恋愛悪魔のアパート 第5話「宇宙人のモデルケース」

帝国城摂政 作
Copyright 2015 by Teikokujosessyo All rights reserved.

 アパート、『愛詩荘(アイシソウ)』。1階4部屋の2階建て、月給4万円で3LDKの間取りのちょっとした古ぼけた賃貸アパートなのだけれども、このアパートにはちょっとしたジンクス的な物がある。それは恋愛が生まれやすいと言う事である。しかもその恋愛がちょっと普通の人間的な物とは違っていて……。
 そして今この場でも、愛詩荘の一部屋でも恋が生まれようとしていた。

第5話・「宇宙人のモデルケース」
 103号室の2人の住人、明坂佐菜(あけさかさな)と明坂佑奈(あけさかゆうな)は一応、資料上は従姉妹と言う事になっているが、実は地球ではない別の星からやって来た宇宙人である。
 赤いポニーテールで左目に眼帯を付けた、出る所、もう1人の女性よりも胸が出ている美女の佐奈。そして茶色のツインテールで右目が前髪がかかっている、出る所、もう1人の女性よりも尻が出ている美女の佑奈。
 佐奈は星の95%が海と言うシー星からやって来たシー星人であり、佑奈は星の95%が陸地と言うランド星からやって来たランド星人と、星も文化もまるで違う両者だったが、それぞれ『他人から良く見られたい』と言う共通意識があり、いつしか親友となり、こうして辺境の惑星である地球でそれぞれモデルをやっている。最も、2人とも読者モデルであり、まだ本業のモデルさんとまでは言えないのだが。

「ったくよぉ、あのカメラマン、ムカつくよなー」

 と、そうやってちょっとばかり不満そうに話して来たのは佑奈。着ている体型が良く出る、と言うよりも今にもはちきれんばかりにまで伸びきった体操服ブルマ(彼女の名誉のために言っておくがこれは私服ではなく撮影の衣装である)を触りながら、文句プンプンと言う顔で居た。

「いくら私の方が佐奈よりも胸が小さいからと言って、尻ばかり撮るんじゃねえっての。あんまり尻ばかり撮りまくるんだったら、もう尻と結婚すれば良いのによぉ」
「そんな事を言う物ではない、と私は忠告しておきます」

 と、そう静かに、ただ確かに響く声で話すのは佐奈。着ている体型が良く出る、と言うよりも街中で歩くにはあまりにも不相応のスクール水着(撮影者の名誉のために言っておくがこれは撮影の衣装ではなく彼女の私服である)を揺らしながら、冷静な声で対応する。

「そんなに大きな声を出し過ぎるとただでさえ、私よりも1カップも小さい胸がさらに小さく見えます、と私は忠告しておきます」
「い、言ったなぁ! そっちこそそんなに自己主張が少ないと私よりも6cmも小さいお尻がさらに小さく見えますよーだ!」

 と、道のど真ん中で言い争う宇宙人モデル達。
 2人の名誉のために言っておくが2人ともとても身長が高くて、スタイルが良い。どちらも身長は女性にしては170cmよりも高く、胸は佐奈がIカップ、佑奈はHカップのどちらも大きい。お尻に関しても佑奈が120cm、佐奈が116cmとどちらも大きい。どちらもスタイルが本当に良くて、女性が羨むくらい本当に美しい女性達である。

「言ってくれちゃうじゃない! そんなに言うのならば、どっちが本当に美しいか競い合おうじゃない!」

 佑奈がお尻をつきあげて、大きなHカップの胸を揺らしながら、佐奈に詰め寄る。
 たゆんたゆんと大きな胸を揺らし、ほのかに香る良い匂いを漂わせつつ、日焼けで真っ黒にやけた肌を見せつけていた。

「上等です。いつか決着を付けようとは思っていましたが、こんな形になっても自分の主張は曲げる気はありません、と私は自己申告します」

 佐奈が豊満なIカップの胸を堂々と突出し、大きく実った尻を振りながら、佑奈に向かっていた。
 ムニュムニュと大きな胸を弾ませながら、鼻に香る素晴らしい香りを振りまきながら、日に一切当たっていない真っ白な肌を見せつけていた。

 道に対峙する、2つのタイプの違う宇宙人モデル。
 どちらも胸が大きく、人々の視線を集める2人。

「……」

 高校から帰って来た狐里水(Bカップ程度)と言うと、目の前で繰り広げられる、自分にはない物の応酬に頭を悩ませるのであった。

====
103号室;
明坂佐奈(あけさかさな)、シー星人。22歳(自称)。
赤い髪のポニーテール。左目に眼帯をしている、モデル体型。佑奈よりも若干胸が大きいIカップ。いつも私服としてスクール水着を着用している。
星の95%が海と言うシー星人であり、身体からヌメヌメとしたローションを出せる。読者モデルであるが、いつかモデルとしてデビューする事を夢見る。静かな、文系タイプ。

103号室;
明坂佑奈(あけさかゆうな)、ランド星人。22歳(自称)。
茶髪のツインテール。右目に前髪がかかっている、モデル体型。佑奈よりも若干胸が小さいHカップ。いつも撮影では体操服などを着せられるが、私服はカジュアルなミニスカート。
星の95%が大陸と言うランド星人であり、地面を全身に纏わせる事が出来る。読者モデルであるが、いつかモデルとしてデビューする事を夢見る。元気で健康的な、体育会系タイプ。