬉
し
い
の
!
?
∨
 
心
の
な
か
で
突
っ
込
む
由
里
 °
  
 
か
 
佳
奈
:
:
嬉
し
い
け
ど
:
:
 
  
 
  
背
中
ま
で
伸
び
 
ス
キ
|
ウ
ェ
ア
の
胸
の
部
分
が
膨
ら
ん
で
い
る
 °
  
佳
奈
は
転
ん
だ
ま
ま
体
を
大
き
く
し
た
よ
う
だ
 °
髪
が
ま
っ
す
ぐ

   

  
 
そ
れ
は
そ
れ
で
∨
 
  
あ
  
色
の
マ
|
ク
が
付
い
て
る
:
:
呪
い
は
消
え
た
は
ず
な
の
に
 °
  
 
い
や
 
な
ん
で
も
な
い
∧
あ
れ
 
何
か
由
里
の
右
手
の
甲
に
灰
  
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
ん
:
:
 
  
 
そ
う
だ
ね
 
  
た
い
な
 
  
 
そ
れ
に
し
て
も
い
い
日
差
し
だ
ね
|
早
く
治
し
て
滑
り
に
行
き
  
 
そ
う
な
ん
だ
:
:
 
  
そ
れ
に
ア
タ
シ
も
子
供
の
時
に
同
じ
こ
と
や
っ
た
し
 
  
 
そ
う
 
だ
か
ら
遭
難
で
凍
死
す
る
 
な
ん
て
こ
と
は
な
い
か
ら
 °
  
 
そ
う
な
の
?
 
  
る
は
ず
だ
よ
 °
ま
 
ス
キ
|
靴
じ
ゃ
大
変
だ
ろ
う
け
ど
 
  
走
っ
て
い
る
か
ら
 
麓
ま
で
出
れ
ば
そ
れ
に
そ
っ
て
戻
っ
て
こ
れ
  
 
平
気
平
気
 
で
も
こ
の
ス
キ
|
場
の
山
は
 
周
り
を
舗
装
道
が
  
 
だ
 
大
丈
夫
?
絵
美
 
  
う
っ
:
:
ゲ
ホ
ゲ
ホ
ッ
 
  
 
あ
の
童
貞
:
:
や
っ
と
滑
れ
た
と
思
っ
た
ら
今
度
は
迷
子
か
!
  
 
あ
 
そ
れ
!
拓
也
く
ん
 
ど
こ
か
に
行
っ
ち
ゃ
っ
た
の
!
 


   

  
 
  
と
 
  
 
  
 
∧
拓
也
く
ん
と
一
緒
に
滑
り
た
い
の
に
:
:
∨
 
  
 
  
 
時
間
を
潰
し
た
 °
  
て
  
家
族
や
 
カ
ッ
プ
ル
 
ご
老
人
の
団
体
:
:
い
ろ
い
ろ
な
人
を
見
  
そ
れ
か
ら
 
由
里
は
ゲ
レ
ン
デ
を
滑
り
降
り
て
く
る
子
供
連
れ
の
  
 
  
 
う
ん
 
お
や
す
み
|
 
  
 
ア
タ
シ
 
も
う
ち
ょ
っ
と
寝
る
 
  
 
ワ
イ
ド
シ
ョ
|
く
ら
い
だ
ね
 
  
 
あ
|
昼
は
何
も
面
白
い
の
や
っ
て
な
い
ね
:
:
 
  
 
  
ピ
ッ
  
 
  
 
う
ん
 
い
い
よ
 
  
 
ね
 
テ
レ
ビ
付
け
て
 
  
 

























   

  
 
う
ん
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ス
キ
|
ウ
ェ
ア
脱
い
だ
ら
 
ま
た
呼
び
に
来
る
よ
 
  
 
絵
美
 
寝
ち
ゃ
っ
て
て
:
:
あ
ま
り
う
る
さ
く
で
き
な
い
し
 
  
 
い
い
け
ど
 
な
ん
で
?
 
  
 
あ
 
良
か
っ
た
ら
私
も
拓
也
く
ん
の
部
屋
に
行
っ
て
も
い
い
?
 
  
 
疲
れ
ち
ゃ
っ
た
:
:
部
屋
で
休
ん
で
る
ね
 
  
に
会
っ
た
ん
だ
け
ど
 °
そ
れ
に
今
日
は
何
故
か
分
か
ら
な
い
け
ど
  
 
え
 
迷
子
?
由
里
ち
ゃ
ん
と
は
ぐ
れ
て
か
ら
 
5
分
位
で
先
輩
  
 
え
?
1
時
間
位
迷
子
に
な
っ
て
た
:
:
か
ら
だ
け
ど
:
:
 
  
た
っ
け
?
な
ん
で
由
里
ち
ゃ
ん
は
部
屋
に
戻
っ
て
る
の
?
 
  
ゃ
ん
に
話
し
に
行
く
よ
う
に
言
わ
れ
て
さ
 
で
も
 
僕
 
何
か
し
  
 
由
里
ち
ゃ
ん
 
ゲ
レ
ン
デ
に
戻
っ
た
ら
 
英
一
先
輩
に
由
里
ち
  
 
  
扉
を
開
け
る
と
 
拓
也
が
立
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
あ
 
拓
也
く
ん
か
な
 
は
|
い
!
 
  
 
  
と
扉
を
叩
く
音
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
  
ド
ン
ド
ン
ド
ン
ッ



















   

  
由
里
 °
  
 
ひ
ゃ
 
ひ
ゃ
い
!
 
い
き
な
り
喋
り
か
け
ら
れ
て
う
ろ
た
え
る
  
 
由
里
ち
ゃ
ん
 
他
の
ゲ
|
ム
も
や
っ
て
み
る
?
 
  
と
や
ら
な
い
と
 
こ
こ
に
来
た
意
味
が
な
い
よ
ね
∨
 
  
ん
  
れ
し
い
な
 °
ず
っ
と
遊
ん
で
い
た
い
:
:
け
ど
 
ス
キ
|
も
ち
ゃ
  
 
∧
拓
也
く
ん
と
 
二
人
き
り
な
ん
て
 
一
緒
に
滑
る
よ
り
も
う
  
 
  
お
菓
子
を
食
べ
な
が
ら
 
ゲ
|
ム
で
遊
ん
だ
 °
  
そ
の
後
 
由
里
と
拓
也
は
隣
同
士
で
座
り
 
食
堂
で
買
っ
て
き
た
  
 
  
 
う
ん
!
 
  
る
?
 
  
テ
ニ
ス
ゲ
|
ム
を
や
っ
て
た
ん
だ
け
ど
:
:
由
里
ち
ゃ
ん
も
 
  
 
あ
|
 
こ
れ
 
先
輩
が
持
っ
て
き
た
ん
だ
 °
そ
れ
で
 
昨
日
は
  
 
  
入
る
と
 
ゲ
|
ム
機
が
テ
レ
ビ
に
つ
な
い
で
あ
っ
た
 °
  
に
呼
ば
れ
て
い
っ
た
 °
拓
也
の
部
屋
 
と
い
う
よ
り
男
子
部
屋
に
  
数
分
後
 
由
里
は
ス
キ
|
ウ
ェ
ア
を
脱
ぎ
 
薄
着
に
な
っ
た
拓
也
  
 

























   

  
 
  
差
し
掛
か
っ
た
 
位
だ
っ
た
 °
  
あ
っ
た
 °
由
里
は
外
を
見
て
み
た
が
 
ま
だ
外
は
夕
暮
れ
に
少
し
  
拓
也
の
右
の
手
の
甲
に
 
由
里
の
も
の
と
同
じ
よ
う
な
マ
|
ク
が
  
 
  
 
右
手
 
光
っ
て
る
!
 
  
 
  
っ
て
い
る
 °
次
に
由
里
の
目
に
留
ま
っ
た
の
は
 
  
え
る
手
の
指
も
 
段
々
細
く
な
り
 
健
康
的
だ
っ
た
肌
が
白
く
な
  
由
里
が
よ
く
見
る
と
 
胸
の
部
分
が
盛
り
上
が
っ
て
い
た
 °
押
さ
  
 
  
 
拓
也
く
:
:
え
っ
!
 
  
 
  
拓
也
は
自
分
の
手
で
胸
を
押
さ
え
る
 °
  
 
  
 
な
ん
だ
:
:
こ
れ
:
:
 
  
 
拓
也
く
ん
!
?
 
  
 
う
|
ん
 
ま
あ
 
そ
れ
も
そ
:
:
う
っ
!
 
  
 
う
ん
 
で
も
 
先
輩
の
ゲ
|
ム
勝
手
に
あ
さ
っ
て
い
い
の
?
 
  
 
だ
 
大
丈
夫
?
 


















   

  
 
ゆ
 
由
里
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
た
 
拓
也
:
:
く
ん
:
:
 
バ
タ
ン
  
 
は
ぁ
:
:
な
ん
だ
っ
た
ん
だ
 
  
 
  
こ
し
ふ
っ
く
ら
し
て
い
る
 °
全
体
の
輪
郭
も
 
丸
っ
こ
く
な
っ
た
 °
  
ウ
エ
ス
ト
も
ギ
ュ
ッ
っ
と
絞
ら
れ
る
よ
う
に
細
く
な
り
 
尻
は
す
  
 
  
 
お
 
お
腹
き
つ
い
 
  
 
  
|
ト
・
ボ
ブ
ほ
ど
の
長
さ
に
な
っ
た
 °
  
喉
仏
が
見
え
な
く
な
っ
て
い
る
 °
次
に
髪
が
伸
び
て
き
て
 
シ
ョ
  
は
や
女
性
の
声
に
な
っ
て
い
た
 °
由
里
が
拓
也
の
喉
を
見
る
と
 
  
そ
う
い
っ
て
頭
を
押
さ
え
る
拓
也
の
声
は
か
な
り
高
く
な
り
 
  
 
  
 
う
っ
:
:
頭
が
 
  
 
  
続
け
 
ぶ
る
ぶ
る
と
震
え
る
 °
  
そ
の
間
に
も
拓
也
の
胸
は
荒
く
な
っ
た
呼
吸
に
合
わ
せ
て
膨
ら
み
  
 
  
 
∧
え
 
日
没
と
は
関
係
な
い
の
?
∨
 










   

  
 
っ
て
あ
れ
?
あ
ん
た
誰
?
 
  
 
  
そ
し
て
 
本
能
的
に
箒
で
拓
也
に
殴
り
:
:
か
か
ろ
う
と
し
た
 °
  
と
 
箒
を
持
っ
て
寝
間
着
の
ま
ま
の
絵
美
が
飛
び
込
ん
で
き
た
 °
  
 
  
 
こ
の
童
貞
が
あ
あ
あ
あ
!
由
里
に
何
を
す
る
だ
ァ
|
!
!
 
  
 
  
現
実
が
分
か
っ
た
瞬
間
 
拓
也
は
叫
ん
だ
 °
す
る
と
 
  
 
  
あ
あ
 
  
 
僕
 
女
の
子
に
 
な
っ
て
:
:
う
 
う
わ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
 
  
は
な
く
も
う
一
人
の
少
女
が
映
っ
て
い
る
 °
  
部
屋
の
鏡
が
目
に
入
る
 °
鏡
の
中
に
は
 
少
女
 
し
か
し
由
里
で
  
 
  
 
あ
れ
 
目
に
 
髪
が
掛
か
っ
て
る
?
胸
が
 
重
い
:
:
?
?
 
  
 
  
そ
れ
に
変
わ
っ
て
い
た
 °
  
由
里
が
倒
れ
る
の
も
仕
方
な
い
 °
拓
也
の
体
は
 
完
全
に
女
性
の
  
 

























   

  
 
え
 
絵
美
ち
ゃ
ん
 
大
胆
な
格
好
し
て
た
な
あ
:
:
 
  
屋
を
出
て
行
っ
た
 °
  
 
黙
っ
て
 °
事
実
だ
し
 °
う
|
む
:
:
 
と
言
っ
て
 
絵
美
は
部
  
 
ち
ょ
っ
と
傷
つ
く
よ
そ
れ
 
  
も
出
て
る
し
 
拓
也
は
佳
奈
み
た
い
に
繊
細
で
も
な
い
:
:
 
  
 
あ
ん
た
も
 
元
に
戻
る
方
法
考
え
て
!
む
 
し
か
し
今
は
太
陽
  
 
え
 
絵
美
ち
ゃ
ん
:
:
?
 
  
こ
れ
は
早
急
に
解
決
し
て
や
ら
な
い
と
 
  
証
拠
 °
由
里
も
伸
び
ち
ゃ
っ
て
 
か
わ
い
そ
う
な
子
だ
よ
本
当
 °
  
い
て
る
で
し
ょ
?
そ
れ
が
あ
い
つ
ら
が
あ
ん
た
に
呪
い
を
か
け
た
  
付
  
ぱ
な
し
だ
け
ど
:
:
ほ
ら
 
あ
ん
た
の
右
の
手
の
甲
に
マ
|
ク
が
  
 
由
里
に
呪
い
を
か
け
た
や
つ
 °
つ
い
で
に
私
に
魔
法
を
掛
け
っ
  
 
あ
い
つ
ら
?
 
  
 
あ
|
 
あ
い
つ
ら
が
関
わ
っ
て
る
だ
け
で
分
か
る
わ
 
  
 
え
?
信
じ
て
く
れ
る
の
?
 
  
の
目
に
入
っ
た
 °
 
は
ぁ
:
:
ま
た
あ
の
変
態
の
仕
業
か
:
:
 
  
 
は
?
あ
ん
た
が
:
:
っ
て
:
:
 
右
手
の
甲
の
マ
|
ク
が
絵
美
  
っ
た
少
女
 °
  
 
ぼ
 
僕
だ
よ
 °
拓
也
:
:
 
と
い
っ
て
顔
を
赤
ら
め
る
拓
也
だ

   

  
 
い
っ
た
た
た
ぁ
:
:
ど
 
ど
う
い
う
意
味
 
  
だ
け
ど
:
:
ち
ょ
う
ど
1
0
分
前
だ
っ
た
よ
 
  
 
た
く
も
う
:
:
そ
れ
で
 
今
日
の
月
の
出
の
時
間
を
調
べ
た
ん
  
 
ぶ
は
ぁ
っ
!
 
  
 
  
ん
だ
 °
  
た
 °
女
性
の
体
に
な
っ
て
軽
く
な
っ
て
い
た
拓
也
は
軽
く
宙
に
飛
  
と
い
う
絵
美
の
大
声
と
同
時
に
右
ス
ト
レ
|
ト
を
顔
に
決
め
ら
れ
  
 
  
な
ん
て
テ
ン
プ
レ
や
ろ
う
と
す
る
な
!
 
  
 
こ
ん
の
童
貞
が
!
よ
り
に
も
よ
っ
て
自
分
の
体
で
童
貞
や
め
る
  
 
  
と
股
の
方
に
手
を
伸
ば
し
た
瞬
間
 
  
 
  
っ
て
ど
う
い
う
事
に
な
っ
て
る
ん
だ
ろ
う
 
  
 
だ
け
ど
 
僕
も
今
そ
ん
な
な
の
か
:
:
:
:
女
の
子
の
あ
そ
こ
  
 
  
い
浮
か
べ
 
わ
ざ
と
で
は
な
い
が
顔
を
ニ
ヤ
け
さ
せ
て
い
た
 °
  
拓
也
は
 
そ
う
言
っ
て
先
ほ
ど
の
絵
美
の
ノ
|
ブ
ラ
薄
着
姿
を
思
  
 

























   

  
 
な
る
ほ
ど
 
確
か
に
数
分
前
だ
 
  
 
1
2
だ
よ
 
だ
か
ら
月
の
出
の
時
間
は
5
時
過
ぎ
 
  
の
?
 
  
 
う
ん
 
聞
い
た
覚
え
が
あ
る
よ
 °
で
 
今
日
の
月
齢
は
な
ん
な
  
な
ら
満
月
っ
て
わ
け
 °
ど
こ
か
で
習
わ
な
か
っ
た
?
 
  
1
4
  
て
こ
と
 °
0
な
ら
月
の
形
は
そ
の
ま
ま
新
月
 
3
な
ら
三
日
月
 
  
 
:
:
つ
ま
り
 
月
が
新
月
に
な
っ
て
か
ら
何
日
経
っ
て
る
か
っ
  
 
月
齢
:
:
?
 
  
か
ら
な
い
 
  
を
知
ら
な
い
と
わ
か
ら
な
い
ん
だ
か
ら
 
ど
こ
で
変
身
す
る
か
分
  
 
そ
の
通
り
 °
で
も
厄
介
だ
よ
 
月
が
出
る
時
間
な
ん
て
 
月
齢
  
 
そ
れ
に
合
わ
せ
て
 
僕
の
体
も
変
わ
っ
た
ん
だ
 
  
月
が
出
て
き
た
と
こ
ろ
み
た
い
 
  
に
一
番
身
近
な
の
は
月
だ
っ
た
か
ら
 
調
べ
て
み
た
ら
ち
ょ
う
ど
  
 
た
だ
 
魔
法
が
天
体
に
関
わ
る
も
の
だ
と
す
れ
ば
 
太
陽
の
次
  
 
う
ん
 
  
よ
ね
 
  
動
す
る
も
の
だ
っ
た
ん
だ
 °
だ
け
ど
 
今
は
太
陽
は
沈
ん
で
な
い
  
 
言
っ
た
と
思
う
け
ど
 
由
里
の
呪
い
は
太
陽
が
沈
ん
だ
時
に
発

   

  
  
  
  
  
  
そ
う
呟
く
と
 
一
瞬
の
う
ち
に
少
女
は
姿
を
消
し
た
 °
  
 
  
 
や
っ
と
見
つ
け
た
:
:
 
  
 
  
見
つ
め
て
い
た
 °
  
女
が
 
そ
の
幼
い
顔
に
見
合
わ
な
い
 
妖
艶
な
表
情
で
宿
泊
所
を
  
そ
ん
な
宿
泊
所
の
上
空
 °
ロ
|
ブ
に
身
を
ま
と
っ
た
 
小
さ
な
少
  
 
  
実
を
受
け
入
れ
た
 °
  
は
夕
食
ま
で
気
絶
し
た
ま
ま
だ
っ
た
が
 
そ
の
後
は
な
ん
と
か
現
  
の
と
さ
れ
る
の
に
慣
れ
て
い
た
二
人
は
す
ぐ
に
納
得
し
た
 °
由
里
  
結
局
 
戻
っ
て
き
た
佳
奈
と
英
一
に
事
情
を
説
明
し
 
変
身
す
る
  
 
  
と
な
あ
:
:
 
  
 
し
っ
か
し
 
そ
こ
ま
で
分
か
っ
て
も
 
解
き
方
が
分
か
ら
な
い

  > ≫