を
入
れ
て
 
そ
の
ま
ま
学
校
の
制
服
に
着
替
え
て
い
た
 °
  
ッ
ト
し
て
い
る
事
を
確
認
す
る
と
 
鞄
に
貰
っ
て
置
い
た
教
科
書
  
タ
イ
を
見
な
が
ら
そ
う
言
う
 °
そ
し
て
自
分
の
髪
が
き
ち
ん
と
セ
  
 
と
 
九
島
玲
人
は
自
ら
の
首
元
に
し
っ
か
り
と
結
ば
れ
た
ネ
ク
  
  
 
よ
し
っ
!
 
こ
れ
で
良
い
な
 
  
  
第
4
話
・
 
九
島
玲
人
の
高
校
生
日
誌
録
 
  
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
4
話
 
九
島
玲
人
の
高
校
生
日
誌
録
 

≪ <  

  
人
は
よ
う
や
く
目
の
前
の
少
女
が
ど
う
言
っ
た
人
物
な
の
か
が
分
  
い
眼
鏡
を
取
り
出
し
て
お
り
 
そ
れ
を
見
て
 
あ
ぁ
!
?
 
と
玲
  
 
そ
の
人
形
の
よ
う
な
少
女
は
胸
元
の
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
野
暮
っ
た
  
  
 
:
:
:
:
私
で
す
 
  
  
人
形
の
よ
う
に
可
愛
ら
し
い
少
女
で
あ
っ
た
 °
  
ド
ヘ
ア
|
と
目
の
下
の
泣
き
黒
子
が
印
象
的
な
 
ま
る
で
西
洋
の
  
頭
を
悩
ま
せ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
肩
よ
り
も
長
く
伸
び
る
ブ
ロ
ン
  
 
と
 
玲
人
は
目
の
前
に
居
る
少
女
の
姿
を
見
て
 
誰
だ
ろ
う
と
  
  
 
:
:
:
:
誰
で
す
か
?
 
  
 
は
|
い
!
 
レ
イ
ト
 
お
は
よ
う
ゴ
ザ
マ
|
ス
!
 
  
  
う
と
 
扉
を
開
け
る
と
そ
こ
に
は
 
  
 
そ
う
思
い
な
が
ら
き
ち
ん
と
準
備
を
整
え
た
九
島
玲
人
は
と
言
  
今
日
こ
そ
待
ち
望
ん
で
い
た
日
だ
と
言
え
よ
う
 °
  
る
 °
彼
は
こ
の
高
校
に
通
う
た
め
に
こ
の
高
校
に
来
た
の
だ
か
ら
 
  
 
今
日
は
入
学
式
 
九
島
玲
人
の
高
校
の
新
入
学
の
日
な
の
で
あ
  


























   

  
し
か
 
玲
人
に
は
見
え
な
か
っ
た
 °
け
れ
ど
も
そ
れ
は
狐
里
さ
ん
  
し
ま
せ
よ
う
と
す
る
狐
里
さ
ん
が
何
だ
か
無
理
し
て
い
る
よ
う
に
  
 
イ
ッ
ェ
|
!
 
と
か
 
 
フ
|
!
 
と
か
な
ど
そ
う
言
っ
て
楽
  
 
そ
う
思
い
な
が
ら
 
玲
人
は
狐
里
さ
ん
へ
と
付
い
て
行
く
 °
  
  
 
う
っ
:
:
:
:
う
ん
 
  
 
と
言
い
つ
つ
 
左
の
道
に
向
か
い
ま
す
で
ゴ
ザ
マ
|
ス
!
 
  
 
:
:
:
:
じ
ゃ
あ
 
そ
ろ
そ
ろ
高
校
へ
と
ゴ
|
 
ウ
エ
ス
ト
!
  
  
だ
ろ
う
な
と
考
え
て
い
た
 °
  
は
聞
い
た
事
が
あ
る
け
れ
ど
も
 
ど
う
に
も
変
わ
り
過
ぎ
て
い
る
  
て
本
当
に
変
わ
っ
た
な
と
思
っ
て
い
た
 °
女
は
化
粧
で
変
わ
る
と
  
 
玲
人
は
狐
里
さ
ん
の
事
を
見
な
が
ら
 
前
に
会
っ
た
時
と
比
べ
  
  
 
ち
ょ
っ
と
 
っ
て
言
う
か
:
:
:
:
 
  
ゃ
っ
た
で
ゴ
ザ
マ
|
ス
?
 
  
 
ち
ょ
|
っ
と
ば
か
し
 
前
と
キ
ャ
ラ
が
違
う
か
ら
 
混
乱
し
ち
  
 
1
0
4
号
室
の
 
狐
里
さ
ん
!
?
 
  
  
か
っ
た
の
で
あ
っ
た
 °

















   

  
  
∧
や
っ
ぱ
り
違
う
な
:
:
:
:
∨
  
  
と
思
い
な
が
ら
 
狐
里
さ
ん
と
別
れ
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
玲
人
は
や
っ
ぱ
り
印
象
が
違
う
だ
ろ
う
な
  
  
 
う
 
う
ん
 °
ま
た
:
:
:
:
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
レ
イ
ト
!
 
ま
っ
た
ね
|
!
 
  
  
れ
か
ら
通
う
高
校
な
の
で
あ
る
 °
  
な
こ
の
高
校
こ
そ
が
 
今
日
か
ら
玲
人
と
狐
里
さ
ん
の
2
人
が
こ
  
|
服
に
胸
元
に
リ
ボ
ン
と
言
う
の
が
 
部
活
動
に
非
常
に
活
発
的
  
 
男
子
高
校
生
は
学
ラ
ン
に
ネ
ク
タ
イ
 
女
子
高
校
生
は
セ
|
ラ
  
 
そ
う
や
っ
て
数
分
か
け
て
辿
り
着
い
た
有
閑
高
校
 °
  
  
  
  
  
そ
う
思
い
こ
ん
で
玲
人
は
付
い
て
行
く
の
だ
っ
た
 °
  
の
高
校
生
デ
ビ
ュ
|
か
な
に
か
な
ん
だ
ろ
う
な
と
思
い
な
が
ら
 

   

  
香
っ
て
来
な
い
だ
ろ
う
か
ぐ
わ
し
い
香
り
に
包
ま
れ
て
:
:
:
:
  
み
こ
ま
れ
て
る
よ
う
な
感
触
と
 
男
の
子
で
あ
る
自
分
か
ら
で
は
  
 
胸
の
柔
ら
か
い
感
触
と
共
に
 
顔
全
体
が
極
上
の
タ
オ
ル
で
包
  
き
つ
い
て
来
た
 °
  
分
の
身
体
に
抱
き
つ
く
よ
う
な
形
で
1
人
の
美
少
女
が
玲
人
に
抱
  
 
と
 
玲
人
が
そ
う
思
い
な
が
ら
扉
を
開
け
る
と
 
い
き
な
り
自
  
  
 
O
h
!
 
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
さ
ん
!
 
始
め
ま
し
て
|
!
 
  
 
お
は
よ
う
ご
ざ
:
:
:
:
 
  
  
ゆ
っ
く
り
と
教
室
の
扉
を
開
け
る
 °
  
 
う
ん
う
ん
 
と
頷
い
た
玲
人
は
と
言
う
と
 
そ
う
思
い
な
が
ら
  
  
∧
こ
う
言
う
の
は
最
初
が
肝
心
:
:
:
:
!
∨
  
  
た
 °
  
た
学
校
の
中
を
歩
き
な
が
ら
 
玲
人
は
自
分
の
教
室
へ
と
向
か
っ
  
う
の
で
あ
っ
た
 °
慌
た
だ
し
い
ま
で
に
騒
が
し
い
 
活
気
に
溢
れ
  
:
:
:
:
 
と
玲
人
は
そ
う
言
い
な
が
ら
自
分
の
教
室
へ
と
向
か
  
 
と
 
玲
人
は
狐
里
さ
ん
の
事
を
そ
う
思
い
な
が
ら
 
 
ア
ハ
ハ

   

  
く
お
願
い
致
し
ま
|
す
!
 
  
ん
∨
と
申
し
ま
|
す
!
 
よ
ろ
し
け
れ
ば
 
こ
れ
か
ら
も
よ
ろ
し
  
 
ヤ
ァ
 
こ
ん
に
ち
は
!
 
私
 
桔
梗
里
蘭
∧
き
き
ょ
う
ざ
と
ら
  
  
た
 °
  
ン
を
付
け
て
 
ウ
フ
フ
と
笑
い
な
が
ら
こ
ち
ら
を
見
て
笑
っ
て
い
  
は
 
胸
元
に
付
け
て
い
る
リ
ボ
ン
で
は
な
く
て
 
頭
に
赤
い
リ
ボ
  
頭
に
は
黒
い
カ
チ
ュ
|
シ
ャ
と
桜
の
華
の
髪
飾
り
を
付
け
た
彼
女
  
ほ
ん
の
り
と
薄
桃
色
の
胸
ポ
ケ
ッ
ト
の
セ
|
ラ
|
服
を
着
て
お
り
 
  
伸
び
た
 
長
身
の
メ
リ
ハ
リ
の
付
い
た
モ
デ
ル
体
型
の
美
少
女
 °
  
 
桜
色
み
が
か
っ
た
腰
よ
り
も
長
く
て
 
お
尻
の
辺
り
ま
で
長
く
  
  
人
は
そ
の
少
女
の
全
体
像
が
分
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
彼
女
が
玲
人
の
身
体
か
ら
離
れ
て
 
よ
う
や
く
玲
  
  
 
O
h
!
 
ス
イ
マ
セ
|
ン
!
 
  
 
う
ぷ
っ
:
:
:
:
!
?
 
  
  
て
い
た
 °
  
息
が
出
来
な
く
な
っ
て
 
玲
人
は
手
を
慌
て
な
が
ら
も
た
つ
か
せ

   

  
  
  
人
を
じ
|
っ
と
見
つ
め
て
い
た
 °
  
 
野
暮
っ
た
い
眼
鏡
の
奥
の
瞳
か
ら
覗
か
せ
な
が
ら
 
彼
女
は
玲
  
  
 
:
:
:
:
あ
ぁ
言
う
の
が
好
み
な
の
か
な
?
 
  
  
  
  
  
ア
ハ
ハ
と
笑
い
な
が
ら
対
応
す
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
 
そ
う
や
っ
て
嬉
し
そ
う
に
手
を
掴
み
返
す
桔
梗
里
さ
ん
に
 
  
  
 
O
h
!
 
レ
イ
ト
 
こ
ち
ら
こ
そ
よ
ろ
し
く
|
!
 
  
よ
ろ
し
く
ね
 
  
 
こ
 
こ
ち
ら
こ
そ
 
よ
ろ
し
く
ね
 °
僕
の
名
前
は
九
島
玲
人
 °
  
  
ん
 
と
思
い
な
が
ら
  
 
桔
梗
里
さ
ん
が
手
を
差
し
伸
べ
る
と
共
に
 
玲
人
は
 
う
 
  


























  > ≫