の
部
屋
へ
と
上
が
り
こ
ん
だ
 °
  
の
美
少
女
 
火
島
火
蓮
∧
ひ
じ
ま
か
れ
ん
∨
に
誘
わ
れ
て
 
彼
女
  
と
∨
 °
彼
は
隣
人
と
な
っ
た
赤
黒
い
髪
の
ダ
イ
ナ
マ
イ
ト
ボ
デ
ィ
  
荘
1
0
2
号
室
へ
と
越
し
て
き
た
私
 
久
島
玲
人
∧
く
じ
ま
れ
い
  
 
春
の
日
差
し
が
眩
し
い
引
っ
越
し
に
は
適
し
た
快
晴
日
 °
愛
詩
  
 
  
第
2
話
・
 
実
は
彼
女
は
:
:
:
:
 
  
 
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
2
話
 
実
は
彼
女
は
:
:
:
:
 


≪ <  

  
ど
う
か
は
微
妙
だ
け
ど
 °
私
が
そ
う
言
う
と
 
火
蓮
さ
ん
は
ク
ス
  
 
灯
り
を
全
部
火
で
済
ま
そ
う
と
言
う
事
を
 
趣
味
と
言
え
る
か
  
 
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
変
わ
っ
た
趣
味
 
で
す
ね
 
  
所
謂
 
炎
色
反
応
よ
 
  
ウ
ム
 
青
緑
は
銅
 
そ
し
て
黄
緑
は
バ
リ
ウ
ム
で
や
っ
て
る
の
よ
 °
  
 
凄
い
で
し
ょ
 
私
の
部
屋
 °
黄
色
は
ナ
ト
リ
ウ
ム
 
紫
は
カ
リ
  
 
  
も
そ
の
灯
っ
て
い
る
火
は
 
一
色
一
色
違
っ
て
い
た
 °
  
な
お
か
つ
灯
り
も
燭
台
や
蝋
燭
な
ど
で
灯
し
て
い
ま
し
た
 °
し
か
  
だ
と
言
う
の
に
遮
光
カ
|
テ
ン
で
し
っ
か
り
と
閉
め
切
っ
て
い
て
 
  
女
の
部
屋
を
見
回
す
 °
火
蓮
さ
ん
の
部
屋
は
と
言
う
と
 
ま
だ
昼
  
 
そ
う
し
て
火
蓮
さ
ん
に
部
屋
へ
と
連
れ
て
行
か
れ
た
私
は
 
  
 
  
 
そ
う
:
:
:
:
 °
な
ら
 
良
か
っ
た
 
で
す
 
  
す
の
で
 
  
 
い
え
 
大
丈
夫
で
す
よ
 °
私
 
引
っ
越
し
業
者
に
頼
ん
で
い
ま
  
が
ま
だ
だ
っ
た
ら
悪
い
で
す
し
:
:
:
:
 
  
す
か
?
 
連
れ
て
来
た
の
は
こ
っ
ち
で
す
け
れ
ど
も
 
引
っ
越
し
  
 
あ
っ
 
そ
う
言
え
ば
久
島
さ
ん
は
引
っ
越
し
の
方
は
大
丈
夫
で

   

  
 
ウ
フ
フ
:
:
:
:
 °
面
白
い
で
し
ょ
う
?
 
こ
れ
 
私
の
技
の
  
 
  
い
あ
る
ん
で
す
け
ど
?
  
つ
あ
る
ん
で
す
が
:
:
:
:
 °
一
畳
で
私
の
身
体
の
1
0
倍
く
ら
  
く
は
無
い
な
と
思
っ
た
の
が
 
今
で
は
結
構
の
大
き
さ
に
な
り
つ
  
だ
ろ
う
か
?
 
こ
の
部
屋
 
3
L
D
K
で
最
初
は
そ
ん
な
に
大
き
  
明
ら
か
に
部
屋
が
大
き
く
な
っ
て
い
る
気
が
す
る
の
は
気
の
せ
い
  
 
気
の
せ
い
だ
と
思
い
た
い
が
 
な
ん
か
最
初
に
見
た
時
よ
り
も
  
 
  
∧
あ
れ
?
 
こ
の
部
屋
 
な
ん
だ
か
大
き
く
な
っ
て
な
い
か
?
∨
  
 
  
 
そ
う
し
て
 
私
が
戸
惑
っ
て
い
る
と
 
違
和
感
に
気
付
い
た
 °
  
 
  
 
え
っ
:
:
:
:
?
 
そ
 
そ
れ
っ
て
:
:
:
:
 
  
う
の
が
な
ん
だ
か
と
っ
て
も
可
笑
し
く
て
ね
 
  
 
ウ
フ
フ
:
:
:
:
で
も
 
私
の
こ
れ
を
趣
味
と
言
わ
れ
て
し
ま
  
 
火
蓮
:
:
:
:
さ
ん
?
 
  
 
  
ら
ア
ハ
ハ
と
笑
っ
て
い
た
 °
  
リ
と
笑
い
 
 
変
わ
っ
た
趣
味
 
ね
ぇ
:
:
:
:
 
と
言
い
な
が

   

  
 
フ
フ
フ
:
:
:
:
 °
ち
ょ
っ
と
違
う
の
よ
 
  
 
こ
れ
は
一
体
:
:
:
:
私
は
頭
が
変
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
か
?
 
  
 
  
言
う
事
で
あ
る
 °
  
1
つ
言
え
る
と
す
れ
ば
 
こ
の
光
景
は
可
笑
し
な
光
景
で
あ
る
と
  
 
疲
れ
て
い
る
の
か
 
可
笑
し
く
な
っ
て
い
る
の
か
 °
と
に
か
く
  
て
い
た
 °
  
な
ん
ら
変
わ
ら
な
く
 
そ
し
て
い
つ
も
通
り
の
風
景
を
映
し
出
し
  
る
け
れ
ど
も
 
確
か
に
彼
女
の
言
う
と
お
り
 
外
か
ら
の
景
色
は
  
 
 
ほ
ら
 
外
は
変
わ
ら
な
い
で
し
ょ
 
と
 
外
を
見
せ
て
く
れ
  
 
  
こ
の
部
屋
の
私
達
を
除
く
全
て
を
大
き
く
し
て
み
た
だ
け
 
  
 
私
達
が
小
さ
く
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
わ
よ
 °
簡
単
に
言
う
と
 
  
 
こ
れ
は
:
:
:
:
 
  
 
  
に
大
き
な
ま
ん
じ
ゅ
う
を
持
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
く
ら
い
で
し
か
お
目
に
か
か
る
事
が
無
い
よ
う
な
大
き
な
 
本
当
  
 
そ
う
言
っ
て
こ
ち
ら
へ
と
戻
っ
て
き
た
彼
女
は
 
テ
レ
ビ
番
組
  
 
  
1
つ
 
で
ね
 °
こ
ん
な
事
が
出
来
る
の
よ
 









   

  
 
あ
 
あ
な
た
は
一
体
:
:
:
:
 
  
言
う
巨
大
さ
は
び
っ
く
り
し
ま
す
か
ね
?
 
  
 
ク
フ
フ
:
:
:
:
 °
や
っ
ぱ
り
自
分
の
1
0
倍
は
あ
ろ
う
か
と
  
 
  
ん
が
居
た
 °
  
ら
な
い
よ
う
な
そ
ん
な
巨
大
な
身
体
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
火
蓮
さ
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
部
屋
で
も
 
体
育
座
り
で
よ
う
や
く
収
ま
り
き
  
な
っ
て
い
き
 
や
が
て
私
に
と
っ
て
は
大
き
す
ぎ
る
3
L
D
K
に
  
 
驚
い
て
い
る
私
を
尻
目
に
 
火
蓮
さ
ん
は
ど
ん
ど
ん
と
大
き
く
  
気
を
入
れ
た
バ
ル
|
ン
の
よ
う
に
膨
ら
み
始
め
る
 °
  
に
紫
色
の
炎
が
入
っ
て
行
く
と
共
に
 
彼
女
の
身
体
が
ま
る
で
空
  
の
炎
が
彼
女
の
周
囲
を
回
り
始
め
る
 °
そ
し
て
彼
女
の
身
体
の
中
  
 
す
る
と
 
ど
う
言
う
事
だ
ろ
う
か
 °
燭
台
の
灯
っ
て
い
た
紫
色
  
 
  
し
か
も
 
私
の
よ
う
に
人
で
は
な
い
者
も
居
る
の
よ
 
  
 
こ
の
ア
パ
|
ト
に
は
所
謂
 
ま
と
も
な
住
人
は
住
ん
で
い
な
い
 °
  
 
  
手
に
取
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
彼
女
は
部
屋
に
置
い
て
あ
っ
た
燭
台
の
1
つ
を
  
 

























   

  
 
そ
の
柔
ら
か
く
て
 
な
お
か
つ
全
身
を
高
貴
な
る
布
で
包
ん
だ
  
 
  
ま
ぁ
 
私
に
し
て
見
れ
ば
ど
ち
ら
も
同
じ
く
ら
い
ね
 
  
2
c
m
く
ら
い
ね
 °
も
う
少
し
大
き
い
か
も
知
れ
な
い
け
れ
ど
も
 
  
た
の
大
き
さ
は
私
の
1
0
分
の
1
く
ら
い
で
大
き
さ
と
し
て
は
1
  
 
そ
し
て
私
の
今
の
大
き
さ
は
あ
な
た
の
1
0
倍
 
つ
ま
り
あ
な
  
生
後
6
か
月
の
大
き
さ
は
だ
い
た
い
6
0
c
m
く
ら
い
な
の
よ
?
  
 
知
っ
て
る
か
し
ら
?
 
人
形
の
大
き
さ
は
1
2
c
m
く
ら
い
で
 
  
 
  
ど
う
し
て
息
が
出
来
よ
う
?
  
こ
こ
ま
で
大
き
な
身
体
で
胸
元
に
押
さ
え
つ
け
ら
れ
て
し
ま
う
と
 
  
吸
が
出
来
な
く
な
り
そ
う
な
く
ら
い
だ
っ
た
の
だ
 °
そ
れ
な
の
に
  
 
元
の
状
態
で
さ
え
 
押
さ
え
つ
け
ら
れ
る
と
口
が
塞
が
れ
て
呼
  
 
  
 
|
|
っ
!
?
 
  
 
  
と
揺
れ
る
自
身
の
爆
乳
に
私
の
身
体
を
押
さ
え
つ
け
る
 °
  
ち
ゃ
の
人
形
の
よ
う
に
私
を
抱
き
か
か
え
る
と
 
そ
の
た
ゆ
ゆ
ん
  
 
と
 
私
が
戸
惑
っ
て
い
る
と
彼
女
は
ひ
ょ
い
 
と
ま
る
で
お
も
  
 

























   

  
 
  
ジ
師
と
宇
宙
の
死
神
が
居
る
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
 
へ
 
  
 
よ
う
こ
そ
 
悪
魔
と
宇
宙
人
と
役
者
と
錬
金
術
師
と
マ
ッ
サ
|
  
挨
拶
な
の
 °
  
 
|
|
|
|
|
|
ご
め
ん
な
さ
い
ね
 
こ
れ
が
私
な
り
の
歓
迎
の
  
 
  
き
く
揺
れ
て
い
る
気
が
す
る
 °
  
る
火
蓮
さ
ん
 °
そ
れ
も
先
程
よ
り
も
若
干
 
ぽ
よ
ん
ぽ
よ
ん
と
大
  
の
胸
へ
と
 
今
度
は
先
程
よ
り
も
も
っ
と
強
く
押
さ
え
つ
け
て
来
  
 
フ
フ
フ
:
:
:
:
と
笑
い
な
が
ら
 
私
の
身
体
を
も
う
一
度
そ
  
 
  
ど
 
  
 
や
っ
ぱ
り
驚
い
ち
ゃ
う
わ
ね
 °
ま
ぁ
 
慣
れ
て
る
か
ら
良
い
け
  
 
あ
 
悪
魔
!
?
 
  
で
あ
る
事
は
分
か
っ
て
貰
え
た
か
し
ら
?
 
  
 
ふ
ぅ
:
:
:
:
 °
こ
れ
で
私
が
人
間
で
は
な
い
|
|
|
|
悪
魔
  
 
  
蓮
 °
  
に
 
 
さ
て
 
と
ゴ
ホ
ン
と
一
回
咳
を
吐
い
て
こ
ち
ら
を
見
る
火
  
よ
う
な
感
じ
で
包
ま
れ
て
い
た
胸
の
軟
禁
か
ら
解
放
さ
れ
る
と
共

   

  
黒
髪
の
シ
ョ
|
ト
ヘ
ア
|
で
 
中
肉
中
背
の
人
物
 °
  
九
島
玲
人
∧
く
じ
ま
れ
い
じ
∨
 
一
般
人
 °
1
5
歳
 °
  
1
0
2
号
室
;
  
 
  
る
事
が
出
来
る
 °
  
炎
の
悪
魔
 °
炎
を
使
い
全
身
の
大
き
さ
 
空
間
の
大
き
さ
を
変
え
  
美
少
女
 °
  
赤
黒
い
長
い
髪
と
 
星
の
よ
う
な
瞳
を
持
っ
た
ナ
イ
ス
バ
デ
ィ
な
  
火
島
火
蓮
∧
ひ
じ
ま
か
れ
ん
∨
 
悪
魔
 °
1
7
歳
 °
  
1
0
1
号
室
;
  
‖
‖
‖
‖
  
 
  
 
ち
 
違
う
!
 
わ
 
私
は
ま
だ
死
に
た
く
な
い
だ
け
だ
|
!
  
 
な
ん
か
良
い
ポ
イ
ン
ト
に
当
た
っ
た
み
た
い
で
あ
る
 °
  
 
  
:
:
だ
・
い
・
た
・
ん
 
  
 
あ
ぁ
ん
 
い
き
な
り
敏
感
な
ポ
イ
ン
ト
を
当
て
る
な
ん
て
:
:
  
 
  
思
っ
て
私
が
身
体
を
揺
ら
す
と
 
  
 
そ
 
そ
ん
な
事
よ
り
も
早
く
こ
こ
か
ら
出
し
て
く
れ
!
 
そ
う

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
に
会
い
や
す
い
 °
  
ブ
ル
に
巻
き
込
ま
れ
や
す
い
が
 
そ
れ
以
上
に
嬉
し
い
イ
ベ
ン
ト
  
な
乱
立
者
で
 
色
々
と
女
の
子
と
出
会
い
を
求
め
て
い
る
 °
ト
ラ
  
た
め
 
愛
詩
荘
へ
引
っ
越
し
て
く
る
 °
フ
ラ
グ
を
乱
発
す
る
よ
う
  
ど
こ
に
で
も
居
る
高
校
生
 °
こ
の
春
か
ら
有
閑
高
校
へ
入
学
す
る

  > ≫