道
部
の
歴
史
に
お
い
て
語
ら
れ
な
か
っ
た
事
の
な
い
伝
説
上
の
人
  
 
そ
ん
な
弓
道
部
に
期
待
の
新
人
が
入
部
し
た
 °
今
で
も
な
お
弓
  
ス
と
で
も
呼
ぶ
べ
き
部
活
で
あ
っ
た
 °
  
年
の
よ
う
に
大
会
で
連
覇
を
飾
る
こ
の
部
活
は
紫
峰
学
園
の
エ
|
  
名
で
 
注
目
も
熱
い
 °
そ
し
て
3
つ
目
 
大
本
命
の
弓
道
部
 °
  
こ
い
ら
の
高
校
は
┏┓
紫
峰
の
攻
守
優
れ
た
布
陣
┗┛
は
か
な
り
の
有
  
天
才
は
居
な
い
た
め
に
滅
多
に
テ
レ
ビ
に
映
る
事
は
な
い
が
 
  
強
豪
部
だ
 °
2
つ
目
は
野
球
部
 °
残
念
な
が
ら
才
能
に
恵
ま
れ
た
  
3
年
に
1
回
の
ペ
|
ス
で
全
国
大
会
へ
の
道
を
手
に
入
れ
て
い
る
  
 
1
つ
目
は
水
泳
部
 °
全
国
制
覇
と
ま
で
は
行
か
な
い
が
 
2
 
  
つ
の
部
活
が
あ
っ
た
 °
  
を
修
め
て
い
た
が
 
そ
の
中
で
も
特
に
優
秀
な
成
績
を
修
め
る
3
  
は
 
文
芸
系
の
部
活
よ
り
も
運
動
系
の
部
活
の
方
が
優
秀
な
成
績
  
 
紫
峰
学
園
 °
紫
峰
町
に
通
う
中
高
一
貫
校
で
あ
る
こ
の
学
校
で
  
 
  
 
甘
い
お
菓
子
の
罠
!
 
ブ
ル
|
の
弓
道
大
作
戦
!
 
  
 
第
2
パ
イ
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
2
パ
イ










≪ <  

  
 
  
 
ま
た
ダ
メ
で
し
た
:
:
:
:
 
  
 
  
ち
る
 °
  
う
に
ゆ
る
ゆ
る
と
弓
矢
は
失
速
し
 
的
の
少
し
ず
れ
た
位
置
に
落
  
 
痛
み
で
目
を
瞑
る
と
 
そ
ん
な
私
の
想
い
を
反
映
し
た
か
の
よ
  
 
  
 
:
:
:
:
ッ
!
 
  
 
  
て
越
し
に
私
 
青
志
七
海
の
胸
へ
と
伝
わ
っ
て
来
る
 °
  
 
弓
矢
を
放
っ
た
弓
は
力
の
反
動
で
揺
れ
 
そ
し
て
そ
れ
が
胸
当
  
 
  
∧
|
|
|
|
|
|
放
つ
!
∨
  
 
  
 
弓
を
引
き
 
狙
い
を
定
め
 
そ
し
て
力
を
込
め
て
  
☆
  
 
  
青
志
六
花
の
娘
が
入
部
し
た
の
だ
か
ら
 °
  
部
の
破
魔
矢
と
呼
ば
れ
た
青
志
六
花
∧
あ
お
し
り
っ
か
∨
 °
そ
の
  
物
 
青
志
神
社
の
姫
巫
女
に
し
て
 
そ
の
あ
ま
り
の
腕
か
ら
弓
道

   

  
に
済
み
ま
す
の
に
:
:
:
:
 
  
 
せ
め
て
氷
室
先
輩
み
た
い
な
胸
だ
っ
た
ら
こ
ん
な
事
で
悩
ま
ず
  
 
  
結
果
的
に
成
績
が
落
ち
て
い
た
 °
  
に
 
胸
が
痛
む
の
を
怖
が
っ
て
い
る
私
は
弓
を
十
分
に
張
れ
ず
 
  
そ
れ
が
結
構
痛
い
の
だ
 °
弓
道
に
は
集
中
こ
そ
が
一
番
大
事
な
の
  
弓
が
揺
れ
る
際
に
胸
を
胸
当
て
越
し
と
言
え
ど
も
叩
き
 
そ
し
て
  
る
け
れ
ど
も
 
弓
道
に
と
っ
て
大
き
い
胸
は
邪
魔
で
し
か
な
い
 °
  
 
胸
の
価
値
は
ギ
ガ
ブ
ル
|
と
な
る
く
ら
い
十
分
に
理
解
し
て
い
  
の
胸
だ
 °
  
 
け
れ
ど
も
私
は
最
近
 
ス
ラ
ン
プ
に
陥
っ
て
い
る
 °
原
因
は
こ
  
 
  
名
を
馳
せ
て
い
た
 °
  
ど
も
 
中
学
生
の
頃
は
全
国
で
も
指
折
り
の
実
力
者
と
し
て
私
は
  
た
 °
最
初
は
力
が
な
く
て
弓
を
張
る
事
す
ら
出
来
な
か
っ
た
け
れ
  
で
あ
ろ
う
 °
母
に
頼
ん
で
小
学
生
の
頃
か
ら
私
は
弓
道
を
し
て
来
  
ッ
コ
よ
く
て
 
と
っ
て
も
印
象
に
残
っ
て
い
る
の
が
理
由
の
1
つ
  
 
私
は
昔
か
ら
弓
道
が
好
き
だ
っ
た
 °
昔
見
た
母
の
弓
道
姿
が
カ
  
記
録
7
回
目
だ
 °
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
と
溜
息
を
吐
く
私
 °
今
の
で
的
に
当
た
ら
な
い

   

  
う
の
な
ら
ば
 
弓
道
部
辞
め
ろ
!
 
  
 
言
い
訳
無
用
だ
!
 
胸
が
大
き
い
か
ら
弓
道
が
出
来
な
い
と
い
  
 
で
も
部
長
:
:
:
:
 
  
 
  
愛
い
愛
称
で
呼
ば
れ
て
い
る
 
威
厳
と
か
と
無
縁
の
先
輩
で
あ
る
 °
  
て
す
ぐ
に
怒
り
出
す
性
格
か
ら
┏┓
手
乗
り
ド
ラ
ゴ
ン
┗┛
と
言
う
可
  
先
輩
で
あ
る
 °
年
上
と
は
見
え
な
い
低
身
長
の
幼
児
体
型
 
そ
し
  
の
先
輩
部
員
で
現
弓
道
部
部
長
 
氷
室
龍
子
∧
ひ
む
ろ
り
ゅ
う
し
∨
  
 
 
ふ
ん
!
 
と
堂
々
と
言
う
彼
女
こ
そ
 
私
よ
り
も
2
つ
年
上
  
 
  
を
敬
う
と
言
う
心
は
な
い
の
か
|
!
 
  
 
お
前
が
私
の
胸
が
小
さ
い
と
か
言
う
か
ら
だ
ろ
う
が
!
 
年
上
  
 
何
を
す
る
ん
で
す
か
 
氷
室
部
長
:
:
:
:
 
  
 
  
人
物
を
睨
み
つ
け
る
 °
  
に
私
は
 
ひ
ゃ
っ
!
 
と
声
を
あ
げ
る
 °
そ
し
て
そ
れ
を
行
っ
た
  
で
く
る
 °
胸
に
柔
ら
か
く
 
そ
し
て
冷
た
い
手
が
当
た
っ
て
咄
嗟
  
 
と
 
私
の
言
葉
を
聞
い
て
い
た
彼
女
が
背
中
越
し
に
胸
を
揉
ん
  
 
  
 
サ
ラ
ッ
と
毒
舌
を
吐
く
な
|
!
 
こ
の
H
カ
ッ
プ
め
|
!
 


   

  
 
 
あ
ぁ
 
そ
う
だ
な
 
と
な
ん
か
気
ま
ず
そ
う
な
感
じ
で
言
葉
  
 
  
 
部
長
も
そ
ん
な
事
が
あ
っ
た
ん
で
す
か
?
 
  
に
な
る
:
:
:
:
 
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
 °
嫌
だ
な
 °
昔
の
自
分
を
見
て
い
る
よ
う
で
嫌
  
 
  
道
も
続
け
た
い
の
だ
 °
  
そ
れ
と
同
時
に
私
の
憧
れ
で
あ
る
母
 
そ
の
母
が
や
っ
て
い
た
弓
  
で
あ
る
望
さ
ん
に
言
わ
れ
た
か
ら
だ
 °
私
は
平
和
を
守
り
た
い
 
  
な
っ
た
の
だ
っ
て
 
こ
の
町
を
守
れ
る
か
ら
と
中
学
か
ら
の
親
友
  
紫
峰
町
の
平
和
を
考
え
て
過
ご
し
て
来
た
 °
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
に
  
来
た
事
の
あ
る
神
社
で
あ
る
 °
私
は
そ
こ
の
巫
女
と
し
て
生
ま
れ
 
  
 
私
の
家
は
青
志
神
社
と
言
う
紫
峰
町
に
住
む
人
な
ら
ば
1
度
は
  
 
  
 
諦
め
た
く
な
い
で
す
:
:
:
:
 
  
 
  
な
ら
ば
 
辞
め
て
し
ま
え
ば
良
い
 °
け
れ
ど
も
  
な
い
し
 
い
つ
だ
っ
て
入
退
部
が
出
来
る
 °
本
当
に
弓
道
が
嫌
い
  
 
部
長
の
言
い
分
も
最
も
だ
 °
紫
峰
学
園
で
は
部
活
は
強
制
で
は
  
 

























   

  
し
て
い
た
の
だ
ろ
う
と
私
は
思
っ
た
 °
  
の
 
し
ち
ね
な
る
人
物
は
さ
ぞ
か
し
弓
道
に
お
い
て
皆
よ
り
努
力
  
私
の
よ
う
に
弓
を
引
く
時
に
痛
む
は
ず
だ
 °
両
方
持
っ
て
い
る
そ
  
人
よ
り
少
な
い
と
言
う
事
 °
そ
れ
に
胸
が
大
き
い
と
言
う
の
は
 
  
 
身
長
が
低
い
と
言
う
事
 
そ
れ
は
す
な
わ
ち
弓
を
引
く
体
力
が
  
 
  
 
で
す
ね
:
:
:
:
 
  
で
 
私
な
ん
か
よ
り
も
ず
っ
と
ハ
ン
デ
が
あ
る
と
思
っ
て
た
 
  
く
ら
い
胸
が
あ
る
 
所
謂
ロ
リ
巨
乳
と
言
う
言
葉
が
似
合
う
先
輩
  
て
い
た
先
輩
が
居
て
な
 °
そ
の
先
輩
は
私
く
ら
い
の
身
長
で
お
前
  
な
名
前
で
 
名
前
が
嫌
い
だ
か
ら
と
皆
に
┏┓
し
ち
ね
┗┛
と
呼
ば
せ
  
い
か
ら
な
 °
け
れ
ど
も
そ
の
時
の
先
輩
:
:
:
:
確
か
 
個
性
的
  
伸
び
ず
に
悩
ん
で
い
た
 °
私
は
短
期
集
中
型
で
 
集
中
が
続
か
な
  
だ
っ
て
高
校
1
年
 
つ
ま
り
青
志
と
同
じ
く
ら
い
の
年
は
結
果
が
  
 
あ
の
な
:
:
:
:
最
初
か
ら
完
璧
な
人
間
な
ど
居
る
者
か
 °
  
 
  
な
眼
で
見
て
い
た
 °
  
た
り
し
た
事
な
ん
て
な
い
と
思
っ
て
た
 °
他
の
人
達
も
意
外
そ
う
  
る
エ
リ
|
ト
で
あ
り
 
て
っ
き
り
私
の
よ
う
な
ス
ラ
ン
プ
に
陥
っ
  
を
濁
す
氷
室
部
長
 °
氷
室
部
長
は
毎
年
の
よ
う
に
大
会
で
優
勝
す

   

  
:
 
  
ら
お
菓
子
を
食
べ
た
ら
良
い
 
と
 °
ま
ぁ
 
で
も
本
当
は
:
:
:
  
 
し
ち
ね
先
輩
は
こ
う
答
え
て
く
れ
ま
し
た
 °
 
悩
み
が
あ
っ
た
  
 
  
 
そ
ん
な
私
の
言
葉
に
 
氷
室
部
長
は
こ
う
答
え
て
い
た
 °
  
 
  
 
で
 
そ
の
人
は
ど
ん
な
ア
ド
バ
イ
ス
を
:
:
:
:
 
  
 
  
で
尊
敬
す
る
人
な
ら
ば
物
凄
い
人
な
の
だ
ろ
う
 °
  
ら
れ
な
か
っ
た
の
で
あ
る
 °
け
れ
ど
も
私
は
氷
室
先
輩
が
そ
こ
ま
  
の
腕
は
知
っ
て
い
た
し
 
そ
れ
よ
り
も
凄
い
腕
と
言
う
の
が
信
じ
  
 
そ
の
言
葉
に
部
員
達
全
員
が
驚
き
の
声
を
あ
げ
る
 °
氷
室
先
輩
  
 
  
人
だ
っ
た
 
  
し
い
と
同
時
に
正
確
で
 
し
か
も
集
中
力
が
凄
い
 
神
の
よ
う
な
  
私
は
し
ち
ね
さ
ん
の
弓
道
を
見
て
来
た
が
 
あ
の
人
の
弓
道
は
美
  
か
 
世
界
の
舞
台
で
あ
ろ
う
と
戦
え
る
ほ
ど
の
凄
腕
弓
道
戦
士
だ
 °
  
 
ハ
ン
デ
以
上
の
成
績
を
上
げ
て
 
有
名
だ
っ
た
 °
日
本
ど
こ
ろ
  
 
で
 
そ
の
先
輩
は
:
:
:
:
 
  
 

























   

  
人
で
あ
る
 °
メ
ア
リ
|
は
転
校
生
で
ち
ょ
っ
と
抜
け
て
い
る
け
れ
  
で
あ
る
六
条
帆
夏
と
共
に
仲
良
く
し
て
い
る
 °
病
弱
だ
け
ど
良
い
  
望
さ
ん
は
私
の
小
学
生
時
代
か
ら
の
幼
馴
染
で
 
望
さ
ん
の
友
人
  
来
た
 °
  
 
と
 
私
が
悩
ん
で
い
る
と
望
さ
ん
と
メ
ア
リ
|
が
話
し
か
け
て
  
 
  
 
望
さ
ん
:
:
:
:
 °
メ
ア
リ
|
さ
ん
:
:
:
:
 
  
 
ナ
ナ
ミ
!
 
元
気
な
い
デ
|
ス
!
 
  
 
七
海
ち
ゃ
ん
?
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
の
言
葉
が
思
い
出
せ
な
い
 °
  
う
い
う
意
味
な
ん
だ
ろ
う
?
 
そ
れ
ば
か
り
が
印
象
的
過
ぎ
て
後
  
も
 
お
菓
子
を
食
べ
る
の
が
悩
み
を
解
決
す
る
と
は
:
:
:
:
ど
  
た
私
 °
そ
の
し
ら
ね
と
言
う
先
輩
が
凄
い
の
は
理
解
し
た
け
れ
ど
  
 
と
朝
練
を
終
え
て
昼
休
み
に
な
っ
て
 
教
室
で
1
人
悩
ん
で
い
  
 
  
:
:
 
  
 
悩
み
が
あ
っ
た
ら
お
菓
子
を
食
べ
ろ
 
っ
て
言
わ
れ
て
も
:
:
  
☆
  
 

























   

  
ど
 
な
ん
か
と
っ
つ
き
に
く
い
ん
だ
よ
な
 °
悪
い
人
で
は
な
い
ん
  
な
い
人
で
 
い
つ
も
望
さ
ん
と
一
緒
に
居
る
 °
私
と
も
友
人
だ
け
  
 
六
条
帆
夏
さ
ん
は
い
つ
も
L
I
M
E
を
し
て
い
る
良
く
分
か
ら
  
 
  
 
帆
夏
ち
ゃ
ん
が
:
:
:
:
 
  
┏┓
ラ
・
フ
|
ル
┗┛
と
言
う
お
菓
子
の
お
店
が
良
い
と
聞
き
ま
し
た
!
 
  
 
そ
う
言
え
ば
お
菓
子
で
し
た
ら
 
帆
夏
ち
ゃ
ん
が
最
近
出
来
た
 
  
|
と
し
に
い
き
ま
し
ょ
う
デ
|
ス
!
 
  
 
O
h
!
 
ス
イ
|
ツ
!
 
で
し
た
ら
 
今
日
は
ス
イ
|
ツ
を
イ
  
 
お
菓
子
:
:
:
:
 
  
 
  
ド
バ
イ
ス
を
貰
っ
た
よ
う
な
:
:
:
:
 °
  
 
そ
う
言
え
ば
 
お
菓
子
を
食
べ
た
方
が
良
い
と
氷
室
部
長
に
ア
  
 
  
 
ス
イ
|
ツ
:
:
:
:
お
菓
子
:
:
:
:
 
  
 
元
気
が
ナ
イ
時
は
ス
イ
|
ツ
を
食
べ
る
と
グ
ッ
ド
な
の
デ
|
ス
!
 
  
 
な
ん
だ
か
元
気
な
さ
そ
う
で
す
ね
:
:
:
:
 
  
 
  
|
と
言
う
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
と
戦
う
者
達
の
事
で
あ
る
 °
  
ど
も
元
気
バ
リ
バ
リ
の
良
い
子
 °
ど
ち
ら
も
私
と
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ

   

  
 
  
か
食
べ
れ
ず
に
い
た
 °
  
そ
れ
に
私
は
洋
菓
子
よ
り
も
和
菓
子
の
方
が
好
き
だ
か
ら
 
な
ん
  
て
は
文
字
通
り
見
て
い
る
だ
け
で
胸
焼
け
す
る
よ
う
な
物
で
あ
り
 
  
女
性
客
が
ケ
|
キ
を
美
味
し
そ
う
に
頬
張
っ
て
い
る
 °
私
に
と
っ
  
ブ
ラ
ン
な
ど
の
美
味
し
そ
う
な
ケ
|
キ
が
並
ん
で
い
て
 
多
く
の
  
は
洋
菓
子
店
で
あ
り
 
美
味
し
そ
う
な
シ
ョ
|
ト
ケ
|
キ
や
モ
ン
  
 
放
課
後
 
┏┓
ラ
・
フ
|
ル
┗┛
に
来
た
私
達
 °
┏┓
ラ
・
フ
|
ル
┗┛
  
☆
  
 
  
た
 °
  
 
と
 
あ
れ
や
こ
れ
や
と
言
う
間
に
そ
の
お
店
に
行
く
事
に
な
っ
  
 
  
子
店
に
レ
ッ
ツ
ゴ
|
デ
|
ス
!
 
  
 
O
h
!
 
な
ら
 
3
人
の
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
メ
ン
バ
|
で
お
菓
  
よ
 °
な
ん
か
 
ホ
|
ム
パ
|
テ
ィ
|
の
準
備
と
か
 
  
 
い
や
|
 
帆
夏
ち
ゃ
ん
 °
今
日
 
用
事
が
あ
る
っ
て
言
っ
て
た
  
 
ミ
ス
・
帆
夏
に
も
連
絡
し
ま
す
?
 
  
 
  
だ
け
れ
ど
も
:
:
:
:
 °
















   

  
 
  
っ
た
シ
ェ
フ
と
見
た
事
の
あ
る
女
性
の
姿
が
あ
っ
た
 °
  
 
私
は
そ
う
思
っ
て
店
の
奥
を
覗
く
と
 
そ
こ
に
は
と
っ
て
も
太
  
 
  
 
何
か
 
可
笑
し
い
で
す
:
:
:
:
 
  
 
  
う
な
:
:
:
:
 °
  
い
た
 °
焦
点
が
定
ま
ら
ず
 
た
だ
た
だ
ケ
|
キ
を
食
べ
て
い
る
よ
  
性
客
の
目
が
な
ん
だ
か
う
つ
ろ
気
と
言
う
か
 
ぼ
ん
や
り
と
し
て
  
 
と
 
私
は
周
り
の
様
子
を
う
か
が
う
 °
周
囲
を
う
か
が
う
と
女
  
 
  
て
も
な
ん
か
他
の
女
性
客
の
様
子
が
可
笑
し
い
よ
う
な
:
:
:
:
∨
  
菓
子
が
一
番
っ
て
氷
室
部
長
に
伝
え
た
ん
だ
ろ
う
?
 
そ
れ
に
し
  
∧
け
れ
ど
も
し
ち
ね
先
輩
は
:
:
:
:
悩
み
を
解
決
す
る
に
は
お
  
 
  
そ
れ
を
私
は
ア
ハ
ハ
と
見
て
い
る
だ
け
 °
  
 
望
さ
ん
と
メ
ア
リ
|
は
ケ
|
キ
を
美
味
し
そ
う
に
食
べ
て
い
る
 °
  
 
  
 
O
h
!
 
こ
の
ス
イ
|
ツ
は
テ
イ
ス
テ
ィ
|
!
 
  
 
う
ぅ
!
 
帆
夏
ち
ゃ
ん
の
言
う
と
お
り
 
美
味
し
い
よ
|
!
 

   

  
ガ
ブ
ル
|
!
  
 
青
い
胸
∧
ハ
|
ト
∨
は
 
海
の
よ
う
に
広
い
慈
愛
の
心
!
 
ギ
  
 
  
変
わ
る
 °
そ
し
て
私
の
手
に
青
い
弓
が
現
れ
る
 °
  
身
体
に
ぴ
っ
た
り
と
合
う
青
い
レ
オ
タ
|
ド
と
青
い
仮
面
姿
へ
と
  
 
一
瞬
に
し
て
着
て
い
た
は
ず
の
制
服
は
塵
へ
と
消
え
て
 
私
の
  
に
入
れ
て
 
谷
間
を
揺
ら
し
て
変
身
す
る
 °
  
す
る
た
め
の
銀
色
の
塊
を
取
り
出
す
 °
そ
し
て
そ
れ
を
胸
の
谷
間
  
 
そ
れ
な
ら
ば
 
こ
の
店
を
な
ん
と
か
し
な
い
と
!
 
私
は
変
身
  
 
  
∧
そ
れ
よ
り
も
 
こ
の
店
は
シ
|
ボ
の
作
戦
!
∨
  
 
  
ト
ア
セ
ス
が
ど
う
し
て
こ
こ
に
:
:
:
:
 °
  
ア
セ
ス
!
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
環
境
を
作
戦
す
る
メ
ン
  
 
あ
の
女
性
は
:
:
:
:
環
境
作
戦
を
行
う
環
境
支
配
者
メ
ン
ト
  
 
  
事
は
最
後
の
最
後
ま
で
分
か
ら
な
い
な
の
 
  
 
:
:
:
:
シ
|
ボ
・
シ
ェ
フ
エ
|
ル
 °
油
断
は
大
敵
な
の
 °
  
|
の
食
事
さ
え
あ
れ
ば
 
作
戦
は
遂
行
出
来
る
の
で
あ
|
る
 
  
 
良
い
感
じ
な
の
で
あ
|
る
 °
こ
の
シ
ェ
フ
エ
|
ル
の
高
カ
ロ
リ

   

  
 
:
:
:
:
邪
魔
は
許
せ
な
い
な
の
 °
ウ
イ
ン
ド
!
 
  
 
  
う
 °
  
 
と
 
メ
ン
ト
ア
セ
ス
は
そ
う
言
い
つ
つ
 
手
に
持
っ
た
杖
を
振
  
 
  
れ
は
メ
ン
ト
ア
セ
ス
の
作
戦
な
の
 
  
い
環
境
と
で
は
 
色
々
と
違
っ
て
き
ま
す
な
の
 °
で
す
か
ら
 
  
 
:
:
:
:
そ
の
食
べ
物
が
食
べ
ら
れ
る
環
境
と
 
食
べ
ら
れ
な
  
な
い
と
思
う
ん
で
す
が
 
  
 
人
々
に
ケ
|
キ
を
食
べ
さ
せ
る
な
ん
て
:
:
:
:
環
境
に
関
係
  
っ
た
な
の
 °
折
角
の
作
戦
が
台
無
し
な
の
 
  
 
:
:
:
:
ま
さ
か
こ
ん
な
に
早
く
気
付
か
れ
る
と
は
思
わ
な
か
  
プ
レ
|
?
 
  
我
の
高
カ
ロ
リ
|
ケ
|
キ
を
食
べ
な
い
人
が
居
な
い
と
は
シ
ル
ブ
  
 
こ
こ
は
関
係
者
以
外
立
ち
入
り
禁
止
な
の
で
あ
|
る
 °
し
か
し
 
  
 
  
と
メ
ン
ト
ア
セ
ス
の
2
人
は
 
こ
ち
ら
へ
と
視
線
を
向
け
る
 °
  
 
と
 
私
は
扉
を
開
け
て
厨
房
へ
と
入
る
 °
そ
し
て
そ
の
シ
ェ
フ
  
 
  
 
そ
こ
ま
で
で
す
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
!
 










   

  
 
  
い
た
め
 
私
は
弓
矢
を
引
い
て
一
旦
止
め
る
 °
  
こ
の
レ
オ
タ
|
ド
に
は
弓
矢
の
威
力
を
軽
減
す
る
よ
う
な
物
は
な
  
 
攻
撃
を
受
け
て
私
は
急
い
で
 
弓
矢
を
向
け
る
 °
け
れ
ど
も
 
  
 
  
 
き
ゃ
っ
:
:
:
:
!
 
く
っ
!
 
  
 
  
砕
け
散
る
 °
  
床
へ
と
投
げ
つ
け
ら
れ
た
飴
の
爆
弾
は
爆
発
し
 
欠
片
と
な
っ
て
  
 
そ
う
言
っ
て
シ
ェ
フ
エ
|
ル
は
 
飴
の
爆
弾
を
投
げ
つ
け
る
 °
  
 
  
 
了
解
な
の
で
あ
|
る
 °
キ
ャ
ン
デ
ィ
ボ
ム
!
 
  
ギ
ガ
ブ
ル
|
を
倒
せ
な
の
 
  
ブ
ル
|
が
邪
魔
し
た
ら
 
作
戦
が
上
手
く
行
き
そ
う
に
な
い
な
の
 °
  
 
:
:
:
:
シ
|
ボ
・
シ
ェ
フ
エ
|
ル
 
作
戦
変
更
な
の
 °
ギ
ガ
  
 
く
っ
:
:
:
:
!
 
  
 
  
吹
き
荒
れ
る
 °
そ
し
て
吹
き
飛
ば
さ
れ
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
メ
ン
ト
ア
セ
ス
が
杖
を
振
う
と
 
杖
か
ら
風
が
  
 

























   

  
 
メ
ン
ト
ア
セ
ス
が
言
う
と
 
私
の
後
ろ
か
ら
見
知
っ
た
相
手
が
  
 
  
来
た
よ
う
な
の
 
  
 
:
:
:
:
攻
撃
は
効
か
な
か
っ
た
よ
う
で
す
が
 
厄
介
な
物
は
  
か
な
る
の
で
あ
|
る
 
  
 
ふ
ふ
|
ん
!
 
こ
の
程
度
な
ら
ば
こ
の
肥
満
ボ
デ
ィ
で
な
ん
と
  
 
な
っ
!
 
  
 
  
太
っ
た
肥
満
の
身
体
が
跳
ね
返
し
て
い
た
 °
  
太
っ
た
シ
ェ
フ
姿
の
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
へ
と
放
た
れ
た
弓
矢
は
 
  
共
に
な
ら
ば
メ
ン
ト
ア
セ
ス
も
倒
せ
る
か
と
思
っ
て
 °
し
か
し
 
  
 
こ
の
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
を
倒
し
て
 
望
さ
ん
と
メ
ア
リ
|
と
  
タ
|
を
倒
す
事
に
し
た
の
だ
 °
  
だ
と
判
断
し
 
こ
の
異
常
事
態
を
起
こ
し
て
い
る
シ
|
ボ
モ
ン
ス
  
私
の
全
力
で
な
い
弓
矢
で
幹
部
ク
ラ
ス
を
相
手
に
す
る
の
は
危
険
  
ア
セ
ス
|
|
|
の
隣
に
い
た
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
へ
と
向
か
う
 °
  
 
そ
し
て
私
は
放
つ
 °
放
た
れ
た
弓
矢
は
 
狙
い
通
り
 
メ
ン
ト
  
 
  
と
弱
め
て
|
|
|
放
つ
!
∨
  
∧
こ
の
ま
ま
だ
と
反
動
で
拙
い
か
ら
 
い
つ
も
の
よ
う
に
ち
ょ
っ

   

  
 
  
 
そ
う
で
す
ね
 
  
 
ギ
ガ
ブ
ル
|
!
 
今
デ
|
ス
!
 
  
 
  
て
 
ギ
ガ
レ
ッ
ド
が
メ
ン
ト
ア
セ
ス
に
斧
を
振
っ
て
い
た
 °
  
 
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
が
リ
ボ
ン
を
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
に
巻
き
付
け
  
 
  
 
ナ
ナ
ミ
!
 
倒
し
ま
す
デ
|
ス
!
 
  
 
七
海
ち
ゃ
ん
!
 
大
丈
夫
?
 
  
 
  
る
 °
  
ど
う
も
さ
っ
き
の
弓
矢
に
気
付
い
て
 
こ
っ
ち
に
来
た
よ
う
で
あ
  
 
後
ろ
か
ら
ギ
ガ
レ
ッ
ド
と
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
の
2
人
が
現
れ
た
 °
  
 
  
 
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
!
 
  
 
黄
色
い
胸
∧
ハ
|
ト
∨
は
 
雷
の
よ
う
に
激
し
い
元
気
の
塊
!
  
ギ
ガ
レ
ッ
ド
!
 
  
 
赤
い
胸
∧
ハ
|
ト
∨
は
 
炎
の
よ
う
に
燃
え
る
愛
情
の
印
!
 
  
 
  
居
た
 °























   

  
け
て
い
た
 °
  
か
ら
羽
交
い
絞
め
に
し
て
 
イ
エ
ロ
|
は
リ
ボ
ン
で
足
を
巻
き
付
  
レ
ッ
ド
と
イ
エ
ロ
|
の
瞳
か
ら
生
気
が
消
え
る
 °
レ
ッ
ド
は
後
ろ
  
分
か
っ
た
 °
  
を
鳴
ら
し
始
め
た
 °
何
を
と
最
初
は
思
っ
た
が
 
そ
れ
は
す
ぐ
に
  
フ
エ
|
ル
が
懐
か
ら
笛
を
取
り
出
す
 °
そ
し
て
そ
の
笛
を
吹
き
音
  
 
一
体
何
を
す
る
つ
も
り
だ
と
思
っ
て
い
た
ら
 
い
き
な
り
シ
ェ
  
 
  
 
了
解
な
の
シ
ル
ブ
プ
レ
|
 
  
 
:
:
:
:
大
変
な
の
 °
シ
ェ
フ
エ
|
ル
 
あ
れ
を
使
え
な
の
 
  
 
  
ィ
で
も
攻
撃
が
通
る
は
ず
で
あ
る
 °
  
く
 °
私
の
全
力
を
相
手
に
ぶ
つ
け
れ
ば
 
い
く
ら
あ
の
肥
満
ボ
デ
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
 
ゆ
っ
く
り
と
弓
を
引
い
て
力
を
溜
め
て
行
  
 
  
 
ゆ
っ
く
り
引
け
れ
ば
 
普
通
に
:
:
:
:
 
  
 
  
全
力
も
出
せ
る
 °
  
り
と
矢
を
引
い
て
狙
い
を
付
け
る
事
が
出
来
る
 °
こ
れ
な
ら
私
の
  
 
リ
ボ
ン
で
動
か
な
い
よ
う
に
止
め
て
い
る
今
な
ら
ば
 
ゆ
っ
く

   

  
 
し
ち
ね
先
輩
は
こ
う
答
え
て
く
れ
ま
し
た
 °
 
悩
み
が
あ
っ
た
  
 
  
れ
て
い
た
 °
  
葉
を
思
い
出
す
 °
先
輩
の
言
葉
が
印
象
的
過
ぎ
て
後
の
言
葉
を
忘
  
 
こ
こ
ま
で
か
 
と
そ
う
思
っ
て
い
た
そ
の
時
 
氷
室
部
長
の
言
  
 
  
 
了
解
で
あ
|
る
 
  
ケ
|
キ
を
食
べ
さ
せ
れ
ば
終
わ
り
な
の
 
  
な
い
中
 
あ
な
た
は
弱
者
な
の
 °
シ
ェ
フ
エ
|
ル
 
後
は
彼
女
に
  
 
:
:
:
:
衝
撃
を
防
ぐ
手
段
も
な
く
 
時
間
を
稼
ぐ
仲
間
も
居
  
 
  
2
人
が
操
ら
れ
た
の
か
 °
  
 
そ
れ
で
ケ
|
キ
を
食
べ
た
 
ギ
ガ
レ
ッ
ド
と
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
の
  
 
  
ケ
|
キ
好
き
の
女
性
達
は
残
ら
ず
虜
な
の
 
  
キ
を
食
べ
て
い
な
い
あ
な
た
に
は
効
き
ま
せ
ん
が
 
お
店
に
来
た
  
そ
れ
を
食
べ
た
物
を
笛
で
操
る
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
な
の
 °
ケ
|
  
 
:
:
:
:
シ
ェ
フ
エ
|
ル
は
高
カ
ロ
リ
|
の
お
菓
子
を
作
り
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
2
人
と
も
!
 
ど
う
し
た
ん
で
す
か
?
 
  
 

























   

  
 
  
力
を
溜
め
 
そ
し
て
弓
矢
の
方
は
し
っ
か
り
と
張
る
 °
  
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
力
の
源
は
こ
の
大
き
な
胸
 °
大
き
な
胸
に
  
 
  
∧
集
中
:
:
:
:
∨
  
 
  
 
止
め
な
の
で
あ
|
る
 
  
 
  
 
そ
し
て
私
は
敵
を
 
シ
ェ
フ
エ
|
ル
だ
け
を
見
つ
め
る
 °
  
 
  
射
抜
く
 °
集
中
す
れ
ば
な
ん
と
か
な
る
!
∨
  
∧
:
:
:
:
お
菓
子
を
食
べ
る
と
き
は
食
べ
 
的
を
射
抜
く
時
は
  
 
  
い
 °
:
:
:
:
的
を
射
抜
く
 
そ
れ
だ
け
に
集
中
す
る
 °
  
 
大
切
な
の
は
痛
い
と
か
 
そ
う
言
っ
た
事
を
考
え
る
事
で
は
な
  
 
  
集
中
さ
せ
れ
ば
 
必
ず
的
は
射
抜
け
る
 
  
リ
フ
レ
ッ
シ
ュ
を
し
て
 
集
中
力
を
あ
げ
る
 °
集
中
力
を
一
点
に
  
:
先
輩
は
多
分
 
こ
う
言
い
た
か
っ
た
ん
だ
 °
お
菓
子
を
食
べ
て
  
ら
お
菓
子
を
食
べ
た
ら
良
い
 
と
 °
ま
ぁ
 
で
も
本
当
は
:
:
:

   

  
り
に
 
ま
る
で
別
の
生
き
物
の
よ
う
に
揺
れ
る
 °
  
く
な
っ
た
胸
に
当
た
っ
て
男
の
人
に
と
っ
て
は
目
の
保
養
と
ば
か
  
 
放
た
れ
た
弓
の
反
動
で
糸
が
揺
れ
て
 
そ
の
糸
の
揺
れ
が
大
き
  
 
  
 
う
が
っ
!
 
  
 
  
 
私
は
そ
の
力
を
 
そ
の
矢
を
放
つ
!
  
 
  
 
ギ
ガ
ブ
ル
|
ア
ロ
|
・
フ
ル
パ
ワ
|
!
 
  
∧
今
だ
!
∨
  
 
  
 
危
険
な
の
で
シ
ル
ブ
プ
レ
|
!
 
さ
っ
さ
と
や
る
の
で
あ
|
る
!
 
  
 
  
ネ
ル
ギ
|
は
弓
へ
と
集
ま
る
 °
  
め
て
成
長
し
て
い
く
 °
そ
し
て
そ
こ
で
集
め
ら
れ
 
増
大
し
た
エ
  
|
が
胸
に
集
ま
る
 °
そ
し
て
そ
の
力
で
胸
が
む
く
む
く
と
力
を
込
  
 
私
が
力
を
溜
め
る
事
で
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
変
身
エ
ネ
ル
ギ
  
 
  
 
:
:
:
:
胸
が
成
長
し
て
る
な
の
 °
こ
れ
は
一
体
:
:
:
:
 
  
 
こ
 
こ
れ
は
で
あ
|
る
!
 














   

  
 
  
 
そ
し
て
杖
を
振
っ
て
風
を
出
し
 
姿
を
消
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
今
度
会
っ
た
時
は
覚
悟
し
ろ
 
な
の
 
  
 
:
:
:
:
ギ
ガ
ブ
ル
|
 
作
戦
を
止
め
た
の
は
許
せ
な
い
な
の
 °
  
 
  
シ
ェ
フ
エ
|
ル
を
見
て
 
メ
ン
ト
ア
セ
ス
は
は
ぁ
と
溜
息
を
吐
く
 °
  
 
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
す
る
レ
ッ
ド
と
イ
エ
ロ
|
 
そ
し
て
爆
死
し
た
  
 
  
 
一
体
 
ど
う
し
た
の
デ
|
ス
?
 
  
 
あ
れ
:
:
:
:
私
達
:
:
:
:
 
  
 
  
気
に
な
る
 °
  
 
店
に
居
た
人
達
も
 
そ
し
て
レ
ッ
ド
と
イ
エ
ロ
|
の
目
に
も
正
  
フ
エ
|
ル
の
身
体
を
貫
き
 
シ
ェ
フ
エ
|
ル
は
爆
発
す
る
 °
  
 
そ
し
て
私
の
全
力
以
上
で
放
た
れ
た
弓
は
脂
肪
だ
ら
け
の
シ
ェ
  
 
  
ボ
ン
ジ
ュ
ワ
|
ル
!
?
 
  
 
ば
 
ば
か
な
で
あ
|
る
 °
こ
 
こ
ん
な
所
で
や
ら
れ
る
な
ん
て
  
 

























   

  
 
い
い
度
胸
だ
な
 
青
志
 °
:
:
:
:
皆
 
か
か
れ
|
!
 
  
 
い
 
い
え
 °
そ
の
:
:
:
:
 
  
嫌
が
ら
せ
か
?
 
  
 
:
:
:
:
ほ
ほ
う
 °
そ
れ
は
何
か
 °
胸
の
小
さ
い
私
に
対
す
る
  
 
  
を
?
  
 
え
っ
!
?
 
わ
 
私
 
そ
ん
な
気
付
か
な
い
う
ち
に
そ
ん
な
事
  
 
  
に
胸
を
無
理
矢
理
揺
ら
し
て
る
ん
だ
?
 
  
 
と
こ
ろ
で
:
:
:
:
お
前
は
先
程
か
ら
何
故
 
弓
を
打
つ
た
び
  
 
は
い
 
先
輩
!
 
  
 
青
志
:
:
:
:
吹
っ
切
れ
た
よ
う
だ
な
 
  
 
  
か
ら
嬉
し
い
悲
鳴
が
聞
こ
え
る
 °
  
 
私
が
今
日
3
度
目
の
的
射
抜
き
を
成
功
す
る
と
 
部
員
達
の
中
  
 
  
 
お
ぉ
|
!
 
  
 
  
 
タ
ン
ッ
!
  
☆

























   

  
 
1
人
 
自
身
が
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
で
一
番
弱
い
の
で
は
な
い
か
  
 
次
回
予
告
!
  
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
取
し
て
い
る
と
か
 °
  
す
ぎ
て
 
か
な
り
太
っ
て
い
る
 °
一
日
一
万
キ
ロ
カ
ロ
リ
|
を
摂
  
た
物
は
彼
の
笛
の
操
り
人
形
と
化
す
 °
自
身
も
つ
ま
み
食
い
を
し
  
カ
ロ
リ
|
の
お
菓
子
を
作
る
腕
前
を
持
ち
 
そ
の
お
菓
子
を
食
べ
  
概
要
;
メ
ン
ト
ア
セ
ス
が
作
り
出
し
た
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
 °
  
使
用
素
材
;
 
シ
ェ
フ
 
 
  
 
 
増
え
る
 
  
ら
せ
て
胸
を
大
き
く
す
る
作
戦
  
作
戦
;
高
カ
ロ
リ
|
な
お
菓
子
を
食
べ
さ
せ
る
環
境
を
作
り
 
  
作
成
者
;
環
境
支
配
者
メ
ン
ト
ア
セ
ス
  
○
シ
|
ボ
・
シ
ェ
フ
エ
|
ル
  
シ
|
ボ
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
 
  
っ
た
 °
  
 
部
長
の
指
示
の
元
 
そ
の
日
の
朝
練
は
私
の
乳
揺
ら
し
で
終
わ
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
胸
を
揺
ら
し
て
 
次
回
を
待
て
!
 
  
 
イ
エ
ロ
|
の
悩
み
!
 
ク
サ
イ
ト
オ
ン
の
サ
イ
バ
|
大
作
戦
!
 
  
次
回
 
超
乳
戦
隊
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
3
パ
イ
!
  
サ
イ
ト
オ
ン
の
作
戦
は
そ
こ
か
ら
始
ま
っ
て
い
た
 °
  
 
1
人
で
倒
せ
た
の
が
嬉
し
い
イ
エ
ロ
|
だ
っ
た
が
:
:
:
:
ク
  
ン
を
倒
す
 °
  
そ
ん
な
イ
エ
ロ
|
は
偶
然
 
作
戦
を
行
う
シ
|
ボ
・
ク
サ
イ
ト
オ
  
っ
て
い
る
の
を
見
て
 
自
分
が
解
雇
さ
れ
る
と
思
っ
た
イ
エ
ロ
|
 °
  
と
思
う
イ
エ
ロ
|
 °
そ
し
て
デ
カ
パ
イ
博
士
が
新
し
い
武
器
を
作

  > ≫