だ
っ
た
映
子
は
 
今
は
す
や
  
そ
れ
を
嘆
く
佳
奈
の
隣
で
 
一
晩
中
ず
っ
と
6
m
の
巨
体
の
ま
ま
  
 
  
 
す
|
:
:
す
|
:
:
 
  
 
  
以
上
に
小
さ
く
出
来
な
い
の
だ
 °
  
し
て
も
 
胸
囲
を
胴
囲
  
1
の
自
分
は
想
像
で
き
る
 °
だ
が
 
い
く
ら
胸
を
小
さ
く
し
た
と
  
っ
た
 °
元
の
身
長
の
2
分
の
  
は
 
胸
囲
が
想
像
し
た
姿
の
2
倍
に
し
か
で
き
な
か
っ
た
た
め
だ
  
だ
ま
ま
だ
っ
た
 °
そ
れ
  
元
々
は
ほ
と
ん
ど
存
在
し
て
い
な
か
っ
た
佳
奈
の
乳
房
は
膨
ら
ん
  
 
  
 
∧
胸
 
小
さ
く
出
来
な
い
:
:
∨
 
  
 
  
:
:
は
ず
だ
が
:
:
  
朝
を
迎
え
 
と
り
あ
え
ず
元
に
戻
る
こ
と
が
出
来
た
二
人
だ
っ
た
  
  
t
e
f
n
e
n
 
作
  
混
沌
の
中
の
混
沌



















≪ <  

  
か
れ
た
 °
  
だ
が
 
佳
奈
が
呼
び
鈴
に
こ
た
え
る
前
に
 
ド
ア
が
外
側
か
ら
叩
  
 
  
 
ひ
っ
!
 
  
 
  
《
ド
ン
ド
ン
ッ
!
》
  
 
  
が
鳴
っ
た
 °
佳
奈
は
恐
る
恐
る
ド
ア
に
近
づ
い
た
 °
  
さ
れ
た
空
間
に
 
呼
び
鈴
  
ほ
と
ん
ど
部
屋
の
形
を
成
し
て
い
な
い
 
屋
根
が
破
壊
さ
れ
開
放
  
 
  
 
だ
 
誰
:
:
?
 
  
 
  
《
ピ
ン
ポ
|
ン
》
  
 
  
そ
の
時
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
先
輩
:
:
 
  
 
  
す
や
と
寝
て
い
た
 °


















   

  
佳
奈
が
体
を
揺
ら
す
と
 
映
子
は
起
き
た
 °
し
か
し
 
か
な
り
寝
  
 
  
 
ふ
ぁ
:
:
何
:
:
?
あ
|
お
は
よ
う
|
佳
奈
ち
ゃ
ん
|
:
:
 
  
 
先
輩
っ
!
起
き
て
!
 
  
 
  
に
し
た
 °
  
れ
ば
 
連
行
さ
れ
る
可
能
性
も
あ
る
 °
佳
奈
は
 
身
を
隠
す
こ
と
  
さ
れ
た
家
の
内
部
を
見
ら
れ
  
こ
こ
ま
で
は
 
普
段
な
ら
大
丈
夫
だ
が
 
ド
ア
を
通
し
て
 
破
壊
  
て
事
情
聴
取
を
す
る
 °
  
す
る
 °
そ
し
て
 
警
察
は
半
信
半
疑
な
が
ら
も
二
人
の
家
ま
で
来
  
た
誰
か
が
 
警
察
に
通
報
  
突
如
と
し
て
現
れ
た
巨
人
 
つ
ま
り
巨
大
化
し
た
映
子
を
目
撃
し
  
か
ら
予
測
し
て
い
た
 °
  
頭
の
回
転
の
早
い
佳
奈
は
 
こ
う
な
る
可
能
性
は
巨
大
化
し
た
時
  
 
  
 
え
 
け
い
:
:
さ
つ
:
:
?
 
  
が
あ
る
の
で
す
が
!
 
  
 
こ
の
家
に
お
住
ま
い
の
方
 
警
察
で
す
!
お
聞
き
し
た
い
こ
と
  
 

























   

  
て
続
け
に
叩
か
れ
る
 °
  
警
官
の
他
に
 
近
所
の
住
人
ま
で
い
る
よ
う
だ
 °
玄
関
扉
が
 
  
 
  
《
ド
ン
ド
ン
ド
ン
ッ
!
》
  
い
よ
!
 
  
っ
き
り
と
見
た
ん
だ
か
ら
!
ほ
ら
 
隠
れ
て
な
い
で
出
て
き
な
さ
  
 
な
ん
で
す
っ
て
?
私
を
疑
お
う
っ
て
い
う
の
!
?
こ
の
目
で
は
  
本
当
に
巨
人
が
:
:
?
 
  
 
い
な
い
ん
で
す
か
|
!
?
参
っ
た
な
 
留
守
な
の
か
?
奥
さ
ん
 
  
《
ド
ン
ド
ン
ド
ン
ッ
!
》
  
 
  
な
り
余
裕
が
あ
っ
た
 °
  
で
 
そ
の
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
と
潰
れ
る
佳
奈
の
乳
房
を
除
い
て
 
  
入
る
 °
体
が
小
さ
い
お
か
げ
  
映
子
は
の
そ
の
そ
と
ク
ロ
|
ゼ
ッ
ト
に
入
っ
た
 °
佳
奈
も
一
緒
に
  
 
  
 
あ
|
押
入
れ
ね
|
私
隠
れ
る
の
好
き
|
 
  
 
い
い
か
ら
 
押
入
れ
に
隠
れ
て
!
 
  
 
  
ぼ
け
て
い
る
 °




















   

  
で
す
!
例
え
ば
 
外
壁
が
破
壊
さ
れ
て
い
た
と
か
!
外
か
ら
見
て
  
は
矛
盾
が
多
す
ぎ
る
ん
  
 
止
め
て
く
だ
さ
い
!
言
い
に
く
い
で
す
が
 
奥
さ
ん
の
証
言
に
  
 
  
ま
た
ド
ア
が
叩
か
れ
る
 °
  
 
  
《
ド
ン
ド
ン
ド
ン
ッ
!
》
  
た
ま
る
も
ん
で
す
か
!
 
  
危
険
な
も
の
が
い
て
  
 
そ
ん
な
の
 
関
係
な
い
で
し
ょ
!
私
の
家
の
近
く
に
 
あ
ん
な
  
で
す
か
:
:
 
  
 
奥
さ
ん
:
:
巨
人
が
現
れ
た
な
ら
 
今
は
一
体
ど
こ
に
い
る
ん
  
 
  
住
人
が
話
し
合
い
を
始
め
た
 °
  
ア
の
外
で
は
 
警
官
と
  
そ
の
ド
ア
の
音
に
目
が
覚
め
 
ガ
ク
ガ
ク
震
え
始
め
る
映
子
 °
  
 
  
 
大
丈
夫
だ
か
ら
:
:
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
っ
!
怖
い
よ
っ
!
 
  
 

























   

  
そ
う
し
て
 
二
人
は
去
っ
て
い
っ
た
よ
う
だ
っ
た
 °
だ
が
 
佳
奈
  
 
  
 
:
:
は
い
 
  
 
い
い
え
 °
そ
れ
で
は
 
平
和
な
一
日
を
 
  
 
:
:
す
み
ま
せ
ん
で
し
た
 
  
 
奥
さ
ん
!
い
い
加
減
に
し
て
く
だ
さ
い
!
 
  
 
わ
 
分
か
っ
た
わ
:
:
け
ど
 
胡
散
臭
い
の
よ
ね
:
:
 
  
し
ま
す
 
  
ら
 °
私
は
 
こ
こ
で
撤
収
  
 
と
り
あ
え
ず
 
今
日
の
と
こ
ろ
は
虚
偽
通
報
に
は
し
ま
せ
ん
か
  
 
そ
れ
は
:
:
そ
う
だ
け
ど
:
:
 
  
 
  
に
バ
レ
て
し
ま
う
だ
ろ
う
 °
  
タ
|
で
も
通
れ
ば
 
す
ぐ
  
も
 
何
も
破
壊
さ
れ
た
跡
は
見
え
な
い
だ
け
だ
っ
た
 °
ヘ
リ
コ
プ
  
い
る
家
の
側
面
か
ら
見
て
  
実
際
の
と
こ
ろ
は
 
屋
根
だ
け
が
壊
さ
れ
て
 
雨
戸
が
閉
ま
っ
て
  
 
  
で
し
た
よ
!
 
  
も
 
何
も
壊
れ
て
ま
せ
ん
















   

  
 
  
わ
か
っ
て
も
何
も
し
な
い
だ
ろ
う
 °
  
た
 °
二
人
が
死
ぬ
と
  
二
人
を
救
っ
た
フ
リ
|
ド
リ
ヒ
は
 
今
や
 
悪
魔
 
と
な
っ
て
い
  
た
時
 
す
ん
で
の
所
で
  
し
た
ら
 
全
て
終
わ
り
だ
 °
そ
れ
に
 
前
回
佳
奈
達
が
巨
人
化
し
  
の
少
し
で
も
触
ら
れ
た
り
  
の
尋
問
に
は
婦
警
が
あ
て
が
わ
れ
る
こ
と
が
多
い
 °
映
子
を
ほ
ん
  
し
か
も
 
小
さ
い
子
供
  
な
る
よ
う
な
こ
と
が
あ
れ
ば
 
即
刻
射
殺
さ
え
る
か
も
し
れ
な
い
 °
  
た
あ
と
に
映
子
が
巨
人
に
  
人
間
は
 
訳
の
わ
か
ら
な
い
も
の
は
排
除
し
た
が
る
 °
逮
捕
さ
れ
  
 
  
 
そ
れ
は
 
問
題
じ
ゃ
な
い
 
  
 
え
?
ど
う
し
て
?
私
達
 
何
も
悪
い
こ
と
し
て
な
い
よ
?
 
  
 
先
輩
 
こ
の
ま
ま
だ
と
 
私
達
 
逮
捕
さ
れ
る
 
  
 
  
は
映
子
に
告
げ
た
 °
  
出
て
行
く
必
要
を
感
じ
た
 °
ク
ロ
|
ゼ
ッ
ト
か
ら
出
る
と
 
佳
奈
  
は
 
早
急
に
こ
の
家
を

















   

  
れ
る
と
変
身
し
て
し
ま
う
  
そ
こ
か
ら
は
 
悪
夢
の
連
続
だ
っ
た
 °
体
の
小
さ
い
映
子
は
 
  
 
  
|
|
|
  
 
  
そ
し
て
 
伸
縮
性
の
い
い
服
を
着
て
 
家
を
出
た
 °
  
貴
重
品
を
詰
め
込
ん
だ
 °
  
二
人
は
一
番
大
き
な
カ
バ
ン
を
取
り
出
し
 
数
日
分
の
衣
服
や
 
  
 
  
 
う
 
う
ん
 °
分
か
っ
た
っ
!
 
  
 
そ
う
 °
急
い
で
 
  
 
  
隠
し
き
れ
る
は
ず
だ
 °
  
映
子
が
巨
大
化
し
て
も
 
  
同
時
に
そ
れ
な
り
の
財
力
を
持
ち
 
家
の
敷
地
が
広
い
 °
た
と
え
  
実
に
巨
大
化
す
る
 °
だ
が
 
  
絵
美
も
か
な
り
の
ス
タ
イ
ル
の
持
ち
主
で
 
映
子
が
触
れ
れ
ば
確
  
 
  
 
絵
美
ち
ゃ
ん
に
:
:
?
 
  
 
今
す
ぐ
 
荷
物
を
ま
と
め
て
 
絵
美
に
か
く
ま
っ
て
も
ら
う
 

   

  
の
集
中
力
が
抜
け
て
き
て
  
だ
が
 
次
第
に
そ
の
日
の
う
だ
る
よ
う
な
暑
さ
の
せ
い
で
 
佳
奈
  
 
  
ど
う
す
る
こ
と
も
で
き
な
か
っ
た
 °
  
み
重
な
っ
て
い
っ
た
が
 
  
そ
の
対
象
に
怯
え
ら
れ
る
ご
と
に
 
佳
奈
の
な
か
で
罪
悪
感
が
積
  
 
  
 
あ
 
ご
め
ん
な
さ
い
:
:
 
  
 
え
:
:
?
そ
ん
な
に
 
睨
ま
な
い
で
:
:
怖
い
:
:
 
  
 
  
女
の
子
で
あ
れ
 
も
の
す
ご
い
形
相
で
睨
み
つ
け
て
し
ま
っ
た
 °
  
対
象
が
ど
ん
な
に
小
さ
な
  
が
あ
っ
た
 °
佳
奈
は
 
映
子
を
守
る
と
い
う
緊
張
感
か
ら
 
そ
の
  
が
身
を
挺
し
て
守
る
必
要
  
少
し
で
も
体
が
大
き
め
の
中
学
生
や
 
高
校
生
が
い
れ
ば
 
佳
奈
  
 
  
 
へ
?
う
わ
ぁ
っ
!
 
  
 
先
輩
 
危
な
い
っ
!
 
  
 
  
対
象
が
多
す
ぎ
た
の
だ
っ
た
 °














   

  
 
  
ボ
タ
ン
を
め
が
け
て
 
指
を
伸
ば
し
 
  
 
  
 
水
:
:
 
  
《
チ
ャ
リ
ン
!
》
  
 
  
な
く
な
っ
た
 °
  
ト
ル
に
し
か
 
目
が
行
か
  
そ
し
て
 
自
販
機
に
置
か
れ
て
い
る
ミ
ネ
ラ
ル
ウ
ォ
|
タ
|
の
ボ
  
 
  
 
は
ぁ
:
:
喉
 
乾
い
た
:
:
 
  
 
  
近
づ
い
て
い
っ
た
 °
  
佳
奈
は
 
目
の
前
に
あ
っ
た
自
販
機
に
 
財
布
を
取
り
出
し
つ
つ
  
 
  
 
分
か
っ
た
 
  
 
大
:
:
丈
夫
 
だ
か
ら
:
:
で
も
 
ち
ょ
っ
と
水
 
飲
ま
せ
て
 
  
 
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
大
丈
夫
?
 
  
 
  
し
ま
っ
た
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
水
分
不
足
で
ふ
ら
ふ
ら
し
始
め
た
 °

   

  
 
あ
っ
!
ご
め
ん
ね
!
大
丈
夫
?
痛
く
な
い
?
 
  
 
  
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
通
り
か
か
っ
た
女
子
高
生
の
カ
バ
ン
が
 
映
子
の
頭
に
あ
た
っ
て
  
 
  
 
い
た
ぃ
っ
!
 
  
《
ボ
ン
ッ
!
》
  
 
  
体
が
 
何
か
に
ぶ
つ
か
る
よ
う
に
動
い
た
 °
  
手
の
先
に
あ
っ
た
映
子
の
  
佳
奈
は
 
持
っ
て
い
た
ボ
ト
ル
を
渡
そ
う
と
し
た
 °
だ
が
 
そ
の
  
 
  
 
う
ん
っ
!
 
  
 
は
ぁ
:
:
先
輩
も
 
飲
む
:
:
?
 
  
 
  
水
を
飲
む
と
 
生
気
が
戻
っ
て
き
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
開
け
た
 °
ご
く
ご
く
っ
と
  
取
り
出
し
口
に
落
ち
て
き
た
ボ
ト
ル
を
無
我
夢
中
で
取
り
出
し
 
  
 
  
《
ポ
チ
ッ
》
《
ゴ
ト
ン
》
















   

  
大
き
く
な
っ
た
 °
  
の
輪
郭
が
 
ム
ク
ッ
と
  
そ
ん
な
こ
と
は
お
構
い
な
し
に
 
悲
鳴
を
上
げ
続
け
る
映
子
 °
  
 
  
 
ひ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
 
  
そ
の
悲
鳴
に
 
女
子
高
生
は
戸
惑
う
 °
  
 
  
 
え
 
ど
う
し
た
の
!
?
そ
ん
な
に
 
痛
か
っ
た
の
!
?
 
  
 
  
映
子
が
 
悲
鳴
を
上
げ
た
 °
  
 
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
 
は
っ
!
せ
ん
ぱ
:
:
 
  
 
  
遅
か
っ
た
 °
  
に
見
え
て
 
そ
れ
が
意
味
す
る
こ
と
に
気
づ
い
た
時
に
は
 
も
う
  
て
も
自
然
な
流
れ
の
よ
う
  
心
配
し
た
女
子
高
生
が
 
映
子
の
頭
を
 
な
で
た
 °
佳
奈
に
は
と
  
 

























   

  
 
ん
っ
!
 
  
《
ビ
リ
ビ
リ
|
ッ
!
》
  
 
  
映
子
が
 
女
子
高
生
の
身
長
を
通
り
過
ぎ
る
 °
  
 
  
 
や
だ
あ
あ
っ
!
 
  
《
グ
グ
ッ
!
グ
グ
ッ
!
》
  
 
ど
う
な
っ
て
!
え
?
 
  
 
  
そ
し
て
 
胸
全
体
が
持
ち
上
が
り
始
め
る
 °
  
 
  
 
い
や
あ
あ
っ
!
 
  
《
ム
ク
ッ
ム
ク
ッ
:
:
》
  
 
  
映
子
の
胸
の
部
分
か
ら
 
2
つ
の
突
起
が
 
飛
び
出
し
て
き
た
 °
  
 
  
 
い
た
い
!
い
た
い
よ
ぉ
お
お
っ
!
 
  
《
ピ
ン
ッ
!
》
  
 
え
:
:
?
 
  
 

























   

  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
 
  
て
い
る
 °
  
膨
ら
む
 °
身
長
は
隣
に
あ
っ
た
家
庭
用
ガ
レ
|
ジ
の
屋
根
を
超
え
  
動
し
な
が
ら
 
さ
ら
に
  
大
き
く
な
り
続
け
て
い
た
乳
房
が
 
服
の
中
か
ら
飛
び
出
し
 
  
 
  
 
ぅ
ぅ
ぅ
う
う
っ
!
 
  
《
ブ
ル
ン
ッ
!
》
  
 
  
た
だ
た
だ
立
ち
尽
く
し
 
何
も
口
に
す
る
こ
と
が
出
来
な
い
 °
  
奈
は
と
い
う
と
 
絶
望
で
  
女
子
高
生
は
腰
を
抜
か
し
て
 
地
面
に
崩
れ
落
ち
て
し
ま
う
 °
  
 
  
 
ひ
っ
!
 
  
 
  
を
表
す
怪
物
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
間
の
殻
を
破
っ
て
真
の
姿
  
服
が
破
け
始
め
て
 
肌
が
露
出
し
て
い
く
 °
そ
れ
は
ま
る
で
 
  
 

























   

  
 
ア
ハ
ハ
ハ
ハ
ッ
!
 
  
 
  
映
子
の
脳
か
ら
快
楽
の
媚
薬
が
流
れ
始
め
た
 °
  
 
  
 
は
ぅ
:
:
ア
ハ
ッ
:
:
 
  
 
  
は
終
わ
っ
た
が
:
:
  
コ
ン
ク
リ
|
ト
塀
を
 
ぶ
ち
壊
し
て
し
ま
っ
た
 °
そ
し
て
 
変
身
  
発
的
に
膨
張
し
て
 
  
す
で
に
赤
ん
坊
が
二
人
も
入
り
そ
う
な
ほ
ど
成
長
し
た
乳
房
が
爆
  
 
  
《
ボ
ン
ッ
!
》
  
 
い
や
あ
あ
あ
っ
!
 
  
 
  
の
衝
撃
が
地
面
に
加
わ
っ
た
 °
  
膝
か
ら
崩
れ
る
 °
そ
し
て
 
ア
ス
フ
ァ
ル
ト
に
亀
裂
が
走
る
ほ
ど
  
子
高
生
の
体
を
か
す
め
て
  
足
に
痛
み
が
走
っ
た
の
か
 
そ
れ
ま
で
立
っ
て
い
た
映
子
が
 
  
 
  
《
ド
|
ン
ッ
!
》



















   

  
 
  
か
な
い
 °
  
我
に
返
っ
た
佳
奈
が
 
叫
ん
だ
 °
だ
が
 
映
子
は
そ
の
声
に
気
づ
  
 
  
 
先
輩
っ
!
?
 
  
 
  
っ
た
 °
  
映
子
が
 
何
を
思
っ
た
の
か
 
女
子
高
生
を
両
手
で
掴
ん
で
し
ま
  
 
  
 
き
ゃ
ぅ
っ
!
 
  
《
ガ
シ
ッ
!
》
  
 
待
っ
て
ぇ
!
 
  
 
  
い
こ
う
と
す
る
 °
だ
が
 
  
そ
の
ま
ま
走
り
去
っ
て
  
が
 
身
を
守
ろ
う
と
す
る
本
能
か
ら
立
ち
上
が
っ
た
 °
そ
し
て
 
  
か
し
て
い
た
女
子
高
生
  
映
子
の
不
気
味
な
笑
い
声
が
き
っ
か
け
と
な
っ
た
の
か
 
腰
を
抜
  
 
  
 
え
:
:
き
 
き
 
き
ょ
:
:
巨
人
だ
ぁ
あ
あ
あ
っ
!
 




   

  
映
子
の
顔
が
 
青
ざ
め
た
 °
手
の
動
き
が
止
ま
る
 °
  
 
  
 
先
輩
?
 
  
 
こ
れ
は
:
:
私
の
 
お
も
ち
ゃ
:
:
あ
:
:
 
  
 
  
形
を
変
え
る
 °
  
乳
房
が
 
縦
に
横
に
と
  
乳
房
を
 
自
分
の
手
で
揉
み
始
め
た
 °
女
子
高
生
の
体
を
挟
ん
だ
  
に
差
し
込
ん
だ
 °
そ
の
  
映
子
は
そ
う
言
い
つ
つ
 
女
子
高
生
を
自
分
の
大
き
な
乳
房
の
間
  
 
  
 
人
:
:
?
ア
ハ
ハ
ッ
!
佳
奈
ち
ゃ
ん
 
何
言
っ
て
る
の
:
:
?
 
  
 
先
輩
!
や
め
て
!
そ
ん
な
こ
と
し
た
ら
 
そ
の
人
死
ん
じ
ゃ
う
!
 
  
 
だ
め
だ
よ
:
:
?
ア
ハ
ハ
ハ
ッ
!
 
  
 
い
や
 
放
し
て
ぇ
っ
!
 
  
 
  
て
い
た
 °
  
そ
し
て
 
錯
乱
し
 
女
子
高
生
を
何
か
の
お
も
ち
ゃ
と
勘
違
い
し
  
 
  
 
ア
ハ
ハ
ッ
!
お
人
形
さ
ん
 
何
し
て
遊
ぶ
:
:
?
ア
ハ
ッ
!
 

   

  
 
  
 
な
:
:
わ
け
:
:
が
:
:
 
  
 
  
と
ぎ
れ
と
ぎ
れ
に
 
女
子
高
生
は
言
葉
を
紡
い
だ
 °
  
 
  
 
だ
い
:
:
じ
ょ
う
:
:
ぶ
:
:
 
  
 
だ
 
大
丈
夫
?
お
姉
さ
ん
っ
!
 
  
 
  
の
地
面
に
 
衝
撃
な
く
立
っ
た
 °
  
女
子
高
生
は
 
そ
の
下
  
そ
の
滑
ら
せ
る
と
き
の
快
感
で
 
喘
ぎ
声
を
上
げ
て
し
ま
っ
た
が
 
  
 
  
 
き
 
き
も
ち
:
:
あ
ぅ
:
:
!
 
  
 
  
落
と
さ
せ
た
 °
  
の
体
を
す
る
す
る
と
滑
り
  
映
子
は
 
少
し
か
が
ん
で
 
乳
房
を
横
に
引
っ
張
り
 
女
子
高
生
  
 
  
 
私
 
何
し
て
:
:
何
で
 
こ
の
人
 
挟
ん
で
:
:
あ
っ
!
 
  
 

























   

  
そ
し
て
 
大
き
な
勢
い
で
横
に
引
っ
張
ら
れ
た
 °
  
 
  
《
グ
イ
ッ
!
》
  
 
私
を
 
こ
ん
な
目
に
合
わ
せ
て
:
:
た
だ
で
済
む
と
:
:
 
  
 
い
や
 
放
し
て
:
:
 
  
 
  
走
り
だ
そ
う
と
し
た
佳
奈
の
足
首
を
 
女
子
高
生
が
掴
ん
で
い
た
 °
  
 
  
 
え
っ
!
?
 
  
《
ガ
シ
ッ
!
》
  
 
追
い
か
け
な
い
と
!
 
  
 
  
|
|
|
  
 
  
映
子
は
 
泣
き
な
が
ら
走
り
去
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
  
 
先
輩
っ
!
?
 
  
 
う
わ
あ
っ
!
え
:
:
死
ん
じ
ゃ
っ
た
:
:
?
う
わ
あ
あ
っ
!
 
  
 
  
そ
し
て
 
バ
タ
ン
ッ
と
そ
の
場
で
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °





   

  
れ
は
映
子
と
違
っ
て
恐
怖
  
女
子
高
生
も
錯
乱
状
態
に
陥
っ
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
た
だ
 
  
 
  
 
死
ね
ぇ
っ
!
 
  
 
く
び
:
:
し
め
な
い
:
:
で
:
:
 
  
 
う
る
さ
い
っ
!
 
  
 
ち
ょ
っ
と
:
:
ま
っ
て
:
:
 
  
 
  
首
を
両
手
で
グ
ッ
と
掴
ま
れ
 
気
管
を
抑
え
ら
れ
る
 °
  
 
  
 
あ
ん
な
巨
人
の
仲
間
:
:
私
が
 
退
治
:
:
し
て
や
る
:
:
 
  
 
  
る
こ
と
が
出
来
な
く
な
っ
た
 °
  
仰
向
け
に
な
っ
た
直
後
に
女
子
高
生
に
覆
い
か
ぶ
さ
ら
れ
 
逃
げ
  
打
だ
け
は
免
れ
た
 °
し
か
し
 
  
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
倒
れ
る
佳
奈
 °
受
け
身
を
取
っ
て
 
頭
の
強
  
 
  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
 
思
う
な
よ
っ
!
 
  
 

























   

  
 
∧
も
う
:
:
意
識
が
:
:
∨
 
  
 
な
:
:
 
  
 
  
を
押
し
上
げ
始
め
た
 °
  
つ
い
た
と
思
う
と
 
そ
れ
  
そ
の
膨
ら
み
方
が
 
一
層
激
し
く
な
り
 
女
子
高
生
の
体
に
く
っ
  
 
  
《
ボ
ン
ッ
!
ボ
イ
ン
ッ
!
》
  
 
∧
間
に
合
っ
て
:
:
お
願
い
っ
!
∨
 
  
 
胸
な
ん
て
膨
ら
ま
せ
て
も
 
意
味
な
い
わ
よ
っ
!
 
  
 
  
は
 
そ
の
呪
い
だ
っ
た
 °
  
佳
奈
の
す
で
に
一
人
前
に
大
き
い
胸
が
膨
ら
む
 °
佳
奈
の
切
り
札
  
 
  
《
ム
ク
ッ
》
  
 
  
 
∧
本
当
に
:
:
死
ん
じ
ゃ
う
:
:
こ
う
な
っ
た
ら
:
:
っ
:
:
!
∨
  
 
  
人
の
表
情
で
は
な
い
 °
  
に
よ
る
も
の
だ
 °
佳
奈
か
ら
見
え
る
そ
の
顔
に
浮
か
ぶ
の
は
 

   

  
 
か
は
ぁ
っ
:
:
ゲ
ホ
ッ
!
ゲ
ホ
ッ
!
 
  
 
  
女
子
高
生
は
 
飛
ん
で
い
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
エ
ネ
ル
ギ
|
に
よ
っ
て
 
  
た
ま
ら
ず
女
子
高
生
が
手
を
離
す
と
 
乳
房
に
溜
め
ら
れ
た
弾
性
  
 
  
《
ボ
|
ン
ッ
!
》
  
 
い
や
あ
あ
っ
!
 
  
 
  
引
き
ち
ぎ
ら
れ
そ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
つ
な
ぐ
細
い
紐
の
よ
う
に
 
  
今
や
 
女
子
高
生
の
手
は
 
押
し
上
げ
ら
れ
る
体
と
佳
奈
の
首
を
  
 
  
 
手
が
:
:
痛
い
っ
!
 
  
 
  
の
体
を
完
全
に
支
え
る
形
に
な
る
 °
  
な
っ
た
そ
れ
は
 
女
子
高
生
  
膨
ら
む
ス
ピ
|
ド
は
さ
ら
に
加
速
し
 
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
ほ
ど
に
  
 
  
《
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ッ
ッ
ッ
!
》












   

  
  
  
  
  
  
た
 °
  
す
る
と
 
映
子
を
探
す
た
め
に
 
身
長
を
大
き
く
し
て
走
り
始
め
  
高
生
に
向
か
っ
て
謝
罪
  
佳
奈
は
 
遠
く
の
ほ
う
で
 
頭
を
打
っ
た
の
か
倒
れ
て
い
る
女
子
  
 
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
ね
:
:
 
  
 
  
シ
ュ
ル
シ
ュ
ル
と
乳
房
は
元
の
形
に
戻
っ
た
 °
  
 
  
 
な
ん
と
か
:
:
な
っ
た
:
:
は
ぁ
:
:
 
  
 
  
況
で
は
あ
っ
た
が
 °
  
ら
い
の
体
積
と
重
さ
の
乳
房
に
抑
え
ら
れ
て
 
ま
だ
息
苦
し
い
状
  
佳
奈
は
や
っ
と
息
を
す
る
こ
と
が
出
来
た
 °
自
身
の
体
と
同
じ
く
  
 

























  > ≫