い
で
話
が
や
や
こ
し
く
な
っ
た
ん
で
す
か
ら
 
  
 
一
さ
ん
 °
話
し
か
け
な
い
で
あ
げ
て
く
だ
さ
い
ね
 °
彼
女
の
せ
  
 
  
 
え
 
え
っ
と
:
:
:
:
 
  
 
  
ど
こ
に
も
無
か
っ
た
 °
  
対
面
の
時
か
ら
今
ま
で
あ
っ
た
彼
女
に
対
す
る
年
上
的
な
要
素
は
  
ば
ど
う
や
っ
て
僕
の
隣
を
取
ろ
う
か
と
狙
い
を
定
め
て
い
る
 °
  
 
宮
本
瑠
璃
は
涙
目
で
こ
っ
ち
を
ず
っ
と
見
つ
め
つ
つ
 
隙
あ
れ
  
 
  
 
う
ぅ
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
 
  
た
 °
  
の
前
に
現
れ
た
彼
女
は
ど
う
見
て
も
僕
の
知
る
彼
女
で
は
な
か
っ
  
の
良
い
よ
う
に
変
え
る
生
き
物
で
は
あ
る
が
 
そ
れ
に
し
て
も
目
  
 
人
間
と
言
う
物
は
記
憶
の
中
に
あ
る
物
を
勝
手
に
自
分
の
都
合
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
幻
の
姉
 
最
終
姉



















≪ <  

  
 
そ
う
言
っ
て
 
立
膝
で
移
動
し
た
と
は
思
え
な
い
ほ
ど
の
物
凄
  
 
  
 
:
:
:
:
!
 
ち
 
違
う
よ
!
 
  
 
  
の
事
を
憎
ん
で
:
:
:
:
 
  
 
ス
パ
イ
を
送
り
込
む
ほ
ど
ま
で
に
 
そ
ん
な
に
お
父
さ
ん
は
僕
  
 
  
て
僕
に
近
付
こ
う
と
し
た
と
は
:
:
:
:
 °
  
全
く
の
嘘
で
 
彼
女
は
赤
の
他
人
っ
て
事
?
 
こ
ん
な
嘘
を
吐
い
  
 
嘘
?
 
も
し
か
し
て
 
彼
女
が
僕
の
家
族
で
あ
る
と
言
う
事
は
  
 
  
げ
る
 
  
事
実
な
ん
で
す
か
ら
ね
 °
そ
っ
ち
か
ら
嘘
を
止
め
た
ら
許
し
て
あ
  
 
あ
な
た
の
せ
い
で
余
計
な
手
間
と
精
神
的
な
負
担
が
あ
る
事
は
  
 
  
 
し
 
志
保
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
 
  
 
  
ぐ
っ
:
:
:
:
!
 
と
一
言
声
に
出
す
 °
  
を
瑠
璃
さ
ん
に
浴
び
せ
て
い
た
 °
そ
の
言
葉
に
瑠
璃
さ
ん
は
 
  
 
川
萩
さ
ん
は
そ
う
言
い
つ
つ
 
優
し
げ
な
顔
で
き
つ
い
お
言
葉

   

  
僕
が
居
る
事
を
知
っ
た
彼
女
は
こ
っ
そ
り
と
会
い
に
行
っ
た
み
た
  
ブ
レ
タ
|
を
発
見
し
た
 °
そ
し
て
自
分
に
1
歳
上
の
兄
 
つ
ま
り
  
 
彼
女
は
父
親
の
書
斎
に
て
学
生
時
代
に
僕
の
母
親
に
当
て
た
ラ
  
つ
ま
り
 
2
人
と
も
僕
よ
り
も
年
下
だ
っ
た
の
だ
 °
  
萩
志
保
さ
ん
も
妹
と
同
い
年
 
つ
ま
り
中
学
2
年
生
だ
と
言
う
事
 °
  
に
は
中
学
2
年
生
で
あ
り
 
同
じ
よ
う
に
年
上
に
見
え
て
い
た
川
  
育
が
良
く
て
 
年
上
に
間
違
え
ら
れ
る
事
が
多
い
け
れ
ど
も
実
際
  
 
彼
女
 
宮
本
瑠
璃
は
僕
の
腹
違
い
の
1
つ
下
の
妹
 °
か
な
り
発
  
 
話
を
整
理
す
る
と
 
こ
う
だ
 °
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
来
な
い
だ
ろ
う
 °
  
 
そ
の
事
を
聞
い
た
僕
の
顔
を
僕
は
多
分
 
一
生
忘
れ
る
事
は
出
  
 
  
 
は
い
?
 
  
 
  
は
:
:
:
:
私
 
あ
な
た
の
 
妹
 
な
の
 
  
 
わ
 
分
か
っ
た
:
:
:
:
 °
言
う
よ
 
本
当
の
事
を
 °
じ
 
  
 
  
る
と
 
僕
の
手
を
取
り
 
じ
っ
と
見
つ
め
て
い
た
 °
  
い
勢
い
で
彼
女
は
僕
の
横
 
川
萩
さ
ん
の
居
な
い
方
に
や
っ
て
来

   

  
し
ま
っ
た
分
 
今
更
妹
み
た
い
に
甘
え
づ
ら
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
  
仕
方
が
な
か
っ
た
ら
し
い
の
だ
が
最
初
に
姉
ら
し
い
風
を
装
っ
て
  
言
う
 °
本
当
は
会
っ
た
時
か
ら
こ
の
よ
う
な
感
じ
で
甘
え
た
く
て
  
の
膝
に
乗
っ
て
丸
く
な
り
 
嬉
し
そ
う
な
顔
で
眠
り
な
が
ら
そ
う
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
瑠
璃
ち
ゃ
ん
は
ま
る
で
子
猫
の
よ
う
に
僕
  
 
  
経
つ
に
つ
れ
て
言
い
づ
ら
く
な
っ
て
し
ま
っ
て
:
:
:
:
 
  
 
だ
か
ら
私
は
 
妹
な
ん
で
す
よ
 °
本
当
は
 °
な
ん
だ
か
時
間
が
  
 
  
み
た
い
で
あ
る
 °
  
ま
ま
ズ
ル
ズ
ル
と
流
れ
て
行
っ
て
 
こ
の
よ
う
な
関
係
に
な
っ
た
  
い
ん
だ
が
 
僕
は
聞
か
な
か
っ
た
み
た
い
で
あ
る
 °
そ
し
て
そ
の
  
所
は
 
姉
で
は
な
い
か
も
 
と
言
う
部
分
を
出
し
て
は
い
た
ら
し
  
 
そ
の
時
に
 
姉
:
:
:
:
多
分
 
と
言
っ
て
い
た
し
 
一
応
の
  
 
  
く
な
り
ま
し
て
:
:
:
:
 
  
 
な
 
な
ん
だ
か
可
愛
く
て
 
つ
 
つ
い
:
:
:
:
姉
を
装
い
た
  
 
  
言
い
出
せ
な
く
な
っ
た
み
た
い
で
あ
る
 °
  
い
で
あ
る
 °
そ
し
て
僕
と
出
会
っ
て
 
そ
の
時
に
妹
で
あ
る
事
を

   

  
 
  
事
が
出
来
な
か
っ
た
と
言
う
事
だ
そ
う
だ
 °
  
が
姉
の
よ
う
に
な
っ
て
い
る
事
を
知
っ
て
 
妹
の
よ
う
に
接
す
る
  
璃
の
よ
う
に
妹
と
し
て
接
し
よ
う
と
し
て
 
調
べ
て
み
た
ら
瑠
璃
  
に
思
っ
て
い
て
ど
う
に
か
し
て
会
お
う
と
思
っ
て
い
て
何
と
か
瑠
  
ん
か
ら
兄
で
あ
る
僕
の
事
を
聞
い
て
い
て
 
僕
の
事
を
兄
の
よ
う
  
ゃ
ん
も
僕
の
背
中
か
ら
寄
り
か
か
る
 °
彼
女
と
し
て
は
瑠
璃
ち
ゃ
  
 
そ
う
言
っ
て
 
背
中
か
ら
悲
し
い
よ
|
と
言
い
つ
つ
 
志
保
ち
  
 
  
て
ま
す
ね
|
 
  
 
あ
ぁ
|
!
 
お
兄
さ
ん
 
ま
た
瑠
璃
ち
ゃ
ん
の
方
ば
っ
か
り
見
  
 
  
な
の
だ
が
 °
  
た
っ
て
い
て
 
か
な
り
我
慢
し
て
い
る
方
と
し
て
は
き
つ
い
光
景
  
無
駄
に
そ
の
大
き
な
胸
が
強
調
さ
れ
て
膝
の
上
か
ら
お
腹
へ
と
当
  
寄
り
か
か
る
姿
と
言
う
の
は
 
凄
く
意
外
で
あ
る
 °
と
言
う
か
 
  
胸
を
持
っ
た
少
女
が
 
猫
の
よ
う
に
膝
の
上
に
丸
ま
っ
て
自
分
に
  
 
と
言
う
か
 
自
分
の
目
の
前
で
1
9
0
c
m
く
ら
い
の
大
き
な
  
え
て
い
る
み
た
い
だ
 °
  
ら
し
い
 °
今
は
も
う
妹
だ
と
僕
に
知
ら
れ
た
の
で
思
う
存
分
 

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
:
:
:
:
全
く
も
っ
て
 
我
が
妹
は
や
や
こ
し
い
限
り
で
あ
る
 °
  
 
  
と
す
る
 °
  
と
後
ろ
を
向
か
れ
た
と
す
ね
た
感
じ
で
瑠
璃
が
前
を
向
か
せ
よ
う
  
 
僕
は
彼
女
の
胸
も
背
中
か
ら
感
じ
つ
つ
 
後
ろ
を
向
く
 °
す
る
  
 
今
で
は
思
い
っ
き
り
甘
え
ら
れ
て
彼
女
も
嬉
し
そ
う
で
あ
る
 °
  
 
  
 
ま
ぁ
 
そ
れ
も
今
と
な
っ
て
は
関
係
な
い
け
れ
ど
も
ね
|
♪
 

  > ≫