で
出
来
る
よ
う
な
物
が
好
き
か
と
思
っ
た
ら
 
オ
セ
ロ
や
大
富
豪
  
そ
う
言
っ
た
事
が
あ
る
 °
神
経
衰
弱
や
知
恵
の
輪
と
言
っ
た
1
人
  
部
室
で
1
人
で
双
六
を
し
て
い
た
ら
し
い
 °
昔
か
ら
ア
イ
リ
ス
は
  
エ
リ
ス
さ
ん
の
話
に
よ
る
と
 
僕
が
部
室
か
ら
帰
っ
た
あ
の
後
 
  
で
あ
る
 °
  
イ
リ
ス
の
母
親
で
あ
る
エ
リ
ス
さ
ん
に
家
に
来
て
と
言
わ
れ
た
の
  
何
故
 
自
分
の
家
で
は
な
く
夕
霧
家
に
居
る
の
か
と
言
う
と
 
  
・
ア
イ
リ
ス
に
対
し
て
酷
い
言
葉
を
か
け
て
し
ま
っ
た
 °
そ
し
て
  
 
と
 
僕
は
今
日
 
異
母
兄
妹
に
し
て
想
い
人
で
あ
る
夕
霧
・
S
  
 
  
 
流
石
に
言
い
過
ぎ
た
か
な
ぁ
:
:
:
:
 
  
 
  
の
よ
う
な
言
葉
が
ま
だ
心
の
中
に
残
っ
て
い
た
か
ら
だ
 °
  
か
っ
た
 °
何
故
な
ら
ば
今
日
の
同
好
会
で
の
彼
女
に
対
す
る
侮
辱
  
心
の
気
持
ち
を
表
し
て
い
た
が
 
そ
れ
以
上
に
僕
の
心
は
晴
れ
な
  
ぎ
な
が
ら
ゆ
っ
く
り
と
休
憩
を
行
っ
て
い
た
 °
身
体
は
確
か
に
安
  
 
僕
 
遠
藤
鷹
人
は
夕
霧
家
に
て
コ
|
ヒ
|
カ
ッ
プ
に
お
茶
を
注
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
新
・
恋
愛
悪
魔
の
双
六
 
中
篇














≪ <  

  
 
あ
ら
あ
ら
 
鷹
人
君
 °
来
て
く
れ
て
嬉
し
い
わ
 
  
 
  
山
の
よ
う
で
あ
る
 °
  
し
 °
胸
も
大
き
く
て
柔
ら
か
い
双
丘
で
す
し
 
ま
る
で
胸
も
動
く
  
胸
も
だ
い
た
い
そ
れ
に
匹
敵
す
る
く
ら
い
大
き
い
と
言
っ
て
い
た
  
ら
か
ら
し
て
も
ビ
ッ
ク
リ
仰
天
で
あ
る
 °
確
か
身
長
が
約
3
m
で
 
  
そ
う
だ
け
れ
ど
も
 
山
の
よ
う
な
大
き
な
あ
れ
に
関
し
て
も
こ
ち
  
変
わ
ら
ず
 
こ
ち
ら
が
驚
く
く
ら
い
の
巨
大
さ
で
あ
る
 °
身
長
も
  
押
し
て
 
扉
を
開
け
る
と
中
か
ら
エ
リ
ス
さ
ん
が
出
て
来
る
 °
  
の
近
所
に
あ
る
夕
霧
家
へ
と
向
か
っ
た
 °
そ
し
て
 
チ
ャ
イ
ム
を
  
僕
も
ち
ょ
っ
と
気
に
な
る
か
ら
ア
イ
リ
ス
の
事
を
知
る
た
め
に
家
  
 
  
う
で
あ
る
 °
  
か
っ
た
の
だ
そ
う
だ
 °
だ
か
ら
 
母
親
と
し
て
気
に
な
る
の
だ
そ
  
帰
っ
た
の
に
顔
も
見
せ
ず
に
自
室
に
入
る
だ
な
ん
て
今
ま
で
は
な
  
保
て
て
い
た
 °
今
ま
で
も
1
人
遊
び
は
少
な
く
な
か
っ
た
の
だ
が
 
  
そ
れ
故
 
僕
が
一
緒
に
な
っ
て
楽
し
む
こ
と
で
な
ん
と
か
体
裁
を
  
己
完
結
す
る
性
格
を
母
親
で
あ
る
エ
リ
ス
さ
ん
は
気
に
し
て
い
た
 °
  
人
で
遊
ん
で
楽
し
む
の
が
多
か
っ
た
 °
そ
の
1
人
で
ゲ
|
ム
を
自
  
と
言
っ
た
本
来
な
ら
ば
複
数
人
で
遊
ぶ
よ
う
な
ゲ
|
ム
で
さ
え
1

   

  
 
ど
う
に
か
し
て
離
れ
よ
う
と
し
て
も
 
僕
の
2
倍
は
あ
ろ
う
か
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
:
:
:
:
 
  
 
  
伝
わ
っ
て
来
る
 °
  
こ
か
ら
離
れ
た
く
な
い
と
言
う
 
ま
さ
に
楽
園
の
よ
う
な
感
触
が
  
し
て
鼻
か
ら
香
る
お
花
畑
の
よ
う
な
美
し
い
香
り
 °
一
秒
で
も
そ
  
 
極
上
の
絹
で
す
ら
感
じ
得
な
い
 
天
に
も
昇
る
心
地
良
さ
 °
  
ひ
し
と
伝
わ
っ
て
来
る
 °
  
か
い
肌
色
の
大
き
な
胸
の
感
触
 °
そ
れ
が
僕
の
身
体
越
し
に
ひ
し
  
抱
き
着
い
て
来
た
 °
そ
れ
に
よ
っ
て
僕
の
身
体
に
感
じ
る
 
柔
ら
  
 
そ
う
言
っ
て
 
話
し
て
い
る
と
い
き
な
り
エ
リ
ス
さ
ん
が
僕
に
  
 
  
 
え
い
っ
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
今
す
ぐ
ア
イ
リ
ス
に
会
っ
て
:
:
:
:
 
  
 
  
 
あ
 
あ
ぁ
:
:
:
:
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 
と
言
う
僕
 °
  
エ
リ
ス
お
母
さ
ん
∧
叔
母
さ
ん
と
言
う
と
怒
る
の
で
お
母
さ
ん
∨
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
相
変
わ
ら
ず
の
無
表
情
な
顔
で
こ
ち
ら
を
見
る
  
 

























   

  
 
  
 
う
ぅ
|
♪
 
良
い
匂
い
♪
 
  
 
  
て
し
ま
っ
た
 °
ま
ぁ
 
ア
イ
リ
ス
は
そ
れ
で
も
好
き
な
ん
だ
が
 °
  
で
 
僕
は
母
さ
ん
達
の
よ
う
な
巨
乳
で
し
か
反
応
出
来
な
く
な
っ
  
た
胸
ば
か
り
を
し
て
い
る
の
は
ど
う
し
て
な
ん
だ
ろ
う
 °
お
か
げ
  
る
が
い
つ
も
胸
を
押
し
付
け
た
り
 
胸
の
中
に
挟
ん
だ
り
と
言
っ
  
何
故
だ
か
可
愛
が
ら
れ
て
い
る
 °
と
は
言
っ
て
も
 
そ
の
可
愛
が
  
で
あ
る
彩
母
さ
ん
だ
け
が
僕
と
言
う
息
子
を
出
産
し
た
物
だ
か
ら
 
  
さ
ん
も
 
そ
し
て
エ
リ
ス
母
さ
ん
も
皆
娘
を
出
産
し
て
 
僕
の
母
  
は
会
い
た
く
な
い
ん
だ
 °
月
母
さ
ん
も
花
見
母
さ
ん
も
ハ
|
ト
母
  
 
僕
は
父
さ
ん
の
代
用
品
か
!
 
だ
か
ら
あ
ん
ま
り
母
さ
ん
達
に
  
 
  
 
あ
ん
ま
り
会
え
な
い
か
ら
 
鷹
人
君
で
代
用
 
  
 
  
 
そ
 
そ
う
言
う
の
は
父
さ
ん
に
頼
ん
で
く
だ
さ
い
!
 
  
 
  
 
鷹
人
君
は
隼
人
に
似
て
る
 °
抱
き
心
地
と
か
 
触
り
心
地
が
 
  
 
  
と
言
う
そ
の
身
長
の
前
で
は
僕
の
身
体
は
ち
っ
と
も
動
か
な
い
 °

   

  
い
た
 °
こ
こ
ま
で
来
て
な
ん
だ
が
 
も
う
既
に
疲
れ
た
か
ら
帰
り
  
そ
し
て
 
よ
う
や
く
僕
は
ア
イ
リ
ス
の
部
屋
の
前
ま
で
た
ど
り
着
  
 
  
瞬
感
覚
を
忘
れ
て
し
ま
う
ほ
ど
の
心
地
良
さ
だ
っ
た
 °
  
を
す
る
た
め
の
強
い
ハ
グ
を
受
け
て
全
身
が
柔
ら
か
い
感
触
で
一
  
放
し
て
く
れ
た
 °
最
後
に
離
れ
る
前
に
 
今
ま
で
以
上
の
密
着
度
  
ね
 °
私
の
娘
だ
し
 
と
分
か
っ
た
よ
う
な
口
調
で
 
よ
う
や
く
解
  
 
う
ち
の
子
:
:
:
:
苛
立
っ
て
い
る
み
た
い
 °
ま
ぁ
 
そ
う
よ
  
ン
と
言
う
 
足
で
壁
を
蹴
る
よ
う
な
音
が
し
て
エ
リ
ス
さ
ん
が
  
よ
う
や
く
解
放
さ
れ
た
の
は
そ
れ
か
ら
3
0
分
後
 °
上
で
ガ
ン
ガ
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
 
  
ん
が
満
足
す
る
ま
で
僕
は
動
け
な
か
っ
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
結
局
 
ア
イ
リ
ス
の
事
を
見
舞
い
に
来
た
は
ず
が
 
エ
リ
ス
さ
  
な
い
気
持
ち
に
な
っ
た
 °
  
そ
の
度
に
胸
が
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
揺
れ
て
い
て
 
僕
は
落
ち
着
か
  
を
言
う
前
に
僕
の
香
り
を
楽
し
ん
で
い
る
エ
リ
ス
さ
ん
 °
何
故
か
 
  
 
あ
な
た
の
方
が
良
い
匂
い
さ
せ
て
い
る
ん
で
す
が
 
と
言
う
事
  
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
エ
リ
ス
さ
ん
 












   

  
 
へ
っ
?
 
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
帰
る
わ
 
  
 
  
 
:
:
:
:
う
ん
 °
そ
う
す
る
 
  
 
  
て
お
け
よ
 
  
 
お
前
の
お
母
さ
ん
が
心
配
し
て
た
ぞ
 °
一
応
 
挨
拶
だ
け
は
し
  
 
  
ら
 
病
気
の
類
で
は
な
い
み
た
い
だ
 °
  
 
と
 
声
が
聞
こ
え
て
来
る
 °
よ
し
 
声
に
別
に
異
常
な
し
だ
か
  
 
  
 
:
:
:
:
鷹
人
?
 
  
 
  
 
ア
イ
リ
ス
?
 
大
丈
夫
か
?
 
  
 
  
ト
ン
ト
ン
 
と
扉
を
叩
く
僕
 °
  
 
  
て
お
こ
う
 °
  
た
い
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
ま
ぁ
 
一
応
来
た
と
言
う
名
分
は
果
た
し

   

  
 
  
 
痛
い
な
ぁ
 
も
う
 °
ア
イ
リ
ス
 
な
ん
だ
っ
て
ん
d
:
:
:
:
 
  
 
  
そ
し
て
僕
は
そ
の
ま
ま
部
屋
へ
と
連
れ
込
ま
れ
る
 °
  
な
力
だ
っ
た
 °
  
よ
う
な
 
物
凄
い
さ
っ
き
エ
リ
ス
さ
ん
に
喰
ら
っ
た
万
力
の
よ
う
  
そ
れ
は
ア
イ
リ
ス
の
よ
う
な
小
柄
な
女
の
子
で
は
考
え
ら
れ
な
い
  
扉
が
開
く
よ
う
な
音
と
共
に
ガ
シ
ッ
と
僕
の
背
中
が
掴
ま
れ
る
 °
  
 
僕
は
そ
う
言
っ
て
階
段
を
降
り
て
家
へ
帰
ろ
う
と
し
た
そ
の
時
 
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
後
は
頑
張
れ
よ
な
 °
ア
イ
リ
ス
 
  
 
  
 
え
t
 
ち
ょ
っ
と
:
:
:
:
 
  
 
  
 
大
丈
夫
そ
う
だ
し
 
後
は
エ
リ
ス
さ
ん
に
任
せ
て
お
く
わ
 
  
 
  
き
た
 °
  
る
音
と
共
に
 
あ
ち
ゃ
|
 
と
言
う
ア
イ
リ
ス
の
声
が
聞
こ
え
て
  
 
そ
う
言
っ
た
途
端
 
中
で
ガ
チ
ャ
ガ
チ
ャ
と
言
う
何
か
が
倒
れ
  
 

























   

  
 
  
 
こ
れ
は
:
:
:
:
人
生
ゲ
|
ム
?
 
  
 
  
る
 °
  
の
事
を
知
る
の
は
あ
の
後
 
部
室
で
双
六
を
見
つ
け
た
所
ま
で
遡
  
リ
ス
が
ど
う
し
て
2
m
サ
イ
ズ
の
女
に
な
っ
て
い
る
の
か
?
 
そ
  
 
幼
児
体
型
で
女
ら
し
さ
に
か
け
て
い
た
私
 
夕
霧
・
S
・
ア
イ
  
☆
  
 
  
い
ぺ
っ
た
ん
こ
の
胸
を
こ
ち
ら
へ
と
向
け
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
は
そ
う
言
っ
て
 
2
m
サ
イ
ズ
に
し
て
は
全
然
育
っ
て
い
な
  
 
  
 
ど
う
し
よ
う
 
鷹
人
君
!
 
私
の
胸
 
全
然
育
っ
て
な
い
!
 
  
 
  
ス
は
こ
ち
ら
を
見
な
が
ら
 
涙
目
で
  
に
綺
麗
だ
っ
た
 °
そ
し
て
そ
ん
な
美
し
い
女
神
と
化
し
た
ア
イ
リ
  
そ
の
姿
は
ま
る
で
美
術
館
で
飾
ら
れ
て
い
る
ヴ
ィ
|
ナ
ス
の
よ
う
  
の
大
人
の
美
女
と
な
っ
た
ア
イ
リ
ス
が
居
た
の
だ
 °
し
か
も
裸
で
 °
  
そ
こ
に
居
た
の
は
僕
よ
り
も
2
0
c
m
以
上
高
い
 
2
m
サ
イ
ズ
  
 
そ
う
言
っ
て
 
言
葉
を
発
し
よ
う
と
し
た
が
僕
は
声
を
失
っ
た
 °

   

  
 
  
 
こ
れ
っ
て
:
:
:
:
も
し
か
し
て
私
?
 
  
 
  
A
A
┗┛
  
┏┓
S
1
4
3
 
B
6
4
 
W
5
2
 
H
6
2
 
T
o
t
a
l
;
A
  
 
  
ス
の
よ
う
な
場
所
に
文
字
が
書
か
れ
る
 °
  
分
か
る
か
な
と
思
い
 
駒
を
置
い
た
 °
す
る
と
 
さ
っ
き
の
ガ
ラ
  
 
私
は
そ
う
言
い
な
が
ら
 
ま
ぁ
 
と
り
あ
え
ず
や
っ
て
み
れ
ば
  
 
  
こ
れ
:
:
:
:
 
  
 
マ
ス
に
は
何
も
書
か
れ
て
い
な
い
し
 
ど
う
な
っ
て
ん
の
よ
 
  
 
  
あ
る
 °
こ
れ
じ
ゃ
あ
 
人
生
ゲ
|
ム
と
し
て
は
間
違
っ
て
い
る
 °
  
と
 
こ
の
箱
の
ど
こ
に
も
お
金
や
カ
|
ド
が
入
っ
て
い
な
い
事
で
  
の
上
に
取
り
付
け
ら
れ
て
い
る
透
き
通
っ
た
ガ
ラ
ス
の
よ
う
な
物
  
な
物
ま
で
あ
る
 °
一
つ
気
が
か
り
な
事
と
言
え
ば
 
ル
|
レ
ッ
ト
  
ら
れ
て
い
て
 
ス
タ
|
ト
と
ゴ
|
ル
が
あ
る
 °
そ
れ
に
車
の
よ
う
  
を
知
っ
た
 °
真
ん
中
に
は
ル
|
レ
ッ
ト
の
よ
う
な
物
が
取
り
付
け
  
 
私
は
取
り
出
し
た
箱
を
見
て
 
そ
れ
が
人
生
ゲ
|
ム
で
あ
る
事

   

  
 
そ
う
思
い
つ
つ
 
私
は
ル
|
レ
ッ
ト
に
手
を
伸
ば
す
と
服
の
裾
  
 
  
 
ち
ょ
っ
と
変
わ
っ
た
け
ど
:
:
:
:
こ
れ
が
何
か
:
:
:
:
 
  
 
  
A
A
┗┛
  
┏┓
S
1
5
7
 
B
7
0
 
W
5
9
 
H
7
2
 
T
o
t
a
l
;
A
  
 
  
文
字
に
変
化
が
訪
れ
る
 °
  
と
回
り
 
出
た
の
は
4
 °
私
は
4
マ
ス
進
め
る
 °
す
る
と
 
鏡
の
  
 
疑
問
に
思
い
な
が
ら
も
 
ル
|
レ
ッ
ト
を
回
す
私
 °
ク
ル
ク
ル
  
 
  
 
で
も
な
ん
で
 
私
の
?
 
  
 
  
最
近
だ
と
私
よ
り
発
育
の
良
い
子
な
ん
て
大
勢
い
る
か
ら
 °
  
小
っ
ち
ゃ
い
 °
1
4
3
c
m
な
ん
て
 
1
1
歳
女
子
の
平
均
だ
し
 
  
と
言
う
の
は
私
の
胸
の
カ
ッ
プ
数
で
あ
る
 °
相
変
わ
ら
ず
私
っ
て
  
H
6
2
は
私
の
ス
リ
|
サ
イ
ズ
 
そ
し
て
T
o
t
a
l
;
A
A
A
  
 
S
1
4
3
と
は
私
の
身
長
1
4
3
c
m
 
B
6
4
 
W
5
2
 
  
た
か
ら
で
あ
る
 °
  
 
と
 
私
は
数
字
を
見
て
驚
い
て
い
た
 °
こ
の
数
字
群
が
私
だ
っ

   

  
っ
た
 °
  
れ
て
い
た
の
は
6
 °
6
マ
ス
進
め
る
と
 
ま
た
鏡
の
文
字
が
変
わ
  
 
私
は
そ
う
楽
観
視
し
て
 
ル
|
レ
ッ
ト
を
回
す
 °
そ
こ
に
書
か
  
 
  
 
ま
ぁ
 
続
け
ま
し
ょ
う
 
  
 
  
な
ん
て
:
:
:
:
 °
  
ょ
う
か
?
 
け
れ
ど
も
 
こ
の
人
生
ゲ
|
ム
に
そ
ん
な
力
が
あ
る
  
そ
の
せ
い
で
学
生
服
が
破
れ
か
か
っ
て
い
る
と
言
う
事
な
の
で
し
  
 
つ
ま
り
私
は
 
1
4
3
c
m
か
ら
一
気
に
1
5
7
c
m
に
な
り
 
  
 
  
 
鏡
の
中
の
文
字
通
り
に
な
っ
て
い
る
っ
て
事
?
 
  
 
  
も
し
か
し
て
:
:
:
:
 °
  
る
と
他
の
箇
所
も
ち
ょ
っ
と
ほ
つ
れ
か
か
っ
て
い
る
 °
こ
れ
っ
て
  
 
慌
て
て
み
る
と
 
私
の
学
生
服
の
裾
が
破
け
て
い
た
 °
良
く
見
  
 
  
 
え
っ
:
:
:
:
 
  
 
  
か
ら
ビ
リ
ッ
と
言
う
 
何
か
が
破
け
る
音
が
聞
こ
え
て
来
る
 °


   

  
そ
こ
に
は
真
っ
平
の
 
何
も
付
け
て
い
な
い
よ
う
な
平
坦
な
丘
が
  
 
そ
う
思
っ
て
 
私
は
ゆ
っ
く
り
と
目
線
を
下
に
合
わ
せ
て
い
く
 °
  
 
  
 
こ
の
人
生
ゲ
|
ム
凄
い
!
 
凄
い
け
ど
:
:
:
:
 
  
 
  
こ
こ
ま
で
景
色
が
違
っ
て
見
え
る
だ
な
ん
て
思
い
も
し
な
か
っ
た
 °
  
屋
 
い
つ
も
の
部
室
な
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
身
長
が
違
う
だ
け
で
  
 
立
っ
て
み
る
と
 
景
色
が
全
然
違
っ
て
見
え
た
 °
い
つ
も
の
部
  
 
  
 
お
ぉ
う
:
:
:
:
 
  
 
  
み
よ
う
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
ら
も
 
1
7
0
c
m
に
な
っ
た
私
が
ど
れ
だ
け
高
い
か
を
感
じ
て
  
m
代
の
私
の
今
の
身
長
で
持
つ
訳
が
無
い
 °
私
は
そ
う
思
い
な
が
  
に
1
4
3
c
m
と
言
う
私
基
準
で
作
っ
た
学
生
服
が
 
1
7
0
c
  
 
私
の
服
が
ビ
リ
ビ
リ
と
言
う
音
と
共
に
 
破
れ
て
い
く
 °
流
石
  
 
  
A
A
┗┛
  
┏┓
S
1
7
0
 
B
7
8
 
W
6
3
 
H
7
6
 
T
o
t
a
l
;
A
  
 

























   

  
も
う
夕
暮
れ
時
で
走
り
た
い
が
 
走
っ
て
し
ま
う
と
も
う
既
に
破
  
で
人
生
っ
て
変
わ
っ
て
見
え
る
ん
だ
な
と
私
は
そ
う
思
っ
て
い
た
 °
  
歩
歩
く
だ
け
で
大
丈
夫
に
な
っ
た
 °
身
長
が
違
う
だ
け
で
こ
こ
ま
  
っ
た
 °
今
ま
で
2
 
3
歩
か
け
て
行
っ
て
い
た
距
離
が
普
通
に
1
  
 
そ
ん
な
事
を
知
ら
ず
に
帰
っ
て
い
た
帰
り
道
 °
私
は
ご
機
嫌
だ
  
 
  
い
た
と
は
私
は
知
ら
な
か
っ
た
 °
  
の
上
に
置
い
て
い
た
そ
の
人
生
ゲ
|
ム
の
ル
|
レ
ッ
ト
を
回
し
て
  
 
そ
の
後
 
誰
も
居
な
く
な
っ
た
部
室
に
 
隙
間
風
が
入
り
 
  
へ
と
帰
っ
た
 °
  
せ
よ
う
 °
私
は
そ
う
思
い
 
鍵
を
か
け
て
部
屋
の
外
に
出
て
 
  
の
身
長
が
高
く
な
っ
た
私
の
姿
を
鷹
人
君
に
見
せ
て
び
っ
く
り
さ
  
破
け
て
し
ま
い
そ
う
だ
 °
こ
の
辺
で
や
め
て
お
こ
う
 °
明
日
 
  
言
っ
た
っ
て
ど
う
し
よ
う
も
な
い
 °
こ
れ
以
上
や
る
と
服
が
全
部
  
 
私
は
そ
う
思
い
つ
つ
 
溜
息
を
吐
い
た
 °
け
れ
ど
も
そ
ん
な
事
  
 
  
ど
:
:
:
:
せ
め
て
胸
の
サ
イ
ズ
は
ど
う
に
か
な
ら
な
か
っ
た
の
?
 
  
 
こ
の
人
生
ゲ
|
ム
 
身
長
を
高
く
し
て
く
れ
る
の
は
嬉
し
い
け
  
 
  
あ
っ
た
 °
い
や
 
丘
と
言
う
よ
り
も
平
野
と
言
う
べ
き
か
 °



   

  
 
  
∧
ち
ょ
っ
と
走
り
す
ぎ
た
?
∨
  
 
  
う
音
が
服
か
ら
聞
こ
え
て
来
る
 °
  
 
佐
藤
君
を
見
な
が
ら
そ
う
思
っ
て
い
る
と
 
急
に
ビ
リ
リ
と
言
  
 
  
夫
!
∨
  
∧
鷹
人
君
と
も
 
今
ま
で
は
子
ど
も
扱
い
だ
っ
た
け
ど
も
う
大
丈
  
 
  
う
か
?
  
普
通
に
同
じ
く
ら
い
の
サ
イ
ズ
に
な
っ
て
い
る
ん
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
  
今
ま
で
は
並
ぶ
と
大
人
と
子
供
サ
イ
ズ
だ
っ
た
私
だ
が
 
今
だ
と
  
い
が
 
そ
れ
に
近
い
数
字
で
あ
る
と
は
噂
で
聞
い
た
事
が
あ
る
 °
  
高
い
か
も
と
噂
の
佐
藤
君
だ
ろ
う
か
?
 
確
か
1
9
0
c
m
は
な
  
の
良
い
高
校
生
が
歩
い
て
い
た
 °
あ
れ
は
確
か
:
:
:
:
学
年
一
  
 
そ
ん
な
事
を
考
え
な
が
ら
歩
い
て
い
る
と
 
目
の
前
で
が
た
い
  
 
  
て
私
は
歩
い
て
下
校
し
て
い
た
 °
  
走
ら
な
く
て
も
身
長
が
高
く
な
っ
た
今
な
ら
ば
大
丈
夫
だ
と
思
っ
  
れ
か
け
の
私
の
制
服
が
大
破
し
て
し
ま
う
可
能
性
も
あ
っ
た
し
 

   

  
  
  
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
私
は
あ
ま
り
の
シ
ョ
ッ
ク
に
 
部
屋
に
引
き
こ
も
っ
て
し
ま
う
  
 
  
∧
成
長
し
て
る
?
∨
  
 
  
に
は
 
2
m
サ
イ
ズ
の
ノ
ブ
が
あ
っ
た
 °
  
 
何
と
か
破
れ
な
が
ら
も
服
で
身
体
を
覆
っ
て
い
る
私
の
目
の
先
  
の
ノ
ブ
を
見
て
 
驚
い
て
い
た
 °
  
は
お
母
さ
ん
達
の
よ
う
な
長
身
の
人
用
に
作
っ
て
い
る
 °
私
は
そ
  
が
あ
る
 °
下
の
所
に
あ
る
の
は
普
通
サ
イ
ズ
 
上
の
所
に
あ
る
の
  
1
5
0
c
m
く
ら
い
の
所
と
2
m
く
ら
い
の
所
の
2
か
所
に
ノ
ブ
  
 
私
の
家
の
扉
は
ち
ょ
っ
と
し
た
特
注
サ
イ
ズ
に
な
っ
て
い
て
 
  
変
わ
っ
た
 °
  
に
帰
っ
て
 
自
宅
に
備
え
付
け
ら
れ
た
特
注
の
扉
を
見
て
確
信
に
  
同
じ
で
あ
っ
た
事
は
気
の
せ
い
だ
と
思
い
な
が
ら
 °
け
れ
ど
も
家
  
9
0
c
m
く
ら
い
は
あ
ろ
う
か
と
言
う
佐
藤
君
の
背
と
ほ
と
ん
ど
  
ら
家
へ
と
帰
る
 °
そ
の
時
 
佐
藤
君
の
横
を
通
り
過
ぎ
る
際
 
  
 
と
 
私
は
破
け
て
ず
れ
落
ち
そ
う
な
ス
カ
|
ト
を
押
さ
え
な
が

  > ≫