な
い
ん
だ
よ
 
昨
日
み
た
い
に
な
っ
ち
ゃ
う
か
も
  
 
先
輩
 
本
当
に
大
丈
夫
な
の
!
?
私
だ
っ
て
先
輩
は
守
り
き
れ
  
 
  
せ
い
で
 
佳
奈
は
取
り
乱
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
表
情
を
し
て
い
た
映
子
が
 
こ
の
よ
う
な
こ
と
を
言
っ
た
  
昨
日
帰
る
途
中
は
 
も
う
ど
こ
に
も
行
き
た
く
な
い
!
 
と
い
う
  
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
私
 
先
輩
に
謝
り
に
行
き
た
い
の
:
:
 
  
 
  
し
た
 °
  
そ
し
て
 
起
き
て
い
た
映
子
が
言
っ
た
こ
と
に
 
佳
奈
は
唖
然
と
  
た
映
子
の
分
の
夕
食
は
 
無
く
な
っ
て
い
た
 °
  
佳
奈
が
朝
早
く
起
き
た
頃
に
は
 
食
卓
に
ラ
ッ
プ
が
け
し
て
残
し
  
奈
は
映
子
を
そ
っ
と
し
て
お
く
こ
と
に
し
た
 °
し
か
し
 
  
起
こ
そ
う
と
思
っ
た
時
は
 
泣
き
疲
れ
た
の
か
眠
っ
て
い
て
 
  
篭
も
り
き
り
だ
っ
た
 °
佳
奈
が
夕
食
を
作
っ
て
映
子
を
  
家
に
つ
い
て
か
ら
 
映
子
は
昼
食
も
食
べ
ず
 
自
分
の
ベ
ッ
ド
に
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
混
乱
の
中
∧
番
外
∨


















≪ <  

  
映
子
の
出
来
る
だ
け
早
く
行
き
た
い
と
い
う
懇
願
の
せ
い
で
 
  
 
  
 
あ
 
朝
ご
は
ん
は
:
:
?
 
  
 
分
か
っ
た
よ
 °
じ
ゃ
あ
 
支
度
し
て
く
る
ね
っ
 
  
 
た
だ
 
私
も
 
責
任
は
と
れ
な
い
 
  
 
本
当
っ
!
?
 
  
 
先
輩
が
 
言
う
な
ら
:
:
 
  
 
  
映
子
は
懇
願
す
る
よ
う
な
 
上
目
遣
い
の
顔
に
な
っ
て
い
た
 °
  
子
の
困
惑
し
た
表
情
を
思
い
出
し
た
 °
今
は
 
  
佳
奈
は
昨
日
の
 
自
分
が
付
い
て
行
く
と
い
っ
た
時
に
見
せ
た
映
  
 
  
 
:
:
!
 
  
 
で
も
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
に
つ
い
て
き
て
欲
し
い
の
 
  
 
先
輩
:
:
 
  
:
:
 
  
 
そ
れ
は
:
:
そ
の
ぉ
:
:
昨
日
の
服
を
着
て
い
け
ば
 
大
丈
夫
  
 
あ
 
こ
ち
ら
こ
そ
:
:
ご
め
ん
 °
で
も
 
心
配
 
  
 
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
っ
!
:
:
 
  
し
れ
な
い
ん
だ
よ
!
?
 
















   

  
 
  
っ
て
:
:
 
  
私
と
佳
奈
ち
ゃ
ん
は
な
に
か
で
繋
が
れ
て
る
の
か
な
:
:
  
ち
ゃ
ん
は
そ
こ
に
い
て
く
れ
て
 
そ
れ
に
お
服
も
く
れ
て
:
:
あ
 
  
ご
め
ん
ね
 °
で
も
 
建
物
か
ら
出
て
き
た
時
に
 
佳
奈
  
 
だ
か
ら
 
ち
ょ
っ
と
嫌
だ
な
っ
て
思
っ
て
た
ん
だ
け
ど
:
:
あ
 
  
 
∧
私
は
先
輩
の
記
憶
の
中
で
は
あ
ま
り
積
極
的
じ
ゃ
な
い
ん
だ
∨
 
  
い
き
な
り
付
い
て
く
る
っ
て
い
う
か
ら
び
っ
く
り
し
ち
ゃ
っ
て
!
 
  
た
の
!
昨
日
は
 
今
ま
で
大
人
し
か
っ
た
佳
奈
ち
ゃ
ん
が
  
 
あ
 
う
ん
:
:
佳
奈
ち
ゃ
ん
が
一
番
頼
り
に
な
る
の
 
分
か
っ
  
:
 
  
 
そ
う
い
え
ば
 
ど
う
し
て
 
私
に
つ
い
て
き
て
欲
し
い
っ
て
:
  
 
  
の
服
が
 
ブ
カ
ブ
カ
で
 
肘
よ
り
少
し
先
ま
で
埋
ま
っ
て
い
る
 °
  
丈
が
少
し
長
い
の
か
 
も
と
も
と
上
腕
ま
で
を
覆
う
は
ず
  
そ
し
て
 
2
0
分
後
 
駅
に
向
か
っ
て
歩
く
二
人
 °
佳
奈
の
服
は
  
 
  
|
|
|
  
 
  
奈
の
朝
食
は
ト
|
ス
ト
一
枚
に
な
っ
た
 °










   

  
 
  
 
お
じ
さ
ん
た
ち
が
一
杯
|
 
  
 
う
わ
 
な
に
こ
れ
:
:
 
  
 
  
|
|
|
  
 
  
笑
み
だ
っ
た
 °
  
口
元
が
ほ
こ
ろ
ぶ
佳
奈
 °
映
子
が
呪
い
を
受
け
て
か
ら
初
め
て
の
  
 
  
み
た
い
な
の
感
じ
て
い
る
ん
だ
 
う
れ
し
い
:
:
∨
 
  
 
∧
先
輩
は
 
何
も
覚
え
て
な
い
み
た
い
だ
け
ど
 
何
か
赤
い
糸
  
 
変
な
佳
奈
ち
ゃ
ん
|
 
  
 
う
う
ん
 
い
い
の
 
  
 
え
?
あ
り
が
と
う
っ
て
 
私
が
い
う
言
葉
じ
ゃ
な
い
の
?
 
  
 
あ
 
な
ん
で
も
な
い
 °
あ
り
が
と
 
先
輩
:
:
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
:
:
 
  
 
私
 
何
言
っ
て
る
ん
だ
ろ
 
女
の
子
同
士
な
の
に
|
 
  
 
  
映
子
の
顔
が
真
っ
赤
に
な
る
 °














   

  
 
  
 
先
輩
っ
!
?
 
  
 
仕
方
な
い
ね
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
大
変
だ
け
ど
行
こ
っ
!
 
  
 
  
ご
協
力
を
:
:
 
  
大
変
混
雑
し
て
お
り
ま
す
 °
な
に
と
ぞ
 
ご
理
解
と
  
 
そ
の
た
め
 
当
路
線
で
も
振
替
乗
車
を
行
っ
て
お
り
 
列
車
が
  
 
  
 
う
ん
:
:
 
  
 
脱
線
事
故
だ
っ
て
|
怪
我
し
た
人
と
か
 
大
丈
夫
か
な
:
:
 
  
 
  
と
な
っ
て
お
り
ま
す
:
:
 
  
 
た
だ
い
ま
 
J
N
R
線
は
脱
線
事
故
の
影
響
で
運
転
見
合
わ
せ
  
 
  
す
る
と
 
案
内
放
送
が
流
れ
て
き
た
 °
  
 
  
 
普
段
は
 
こ
ん
な
に
混
ん
で
な
い
よ
ぉ
:
:
 
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
駅
の
ホ
|
ム
に
到
着
し
た
列
車
は
 
ス
|
ツ
姿
の
通
勤
客
で
一
杯

   

  
ポ
フ
ッ
:
:
  
 
  
後
ろ
の
客
に
よ
っ
か
か
る
形
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
次
の
瞬
間
 
車
両
が
激
し
く
揺
れ
 
映
子
は
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
 
  
 
  
し
く
揺
れ
ま
す
の
で
 
ご
注
意
く
だ
さ
い
 
  
 
ま
も
な
く
 
こ
の
列
車
の
終
着
駅
に
到
着
し
ま
す
 °
列
車
が
激
  
 
  
車
内
放
送
が
流
れ
た
 °
  
な
い
は
ず
な
の
で
 
逆
に
安
全
で
あ
る
 
と
思
っ
て
い
た
矢
先
 
  
占
め
ら
れ
て
い
た
 °
男
性
に
接
触
し
て
も
何
も
起
き
  
佳
奈
が
周
り
を
見
る
と
確
か
に
 
列
車
の
中
は
ほ
と
ん
ど
男
性
で
  
 
  
 
だ
|
い
じ
ょ
う
ぶ
だ
よ
っ
 
  
 
こ
ん
な
列
車
じ
ゃ
 
先
輩
 
守
れ
な
い
 
  
 
  
ま
れ
る
形
と
な
っ
た
 °
  
込
み
 
直
後
に
ド
ア
が
閉
ま
っ
た
 °
二
人
は
 
ド
ア
と
乗
客
に
挟
  
佳
奈
も
追
い
か
け
 
二
人
は
超
満
員
電
車
に
乗
り
  
映
子
は
電
車
の
開
い
て
い
る
ド
ア
に
駆
け
て
行
っ
て
し
ま
っ
た
 °

   

  
大
人
ら
し
い
声
で
返
し
た
 °
  
映
子
が
謝
る
と
 
女
性
は
2
0
代
後
半
程
度
の
若
々
し
い
が
少
し
  
 
  
初
め
て
よ
ね
ぇ
 
  
 
あ
な
た
 
大
丈
夫
?
こ
ん
な
に
こ
の
電
車
が
混
ん
だ
の
っ
て
 
  
 
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
:
:
 
  
 
  
た
ら
ず
に
済
ん
だ
よ
う
だ
 °
  
身
長
の
お
陰
で
 
J
か
ら
L
カ
ッ
プ
程
度
の
胸
は
直
接
映
子
に
当
  
は
明
ら
か
に
谷
間
の
線
が
見
え
る
 °
そ
の
高
め
の
  
シ
ワ
が
走
り
 
そ
の
上
か
ら
少
し
だ
け
は
み
出
し
た
乳
房
の
間
に
  
下
に
着
て
い
る
シ
ャ
ツ
と
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
に
も
水
平
に
  
な
い
が
∨
の
女
性
で
 
し
か
も
そ
の
胸
は
ス
|
ツ
を
押
し
広
げ
 
  
べ
る
ほ
ど
∧
映
子
と
佳
奈
が
い
る
の
で
一
点
で
は
  
悪
い
予
感
が
走
っ
た
 °
映
子
の
後
ろ
の
客
だ
け
が
 
紅
一
点
と
呼
  
も
の
が
当
た
っ
て
い
る
 °
佳
奈
は
 
そ
ち
ら
を
見
て
  
映
子
の
頭
に
は
 
誰
か
の
背
中
で
も
胸
板
で
も
な
く
 
柔
ら
か
い
  
 
  
 
 
え
っ
:
:
 
 
  
 

























   

  
 
  
 
は
ぃ
:
:
!
:
:
ぐ
ぅ
っ
!
:
:
 
  
 
だ
 
大
丈
夫
:
:
?
 
  
 
  
打
っ
た
の
か
と
疑
っ
た
女
性
が
声
を
か
け
る
 °
  
聞
こ
え
た
よ
う
だ
 °
ド
ア
に
く
っ
つ
い
た
状
態
の
映
子
が
 
頭
を
  
子
の
顔
は
見
え
な
い
よ
う
だ
っ
た
が
 
う
め
き
声
は
  
女
性
の
方
か
ら
は
自
分
の
胸
に
く
っ
つ
い
た
反
対
側
を
向
い
た
映
  
 
  
 
∧
先
輩
っ
:
:
!
∨
 
  
 
う
う
っ
:
:
 
  
 
っ
た
た
た
ぁ
:
:
ご
め
ん
ね
:
:
 
  
 
  
二
人
の
手
が
触
れ
合
っ
た
 °
  
ア
に
手
を
つ
い
た
 °
映
子
も
同
じ
よ
う
に
手
を
伸
ば
し
 
  
次
の
揺
れ
で
 
女
性
も
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
 
手
を
前
に
出
し
て
ド
  
 
  
 
気
を
つ
け
て
:
:
わ
ぁ
!
 
  
 
え
え
:
:
 
  
 

























   

  
 
  
し
か
隠
せ
て
い
な
い
 °
  
け
が
伸
び
た
細
す
ぎ
る
腕
に
引
っ
か
か
ら
ず
肩
く
ら
い
  
な
ら
佳
奈
の
腕
に
引
っ
張
ら
れ
て
伸
び
る
は
ず
の
袖
が
 
骨
格
だ
  
を
ド
ア
の
窓
に
押
し
付
け
 
痛
み
を
こ
ら
え
る
 °
元
々
  
の
背
は
 
女
性
の
そ
れ
と
ほ
ぼ
等
し
く
な
っ
た
 °
映
子
は
腕
と
手
  
色
の
長
髪
が
バ
サ
ッ
と
そ
の
長
さ
を
ま
し
た
 °
映
子
  
女
性
が
自
分
の
胸
を
押
さ
え
つ
け
て
離
す
と
 
そ
の
瞬
間
に
赤
茶
  
 
  
 
や
 
や
め
て
!
 
  
 
  
る
 °
  
映
子
の
頭
の
高
さ
が
上
が
り
始
め
 
女
性
の
胸
が
持
ち
上
げ
ら
れ
  
 
  
 
え
っ
:
:
何
 
こ
の
子
:
:
 
  
 
  
れ
た
 °
  
始
め
た
 °
そ
の
音
に
同
期
す
る
よ
う
に
映
子
の
頭
が
ガ
ク
ガ
ク
揺
  
た
り
す
る
よ
う
な
ボ
キ
ボ
キ
ッ
と
い
う
音
が
聞
こ
え
  
次
の
う
め
き
声
で
 
映
子
の
体
か
ら
関
節
が
外
れ
た
り
く
っ
つ
い

   

  
 
  
が
ざ
わ
つ
い
た
 °
  
痛
み
に
耐
え
ら
れ
な
く
な
っ
た
の
か
映
子
は
大
声
を
上
げ
 
周
り
  
 
  
 
お
っ
ぱ
い
 
き
つ
い
よ
ぉ
!
 
  
 
  
脂
肪
の
つ
い
た
腕
に
な
っ
た
 °
  
後
ろ
の
女
性
と
全
く
同
じ
ス
ラ
っ
と
し
た
 
し
か
し
十
分
に
  
バ
コ
と
い
う
音
が
聞
こ
え
て
く
る
の
が
止
ま
っ
た
か
と
思
う
と
 
  
潰
れ
た
ペ
ッ
ト
ボ
ト
ル
を
膨
ら
ま
せ
る
よ
う
な
バ
コ
  
と
言
う
と
 
腕
が
部
分
部
分
で
バ
ラ
バ
ラ
に
脂
肪
が
つ
き
始
め
る
 °
  
 
  
 
う
 
う
で
:
:
膨
ら
む
っ
:
:
 
  
 
  
映
子
に
注
目
が
集
ま
り
始
め
た
 °
  
う
な
腕
を
見
て
大
声
を
上
げ
て
し
ま
う
 °
そ
し
て
 
段
々
  
映
子
は
声
を
押
し
殺
そ
う
と
す
る
が
 
女
性
は
骨
と
皮
だ
け
の
よ
  
 
  
 
や
っ
:
:
な
ん
で
こ
ん
な
に
細
い
の
!
 
  
 
く
っ
:
:
き
ゅ
っ
:
:
 















   

  
 
お
っ
ぱ
い
が
 
え
ぐ
れ
ち
ゃ
う
!
 
  
 
  
慎
重
に
な
る
が
 
今
回
は
単
に
下
手
な
運
転
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
着
駅
で
は
諸
々
の
事
情
で
運
転
士
が
停
止
位
置
に
  
ブ
レ
|
キ
は
か
か
っ
た
途
端
に
解
除
さ
れ
 
ま
た
か
か
っ
た
 °
  
 
  
 
い
や
ぁ
っ
!
 
  
 
  
ギ
ュ
ッ
と
歪
ん
だ
 °
  
体
が
動
い
た
の
に
乳
房
は
ド
ア
に
く
っ
つ
い
た
ま
ま
で
 
横
に
ム
  
て
 
次
の
瞬
間
 
ブ
レ
|
キ
が
か
か
る
と
 
映
子
の
  
乳
房
の
前
の
部
分
は
窓
ガ
ラ
ス
で
平
ら
に
潰
さ
れ
て
い
た
 °
そ
し
  
 
  
 
お
っ
ぱ
い
が
 
つ
ぶ
さ
れ
ち
ゃ
う
!
 
  
 
  
部
分
か
ら
服
が
ム
ク
ッ
ム
ク
ッ
と
横
に
伸
び
て
い
た
 °
  
っ
た
が
 
体
と
ガ
ラ
ス
の
間
に
隙
間
が
生
ま
れ
 
胸
の
  
映
子
は
そ
の
胸
を
ド
ア
の
ガ
ラ
ス
に
押
し
付
け
る
よ
う
な
状
態
だ
  
 
  
 
∧
先
輩
 
か
わ
い
そ
う
:
:
∨
 












   

  
 
  
出
さ
れ
 
映
子
は
転
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
出
た
 °
さ
ら
に
列
車
の
中
か
ら
出
よ
う
と
す
る
客
に
二
人
は
押
し
  
さ
ん
ざ
ん
歪
ま
さ
れ
て
い
た
乳
房
が
ボ
ン
ッ
と
前
に
  
ド
ア
が
開
く
と
同
時
に
 
服
は
胸
の
部
分
か
ら
破
れ
て
し
ま
い
 
  
 
  
ビ
リ
ビ
リ
ビ
リ
:
:
ボ
ン
ッ
  
 
  
し
か
も
 
映
子
が
い
た
方
の
ド
ア
が
降
り
口
だ
っ
た
 °
そ
し
て
 
  
 
  
 
い
 
い
や
ぁ
:
:
 
  
 
  
た
 °
  
最
後
に
電
車
が
ガ
タ
ン
ッ
と
止
ま
る
と
 
ビ
リ
ッ
と
い
う
音
が
し
  
を
受
け
て
 
と
こ
ろ
ど
こ
ろ
が
ほ
つ
れ
始
め
て
い
た
 °
  
上
げ
て
い
る
の
は
映
子
だ
け
で
は
な
か
っ
た
 °
服
も
何
回
も
衝
撃
  
に
引
っ
張
ら
れ
 
大
き
く
な
っ
た
 °
そ
し
て
 
悲
鳴
を
  
ブ
レ
|
キ
が
か
か
っ
た
り
緩
ん
だ
り
す
る
た
び
に
乳
房
は
左
に
右
  
 
  
 
∧
先
輩
っ
∨
 



















   

  
そ
の
一
瞬
の
変
化
に
 
人
の
流
れ
が
止
ま
っ
た
の
も
気
に
せ
ず
 
  
ら
み
が
ブ
ル
ッ
と
出
て
き
た
 °
  
バ
サ
ッ
と
長
く
な
り
 
尻
が
震
え
れ
ば
 
丸
い
重
量
感
の
あ
る
膨
  
全
体
が
ム
リ
ム
リ
ッ
と
膨
ら
み
 
髪
が
ざ
わ
つ
い
て
  
な
っ
た
 °
胸
の
突
起
が
大
き
く
な
っ
た
か
と
思
え
ば
 
そ
の
周
り
  
た
 °
そ
し
て
 
佳
奈
の
体
は
一
瞬
に
し
て
大
き
く
  
映
子
が
目
を
上
げ
る
と
 
上
半
身
裸
に
な
っ
た
佳
奈
が
立
っ
て
い
  
 
  
 
も
う
や
だ
ぁ
:
:
え
っ
:
:
 
  
 
先
輩
を
:
:
一
人
に
 
さ
せ
な
い
:
:
 
  
 
  
い
た
 °
  
う
人
々
の
視
線
は
 
痛
い
ほ
ど
に
映
子
に
向
け
ら
れ
て
  
な
か
っ
た
 °
事
実
 
何
も
な
か
っ
た
よ
う
に
通
り
過
ぎ
る
の
を
装
  
い
た
が
 
そ
れ
よ
り
も
映
子
は
羞
恥
心
に
耐
え
切
れ
  
転
ん
だ
衝
撃
は
今
は
ム
ニ
ュ
ッ
と
潰
れ
て
い
る
乳
房
が
吸
収
し
て
  
 
  
 
う
わ
ぁ
ぁ
ん
!
な
ん
で
!
ど
う
し
て
ぇ
!
 
  
 
先
輩
 
だ
い
j
:
:
 
  
 
う
 
う
ぅ
:
:
 


















   

  
に
 
早
く
行
き
た
い
場
所
が
あ
る
 
と
 
ま
る
で
男
の
ツ
ボ
を
抑
  
込
め
な
か
っ
た
上
に
ス
タ
イ
リ
ッ
シ
ュ
に
な
っ
た
映
子
  
事
務
所
ま
で
御
用
と
な
っ
た
 °
し
か
し
結
局
駅
員
は
事
情
を
飲
み
  
た
が
 
あ
の
巨
乳
の
女
性
に
呼
ば
れ
た
駅
員
に
  
そ
の
服
を
映
子
が
着
た
後
 
佳
奈
は
元
の
姿
に
戻
り
服
を
着
直
し
  
 
  
 
す
ご
い
ね
:
:
ま
た
助
け
て
く
れ
た
:
:
 
  
 
  
佳
奈
は
も
う
一
着
カ
バ
ン
か
ら
同
じ
服
を
取
り
出
し
た
 °
  
 
  
 
う
ん
:
:
あ
と
 
こ
れ
:
:
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
:
:
あ
り
が
と
:
:
 
  
 
  
そ
れ
で
も
映
子
の
心
に
響
く
も
の
だ
っ
た
 °
  
そ
の
一
言
は
 
こ
の
状
況
に
お
い
て
は
病
的
な
も
の
だ
っ
た
が
 
  
 
  
 
先
輩
が
辱
め
を
受
け
る
こ
と
が
あ
れ
ば
 
私
も
一
緒
に
受
け
る
 
  
 
  
ム
ニ
ッ
と
潰
れ
る
の
も
気
に
せ
ず
 
抱
き
し
め
た
 °
  
佳
奈
は
映
子
を
抱
き
上
げ
 
互
い
の
乳
房
が









   

  
 
も
う
 
先
輩
っ
た
ら
:
:
 
  
 
う
ん
 
実
は
:
:
 
  
 
  
気
で
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
を
自
分
の
目
の
真
横
で
見
て
い
る
佳
奈
は
そ
の
せ
い
で
気
が
  
大
き
く
ユ
ッ
サ
ユ
ッ
サ
と
揺
れ
て
い
た
 °
  
か
ら
出
て
い
る
2
つ
の
球
体
は
 
あ
ま
り
拘
束
さ
れ
ず
  
フ
リ
|
ス
の
よ
う
な
服
の
せ
い
で
形
を
強
調
さ
れ
た
 
映
子
の
胸
  
な
に
せ
 
佳
奈
が
用
意
し
た
の
は
服
だ
け
で
 
  
佳
奈
は
 
先
程
か
ら
悶
々
と
し
た
視
線
を
周
り
か
ら
感
じ
て
い
た
 °
  
奈
は
驚
愕
し
た
 °
  
部
屋
の
前
に
着
い
た
と
こ
ろ
で
映
子
か
ら
発
せ
ら
れ
た
言
葉
に
佳
  
 
  
 
え
 
い
る
か
分
か
ら
な
い
の
?
 
  
 
先
輩
 
い
る
か
な
ぁ
 
  
 
  
|
|
|
  
 
  
向
か
う
こ
と
が
で
き
た
 °
  
え
て
い
る
よ
う
な
迫
り
方
を
さ
れ
て
 
す
ぐ
に
大
学
へ
と




   

  
 
  
す
 °
漢
字
は
 
違
っ
て
そ
う
で
す
け
ど
ね
っ
 
  
 
ご
丁
寧
に
ど
う
も
 °
奇
遇
で
す
ね
 
私
も
カ
ナ
っ
て
言
う
ん
で
  
お
世
話
に
な
っ
て
ま
す
 
  
 
佳
奈
と
言
い
ま
す
 °
高
校
2
年
生
で
す
 °
い
つ
も
映
子
先
輩
が
  
イ
ト
の
:
:
 
  
 
え
え
 
い
ろ
い
ろ
あ
っ
て
 °
あ
と
 
こ
の
子
は
私
の
ル
|
ム
メ
  
た
わ
ね
 
映
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
お
 
こ
ん
な
朝
早
く
か
ら
:
:
っ
て
 
ず
い
ぶ
ん
大
き
く
な
っ
  
 
  
た
 °
体
型
的
に
は
普
通
だ
 °
  
中
に
は
少
し
カ
|
ル
が
か
か
っ
た
セ
ミ
ロ
ン
グ
の
女
子
生
徒
が
い
  
 
  
 
お
邪
魔
し
ま
す
 
  
 
  
ガ
チ
ャ
ッ
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
失
礼
し
ま
|
す
 
  
 
わ
か
っ
た
 
  
 
あ
と
 
今
日
は
 
部
室
ま
で
来
て
も
い
い
よ
?
 






   

  
 
え
 
な
に
な
に
 
も
う
一
人
の
カ
ナ
ち
ゃ
ん
 
何
が
で
き
る
の
?
 
  
 
今
の
:
:
先
輩
よ
り
!
?
 
  
 
大
き
く
な
っ
て
み
て
 
今
の
私
よ
り
!
 
  
 
え
っ
 
私
?
 
  
 
そ
れ
は
:
:
佳
奈
ち
ゃ
ん
!
 
  
何
 
そ
の
秘
策
っ
て
 
  
 
そ
う
だ
っ
た
の
:
:
い
い
わ
 
私
か
ら
伝
え
て
お
く
わ
 °
あ
と
 
  
明
日
か
ら
は
秘
策
が
あ
り
ま
す
し
 
  
:
:
今
日
は
そ
の
謝
罪
に
来
た
ん
で
す
 °
そ
れ
に
 
  
 
い
い
え
 
私
も
 
な
ん
に
も
言
わ
ず
に
飛
び
出
し
て
し
ま
っ
て
  
つ
け
て
く
れ
な
い
と
い
け
な
い
わ
 
  
 
そ
れ
は
 
災
難
だ
っ
た
わ
ね
 °
あ
の
子
も
も
う
ち
ょ
っ
と
気
を
  
 
あ
の
:
:
こ
う
い
う
こ
と
が
あ
っ
て
で
す
ね
:
:
 
  
っ
て
 °
何
か
あ
っ
た
の
?
 
  
出
し
に
行
っ
た
わ
 °
あ
と
 
昨
日
の
こ
と
は
ご
め
ん
  
 
学
祭
に
出
す
の
の
テ
|
マ
が
決
ま
っ
て
 
徹
夜
用
物
資
を
買
い
  
 
そ
う
い
え
ば
ナ
カ
ち
ゃ
ん
先
輩
 
さ
|
や
さ
ん
は
?
 
  
 
  
た
 °
  
そ
う
い
っ
て
カ
ナ
が
見
せ
た
紙
に
は
 
 
夏
菜
 
と
書
い
て
あ
っ

   

  
る
映
子
と
同
じ
く
ら
い
に
な
っ
た
 °
  
佳
奈
の
胸
が
ム
ク
ム
ク
ッ
と
大
き
く
な
り
 
大
人
し
く
待
っ
て
い
  
 
  
 
は
 
は
い
 
  
 
つ
ま
ら
な
い
話
は
お
い
と
い
て
 
続
き
続
き
!
 
  
 
な
る
ほ
ど
 
  
あ
だ
名
が
 
ナ
カ
ナ
 
に
な
っ
て
 
そ
れ
で
今
に
至
る
わ
 
  
て
い
い
間
違
え
そ
う
に
な
っ
た
人
が
い
て
 
そ
れ
で
  
だ
か
忘
れ
ち
ゃ
っ
た
け
ど
 
私
の
こ
と
 
ナ
:
:
カ
ナ
ち
ゃ
ん
!
 
  
で
し
ょ
?
だ
か
ら
 
私
が
入
学
し
た
て
の
時
 
  
 
ほ
ら
 
私
の
夏
菜
っ
て
名
前
の
一
文
字
目
 
ナ
ツ
っ
て
読
め
る
  
 
ナ
カ
:
:
 
  
 
ナ
カ
で
い
い
わ
 
  
 
驚
か
な
い
ん
で
す
か
?
そ
の
:
:
 
  
 
お
お
 
す
ご
い
!
佳
奈
ち
ゃ
ん
は
 
自
分
で
変
身
で
き
る
の
ね
!
 
  
 
  
佳
奈
は
ま
ず
身
長
を
伸
ば
し
た
 °
  
 
  
 
仕
方
な
い
 °
じ
ゃ
あ
 
ま
ず
は
 
  
 
見
て
て
く
だ
さ
い
 °
ほ
ら
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 








   

  
 
お
化
け
:
:
 
  
な
い
わ
 
  
か
 
映
ち
ゃ
ん
を
お
化
け
扱
い
す
る
人
は
こ
の
サ
|
ク
ル
に
は
い
  
っ
ち
ゃ
っ
た
わ
 °
で
も
 
話
の
タ
イ
ミ
ン
グ
が
良
か
っ
た
お
か
げ
  
 
そ
う
そ
う
 
あ
ん
ま
り
痛
が
る
か
ら
 
救
急
車
呼
び
そ
う
に
な
  
 
な
ん
か
:
:
阿
鼻
叫
喚
な
風
景
が
:
:
 
  
わ
か
る
わ
よ
ね
 
  
た
|
?
 
と
言
っ
て
頭
を
な
で
た
ら
:
:
同
棲
し
て
い
る
人
な
ら
  
 
そ
う
:
:
そ
の
子
が
 
映
ち
ゃ
ん
も
大
き
く
な
っ
て
み
た
か
っ
  
 
ほ
ら
 
昨
日
言
っ
て
た
先
輩
だ
よ
!
 
  
良
い
ん
だ
け
ど
 
  
っ
て
い
う
部
員
の
子
で
 
そ
の
子
は
ス
タ
イ
ル
が
  
笑
い
話
だ
っ
た
ん
だ
け
ど
 
そ
の
時
に
さ
|
や
が
 
あ
 
沙
耶
香
  
子
に
な
っ
ち
ゃ
う
夢
を
見
た
 
っ
て
 
言
っ
た
の
 °
  
に
い
た
女
の
子
や
お
ば
あ
ち
ゃ
ん
が
み
ん
な
ボ
ン
キ
ュ
ッ
ボ
ン
の
  
た
時
に
 
い
き
な
り
自
分
が
爆
乳
に
な
っ
て
 
周
り
  
 
あ
|
そ
れ
ね
 
う
ち
の
彼
氏
持
ち
の
部
員
が
 
映
画
館
に
行
っ
  
 
え
っ
と
 
あ
と
な
ん
で
驚
か
な
い
か
を
一
応
:
:
 
  
 
壮
観
ね
ぇ
:
:
 
  
 

























   

  
く
る
 °
同
時
に
 
映
子
の
体
が
波
打
つ
よ
う
に
動
き
始
め
る
 °
  
う
ご
め
く
よ
う
な
グ
チ
ャ
グ
チ
ャ
し
た
音
が
聞
こ
え
て
  
そ
し
て
 
映
子
が
佳
奈
の
手
に
触
れ
た
 °
映
子
の
体
か
ら
何
か
が
  
 
  
 
そ
う
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
に
叶
う
人
な
ん
て
 
い
な
い
で
す
か
ら
 
  
っ
て
お
け
ば
い
い
の
ね
 
  
 
あ
 
分
か
っ
た
 °
映
ち
ゃ
ん
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
の
体
型
に
予
め
な
  
 
言
い
に
く
い
で
す
け
ど
 
多
分
そ
う
か
と
:
:
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
は
 
ど
こ
ま
で
も
大
き
く
な
り
そ
う
ね
 
  
 
  
1
割
増
の
大
き
さ
に
な
っ
た
 °
  
佳
奈
が
全
身
に
少
し
力
を
込
め
る
と
 
体
が
ム
ク
ッ
と
全
体
的
に
  
 
  
 
わ
か
っ
た
 
先
輩
 
  
大
き
く
な
っ
て
?
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
お
話
中
悪
い
ん
だ
け
ど
 
も
う
ち
ょ
っ
と
だ
け
  
 
な
る
ほ
ど
 
  
建
物
の
中
に
い
る
ん
で
す
も
の
 
  
み
た
い
ね
 °
だ
っ
て
 
い
き
な
り
知
ら
な
い
人
が
  
 
他
の
サ
|
ク
ル
の
子
は
 
映
ち
ゃ
ん
の
事
気
味
悪
が
っ
て
い
る

   

  
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
 
ナ
カ
さ
ん
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
こ
の
子
の
面
倒
 
ち
ゃ
ん
と
見
て
あ
げ
て
ね
 
  
よ
|
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
言
っ
て
も
 
通
学
途
中
に
大
き
く
な
る
の
嫌
で
す
  
け
に
な
っ
た
り
す
る
ん
だ
か
ら
 
  
 
別
に
い
い
の
よ
 
こ
う
い
う
日
常
へ
の
刺
激
が
創
作
の
き
っ
か
  
か
ら
ね
っ
 
  
 
ナ
カ
ち
ゃ
ん
先
輩
 
明
日
か
ら
は
 
最
初
か
ら
変
身
し
て
く
る
  
 
終
わ
っ
た
?
 
  
 
  
着
い
た
 °
  
く
な
っ
た
が
 
最
後
に
は
佳
奈
と
同
じ
サ
イ
ズ
に
落
ち
  
映
子
の
体
が
ボ
ン
ッ
と
大
き
く
な
り
 
一
瞬
の
間
佳
奈
よ
り
大
き
  
 
  
 
先
輩
っ
!
 
  
 
う
っ
:
:
ご
め
ん
な
さ
い
:
:
っ
:
:
だ
か
ら
:
:
う
わ
ぁ
っ
!
 
  
 
私
 
映
ち
ゃ
ん
の
体
か
ら
出
る
音
 
ま
だ
慣
れ
な
い
の
よ
ね
 
  
 
  
菜
は
耳
を
塞
い
だ
 °


















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
し
か
し
 
二
人
に
は
別
の
苦
難
が
待
ち
受
け
て
い
た
 °
  
 
  
 
∧
明
日
か
ら
は
 
先
輩
 
大
丈
夫
そ
う
:
:
∨
 
  
 
  
子
の
提
案
で
 
安
堵
を
覚
え
る
こ
と
が
で
き
た
 °
  
佳
奈
は
 
優
し
い
先
輩
に
恵
ま
れ
て
い
る
こ
と
 
そ
れ
以
上
に
映

  > ≫