大
人
と
子
供
の
対
決
 °
浦
島
太
郎
は
大
人
気
な
く
本
気
で
戦
っ
  
 
  
を
込
め
て
 
そ
い
つ
ら
を
亀
か
ら
追
っ
払
っ
た
 °
  
 
そ
う
思
い
な
が
ら
 
亀
を
い
じ
め
て
る
子
供
達
に
日
頃
の
恨
み
  
 
  
て
決
め
て
る
だ
け
な
ん
だ
よ
!
∨
  
 
誰
が
童
貞
だ
!
 
俺
は
な
ぁ
 
初
め
て
は
巨
乳
の
お
姉
さ
ん
っ
  
え
か
!
  
∧
あ
の
ガ
キ
!
 
人
の
事
を
童
貞
だ
の
言
っ
て
た
ガ
キ
達
じ
ゃ
ね
  
 
  
 
浦
島
太
郎
は
亀
を
い
じ
め
て
た
子
供
達
を
見
て
 
  
が
亀
を
い
じ
め
て
お
っ
た
 °
  
 
あ
る
日
 
浦
島
太
郎
が
海
辺
を
歩
い
て
い
る
と
 
村
の
子
供
達
  
 
  
そ
う
な
 °
  
 
あ
る
所
に
 
浦
島
太
郎
と
言
う
無
類
の
女
好
き
の
漁
師
が
居
た
  
 
昔
 
昔
 °
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
浦
島
太
郎






















≪ <  

  
都
 
竜
宮
城
に
来
て
く
だ
さ
い
ま
せ
ん
か
!
?
 
  
 
浦
島
太
郎
様
!
 
助
け
て
い
た
だ
い
た
お
礼
に
 
ど
う
か
海
の
  
 
  
 
あ
|
ん
!
?
 
  
 
  
 
あ
 
あ
の
!
 
  
 
  
 
と
 
な
ん
か
壮
大
な
勘
違
い
を
し
て
い
た
 °
  
 
  
め
を
助
け
て
く
だ
さ
っ
た
!
 
こ
の
お
方
な
ら
ば
 
も
し
や
!
∨
  
∧
こ
 
こ
の
お
方
!
 
村
人
達
が
誰
一
人
助
け
な
か
っ
た
こ
の
私
  
 
  
 
そ
の
様
子
を
見
て
い
た
亀
は
:
:
:
:
  
 
  
で
 
そ
う
言
っ
て
追
っ
払
っ
た
 °
  
 
浦
島
太
郎
は
今
後
む
し
ゃ
く
し
ゃ
す
る
の
も
勘
弁
な
ら
な
い
の
  
 
  
 
二
度
と
姿
 
見
せ
ん
じ
ゃ
ね
え
ぞ
!
 
  
 
  
て
 
亀
か
ら
子
供
達
を
追
っ
払
っ
た
 °











   

  
 
  
 
や
は
り
こ
の
お
方
こ
そ
:
:
:
:
!
 
竜
宮
城
の
救
世
主
!
∨
  
間
で
は
な
い
!
  
 
初
対
面
の
私
に
対
し
て
こ
こ
ま
で
の
信
頼
さ
!
 
並
大
抵
の
人
  
躇
わ
な
い
と
は
!
  
∧
こ
 
こ
の
お
方
!
 
海
の
中
に
お
連
れ
す
る
の
に
 
な
ん
ら
躊
  
 
  
 
は
 
は
い
!
 
  
 
  
言
っ
た
 °
  
 
家
に
居
て
も
つ
ま
ら
な
い
と
思
っ
た
浦
島
太
郎
は
 
亀
に
そ
う
  
 
  
 
良
い
ぜ
!
 
案
内
し
ろ
!
 
  
 
  
て
き
た
∨
  
ら
え
っ
て
う
る
さ
い
だ
け
だ
し
 
そ
れ
に
海
の
都
に
興
味
が
湧
い
  
∧
竜
宮
城
か
:
:
:
:
 °
家
に
居
て
も
 
母
ち
ゃ
ん
に
早
く
嫁
も
  
 
  
 
亀
は
そ
う
浦
島
太
郎
に
お
願
い
す
る
 °
  
 

























   

  
 
  
と
呼
ぶ
に
は
程
遠
い
現
状
を
見
て
 
抗
議
の
声
を
あ
げ
た
 °
  
 
浦
島
太
郎
は
小
一
時
間
か
け
て
来
た
に
も
関
わ
ら
ず
 
全
く
都
  
 
  
っ
て
や
が
る
!
 
  
 
お
 
お
い
!
 
こ
れ
は
ど
う
言
う
事
だ
!
 
い
っ
た
い
ど
う
な
  
 
  
は
ど
こ
に
も
無
か
っ
た
 °
  
 
そ
し
て
そ
こ
に
は
 
竜
宮
城
の
シ
ン
ボ
ル
で
あ
る
乙
姫
様
の
姿
  
る
魚
達
の
姿
で
あ
っ
た
 °
  
の
群
れ
で
は
な
く
 
途
方
も
無
い
絶
望
感
に
打
ち
ひ
し
が
れ
て
い
  
 
し
か
し
 
そ
こ
で
浦
島
太
郎
を
待
っ
て
い
た
の
は
華
や
か
な
魚
  
 
  
城
に
到
達
し
た
 °
  
 
そ
う
し
て
 
小
一
時
間
ほ
ど
か
け
て
浦
島
太
郎
と
亀
は
 
竜
宮
  
 
  
っ
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
こ
う
し
て
浦
島
太
郎
は
亀
に
連
れ
ら
れ
て
 
竜
宮
城
へ
と
向
か
  
 
  
 
ち
な
み
に
亀
の
勘
違
い
っ
ぷ
り
も
拍
車
が
か
か
っ
て
い
た
 °


   

  
 
助
け
て
も
ら
っ
た
亀
は
 
浦
島
太
郎
な
ら
ば
乙
姫
を
救
え
る
と
  
太
郎
 °
  
で
あ
る
 °
そ
し
て
 
そ
れ
を
助
け
た
の
が
無
類
の
女
好
き
の
浦
島
  
そ
ん
な
事
も
知
ら
な
い
K
Y
の
子
供
達
に
亀
は
襲
わ
れ
て
い
た
の
  
で
 
ど
う
に
か
し
よ
う
と
地
上
の
者
に
助
け
を
求
め
に
行
っ
て
 
  
 
乙
姫
が
玉
手
箱
の
影
響
で
引
き
こ
も
り
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
  
ロ
|
ゼ
 °
  
 
そ
う
 °
昨
今
竜
宮
城
を
騒
が
し
て
る
問
題
は
 
乙
姫
様
の
ノ
イ
  
 
  
か
し
て
も
ら
お
う
か
と
思
い
ま
し
て
!
 
  
 
よ
っ
て
 
浦
島
太
郎
様
に
乙
姫
様
の
ノ
イ
ロ
|
ゼ
を
 
ど
う
に
  
手
に
負
え
な
い
始
末
!
  
イ
ロ
|
ゼ
に
な
っ
て
し
ま
い
ま
し
て
 
我
々
海
の
者
達
だ
け
で
は
  
 
そ
れ
以
来
 
す
っ
か
り
と
変
わ
り
果
て
し
ま
っ
た
す
っ
か
り
ノ
  
最
中
に
謝
っ
て
玉
手
箱
を
落
と
し
て
し
ま
っ
た
ん
で
す
よ
!
  
 
は
 
は
い
!
 
実
は
先
日
 
乙
姫
様
が
玉
手
箱
を
整
理
し
て
る
  
 
  
 
ま
さ
し
く
救
世
主
そ
の
も
の
!
∨
  
の
心
意
気
!
  
∧
や
は
り
!
 
姫
様
が
居
ら
れ
な
い
事
を
気
付
い
て
く
だ
さ
る
そ

   

  
太
郎
は
と
言
い
ま
す
と
 
  
 
さ
て
 
魚
達
に
よ
っ
て
乙
姫
様
の
部
屋
に
放
り
込
ま
れ
た
浦
島
  
 
  
乙
姫
様
の
部
屋
に
放
り
込
ま
れ
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
浦
島
太
郎
は
大
勢
の
魚
と
亀
の
期
待
を
受
け
て
 
  
 
  
 
さ
ぁ
!
 
浦
島
様
 
お
願
い
い
た
し
ま
す
!
 
  
 
  
移
動
さ
せ
る
 °
  
 
そ
し
て
 
浦
島
太
郎
の
袖
を
引
っ
張
っ
て
 
乙
姫
様
の
部
屋
に
  
浦
島
太
郎
の
元
へ
と
や
っ
て
来
る
 °
  
 
他
の
魚
達
も
亀
の
驚
く
べ
き
ほ
ど
の
心
酔
っ
ぷ
り
に
感
動
し
 
  
 
  
安
心
で
す
 
  
 
何
を
そ
ん
な
に
謙
遜
し
な
く
て
 
大
丈
夫
で
す
 °
浦
島
様
な
ら
  
 
  
 
は
ぁ
!
?
 
一
般
人
の
俺
じ
ゃ
あ
 
手
に
負
え
な
い
だ
ろ
!
?
 
  
 
  
で
あ
る
 °
  
解
釈
し
て
 
浦
島
太
郎
を
乙
姫
様
救
出
の
た
め
に
連
れ
て
来
た
の

   

  
 
  
た
 °
  
 
こ
の
女
性
こ
そ
 
か
の
有
名
な
竜
宮
城
の
主
 
乙
姫
様
で
あ
っ
  
だ
け
て
し
ま
っ
て
い
る
と
て
も
長
身
の
女
性
だ
っ
た
 °
  
 
髪
は
さ
ら
さ
ら
 
着
物
は
そ
の
大
き
す
ぎ
る
超
乳
に
よ
っ
て
は
  
 
そ
こ
に
居
た
の
は
 
長
身
の
超
乳
女
性
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
賊
な
ん
か
に
は
 
決
し
て
屈
し
た
り
は
し
な
い
な
の
!
 
  
 
ぞ
 
賊
か
な
の
!
 
だ
け
ど
 
こ
の
ボ
ク
 
乙
姫
様
は
そ
ん
な
  
 
  
 
そ
し
て
周
り
を
見
渡
す
と
 
そ
し
て
発
見
し
た
 °
  
 
浦
島
太
郎
は
大
音
声
の
せ
い
で
 
ひ
っ
く
り
返
っ
た
 °
  
 
突
如
 
部
屋
の
中
か
ら
大
声
が
響
い
た
 °
  
 
  
 
だ
 
誰
な
の
!
 
  
 
  
 
思
わ
ず
本
心
が
口
に
出
て
し
ま
う
く
ら
い
 
怒
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
あ
い
つ
ら
 
後
で
ぶ
っ
殺
す
 
  
 

























   

  
 
う
 
美
し
い
!
?
 
ボ
ク
が
?
 
  
 
  
ト
ラ
イ
ク
の
好
み
の
女
性
な
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
巨
乳
好
き
で
無
類
の
女
好
き
の
浦
島
太
郎
に
と
っ
て
は
 
ど
ス
  
 
  
だ
ろ
う
が
!
 
  
 
う
 
美
し
い
!
 
な
ん
だ
 
こ
の
美
し
さ
は
!
 
美
し
す
ぎ
る
  
 
  
て
引
き
こ
も
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
が
 
  
味
誇
り
に
思
っ
て
い
た
乙
姫
様
は
 
そ
の
自
分
の
身
体
に
絶
望
し
  
 
玉
手
箱
を
開
け
る
前
の
自
分
の
ス
レ
ン
ダ
|
な
身
体
を
あ
る
意
  
 
  
今
の
身
体
に
な
っ
た
の
で
ご
ざ
い
ま
す
 °
  
手
箱
 
 
胸
玉
手
箱
∧
む
ね
た
ま
て
ば
こ
∨
 
で
あ
り
ま
し
て
 
  
そ
れ
は
玉
手
箱
の
中
で
も
 
胸
を
異
常
な
ま
で
に
発
達
さ
せ
る
玉
  
 
そ
し
て
今
回
 
乙
姫
様
が
間
違
え
て
開
け
て
し
ま
っ
た
玉
手
箱
 °
  
た
ま
て
ば
こ
∨
 
と
言
う
の
で
す
が
 °
  
れ
は
人
の
歳
を
老
い
さ
せ
る
玉
手
箱
 
 
老
之
玉
手
箱
∧
お
い
の
  
の
他
に
も
 
多
く
の
種
類
が
あ
る
玉
手
箱
な
の
で
あ
り
ま
す
 °
  
 
実
は
玉
手
箱
と
は
昔
話
に
出
て
来
た
人
を
老
い
さ
せ
る
玉
手
箱

   

  
 
  
う
か
な
?
∨
  
の
身
体
と
も
良
く
や
っ
て
い
け
る
と
思
う
 °
少
し
 
信
じ
て
み
よ
  
∧
少
し
む
ち
ゃ
く
ち
ゃ
だ
け
ど
:
:
:
:
 °
こ
の
人
と
な
ら
 
  
 
  
 
そ
の
様
子
を
見
て
 
乙
姫
は
浦
島
太
郎
に
愛
着
が
湧
い
て
き
た
 °
  
う
浦
島
太
郎
 °
  
 
恥
ず
か
し
く
な
る
よ
う
な
台
詞
を
 
躊
躇
い
も
無
く
乙
姫
に
言
  
 
  
く
れ
!
 
  
 
さ
ぁ
 
乙
姫
 °
そ
の
魅
力
的
な
身
体
を
 
こ
の
ボ
ク
に
見
せ
て
  
見
て
い
る
と
 
俺
も
悲
し
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
う
 °
  
 
そ
ん
な
顔
を
し
な
い
で
く
れ
 
乙
姫
 °
君
の
悲
し
そ
う
な
顔
を
  
 
  
そ
う
な
顔
で
俯
い
た
 °
  
 
乙
姫
様
は
少
し
嬉
し
そ
う
に
し
て
い
た
け
れ
ど
 
す
ぐ
に
残
念
  
 
  
れ
ど
 
た
だ
の
お
世
辞
に
決
ま
っ
て
る
よ
ね
∨
  
∧
嘘
:
:
:
:
こ
ん
な
姿
の
ボ
ク
が
!
?
 
:
:
:
:
嬉
し
い
け
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
め
で
た
し
 
め
で
た
し
 °
  
し
た
と
さ
 °
  
 
こ
う
し
て
浦
島
太
郎
と
乙
姫
は
2
人
仲
良
く
幸
せ
に
暮
ら
し
ま
  
 
  
 
ボ
 
ボ
ク
で
良
け
れ
ば
:
:
:
:
 
  
 
  
 
さ
ぁ
 
乙
姫
!
 
俺
と
結
婚
し
よ
う
じ
ゃ
な
い
か
!
 




  > ≫