こ
っ
ち
:
:
:
:
か
な
 
  
 
  
を
見
な
が
ら
ア
パ
|
ト
の
場
所
を
探
し
て
い
た
 °
  
る
 
1
人
の
高
校
生
が
ス
|
ツ
ケ
|
ス
を
転
が
し
な
が
ら
 
メ
モ
  
 
新
年
の
春
 °
黒
髪
シ
ョ
|
ト
ヘ
ア
|
の
中
肉
中
背
の
人
物
で
あ
  
 
  
第
1
話
・
 
久
島
玲
人
の
春
の
出
逢
い
 
  
 
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
1
話
 
久
島
怜
人
の
春
の
出
逢
い
 

≪ <  

  
 
あ
な
た
が
1
0
2
号
室
の
久
島
玲
人
さ
ん
で
す
ね
?
 
私
 
  
 
  
ア
|
の
野
暮
っ
た
い
眼
鏡
を
か
け
た
 
小
柄
な
身
長
の
美
少
女
 °
  
持
っ
た
美
少
女
 °
右
に
立
っ
て
い
る
の
は
灰
色
の
セ
ミ
ロ
ン
グ
ヘ
  
 
左
に
立
っ
て
い
る
の
は
赤
黒
い
長
い
髪
と
 
星
の
よ
う
な
瞳
を
  
 
  
 
:
:
:
:
初
め
ま
し
て
 
  
 
お
|
!
 
や
っ
と
き
た
よ
う
で
す
ね
!
 
  
 
  
現
れ
る
 °
そ
し
て
そ
の
前
に
2
人
の
女
性
が
立
っ
て
い
る
 °
  
る
と
 
道
の
奥
の
方
に
古
ぼ
け
た
木
造
二
階
建
て
の
ア
パ
|
ト
が
  
 
久
島
玲
人
∧
く
じ
ま
れ
い
と
∨
は
そ
う
言
い
な
が
ら
歩
い
て
い
  
 
  
 
え
っ
と
 
こ
っ
ち
:
:
:
:
か
な
?
 
  
 
  
行
け
ば
完
璧
で
あ
る
 °
  
物
は
運
び
終
わ
っ
て
貰
っ
て
い
る
の
で
 
後
は
そ
の
愛
詩
荘
へ
と
  
詩
荘
へ
と
引
っ
越
そ
う
と
し
て
い
る
最
中
な
の
で
あ
る
 °
既
に
荷
  
高
校
 
有
閑
∧
ゆ
う
か
ん
∨
高
校
に
通
う
た
め
に
家
を
出
て
 
  
 
と
彼
が
探
し
な
が
ら
歩
い
て
い
る
の
は
 
こ
の
春
か
ら
と
あ
る

   

  
め
る
た
め
の
意
味
と
 
そ
れ
か
ら
純
粋
に
そ
う
思
っ
た
と
言
う
意
  
 
ニ
コ
ッ
と
 
こ
れ
か
ら
の
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
|
シ
ョ
ン
を
円
滑
に
進
  
 
  
迎
え
ら
れ
て
嬉
し
い
で
す
け
れ
ど
も
ね
 
  
 
ま
ぁ
 
僕
と
し
て
も
あ
な
た
達
の
よ
う
な
可
愛
ら
し
い
人
に
出
  
 
い
や
|
 °
男
の
人
だ
っ
た
と
は
|
 °
3
人
目
で
す
ね
|
 
  
 
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
水
さ
ん
と
も
握
手
を
返
し
て
置
く
 °
  
 
  
 
え
ぇ
 
ど
う
  
  
で
す
 °
ど
う
  
  
 
:
:
:
:
同
じ
く
1
0
4
号
室
の
狐
里
水
∧
き
つ
ね
ざ
と
す
い
∨
  
 
  
伸
べ
て
来
る
の
で
 
握
手
を
返
す
 °
  
髪
の
美
少
女
 
火
島
火
蓮
は
ニ
ッ
コ
リ
と
笑
い
な
が
ら
手
を
差
し
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
嬉
し
そ
う
に
こ
ち
ら
を
見
て
来
る
赤
黒
い
  
 
  
 
久
島
玲
人
で
す
 °
よ
ろ
し
く
 
  
し
く
!
 
  
の
1
0
1
号
室
の
火
島
火
蓮
∧
か
じ
ま
か
れ
ん
∨
で
す
!
 
よ
ろ

   

  
 
  
 
こ
れ
は
彼
に
と
っ
て
謎
み
た
い
な
も
の
だ
っ
た
 °
  
 
あ
な
た
 
面
白
い
人
ね
 
と
言
っ
て
く
る
事
だ
っ
た
 °
  
訳
で
あ
る
が
 
彼
に
と
っ
て
不
思
議
な
の
は
会
う
人
が
毎
回
 
  
 
高
校
行
く
前
 
彼
は
実
家
暮
ら
し
で
小
中
共
に
同
じ
町
で
居
た
  
 
こ
れ
は
謙
遜
で
な
く
て
 
彼
に
と
っ
て
事
実
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
よ
 
よ
く
言
わ
れ
ま
す
 
  
 
面
白
い
人
ね
 
  
 
  
な
胸
を
見
せ
つ
け
な
が
ら
 
火
蓮
さ
ん
は
私
に
近
付
い
て
来
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
彼
の
元
に
 
そ
の
た
ゆ
ん
と
揺
れ
る
よ
う
な
豊
満
  
 
  
気
に
入
っ
ち
ゃ
た
か
も
?
 
  
 
あ
ら
あ
ら
♪
 
な
か
な
か
良
い
人
じ
ゃ
な
い
♪
 
お
姉
さ
ん
 
  
 
  
わ
れ
た
 °
  
と
思
っ
た
ら
 
そ
の
ま
ま
走
っ
て
部
屋
へ
と
帰
っ
て
行
っ
て
し
ま
  
 
す
る
と
水
さ
ん
が
い
き
な
り
恥
ず
か
し
そ
う
に
顔
を
赤
ら
め
た
  
味
で
彼
は
そ
う
笑
い
か
け
る
 °














   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
え
た
高
校
生
だ
か
ら
か
も
知
れ
な
い
 °
  
ト
ボ
デ
ィ
に
逆
ら
え
な
か
っ
た
の
は
 
や
は
り
彼
が
思
春
期
を
迎
  
 
そ
う
言
っ
て
 
ニ
コ
リ
と
微
笑
み
な
が
ら
 
そ
の
ダ
イ
ナ
マ
イ
  
 
  
 
見
せ
た
い
物
が
あ
る
か
ら
ね
 
  
越
し
て
き
て
 
悪
い
け
れ
ど
も
 
私
の
部
屋
に
来
て
く
れ
な
い
?
  
 
良
か
っ
た
ら
こ
の
後
 
時
間
空
い
て
な
い
?
 
今
日
か
ら
引
っ

  > ≫