と
も
1
0
0
c
m
は
下
回
ら
な
い
だ
ろ
う
ナ
イ
ス
な
お
胸
∨
を
し
  
 
何
故
か
と
言
う
と
 
そ
の
少
女
の
胸
が
平
均
以
上
の
∧
少
な
く
  
い
た
 °
  
 
僕
は
僕
の
目
の
前
で
歩
い
て
い
る
そ
の
子
の
事
が
気
に
な
っ
て
  
 
  
長
身
の
女
性
 °
  
い
毛
糸
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
を
着
た
 
足
が
ス
ラ
ッ
と
伸
び
て
い
る
  
に
な
っ
て
い
た
 °
僕
の
目
の
前
に
居
る
 
彼
女
は
黒
の
大
人
ら
し
  
 
と
 
そ
ん
な
僕
は
目
の
前
に
居
る
女
性
の
事
が
ほ
ん
の
少
し
気
  
 
  
想
え
ば
些
細
な
事
で
あ
る
 °
  
来
た
彼
女
と
別
れ
た
と
か
:
:
:
:
ま
ぁ
 
こ
れ
か
ら
の
人
生
を
  
た
 °
テ
ス
ト
で
良
い
点
取
れ
な
か
っ
た
と
か
 
高
校
で
初
め
て
出
  
 
そ
の
日
の
僕
は
学
校
で
少
し
嫌
な
事
が
あ
っ
て
落
ち
込
ん
で
い
  
 
  
が
 
僕
は
し
っ
か
り
と
覚
え
て
い
る
 °
  
 
昨
日
の
出
来
事
だ
っ
た
 °
ま
る
で
夢
の
よ
う
な
出
来
事
だ
っ
た
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
5
0
円
分
の
お
返
し


















≪ <  

  
 
  
す
ぐ
さ
ま
キ
ャ
ッ
チ
す
る
事
が
出
来
た
 °
  
 
集
中
し
て
今
か
 
今
か
と
待
ち
か
ね
て
い
た
僕
は
そ
の
硬
貨
を
  
ャ
リ
ン
 
と
1
枚
の
硬
貨
が
は
み
出
て
落
ち
る
 °
  
で
も
胸
の
方
が
一
回
り
大
き
い
∨
が
歩
い
て
揺
れ
た
拍
子
に
 
  
 
彼
女
の
大
き
く
て
豊
満
そ
う
な
お
尻
∧
か
な
り
デ
カ
イ
が
そ
れ
  
ま
っ
た
 °
  
 
そ
う
こ
う
し
て
い
る
内
に
 
恐
れ
て
い
た
出
来
事
が
起
き
て
し
  
 
  
∧
あ
っ
:
:
:
:
!
∨
  
 
  
出
て
も
可
笑
し
く
な
い
状
況
だ
っ
た
 °
  
か
ら
で
あ
る
 °
何
か
の
拍
子
に
 
チ
ャ
ッ
ク
の
隙
間
か
ら
小
銭
が
  
そ
の
は
み
出
し
た
財
布
の
小
銭
の
チ
ャ
ッ
ク
が
少
し
開
い
て
い
た
  
 
彼
女
の
ズ
ボ
ン
の
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
は
財
布
が
は
み
出
し
て
お
り
 
  
 
  
∧
う
わ
:
:
:
:
危
な
い
な
ぁ
:
:
:
:
∨
  
 
  
ど
も
 
そ
の
子
が
と
っ
て
も
危
う
か
っ
た
か
ら
で
あ
る
 °
  
た
自
分
好
み
の
と
っ
て
も
美
し
い
美
女
だ
っ
た
の
も
事
実
だ
け
れ

   

  
 
  
付
い
た
ら
し
い
 °
  
を
取
り
出
し
て
 
よ
う
や
く
自
分
の
財
布
が
緩
ん
で
い
た
事
に
気
  
ビ
ク
ッ
と
し
た
け
れ
ど
も
 
そ
の
後
慌
て
て
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
財
布
  
 
僕
が
手
か
ら
差
し
出
し
た
5
0
円
硬
貨
を
見
て
 
彼
女
は
一
瞬
  
 
  
 
5
0
円
:
:
:
:
ッ
!
 
  
 
こ
れ
 
落
と
し
ま
し
た
 
よ
!
 
  
 
  
ン
を
押
さ
え
付
け
な
が
ら
こ
ち
ら
を
見
て
い
た
 °
  
い
高
い
声
で
 
ギ
ュ
|
っ
と
そ
の
大
き
く
て
柔
ら
か
そ
う
な
メ
ロ
  
 
そ
の
人
は
ま
だ
声
変
わ
り
も
迎
え
て
い
な
い
よ
う
な
可
愛
ら
し
  
 
  
 
:
:
:
:
ッ
!
 
な
 
な
ん
で
す
か
?
 
  
 
あ
 
あ
の
:
:
:
:
!
 
  
 
  
そ
し
て
す
ぐ
さ
ま
走
っ
て
 
落
と
し
た
美
女
の
前
に
出
る
 °
  
 
と
 
僕
は
自
分
の
手
で
キ
ャ
ッ
チ
し
た
5
0
円
硬
貨
を
取
る
 °
  
 
  
 
:
:
:
:
5
0
円
 

















   

  
  
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
小
さ
く
言
う
彼
女
の
言
葉
が
 
と
っ
て
も
色
っ
ぽ
  
 
  
 
:
:
:
:
5
0
円
分
の
お
返
し
で
す
 
  
 
  
ど
の
衝
撃
だ
っ
た
 °
  
言
っ
た
物
で
 
そ
の
日
起
こ
っ
た
全
て
が
頭
か
ら
消
え
て
い
く
ほ
  
 
そ
の
柔
ら
か
い
心
地
は
ま
さ
に
天
使
の
揺
り
籠
や
 
夢
心
地
と
  
僕
は
眼
福
と
思
っ
て
い
た
 °
  
潰
れ
な
が
ら
も
弾
力
で
膨
れ
る
様
を
服
越
し
の
肌
で
感
じ
な
が
ら
 
  
 
そ
の
彼
女
の
豊
満
で
柔
ら
か
い
胸
が
 
僕
の
身
体
に
当
た
っ
て
  
 
  
真
っ
赤
に
し
て
眼
を
瞑
り
な
が
ら
抱
き
つ
い
て
来
る
彼
女
 °
  
 
ち
ょ
っ
と
照
れ
つ
つ
立
ち
去
ろ
う
と
し
た
僕
 
そ
の
僕
に
顔
を
  
 
  
 
え
っ
:
:
:
:
 
  
 
お
 
お
返
し
を
せ
ね
ば
な
り
ま
せ
ん
ね
っ
!
 
  
 
い
 
い
え
:
:
:
:
 °
男
と
し
て
当
然
の
:
:
:
:
 
  
 
あ
 
あ
り
が
と
う
:
:
:
:
ご
ざ
い
 
ま
す
:
:
:
:
 



  > ≫