と
答
え
た
 °
  
 
  
て
1
1
9
番
通
報
し
ま
し
た
 
  
ん
で
す
 °
気
づ
い
た
ら
 
主
人
が
目
の
前
で
倒
れ
て
て
:
:
慌
て
  
意
識
が
飛
ん
で
し
ま
っ
た
  
 
夕
食
を
食
べ
て
い
た
ら
 
急
に
変
な
声
が
聞
こ
え
て
 
そ
こ
で
  
 
  
人
の
女
性
は
 
  
テ
レ
ビ
ニ
ュ
|
ス
の
イ
ン
タ
ビ
ュ
|
へ
の
数
少
な
い
回
答
者
の
一
  
う
も
の
だ
っ
た
 °
  
女
性
で
 
全
て
が
そ
の
血
縁
者
の
意
識
が
無
く
な
っ
て
い
る
と
い
  
の
だ
 °
し
か
も
通
報
者
は
皆
  
病
院
に
 
1
分
以
内
で
2
0
件
ほ
ど
の
救
急
車
の
要
請
が
あ
っ
た
  
達
が
住
ん
で
い
る
地
域
の
  
上
げ
ら
れ
て
い
た
 °
朝
 
日
の
出
の
時
間
に
な
っ
た
途
端
 
絵
美
  
事
件
が
ニ
ュ
|
ス
に
取
り
  
一
応
各
自
の
家
に
帰
る
事
に
な
っ
た
そ
の
次
の
日
 
あ
る
奇
妙
な
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
混
沌
の
拡
大
と
終
わ
り

















≪ <  

  
が
大
き
く
な
っ
て
か
ら
で
  
 
お
嬢
様
 
今
は
ま
だ
動
く
の
は
危
険
で
す
 °
残
酷
で
す
が
 
  
け
ど
 
  
ま
だ
断
定
は
で
き
な
い
  
 
日
の
出
で
意
識
が
戻
っ
た
っ
て
 
由
里
の
変
身
に
そ
っ
く
り
 °
  
 
  
と
考
え
て
い
た
 °
  
ユ
リ
シ
ア
の
仕
業
で
あ
る
  
朝
 
絵
美
は
 
自
分
の
家
で
テ
レ
ビ
ニ
ュ
|
ス
を
見
て
 
こ
れ
が
  
 
  
|
|
|
  
 
  
始
ま
り
で
あ
っ
た
 °
  
は
後
に
起
き
る
危
機
の
  
者
ど
こ
ろ
か
負
傷
者
す
ら
い
な
か
っ
た
か
ら
だ
 °
し
か
し
 
こ
れ
  
は
何
も
な
か
っ
た
 °
死
亡
  
こ
の
ニ
ュ
|
ス
は
地
方
局
で
1
回
取
り
上
げ
ら
れ
た
だ
け
で
 
  
き
た
し
て
い
る
と
思
わ
れ
た
く
な
か
っ
た
の
で
あ
ろ
う
 °
  
は
 
精
神
に
異
常
を
  
他
の
回
答
者
も
同
じ
よ
う
な
こ
と
を
言
っ
た
 °
答
え
な
か
っ
た
人

   

  
る
か
も
し
れ
な
い
 °
そ
の
  
 
あ
そ
こ
に
い
れ
ば
 
ユ
リ
シ
ア
が
ま
た
ち
ょ
っ
か
い
出
し
て
く
  
 
お
嬢
様
?
あ
の
家
に
行
っ
て
ど
う
な
る
ん
で
す
か
?
 
  
 
あ
|
も
う
 
お
昼
ご
は
ん
食
べ
た
ら
由
里
の
家
に
行
こ
う
!
 
  
 
ま
だ
 
事
例
が
少
な
く
て
わ
か
り
ま
せ
ん
ね
:
:
 
  
 
な
ん
な
の
 
今
度
の
条
件
は
|
っ
!
 
  
 
  
た
 °
  
絵
美
の
部
屋
着
の
中
で
乳
房
が
ミ
チ
ミ
チ
っ
と
膨
ら
ん
で
き
て
い
  
 
  
な
い
|
っ
!
 
  
で
き
る
の
は
:
:
っ
て
ま
た
膨
ら
ん
で
き
た
|
っ
!
わ
け
わ
か
ん
  
:
:
多
分
 
私
達
以
外
に
何
か
  
 
事
が
大
き
く
な
っ
て
か
ら
っ
て
:
:
で
も
 
う
ん
 
そ
う
だ
ね
  
 
  
側
で
ニ
ュ
|
ス
を
見
て
い
た
高
木
が
ア
ド
バ
イ
ス
を
し
た
 °
  
 
  
で
す
か
ら
 
  
も
何
か
わ
か
ら
な
い
の
  
な
い
と
 
お
嬢
様
が
目
立
ち
す
ぎ
て
し
ま
い
ま
す
 °
新
し
い
呪
い

   

  
し
て
き
て
:
:
そ
の
後
は
可
愛
い
可
愛
い
っ
て
:
:
 
  
っ
て
い
っ
て
こ
れ
を
出
  
く
れ
な
か
っ
た
し
 °
だ
け
ど
 
数
分
で
お
母
さ
ん
が
若
い
時
の
服
  
僕
を
僕
だ
と
認
め
て
  
 
う
う
ん
 
僕
を
見
て
二
人
と
も
び
っ
く
り
し
て
た
よ
 °
最
初
は
 
  
の
様
子
だ
と
 
部
屋
ま
で
ぜ
|
ん
ぶ
変
わ
っ
て
た
と
か
?
 
  
ご
両
親
の
反
応
 °
そ
の
服
  
 
お
|
 
拓
也
!
来
て
く
れ
て
あ
り
が
と
う
ね
 °
ど
う
だ
っ
た
?
  
 
こ
ん
に
ち
は
|
 
  
 
  
る
拓
也
が
入
っ
て
き
た
 °
  
ロ
ン
グ
ヘ
ア
を
お
嬢
様
結
び
し
た
 
フ
リ
フ
リ
系
の
服
を
着
て
い
  
 
  
ガ
チ
ャ
ッ
  
 
  
そ
し
て
 
午
後
 
由
里
の
家
 °
絵
美
は
机
を
前
に
座
っ
て
い
た
 °
  
 
  
|
|
|
  
 
  
と
き
に
何
か
引
き
ず
り
出
し
て
き
て
や
る
!
 








   

  
 
ふ
ん
 
あ
の
程
度
じ
ゃ
 
世
紀
末
な
ん
て
程
遠
い
よ
 °
そ
の
前
  
 
ど
う
 
見
て
く
れ
た
?
私
の
仕
事
っ
ぷ
り
|
 
  
 
  
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
ま
た
赤
髪
の
女
性
が
い
き
な
り
現
れ
た
 °
絵
美
は
驚
き
の
あ
ま
り
  
 
  
 
こ
こ
に
い
る
よ
 
  
 
そ
れ
に
 
こ
ん
な
に
待
っ
た
の
に
ユ
リ
シ
ア
は
:
:
 
  
 
う
ん
:
:
 
  
だ
っ
た
し
 
  
先
輩
 
結
構
き
つ
そ
う
  
 
ん
で
 
あ
の
二
人
は
 
来
な
い
ら
し
い
よ
:
:
仕
方
な
い
か
 
  
 
:
:
 
  
 
だ
っ
て
事
実
じ
ゃ
ん
 
  
 
酷
い
!
お
母
さ
ん
に
も
そ
う
言
わ
れ
続
け
ら
れ
て
:
:
 
  
 
あ
ん
た
 
男
ら
し
い
と
こ
ろ
無
い
も
ん
ね
 
  
嬉
し
か
っ
た
み
た
い
 
  
の
子
に
な
っ
た
の
が
結
構
  
 
ど
う
や
ら
 
息
子
よ
り
娘
が
欲
し
か
っ
た
ら
し
く
て
 °
僕
が
女
  
 
な
に
 
そ
れ
 



















   

  
 
そ
ん
な
こ
と
言
わ
ず
に
さ
っ
さ
と
教
え
ろ
!
 
  
分
か
る
?
 
  
条
件
は
 
な
ん
だ
か
  
 
私
は
 
今
は
な
に
も
し
て
な
い
よ
 °
絵
美
の
 
呪
い
の
せ
い
 °
  
 
  
い
た
 °
  
と
肌
色
が
は
み
出
し
て
  
一
つ
飛
ん
で
い
っ
た
 °
胸
の
露
出
し
て
い
る
部
分
か
ら
は
プ
ク
ッ
  
な
り
 
服
の
ボ
タ
ン
が
  
絵
美
が
そ
う
叫
ん
だ
瞬
間
胸
の
膨
ら
み
は
更
に
ム
ク
ッ
と
大
き
く
  
 
  
 
な
に
す
る
の
 
ひ
ど
い
よ
っ
!
 
  
 
  
ブ
ル
ン
っ
と
揺
れ
 
ム
ク
ッ
と
ひ
と
ま
わ
り
大
き
く
な
っ
た
 °
  
胸
を
指
さ
す
と
 
そ
れ
は
  
ユ
リ
シ
ア
が
絵
美
の
自
然
状
態
で
す
で
に
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
る
  
 
  
 
あ
 
そ
ん
な
こ
と
言
っ
た
ら
|
 
  
や
る
ん
だ
か
ら
!
 
  
に
あ
ん
た
な
ん
か
倒
し
て
















   

  
く
れ
る
か
ら
!
 
  
 
あ
は
は
 
怒
っ
て
怒
っ
て
!
そ
う
す
れ
ば
マ
ス
タ
|
も
喜
ん
で
  
 
  
出
て
い
る
の
か
ひ
ょ
う
た
ん
型
に
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
  
ャ
|
の
下
か
ら
も
は
み
  
そ
の
間
に
も
シ
ャ
ツ
が
ど
ん
ど
ん
伸
び
て
い
き
 
乳
房
は
ブ
ラ
ジ
  
 
  
け
じ
ゃ
な
い
よ
 °
体
も
ね
 
  
 
実
害
な
ん
て
加
え
よ
う
と
し
た
ら
 
大
き
く
な
る
の
は
乳
房
だ
  
す
れ
ば
:
:
 
  
 
な
 
な
ん
て
こ
と
:
:
じ
ゃ
あ
 
あ
ん
た
を
本
当
に
倒
そ
う
と
  
マ
ス
タ
|
に
対
す
る
も
の
も
 
適
用
範
囲
内
だ
よ
 
  
じ
ゃ
な
く
っ
て
 
  
 
だ
い
た
い
当
た
り
か
な
|
?
条
件
は
 
敵
愾
心
 °
あ
 
私
だ
け
  
 
:
:
ま
さ
か
 
あ
ん
た
に
怒
っ
た
り
す
る
:
:
こ
と
?
 
  
 
  
に
な
っ
た
 °
  
詰
ま
っ
た
シ
ャ
ツ
が
顕
わ
  
す
る
と
さ
ら
に
2
つ
ボ
タ
ン
が
飛
ん
で
い
き
 
ミ
ッ
チ
リ
と
胸
が
  
 

























   

  
 
う
わ
ぁ
っ
!
 
  
 
  
た
 °
  
揺
れ
 
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
絵
美
は
地
面
に
仰
向
け
に
崩
れ
落
ち
  
大
化
し
た
乳
房
が
大
き
く
  
伸
び
 
足
は
ユ
リ
シ
ア
の
頭
の
上
を
空
振
り
し
た
 °
そ
の
上
 
  
瞬
間
に
手
足
が
ぐ
っ
と
  
絵
美
は
ユ
リ
シ
ア
の
頭
部
に
蹴
り
を
か
ま
そ
う
と
し
た
が
 
そ
の
  
 
  
 
ぐ
っ
:
:
お
 
お
り
ゃ
ぁ
あ
っ
!
 
  
 
な
ん
に
も
し
な
い
の
|
?
つ
ま
ん
な
い
の
|
っ
!
 
  
 
く
っ
:
:
 
  
し
ょ
う
け
ど
|
 
  
 
ほ
|
ら
ほ
|
ら
殴
っ
て
み
て
よ
!
ど
う
せ
何
も
で
き
な
い
ん
で
  
 
  
な
形
に
な
っ
た
 °
  
が
 
一
気
に
水
滴
の
よ
う
  
ビ
リ
ッ
と
音
が
し
 
真
ん
中
で
縛
ら
れ
て
い
た
よ
う
な
乳
房
の
形
  
 
  
 
む
か
つ
く
っ
:
:
う
わ
っ
 














   

  
る
だ
け
で
こ
ん
な
に
な
っ
  
 
く
や
し
い
っ
!
く
や
し
い
よ
ぉ
:
:
由
里
を
取
り
戻
そ
う
と
す
  
 
絵
美
ち
ゃ
ん
:
:
?
 
  
 
  
だ
っ
た
 °
絵
美
は
自
分
の
顔
を
手
で
覆
っ
た
 °
  
た
が
 
大
き
い
ま
ま
  
そ
し
て
ユ
リ
シ
ア
は
消
え
た
 °
絵
美
の
胸
は
そ
の
膨
ら
み
を
や
め
  
 
  
そ
ん
な
の
無
理
で
し
ょ
う
け
ど
?
じ
ゃ
|
ね
|
!
 
  
る
こ
と
ね
 °
ま
あ
 
  
 
平
穏
な
日
々
を
過
ご
し
た
か
っ
た
ら
 
私
の
こ
と
な
ん
か
忘
れ
  
 
く
 
く
や
し
い
っ
:
:
 
  
 
  
く
し
た
 °
  
さ
ら
に
ボ
ン
ッ
と
大
き
く
な
り
 
絵
美
の
上
半
身
全
体
を
覆
い
尽
  
除
い
た
足
で
踏
む
と
 
  
横
に
潰
れ
た
 °
ユ
リ
シ
ア
が
そ
れ
を
い
つ
の
間
に
か
甲
冑
を
取
り
  
開
放
さ
れ
た
乳
房
は
  
そ
し
て
 
ビ
リ
ッ
と
い
う
音
と
と
も
に
シ
ャ
ツ
が
肩
か
ら
破
け
た
 °
  
 

























   

  
黒
い
甲
冑
を
身
に
ま
と
っ
た
少
女
は
 
見
定
め
を
す
る
よ
う
な
仕
  
 
  
か
無
い
し
 
  
は
誰
に
し
よ
っ
か
な
|
 °
こ
れ
が
で
き
る
の
も
あ
と
2
 
3
回
し
  
た
ち
だ
っ
た
け
ど
 
今
日
  
 
そ
ろ
そ
ろ
お
仕
事
の
時
間
だ
!
昨
日
は
リ
ス
ト
上
に
あ
っ
た
人
  
 
  
空
は
夕
暮
れ
時
に
近
づ
き
 
オ
レ
ン
ジ
色
に
な
っ
て
い
た
 °
  
 
  
癖
に
な
っ
ち
ゃ
い
そ
う
!
 
  
て
 
見
て
て
爽
快
だ
な
|
 
  
 
楽
し
か
っ
た
ぁ
|
!
人
間
の
あ
あ
い
う
悔
し
そ
う
な
目
つ
き
っ
  
 
  
ユ
リ
シ
ア
は
 
街
の
上
を
飛
ん
で
い
た
 °
  
 
  
|
|
|
  
 
  
そ
の
手
の
脇
か
ら
 
一
筋
の
涙
が
流
れ
て
い
た
 °
  
 
  
ち
ゃ
う
な
ん
て
:
:
 

















   

  
言
っ
た
 °
  
女
が
答
え
る
よ
う
に
  
ユ
リ
シ
ア
は
そ
の
少
女
に
テ
レ
パ
シ
|
で
囁
い
た
 °
す
る
と
 
  
 
  
 
ヤ
セ
テ
ミ
タ
ク
ナ
イ
カ
?
 
  
っ
と
!
じ
ゃ
あ
お
決
ま
り
の
:
:
 
  
日
は
こ
の
人
か
ら
に
し
よ
  
 
こ
の
人
 
胸
は
小
さ
い
し
 
ち
ょ
っ
と
太
り
気
味
?
よ
し
 
  
 
  
浸
か
っ
て
い
た
 °
  
セ
ミ
ロ
ン
グ
の
女
子
大
生
く
ら
い
の
背
を
し
た
少
女
が
 
湯
船
に
  
し
ウ
ェ
|
ブ
が
か
か
っ
た
  
場
の
窓
か
ら
 
中
を
覗
き
こ
ん
で
い
た
 °
風
呂
場
の
中
で
は
 
  
っ
て
く
る
一
軒
家
の
風
呂
  
そ
し
て
 
空
が
暗
く
な
っ
た
頃
 °
ユ
リ
シ
ア
は
 
湯
け
む
り
が
登
  
 
  
|
|
|
  
 
  
ふ
ら
ふ
ら
と
飛
ん
で
い
っ
た
 °
  
草
を
し
な
が
ら
 



















   

  
 
  
 
∧
へ
っ
?
あ
あ
も
う
 
気
を
取
り
直
し
て
:
:
そ
れ
っ
!
∨
 
  
 
あ
ら
や
だ
 
私
に
も
こ
ん
な
能
力
が
?
 
  
 
  
す
る
と
 
臀
部
が
プ
ル
ン
と
上
か
ら
見
え
る
ほ
ど
大
き
く
な
っ
た
 °
  
 
  
尻
へ
直
行
!
∨
 
  
 
∧
あ
れ
 
反
応
が
お
か
し
い
な
:
:
で
も
:
:
そ
の
贅
肉
は
お
  
 
わ
ぁ
 
な
に
こ
れ
 
す
ご
い
わ
:
:
 
  
 
  
て
い
く
 °
  
少
女
の
少
し
プ
ニ
ッ
と
し
て
い
た
お
腹
の
部
分
が
 
す
っ
き
り
し
  
 
  
 
∧
じ
ゃ
あ
 
お
望
み
通
り
 
全
身
の
贅
肉
を
取
っ
て
|
∨
 
  
 
  
ユ
リ
シ
ア
は
ニ
ヤ
リ
と
口
を
歪
ま
せ
た
 °
  
 
  
っ
て
 
私
っ
た
ら
独
り
言
?
 
  
 
そ
う
ね
|
 
私
こ
の
頃
体
重
が
気
に
な
っ
て
き
ち
ゃ
っ
て
:
:
  
 

























   

  
 
  
母
親
だ
ろ
う
か
 
中
年
の
女
性
の
声
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
 
  
 
∧
お
っ
と
 
誰
か
来
た
:
:
∨
 
  
 
  
音
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
少
女
の
目
が
虚
ろ
に
な
っ
て
い
く
 °
す
る
と
 
風
呂
場
の
外
で
足
  
 
  
 
あ
れ
:
:
わ
た
し
:
:
ど
う
し
た
ん
だ
ろ
う
?
 
  
 
∧
よ
し
 
あ
と
は
 
男
の
人
に
け
し
か
け
る
だ
け
っ
と
∨
 
  
 
  
が
徐
々
に
水
面
の
上
に
姿
を
露
わ
に
し
て
い
た
 °
  
大
き
く
な
り
 
白
い
球
面
  
そ
れ
ま
で
は
ち
ょ
う
ど
よ
く
膨
ら
ん
で
い
た
胸
が
ム
ク
ム
ク
ッ
と
  
 
  
 
わ
ぁ
 
お
胸
が
膨
ら
ん
で
く
|
 
  
 
  
を
続
け
さ
せ
た
 °
  
っ
た
が
 
そ
の
ま
ま
変
身
  
変
身
さ
せ
れ
ば
さ
せ
る
ほ
ど
懐
疑
心
が
増
し
て
い
く
ユ
リ
シ
ア
だ

   

  
 
  
う
な
音
を
立
て
て
い
た
 °
  
が
入
っ
た
 °
さ
ら
に
 
胸
自
身
が
ド
ン
ッ
ド
ン
ッ
と
打
楽
器
の
よ
  
衝
撃
を
受
け
続
け
 
ヒ
ビ
  
更
に
大
き
く
な
る
胸
と
そ
の
脈
動
の
よ
う
な
動
き
で
 
風
呂
桶
は
  
 
  
 
∧
止
め
な
い
と
っ
:
:
で
 
で
も
 
こ
れ
は
こ
れ
で
:
:
∨
 
  
 
  
た
 °
  
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
す
ぐ
に
 
乳
房
は
風
呂
桶
を
覆
い
尽
く
し
  
び
に
ド
ン
ッ
ド
ン
ッ
と
  
そ
の
動
き
は
止
ま
ら
ず
 
ド
ク
ン
ド
ク
ン
と
伸
縮
を
繰
り
返
す
た
  
 
  
 
∧
私
 
ど
う
し
ち
ゃ
っ
た
の
:
:
!
∨
 
  
 
  
ク
ン
ッ
と
動
い
た
 °
  
膨
ら
み
が
止
ま
っ
て
き
て
い
た
少
女
の
胸
が
 
心
臓
の
よ
う
に
ド
  
 
  
 
∧
カ
ナ
:
:
?
あ
れ
 
私
の
力
 
止
ま
ら
な
い
よ
っ
:
:
∨
 
  
 
夏
菜
|
?
さ
っ
き
か
ら
ブ
ツ
ブ
ツ
言
っ
て
 
ど
う
し
た
の
?
 

   

  
占
め
る
頃
に
な
っ
て
 
少
女
の
洗
脳
が
醒
め
た
 °
  
積
の
半
分
く
ら
い
を
  
な
が
ら
 
さ
ら
に
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
乳
房
が
風
呂
場
の
容
  
た
椅
子
や
手
桶
を
破
壊
し
  
ほ
と
ん
ど
が
風
呂
桶
か
ら
出
て
し
ま
い
 
床
の
上
に
置
い
て
あ
っ
  
の
間
に
も
 
片
方
の
胸
は
  
ド
タ
ド
タ
し
た
足
音
が
聞
こ
え
 
声
が
遠
ざ
か
っ
て
い
っ
た
 °
  
 
  
 
あ
な
た
!
来
て
 
夏
菜
が
!
 
  
 
  
越
え
て
い
く
 °
  
胸
は
風
呂
桶
に
収
ま
ら
な
く
な
り
 
桶
の
縁
を
ズ
ル
ッ
ズ
ル
ッ
と
  
 
  
 
あ
 
開
か
な
い
っ
!
?
 
  
 
∧
お
っ
と
 
鍵
は
し
め
ち
ゃ
え
っ
と
∨
 
  
 
  
中
途
半
端
に
洗
脳
さ
れ
た
少
女
が
反
応
す
る
 °
  
 
  
 
お
:
:
母
さ
ん
:
:
?
 
  
 
夏
菜
 
ど
う
し
た
の
!
?
 














   

  
 
  
ド
ア
を
叩
き
始
め
た
 °
  
脈
動
で
ド
ン
ッ
ド
ン
ッ
と
  
そ
し
て
 
乳
房
は
ド
ア
に
ぶ
つ
か
る
ほ
ど
に
大
き
く
な
り
 
そ
の
  
 
  
 
な
 
な
ん
だ
こ
の
肌
色
の
:
:
 
  
 
  
ガ
ラ
ス
の
扉
の
向
こ
う
か
ら
も
見
え
る
よ
う
だ
 °
  
い
た
 °
そ
れ
は
 
曇
り
  
そ
の
頃
に
は
乳
房
は
部
屋
の
ほ
と
ん
ど
を
占
め
る
よ
う
に
な
っ
て
  
 
  
 
夏
菜
 
大
丈
夫
か
っ
!
?
今
 
助
け
て
や
る
か
ら
な
!
 
  
 
  
は
男
性
の
声
だ
 °
  
ど
ん
ど
ん
乳
房
は
大
き
く
な
る
 °
外
で
は
ま
た
声
が
し
た
 °
今
度
  
は
気
絶
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
し
か
し
 
脈
を
打
ち
続
け
る
乳
房
に
頭
を
突
き
飛
ば
さ
れ
 
今
度
  
 
  
 
あ
れ
 
な
に
 
こ
の
肌
色
の
:
:
重
い
:
:
キ
ャ
ッ
 
  
 

























   

  
そ
ん
な
こ
と
を
考
え
つ
つ
 
こ
の
ア
ク
シ
デ
ン
ト
に
ど
ん
ど
ん
魔
  
 
  
 
∧
お
っ
と
 
そ
ろ
そ
ろ
ま
ず
い
か
な
|
?
∨
 
  
 
  
そ
の
動
き
で
メ
キ
ッ
と
広
げ
ら
れ
て
い
く
 °
  
埋
め
尽
く
さ
れ
 
さ
ら
に
  
女
性
の
悲
鳴
が
聞
こ
え
る
 °
風
呂
場
の
入
り
口
は
乳
房
で
す
ぐ
に
  
 
  
 
あ
 
あ
な
た
|
っ
!
 
  
 
  
う
だ
 °
  
乳
房
が
ド
ア
を
破
壊
し
 
そ
の
ド
ア
は
男
性
を
突
き
飛
ば
し
た
よ
  
 
  
ド
|
ン
ッ
  
 
  
に
 
  
よ
う
だ
が
 
そ
の
一
瞬
前
  
父
親
と
思
わ
れ
る
男
性
は
体
当
り
し
て
扉
を
壊
そ
う
と
し
て
い
た
  
 
  
 
ば
 
バ
ケ
モ
ノ
が
っ
!
こ
の
ぉ
!
 











   

  
と
浴
室
の
壁
が
吹
き
飛
び
 
家
の
半
分
の
重
さ
が
肌
色
の
塊
に
身
  
 
  
ド
ォ
|
ン
ッ
!
  
 
  
す
る
と
 
つ
ぎ
の
脈
動
で
 
  
 
  
 
∧
そ
ろ
そ
ろ
他
の
と
こ
ろ
行
き
た
い
し
 
加
速
っ
と
∨
 
  
 
  
た
 °
  
浴
室
の
屋
根
が
吹
き
飛
び
 
2
階
部
分
ま
で
肌
色
が
侵
食
し
始
め
  
 
  
ク
ン
ッ
!
  
 
  
乳
房
が
一
回
縮
む
 °
次
の
瞬
間
 °
  
 
  
ド
:
:
  
 
  
尽
く
し
た
 °
  
注
い
で
い
く
ユ
リ
シ
ア
 °
そ
し
て
 
一
瞬
 
乳
房
は
浴
室
を
埋
め
  
力
と
い
う
名
の
油
を


















   

  
ベ
キ
ベ
キ
ッ
!
バ
ァ
ン
ッ
!
  
 
  
ユ
リ
シ
ア
は
先
ほ
ど
と
同
じ
よ
う
に
ふ
ら
ふ
ら
と
飛
ん
で
い
た
 °
  
 
  
な
っ
ち
ゃ
っ
た
∨
 
  
い
た
瞬
間
 
お
か
し
く
  
 
∧
私
 
ど
う
し
ち
ゃ
っ
た
ん
だ
ろ
?
カ
ナ
っ
て
い
う
名
前
を
聞
  
 
  
|
|
|
  
 
  
去
っ
て
い
た
 °
  
家
の
原
型
は
ほ
ぼ
崩
れ
  
に
は
家
の
壁
は
ほ
と
ん
ど
持
ち
上
げ
ら
れ
る
よ
う
に
破
壊
さ
れ
 
  
や
め
た
 °
し
か
し
そ
の
頃
  
ユ
リ
シ
ア
が
飛
び
立
っ
て
い
く
と
 
肌
色
の
塊
は
鼓
動
と
膨
張
を
  
 
  
 
∧
じ
ゃ
あ
 
こ
の
ま
ま
で
:
:
明
日
も
こ
よ
|
っ
と
!
∨
 
  
 
  
と
も
に
ギ
シ
ッ
ギ
シ
ッ
と
揺
れ
た
 °
  
を
委
ね
て
 
そ
の
動
き
と
















   

  
  
  
  
  
  
  
  
生
み
出
し
て
い
っ
た
 °
  
そ
の
ま
ま
ユ
リ
シ
ア
は
夜
の
街
を
飛
び
続
け
 
さ
ら
な
る
悪
夢
を
  
 
  
し
な
い
と
ね
∨
 
  
は
知
ら
れ
な
い
よ
う
に
  
 
∧
な
る
ほ
ど
 
そ
う
い
う
こ
と
か
 °
カ
ナ
 
ね
 °
あ
の
子
達
に
  
 
  
は
呪
い
を
制
御
し
き
れ
な
い
の
か
 
巨
大
化
し
た
佳
奈
が
い
た
 °
  
ち
ら
を
向
い
た
 °
そ
こ
に
  
何
か
建
築
物
が
破
壊
さ
れ
る
よ
う
な
音
が
し
て
 
ユ
リ
シ
ア
は
そ
  
 
  
 
∧
な
 
な
に
っ
?
∨
 
  
 

























  > ≫