に
住
む
猟
師
た
ち
が
 
中
に
住
む
 
狼
よ
り
は
強
い
が
低
レ
ベ
ル
  
は
立
派
な
も
の
だ
が
 
近
く
  
仕
事
は
も
っ
て
こ
い
だ
っ
た
 °
行
く
こ
と
に
な
る
洞
窟
も
 
名
前
  
イ
|
ラ
に
と
っ
て
は
 
こ
の
  
戦
闘
能
力
は
そ
こ
ま
で
高
く
な
い
が
 
洞
窟
探
検
を
得
意
と
す
る
  
  
わ
ね
:
:
:
:
 
  
 
う
|
ん
 
禁
断
の
洞
窟
で
あ
れ
ば
 
い
い
経
験
値
稼
ぎ
に
な
る
  
  
額
な
の
だ
が
 °
  
っ
て
は
全
財
産
く
ら
い
の
  
報
酬
も
そ
こ
ま
で
大
き
く
な
い
 °
|
|
と
言
っ
て
も
 
農
民
に
と
  
う
 
字
は
た
ど
た
ど
し
く
  
依
頼
掲
示
板
に
は
そ
う
書
か
れ
て
い
た
 °
農
民
が
書
い
た
の
だ
ろ
  
  
報
酬
は
5
0
0
G
 
  
 
き
ん
断
の
洞
く
つ
か
ら
 
ち
ち
の
剣
を
と
り
戻
し
て
ほ
し
い
 °
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
ち
ち
の
剣






















≪ <  

  
の
戦
法
だ
 °
狭
い
と
こ
ろ
で
あ
れ
ば
吹
き
矢
を
使
い
 
そ
う
で
な
  
急
所
を
狙
い
撃
つ
の
が
彼
女
  
小
柄
で
華
奢
な
体
を
駆
使
し
 
暗
が
り
に
隠
れ
て
そ
こ
か
ら
敵
の
  
  
 
う
|
ん
 
お
か
し
い
わ
 
  
  
|
|
|
  
  
洞
窟
に
出
か
け
て
い
っ
た
 °
  
を
調
達
し
 
依
頼
の
あ
っ
た
  
イ
|
ラ
は
 
洞
窟
の
中
で
野
営
す
る
こ
と
も
考
え
て
 
食
料
や
水
  
  
や
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
だ
 °
  
そ
こ
ま
で
変
わ
る
わ
け
で
は
な
い
 °
だ
か
ら
こ
そ
 
彼
女
自
身
が
  
ら
な
い
し
 
街
の
評
判
も
  
農
民
の
家
宝
を
持
ち
帰
る
と
い
う
の
は
あ
ま
り
い
い
稼
ぎ
に
は
な
  
正
義
を
尊
ぶ
精
神
に
響
い
た
 °
  
そ
れ
に
 
 
父
の
剣
 
を
取
り
戻
す
と
い
う
目
的
は
 
イ
|
ラ
の
  
で
き
ず
 
中
に
入
る
の
を
止
め
る
た
め
に
つ
け
た
名
前
だ
っ
た
 °
  
の
モ
ン
ス
タ
|
に
太
刀
打
ち















   

  
小
さ
い
と
い
う
よ
り
は
子
供
の
よ
う
に
ぺ
っ
た
ん
こ
だ
が
 °
と
に
  
 
胸
が
小
さ
く
て
正
解
だ
っ
て
 
つ
く
づ
く
思
う
わ
:
:
:
:
 
  
取
り
出
し
や
す
い
胸
元
に
忍
び
込
ま
せ
た
 °
  
し
も
の
時
に
備
え
て
 
  
高
価
で
は
あ
っ
た
が
 
命
に
換
え
ら
れ
る
も
の
は
何
も
な
い
 °
  
を
発
動
す
る
そ
れ
は
 
  
結
界
を
一
時
的
に
無
効
化
す
る
魔
法
書
だ
 °
少
し
の
魔
力
で
効
果
  
ま
で
の
探
検
で
拾
っ
て
い
た
 
  
召
喚
士
が
最
奥
に
い
る
の
だ
 °
そ
の
準
備
も
 
一
応
あ
る
 °
こ
れ
  
 
こ
れ
は
 
誰
か
黒
幕
が
い
る
わ
ね
:
:
:
:
 
  
  
召
喚
さ
れ
た
悪
魔
の
よ
う
に
 °
  
い
く
 °
ま
る
で
 
誰
か
に
  
か
ら
と
い
う
も
の
 
全
て
の
モ
ン
ス
タ
|
が
倒
す
と
塵
と
消
え
て
  
ず
な
の
だ
が
 
洞
窟
に
入
っ
て
  
モ
ン
ス
タ
|
も
生
き
物
で
あ
る
以
上
死
体
は
残
る
 °
:
:
:
:
は
  
で
倒
せ
る
 °
  
の
モ
ン
ス
タ
|
な
ら
 
一
撃
  
に
は
お
手
製
の
猛
毒
が
塗
っ
て
あ
る
 °
あ
る
程
度
ま
で
の
レ
ベ
ル
  
け
れ
ば
弓
を
使
う
 °
そ
の
矢















   

  
 
ま
 
ま
あ
い
い
わ
:
:
:
:
あ
ま
り
こ
こ
で
時
間
を
使
っ
て
い
  
  
い
な
か
っ
た
 °
  
つ
け
る
こ
と
が
で
き
て
  
は
ず
の
も
の
だ
が
 
イ
|
ラ
は
こ
れ
以
外
に
そ
れ
ら
し
き
剣
を
見
  
紛
れ
込
ん
で
い
る
程
度
の
  
農
民
の
剣
な
ど
 
ど
こ
か
し
こ
に
貯
め
ら
れ
て
い
る
財
宝
の
中
に
  
  
剣
を
見
つ
け
た
 °
  
大
き
な
円
形
の
空
間
の
ど
真
ん
中
に
突
き
立
っ
て
い
る
片
手
用
の
  
っ
て
も
過
言
で
は
な
い
ほ
ど
 
  
洞
窟
の
最
奥
部
に
つ
い
た
彼
女
は
 
も
う
お
あ
つ
ら
え
向
き
と
言
  
  
 
ア
レ
が
 
例
の
剣
:
:
:
:
?
 
  
  
く
 °
  
イ
|
ラ
は
 
こ
れ
ま
で
以
上
に
注
意
し
な
が
ら
前
へ
と
進
ん
で
い
  
  
な
け
れ
ば
魔
法
書
も
ス
ッ
と
取
り
出
せ
る
も
の
だ
 °
  
か
く
 
つ
か
え
る
も
の
が
















   

  
感
じ
る
イ
|
ラ
 °
身
の
毛
も
  
こ
れ
ま
で
目
に
し
て
き
た
ど
ん
な
魔
法
よ
り
も
 
禍
々
し
い
力
を
  
 
な
 
な
に
:
:
:
:
!
?
こ
の
魔
力
の
量
!
?
 
  
浮
い
た
の
だ
 °
  
前
で
光
を
放
ち
な
が
ら
宙
に
  
起
き
た
 °
い
き
な
り
剣
が
地
面
か
ら
飛
び
出
し
 
イ
|
ラ
の
目
の
  
で
数
歩
 
と
い
う
と
こ
ろ
で
  
だ
が
 
イ
|
ラ
が
想
像
も
し
て
い
な
か
っ
た
こ
と
が
 
あ
と
剣
ま
  
  
 
片
手
剣
に
見
せ
か
け
た
双
剣
か
し
ら
:
:
:
:
?
 
  
  
に
分
か
れ
そ
う
だ
っ
た
 °
  
が
入
っ
て
い
て
 
そ
こ
で
2
つ
  
つ
い
て
い
る
 °
そ
れ
に
加
え
て
 
柄
か
ら
切
っ
先
に
か
け
て
直
線
  
眼
鏡
の
よ
う
な
形
で
  
い
く
 °
そ
の
剣
は
持
ち
手
の
上
に
腕
が
入
る
く
ら
い
の
輪
が
2
つ
 
  
に
恐
る
恐
る
近
づ
い
て
  
い
つ
出
て
く
る
か
わ
か
ら
な
い
召
喚
士
に
気
を
つ
け
な
が
ら
 
  
  
て
も
仕
方
な
い
し
:
:
:
:
 














   

  
剣
が
近
づ
い
て
く
る
ほ
ど
  
イ
|
ラ
は
 
自
分
の
乳
首
が
愛
撫
さ
れ
る
よ
う
な
刺
激
を
感
じ
た
 °
  
 
ひ
ゃ
ん
っ
:
:
:
:
!
何
 
こ
の
感
覚
っ
 
  
|
ス
で
近
づ
い
て
き
た
 °
  
二
つ
の
輪
は
 
ち
ょ
う
ど
イ
|
ラ
の
胸
の
上
に
覆
い
か
ぶ
さ
る
コ
  
き
て
い
た
 °
そ
し
て
そ
の
  
剣
は
 
ふ
わ
ふ
わ
と
浮
き
な
が
ら
 
段
々
と
イ
|
ラ
に
近
づ
い
て
  
  
に
濃
く
し
た
も
の
を
 
剣
か
ら
向
け
ら
れ
て
い
る
の
だ
っ
た
 °
  
や
ら
し
い
オ
|
ラ
を
数
十
倍
  
性
欲
だ
 °
彼
女
は
 
酒
場
の
飲
ん
だ
く
れ
か
ら
感
じ
る
よ
う
な
い
  
:
:
:
:
更
に
言
う
な
ら
ば
:
:
:
:
  
殺
意
だ
と
思
っ
た
も
の
は
も
っ
と
別
の
も
の
だ
っ
た
 °
人
の
欲
望
  
イ
|
ラ
が
剣
か
ら
感
じ
た
 
  
剣
な
の
だ
か
ら
 
人
を
傷
つ
け
る
も
の
に
は
違
い
な
い
 °
だ
が
 
  
 
や
 
や
め
て
:
:
:
:
!
殺
さ
な
い
で
:
:
:
:
 
  
  
忘
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
彼
女
は
逃
げ
る
こ
と
を
  
よ
だ
つ
 
と
は
ま
さ
に
こ
の
こ
と
だ
ろ
う
 °
あ
ま
り
の
恐
怖
に
 

   

  
に
く
っ
つ
い
た
剣
は
外
れ
ず
 
  
イ
|
ラ
は
必
死
に
な
っ
て
輪
を
外
そ
う
と
す
る
が
 
吸
盤
の
よ
う
  
 
や
だ
ぁ
っ
!
!
!
 
  
一
気
に
駆
け
上
が
っ
て
い
く
 °
  
途
端
に
服
の
中
で
胸
が
膨
れ
上
が
り
 
貧
乳
か
ら
巨
乳
へ
の
道
を
  
を
無
理
矢
理
成
長
さ
せ
て
い
く
 °
  
本
来
母
乳
が
通
る
道
を
 
魔
力
が
逆
流
し
て
い
き
 
小
さ
い
乳
腺
  
 
ひ
ゃ
う
う
ぅ
っ
!
!
!
 
  
め
た
 °
  
と
同
時
に
 
輪
を
通
し
て
イ
|
ラ
の
胸
に
魔
力
が
注
ぎ
込
ま
れ
始
  
の
胸
に
く
っ
つ
い
て
し
ま
っ
た
 °
  
剣
が
 
二
つ
に
割
れ
 
二
つ
の
輪
は
手
を
押
し
の
け
て
 
イ
|
ラ
  
  
ジ
ャ
キ
ン
ッ
!
!
  
  
そ
し
て
|
|
  
近
づ
い
て
い
た
 °
  
|
|
勃
っ
て
い
た
 °
剣
は
 
も
う
手
を
伸
ば
せ
ば
届
く
距
離
ま
で
  
の
突
起
が
い
つ
も
よ
り
大
き
く
  
に
 
そ
の
刺
激
は
強
く
な
っ
て
い
く
 °
胸
に
手
を
置
く
と
 
二
つ

   

  
に
触
れ
 
そ
し
て
嫌
と
い
う
  
イ
|
ラ
は
 
深
く
な
り
続
け
る
谷
間
に
手
を
突
っ
込
み
 
魔
法
書
  
 
も
う
 
一
か
八
か
よ
っ
!
!
 
  
  
気
づ
い
た
が
 
そ
れ
は
徐
々
に
胸
の
中
に
埋
も
れ
て
い
っ
て
い
た
 °
  
書
が
見
え
隠
れ
し
て
い
る
の
に
  
や
め
な
い
 °
イ
|
ラ
は
 
そ
の
谷
間
か
ら
 
結
界
突
破
用
の
魔
法
  
れ
な
が
ら
膨
れ
る
こ
と
を
  
だ
が
 
魔
力
を
封
入
さ
れ
続
け
る
そ
れ
は
 
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
と
揺
  
持
っ
て
い
な
い
も
の
だ
ろ
う
 °
  
こ
れ
く
ら
い
の
胸
は
 
国
中
探
し
て
も
一
人
や
二
人
く
ら
い
し
か
  
 
ま
だ
 
ま
だ
大
き
く
な
る
の
!
!
?
?
 
  
  
よ
り
も
一
回
り
大
き
く
な
っ
た
二
つ
の
肌
色
の
球
が
現
れ
た
 °
  
く
な
っ
た
乳
頭
と
 
人
の
頭
  
音
を
立
て
て
破
れ
始
め
た
 °
中
か
ら
は
 
元
の
数
倍
ま
で
に
大
き
  
て
し
ま
い
 
ビ
リ
ビ
リ
と
  
着
ら
れ
る
よ
う
な
服
は
十
秒
も
し
た
と
こ
ろ
で
胸
で
満
杯
に
な
っ
  
膨
張
す
る
 °
子
供
で
も
  
一
瞬
に
し
て
で
き
あ
が
っ
た
乳
房
は
さ
ら
に
ス
ピ
|
ド
を
上
げ
て

   

  
ら
れ
る
力
に
耐
え
き
れ
な
く
  
尽
く
す
ほ
ど
に
な
っ
た
 °
と
 
そ
こ
で
 
剣
の
輪
が
胸
か
ら
与
え
  
つ
い
に
部
屋
全
体
を
埋
め
  
周
期
的
に
ボ
ン
ッ
 
ボ
ワ
ン
ッ
と
拡
大
す
る
イ
|
ラ
の
乳
房
は
 
  
 
や
っ
 
き
ゃ
っ
 
  
巨
大
化
は
止
ま
っ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
力
は
暴
走
を
続
け
 
乳
房
の
  
に
縛
ら
れ
て
魔
力
の
入
り
口
を
閉
じ
た
が
 
巨
大
な
胸
の
中
で
魔
  
く
な
っ
た
乳
首
は
 
そ
の
輪
  
一
気
に
体
よ
り
大
き
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
剣
の
輪
一
杯
に
大
き
  
の
胸
は
爆
発
的
に
成
長
し
 
  
そ
れ
ま
で
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
量
の
魔
力
に
よ
っ
て
イ
|
ラ
  
 
な
 
な
ん
で
っ
!
!
き
ゃ
あ
っ
!
!
 
  
た
の
だ
 °
  
を
発
揮
す
る
前
に
 
剣
を
通
っ
て
イ
|
ラ
の
胸
に
入
り
込
み
始
め
  
て
い
た
魔
力
は
本
来
の
効
果
  
光
を
放
っ
て
発
動
し
た
魔
法
書
だ
っ
た
が
 
そ
の
中
に
込
め
ら
れ
  
|
|
だ
が
 
そ
れ
が
間
違
い
だ
っ
た
 °
  
さ
せ
た
 °
  
ほ
ど
胸
に
溜
ま
っ
て
い
る
魔
力
の
一
部
を
使
っ
て
 
そ
れ
を
発
動

   

  
  
  
  
  
  
  
後
ろ
か
ら
近
づ
く
足
音
が
あ
っ
た
 °
  
的
な
状
態
の
イ
|
ラ
に
 
  
な
け
れ
ば
 
身
動
き
が
で
き
ず
朽
ち
て
い
く
だ
け
と
な
っ
た
絶
望
  
誰
の
助
け
も
得
ら
れ
  
一
部
で
あ
る
は
ず
だ
が
 
自
身
の
動
き
を
拘
束
し
て
い
る
胸
だ
け
 °
  
に
見
え
る
の
は
自
分
の
体
の
  
と
い
っ
た
ほ
う
が
正
し
い
状
況
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
イ
|
ラ
 °
  
さ
な
体
が
付
い
て
い
る
 
  
自
分
の
体
に
胸
が
つ
い
て
い
る
と
い
う
よ
り
は
 
胸
に
自
分
の
小
  
 
こ
 
こ
れ
じ
ゃ
 
動
け
な
い
っ
 
  
  
部
屋
の
中
に
鎮
座
す
る
巨
大
な
肌
色
に
 
縮
む
気
配
は
な
い
 °
  
暴
走
も
収
ま
っ
た
 °
だ
が
 
  
な
り
 
パ
キ
ン
ッ
と
割
れ
た
 °
そ
こ
で
 
胸
の
成
長
も
 
魔
力
の

  > ≫