謝
い
た
し
ま
す
 
  
 
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 °
用
田
さ
ん
の
ご
協
力
に
心
か
ら
感
  
 
先
生
 
今
日
は
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 
  
 
  
な
い
患
者
の
一
人
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
彼
女
は
 
こ
の
病
気
の
解
明
に
協
力
し
て
く
れ
る
 
数
少
  
症
例
だ
 °
  
1
0
0
人
の
中
で
は
 
唯
一
の
  
い
な
い
だ
け
で
も
っ
と
い
る
か
も
し
れ
な
い
が
 
と
に
か
く
:
:
  
:
と
い
っ
て
も
 
報
告
さ
れ
て
  
だ
 °
こ
の
メ
タ
モ
ル
フ
ォ
|
ゼ
症
候
群
の
患
者
の
約
1
0
0
人
:
  
イ
ズ
が
変
化
す
る
よ
う
  
用
田
さ
ん
は
 
明
る
さ
に
応
じ
て
体
型
 
と
い
う
よ
り
バ
ス
ト
サ
  
し
て
い
る
少
女
の
一
人
だ
 °
  
フ
ォ
|
ゼ
症
候
群
に
羅
患
  
私
の
患
者
 
用
田
 
千
秋
∧
よ
う
だ
 
ち
あ
き
∨
は
 
メ
タ
モ
ル
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
環
境
呼
応
症
候
群
 
光
度
の
子














≪ <  

  
ャ
ナ
|
に
寝
転
ん
で
も
ら
  
さ
ん
に
は
 
看
護
婦
に
手
伝
わ
せ
 
裸
に
な
っ
て
も
ら
い
 
ス
キ
  
や
ら
な
い
だ
ろ
う
 °
用
田
  
の
で
 
水
冷
式
ラ
ジ
エ
|
タ
を
:
:
い
や
 
多
分
 
そ
こ
ま
で
は
 
  
る
 °
発
熱
量
も
大
変
な
  
と
も
な
る
と
 
日
本
の
一
番
明
る
い
灯
台
の
数
倍
の
明
る
さ
に
な
  
こ
と
で
 
1
0
0
0
万
カ
ン
デ
ラ
  
だ
 °
1
カ
ン
デ
ラ
と
い
う
の
は
 
ろ
う
そ
く
1
本
分
の
明
る
さ
の
  
調
節
可
能
な
 
携
帯
ラ
イ
ト
  
光
度
が
0
カ
ン
デ
ラ
か
ら
1
0
0
0
万
カ
ン
デ
ラ
ま
で
無
段
階
で
  
具
が
設
置
さ
れ
て
い
る
 °
  
今
日
の
検
証
の
た
め
に
 
C
T
ス
キ
ャ
ン
室
に
は
特
別
な
照
明
器
  
 
  
 
は
い
:
:
 
  
 
で
は
 
C
T
ス
キ
ャ
ン
室
へ
:
:
 
  
 
  
う
な
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
だ
 °
病
院
の
中
は
 
明
る
い
照
明
で
照
ら
さ
れ
て
い
る
か
ら
 
  
な
乳
房
を
お
持
ち
の
よ
う
  
ふ
む
:
:
な
る
ほ
ど
 
今
も
日
本
人
女
性
と
し
て
は
か
な
り
大
き

   

  
 
あ
 
は
い
 
分
か
り
ま
し
た
 
  
 
光
度
 
下
げ
ま
す
 
  
 
  
て
は
 °
  
早
々
に
実
験
を
終
え
な
く
  
し
て
い
る
間
に
も
放
射
線
が
用
田
さ
ん
の
体
に
当
た
っ
て
い
る
 °
  
の
だ
が
 °
お
っ
と
 
こ
う
  
い
や
 
実
際
は
乳
房
を
集
中
的
に
ス
キ
ャ
ン
す
る
の
が
初
め
て
な
  
 
  
 
∧
こ
こ
ま
で
の
大
き
さ
の
も
の
は
 
初
め
て
だ
:
:
∨
 
  
 
  
て
い
る
 °
  
少
し
不
自
然
な
形
に
な
っ
  
さ
ん
に
は
 
乳
房
を
自
分
の
腕
で
抑
え
て
も
ら
っ
て
い
る
の
で
 
  
と
は
写
ら
な
い
 °
用
田
  
び
っ
し
り
と
写
っ
た
 °
脂
肪
は
皮
膚
や
乳
腺
と
比
べ
て
は
っ
き
り
  
そ
の
内
部
の
乳
腺
が
 
  
ス
キ
ャ
ン
を
開
始
す
る
と
 
モ
ニ
タ
|
に
巨
大
な
乳
房
が
 
い
や
  
タ
|
が
付
い
た
別
の
部
屋
で
  
っ
た
 °
私
が
C
T
ス
キ
ャ
ン
の
操
作
盤
と
 
監
視
カ
メ
ラ
の
モ
ニ

   

  
完
全
に
奪
わ
れ
て
い
た
 °
  
母
乳
の
生
産
機
能
は
  
乳
房
は
 
跡
形
も
な
く
消
え
去
っ
て
い
た
 °
乳
腺
は
ほ
ぼ
消
滅
し
 
  
時
 
用
田
さ
ん
の
大
き
な
  
て
い
く
の
に
同
期
し
て
い
る
 °
そ
し
て
 
0
カ
ン
デ
ラ
に
な
っ
た
  
と
 
私
が
つ
ま
み
を
動
か
し
  
そ
の
動
き
は
 
脈
拍
に
は
関
係
な
さ
そ
う
だ
 °
ど
ち
ら
か
と
言
う
  
 
  
 
∧
信
じ
ら
れ
な
い
:
:
本
当
に
小
さ
く
な
っ
て
い
く
:
:
∨
 
  
 
  
乳
房
も
縮
小
を
始
め
た
 °
  
て
い
る
乳
腺
が
萎
縮
し
 
  
つ
ま
み
を
操
作
し
て
 
光
度
を
ゆ
っ
く
り
下
げ
て
い
く
と
 
写
っ
  
 
  
は
わ
か
ら
な
い
だ
ろ
う
が
 °
  
い
る
の
で
 
あ
ま
り
明
る
さ
  
き
た
 °
と
い
っ
て
も
 
用
田
さ
ん
に
は
目
隠
し
を
し
て
も
ら
っ
て
  
を
通
し
て
 
返
事
を
し
て
  
マ
イ
ク
を
通
し
て
 
用
田
さ
ん
に
伝
え
る
 °
用
田
さ
ん
も
マ
イ
ク
  
 

























   

  
な
い
だ
ろ
う
 °
彼
女
に
  
用
田
さ
ん
は
あ
ま
り
乗
り
気
で
は
な
い
よ
う
だ
が
 
こ
れ
も
仕
方
  
 
  
 
:
:
は
い
:
:
 
  
 
  
の
だ
か
ら
 °
  
仕
方
な
い
 °
こ
れ
は
何
か
の
遊
び
で
は
な
く
 
症
候
群
の
検
証
な
  
 
  
 
最
大
限
ま
で
大
き
く
し
ま
す
 
  
 
ど
の
あ
た
り
ま
で
 
大
き
く
す
る
ん
で
す
か
?
 
  
 
何
で
す
か
?
 
  
 
あ
の
 
先
生
?
 
  
 
で
は
 
再
度
光
度
を
上
げ
て
い
き
ま
す
 
  
 
  
し
た
美
し
い
曲
線
を
描
い
て
い
た
 °
  
凹
凸
も
な
く
 
ス
ル
ッ
と
  
い
や
 
本
当
に
な
に
も
な
い
の
だ
 °
用
田
さ
ん
の
胸
部
は
 
何
の
  
 
  
 
∧
す
ば
ら
し
い
ツ
ル
ペ
タ
だ
:
:
∨
 
  
 

























   

  
私
は
 
つ
ま
み
を
動
か
す
速
度
を
上
げ
た
 °
す
る
と
 
そ
れ
に
呼
  
 
  
よ
う
な
感
じ
だ
っ
た
 °
  
均
等
に
発
達
し
て
い
く
  
て
大
人
に
な
る
よ
う
な
乳
房
の
発
達
で
は
な
く
 
乳
腺
と
脂
肪
が
  
な
少
女
が
思
春
期
を
超
え
  
続
け
る
と
 
乳
房
が
段
々
盛
り
上
が
っ
て
く
る
 °
そ
れ
は
 
小
さ
  
る
 °
つ
ま
み
を
動
か
し
  
用
田
さ
ん
も
何
か
を
感
じ
て
い
る
よ
う
で
 
時
折
喘
ぎ
声
を
上
げ
  
 
  
 
:
:
あ
っ
:
:
 
  
 
  
方
向
に
 °
す
る
と
 
乳
腺
の
急
速
な
発
達
が
確
認
で
き
た
 °
  
方
向
に
 
光
度
を
高
め
る
  
私
は
 
再
び
つ
ま
み
を
動
か
し
始
め
る
 °
し
か
し
 
今
度
は
反
対
  
 
  
 
は
い
 
  
 
で
は
 
始
め
ま
す
よ
 
  
 
  
し
た
ら
 
自
分
の
体
を
弄
ば
れ
て
い
る
よ
う
な
も
の
な
の
だ
か
ら
 °

   

  
乳
房
も
 
そ
の
一
つ
一
つ
の
断
面
積
が
凄
ま
じ
い
速
度
で
拡
大
し
 
  
た
 °
モ
ニ
タ
|
に
映
る
  
用
田
さ
ん
の
淫
ら
な
喘
ぎ
声
が
 
私
の
欲
求
を
更
に
高
め
て
い
っ
  
 
  
 
ひ
ゃ
ぅ
っ
:
:
 
  
 
  
私
は
つ
ま
み
を
動
か
す
ス
ピ
|
ド
を
更
に
上
げ
た
 °
  
 
  
 
い
や
 
ダ
メ
で
す
 
  
 
先
生
:
:
そ
ろ
そ
ろ
:
:
 
  
 
  
わ
っ
て
い
く
 °
  
ま
で
大
き
く
な
る
の
か
見
て
み
た
い
と
い
う
個
人
的
な
欲
求
に
変
  
り
 
こ
の
乳
房
が
ど
こ
  
て
い
る
 °
私
の
中
で
 
こ
の
検
証
の
目
的
が
 
症
候
群
の
解
明
よ
  
折
タ
プ
ン
タ
プ
ン
と
揺
れ
  
た
 °
用
田
さ
ん
が
乳
房
を
抑
え
き
れ
な
く
な
っ
て
い
る
の
か
 
  
急
速
に
近
づ
い
て
い
っ
  
速
度
が
上
が
り
 
2
つ
の
膨
ら
み
は
用
田
さ
ん
の
胴
体
の
厚
み
に
  
応
す
る
よ
う
に
発
達
の

















   

  
依
存
し
始
め
た
 °
乳
腺
が
ま
る
で
血
管
の
よ
う
に
脈
打
ち
な
が
ら
  
だ
け
で
な
く
 
脈
拍
に
も
  
こ
こ
で
 
乳
房
の
拡
大
の
仕
方
が
 
私
の
つ
ま
み
を
動
か
す
速
度
  
 
  
 
あ
っ
:
:
あ
ぅ
っ
:
:
 
  
 
  
か
 °
ま
だ
ま
だ
じ
ゃ
な
い
か
 °
  
カ
ン
デ
ラ
と
い
っ
た
と
こ
ろ
  
興
奮
し
た
私
は
つ
ま
み
を
も
っ
と
速
く
動
か
し
た
 °
今
は
 
1
万
  
円
を
 
交
互
に
見
な
が
ら
 
  
映
像
に
映
る
 
巨
大
な
球
体
と
 
C
T
ス
キ
ャ
ン
に
映
る
巨
大
な
  
低
解
像
度
の
監
視
カ
メ
ラ
  
も
ち
ろ
ん
 
も
う
少
し
で
終
わ
り
に
す
る
気
は
 
更
々
な
か
っ
た
 °
  
 
  
で
す
か
ら
 
耐
え
て
く
だ
さ
い
 
  
で
す
 
も
う
少
し
で
終
わ
り
  
 
こ
の
病
の
検
証
に
携
わ
る
と
お
っ
し
ゃ
っ
た
の
は
 
用
田
さ
ん
  
 
先
生
:
:
や
め
:
:
て
ぇ
:
:
 
  
 
  
胴
体
の
そ
れ
を
超
え
る
 °
















   

  
暴
力
的
に
 
で
き
る
だ
け
速
く
回
す
 °
C
T
ス
キ
ャ
ン
は
 
胴
体
  
い
 °
私
は
 
つ
ま
み
を
  
私
の
理
性
が
崩
れ
始
め
た
 °
も
う
当
初
の
目
的
な
ど
覚
え
て
い
な
  
 
  
展
に
貢
献
す
る
の
だ
∨
 
  
 
∧
い
い
ぞ
 
も
っ
と
喘
げ
 
私
の
欲
求
を
満
た
し
 
科
学
の
発
  
 
お
ね
が
い
:
:
 
  
 
  
見
て
 
か
な
り
圧
迫
さ
れ
て
い
る
 °
  
い
る
 °
乳
腺
の
密
度
か
ら
  
の
壁
だ
け
で
な
く
 
互
い
に
押
し
つ
ぶ
さ
れ
 
歪
な
形
に
な
っ
て
  
つ
の
乳
房
は
C
T
ス
キ
ャ
ナ
|
  
私
は
 
患
者
の
懇
願
を
無
視
し
 
つ
ま
み
を
動
か
し
続
け
た
 °
  
 
  
 
せ
ん
せ
:
:
き
つ
:
:
や
め
:
:
 
  
 
  
壁
に
も
当
た
り
始
め
て
 
一
番
横
が
 
壁
の
形
に
ゆ
が
ん
で
い
る
 °
  
い
 °
C
T
ス
キ
ャ
ナ
|
の
  
広
げ
て
い
く
 °
乳
房
は
横
に
潰
れ
 
も
は
や
円
形
を
保
っ
て
い
な
  
発
達
し
 
乳
房
を
押
し

















   

  
し
て
 
消
え
て
し
ま
っ
た
 °
  
す
る
と
 
C
T
ス
キ
ャ
ン
の
画
像
が
歪
み
始
め
 
エ
ラ
|
が
発
生
  
 
  
 
∧
よ
し
 
何
と
か
理
性
を
保
て
た
:
:
∨
 
  
 
  
し
ま
す
か
ら
 
  
 
ど
う
や
ら
 
機
械
の
故
障
が
あ
っ
た
よ
う
で
す
 °
す
ぐ
に
対
応
  
 
あ
っ
:
:
せ
ん
せ
:
:
ひ
ゃ
っ
:
:
ひ
ど
い
:
:
 
  
 
  
1
0
万
カ
ン
デ
ラ
か
 °
ど
う
な
る
ん
だ
 
こ
の
女
の
乳
房
は
:
:
  
る
 °
こ
れ
で
も
 
ま
だ
  
か
 
加
速
度
的
に
速
く
な
っ
て
い
く
 °
光
度
は
上
が
り
続
け
て
い
  
腺
の
発
達
は
止
ま
る
ど
こ
ろ
  
し
ま
っ
た
 °
こ
れ
で
は
 
光
度
の
調
節
が
出
来
な
い
 °
だ
が
 
  
 
  
 
な
 
な
ん
だ
:
:
つ
ま
み
が
壊
れ
た
:
:
?
 
  
《
バ
チ
ッ
》
  
 
  
た
領
域
で
埋
め
尽
く
さ
れ
て
い
る
 °
そ
の
と
き
 
  
と
 
2
つ
の
乳
腺
が
つ
ま
っ















   

  
 
  
《
ベ
キ
ッ
:
:
バ
キ
ッ
》
  
 
  
と
は
:
:
∨
 
  
の
美
し
さ
を
形
作
れ
る
  
 
∧
素
晴
ら
し
い
:
:
た
だ
の
乳
腺
と
脂
肪
の
塊
が
 
こ
こ
ま
で
  
 
  
ス
キ
ャ
ナ
|
を
歪
ま
せ
な
が
ら
 
大
き
く
な
っ
て
い
る
 °
  
ク
ン
 
ド
ク
ン
 
と
波
打
ち
 
  
す
で
に
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
並
み
の
大
き
さ
の
肌
色
の
球
体
が
 
  
 
  
て
い
く
 °
  
そ
れ
に
し
て
も
 
す
ご
い
光
だ
:
:
し
か
も
 
さ
ら
に
強
く
な
っ
  
乳
房
の
下
半
分
が
見
え
た
 °
  
は
 
C
T
ス
キ
ャ
ナ
|
に
挟
ま
れ
 
ひ
ょ
う
た
ん
上
に
膨
ら
ん
だ
  
飛
び
込
ん
だ
 °
そ
こ
に
  
緊
急
用
に
用
意
し
て
い
た
遮
光
メ
ガ
ネ
を
掛
け
 
ス
キ
ャ
ン
室
に
  
 
  
 
∧
し
ま
っ
た
:
:
こ
う
な
っ
た
ら
:
:
∨
 
  
 

























   

  
上
が
っ
て
い
た
が
 
そ
れ
が
指
数
的
に
な
っ
た
 °
よ
う
す
る
に
 
  
の
ス
ピ
|
ド
は
線
形
的
に
  
答
え
は
 
す
ぐ
に
私
の
目
に
飛
び
込
ん
で
き
た
 °
そ
れ
ま
で
発
達
  
 
  
 
∧
な
 
な
ん
だ
:
:
?
∨
 
  
 
  
揺
れ
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
せ
い
で
 
部
屋
全
体
が
  
す
る
と
 
一
回
 
乳
房
全
体
が
ド
ク
ン
ッ
!
と
振
動
し
た
 °
そ
の
  
 
  
て
い
る
私
が
い
た
 °
  
が
生
産
さ
れ
る
 °
も
う
 
理
性
を
保
つ
こ
と
だ
け
に
必
死
に
な
っ
  
硬
化
し
 
精
巣
で
は
精
子
  
上
が
っ
て
い
る
の
か
 
鼻
か
ら
出
血
し
て
し
ま
っ
た
 °
ペ
ニ
ス
も
  
て
い
る
 °
私
の
血
圧
が
  
発
達
に
よ
り
巨
大
化
し
た
乳
首
が
そ
の
位
置
を
上
下
に
振
動
さ
せ
  
プ
ン
と
揺
れ
 
乳
腺
の
  
さ
れ
た
乳
房
は
中
に
液
体
が
入
っ
て
い
る
か
の
よ
う
に
タ
プ
ン
タ
  
破
壊
さ
れ
た
 °
解
放
  
ス
キ
ャ
ナ
|
が
つ
い
に
乳
房
か
ら
の
圧
迫
に
耐
え
ら
れ
な
く
な
り
 

   

  
こ
の
柔
ら
か
い
マ
シ
ュ
マ
ロ
の
よ
う
な
海
に
 
い
つ
ま
で
も
包
ま
  
う
で
も
い
い
 °
私
は
 
  
あ
あ
 
私
は
何
を
叫
ん
で
い
る
ん
だ
 °
だ
が
 
そ
ん
な
こ
と
は
ど
  
 
  
 
お
っ
ぱ
い
最
高
!
メ
タ
モ
ル
フ
ォ
|
ゼ
症
候
群
バ
ン
ザ
イ
!
 
  
 
  
で
い
っ
た
 °
  
逆
に
そ
れ
に
飛
び
込
ん
  
よ
う
と
し
た
 °
が
 
性
的
本
能
が
そ
れ
を
許
さ
な
か
っ
た
 °
私
は
 
  
本
能
で
 
私
は
一
瞬
逃
げ
  
脂
肪
の
海
だ
っ
た
 °
そ
の
海
が
 
私
に
迫
っ
て
き
て
い
た
 °
生
存
  
れ
は
乳
房
と
い
う
よ
り
 
  
部
屋
の
高
さ
に
達
し
 
部
屋
を
埋
め
尽
く
し
始
め
た
 °
も
う
 
  
き
さ
は
あ
っ
と
い
う
間
に
  
脈
動
が
私
の
体
で
も
感
じ
ら
れ
る
ほ
ど
大
き
く
な
り
 
乳
房
の
大
  
 
  
《
ド
ク
ン
ッ
ド
ク
ン
ッ
》
  
 
  
ス
ピ
|
ド
が
更
に
輪
を
か
け
て
 
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
そ
れ
ま
で
も
物
凄
か
っ
た
















   

  
  
  
  
  
を
し
て
く
れ
る
こ
と
を
祈
る
 °
  
私
の
後
継
が
 
い
い
仕
事
  
に
 
C
T
ス
キ
ャ
ン
映
像
の
記
録
は
 
絶
対
に
役
に
立
つ
は
ず
だ
 °
  
出
来
た
の
だ
か
ら
 °
そ
れ
  
な
い
 °
他
の
人
が
到
底
味
わ
え
な
い
感
触
を
 
体
感
す
る
こ
と
が
  
る
が
後
悔
は
し
て
い
  
か
ら
 
い
や
医
学
界
か
ら
追
放
さ
れ
た
 °
私
は
 
反
省
は
し
て
い
  
分
を
受
け
て
 
病
院
  
は
 
私
を
訴
え
る
つ
も
り
ら
し
い
 °
そ
の
前
に
私
は
懲
戒
免
職
処
  
に
戻
っ
た
 °
用
田
さ
ん
  
結
局
 
乳
房
が
照
明
を
壊
し
 
そ
の
瞬
間
に
乳
房
は
ペ
ッ
タ
ン
コ
  
 
  
|
|
|
  
 
  
そ
の
望
み
を
満
た
す
よ
う
に
 
私
の
体
は
包
み
込
ま
れ
て
い
っ
た
 °
  
れ
て
い
た
か
っ
た
 °
そ
し
て
 














  > ≫