だ  朽  る  早     う  る  と  い  ま  か  は  液  ら  面  ン        t  姉  
  と  ち  前  か  い  か  事  い  る  ぁ   ° な  体  1  白  ク  何     h  妹  
  し  る  に  れ  や  ?  が  っ  の   `    い  に  0  い  色  か     r  別  
  た   ° 自  少   °    分  た  だ  何     と  意  時  位  の  を     e  体  
  ら     分  な  彼     か  意  か  に     思  思  間  に  液  象     e  格  
   `    の  か  女     っ  味  ら  せ     う  が  が  静  体  徴       ┌┐ 
  目     欲  れ  は     て  は  意  よ     の  無  経  か  が  し     作  続  
  の     望   ` 自     い  無  思  そ     は  け  過  な  揺  て        き  
  前     な  全  問     る  い  が  の     意  れ  し  そ  れ  い       └┘ 
  の     ど  て  自     の   ° あ  液     思  ば  て  れ  て  る           
  人     を  の  答     に  な  ろ  体     の   ` い  は  い  三           
  間     出  も  に     意  ら  う  の     あ  待  る   ` た  角           
  が     来  の   ┐    思  ば  が  行     る  た   ° 既   ° フ           
  行     る  は  否     を  何  無  く     者  さ     に     ラ           
  っ     だ  朽 └      持  故  か  末     の  れ     放     ス           
  て     け  ち  を     つ  生  ろ  は     思  る     置     コ           
  い     満  る  出     の  物  う  決     い  の     さ     の           
  る     た   ° す     で  は  が  ま     あ  も     れ     中           
  の     し  朽   °    あ  朽  そ  っ     が  苦     て     に           
  も     て  ち        ろ  ち  れ  て     り  で     か     ピ           
                                                              



  姉  そ  は  一  久  1     そ  よ  液  3  界     に  に  ロ   ┐    彼  死  
  へ  れ   ` 瞬  々  0  目  れ  う  が  日  に  そ  入  入  ロ  ・  そ  女  へ  
  と  を  直   ` に  時  の  を  が  滴  射  達  ろ  れ  れ  フ  ・  の  が  の  
  再  見  ぐ  激  反  間  前  意  お  り  乳  し  そ  る  て  ォ  ・  人  そ  序  
  度  届  に  し  応  波  の  図  構  落  し  て  ろ   °  ` ル  そ  間  う  曲  
  合  け  沈  い  す  一  液  的  い  ち  て  い  丸  分  蒼  ム  う  が  答  な  
  図   ` 黙  煙  る  つ  体  に  無  て  い  た  3  か  く  を  し  手  え  の  
  を  再  し  と   ° 立  が  無  し  い  な   ° 日  っ  な  今  た  を  を  か  
  送  び  た  水     て  青  視  の  た  い     に  た  っ  ま  ら  振  出   ° 
  る  自   ° し     な  に  し  非  が  乳     な  ?  た  で  3  る  し  そ  
   ° 分     ぶ     か  な  た  常  目  は     る └   ら  や  :   °  ` う  
     が     き     っ  っ   ° に  の  パ     拘     直  っ  1  彼  再  に  
     拘     を     た  た     便  前  ン     束     ぐ  て  で  女  び  違  
     束     上     ピ  の     利  の  パ     に     に  た  水  は  前  い  
     し     げ     ン  を     な  何  ン      `    ピ  緑  と  答  を  な  
     た     た     ク  見     体  日  に     身     ン  色  合  え  向  い  
      `    そ     の  計     の  間  張     も     ク  の  わ  た  い   ° 
     自     の     液  ら     少  放  れ     心     色  奴  せ   ° た     
     ら     液     体  い     女  置   `    も     の  の  た      °    
     の     体     が   `    は  し  乳     限     奴  中  ク           
                           `                                  



  膨  机  の  ら  が  部  て  石  室  を  し     開  井  事  し     か  飲   ┐ 
  乳  の  上  全  っ  屋  い  で   ° 見  た  そ  放  か  を  く  重  色  む  ・  
  液  上  に  力  て  の  る  四     渡  地  れ  さ  ら  余   ` 力  々  前  ・  
 └   に  あ  で  お  隅   ° 方     し  下  に  れ  ぶ  儀  か  と  限  に  ・  
 ┌┐ は  る  逃  り  に     を     た  室  し  た  ら  な  つ  自  界  こ  ・  
  ま  先  1  げ ┌┐ 先     囲      ° を  て  姉  下  く  憎  ら  な  れ  ・  
  ん  程  つ  た  今  程     ま     狭  完  も  の  げ  さ  い  の  ん  外  ・  
  ま  姉  の └┘  ` ま     れ     く  成  |  体  た  れ └┘ 重  だ  し  そ  
  や  の  ラ   ` そ  で      `     ` 以  |  が  拘  て  あ  み  け  て  れ  
  が  監  ン  部  の  姉     余     日  来  |  ど  束  い  の   ` ど  く  で  
  な  修  タ  屋  姉  を     計     当   ` 由  さ  具  る  液  そ   ° れ  完  
 └┘ に  ン  の  が  拘     に     た  2  佳  り  の  そ  に  し  特  な  成  
   ° よ  以  中  母  束     閉     り  0  は  と  鍵  の  よ  て  に  い   ° 
     っ  外  心  乳  し     鎖     が  時  自  崩  を  胸  っ ┌┐ 胸  ?  飲  
     て  は  地  を  た     的     全  間  ら  れ  外  を  て  個   ° い  ん  
     完  光  に  垂  拘     な     く  ぶ  設  る  し  一  下  人 └   い  で  
     成  源  は  ら  束     空     無  り  計   ° た  瞥  に  的     加  良  
     し  は  机  し  具     間     い  に   `     ° し  垂  に     減  い  
     た  無   ° な  が     に     地  全  製         ` れ  羨     胸  け  
      ┐  ° 机  が  転     し     下  景  作        天  る  ま     と  ど  
                                                              



  も  れ  苦  囚     そ  か  持  意  を     見  え  自  に     か  滅  は  ど  
  忘  も  痛  わ  胃  の  き  ち  を  躊  今  下  て  ら  も  雰  ら  多  あ  う  
  れ  わ  と  れ  の  ま  混  上  決  躇  や  ろ  無  の  分  囲   ` に  ま  せ  
  て  ず  い   ` 中  ま  ぜ  げ  し  さ  何  す  視  馬  か  気  1  帰  り  1  
  し  か  う  次  に  躊  ら  る   ` せ  だ   ° し  鹿  ら  作  度  っ  考  度  
  ま  数  わ  に  氷  躇  れ   ° そ  る  か     て  な  な  り  き  て  え  し  
  う  秒  け  頭  が  し  た  水  の  の  分      ` 行  か  の  り  こ  て  か  
  ほ  で  で  に  落  な   ° 面  液  に  か     も  い  っ  為  で  な  作  使  
  ど   ` も  衝  ち  い     が  体  は  ら     う  の  た  に  充  い  っ  わ  
  短  そ  な  撃  た  内     大  が  充  な     一  原   ° こ  分  両  て  な  
  期  の  く  が  よ  に     き  入  分  い     度  因  ど  こ  だ  親  い  い  
  間  痛   ` 走  う   `    く  っ  な  色     机  を  う  ま   ° に  な  予  
  の  み  恍  っ  な  一     揺  た  効  の     の  忘  せ  で     黙  い  定  
  内  を  惚  た  不  度     れ  三  力  液     上  れ  ノ  凝     っ   ° だ  
  に  反  で   ° 思  に      ` 角  を  体     に  て  リ  る     て     か  
  消  芻  も     議  飲     中  フ  持  は     あ  い  だ  理     作     ら  
  え  し  な     な  み     の  ラ  っ   `    る  た  ろ  由     っ     強  
  て  た  い     感  込     液  ス  て  飲     液  事  う  は     た     度  
  し  く   °    覚  ん     体  コ  い  む     体  は   ° 自     の     の  
  ま  て  そ     に  だ     が  を  る  の     を  あ     分     だ     事  
                  °           °                               



  乳  意     回  い  訴  か  あ  い      ┐    色      ┐ て  今  っ     っ  
  首  識  何  路   ` え  っ  れ  た  由  ・     の  少  ・  い  頃  た  飲  た  
  を  し  と  は  詐  れ  た  か   ° 佳  ・     グ  女  ・  る  風  妙  む   ° 
  軽  て  な  回  欺  ば   ° ら     は  ・     ラ  が  ・  姉  呂  な  前     
  く  い  く  ら  よ  自     既     風  う     デ  そ  ま  を  場  気  と     
  触  る   ` な  り  分     に     呂  っ       の   ` 再  を  分  体     
  っ  た  自  か  罪  が     4     の  た     シ  ま  そ  び  糖  と  は     
  て  め  分  っ  状  監     時     中  え     ョ  ま  の  拘  質   ` 全     
  み  辛  の  た  は  禁     間     で  て     ン  地  内  束  の  頭  く     
  た  う  非   ° 思  し      °    呪  や     で  上  効  し  液  に  変     
   ° じ  常     い  た     全     詛  る     鮮  に  果  に  体  走  わ     
     て  に     の  事     く     の  ぅ     や  降  が  行  で  っ  ら     
     勃  小     だ  も     効     言  ・     か  り  で  く  黄  た  な     
     っ  さ     が  上     果     葉  ・     に  立  る  所  色  感  い     
     て  く     そ  げ     は     を  ・     彩  つ  で  だ  に  覚   °    
     い   `    こ  ら     現     並 └      ら  と  し  っ  染  さ  先     
     る  先     ま  れ     れ     べ        れ   ` ょ  た  め  え  程     
     自  程     で  て     て     立        て  空   °  ° ま  除  胃     
     分  か     思  し     い     て        い  は └      く  け  に     
     の  ら     考  ま     な     て        た  赤        っ  ば  走     
                                       °              `       



   ┐ を     分              覚      ┐ 走      ┐          が        
  は  貪  そ  の  ま  じ  も  か  に  そ  何  っ  自  え     ド      ° 彼  今  
  ぁ  る  の  乳  と  ゃ  っ  ら  犯  の   ` た  ら  ?     ク        女  ま  
  ・  し  度  首  も  な  と  だ  さ  理  い  快  の └      ン        は  で  
  ・  か  に  を  な  い   ` が  れ  由  ま  感  脳         °        ` 幾  
  ・  無  泥  我  思  と  さ   ` た  を  の  と  髄                 再  度  
  う  か  沼  を  考   ` わ  あ   ° 自  ・  は  に                 び  と  
  ん  っ  化  忘  が  こ  り  つ     問  ・  比  一                 そ  無  
  ・  た  し  れ  出  わ  た  い     自  ・  べ  瞬                 の  く  
  ・   ° て  て  来  れ  い   °    答  !?  物  走                 感  触  
  ・     行  こ  な  ち   °       す └   に  っ                 触  れ  
  は     く  ね  く  ゃ           る     な  た                 を  た  
  ぅ     が  回  な  う           前     ら  快                 期  感  
  ・      ` し  っ   °          に     な  感                 待  触  
  ・     今  た  た               `    い  は                 し   ° 
  ・     は   ° 少              脳     物   `                た     
 └      そ     女              が     だ  こ                  °    
        の     は              別     っ  れ                       
        恍      `             の     た  ま                       
        惚     自              感      ° で                       
                                                              



                 け  て  さ     し  あ  瞬      ┐                   
                  ` い  い  彼  て  る  快  快  え     ド     や  そ  も  
                 意  る  乳  女  い  意  楽  感  ・     ピ     が  の  っ  
                 識  事  首  は  な  味  を  の  ・     ュ     て  一  と  
                 が  を  か   ` か  で  忘  中  ・     ッ      ` 心  気  
                 昏  確  ら  自  っ  は  れ  で  ?     !     自  で  持  
                 倒  認  溢  分  た  期  眼  聞 └            分  触  ち  
                 し  し  れ  の  光  待  を  こ              の  り  よ  
                 た   ` る  平  景  し  開  え              中  続  く  
                  ° 初  母  坦  だ   ` く  た              で  け  な  
                    め  乳  な  っ  あ   ° 唯               ` る  り  
                    て  で  胸  た  る     一              何  少  た  
                    の   ` か   ° 意     の              か  女  い  
                    強  自  ら     味     外              が   °  ° 
                    烈  ら  生     で     部              弾        
                    な  の  え     は     の              け        
                    快  手  て     全     音              た        
                    楽  が  い     く     に              !        
                    に  濡  る     想      `                      
                    負  れ  小     像     一